脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

オリンピック

【韓日議員連盟】東京五輪成功向けた共同特別委の発足を示唆

1: 【ぴょん吉】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2019/11/01(金) 11:58:38.73 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】超党派でつくる日韓議員連盟との合同総会に出席するため、日本を訪問している韓日議員連盟の姜昌一(カン・チャンイル)会長(与党・共に民主党)は1日、ラジオ番組に出演し、総会で東京五輪の成功に向けた共同特別委員会の発足が決まる可能性があると明らかにした。

(写真)
no title

▲ 韓日議員連盟の姜会長(資料写真)

競技場への旭日旗の持ち込みを容認し、組織委員会の公式サイトで独島を日本の領土として表示している東京五輪の成功に向けた合同特別委の発足については不適切との指摘もあるが、姜氏は「そのように感情的になってはならない」として、「むしろ開催の成功のために旭日旗や独島などの問題を日本側に提起できると思う」との認識を示した。

 安倍晋三首相との面会は決まっていないとした。「日韓議員連盟が韓国に来れば大統領を表敬し、(韓日議連は)日本では首相に会うのが慣例だったが、今回は(面会できるかどうか)分からない」と説明。「もし(面会の)日程が決まらない場合、『なぜ慣例を破るのか、(両国関係が)厳しい時には解決しようとする意志が必要ではないか』と指摘する」と述べた。

ソース:ソウル=聯合ニュース
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191101001500882

続きを読む

【東京五輪】森元首相、旭日旗持ち込みなど韓国側の懸念に「決着がついている問題」

1: シャチ ★ 2019/10/23(水) 23:33:10.78 ID:CAP_USER
10/23(水) 23:10配信産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191023-00000633-san-spo
 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は23日、BSフジのテレビ番組に出演し、韓国側が競技会場への旭日旗持ち込みや福島県産食材の活用などに懸念を示していることについて「いずれも決着がついている問題」との認識を示した。

 森会長は「(昨年の)平昌冬季五輪で僕らはいろんな意味で協力した」と強調。「政治の問題を五輪に持ち込んではいけない」と述べた。

続きを読む

【韓国】李首相、東京五輪のボイコットを否定、協力していく考えを表明

1: シャチ ★ 2019/10/19(土) 00:28:57.59 ID:CAP_USER
10/18(金) 21:00配信共同通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191018-00000211-kyodonews-int
 【ソウル共同】韓国の李洛淵首相は18日までの共同通信との単独会見で、来年の東京五輪・パラリンピックについて「(大会が)成功し、それを通じて日本社会が活気に満ちることを願う」と述べた。日韓関係の悪化で、韓国の一部では東京五輪をボイコットすべきだとの声も出ているが、韓国政府としてこうした考えを否定し、大会成功に協力していく姿勢を明確にした。

 また安倍晋三首相が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長に条件なしの首脳会談実現を呼び掛けていることに関し、文在寅政権として引き続き実現に協力すると表明した。

 李氏は22~24日に訪日する予定。

続きを読む

【韓国】視力を偽ってパラリンピック出場・・・障がい者15人、検察送致

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/10/18(金) 20:28:22.08 ID:CAP_USER
|2012年・1016年パラリンピック出場・・・ほぼ容疑認める。
|一部はメダルも獲得・・・協会関係者5人立件

(警察ロゴ)
no title

____________________________________________________________

視力が悪いと偽り、障がい者オリンピックなどの国際試合に国家代表として出場した選手と指導者が、検察に送致された。

ソウル地方警察庁知能犯罪捜査隊は18日、障がい者柔道種目の国家代表選手15人と元・現職指導者5人などを偽計による業務妨害の容疑などで起訴意見とともに検察に送致した。

警察によれば、これらは病院での検査の際に視力が悪いように偽り、障害スポーツ等級を受けた容疑を受けている。

障がい者スポーツ選手は、障害の程度が似た選手同士が公正に取り組むよう、『障害等級』を受ける。 国際視覚障害者スポーツ連盟が定めたスポーツ等級は、両目のうち良い目の視力が0.1~0.04に相当したり、片目の視野角度が5~20度の選手が受ける。

警察が摘発した選手15人の視力は、実際には障害スポーツ等級を受けられない水準であることが調査で分かった。該当の選手は警察の調査で、ほぼ容疑を認めたことが分かった。

このような手口で障害等級を水増しした選手は、2012年のロンドンパラリンピック、2016年のリオパラリンピック、2018年のジャカルタ障がい者アジア大会などに出場したことが分かった。一部の選手は大会でメダルまで受けたことが分かった。

これに先立ち、警察は去る2月に選手が視力検査をした蔚山(ウルサン)の某病院を、4月には協会事務所を家宅捜索して関係者を召喚にながら調査を行っていた。

ソース:ソウル=news1(韓国語)
http://news1.kr/articles/?3747373

続きを読む

【韓国オリンピック委トップ】IOC会長に東京五輪巡る懸念伝達 独島表記問題、旭日旗の使用、福島県産の食材の安全性など

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/10/17(木) 18:35:53.60 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】大韓体育会(韓国オリンピック委員会)は17日、カタール・ドーハを訪れている李起興(イ・ギフン)会長が16日(現地時間)に国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と面会し、各種の国際大会に関する懸案を巡り踏み込んだ議論を行ったと伝えた。

李氏は先の台風19号による福島第1原発事故の放射性廃棄物流出など、2020年東京五輪を前に持ち上がっている放射能問題に言及。バッハ氏は同問題に関する状況をもう一度点検する計画だと説明した。

 李氏はあわせて、東京五輪に関する独島表記問題、旭日旗の使用、福島県産の食材の安全性などについて懸念を伝え、バッハ氏はこうした懸念を十分に理解していると応じた。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20191017002900882?section=entertainment-sports/index
聯合ニュース 2019.10.17 17:07

no title

握手を交わす李起興氏(左)とバッハ氏(大韓体育会提供)=(聯合ニュース)

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト