脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

キムチ

【朝鮮日報】<記者手帳> 「キムチを盗みにきたのに扉を開けてやるのか」

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/01/13(水) 10:32:40.57 ID:CAP_USER
● チョン・サンヒョク記者

『キムチビンタ』は、非現実的なドラマにだけ出てくるものではない。

キムチを自国の文化として編入しようとする中国のありえない『キムチ工程』が露骨になると、すぐさま民間サイバー外交使節団パンク(VANK)が動いた。 「キムチを中国の塩漬け野菜である “泡菜(ぱおつぁい)” と翻訳した文化体育観光院の訓令第427号を正してほしい」とし、関係部庁に11日に要請したのである。これらは、「日本が独島(トクド)を “竹島(タケシマ)” と称しているのを公式に認めてはいけないように、中国がキムチを “泡菜” と称しているのを認めてはならない」と指摘した。政府の態度が安易だったということである。

昨年7月、文化体育観光部が制定した『公共用語の外国語の翻訳および表記指針(英語・中国語・日本語)』によれば、「中国ですでに広く使われている食物名の慣用的表記はそのまま認める」と規定されている。その例示として、『キムチチゲ』を『泡菜湯(ぱおつぁいたん)』と翻訳していたことが問題になった。政府が率先して『キムチ工程』の口実を与えた形になったからである。泡菜は中国・四川(すーちゅわん)地域の野菜漬けで、キムチとは別の食べ物である。議論が激しくなると、すぐさま文化体育観光部は当日に解明資料を提示し、「今後はキムチの中国語翻訳に対する国民感情などを考慮して、農林畜産食品部および専門家協議を通じて訓令を整備する」と明らかにした。文化体育観光部の関係者は、「当時は慣用的表現と判断していたが、今は “独島” のように政策的な考慮が必要な状況になった」と話した。

(岐阜)
https://images.chosun.com/resizer/YNToCUmCV89X5qlkSSxUQGYpn_8=/1003x583/smart/cloudfront-ap-northeast-1.images.arcpublishing.com/chosun/INOZBIBD3VF4PASKXHONY5RSAM.gif
▲ 去る9日、チャンネル登録者数1400万人を有する中国人ユーチューバーが、韓国式のキムチを漬ける映像を載せた後、「Chinese Food」と紹介して炎上した。(Youtube)

パスタ(Pasta)をピビムグクス(ビビン麺)、ピヂャ(Pizza)をピンデトック(綠豆煎)とは表記しない。同様にキムチはただのキムチである。英語翻訳でも『Kimchi』に過ぎない。韓国外国語大学校のカン・ヂュンヨン教授は、「説明の便宜のために、韓国を代表する固有名詞まで譲歩する必要があるのか」とし、「中国の反則が “キムチ” に止まらないため、今回も十分に整備すべきだ」と話した。一部の中国人はキムチだけではなく、最近では韓服(ハンボク)やパンソリ(民俗芸能的なやつ)も中国の固有文化という強弁な主張をして物議を醸した。

キムチの宗主国は論争の余地がない。だがしかし、我が国の政府の対処がお気楽すぎるという批判が出る。中国官営メディアである環球時報は昨年11月、「中国のキムチ製造法が国際キムチ市場の基準となり、韓国が屈辱を受けた」というフェイクニュースを掲載し、中国最大のポータルサイトである百度(ぱいどぅ)百科事典が、「韓国のキムチは中国が起源である」と説明する事実も摘発された。 政府の代わりに民間が間違いを正している。あるネチズンは、「有形・無形文化財も国力があってこそ守ることができる」と投稿した。ボーっとしていると、またビンタを食らってしまうことになる。

ソース:朝鮮日報(韓国語)
https://www.chosun.com/opinion/journalist_note/2021/01/13/XX3U24Z26FGJRPCN2BJ2D3Z5HU/?

続きを読む

【朝鮮日報】「中国キムチが韓国の外食産業を支配」…また挑発した中国メディア

1: 首都圏の虎 ★ 2020/12/30(水) 21:52:33.95 ID:CAP_USER
 民主主義性向の中国官営メディアが「韓国が輸入するキムチの80%は中国産」だとして「中国のキムチが韓国の外食産業を支配している」と主張し、論議を呼んでいる。

 中国官営メディア「環球時報」の英語版「グローバルタイムズ」は30日「韓国で輸入されているキムチの80%は中国のある村から来たもの」と題する記事を掲載した。同メディアはこの記事で「韓国が輸入しているキムチの約90%が中国産」だとして「このうち中国・山東省の小さな村がキムチ輸出の80%を占めている」と書いた。

 同メディアが言及した村は、山東省平度市にある仁兆県という地域だ。この地域の栽培業者たちが韓国にキムチを大量に輸出し「中国最高のキムチ村」として台頭したというのが同メディアの主張だ。さらに「村の栽培業者たちが韓国の気候条件に合わせて白菜の栽培量まで細かく気を配っている」として「白菜の栽培だけでなく、キムチの大規模な加工工場も造成されている」と説明した。

 同メディアは、韓国では今年8月までに中国のキムチ17万7000トンを輸入しており、特に韓国人は冬にキムチをたくさん食べるため、最近の需要急増によって白菜の値段が上がっていると書いた。この村に住む農夫は「韓国のキムチ不足の事態が、私にとっては素晴らしい事業チャンスになると感じた」と話した。

 その上で同メディアは「このような成長は、中国のキムチが品質の良さと合理的な価格によって韓国の外食産業を支配しているだけでなく、韓国の家庭の食卓にも進出していることを示している」と主張した。

 これまで環球時報とグローバルタイムズは、キムチに関連して多くの議論を呼び起こした。環球時報は先月29日、中国のパオツァイ(泡菜、塩漬け野菜)が国際標準化機構(ISO)の標準認証を受けたと報じ、これはキムチ宗主国の韓国にとって「恥辱」だと書いた。

 しかし韓国政府は、中国がISO認証を受けたのは中国式の野菜の塩漬けだけであり、韓国キムチは含まれていないと反論した。また、グローバルタイムズは、中国最大のポータルサイト「百度(バイドゥ)」が韓国のキムチをパオツァイと紹介していると報じるなど「キムチの起源」論争も巻き起こした。

 環球時報はこれだけでなく、韓国のアイドルグループについても論争に火を付けた。BTS(防弾少年団)のリーダー、RMさん(本名:キム・ナムジュン)が今年10月、米国でバン・フリート賞を受賞した際のコメントで「今年は韓国戦争から70年で、われわれは両国(韓国と米国、our two nations)が共に経験した苦難の歴史と大勢の男性と女性の犠牲を記憶しなければならない」と述べると、環球時報は「中国軍の犠牲を無視した」と最初に問題を提起した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b0bedd484e6a661ebedf54002593e928c2699353

続きを読む

【社会】 「韓国キムチ」が英国立図書館ウェブアーカイブに公式掲載

1: 朝一から閉店までφ ★ 2020/12/19(土) 15:58:35.11 ID:CAP_USER
2020/12/16 11:15配信
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp


世界キムチ研究所は欧州内のキムチとキムジャン(越冬用のキムチ漬け)文化普及のためのウェブサイト「キムジャン・プロジェクト」が英国立図書館の「ウェブアーカイブ」に公式掲載されたと、16日明らかにした。

英国立図書館は米国議会図書館に次ぎ世界で2番目に大きな規模で、約1億5000万冊の本を所蔵している。

「ウェブアーカイブ」は英国の専門キュレーターとアーキビスト(記録研究士)を中心に自国の文化遺産を代表したり、重要なグローバル価値を保有したウェブサイトを収集し所蔵している。

「キムジャン・プロジェクト」はウェブアーカイブの計107のテーマの中の「食品の歴史(Food History)」分野に掲載された。

キムチ研究所側は、キムチとキムジャン文化を単純な文化と見るのではなく、英国で保存すべき歴史的な価値がある文化遺産として認定したと評価した。

世界キムチ研究所は、2018年からキムチとキムジャン文化の世界化と現地化を同時に追求するため、韓英文化交流財団を拠点に文献、写真、映像などさまざまな形態の専門資料を支援してきた。

キムジャン・プロジェクトのウェブサイトには、世界キムチ研究所が提供したキムチとキムジャン文化に対する紹介をはじめ、共同体文化の核心価値、韓国地域別のキムチの種類と特徴、キムチの応用レシピなどが掲載されている。

韓英文化交流財団のチャン・ジョンウン理事は、「後世のための記録を厳選する英国立図書館ウェブアーカイブの所蔵資料として韓国のキムジャン文化が選定されたことは、英国社会の共同体的価値に対する理解度が高まったため」だと話している。

https://s.wowkorea.jp/news/read/280884/

続きを読む

【韓国人教授】 中国の事典が修正したキムチ記述に「また歪曲」と不満爆発

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/12/15(火) 14:12:23.54 ID:CAP_USER
韓国人教授が中国のオンライン百科事典「百度百科」のキムチに関する記述に抗議し、修正させた問題で、
同教授が「百度百科」側の対応に再び不満を表明した。

「旭日旗」や竹島問題などでの日本への抗議でも知られる韓国誠信女子大学のソ・ギョンドク教授は先日、
「百度百科」の「泡菜(漬け物)」の項目の「韓国の泡菜(キムチ)の起源は中国」という記載は誤りであると主張。

「百度百科」側に抗議し、該当箇所を削除させた。

一方で、「百度百科」側は上記の部分は削除したものの、中国最古の詩集『詩経』の中の句に漬け物の製法が記されていたこと、
韓国農水産食品流通公社北京農業貿易館の鄭雲溶館長が過去に「1300年前の朝鮮半島三国時代に中国の漬け物が韓国に伝わり、
現地の民族の食習慣と結びついて発展、今日の韓国のキムチになった」と述べていたことなど、中国側の立場を補強する記述を追加した。

これについて、ソ教授は14日に「キムチが三国時代に中国から伝わったなどという歴史歪曲(わいきょく)を再び行った」と批判。
「百度が主張の根拠として用いた2013年10月26日の記事(新華網)は、参考資料や文献など具体的な根拠を全く示していなかった」と指摘した。

また、「百度百科」が「泡菜」の項目をネットユーザーが自由に編集できないようロックをかけたことについても言及。

「百度百科」によると、ロックは「論争があり、議論の結果が出ていない」「専門家が提供した内容の厳密さを保つため」などの理由でかけられるものだが、
ソ教授は「正々堂々とした議論を避けた。自信のなさの表れだ」などと非難した。

ソ教授はさらに、「正しい指摘に対してコミュニケーションを拒否した百度との議論はもはや意味がない」とし、
「英語・中国語など多言語によるキムチ関連映像を制作して、キムチの正しい歴史とキムチ文化を世界に伝える」との考えを示した。
https://www.recordchina.co.jp/b860714-s0-c30-d0052.html
no title

続きを読む

【韓国猛反発】 「文化泥棒だ!」 中国と韓国のキムチバトル勃発

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/12/04(金) 18:49:23.77 ID:CAP_USER
中国と韓国のキムチバトル


中国と韓国の間で、キムチをめぐって熱いバトルが勃発しました。中国四川省の伝統的な漬物、「パオツァイ」。
韓国のキムチとは全く味が違いますが、中国では韓国のキムチを発音も漢字も同じ「パオツァイ」と訳しています。

問題は11月に中国側主導でパオツァイに関する国際的な食品規格が制定されたこと。
中国国営メディアが「中国がパオツァイの国際基準を作った。

パオツァイ宗主国の韓国には屈辱的」と報じたことから、韓国側がこれに猛反発。「文化泥棒だ!」などと非難が相次ぎました。

一方、中国外務省の報道官は「その問題を知らない」と一蹴。突如巻き起こった「パオツァイ」論争、波紋が広がっています。
https://www.fnn.jp/articles/-/115322

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト