脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

サッカー

【サッカー】韓国代表監督「このチームが韓国サッカーの新しい歴史を描く」 → NZに敗北

1: 動物園φ ★ 2021/07/23(金) 06:55:50.07 ID:CAP_USER
金監督は試合前、選手たちに注文した内容について、
「私たちが韓国サッカーの歴史の始まりという話をした。
ここがスタートであり、歴史を変化させる過程だと言った」とし
「しかし、最初のゲームで選手の体に力が多く入っていた」と伝えた。

https://sports-news-nate-com.translate.goog/view/20210722n39528?mid=s9970&_x_tr_sl=ko&_x_tr_tl=ja&_x_tr_hl=ja&_x_tr_pto=ajax,se,elem

続きを読む

【韓国メディア】日本がサッカー韓国代表を冷遇? 韓国ネット「日本の卑怯な面が浮き彫りに」「幼稚な日本のせいで苦労するね」

1: ろこもこ ★ 2021/07/19(月) 19:38:52.74 ID:CAP_USER
https://www.recordchina.co.jp/b879630-s25-c50-d0191.html

2021年7月19日、韓国・聯合ニュースは「日本のホームタウンディシジョン?冷遇?韓国代表チームの練習場の芝生には水も撒いてくれない」と題し、「日本入りした東京五輪男子サッカー韓国代表が初練習を行ったが、主催者側の疎かな準備のためスムーズに進まなかった」と伝えた。

記事によると、韓国代表チームは18日午後、茨城県鹿島市の競技場で練習を行った。チーム側は事前に芝生に水を撒いておくよう要請していたが、練習開始時間になっても芝生は乾いたままだった。そのため選手らは、到着から30分が過ぎても本格的な練習が始められなかったという。

同競技場には自動散水機が設置されていないため、ホースを持った競技場スタッフが歩き回って水を撒かなければならず、見かねた金鶴範(キム・ハクボム)監督が自らホースを持って手伝う場面も見られたという。

金監督は「乾いた芝生で練習しても意味がない。負傷者が出る可能性もある」とし、「準備が疎かだった」と批判したという。

これに韓国のネットユーザーからは「日本の卑怯な面が浮き彫りになった」「幼稚な日本のせいで選手たちは苦労するね」「日本は全てにおいて後進国になってしまった」「外交関係うんぬんの前に、スポーツマンシップのかけらもない」「選手たちには今すぐに帰ってきてほしい」「呆れた。もっと強く抗議するべきでは?」など不満の声が続出している。

また、「選手たちはこの悔しい気持ちをバネに頑張れるはず」「結果を残すことが最高の復讐だ。頑張ってほしい」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

続きを読む

【東京五輪】 「東京に太極旗さす」~サッカー韓国代表選手がWBCで問題視された『太極旗パフォーマンス』予告

1: 蚯蚓φ ★ 2021/07/11(日) 21:44:06.74 ID:CAP_USER
no title

▲太極旗を大きく振りかざす東京五輪韓国代表団・張仁華団長(ロイ

 サッカー男子の韓国五輪代表選手が、かつて野球の国際大会ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で大騒動になった〝太極旗パフォーマンス〟の敢行を予告した。

 韓国メディア「聯合ニュース」などによると、東京五輪に臨む韓国代表MFキム・ドンヒョン(江原FC)が「笑いながらユニフォーム左胸の太極旗を、東京に挿して置いて来ることを想像している。必ず実現することを望む」と語ったと報じた。

 同メディアはキムの発言を「2006年のWBCで日本との試合でソ選手(現起亜監督)が行ったマウンドに太極旗を挿すセレモニーを連想させる発言だ」と指摘した。

 06年に行われた第1回WBCで韓国が第1、第2ラウンドで宿敵日本に連勝。当時日本代表の中心だったイチローの発言が韓国メディアによって「韓国は30年間日本に勝てない」と曲解され、それに激怒した韓国代表が日本に勝利して4強進出を決めた後にエンゼルスタジアムのマウンドに韓国国旗である太極旗を突き刺すパフォーマンスを敢行。国内外で大騒動になった。

 にもかかわらず、続く09年の第2回WBCでも韓国代表は全く懲りずに同様の太極旗パフォーマンスを強行して国際問題に発展した。日本にとっては悪夢とも言えるこうした因縁のパフォーマンスが、もし東京五輪で日韓戦が実現すれば再び繰り返される恐れが出てきたのだ。

 同メディアは「今回の五輪男子サッカーで韓国はB組、開催国の日本はA組に属しており、早ければ準々決勝で日韓戦が繰り広げられる可能性がある」と特に日韓の遺恨が強いサッカーでまずは〝愚行〟を予告。もちろんWBCで因縁が深い野球でも、お互いに勝ち進めば相まみえる可能性がある。

 再び韓国による愚行が強行されるのか。日韓両国で大きな波紋を呼びそうだ。

ソース:東スポ【東京五輪】サッカー韓国代表選手がWBCで問題視された〝太極旗パフォーマンス〟予告 
https://www.tokyo-sports.co.jp/soccer/world/3407463/

関連スレ:【韓国】京畿道「教室に掲げられた韓国国旗も親日残滓」「撤去対象」=韓国ネット「太極旗が嫌いなら、好きな国へ出ていって」[07/05] [ろこもこ★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1625454431/

続きを読む

【サッカー】グリーズマン&デンベレの日本人差別問題に韓国メディアも参戦「東洋人差別だ!」

1: 首都圏の虎 ★ 2021/07/06(火) 21:44:05.96 ID:CAP_USER
 スペイン1部バルセロナのフランス代表MFアントワヌ・グリーズマン(30)と同FWウスマヌ・デンベレ(24)による人種差別問題に、韓国でも「東洋人差別だ」と追及の声が上がっている。

 2人は2019年夏のプレシーズンツアーで来日した際に、宿舎ホテルで日本人スタッフの容姿や言語を嘲笑している動画が流出して大騒動に発展。5日に揃って自身のSNS上で釈明と謝罪を行ったが、国際サッカー連盟(FIFA)による処分を求める声が高まるなど波紋が広がり続けている。
 そうした中で、韓国でも今回の問題を大々的に報道。日本人スタッフに対する差別であるものの「東洋人差別だ!」と騒動の枠を広げて猛批判を展開している。

 韓国の放送局YTNは「東洋人差別だ!」と報じ、日本人だけでなくアジア人に対する差別問題として追及。2人による謝罪も問題解決には不十分としてSPOTVは「とんでもない謝罪文だ。デンベレとグリーズマンのSNSに掲載された謝罪文には誠意が感じられなかった」。SBSも「的を射ておらず、前後が合わない言い訳に覆われてファンの怒りを呼び起こしている」と厳しく非難した。

 韓国では多くの問題で反日感情が高まる中、今回の人種差別問題に対しては日本に加勢する方向性のようだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/535b78233031e4a9ae9bde5e3fd650108bbd8c03
no title

続きを読む

【サッカー】 韓国で続く“ロナウド欠場騒動”、観客がまたも主催者に勝訴 「入場料50%と5万ウォンを賠償せよ」

1: 荒波φ ★ 2021/06/09(水) 16:38:31.29 ID:CAP_USER
去る2019年夏、韓国で行われたユベントス対チームKリーグの親善試合でのクリスティアーノ・ロナウド欠場を受け、観客が主催者を相手取って起こした損害賠償訴訟で、観客側が再び勝訴した。

ソウル中央地裁・民事合意14部(キム・ジョンミン部長判事)は6月9日、ソ氏など観客449人が主催者THE FESTAを相手取って起こした損害賠償請求訴訟で、原告一部勝訴の判決を下した。

裁判所は、「被告は原告に入場料の半分と1人当たり慰謝料5万ウォン(日本円=約5000円)を賠償するように」と判決を言い渡した。訴訟費用は原告が40%を持ち、残りはTHE FESTA側が負担することで決まった。

これに先立ち、2019年7月26日にソウルワールドカップ競技場で行われたユベントス対チームKリーグの親善試合で、クリスティアーノ・ロナウドが出場しなかったことによる“欠場騒動”が巻き起こった。

観客の多くはロナウド目当てであり、元々45分以上は試合に出場するとされていたため、オンライン上ではロナウドに対する非難が殺到。そこで、ソ氏らはイベントの主催者であるTHE FESTAを相手取り、4億8000万ウォン(日本円=約4800万円)を請求する訴訟を提起していた。

原告はTHE FESTAが「親善試合にロナウドが出場する」と広報したとし、実際にこのような内容が履行されず、損害賠償の責任があると主張した。

“ロナウド欠場騒動”が勃発して以降、THE FESTAを相手取って起こされた訴訟は今回が初めてではない。原告は少なくて数十、多くて5000人余りに達する民事訴訟が多数提起され、先に1審判決が下った事件はすべて原告が一部勝訴している。


2021年06月09日
https://sportsseoulweb.jp/sports_topic/id=29564

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト