脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

アメリカ

【国際】北朝鮮に必要なのは「ニンジンではなくむち」 ティラーソン米国務長官

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/02/18(日) 16:13:33.87 ID:CAP_USER
北朝鮮に必要なのは「ニンジンではなくむち」 ティラーソン米国務長官
2018年2月18日 11:09 AFPBB News 発信地:ワシントンD.C./米国
http://www.afpbb.com/articles/-/3162926

訪問先のトルコの首都アンカラで記者会見するレックス・ティラーソン米国務長官(2018年2月16日撮影、資料写真)。 (c)AFP PHOTO
/ ADEM ALTAN
no title


【2月18日 AFP】レックス・ティラーソン(Rex
Tillerson)米国務長官は北朝鮮側から直接対話の兆候がないか「耳をそばだてている」と語った。18日放映予定の米CBSのニュース番組「60ミニッツ(60
Minutes)」で述べたもの。

「60ミニッツ」のインタビュー抜粋によると、ティラーソン氏は「国務長官としての私の任務は、わが国の対話のチャンネルは常に開いていると北朝鮮側にわからせることだ」と語った。「私から多くのメッセージを返すことはない。現時点で北朝鮮側に言うことは何もないからだ。だから北朝鮮の方から対話の準備があると言ってこないか耳をそばだてている」

緊張が高まっていた南北関係の平昌冬季五輪を機にした雪解けムードを受け、数か月にわたって舌戦を繰り広げていた米国と北朝鮮の間でも直接対話の兆しが出てくるのではないかとの臆測も出ている。

しかしティラーソン氏は「60ミニッツ」で、対話については「彼ら(北朝鮮)の方から言ってくるべきだ」と言明。また北朝鮮にインセンティブを提示したことは一切ないと強調。「彼ら(北朝鮮)を対話の席に着かせるためにわれわれが使うのはニンジンではない。大きなむちだ。このことを彼らは理解しなければならない」と語った。(c)AFP

続きを読む

【経済】 「私が大統領になったから韓国GM工場は閉鎖され、彼らはデトロイトに戻ってくる」…トランプ氏、業績自慢

1: 蚯蚓φ ★ 2018/02/14(水) 21:13:15.39 ID:CAP_USER
no title

▲韓国GM群山工場

ドナルド・トランプ米国大統領が13日(現地時間)、米ゼネラル・モーターズ(GM)の韓国群山(クンサン)工場閉鎖が決定したことに関連し、「実に重大な発表だ。私が大統領にならなかったらこのような便りを聞くことができなかっただろう」としながら「彼らが韓国からデトロイトに戻ってきている」と話した。

この日、ホワイトハウスで開かれた与野党の議員との懇談会でだ。この懇談会は公正貿易に対する意見を交わすために用意された。

トランプ氏はGMの群山工場閉鎖がまるで自分の成果であるかのように自慢した。GMが「米国第一主義(America first)」を前面に出す自身の貿易政策で力を得て、群山工場を閉鎖して米国に戻り、雇用を創出するだろうという期待だ。だが、トランプ氏の言葉のように、GM側からは群山工場を米国に移すという発表はなかった。

AP通信等は「GMは昨年、デトロイト工場1500人の人員削減に踏み切った」とし「このような状況から米国に工場を移転するのは容易ではないだろう」とみている。また「トランプはGMが米国内でシボレークルーズを生産しなければ輸入品に賦課する税金を賦課すると言っているほど、自動車産業に執着している」と付け加えた。

ロイター通信は「トランプ大統領がGMの群山工場閉鎖措置を韓米自由貿易協定(FTA)を攻撃するための手段にしている」と分析した。実際、トランプ氏はこの日ホワイトハウスの懇談会で韓米FTAに対して毒舌を浴びせた。トランプ氏は「我々は韓国と、非常に、非常に悪い貿易協定を結んでいる」とし「その協定は我々に損失だけを与えている。韓国との協定は災難だった」と批判した。

トランプ氏は先月も輸入洗濯機に対するセーフガード(緊急輸入制限)措置に署名しながら韓米FTAを「災難」と表現した。トランプ氏はまた、主な対米貿易黒字国を狙って「彼らはダンピングをして米国の産業と労働者の家族を破壊している」とし「我々はなすがままにはしておかない」と述べた。

トランプ氏はこの懇談会で中国に対しても強く非難した。中国を「豚貯金箱」と皮肉りながら「中国が米国から奪っていった金で再建した」と主張した。

また、米当局が中国産鉄鋼とアルミニウム製品に対する不公正貿易調査に着手したことに関連しては「米国の利害を最優先に反映する決定を下す。ここには中国と他の国々での過剰生産を扱うことも含まれる」と述べた。輸入産鉄鋼とアルミニウムに対して報復措置を取る考えがあるという警告だ。

ソース:中央日報/中央日報日本語版<「私が大統領になったから韓国GM工場閉鎖」…トランプ氏、業績自慢>
http://japanese.joins.com/article/656/238656.html

続きを読む

米NBC、「日本が韓国を発展させた」 謝罪を求める韓国からのアクセスを遮断

1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [GB] 2018/02/10(土) 20:25:44.15 ID:vQrju9mc0● BE:218927532-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
no title


[OSEN =平昌、オ・チュンウォン記者] 「日本植民地支配」妄言で物議を起こした米国のNBC が謝罪の代わりに無視を選んだ。

NBCは2018平昌冬季五輪の主幹放送局である。NBCは9日、オリンピック開会式を中継する過程でのアナウンサーの妄言で大きな論議を起こしている。

NBCアナウンサーは日本選手団の入場中に、「日本は韓国を1910年から1945年まで植民地支配した。それでも韓国人たちは、日本が韓国の経済発展に大きな影響を及ぼした文化・技術・経済的モデルと言う」と妄言を吐いた。

この事実が伝えられ、複数のネチズンがNBCの公式SNSに抗議した。韓国だけでなく海外の多くのネチズンたちもNBCアナウンサーの発言の問題点を指摘して謝罪を要求した。

NBCは韓国の地域からのオリンピック広報サイト(nbcolympics)への接続を遮断することで対処した。現在、韓国IPからサイトへの接続が不可能である。プロキシサーバーを介して経由する場合、サイトへのアクセスが可能である。他の国からは特に問題なくNBCサイトに入ることができる。

現在まで、NBCは自社アナウンサーの発言に対して何らの謝罪も公式立場も明らかにしていない。

http://news.nate.com/view/20180210n11312?mid=n1007

続きを読む

【五輪】米国NBC「日本が韓国を支配したが、韓国人は日本が文化的・技術的・経済的に重要な例となったと言うだろう」 韓国人激怒

1: 動物園φ ★ 2018/02/10(土) 18:42:20.76 ID:CAP_USER
ハンギョレ 記事転送2018-02-10 15:05
 
キャスター、日本選手団入場時に「植民地近代化論」の主張

同胞たち激怒「謝罪しろ」

9日、米国の放送局であるNBCの解説者が、平昌冬季五輪の開会式の中継過程で
「日本が韓国を支配したが、すべての韓国人たちは日本が韓国の変化に重要な例だったと言うだろう」と発言し、
米国同胞社会が怒っている。

米国サウスカロライナに住んでいるハ某氏は10日、ハンギョレに、
NBCの平昌オリンピックの開会式の中継放送で解説者が日本選手団が入場するときの発言について次のように情報提供した。

「now representing Japan、a country which occupied Korea from 1910 to 1945.
But every Korean will tell you that Japan is a cultural and technological and economic example that has been so important to their own transformation ... "

「日本が韓国を1901年から1945年までの支配したが、すべての韓国人たちは、日本が文化・技術・経済的に非常に重要な例であったと言うだろう」という話だ。
日本の支配が韓国の近代化を助けたという植民地近代化論である。さらに、すべての韓国人が今後そのように考えるだろうという皮肉的な語感も感じられる。

http://sports.news.nate.com/view/20180210n09404

続きを読む

【米韓朝】ペンス米副大統領、金永南氏と握手せず5分で退席 1つのテーブルに就かせて食事をさせようとした文大統領の計画も失敗

1: 荒波φ ★ 2018/02/10(土) 09:11:31.20 ID:CAP_USER
マイク・ペンス米副大統領が9日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が五輪開会式直前に竜平リゾート(江原道平昌郡)で主催した晩さん会を兼ねたレセプションに遅れて来たが、5分で退席した。

これによりペンス副大統領、日本の安倍晋三首相、北朝鮮の金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長、中国の韓正・中央政治局常務委員を1つのテーブルに就かせて食事をさせようとした文大統領の計画も失敗に終わった。ペンス副大統領は金永南氏とどのような形の接触でも拒否するという意思を表明したものと受け止められている。

ペンス副大統領と安倍首相は文大統領の来賓歓迎行事の時は現れなかったが、午後6時11分ごろ、このレセプションが始まった後に会場入りした。

文大統領は歓迎のあいさつで「平昌五輪でなかったら一堂に会するのが難しかった方々もいる。私たちが一緒にいるという事実そのものが、世界の平和に向けて一歩踏み出す貴重なスタートとなるだろう」と述べた。

ところが、ペンス副大統領は金永南氏と握手もせずにたった5分で席を立ち、韓国・北朝鮮・米国・日本の首脳クラス対面計画も実現しなかった。

韓国大統領府の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官は「ペンス副大統領は米国選手団と午後6時30分に夕食を共にする約束をしており、欠席を事前に告知していた。テーブルには席も用意していなかった」と説明した。

ペンス副大統領は当初、北朝鮮代表団と動線が重ならないようにしてほしいと韓国政府に要請しており、このレセプションでも金永南氏と同じテーブルに就くことはできないとの意向を事前に伝えていたという。

韓国政府関係者は「出席してくださればうれしいという話は伝えていたが、ペンス副大統領は出席しなかった」と言った。このため、米朝対話を進めてきた韓国政府の構想に支障が出ることも避けられなくなった。

これに先立ち、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の実妹・金与正(キム・ヨジョン)同党中央委員会第1副部長や金永南氏ら北朝鮮の高位級代表団は同日、金正恩委員長の専用機で訪韓し、平昌五輪開会式に出席など2泊3日の日程に入った。

金与正氏は開会式で文大統領と握手し、10日には大統領府で文大統領と昼食を共にする予定だ。


2018/02/10 08:24/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/10/2018021000424.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト