脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

サッカー

【サッカー】韓国代表監督、最も重視するのは日本戦=「日本に勝つために準備」

1: 荒波φ ★ 2017/11/23(木) 09:55:18.03 ID:CAP_USER
2017年11月21日、騰訊体育は、12月に開催されるサッカーの東アジアカップのメンバーを発表した韓国男子代表監督が、日本戦を最も重視する姿勢を示したと伝えた。

記事によると、大韓サッカー協会は21日に東アジア杯の男女強化合宿メンバーを発表。男子は韓国Kリーグと日本のJリーグのクラブに所属する選手が主体で、中国スーパーリーグからの選出は2人だった。また、かつてキャプテンマークを着けたこともある金英権(キム・ヨンギョン)が招集されなかったことについて、記事は「意外だ」と評した。

金英権が落選した理由について韓国代表の申台龍(シン・テヨン)監督は「メンタルに問題がある。コンディションも良いとは言えない。ロシア戦とモロッコ戦後にメンタルが不安定になった。彼は補欠のメンバーには入っている」と説明した。なお、日程の都合上、欧州のクラブに所属する選手は招集されていない。

申監督はまた「(最終戦で当たる)日本戦にプレッシャーがないという状況はありえない」とし、「中国と北朝鮮との戦いでミスをするようであれば、強い闘志で日本と対峙(たいじ)することは難しくなる。日本に勝つために、われわれはしっかり準備する必要がある」とし、日本との試合を重視していることをうかがわせた。


11/23 07:13
https://this.kiji.is/306032197789533281?c=288174008679924833

続きを読む

【差別】人種差別受けた韓国サッカー選手 2011年の日本戦で「猿まねパフォーマンス」の過去

1: ろこもこ ★ 2017/11/22(水) 16:57:07.92 ID:CAP_USER
http://www.sankei.com/premium/news/171122/prm1711220003-n1.html

 韓国で11月10日に行われたサッカーの国際親善試合、韓国-コロンビア戦で、コロンビア選手が両手で目尻をつり上げて白目をむくという人種差別的なジェスチャーをしたとして波紋を広げている。韓国メディアは「醜態」「罪深い」「落第点」などと容赦ない言葉で糾弾した。ところが、コロンビア選手から許されざる行為を受けた韓国選手は過去に日本戦で「猿まね」という人種差別的パフォーマンスをして国内外で物議を醸した選手だった。皮肉にも今回、被害者になると「容認してはならない」と批判していたが…。

 朝鮮日報などによると、事態が発生したのは後半17分だった。韓国が2-0とリードしていた。国際サッカー連盟(FIFA)ランキング13位のコロンビアは格下62位の韓国に前半から攻勢に試合を進められ、余裕や冷静さを失いピリピリした状況だった。

 韓国のDF金珍洙(25、キム・ジンス)がコロンビアのエース、FWハメス・ロドリゲス(26)と自陣の左サイドで競り合って倒されて、ファウルを得た。このプレーでピッチに倒れ込んだ金をロドリゲスがユニホームの背中を乱暴につかんで立たせようとし、振り払おうとした金の右手がロドリゲスの顔に当たったように見え、ロドリゲスがピッチに倒れたことで両チームが入り乱れて小競り合いとなった。その最中に、コロンビアMFエドウィン・カルドナ(24)が奇誠庸(28、キ・ソンヨン)に対して両手で目尻を引き上げる人種差別的なジェスチャーをした。主審はこの行為を見ていなかったようで、警告も受けなかった。

 自分の両目をつり上げる行為は、西洋人より東洋人の目が細長いことを揶揄する人種差別行為的な行為と捉えられている。東亜日報は「誰が見ても相手の感情を刺激する意図であった」と批判した。

 韓国サッカー協会は試合後、FIFAに報告し、カルドナの行為が世界中に広まった。カルドナはコロンビア・サッカー協会のホームページを通じて「誰も卑下する目的はなかった」と謝罪。コロンビア協会も公式な文書を送り「不適切な行動」として謝罪した。

 奇誠庸は試合後「失望すべきことだ。あのような行為を容認してはならない」と語ったと朝鮮日報は報じた。殊勝なコメントだが、同紙によると、奇はカルドナに対し手のひらを内側に向けた「裏ピース」のジェスチャーをしていたという。裏ピースは英国や豪州などでは中指を立てるポーズと同じで、侮辱の意味だという。奇はイングランド・プレミアリーグのスウォンジー・シティーなど複数のチームでプレーしており、知らないわけがない。つまり挑発したとも受け取られかねない。

 奇は2011年1月に行われたアジア・カップ準決勝の日本戦で日本人を侮辱する人種差別的行為を行った過去がある。前半にPKでゴールを決めた際、テレビカメラの前で猿の顔真似をした。「猿真似」は近年、韓国社会で日本人を侮辱するときに多用されるという。奇は自らのツイッターで観客席にある旭日旗を見たことで「私の胸に涙が出た」として猿真似をしたと告白している。だが、観客席に旭日旗はなかったという証言もあった。

 日本協会は韓国協会に奇の聞き取り調査を依頼。奇はあの行為が「日本人に対してではない」と説明した。さらに、スコットランドの所属クラブ、セルティックでプレーしていて「相手サポーターから猿呼ばわりされている。そういう差別発言をする人たちに向けてやった」と釈明していた。これに反応したのが、英紙ザ・サンだった。ザ・サンは「スコットランドのサポーターを人種差別者として告発することで苦い国際的な確執から脱出しようとした」と奇の釈明を批判的に報じた。

 韓国-コロンビア戦は2-1で韓国が勝利した。最近の4試合で2敗2分けと苦戦していた韓国代表が約1年ぶりに白星を挙げたことで韓国メディアは溜飲を下げていたが、何とも後味の悪い試合となった。

続きを読む

【サッカー】差別ポーズ「被害」の韓国サッカー選手 自身の行為でブーメラン

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2017/11/13(月) 17:50:41.87 ID:CAP_USER
サッカー韓国代表とコロンビア代表の強化試合で、コロンビアのMFエドウィン・カルドナ選手が、韓国のMFキ・ソンヨン選手に両手で目をつり上げるポーズを取り、人種差別的行為にあたると批判を浴び、謝罪した。

   キ・ソンヨンは試合後、「あのような行為を容認してはならない」と述べたというが、彼も中指を立てるジャスチャーと同様の意味合いがあるポーズで挑発したとして、ネット上で「ペナルティやったほうがいいんじゃないか?」と批判を浴びている。

no title

大韓サッカー協会の公式サイト(画像は、スクリーンショット)

乱闘寸前のもめ合いで...

   韓国代表とコロンビア代表の国際親善試合は2017年11月10日、韓国のホーム(水原ワールドカップ競技場)で行われた。韓国がソン・フンミン選手の2ゴールで、FIFA(国際サッカー連盟)ランキング13位の強豪相手に勝利を収めた。ただ試合の内容よりも話題を集めたのが、カルドナの挑発行為だった。

   韓国2点リードの後半17分、DFのキム・ジンス選手がコロンビアのエース、MFハメス・ロドリゲス選手のファウルで倒された。ハメスがキム・ジンスのシャツを引っ張り上げ、早く立つよう促すと、キ・ソンヨンはこれに怒ったのか、ハメスに体当たり。両チームとも選手たちが駆け寄って、乱闘寸前のもみ合いに発展した。

   カルドナはその中で、キ・ソンヨンを両手で目をつり上げるポーズで挑発。このポーズはアジア人特有の細長い目を揶揄しているとして、「差別的な行為」と知られる。試合を生中継した韓国国営放送「MBC」が何度もこの場面を再生するなどし、韓国のサッカーファンはカルドナのSNSに批判のコメントを書き込んだ。

   大韓サッカー協会は試合後、FIFAにこの件を報告し、カルドナの行いは世界中に広まることに。カルドナは11日、コロンビア代表チームの公式ツイッターを通じ、

「誰かを、国や人種を侮辱する意図はなかった。でも侮辱されたと感じたのなら申し訳ない」

とお詫びした。

   朝鮮日報日本語版(ウェブ版)の13日付記事によると、キ・ソンヨンは「失望すべきことだ。あのような行為を容認してはならない」と試合後のインタビューで語ったという。

「キ・ソンヨン、もういい加減大人になろうよ...」

   一方、そんなキ・ソンヨンも差別的な行為で挑発したとして、ネット上で批判を浴びている。「つり目」ポーズの挑発を受ける直前、コロンビアの選手たちに向けて手の平を内側に向けるポーズ「裏ピース」を取っていたのだ。

   これは侮辱的な仕草として知られ、イギリスやオーストラリア、ニュージーランドなどでは、中指を立てるジャスチャーと同様の意味合いがあるとされる。プレミアリーグで複数のクラブを渡り歩き、現在もスウォンジー・シティAFC(プレミアリーグ)に所属しており、このポーズの意味を知らないはずはない――。ツイッターなどインターネット上ではそうして、

「カルドナのつり目ポーズと同様にキ・ソンヨンの裏ピースもペナルティやったほうがいいんじゃないか?普通に試合で中指立てたら大問題だろ」
「韓国裏ピースした後に細目アピールされてキ・ソンヨンがキレてるのブーメランすぎるやろ」

との批判が巻き起こっている。

   一方で「奇誠庸(キ・ソンヨン)の指は『今あなたを見ている』『我々は2-0で勝っている』などと解釈されている」と伝えたのが、朝鮮日報日本語版(ウェブ版)の13日付記事だ。カルドナとキ・ソンヨン、双方の挑発行為に触れたが、キ・ソンヨンが先だったとは伝えていない。

   だが彼には、約7年前にも「前科」がある。2011年1月のAFCアジアカップ2011準決勝の日本戦で、前半にPKでゴールを決め、左手で顔を引っかく「猿」のモノマネをカメラに見せ、日本人を侮辱していると韓国メディアからも批判を浴びた。

   こうした過去があるだけに、ネット上では

「これ何が矛盾してるかって、一番怒りを露わにしていたのがアジアカップ日韓戦で自身の得点後に猿のジェスチャーをしたキ・ソンヨン」
「許されないって、猿真似野郎が何言ってんの?」
「ねえ、キ・ソンヨン、もういい年なんだからいい加減大人になろうよ...」

との声も上がっている。


2017/11/13 14:32
https://www.j-cast.com/2017/11/13313695.html?p=all

続きを読む

【韓国・サッカー】 人種差別ポーズ被害の奇誠庸「容認してはならない」

1: 荒波φ ★ 2017/11/13(月) 09:29:16.44 ID:CAP_USER
10日に行われたサッカー韓国代表とコロンビア代表の強化試合で、奇誠庸(キ・ソンヨン)に人種差別的なジェスチャーをしたエドウィン・カルドナの件が波紋を呼んでいる。

カルドナは「誤解があった」と謝罪し、コロンビア・サッカー協会も11日、「カルドナの行動について韓国代表チームと国民に深く謝罪する」という公式文書を送付してきた。しかし、大韓サッカー協会は別途の措置が必要だと考えている。

この試合の後半、カルドナはもみ合いとなった奇誠庸の前で、指で目をつり上げるアジア人への差別的なジェスチャーをし、奇誠庸は指を「V字」にして手の甲をカルドナに向けて見せ抗議した。

奇誠庸の指は「今あなたを見ている」「我々は2-0で勝っている」などと解釈されている。その後、これといった対応なく試合を終えた奇誠庸は「失望すべきことだ。あのような行為を容認してはならない」と語った。


2017/11/13 08:42
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/13/2017111300629.html


関連記事
<アジア杯>奇誠庸が“猿セレモニー”釈明 「旭日旗にカッとなった」=中央日報
http://japanese.joins.com/article/982/136982.html

続きを読む

【朝鮮日報/サッカー】差別ポーズ、試合でもマナーでも負けたコロンビア

1: 荒波φ ★ 2017/11/11(土) 10:38:02.92 ID:CAP_USER
10日、韓国との強化試合でコロンビア代表の選手たちが見せた態度は、国際サッカー連盟(FIFA)ランキング13位という実力にふさわしくない「落第点」のレベルだった。相手選手に配慮していない態度、人種差別的なジェスチャー、観客を無視した行為などをたった1試合の間に見せた。

MFエドウィン・カルドナは「試合で韓国代表選手たちとピリピリとした展開になった時、両手で目尻を引っ張り白目をむいて人種差別的なジェスチャーをした」と批判された。このジェスチャーはアジア人を侮辱する行為として知られている。

後半17分、韓国のDF金珍洙(キム・ジンス)がハメス・ロドリゲスと競り合って倒され、ファウルを得た。ハメスはイライラした様子で金珍洙を起こそうとしたが、金珍洙がこれを払いのけた際、手を振り回してハメスが倒れた。

両チームの選手たちがもめている時、カルドナは奇誠庸(キ・ソンヨン)とチェ・チョルスンに向かって突然、目をつり上げるジェスチャーをした。

世界的スターのハメスもマナーに欠けていた。ハメスは前半の早い時間帯に韓国に得点されると、興奮した様子で韓国人選手たちに向かっイライラした態度を見せ続けた。

韓国人選手がけがをして横になっている時に無理やり起こそうとしたり、頻繁に言い争ったりしたりした。そして、試合終了後はあいさつもなくスタジアムから去っていった。


2017/11/11 10:04
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/11/11/2017111100467.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト