脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

キムチ

【韓国】反日から蜜月? 中国にキムチまで侮辱される文在寅政権「日本に離れてもらっては困る」

1: ねこ名無し ★ 2017/10/07(土) 06:50:38.54 ID:CAP_USER
就任から4カ月半となる韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領の口から、日本を批判する言葉がほとんど出なくなった。5月に大統領に当選するまでは、慰安婦問題などであれほど日本への嫌悪感を露骨に示していたというのに、北朝鮮の核・ミサイル問題に加え、中国との関係悪化などで今や「反日」どころではないようだ。

困っている韓国は、慰安婦問題を勝手に棚上げしたまま、また日本にすり寄り始めている。(ソウル 名村隆寛)

お手上げ状態?

朴槿恵前大統領の罷免により、5月の繰り上げ大統領選挙(本来なら今年12月)で当選し、翌日に就任した文在寅大統領。内外での問題が山積する中での政権スタートだったが、それを尻目に北朝鮮はミサイル発射などの挑発を連発し続けている。

21日には、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がトランプ米大統領に対し、「史上最高の超強硬対応措置の断行」を明言する初の直々の声明まで発表した。金委員長が言うように、北朝鮮の挑発が今後も続くことは必至だ。ただ、その頻度は朴槿恵(パク・クネ)前政権時代よりも多く、文在寅政権の発足以降はエスカレートし続けている。

文氏の大統領就任から4日後の5月14日に新型中距離弾道ミサイルの「火星12」を発射▼7月4日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「火星14」を初めて発射▼同月28日にも火星14を発射▼8月9日には米領グアム周辺へのミサイル発射計画検討を公表▼同月26日に短距離ミサイル3発を発射▼同月29日には火星12を発射し、北海道上空を通過

▼今月3日に6回目の核実験を強行▼15日には火星12を発射。北海道上空を通過し、襟裳岬東約2200キロの太平洋上に落下▼21日、金委員長がトランプ米大統領を呼び捨てで非難、警告。

北朝鮮との対話にこだわっていた文大統領だったが、火星12が発射された15日には、ついに国家安全保障会議(NSC)の場で「こんな状況で対話は不可能だ」と現実を認め、「断固たる実効性ある対策」を訴えるに至った。

韓国大統領府は否定したものの、ストレスによる文大統領の「円形脱毛症説」まで韓国各紙に報じられた。ただ、文氏が相当に疲れていることは、映像を見ても間違いなさそうだ。まさに、お手上げ状態同然なのだが、そんなことは言っていられない。

THAADは急いで完全配備。やればできる

文在寅政権は今月、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備を完了させた。THAADは北朝鮮の弾道ミサイルに対処するもので、現在の朝鮮半島情勢を考えれば当然の措置だ。

THAAD配備について、文氏は大統領就任まで反対世論を受け態度をはっきりさせず、政権発足後も環境評価やら何やらで完全配備が遅れていた。韓国政府の対処を見れば、「ようやく配備」というよりも「あっという間の配備」だった。世論の反発があろうが、大統領の即断、鶴の一声で設置はされた。やればできたのだ。

文大統領は6月末のワシントンでのトランプ米大統領との首脳会談や、7月初旬のドイツでの20カ国・地域(G20)首脳会議以降、外交を現実路線にシフトさせている。

「北朝鮮の核問題解決への道が開かれておらず、弾道ミサイルでの挑発に対する制裁方法への国際社会の協議が簡単ではないという“事実”を重く受け止めねばならない」

「痛切に感じなければならないのは、われわれに最も切迫している朝鮮半島問題にもかかわらず、われわれには解決する力も合意を導く力もないことだ」

THAADの急いでの配備もその現実路線の一環だが、ここで、また別の現実問題に直面している。THAAD配備に猛反発している中国との関係だ。

エスカレートする嫌がらせ

中国の韓国への嫌がらせはTHAAD配備の計画段階から始まり、4月の発射台2基の配備、今月の6基完全配備と段階を経るごとにエスカレートしている。

「国益と安保的な必要性に従い(THAADの完全配備を)決定した」(康京和外相)という韓国の主張など、中国側は全く聞き入れない。

http://www.sankei.com/premium/news/170923/prm1709230012-n1.html

>>2以降に続く)

続きを読む

【毎日新聞】ここ数年、定番化しているキムチとチーズの組み合わせ しいたけキムチーズはこの秋のヘビロテおつまみだ!

1: 動物園φ ★ 2017/10/07(土) 02:11:30.31 ID:CAP_USER
のせて焼くだけ★「しいたけキムチーズ」は、この秋のヘビロテおつまみだ!
毎日新聞 2017年10月6日 18時00分(最終更新 10月6日 16時10分)

ここ数年、定番化しているキムチとチーズの組み合わせ。
お酒のおつまみに食べるとおいしいですよね。そこで今回は、そんなキムチとチーズを、
しいたけに乗せて焼く「しいたけキムチーズ」をご紹介☆これ、簡単でとってもおいしいんです!

しいたけにキムチ&チーズを乗せて焼くだけ
no title


しいたけのカサに刻んだキムチとチーズを乗せてオーブントースターで焼けばできあがり。
火を使わずに簡単に作れるのも嬉しいですね♪

今すぐ作りたい!しいたけキムチーズ☆

椎茸のうま味とキムチが、トロリンチーズにくるまった美味しいおつまみです。

簡単でおいしい!大好評☆

以下略
https://mainichi.jp/articles/20171006/ckp/00m/100/008000c

続きを読む

【韓国】「これはひど過ぎる!」韓国の幼稚園給食の驚きの献立メニューに韓国ネットから批判の声

1: らむちゃん ★@無断転載は禁止 2017/09/27(水) 20:48:33.16 ID:CAP_USER
レコードチャイナ 2017年9月27日 20時20分 (2017年9月27日 20時33分 更新)
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170927/Recordchina_20170927074.html

2017年9月27日、韓国・朝鮮TVは、韓国で3歳の子どもたちが通う幼稚園の給食のおかずにキムチチゲや豚肉のコチュジャン炒めといった辛くてしょっぱいメニューが出されている実態を伝えた。

朝鮮TVが取材したところ、韓国・仁川にある小学校併設の幼稚園のある日の給食にはトウガラシがたっぷり入った豚肉のコチュジャン炒めやキムチがおかずとして並んでいた。満3歳の子どもたちのほとんどが「辛くて食べられない」と言っておかずには手をつけず、ごはんとスープだけを食べていたという。また、京畿道にある小学校併設の幼稚園でも、給食の献立には白菜キムチやキムチチゲ、タッカルビ(鶏肉や野菜をコチュジャンなどで辛く味付けした韓国料理)などが並んでいる。これは併設の小学校のホームページに掲載されている給食の献立と同じだという。

このように、韓国では4298園ある併設幼稚園の99%が小学校と同じ献立で給食を提供している。併設幼稚園に通う子どもの親は「調理室にコチュジャンを抜いて作るよう提案したが変化は見られない」と明らかにした。一方、併設幼稚園の園長は「幼稚園生から小学校6年生までが同じメニューを食べている。子どもたちの親からは苦情も寄せられているが、われわれにはどうすることもできない部分」と説明した。

(全文は配信先で読んでください)

続きを読む

【韓国】世界にPRできるのはキムチとK-POPだけ!? 韓国人がキムチにこだわるワケ

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/09/18(月) 17:34:53.97 ID:CAP_USER
韓国文化財庁は9月8日、「キムチ漬け」の文化を国の無形文化財に指定する方針を固めた。「キムチ漬け」とは、韓国各地の特色あるキムチとその文化が含まれる概念だという。

キムチを広く宣伝しようという政府の思惑が伝わってくるニュースだが、そもそも韓国は、これまでもキムチをゴリ押ししてきた。

例えば韓国には、1,000億ウォン(約100億円)以上の国家予算が投入された「世界キムチ研究所」なるものも存在している。2010年に設立されたこの研究所では、キムチの微生物研究や可能性の研究などのほか、“キムチの世界化”のための研究も進められているという。

当然、キムチの輸出にも力を入れており、今年上半期の輸出量を見ると、主要輸出国である日本(輸出量1位)と中国(2位)では需要が減っているものの、イギリスやオランダなどヨーロッパへの輸出は前年比18.2%増となっている。

なぜ韓国は、これほどキムチにこだわっているのだろうか?

理由のひとつは、キムチが韓国を代表するコンテンツとなっていることが挙げられるだろう。実際、今年9月に韓国観光公社が発表したところによると、昨年1年間に外国人が主要検索エンジン(GoogleやYahoo!、百度など)で検索した韓国関連キーワードの中で、「キムチ」は英語・ドイツ語圏では最も多く検索された。

ちなみに日本語での検索ワード1位は「K-POP」だったが、世界的に人気を集めているK-POPと肩を並べていることは、海外におけるキムチの知名度を示しているといえる。もっとも、裏を返せば、韓国にはK-POPとキムチぐらいしか外国に輸出できる商品がないということでもあるだろう。つまり、韓国はキムチを積極的に宣伝しているわけではなく、キムチに頼らざるを得ない状況にあるのだ。

ただ、それ以上に重要な理由は、韓国国内にある。年々、韓国人のキムチ消費量が減少しているのだ。

それはデータにはっきりと表れている。嘉泉大学食品栄養学科イ・ヘジョン教授チームの論文によると、韓国人1人当たりが1日に食べるキムチの量は、2005年に123.9gだったが、15年には96.3gまで落ちている。とりわけこの10年間で、男性が17.8%減、女性は27.8%減となっている。

このように韓国国内で“キムチ離れ”が加速しているのは、キムチに対するイメージ悪化が一因だと考える向きもある。例えば、韓国のネット上では韓国人女性を侮辱するときに「キムチ女」というスラングが使われているし、最近は、韓国メディアが外国人に対して「Do you know Kimchi?」と事あるごとに繰り返すアピールにうんざりしている若者も多いという。

今回の「キムチ漬け」無形文化財指定に関する報道にも、ネット上では「本当にくだらない」「いつになったら“キムチの呪縛”から解放されるんだ」「韓国は“神格化”するのが好きだよね」「どこの国にも独自の食べ物はあるじゃないか。笑わせてくれる」といったコメントが見受けられる。

今も昔も、キムチをゴリ押ししてきた韓国。現状を見る限り、これからもキムチアピールは続きそうだ。

(文=S-KOREA)

http://news.livedoor.com/article/detail/13628946/

続きを読む

【キムチばかり食べて頭おかしくなったのか】中国がTHAAD配備で韓国罵倒 報復の経済損失は8500億円もなすすべなく

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/14(木) 09:55:13.33 ID:CAP_USER
【ソウル=名村隆寛】北朝鮮の弾道ミサイルに対処する米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の配備を完了させた韓国が、配備に猛反発する中国からの本格的な報復に不安を募らせている。

 THAADは7日に4基が追加配備され、13日までに事実上、全6基での運用に入った。配備に前後して中国外務省は駐中国の韓国大使を呼んで抗議し、同省報道官が連日、配備中断や撤去を求めた。

 韓国への露骨な反発を示したのは中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報(7日付)の社説だ。同紙は「韓国の保守主義者はキムチばかり食べて頭がおかしくなったのか」「北朝鮮の核開発と大国間の勢力争いの中を漂う浮草になる」「韓国は寺や教会が多いのだから、その中で祈ってろ」などと韓国を揶揄(やゆ)した。

 韓国メディアはこの侮辱に一斉に猛反発。「非常に下品な言葉」「中国共産党指導部の水準そのもの」(朝鮮日報)、「特有の暴言を吐出した」(中央日報)といった批判が噴出した。特に韓国の国民的食品であるキムチまで持ち出したことに、民族感情を強く刺激されたようで、「韓国人全体への罵(ののし)り」(東亜日報)だとして不快感をあらわにした。

THAAD配備は朴槿恵(パク・クネ)前大統領が昨年1月に検討を表明。当時、野党側で反対していた文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、核・ミサイル脅威の現実に目覚め、急遽配備を認めた。「国益と安保的な必要性に従い決定した」(康京和=カン・ギョンファ=外相)わけだ。

 しかし、中国側は韓国の国益など気にも留めていない。最大貿易相手国で輸出の25%を中国に頼る韓国は、中国国内で小売業や製造業など各業種が大打撃を受け、撤退や営業停止、店舗売却をする企業も出ている。また、韓国を訪れる中国人観光客も激減を続けている。

 韓国は「幼稚なTHAAD報復」(中央日報)と批判しているが、報復による経済損失は8兆5000億ウォン(約8500億円)に上る見通しだ。中国在住の韓国人が巻き込まれた犯罪の急増も韓国外務省の報告で判明している。

 韓国政府は経済への打撃をめぐり世界貿易機関(WTO)への提訴も選択肢の一つに考えているというが、「中国による国を挙げての報復は始まったばかり」(東亜日報)のなか、韓国としてなすすべがないのが実情だ。

http://www.sankei.com/world/news/170913/wor1709130055-n1.html
2017.9.13 20:01

続きを読む
スポンサーリンク


最新記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト