脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

ゲンダイ

【日刊ゲンダイ】 嫌韓層を意識? 河野ワクチン大臣の交差接種 「日本はやらない」発言が信じられない

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2021/06/24(木) 15:20:18.71 ID:CAP_USER
新型コロナウイルスワクチンの供給が綱渡りだ。自治体に配るファイザー製の輸入量が先細りの上、大規模・職域両接種で使用するモデルナ製も逼迫。
河野ワクチン担当相は23日、大規模と職域の新規受け付け停止を突如発表した。

会見で河野大臣は「職域接種と大学接種の合計で3300万回を超え、大規模接種が1200万回を超えて上限に近くなっている。
それに加え、モデルナの1日の可能配送量は上限に達している。このままいくと、供給できる総量を超えてしまう」と説明。

ホンの2日前に職域接種を視察した菅首相が「さらに加速化させたい」と意気込んでいたのは何だったのか。やはり裸の王様なのか。

「菅政権には言葉を失います。兵站を無視して無謀な戦争に突っ込んでいった太平洋戦争そのもの。
想定されるのはメーカー側からの供給不足、あるいは期限切れでムダにしてしまったのか。

ファイザー製もモデルナ製も有効期間は6カ月です。菅首相は10、11月には希望者全員の接種を完了させると言っていましたが、
何の根拠があったのか」(西武学園医学技術専門学校東京校校長の中原英臣氏=感染症学)

一方、韓国では4月以降に1回目でアストラゼネカ(AZ)製を打った76万人を対象に、2回目の時期が到来する7月からファイザー製を打つ「交差接種」を実施予定だ。
AZ製の供給が6月末から7月以降に延期されたためだという。

気になるのが交差接種の安全性だ。「AZ製×ファイザー製」について、ドイツの研究チームが成人250人を対象に調べたところ、
他社製に比べて有効性の劣るAZ製2回よりも抗体量が10倍多かったと発表。

メルケル独首相は「AZ製×モデルナ製」で接種を終えた。カナダ政府も先週、「AZ製×ファイザー製かモデルナ製」を「強く推奨」。
スペインの研究所の調査でも独チームと同様の傾向だった。


「医学的見地からいえば、同じ製品を2回打つのが原理原則です」(中原英臣氏=前出)

河野大臣は会見の7時間前、「ひるおび!」(TBS系)に生出演。
嫌韓層を意識したのか、交差接種について「日本はやりません」と鼻で笑っていた。

厚労省が60歳以上のAZ製容認に動く中、額面通り受け取っていいのか。言うことがコロコロ変わるだけに、にわかには信じ難い。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/291017

続きを読む

【日刊ゲンダイ】 日本も韓国のようにできないのか・・・今や世界標準のPCR “ドライブスルー” 検査

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/03/17(火) 17:12:02.99 ID:CAP_USER
新型コロナウイルスのPCR検査が保険適用されてから10日以上が経った。だが、検査実施は全く増えていないことがわかった。
16日の参院予算委員会で、蓮舫議員(立憲民主)が取り上げた。

保険適用直前のPCR検査の実施件数は、1日当たり1100~1500件だったが、適用後も600~1800件と増えていない。

2月1日~3月10日の間、「帰国者・接触者センター」への相談は全国で15万8669件あったが、
検査実施は4446件と、わずか3%だったという。

国の方針にしばられず、肺炎の疑いがあれば積極的に検査している和歌山県の実施率は34%だから、全国の実施率は極めて低い。
検査件数が増えないのは、厚労省が医療機関への受診基準として「37.5度以上の熱が4日継続」を示しているからだ。

蓮舫氏は検査を増やすために、受診基準の緩和を求めたが、加藤勝信厚労相は「ひとつの受診の目安として出させていただきました。
インフルエンザやそれ以外の風邪は、通常通り受診をしてくれということであります」と珍答弁。
患者が受診前に、コロナと風邪の見極めができたら苦労しない。

検査難民をどうにかしないと、感染拡大や手遅れによる重症化リスクが高まる。実際、「陽性」を知らずに行動する感染者が相次いでいる。

群馬県では、70代の男性医師が、発症後1週間、診察を続け、濃厚接触者は67人に上る。
滋賀の50代の男性感染者は、発症後計6日間、会社に出勤していた。


韓国は日本の20倍の25万件超の検査を実施している。日本も韓国のようにできないのか――。


韓国の検査拡大はドライブスルー検査を活用したことが大きい。ドライブスルー検査は、英国、ドイツ、ベルギー、デンマーク、豪州など世界に広まっている。
トランプ大統領もドライブスルー検査の導入により、1カ月以内に500万件の検査を行うと打ち出している。

ドライブスルー検査は今や世界標準になりつつある。ところが、厚労省は導入を拒否。医師の診断を伴わないことが多く、検査の信頼性を疑っているからだ。

医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏が言う。

「世界中で行われているのに、日本のドライブスルー検査だけが信頼性に欠けるとでもいうのでしょうか。
早期検査をして、無症状や軽症者は自宅待機、重症者を入院させれば、医療体制も維持できます。どうしてそのように方針転換しないのか理解に苦しみます」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/270546

続きを読む

【日刊ゲンダイ】 中韓からの入国制限、大衆の嫌中・嫌韓感情をあおり、差別意識を培養する結果ばかりがもたらされよう

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/03/11(水) 16:35:00.56 ID:CAP_USER
安倍政権による強権を待望している市民たち


家の外に出るのが怖い。街は新型コロナウイルス一色だ。電車に乗っていて、少し咳をしたら、一斉に睨みつけられた。
クシャミでもした日には、リンチにかけられるかも。花粉症なだけなのに。

排除の空気が充満したタイミングで、政府は今日10日、改正新型インフルエンザ特措法案を国会に提出。
現行法でも十分な対策は取れるのだが、彼らはさらなる強権化を図ろうとしている。

安倍首相は先にも、2週間の停留・隔離など中韓からの入国制限に踏み切った。
すでに国内での感染が広がっている状況では、大衆の嫌中・嫌韓感情をあおり、差別意識を培養する結果ばかりがもたらされよう。

安倍氏の独断専横で、専門家会議や関係省庁の意見さえ聞いていなかったという。
少し前までの安倍氏は、何もしようとしなかった。東京五輪への悪影響を恐れて、事態をことさら小さく見せることに腐心していた。

それが難しくなり、海外メディアに“Where’s Abe?”などと揶揄されるや、例によって過剰な“リーダーシップ”アピールに転じた。

いったい、何が起こっているというのか。

一方で厚生労働省は、「季節性インフルエンザより感染力は高くない」との世界保健機関(WHO)の見解をHPで紹介している。
実際、各国政府の発表の累計によると、7日午後現在の新型コロナ感染者数は10万3735人で、うち死亡者は3519人。
これも厚労省のHPにある、インフルエンザによる世界の年間死亡者約25万~50万人、日本だけでも約1万人と比べたら、まるで少ない。

一連の独善的な強硬策とのギャップを、誠実に説明する義務が、安倍首相にはあるはずだ。

何もかもが仕組まれているような気がする。公式発表が嘘だというなら、そう言え。
生物兵器だったと確定したのであれば、直ちに明らかにせよ。

都営地下鉄線の都庁前駅では、乗客の顔の表面温度を測るサーモグラフィーが設置された。
強権を待望する市民も増えた。このままでは、私たちはいつの間にか、毎日の言動を政府に監視・記録され続け、
いいように操られるだけの生き物にされてしまう。習近平独裁の中国と同じだ。安倍氏の嫌中は近親憎悪だった。

「安倍戒厳令というおぞましさ」と、本紙(日刊ゲンダイ3月4日付)は喝破していた。
緊急事態宣言→憲法改正→延期された2021年東京五輪に合わせた新憲法施行→米国の属州としての新・帝国主義宣言、
などという悪夢のシナリオを許してはならない。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/270214

続きを読む

【日刊ゲンダイ】韓国は中国に次ぐ新型コロナ感染大国となったわけだが、裏返せばウイルス検査を加速度的に進めている証拠でもある

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/02/27(木) 16:19:09.31 ID:CAP_USER
26日、韓国の新型コロナウイルス感染者数が1000人を超えた。今や中国に次ぐ感染大国となったわけだが、
裏返せば、ウイルス検査を加速度的に進めている証拠でもある。

なぜ、日本での検査実施は一向に広がらないのか――。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/269643

no title



【ハンギョレ】 韓国よりも感染者少ない米国・日本・・・米国の検査件数はクルーズ船の乗客を除いて426件に過ぎない
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1582778574/

続きを読む

【日刊ゲンダイ】 GSOMIA 「勝った」 「勝った」はおかしい

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/11/25(月) 18:08:14.96 ID:CAP_USER
桜潰しはミエミエ GSOMIA「勝った」「勝った」はおかしい


なにやら雰囲気がガラリである。韓国の文在寅政権が先週末、GSOMIA(軍事情報包括保護協定)の条件付き継続を決定以降、
テレビや新聞などの大メディアは「安倍政権の外交勝利」を大喧伝。

安倍首相が疑惑のド真ん中にいる「桜を見る会」をめぐる行政・公金私物化への批判はどこへやらだ。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/265225

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト