脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

サムスン

【携帯電話】三日天下に終わったサムスン 中国での携帯シェアついに0%台

1: ガラケー記者 ★ 2018/05/22(火) 16:21:47.70 ID:CAP_USER
 中国における携帯電話の変遷は実に目まぐるしい。当初は欧米勢がほとんど市場を独占していたが、そこに割り込んできたのがサムスン電子などの韓国勢だった。しかし韓国勢の優勢も三日天下に終わり、中国の国産メーカーがいつのまにか市場を圧倒してしまった。
 かつて北京に新聞記者として駐在していたころ、最も苦労したのは電話回線の確保だった。ホテルなど外部から本社に電話しようとすると、回線数が限られているので、なかなかつながらなかった。
 そんな中で1980年代末に中国でも携帯電話が使えるようになり、わが社はいち早く購入した。機種はモトローラ製で、いまのスマートフォンとは似ても似つかない形をしていた。重さは1キロ近くあったろうか。それでも遠出をしたときなどには威力を発揮して、同業他社から大いにうらやましがられたものである。
 一般に普及してくるのはその10年後である。2000年代に入ると、ユーザーは1億人を超え、その後も勢いは止まらなかった。機種はモトローラ、ノキアなど欧米系が圧倒していた。そこに割って入ってきたのがサムスン電子である。12、13年には連続してシェアでトップに立った。ピーク時には約20%のシェアを確保していた。
※続きはソースをご覧ください。
SankeiBiz
2018.5.22 05:53
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/180522/mcb1805220500005-n1.htm

続きを読む

【韓国】日本・中国企業に追われ…サムスン、スマホ・テレビ市場でシェア縮小

1: 動物園φ ★ 2018/05/04(金) 08:56:33.15 ID:CAP_USER
2018年05月04日08時14分
[? 中央日報/中央日報日本語版]

韓国経済の主軸、情報通信技術(ICT)産業が岐路に立っている。スマートフォン・テレビなど主力事業で市場シェアが縮小している。

市場調査会社ストラテジーアナリティックス(SA)によると、世界スマートフォン1位のサムスン電子は今年の市場シェアが前年比0.4ポイント減の20.7%と予想されている。これは2013年(32.3%)の3分の2にもならない。今年スマートフォン販売量(3億1430万台)も前年比32万台減り、上位5社のうち唯一逆走するとみられる。

2013年に4.8%のシェアで世界4位まで上がり、昨年10位圏外に落ちたLGエレクトロニクスは今年のシェアが3.5%まで落ちる見込みだ。

一方、ファーウェイ(華為技術)・OPPO・シャオミ(小米科技)・vivoなど世界3-6位の中国スマートフォン4社は2013年のシェア10%序盤(4社合計)から今年は31.7%まで増えると予想される。

2006年から世界1位を守ってきたテレビ市場も似た状況だ。IHSによると、収益性が高いプレミアムテレビ(2500ドル以上)市場で韓国企業のシェアは2015年の76%から昨年は51.5%まで落ちた。一方、ソニーなど日本企業は同じ期間、19.8%から44.4%にシェアを拡大した。このほか韓国がトップ圏の家電・ディスプレー・バッテリー分野でも中国・日本企業に市場シェアを奪われている。

キム・ヨンソク成均館大教授は「現在の韓国の状況は、2000年代初期に日本が韓国にICT産業の主導権を奪われたのとオーバーラップする」とし「プレミアム市場では米国・日本企業に追われ、新興市場では中国企業にシェアを奪われるサンドイッチ状況」と分析した。

http://japanese.joins.com/article/114/241114.html?servcode=300&sectcode=300

続きを読む

サムスン 中国でのスマホシェア0%

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2018/05/01(火) 14:30:16.89 ID:BukDl/+L0 BE:448218991-PLT(13145)
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
韓国サムスン電子が中国のスマートフォン事業で苦戦を強いられている。一時はシェアが
20%近くに達し首位に立ったが、今では0%台に急低下。価格性能比の高さを前面に出した
現地メーカーに押され、世界首位も中国では風前のともしびだ。中国当局主導の「嫌韓」に
端を発した不買の影響だけでなく、技術優位性が薄れたことによる魅力のなさも要因だけに
深刻だ。中国市場は世界最大だが、サムスンは頭打ちで撤退観測も浮上する。空前の
好業績で経営復帰が近いとされる3代目「総帥」の判断が注目されそうだ。
http://www.sankei.com/premium/news/180424/prm1804240008-n1.html

続きを読む

【スマホ】サムスン電子、アップル抑えて米スマホ市場シェア1位奪還

1: ノチラ ★ 2018/04/20(金) 22:14:48.41 ID:CAP_USER
サムスン電子がアップルを抜いて1-3月期の米スマートフォン市場で1位になった。

市場調査会社コンシューマー・インテリジェンス・リサーチ・パートナーズ(CIRP)によると、1-3月期に米国で最も多く開通したスマートフォンのブランドはサムスン電子のギャラクシーだった。サムスン電子のシェアは39%と、アップル(31%)を8ポイント上回った。これはアップルのiPhoneXが発売された昨年10-12月期とは反対の結果だ。

サムスンの市場シェア拡大は戦略スマートフォン「ギャラクシーS9」「ギャラクシーS9プラス」の早期発売のためという分析が出ている。CIRPは「ギャラクシーS9シリーズの発売日程が最も大きな要因」と説明した。アップルが年末に新型iPhoneを、サムスン電子が年初に新型ギャラクシーSを発売したことに基づく結果という説明だ。特にギャラクシーS9はギャラクシーノート7の発火で遅れたギャラクシーS8に比べて1カ月早い時期に発売された。

ただ、CIRPのスマートフォン忠誠度調査ではアップルがサムスン電子を上回った。iPhoneに対する米国の使用者の忠誠度は90%にのぼると把握された。iPhoneの次にまたiPhoneを購入する消費者の比率が90%ということだ。ギャラクシーの忠誠度は70%水準。
http://japanese.joins.com/article/683/240683.html

続きを読む

【韓国】韓国の核心技術が流出してしまう?サムスン工場の情報公開に「待った」=韓国ネットも反対

1: たんぽぽ ★ 2018/04/20(金) 06:29:00.42 ID:CAP_USER
http://www.recordchina.co.jp/b593248-s0-c10.html

2018年4月18日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の産業通商資源部は、サムスン電子・半導体工場の作業環境測定結果報告書の公開によって、国家の核心技術が流出する懸念があるとする立場を明らかにした。

記事によると、同部関係者は17日に開かれた産業技術保護委員会半導体専門委員会で、同報告書に国家の核心技術に該当する内容があると判断したことを明らかにした。専門委員15人のうち、サムスン電子との利害関係を有する協会関係者2人を除く全員の意見が一致し、このような決定に至ったという。

同部は「報告書に工程名や製造装置の配置など半導体産業の競争力を左右する重要な情報がある」と主張。同部関係者は「工程や設備の配置は数万種類あるが、これを見つけるために会社は非常に努力する」とし、「(公開しようとする情報によって)後発の立場では数カ月、数年かかる作業を一気に捕捉することができる」と説明した。さらに、同報告書に含まれる化学物質の情報についても「このノウハウを開発するため、特定の業者と数年間投資を行うこともある」とし、「年度別の化学物質の使用量と種類を見れば多くの試行錯誤を一気に解決することができる」と述べたという。

韓国の裁判所は今年2月、サムスン電子の半導体工場で勤務して白血病で死亡した職員の遺族が情報公開を求めて起こした訴訟で、同報告書を「公開すべき」とする判決を下した。これを受け雇用部は3月、情報公開法に基づき工場に同報告書を公開するよう要求。これに対し、サムスン電子は情報公開取り消し行政訴訟を提起していた。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「当然公開してはならない」「このような企業秘密を公開しようという考え自体がおかしい」「公開しようとする政策自体がスパイ行為」「今までサムスンがどれだけ努力してきたと思っているんだ」「国の貴重な技術情報だぞ」など、情報公開への批判の声が多く寄せられた。

また「情報公開は中国企業やその他の競合他社に技術を与えることになる」など、競合他社への技術流出に対する懸念の声も見られた。

その他に「半導体だけが頑張っている状態なのに…」「半導体さえも駄目になったら、韓国はどうやって食べていくんだ」などとするコメントもあった。(翻訳・編集/三田)

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト