脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

サッカー

【クリスチャン・ヴィエリ氏】「俺が韓国人なら恥ずかしい」 元イタリア代表FW、2002年日韓W杯の“最悪な記憶”を回顧

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/09/09(月) 10:08:44.76 ID:CAP_USER
優勝候補として臨んだ2002年W杯、不可解な判定の末にベスト16で韓国に敗れる

 現役時代に“重戦車”の愛称もつけられた元イタリア代表FWクリスチャン・ヴィエリ氏が、スペインメディア「マルカTV」に出演してインタビューに応じている。そのなかで、2002年の日韓ワールドカップ(W杯)における韓国戦について、「俺が韓国人なら、恥ずかしいって思うだろう」と話した。

 ヴィエリ氏が出場した2002年W杯では、イタリアは優勝候補の中でも上位評価だった。後にバロンドールも獲得するDFファビオ・カンナバーロや、DFパオロ・マルディーニといった選手が強固な最終ラインを形成し、前線ではヴィエリ氏の他にもFWフランチェスコ・トッティやFWアレッサンドロ・デル・ピエロといった“ファンタジスタ”に事欠かなかった。

 しかし、イタリアは調子の上がらないグループリーグで2位通過となり、16強で韓国と対戦した。そこでは、今でも語り草となるほどのバイロン・モレノ主審による不可解な判定の連続があり、最終的にイタリアは韓国に1-2で敗れて姿を消した。ヴィエリ氏は歯に衣着せぬ表現で振り返った。

「まあ、ピッチ上の俺たちを見てくれていれば分かると思うのだけども。うまくいかなかったことの代償を払ったとは言えるのかもしれないが、トッティ、マルディーニ、そして俺に対するファウルは何も取られなかったね。イタリアが勝利できる可能性はあったけれども、これが一つのスキャンダルだという事実はそこにある。こんなことがW杯で起きるなんて思っていなかったよ。俺が韓国人なら、恥ずかしいって思うだろうね」

 以前にはデル・ピエロ氏がインタビューで「ひどい失望だった」と話したこともある韓国戦だが、ヴィエリ氏も同様の思いは消えないようだ。インタビューを行ったメディアのスペインも、8強で韓国と対戦した際には不可解なゴール取り消しなどに見舞われて敗退の憂き目にあった。そういった“仲間意識”があるのかは分からないが、ヴィエリ氏にとってあの韓国戦は最悪な記憶でしかないことがうかがわれる言葉が並んでいた。

Football ZONE web編集部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190908-00216019-soccermzw-socc
9/8(日) 19:20配信

続きを読む

【克日】 韓国 「日本を最初に越えたのはサッカーだった」

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/08/15(木) 17:40:12.15 ID:CAP_USER
1954年3月7日、東京明治神宮競技場。4-1とリードした後半40分、チェ・ジョンミン(1983年死去)は
日本のGKとDFの間で足を出しながらとどめのゴールを決めた。

1954年スイスワールドカップ(W杯)予選の韓日戦は選手にとって戦争と変わらなかった。
転んで走るというプレーを繰り返した末、韓国が5-1で勝った。

日本の領土に太極旗(韓国の国旗)が掲揚されると、選手と在日韓国人は涙を流した。
この日の勝利をきっかけに韓国はW杯本大会に進出した。

光復(解放)74周年を迎え、京畿道高陽市(コヤンシ)ワンマウントスポーツクラブで14日、当時の写真が展示された。
「負ければ玄海灘(大韓海峡)に落ちて死ぬ」という決意が込められた誓約書もあった。

当時2ゴールを決めたチェ・ジョンミンの娘ヘジョンさんは「父が必死に頑張ったという話を母から聞いた」と語った。
このストーリーを扱った映画『東京大捷(仮題)』は来年末の公開に向けて準備中だ。

映画制作者のチャ・スンジェ東国大映像大学院教授は「初めての日本戦で克日を成し遂げたという意味がある」と語った。

解放後、韓国が最初に日本を越えた分野がサッカーだった。
ソン・ギリョン大韓サッカー協会審判運営室長は「サッカーは日帝時代の天皇杯から我々が上回っていた」と伝えた。

元韓国代表FWの李会択(イ・ヒテク)さん(73)は
「1960-70年代に我々が日本に教えられることはサッカーしかなかった。サッカーは国民の自尊心だった」と回想した。

韓国サッカーは日本との対戦成績で41勝14敗23分けだ。

根深いライバル意識は21世紀にも続いた。2007年のアジアカップ日本大会で李根鎬(イ・グノ)と中村俊輔がもめると、
李天秀(イ・チョンス、38)が中村のほおを叩いた。

李天秀は「日本大会を控えてみんな笑顔が消えた。インタビューではあえて『韓国の方が強い』という言葉を繰り返した。自分に催眠をかけたかった」と語った。

中央DF金敏在(キム・ミンジェ、23、北京国安)は昨年、日本とのジャカルタ・アジア競技大会サッカー決勝を控え、
チームメートに「負けたら帰りの飛行機から飛び降りよう」と話した。

李康仁(イ・ガンイン、18、バレンシア)は6月、U-20(20歳以下)W杯決勝トーナメント初戦の日本戦を控え、
ファンに「愛国歌(韓国の国歌)を大きな声で歌ってほしい」と呼びかけた。

韓日戦では劇的なゴールもあった。李敏成(イ・ミンソン、46)は1997年9月、フランスW杯のアジア予選で鋭いミドルシュートを決めた。

2010年5月に埼玉で行われた親善試合でゴールを決めた朴智星(パク・チソン、38)は
ゆっくり走りながら沈黙した日本応援団を眺める「散策パフォーマンス」を見せた。

李承佑(イ・スンウ、21、ベローナ)は昨年のアジア競技大会決勝で日本自動車企業の広告看板の上に立ってパフォーマンスを見せた。

日本大会で敗れると必ず「惨事」という表現が登場した。2011年8月10日の親善試合での0-3の大敗は「札幌惨事」として記憶される。
1968年メキシコオリンピック(五輪)の予選で3-3の同点でバーに弾かれるシュートを放ったキム・ギボクさん(75)は
得失点差で日本が五輪に出場した。天が崩れ落ちるような気持ちだった。生涯、惜しまれる場面として残っている」と語った。
https://japanese.joins.com/article/608/256608.html?servcode=600&sectcode=610

続きを読む

【国際】韓国民「恥を知れ!」「謝るまで闘う」C・ロナウドがインスタに投稿をするたび、おびただしい数のハングルメッセージ

1: 鴉 ★ 2019/08/14(水) 20:47:32.39 ID:CAP_USER
ユベントス所属のポルトガル代表FWクリスチアーノ・ロナウドを巡る騒動は、少なくとも韓国国内では終息の気配を見せていない。

 現地7月26日、ユベントスは韓国に遠征し、Kリーグのオールスターチームとの親善試合を戦った。このイベントを運営する『THE FESTA』社との契約において、ユベントスはC・ロナウドを少なくとも45分間出場させる取り決めとなっていたが、選手本人はコンディション不良を理由にベンチに座ったまま動かず、そのままタイムアップとなってしまった。

 これに激高したのがC・ロナウドのプレーを楽しみにし、高額チケットを購入したファンたちだ。ユベントス側はドクターの判断だったと説明したが、謝罪がいっさいなかったことで、韓国ファンの怒りを増長させた。その一件以降、C・ロナウドのインスタグラムには投稿するたび、おびただしい数のハングル文字によるメッセージが書き込まれている。8月13日にアップした本人のトレーニング画像に対しても、

「恥を知れ!」
「いつになったら謝罪するんだ!」
「謝るまで我々は闘い続けるぞ!」
「いまだにチケットを買ったサッカー少年たちは涙に暮れている。責任を取れ!」
「本当に大嫌いになった。君のせいでサッカーさえ嫌いになるファンが増えている」

 などなど、バッシングが鳴り止まない。相変わらず「メッシのほうが最強」とばかりに、リオネル・メッシの顔を点文字でコラージュした投稿も多く、一般のフォロワーからは「いい加減にしろ」「不快でしかない」「韓国人は入ってくるな!」といったメッセージも少なくない。

 そんななか、ひとつの動画が韓国国内で反響を呼んでいる。

 ユベントスは先週土曜日、スウェーデンのストックホルムでアトレティコ・マドリーとの親善試合に臨んだ。結果は2-1の勝利で、C・ロナウドは先発を飾って後半途中に退いた。

 この遠征の最中、韓国からひとりのユーチューバーが現地に乗り込み、ユベントスの宿舎や移動中の空港に登場。C・ロナウドに対して「なぜ試合に出なかったんだ?」と直接質問をぶつけ、C・ロナウドが無言で通り過ぎる様子や、マウリツィオ・サッリ監督にもアタックする模様などをYouTubeに投稿。この行動に関してはコメント欄で賛否両論が飛び交っているが、実に2560万を超える再生回数を記録している。依然として韓国国内で高い関心度があることを証明した。

 一連の騒動に対しては韓国警察が詐欺等の容疑で捜査に乗り出しており、運営会社の家宅捜索を行なったという報道も流れた。その『THE FESTA』社は公式サイトで謝罪文を掲載するに至り、ユベントス側に「契約違反に関する抗議文を送り、協議の準備を始めた」という。だがここ数日、事態に進展は見られない。

 ユベントスとC・ロナウドは沈黙を貫いているが、想定外に大きくなった今回の騒動はどのような決着を見るのだろうか。いずれにせよ、韓国ファンの怒りが収まっていないのは確かなようだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190814-00010004-sdigestw-socc

関連
【国際】C・ロナウド欠場への怒り収まらず…韓国人がスウェーデンまで押し掛け「チケット代支払って」 [8/13]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1565696221/
【ハンギョレ】「エヴァンゲリオンの漫画とDVDは廃棄処分だ」 貞本義行氏の嫌韓発言にネットでは反発の声[08/13]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1565678580/

続きを読む

【国際】C・ロナウド欠場への怒り収まらず…韓国人がスウェーデンまで押し掛け「チケット代支払って」

1: 鴉 ★ 2019/08/13(火) 20:37:01.48 ID:CAP_USER
C・ロナウド欠場への怒り収まらず?韓国人がスウェーデンまで押し掛け「チケット代支払って」
2019/08/13 18:50レコードチャイナ

2019年8月12日、韓国・世界日報などによると、ユベントスのクリスチアーノ・ロナウドとサッリ監督に会うためスウェーデンのストックホルムを訪れた韓国のユーチューバーが話題になっている。

ロナウドは先月、韓国で行われたKリーグとユベントスの親善試合のため訪韓した。契約では「少なくとも45分間は出場する」となっていたが実際は出場せず、韓国のファンらから批判を浴びていた。これについてサッリ監督は「ロナウドの筋肉の疲労を考慮し決定した」と説明し、「ロナウドのプレーが見たければ私が飛行機とチケット代を支払う」と述べていた。

これを受け、韓国人ユーチューバーのクァク・ジヒョクさんはロナウドとサッリ監督に会うためスウェーデンを訪れ、その映像を今月12日に公開した。映像には、ユベントスの選手らの宿泊するホテルを訪れたジヒョクさんが、散歩するため現れたロナウドに対し「クリスチアーノ、僕は韓国から来た。なぜ韓国で試合に出場しなかった?その理由を話せるか?」と書かれた紙を掲げて「なぜ韓国では試合に出なかった?」と問いかける様子が映っている。しかしロナウドはこれに反応せず素通り。その後、ホテルに帰って来たロナウドは集まったファンからのサインや写真撮影に応じたが、ジヒョクさんの紙には目を向けなかった。

その後、ジヒョクさんは空港に到着したバスから降りたサッリ監督に対しても「少し前に韓国であなたが『ロナウドを見たければイタリアに来い。そしたらチケット代を支払う』と言ったので、チケット代をもらうために韓国からやって来た。僕は8月31日のナポリ戦が見たい。僕にチケット代を払ってくれ」との内容の紙を掲げた。するとそれを見たサッリ監督は笑みを浮かべ「君に言ったのではない」と一言。さらにジヒョクさんが「僕はあなたに会うため韓国から来た」と言うと、サッリ監督は「メールに書いて送りなさい」と答えた。

これを見た韓国のネットユーザーからは「素晴らしい。応援する」「ユベントスは韓国を甘く見ていた。韓国国民は行動する国民だよ」「かっこいい。必ずチケット代をもらってほしい」などジヒョクさんへの称賛の声が続々と上がっている。また、「君に言ったのではない?じゃあ誰に言ったの?ロナウドを楽しみにしていた韓国のファンでしょ?」「サッリ監督は自分の言葉に責任を持つべき」などと指摘する声も。

一方で「そこまでしなくても。なんかみっともない」「視聴者を増やしたいがためにそこまでするなんて恥ずかしい」との声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本)
https://news.goo.ne.jp/article/recordchina/world/recordchina-RC_734051.html

続きを読む

【韓国】 「クリスティアーノ・ロナウド欠場」 2次訴訟に87人加勢・・・「慰謝料」要求

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/08/10(土) 13:51:15.48 ID:CAP_USER
サッカー選手クリスティアーノ・ロナウド(34、ユベントス)の「ノーショー(欠場)」問題をめぐり
2次損害賠償訴訟が提起された。

法曹界によると、ネイバー「ロナウド事態訴訟コミュニティー」会員87人はこの日午後、
ソウル中央地裁に親善試合主催会社ザ・フェスタを相手取り損害賠償請求2次訴状を提出した。

ザ・フェスタに請求した損害賠償額はチケット代と精神的慰謝料を含む8280万ウォン(約722万円)。
コミュニティー側はこの日配布した報道資料で「ザ・フェスタを相手に仮差押えのような保全処分申請などを検討するために速やかに2次訴状に入った」と明らかにした。

ロナウドは先月26日、ソウルワールドカップ競技場で開催された韓国プロサッカーKリーグ選抜チーム「チームKリーグ」と
ユベントスの親善試合で、主催会社側の広報とは違って試合に出場せず最後までベンチに座っていた。

その後、コミュニティー会員2人は先月29日、ザ・フェスタを相手取り仁川(インチョン)地裁に
1人あたり107万1000ウォンを請求する1次損害賠償訴訟を提起した。ロナウドとユベントス、ザ・フェスタは詐欺などの疑いでも告発された状態だ。

警察は8日、ザ・フェスタの事務室とサーバー管理会社など3カ所を家宅捜索し、契約関連の書類などを確保した。
ザ・フェスタ関係者1人は出国が禁止された状態だ。コミュニティー側は訴訟参加希望者をさらに募集し、来週中に追加の訴訟提起をする計画という。
https://japanese.joins.com/article/458/256458.html?servcode=400&sectcode=400

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト