脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

サムスン

【朝日新聞】サムスン12月期決算、営業利益52%減

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/01/08(水) 16:41:46.90 ID:CAP_USER
韓国のサムスン電子が8日発表した2019年12月期決算(速報値)は、本業のもうけを示す営業利益が27兆7千億ウォン(約2兆5千億円)で、前期比52・9%の大幅減だった。売上高は5・8%減の229兆5千億ウォン(約20兆9千億円)。韓国の市場関係者は「営業益の半減は、世界的な半導体の価格下落などの影響が大きい」と指摘した。(ソウル=神谷毅)

https://www.asahi.com/articles/ASN1835T0N18UHBI00Y.html?iref=comtop_8_03
朝日新聞デジタル 2020年1月8日15時20分

続きを読む

【韓国】サムスン副社長ら役員5人を拘束 高まる不確実性

1: 動物園φ ★ 2019/12/17(火) 20:29:58.21 ID:CAP_USER
2019.12.17 午後7:21

最近2週間、サムスン電子の役員5人が拘束され、内部の不確実性が高まっている。

サムスン電子は去る16日から事業部門長を招集し、グローバル戦略会議を開くが、
年末の挨拶が延期された上、来年1月にはイ・ジェヨン三星電子副会長の公判も控えているからである。

17日、業界によると、イ・サンフン、サムスン電子理事会議長がこの日の法廷拘束され、
議長席はすぐに空席となるのが不可避になった。

昨年10月に副会長が社内取締役から退いたのに続いて、社内取締役がまた一人減り、
サムスン電子理事会は、社内取締役3名、社外取締役6人の体制になった。

空席を他の人で満たすか、あるいは空白にするかなどを考慮する必要がある状況で、
理事会の招集計画も定まっておらず、不確実性が増した状況である。 サムスン電子は、まだ対応策を議論していることが分かった。

サムスン電子のイ・サンフン理事会議長とカン・ギョンフン副社長はこの日、
ソウル中央地裁刑事合意23部で、サムスン電子サービス労組瓦解疑惑で、
それぞれ1年6ヶ月を宣告され法廷拘束された。

カン副社長は13日、エバーランド労組瓦解事件に関連した宣告で法廷拘束を免れたが、
今回の裁判所は判断が違った。

9日には、サムスンバイオロジックス粉飾会計疑惑と関連する証拠を隠滅した疑いで
起訴されたサムスン電子副社長3人1審で実刑を受けて拘束された。

これにより、今月の初めから5人のサムスン電子の役員が法廷拘束されたである。中略

来年初めの状況は容易ではない。 来年1月17日にはイ・ジェヨン副の国政壟断事件公判が予定されているからである。以下略

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/read.nhn%3Fmode%3DLSD%26mid%3Dshm id1%3D101 id%3D001%26aid%3D0011282674&usg=ALkJrhjCQsRm9CTEvxDS5HRgDB58MLIgdw

続きを読む

【聯合ニュース】サムスン折り畳みスマホ 発売国を60カ国に拡大へ

1: マカダミア ★ 2019/12/01(日) 09:20:35.62 ID:CAP_USER
韓国のサムスン電子は自社初の折り畳み(フォルダブル)式スマートフォン(スマホ)「ギャラクシーフォールド」の好評を受け、販売国を来年初めまでに約60カ国に増やす。業界関係者が1日明らかにした。

現在、ギャラクシーフォールドは韓国のほか、中国、日本、英国、フランス、ドイツなど世界29カ国で販売されている。サムスン電子は今月初めから来年2月にかけて、ベトナム、ニュージーランド、ブラジル、チリ、イタリア、オランダ、ギリシャなど約30カ国で新たに販売を開始する予定だ。

 販売国が拡大することで、来年初めには同製品の販売台数は50万台以上に増える見通しだ。

 ギャラクシーフォールドのような新たな形の高価な製品が60カ国以上で販売されるのは異例とされる。同社は8月の記者懇談会では、20カ国程度で台数を制限して販売する予定と説明していた。

 サムスン電子関係者は販売国を増やす理由について、すでに発売した国では完売が続くほど好評で、未販売の国の通信会社や消費者からは販売を求める声が多く寄せられたと説明した。

 サムスン電子は来年、上半期と下半期に分け、ギャラクシーフォールドの機種を2種類に増やす計画だ。

 サムスン電子は10月に米カリフォルニア州サンノゼで開いた開発者向け会議で、画面を縦方向に折り畳めるスマホを公開した。来年2月ごろには旗艦機種「ギャラクシーS11」とともに一般公開される見通しだ。

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191129004100882?section=news

続きを読む

【サムスン】インテルに抜かれ半導体首位陥落へ

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/11/20(水) 17:48:52.77 ID:CAP_USER
メモリー半導体市場の深刻な不況が続く中、サムスン電子は今年、半導体業界1位の座を米インテルに再び譲る見通しとなっている。

 市場調査会社ICインサイツは最近のリポートで、今年のサムスン電子の半導体売上高が前年比29%減の556億1000万ドルになると予想し、インテル(698億8000万ドル)に首位を奪われるとの見方を示した。インテルは1993年から2016年まで世界の半導体業界で不動の首位だったが、サムスン電子はメモリー半導体が好況だった2017、18年にインテルを抜いて首位に立っていた。

 しかし、1年以上続いたメモリー半導体不況の影響でサムスン電子は首位防衛に失敗した。DRAMエクスチェンジは「サムスン電子が7-9月に世界のDRAM市場で46.1%のシェアを占め、過去2年間で最高のシェアを達成したものの、DRAM価格が急落し、営業利益が大幅に減少した」と分析した。

 一方、非メモリー半導体の王者、インテルは急速に成長している。5G(第5世代移動通信)、人工知能(AI)など先端技術が産業全体で採用され、システム半導体の需要が堅調だからだ。今年の世界15位以内の半導体メーカーの売り上げは前年を15%下回るとみられるが、インテルだけは前年(698億3200万ドル)とさほど差がない予想だ。

 ICインサイツによると、メモリー半導体を主に生産するSKハイニックスも順位低下は避けられない。同社の今年の半導体売上高予想は前年比38%減の228億8600万ドルで、台湾積体電路製造(TSMC)に3位の座を譲る見通しだ。

金城敏(キム・ソンミン)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/20/2019112080004.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/11/20 08:20

続きを読む

【韓国】サムスンのDRAM工場、半導体製造プロセスに不可欠なクリーンルームの機器がすべて汚染

1: シコリアン ★ 2019/11/12(火) 14:25:49.14 ID:CAP_USER
サムスンが工場の汚染に直面
2019-11-12

DRAMチップの製造に特化したサムスンのファウンドリ部門は、数週間前に発生したミスによる課題に直面しています。 これらの間違いは、200 mmウェーハでのDRAMチップの製造に必要なすべての機器が感染したクリーンルームの汚染という形であり、サムスンは新しいウェーハを廃棄する必要があるため、数百万ドルの損失を被っています。

クリーンルームは半導体製造プロセスに不可欠です。なぜなら、クリーンルームはすべての汚染物質をシリコンから遠ざけ、シリコンを清潔で使用可能な状態に保つからです。 Samsungは、1x nmクラスのDRAMチップ用の200 mmウェーハで動作するDRAM製造施設のクリーンルームを確保できていません。 ウェーハ処理に使用されるツールは汚染されているため、相互作用のためにウェーハ自体が汚染されています。 サムスンは「数十億韓国ウォン」を失い、数百万ドルをもたらしたことを認めた。 これがDRAM市場に大きな影響を与えないという安心できることは、生産が計画どおりに進んでおり、問題が整理されていることです。したがって、DRAMの価格に大きな影響がないことを期待できます。

https://www.techpowerup.com/261049/samsung-faces-factory-contamination



機器の問題の影響を受けたサムスンのメモリ生産、数百万ドルの損害を予測
2019-11-10

数週間前、サムスンはDRAM工場の1つで製造上の問題を経験しました。同社は、数百万ドルに相当する不特定の損害を被ったと同社は述べています。 原因は機器の汚染でした。

この問題は数週間前に発生しましたが、サムスンは現在問題を解決しており、生産は計画通りに戻っていると言います。 同社はどのファブが影響を受けるかを特定しなかったが、 ComputerBaseによると、1x nmクラスのDRAMを生産したのは直径300mmの最新のウェーハとは対照的に200mmのウェーハ工場でした。

汚染された機器は工場全体に影響を与えました。 サムスンによると、機器にさらされたウエハーのバッチは廃棄する必要があり、数百万ドルの損害をもたらしましたが、内部関係者は、サムスンがまだ影響を完全に推定していないため、さらに高くなる可能性があると推定しました。

今年の初め、TSMCは少なくとも10,000枚のウェーハを損傷し、TSMCに5億5,000万ドルの費用がかかる汚染も経験しました 。

https://www.tomshardware.com/news/samsung-memory-production-impacted-by-equipment-issue-predicts-millions-of-dollars-in-damage

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト