脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

アメリカ

【在米コリアン】韓・米関係と韓人(コリアン)の役割

1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/05/21(日) 03:26:52.05 ID:CAP_USER
韓・米関係は大韓民国の未来を分ける最も重要な変数だ。だがアメリカ人は韓国、または在米
韓人(コリアン)に対してどう思っているのか。

1966年、社会学者のエモリー・S・ボガーダスが実施したアメリカ人の親密度調査で、韓国人は
30集団のうち27位を記録した。2001年のボガーダスの調査で韓国人は24位を記録したが、
2011年の調査では26位に順位が落ちた。

韓国人に対する好感度が低い理由として、北朝鮮に対する否定的なニュースと韓・黒葛藤、
韓人社会の政治力不在などが挙げられる。

今は韓・米関係をどのように定立するか真剣に悩まなければならない。アメリカ人は在米韓人
を密接に考えず、韓国を重要なパートナーよりも単なるアメリカの利益のために必要な存在
程度に考えるのが現実だと見られる。

アメリカは1945年からアジアで『封鎖政策』を追及して来た。朝鮮半島を分断して共産主義の
拡散を遮断、日本を保護する事だった。今もあまり変化はない。したがってアメリカ人にとって
韓国は日本を共産主義から保護し、東アジアで中国とロシアの影響力を遮断するために必要
な存在程度に思われている。このような状況で戦争が起きた場合、最大の被害を受ける
韓国人の安全と保護はアメリカ人には大きな関心の対象ではないのである。

ドナルド・トランプ政権の誕生直後からアメリカ政府の役人とマスコミは連日、北朝鮮に対する
アメリカの先制攻撃の可能性を言及しながら報道している。韓国人が願う平和的共存と統一
の原則が全く考慮されていない事を、極端に表した言行だと考えられる。したがって韓国人、
そして在米韓人の声がワシントンに正確に伝わり反映される事が、未来の韓・米関係を設定
して発展させる最も重要な変数になるだろう。

未来志向的な韓・米関係は、まずアメリカの韓半島(朝鮮半島)政策樹立に韓国が主導して、
韓国の立場が反映されるように発展させなければならない。ワシントンで開催される大多数の
政策討論は主に白人の専門家が主導している。少数の白人専門家と役人が韓国の未来を
決めているのが現実である。韓・米関係は同じテーブルに座って同等に意見を交換し、反映
させる関係で発展させなければならない。

筆者が強調したい事はまさに、在米韓人社会の政治力伸張はパートナー的な韓・米関係の
確率にも大きな影響を及ぼせるという点である。

在米韓人社会の政治力が大きく伸張すれば、在米韓人は韓・米関係の確立に決定的な
影響力を行使する事ができる。この為には必ず在米韓人社会を代弁する全国的な組織が
必要である。幸いに英語圏の1.5世と2世中心の圧力団体が組織され、在米韓人社会の
政治力伸張のために礎石を押し堅めている。

しかし在米韓人社会の政治力伸張のためには基金の形成とリーダーシップ、そして組織力
が絶対的に必要である。ワシントンを動かすために日本も大規模なロビー資金をばら撒いて
いる。しかし韓国外交部は自国民の保護もまともに出来ないという批判を受けていて、
ワシントンで影響力を適切に行使する事が出来ない。その理由はロビー基金もなく専門家も
不足して、長期的な政策を樹立する事が出来ないからである。

在米韓人社会はこのような点を補い、積極的に未来志向的な対策を用意して推進しなければ
ならない。アメリカで成長して教育受けた韓人1.5世と2世の専門家が排出され始めた。

韓人の候補が連邦下院に挑戦していて、在米韓人委員会のような全国的な圧力団体が誕生し、
在米韓人の声をワシントンに出し始めた。彼らが成長して発展出来る基礎を用意してあげる事
が、未来志向的でパートナー的な韓・米関係を構築する近道になると見られる。

チャン・テハン(カリフォルニア大学・リバーサイド校教授)

ソース:米州中央日報(韓国語)
http://www.koreadaily.com/news/read.asp?art_id=5277240

続きを読む

【ケント・ギルバート】新大統領の下で韓国はどうなる? 「韓国人がなぜ、この人物を選んだのか」を知りたくてソウルに行ってきた

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/05/20(土) 11:13:20.89 ID:CAP_USER
 文在寅(ムン・ジェイン)氏が10日、第19代韓国大統領に就任した。

 文氏は選挙中、慰安婦問題の「日韓合意を見直す」と主張していることが、日本の新聞やテレビで大きく取り上げられた。だが、就任演説ではこの件に言及しなかった。また、「親北」路線を主張していたので、北朝鮮への急接近が懸念されると日本では報じられた。

 そこで、「韓国人がなぜ、この人物を選んだのか」「現在のソウルはどのような状態なのか」を知りたくて、1泊2日でソウルに行ってきた。

 私が会った韓国人が文氏を選んだ動機は「反日」や「親北」だからではなく、国の立て直しへの期待からだという。特権階級とのしがらみがない文氏は、財閥偏重の韓国経済を大改革する意志と能力があると判断された。特に、若者の過酷な雇用環境改善に積極的に取り組む姿勢が支持された。

 また、文氏の波瀾(はらん)万丈の半生が、国民の心を打ったようだ。学生運動家が人権専門の弁護士となり、政治家を志したという道のりが、「若い世代が支持できる穏健で理性的な指導者」というイメージに繋がった。文陣営は選挙中、それを大々的にアピールした。

 当選直後、文氏の一家が自宅前で記者団に応対した写真が残っているが、私もその場所を訪れてみた。文氏は13日に青瓦台(大統領府)に移ったが、まだ引っ越し作業が続いていた。

 分譲マンションだが、場所は決して便利といえない山の上で、道も狭く、建物自体も決して豪華ではない。築16年というが、もっと古く見えた。部屋もあまり広くない。以前から一般市民と同じような生活を送っていたことが、特権階級ではなく一般市民への関心を象徴していた。

 文氏は選挙中から、準備が完了すれば青瓦台を一般公開し、文氏と家族は近くの職員用宿舎のような場所に移り住むと語っていたという。

 昨年12月3日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の退陣を求める「ろうそくデモ」に、ソウルだけで170万人、全国併せて230万人が参加した。ソウルの現場も見に行ったが、大騒ぎの形跡はまったくなく、以前の状態に戻っていた。

 町中が静まり返って、市民は普通に仕事に励んでいた。町中に「ムン・ジェイン新大統領おめでとうございます」との横断幕が道の上に掲げられている。大半の市民はホッとしているようだ。現在は蜜月状態だろう。

 気になったことは、ソウルでは北朝鮮の脅威に対する緊張感がまったく感じられなかったことだ。これを「平和ボケ」と決めつけることは簡単だが、常に恐怖とともに暮らしている場合の対応策の1つでもあるだろう。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『儒教に支配された中国人・韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)、『日本覚醒』(宝島社)など。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170520/dms1705201000006-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20170520/dms1705201000006-n2.htm

no title

ギルバート氏は、文大統領の自宅前を訪れた=ソウル

続きを読む

【THAAD】韓国大統領がミサイル迎撃システム拒否するなら… 「日本移転」しかない??

1: らむちゃん ★@無断転載は禁止 2017/05/20(土) 10:46:19.26 ID:CAP_USER
ソース元、産経新聞2017.5.17 12:00
http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/170517/plt17051712000008-n1.html

韓国大統領に「共に民主党」の文在寅氏が選ばれ、米軍関係者が電話の向こうで嘆いた。

「文大統領は、最新鋭のTHAAD(サード=高高度防衛ミサイル)システムをいらないというつもりだろうか? 彼は正気だと思うか?」

文氏はTHAADについて大統領選挙キャンペーン前から、「次の政権(文在寅政権)で再協議すべきだ」と威勢良く主張。

4月に入り「北朝鮮が6回目の核実験を強行し、核による挑発を続け高度化するのなら、THAAD配備は避けられなくなる」と、次第に歯切れが悪くなっていった。

10日の大統領就任式では「米国に加え、配備に反発する中国とも真摯に話し合っていく」と、就任早々無責任な言葉を口にした。

中国は自国の軍事動向が広範囲にのぞかれてしまうTHAADの配備に猛烈に反発し、事実上の対韓経済制裁に踏み切っている。在韓米軍防護の要でもあるTHAADを何としても存続させたい米国と中国の双方の顔を立てるなど不可能だ。

米国が軍事同盟国だとの自覚に欠ける文氏の正体が、早くも鼻につき始めた。

筆者は米軍関係者に答えた。

続きを読む

【韓国】 米「THAADはすでに決まった事案」配備を既成事実化~文大統領の立場と溝

1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/05/18(木) 23:51:49.34 ID:CAP_USER
米国家安全保障会議(NSC)のポッティンジャー・アジア上級部長など米国の諮問団が青瓦台(チョンワデ、大統領府)を訪れた16日、ユン・ヨンチャン国民疎通首席の記者会見のキーワードは「共同」と「共通」だった。青瓦台外交・安保タスクフォース(TF)のチョン・ウイヨン団長とポッティンジャー上級部長の面談の結果を紹介し、ユン首席は「北朝鮮の核の完全な廃棄に向けた共同対策をさらに模索することにした」「両国首脳間でビジョンの共通点も確認した」とし、韓米が北核対応で認識の差がないという点をとりわけ強調した。

申ガク秀(シン・ガクス)前駐日大使は「韓米が同じ考えと速度で北朝鮮問題にアプローチしているということを確認したもので、文在寅(ムン・ジェイン)政府の北朝鮮に対する政策が米国とぶつかる可能性もあるとの懸念を払しょくさせようとする意図があるようだ。首脳間共通ビジョン4つは適切なメッセージ」と評価した。

この日、青瓦台が紹介した韓米首脳の「4大共通認識」はトランプ政府の立場と概して一致している。制裁と対話などすべての手段を動員するというのは米政府の「最高の圧迫と関与(Maximum pressure and engagement)」と同じ意味で、「正しい状況(right circumstance)」の下でという対話の条件も、「断固として実用的な(resolute and pragmatic)共同のアプローチ」での断固とした態度もトランプ政府がずっと強調してきたアプローチ方法だ。特に、両側は核の「凍結」にとどまるのではなく、核の完全な「廃棄」を目指しているとの点も確認した。

文在寅大統領はチョン団長とポッティンジャー上級部長との面談会議場に立ち寄る形で、外交儀式の格を守りながらトランプ大統領の使節を配慮した。ポッティンジャー上級部長は次官補級だ。ポッティンジャー上級部長は面談後、記者会見で「文大統領に優遇上訪問(courtesy call)をしていただき、とても光栄だった。発足してわずか1週間しか経っていないが、政府交代の過程がとても順調で羨ましい」と述べた。

梨花(イファ)女子大学国際学部のパク・インフィ教授は「今後、北朝鮮に対する政策で韓米間、異見が露呈されるのは避けられないが、まず現段階では連携を強調して首脳会談などを契機に韓国のメッセージを米側によく伝える形を取るものと見られる」と話した。

だが、高高度防衛ミサイル(THAAD)体系の配備問題では微妙な意見の違いが垣間見えた。ポッティンジャー上級部長は16日午後、外交部都染洞(ドリョムドン)庁舎で外交部のイ・ジョンギュ次官補との面談直後、記者会見でTHAAD体系の韓半島(朝鮮半島)配備問題を韓国側と協議したかという質問に「これはすでに決まった事案(a settled matter)で、我々は(韓国政府と)対話をずっと続けていきたい」と話した。

文大統領は候補時代からTHAADの配備は国会の批准同意が必要だと主張してきた。配備を既成事実化している米側の立場との溝が明らかだ。文大統領がこの日、5カ国および地域特使団に政治的正当性と透明性がとても重要になっていることを強調してほしいと求めたのもTHAAD配備の見直しを示唆しているものと見られる。

これを受け、青瓦台の高位関係者は「非常に透明に事案を進めたいという意志の表明」とし、「THAADなど重要な業務遂行のプロセスが透明に公開されるべきで、国民の意思が反映されるほかはないという点を話したもの」と説明した。

ソース:中央日報日本語版<米「THAADはすでに決まった事案」配備を既成事実化>
http://japanese.joins.com/article/169/229169.html

関連スレ:【韓国】外交安保諮問団トップ「慰安婦合意は誤り、解決は日本の行動次第」「THAAD配備の決定過程を検討しなければならない」[05/18]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1495082300/

続きを読む

【朝鮮日報】韓国に礼儀を尽くした米高官「韓国の民主主義がうらやましい」

1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/05/17(水) 20:21:51.21 ID:CAP_USER
米国ホワイトハウス国家安全保障会議(NSC)のポッティンジャー・アジア上級部長は16日に韓国大統領府と韓国外交部(省に相当)を相次いで訪問し、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後初めてとなる両国政府関係者の顔合わせに臨んだ。

ポッティンジャー氏は「韓国における柔らかい政権交代に深い感銘を受けた」とした上で「韓国では民主主義が簡単なものに見える。少し嫉妬している」と述べた。

ポッティンジャー氏はこの日、ソウル市内の外交部庁舎で取材に応じ「韓国は全世界に模範を示した。韓国がここ数年間、そして新政府と共に1週間で成し遂げた成果に敬意を表する」とした上で上記のように述べた。

ポッティンジャー氏はさらに「われわれは幅広いテーマについて議論を行った。それは自然なことであり、韓米同盟の基本的な部分だ」「韓国はわずか1週間、米国は数カ月のいずれも若い政府だが、韓米同盟自体は歴史が深い。同盟の根はこれまで以上に強固で、両国新政府の下でより強化されると自負している」などとも話した。

また韓国大統領府訪問については「良い出会いの場だった」とコメントした。外交関係者の間ではポッティンジャー氏の一連の発言について「最初の顔合わせで相手への礼儀を尽くそうとしたのでは」などの見方が出ていた。

ポッティンジャー氏はこの日、大統領府で外交安保タスクフォース(特別チーム)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)団長と、また外交部では李汀圭(イ・ジョンギュ)次官補とそれぞれ1時間ずつ意見を交換した。鄭団長とは韓米首脳会談の時期についての調整と韓米同盟全般を議題とし、李次官補とはそれに伴う具体的な協議を行ったようだ。

文大統領とトランプ大統領は今月10日に電話会談を行い、その際トランプ大統領は韓国に政府高官を派遣すると話したが、それがポッティンジャー氏だ。

北朝鮮の核問題を担当する重要なスタッフで、トランプ政権では「若き実力者」とも言われている。

ヤン・スンシク記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/17/2017051701151.html

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト