脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

アメリカ

【ニューズウィーク】異常な人口減少で韓国は「消滅」する?

1: 首都圏の虎 ★ 2021/07/10(土) 11:11:03.92 ID:CAP_USER
<出生率が「1」を下回るのは戦争などよほどの異常事態といわれるが、韓国ではその「異常事態」が3年続いて回復の兆しが見えない>

韓国の合計特殊出生率(以下、出生率)の低下が止まらない。韓国の2020年の出生率は0.84(暫定)で、2019年の0.92を大きく下回る見通しだ。 出生率が1を下回るのは3年連続のことで、0.84は歴代最低値だ。韓国の出生率はOECD平均1.61(2019年)を大きく下回り、OECD加盟国の中で最も低い。【金明中】

2020年に生まれた子どもの数は27.2万人で30万人を切ったのは初めてである。2020年の大学の入学定員が約47.3万人であることを考えると(4年制大学:約31.0万人、短大:約16.3万人)、生まれた子どもの数がいかに少ないかが分かる。このままだと今後多くの大学が廃校に追い込まれる可能性が高い。

地域別にはソウルが0.64で最も低く、釜山(0.75)、仁川(0.81)、大邱(0.81)、光州(0.81)のような大都市の出生率が全国平均を下回っている。一方、韓国で出生率が最も高い世宗市の出生率も2019年の1.47から2020年には1.28まで低下するなど全ての地域(第一級行政区画※)における出生率が昨年を下回った。

※韓国には17の第一級行政区画(1特別市・6広域市・1特別自治市・8道・1特別自治道)がある。

問題は今年と来年の出生率がさらに低下する可能性が高いことだ。新型コロナウイルスの影響で婚姻件数が大きく減少したからだ。韓国統計庁が発表した2020年の婚姻件数は約21.3万件で2019年の23.9万件を下回り、統計を発表した以降最も低い数値を記録した。さらに、5月に発表された2021年第1四半期の婚姻件数は約4.8万件で前年同期より1万264件(-17.6%)減少した。

従って、今年と来年の出生率の回復を期待することは難しい。専門家の中には今年の出生率が0.7台まで、そして来年の出生率が0.6台までに低下すると予想する人もいる。

韓国政府は少子化対策として2006年から総額21兆円を投入してきたが成果が出ていない。その理由の一つは支援策の多くが結婚後の支援に偏っているからだ。

韓国ではまだ儒教的な考えが根強く残っており、結婚してから出産するケースが多い。しかしながら、多くの若者は安定的な仕事を得ておらず、結婚という「贅沢」を選択できない立場に置かれている。2021年5月現在の20歳~29歳の若者の失業率は9.3%で全体失業率4.0%より2倍以上高く、大卒者の正規職就業率も低い(参考2015年は52.5%、韓国職業能力開発院)。

韓国で若者の失業率が高い理由としては、大学進学者が多く卒業後に需要と供給のミスマッチが発生していることと、サムスン電子、現代自動車などの大企業と中小企業の間の賃金格差が大きいことが挙げられる。そこで、多くの若者は就職浪人をしてまで大企業に入ろうとするが、選択されるのは一部の人に過ぎない。

男性は結婚前に家を用意するのに

不動産価格の高騰も未婚化・晩婚化の一因になっている。ソウル市のマンションの売買実取引価格指数(2017年11月=100)は、文政権が誕生した2017年5月の94.1から2021年4月には164.9となっており、約1.75倍上昇した。韓国では結婚前に男性側が家を用意する慣習があるものの、不動産価格の高騰は男性の結婚のハードルを高め、婚姻件数の減少につながっている。

今後、韓国で出生率が回復されないと2750年には国が消滅するという予測(推計基準:2013年の出生率1.19)も出ており、韓国政府は強い危機感を抱えている。2022年3月の大統領選挙で、各候補者はバラ色の少子化対策を公約として打ち出す可能性が高い。そうなると、出産や育児に関する手当は現在よりさらに手厚くなるだろう。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/964299f70f76edfd2b47ae6731e04ba66ff1e9b7

続きを読む

【日米韓】4月下旬に菅氏再訪を米国が打診 日米韓首脳会談を計画→韓国の文大統領が難色示し見送りに

1: シャチ ★ 2021/06/03(木) 18:19:05.82 ID:CAP_USER
2021年6月3日 17時44分 (共同通信)
https://www.tokyo-np.co.jp/article/108409
 バイデン米政権が、4月16日にワシントンで日米首脳会談を終えて間もない4月下旬に、菅義偉首相の再訪米を日本政府に打診していたことが3日分かった。5月21日に行われた米韓首脳会談に菅氏を合流させ、日米韓3カ国首脳会談を開催する計画だった。複数の日米関係筋が明らかにした。
 このプランに対し、韓国の文在寅大統領側が「米韓首脳会談が(日米韓首脳会談に)埋もれてしまう」と強く難色を示し、見送られたという。
 同盟外交を重視するバイデン政権には、冷却化している日韓関係を改善する契機をつくり、台湾問題などを巡る日米韓の連携をアピールする狙いもあったとみられる。

続きを読む

【バイデン】また呼称間違い…文大統領を「韓国の総理」

1: 首都圏の虎 ★ 2021/05/22(土) 08:31:32.23 ID:CAP_USER
バイデン米大統領が21日(現地時間)、ムン・ジェイン大統領を「総理(Prime Minister)」と呼ばれるミスをした。

バイデン大統領はこの日、米韓首脳会談の直前、ホワイトハウスでムン大統領が出席する中、94歳の朝鮮戦争の英雄ラルフ・ポケット・ジュニア予備役大佐に名誉勲章を授与する行事の演説で、「韓国の総理がこの行事のためにここにいるという事実が証明するように、韓国の国民も忘れない」とした。

バイデン大統領は演説の中で「ムン大統領(President Moon)」という呼称を用いたが、大統領の代わりに一回総理という表現を使った。

バイデン大統領の呼称の間違いは今回が初めてではない。ニューヨークポストによると、バイデン大統領は前日、イスラエルとパレスチナの休戦を歓迎する演説でベンジャミン・ネタニヤフイスラエルの総理を大統領と呼んだ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/7b344167072e63c4f55fe811817fa73ed58dbc13
no title

続きを読む

【コロナ】米国「コバックス通じて貧しい国にワクチン支援」…韓国が受ければ「例外」に

1: 首都圏の虎 ★ 2021/05/20(木) 09:27:37.26 ID:CAP_USER
ジョー・バイデン米国大統領が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)ワクチンを他の国々と分け合うと発表してから、その分配基準や支援対象国に対する世界の関心が集中している。米国はワクチンの相当量を世界保健機関(WHO)のコバックス(COVAX)プログラムを通じて貧しい国々を中心に支援すると明らかにした。

米国務省のゲイル・スミス・グローバル新型コロナ対応および保健安保調整官は19日(現地時間)の記者会見で、ワクチン配分に関連して「われわれはコバックスと緊密に協議している」としながら「特に低所得国家と中低所得国家に焦点を合わせている」と話した。コバックスはWHOが運営する世界最大のワクチン共有プログラムで、主に自力でワクチンを手に入れられない国々を支援する。

ただし、ワクチンがどの国に届けられるかはまだ決まっていないという。スミス調整官は「ワクチン配分は相当量(substantial portion)がコバックスを通じて行われるが、まだ最終決定は下りていない」と話した。あわせて「世界のすべての国々が(ワクチンに)制約があるため、すべての地域を詳しく見ている」と付け加えた。

貧しい国々にワクチンを支援するコバックスを通じて大部分のワクチン物量を支援するが、一部では例外があるかもしれないという意味ととらえることができる。スミス調整官は「各地域の需要と公衆保険データに基づいて決定が下される」と話した。ワクチン共有時の効率性も十分に確認していくと述べた。

21日に開かれる韓米首脳会談を契機に韓国へのワクチン支援が確定すれば、米国のワクチン供与原則の例外に該当するものとみられる。韓国政府関係者は「韓国が米国のワクチン優先交渉の対象国」と明らかにしたことがある。

スミス調整官は米国の支援だけでは足りないため、新型コロナへの対応に欧州連合(EU)などの参加を求めた。

スミス調整官は「翌月英国で開かれる主要7カ国首脳会議(G7首脳サミット)のパートナーとこのパンデミックを統制するために必要な大規模支援を議論する計画」と明らかにした。

米国がワクチンを解禁すれば、他の国々もここに参加するだろうという期待もにじませた。スミス調整官は「米国が提供するワクチン8000万回分は始まりにすぎない」としながら「米国が提供を始めれば、他の国々もワクチンを出すか、すでに支援しているワクチンの物量を増やし始めるだろうと考える」と話した。

あわせて「米国はすでに支援した2兆ドル(約217兆円)のほか、追加でコバックス支援金を増やす計画がある」と伝えた。

約30分間余り行われた電話会見には世界の記者も参加した。このうち12人が質問の機会を得た。ほぼすべての質問には、記者が属している国や地域がワクチン支援を受けることになるのかどうかが含まれたが、スミス調整官は個別事例に対して一切答えなかった。

新型コロナで打撃を受けたラテンアメリカとカリブ地域開発途上国にワクチンをまず支援する計画があるのかという質問に、スミス調整官は「最終決定はまだ下されていないが、われわれはすべての地域を細部まで見ていて、この地域が切実に必要とする(acute need)状況を非常によく知っている」と答えた。

この外に、インド、ブラジル、台湾、フィリピン、ベトナム、アフリカなど最近新型コロナの感染と死亡増加で困難に陥っている国々の記者に主に質問の機会が与えられた。

コバックスを通じないで個別国家にワクチンを支援するのは、ワクチンを道具とする「ワクチン外交」をしないという米国の立場と相反するのではないかという鋭い質問も出てきた。

コバックスを迂回して米国が直接支援する国はどこかを聞く質問もあった。米国にワクチン支援要請があふれ、配分状況を見守る「目」が多いため、ワクチンの支援を受ける国はそれに見合った名分が要求されているものとみられる。バイデン大統領は最近、「40カ国からワクチン配分の要請を受けた」と明らかにした。

バイデン政府は17日、6月末までにファイザーやモデルナ、ヤンセン(ジョンソン・エンド・ジョンソン)のワクチン2000万回分を他の国々に支援すると明らかにした。先月寄付の意志を表したアストラゼネカ(AZ)ワクチン6000万回分まで加えると、計4種類のワクチン8000万回分を支援する計画だ。

https://news.yahoo.co.jp/articles/17d0ce687e393d0e71fa29884f440aa1a731a52d

続きを読む

【野球】「新たなスーパースターの誕生」大谷翔平の圧巻打撃を韓国メディアも大絶賛!「56本塁打という驚異的なペースだ」

1: 首都圏の虎 ★ 2021/05/06(木) 06:17:29.96 ID:CAP_USER
 圧巻の一振りだった。

 現地時間5月3日のタンパベイ・レイズ戦。ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平が大きな見せ場を作ったのは、相手先発タイラー・グラスノーと対峙した第3打席だ。

2メートル3センチの長身右腕が投じた内角やや甘めのスライダーをジャストミート。高々と舞い上がった打球はセンターに設置された植え込みを越え、飛距離427フィート(約130.1メートル)の9号2ランホームランとなったのだ。

 試合後、攻略されたグラスノーも「本当に印象的だった。本当にすごい」と脱帽。MLB全体のホームランランキングでも1位のロナルド・アクーニャJr.(アトランタ・ブレーブス)と1本差の2位タイに浮上した。

 26試合で9ホーマーとまさに“量産体制”。その日本人離れした打棒に海外メディアも興味津々だ。韓国の日刊紙『Money Today』は、「オオタニがMLBを破壊する証拠だ」としてバレル率がメジャー全体2位の14.7%にまで膨れ上がっていると伝えた。

 バレルゾーンとは、長打が出易いとされる打球の速度と角度を組み合わせた独自の数値だ。言うなれば、長打を打つための指標なのだが、今季の大谷はこれが飛躍的に上がっている。この事実に着目した『Money Today』紙は、「まさに破壊的な数値だ」と絶賛したうえで、大谷のポテンシャルを次のように評した。

「今季のショウヘイ・オオタニはより一層進化した。メジャーリーグに新たなスーパースターが誕生した雰囲気さえある。投手との兼業に取り組みながら、打席でMLB屈指のパフォーマンスを披露しているオオタニは驚くべき男だ。いまの彼は単純計算ながら162試合で56本塁打という、驚異的なペースで打ち続けている」

 世界に鮮烈なインパクトを与え続けている大谷。そのフィーバーぶりは収まる気配がない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/f2f856dfa8c9fd3c8534044bb37daf7ff2068e59
no title

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト