脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

サッカー

【韓国サッカー】 日本メディアが言いがかり...「イ・スンウ、日本の自尊心踏みにじって知らなかったと弁解」

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/16(日) 14:28:55.96 ID:CAP_USER
no title


日本メディアが相変らずアジア大会決勝戦の敗北に対して不満を表わしている。

日本「ゲキサカ」は去る15日(韓国時間)、韓国メディアを引用して2018アジア大会決勝戦当時、イ・スンウのセレモニーについて怒りを現わした。

韓国は1日、インドネシアで開かれた2018ジャカルタ-パレンバン、アジア大会男子サッカー決勝戦で日本と延長接戦の末、2-1で勝利して大会2連覇に成功した。

イ・スンウは延長前半3分、ソン・フンミンのパスを左足で軽く押込んで先制ゴールを放った。彼は試合後、広告看板の上に上がって両手を耳につけるセレモニーで話題になった。

ゲキサカは「イ・スンウはセレモニー当時、日本のトヨタ自動車の看板に上がった。韓国メディアが言うようにイ・スンウの意図と関係なく、結果的に日本の自尊心を踏みにじるセレモニーになった」と不快を現わした。

引き続き他の韓国メディアを引用して「YouTubeチャネルでイ・スンウは『トヨタの看板を踏んだ』というコメントに慌てたそぶりを見せた。彼は「本当に知らなかった。見なかった」と反応して看板に気づいていなかったことを強調した」と付け加えた。

当時、韓国ではイ・スンウのセレモニーが話題になったのは事実だ。しかし、トヨタの看板を踏んだ事実より代表チームの先輩であり解説委員のチェ・ヨンスのセレモニーを連想させることに関心を集めたのだった。

チェ・ヨンスは1998年、フランス・ワールドカップ最終予選カザフスタンとの1次戦で同じセレモニーを試みたが、倒れて話題になった。チェ委員はイ・スンウのゴール・セレモニー当時、「するな、上がるな」と解説して視聴者たちを笑させた。

ゲキサカの報道は日本の「ヤフースポーツ」でデイリーランキング上位圏に上がって大きな関心を受けた。結局、日本国内でアジア大会決勝戦敗北に対する余波がまだ去らない雰囲気だ。

ソース:朝鮮日報(韓国語) 日メディアの難癖...「イ・スンウ、日本自尊心踏みにじって分からなかったと弁解」
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2018/09/16/2018091600268.html

関連記事:ゲキサカ<“韓国のメッシ”が「日本の自尊心を踏みにじるセレモニー」に「本当に知らなかった」と弁明>
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?254466-254466-fl

関連スレ:【アジア大会サッカー】 日本の「トヨタ」広告看板を踏みにじったイ・スンウのセレモニーが大韓民国を感動させた本当の理由[09/02]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535894644/
【アジア大会サッカー】 自分の「トヨタセレモニー」を見た李承佑(イ・スンウ)が当惑した理由~トヨタと知らなかった[09/15]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1536980488/

続きを読む

【書籍】 暗鬱だった日帝強制占領期で唯一の希望だったサッカーに日本は統制令を下す~新刊『朝鮮サッカーを守れ!』

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/15(土) 13:34:01.46 ID:CAP_USER
no title

▲『朝鮮サッカーを守れ!』チョ・ギョンスク文・ユンボンソン絵||208ページ|11,000ウォン

テドゥは駅でご両親とはぐれるが、また会えるだろうと期待で平壌(ピョンヤン)駅で両親を待つ。そうするうちに偶然に優しいヘジョン食堂のおばさんの助けを受けて学校に通うことになる。

故郷のヨンジョンでサッカー選手だったテドゥは新しい学校でもサッカー部に入ってサッカーの実力を誇る。

おりしも京城チームと平壌チームが正面から対立するソウル・ピョンヤン戦が開かれ、雰囲気が高まるなか、ついに日本はサッカー統制令を下し…日本のサッカー統制令から朝鮮サッカーを守るための息づまる努力が展開する。

暗鬱だった日帝強制支配期、民族の団結力を見せることができる唯一の機会であったサッカーの話が興味を引く。

ソ・ミドゥム記者

ソース:読書新聞(韓国語) [新刊]「日帝強制占領期間」唯一の希望『朝鮮サッカーを守れ!』
http://www.readersnews.com/news/articleView.html?idxno=82000

続きを読む

【韓国サッカー】 自分の「トヨタセレモニー」を見た李承佑(イ・スンウ)が当惑した理由~トヨタと知らなかった

1: 蚯蚓φ ★ 2018/09/15(土) 12:01:28.25 ID:CAP_USER
no title

▲アジア競技大会の決勝が行われた1日、李承佑(イ・スンウ)が日本を相手に先制ゴールを決めた後、看板の上に立ってパフォーマンスをしている。

2018アジア競技大会の男子サッカー決勝で話題になった李承佑(イ・スンウ)の「トヨタセレモニー」がまた注目されている。李承佑がゴールを決めた後のパフォーマンスをした当時、踏んで上がった看板が日本自動車企業トヨタのものであることを知らなかったと明らかにしたからだ。

14日、あるユーチューブチャンネルに登場した映像で、李承佑は自分に関する書き込みを読んで答える時間を持った。李承佑は日本戦のパフォーマンスについて「よりによってトヨタの看板を踏んでいる」という書き込みを見て当惑した。

李承佑は「本当に知らなかった。本当に見ていなかった」とし「そこで分かってやっていたら本当に…」と話した。崔龍洙(チェ・ヨンス)FCソウル監督の現役時代の看板セレモニーについては「当時は生まれていなかったので知らなかった」と語った。

李承佑は9月1日、アジア競技大会決勝の日本戦でゴールを決めた後、トヨタの看板の上に立ってパフォーマンスをし、話題になった。これを見て崔龍洙監督が1988年フランスワールドカップ(W杯)予選で見せたパフォーマンスを思い出す人も多かった。当時、看板に上がろうとして転倒した崔監督はテレビ中継で李承佑に「やめとけ!やめとけ!」と冗談を言ったりもした。

ソース:中央日報/中央日報日本語版<サッカー>自分の「トヨタセレモニー」を見た李承佑が当惑した理由
https://japanese.joins.com/article/188/245188.html

関連スレ:【韓国】イ・スンウが憎き戦犯企業トヨタの看板を踏むパフォーマンス ネチズン感動の嵐
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535872935/
【アジア大会サッカー】 日本の「トヨタ」広告看板を踏みにじったイ・スンウのセレモニーが大韓民国を感動させた本当の理由[09/02]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1535894644/

続きを読む

【韓国】ソン・フンミンの市場価値は132億円! 兵役免除で不安払拭。3年で3倍以上に

1: Ikh ★ 2018/09/14(金) 00:47:35.73 ID:CAP_USER
トッテナムに所属する26歳の韓国代表FWソン・フンミンの市場価値がアップした。スイスに拠点を持つサッカー関連調査機関「CIESフットボール・オブザーバトリー」が10日、各選手の市場価値が発表している。
 ソン・フンミンが2015年にレバークーゼンからトッテナムへ移った時、移籍金は3000万ユーロだった。それ以降、トッテナムで活躍を続け市場価値が高騰している。ただ、クラブにとってネックだったのは韓国人男性に課せられる兵役の義務だった。
 韓国では男性全員に約2年間の兵役が義務付けられており、サッカー選手の場合は国内の軍隊クラブでプレーすることが一般的となっている。軍隊クラブには27歳までに入隊しなければならないことが定められており、その前年にも国内リーグでプレーしている必要がある。現在26歳のソン・フンミンにとって、アジア競技大会で優勝して兵役免除を勝ち取ることが、トッテナムでプレーを続けるための絶対条件となっていた。
 そして、2018年のアジア競技大会で優勝。U-23韓国代表のオーバーエイジ枠として出場したソン・フンミンも兵役免除となっている。CIESが今年1月に公表した市場価値調査では、ソン・フンミンは7260万ユーロ。ロシアワールドカップ後には9980万ユーロに。そして今回発表されたソン・フンミンの市場価値は1億230万ユーロ(約132億円)と評価されている。
【了】

ソース
フットボールチャンネル 2018年09月13日(Thu)7時00分配信
https://www.footballchannel.jp/2018/09/13/post289142/

続きを読む

【W杯】 韓国文化体育観光部長官 「2030年または2034年に南北日中の共催でW杯を」

1: 荒波φ ★ 2018/09/14(金) 08:52:52.28 ID:CAP_USER
韓国文化体育観光部の都鍾煥(ト・ジョンファン)長官が南北日中のワールドカップ(W杯)共同開催を提案した。

都長官は12、13日に、東京で開かれた第2回韓日中スポーツ行政担当相会合に参加した。この会合には日本側からは林芳正・文部科学相が、中国側からは高志丹・国家体育総局副局長がそれぞれ参加した。

都長官は会議後に記者団と会い、南北日中W杯共同開催の提案を日中にしたとして「こういう(W杯4国共同開催)提案を北にしてみて、北はどのような考えを持っているのか議論を始める意味がある」とし「スポーツ交流を通じて南北が平和体制に移行するための韓半島(朝鮮半島)平和を構築し、平和共存・平和交流の雰囲気に転換したように、スポーツを通じて北東アジアの平和構築に向けた契機を用意していかなければならない」と明らかにした。

続いて、中国が2030年W杯を開催しようとする状況で共同開催の提案には拒否反応を示しているという記者の質問に「拒否反応というよりは、まだ時間はあるので時間を設けて協議してみようという立場。持ち帰って議論してみなければならないではないか」とし「今年は2018年で(W杯は) 2030年や2034年に行われること。まだ時間があるから時間を設けて協議しようと提案した」と述べた。


2018年09月14日06時37分 [中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/133/245133.html?servcode=200&sectcode=200&cloc=jp|main|top_news

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト