脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

オリンピック

【平昌五輪】韓国、五輪も「ヘル朝鮮」? 開幕100日切ってメディアが報じた「返納論」4つの理由

1: らむちゃん ★ 2017/11/22(水) 18:29:53.06 ID:CAP_USER
夕刊フジ2017.11.22
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/171122/soc1711220002-n1.html?ownedref=not 176et_main_newsTop

韓国のメディア、マネートゥデイが10月31日、「平昌五輪、今からでも返納できないだろうか?」と題して報じ、波紋を広げている。同メディアは「国民の期待と希望に満たない大会に転落する恐れが大きい」とも論評している。

 4つの返納理由とはなにか。それは、(1)平昌五輪前に外国人観光客、特に中国人観光客が米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備をめぐって猛反発したことで激減している実態がある(2)韓国国民の平昌五輪に対する無関心が深刻でチケット販売が不振(3)北朝鮮による核・弾道ミサイル開発に伴って朝鮮半島情勢が緊迫化し、安全に対して各国に不安が生じ、不参加の事態が生じる(4)無分別な投資と競技場の事後活用計画の未確定で膨大な負債が生じる公算が大きい-ことだ。

 実際、韓国の観光産業を支えている中国の観光客は、THAADの韓国配備をめぐって中国が猛反発したことで激減。今年1~9月に韓国を訪れた中国人観光客は319万人で、前年同期の633万人からほぼ半減した。THAADによる今年の経済的損失は8兆5000億ウォン(約8500億円)に達すると試算され、シンクタンクの現代経済研究院は名目国内総生産(GDP)の0.5%に相当すると指摘した。

 さらに、韓国国民の五輪への関心が盛り上がっていない実態がある。韓国のスポーツ行政を統括する文化体育観光省が今年4回にわたって実施した世論調査では、9月の最新結果で66.6%が五輪成功を予測したが、競技場で五輪種目を直接観戦すると答えた国民は7.1%しかなく、調査の回を追うごとに低下している。

(全文は配信先で読んでください)

続きを読む

【韓国】平昌五輪「チ ケ ッ ト が 売 れ な い の !!!」もはやバーゲンセールにwww

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [CN] 2017/11/21(火) 20:55:50.83 ID:yI7XdewC0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/premium/8114876.gif
2017年11月20日、中国メディアの捜狐に、「韓国平昌冬季五輪のチケットが中国で2度目の値下げ」とする記事が掲載された。

記事はまず、「開幕まで81日というのにチケットの前売り率は4割に満たず、組織委が掲げた目標と大きな開きがある」とし、「韓国人を含む多くの人が現地観戦を望んでいないようだ」と指摘。
「こうした悲惨な販売状況を受け、平昌五輪のチケットは中国で2度目の値下げが行われた」と伝えている。

記事によると、スピードスケートのショートトラックは、男子500m決勝、女子1000m決勝、男子5000mリレー決勝が行われる日のチケットは中国で3種類が販売されており、当初の値段は4600元(約7万8000円)、3000元、1300元だった。
これが9月中旬にそれぞれ4194元(約7万1000円)、2699元、1144元に値下げされ、今回の2度目の値下げで3773元(約6万4000円)、2401元、1029元になったという。

同様に男子アイスホッケー決勝の3種類のチケットもそれぞれ、8000元、5100元、2500元から6863元、4576元、2288元へと値下げされ、
現在は上2つのチケットは販売中止となり、一番安いチケットが2058元で販売されているという。

記事は「韓国では空席を埋めるため、学生や軍人を無料券配布で動員することも検討されている」と伝えている。(翻訳・編集/柳川)

あまりに売れない平昌五輪のチケット、中国で2度目の値下げ—中国メディア
https://news.biglobe.ne.jp/international/1121/rec_171121_9014406723.html

続きを読む

【韓国】安倍晋三首相の平昌五輪訪韓要求「行けば『関係正常化』の証拠に」政治利用される日本はキッパリ、「NO!」

1: らむちゃん ★ 2017/11/20(月) 19:09:18.07 ID:CAP_USER
産経ニュース2017.11.20 11:49更新
http://www.sankei.com/world/news/171120/wor1711200027-n1.html

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日本に理不尽な要求をしてきた。数々の反日行動への謝罪・反省も示さず、来年2月開幕の平昌(ピョンチャン)冬季五輪に合わせて、安倍晋三首相に訪韓するよう求めてきたのだ。専門家は「政治利用される危険性」を強く指摘する。日本はキッパリ、「NO!」と伝えるべきではないか。(夕刊フジ)

 《駐日韓国大使「平昌冬季五輪時の安倍首相訪韓に向けて努力」》

 中央日報(日本語版)は15日、こんな見出しの記事を伝えた。

 李洙勲(イ・スフン)駐日大使は14日、日本外務省を就任あいさつで訪れ、河野太郎外相と面会した。

 同紙によると、李氏は会談後、記者団に「韓日中首脳会議が(来月か来年1月に)開催され、文大統領が訪日した後、平昌冬季オリンピックの時に安倍首相が訪韓すればシャトル外交が復活する」と述べたという。

 本気で言っているのか。

 ドナルド・トランプ米大統領が先日訪韓した際、韓国は夕食会に元慰安婦を招待し、不法占拠している島根県・竹島周辺で捕れた「独島エビ」を使った料理を提供した。日本政府は即抗議したが、河野-李会談では、その無礼行為への言及はなかった。

 韓国は平昌五輪も「反日」に利用している。

続きを読む

【韓国】 五輪目前に鳥インフル発生で「超緊張」

1: 荒波φ ★ 2017/11/20(月) 13:23:26.37 ID:CAP_USER
2017年11月20日、韓国経済によると、韓国で今冬初めて、高病原性の鳥インフルエンザウイルス(AI)がカモの飼育場で検出された。来年2月の平昌冬季五輪を前に、防疫当局に緊張が走っている。

韓国の農林畜産食品部は19日、全羅北道の高敞郡にあるカモ農家に対する検査で、高病原性(H5N6型)鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。同農家は畜産企業チャムプレから委託を受け、カモ1万2300匹を飼育していた。

防疫当局は18日に同農家の出荷前検査で鳥インフルエンザ抗原が検出された後、カモを全て殺処分し、疫学調査を開始した。家畜類に致命的な高病原性鳥インフルエンザウイルスの発生が確認されたことを受け、韓国政府は全国の家畜飼育農家に対し、20日午前0時から48時間の移動禁止命令を発動した。

平昌五輪の開幕まで3カ月を切り、鳥インフルエンザなど家畜伝染病の発生を防止するため総力を上げていた韓国政府は「超緊張状態」に陥っているという。イ・ナギョン首相は「危機警戒レベルを上げ、中央事故収拾本部を設置するなどの必要な措置を迅速に実行せよ」と指示したそうだ。

韓国では昨年11月から今年4月まで、約140日にわたって鳥インフルエンザが発生し、3787匹が殺処分される史上最悪の被害が出た。再び鳥インフルエンザが拡散する場合、五輪の進行に大きな影響を与えることは確実なため、防疫当局は神経をとがらせている。

韓国政府は五輪期間中、約80カ国の選手やスタッフ、取材陣約2万7000人を含む約40万人の外国人が韓国を訪れると予想している。

これについて、韓国のネットユーザーからは

「また始まったの?」
「五輪を目前に控えているのに。これは大変だ」
「あの時の悪夢が思い出される」
「昨年のように被害が拡大しないよう最善を尽くしてほしい」
「今回は迅速に対応できるだろうか?」
「なぜ鳥インフルエンザはいつも、国が大事な局面を迎えている時に発生するのだろう?」

など不安の声が相次いでいる。

一方で

「朴槿恵(パク・クネ前大統領)の時代が最悪だったから、今の政府の全ての対応を素晴らしいと思える」
「文在寅(ムン・ジェイン)大統領の実力が見られる良い機会だ」
「今の韓国なら絶対に克服できる」

など前向きなコメントも寄せられている。


2017年11月20日(月) 12時20分
http://www.recordchina.co.jp/b219244-s0-c30.html

続きを読む

【五輪】チケット売れない平昌五輪、韓国は「中国なら何とかしてくれる」と期待

1: 荒波φ ★ 2017/11/20(月) 09:11:37.52 ID:CAP_USER
韓国で開催される予定の平昌五輪。開催まですでに100日を切り、チケットの販売も開始されているが、売れ行きが芳しくないことなど懸念材料がいくつか存在するようだ。中国メディアの今日頭条は15日、平昌五輪の観戦チケットの売れ行きが悪いことを取り上げる一方、「韓国は今なお、『中国人が買い占めてくれる』という自信を崩していない」と紹介する記事を掲載した。

中国と韓国は終末高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)配備を巡って関係が悪化しており、両国は関係改善に向けて歩み寄りを見せているものの、かつてのような良好な関係にはまだ戻っていないのが現状だ。それゆえ中国国内では平昌五輪に対して冷ややかな報道も見られる。

本来は平和を促進させる目的を持つ五輪であるが、中韓関係は中国の選手たちにも影響を与えているようで、記事は「関係が悪化していた当時、一部の中国人選手は韓国での大会には参加したくないと表明していた」とし、韓国国内では「冬季五輪に参加したくないなら、韓国に来なくても良い」という声もあったと紹介。

またアイスホッケーは冬季五輪の人気種目だが、北米プロアイスホッケーリーグ(NHL)が選手を派遣しないことを決めたことで、チケットの売れ行きに悪影響を与えていると指摘。

平昌五輪の118万枚のチケットのうち、まだ5万枚ほどしか売れていないという報道があると伝える一方、韓国国内では未だに「中国なら何とかしてくれる」、「きっと中国人がチケットを買い占めてくれる」という期待の声があると伝え、「果たして中国人は本当に平昌五輪を観戦にいくのだろうか」と疑問を投げかけた。

国家間や選手たちの動向については何とも言えないが、チケットの売れ行きは世界の平昌五輪への関心を示すものと言える。韓国にとって、人口が多く旺盛な消費意欲を持つ中国人には是非とも平昌五輪の観戦に訪れてもらいたいところだろう。中国と韓国の歩み寄りと中韓関係の改善がどこまでチケットの販売につながるのか、今後の動向に注目が集まる。


2017-11-20 05:12
http://news.searchina.net/id/1648194?page=1

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト