脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

アメリカ

【米国メディアなど主要外信】オリンピック不参加の北朝鮮、文大統領の希望が絶たれた

1: 昆虫図鑑 ★ 2021/04/07(水) 07:37:23.17 ID:CAP_USER
米国メディアなど主要外信は、北朝鮮が7月に開かれる東京オリンピックに参加しないと明らかにしたことについて、南北対話を再開したいという韓国の希望が絶たれたと報じた。

 ロイター通信とAFP通信は6日、北朝鮮の東京オリンピック不参加の知らせを報道し、「オリンピックが膠着状態に陥った平和の対話を蘇らせる触媒剤になることを望んだ韓国の希望が絶たれた」、「オリンピック開催で対話を再開するという韓国の希望に試合終了を知らせるホイッスルを吹いた」と表現した。

 ニューヨークタイムズ(NYT)は「韓国は東京オリンピックが南北首脳級がスポーツ以上の問題を議論する場所になることを望んだ」と伝えた。

 これらのメディアは2018年の平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックを皮切りに南北対話の扉が開き、3度の南北首脳会談と2度の米朝首脳会談につながったと強調した。

 当時、金与正(キム・ヨジョン)労働党副部長は北朝鮮の代表団として参加し、開幕式では南北選手が挑戦半島旗を持って入場した。女子アイスホッケー種目では南北単一チームが出場したりもした。

 ロイター通信は、文在(ムン・ジェイン)大統領が東京オリンピックでも南北単一チームを出場させて関係改善に向けたきっかけを再び作ること希望していたと話した。文大統領は昨年1日の光復節の祝辞でも東京オリンピックが南北、日韓、日朝、米朝対話の機会になる可能性があると話した。

 北朝鮮の不参加で、2018年の南北首脳会談で合意された2032年夏季オリンピックの南北共同誘致計画にも支障が生じる見通した。

 外信は、北朝鮮は新型コロナウイルス感染症(新型コロナ)危険が原因で参加しないと明らかにしたが、すでに北朝鮮内部では新型コロナの拡散が深刻であると予測した。

 北朝鮮は1年前、新型コロナを阻止するために国境封鎖まで強行した上、国際社会の制裁まで加わり、90年代の大飢饉のような経済的困難に直面しているという分析が出ている。CNNは、平壌駐在ロシア大使館によると、海外の外交官や国際救護員も日常生活で困難を経験し、数か月間海外に逃避していると伝えた。

 AFP通信は、北朝鮮の不参加が日本に対する“抗議性”の性格を帯びている可能性もあると分析した。米国とともに北朝鮮に対して人権など敏感な事案を問題視する日本に反発するための決定である可能性もあるということだ。日本は日本人拉致被害者の送還を要求しているが、北朝鮮は「生きている日本人はすべて送還した」と主張している。

 一方、北朝鮮が1972年の初出場以来、夏季オリンピックに参加しなかった事例は、ソ連主導のボイコットに参加した1984年のロサンゼルス五輪と1988年のソウル五輪だけだ。

2021/04/06 23:35配信 Copyrights(C) News1 wowkorea.jp

https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0406/10294525.html

続きを読む

【米軍】 「東海」表記を「日本海」に訂正=韓国ネットから不満の声「いつも日本に味方してばかり」「むしろ韓国海にすべき」

1: 荒波φ ★ 2021/03/26(金) 18:43:14.57 ID:CAP_USER
※ニューシスの元記事(韓国語)
「東海ではなく日本海が正しい 」... 米軍、日反発に訂正
https://newsis.com/view/?id=NISX20210326_0001384208


26日、韓国メディア・ニューシスは、米インド太平洋軍が北朝鮮のミサイル発射に関する声明において「East Sea」と表記したことについて、「Sea of Japan」と訂正した旨を報じた。

2021年3月26日、韓国メディア・ニューシスはNHKの報道を引用し、米国のインド太平洋軍が北朝鮮のミサイル発射に関する声明において「East Sea(東海)」と英語で表記したことについて、「Sea of Japan(日本海)」と訂正した旨を報じた。

米国のインド太平洋軍は25日、北朝鮮による弾道ミサイルの発射を受け、「北朝鮮が『East Sea』に向けてミサイルを発射した事実を確認した」との声明を発表。

これに対し日本は、「『日本海』が国際的に確立した唯一の呼称であるというのがわが国の立場であり、表記は不適切だ」とし、米国政府へ訂正を要求していた。

これを受け、インド太平洋軍は再び26日に声明を発表し、「昨日の声明は『Sea of Japan』または『朝鮮半島の東側の海域』と表記すべきだった。地名として『日本海』という表記を唯一認められたものとして使用するという米国政府の立場は変わっていない」と説明したという。

米国政府は国内外の地名について、政府機関である米国地名委員会(BGN)が定めた呼称を使用することにしており、「Sea of Japan」「日本海」を標準の表記とし、「East Sea」は標準とは異なる表記としている。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、

「文政権が反米・親中政策を掲げているのだから当然の結果だ」
「政府は一体何をしてるんだ。外交も諦めたのか?」
「米国はいつも日本に味方してばかりだな」
「むしろ『韓国海(Sea of Korea)』にすべきだろ」
「われわれが力を蓄えるしかない。政府は70年間何をしてきたんだ。いつまでも国内の争いにとらわれている場合じゃないぞ」
「今も昔も常に中国・日本・米国から痛めつけられている韓国の現実。悲しいな」

など、怒りや不満の声が数多く上がっている。


2021年3月26日(金) 16時40分
https://www.recordchina.co.jp/b874035-s25-c100-d0191.html

続きを読む

【米国】「仕事がある、アメリカにいらっしゃ~い」~韓国人女性を誘って売春させたアメリカの夫婦

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/03/19(金) 09:40:41.22 ID:CAP_USER
┃渡航費を口実にパスポートを奪って売春を強要

(写真)
no title

▲ 米国の最高裁(記事の内容とは無関係)。
_______________________________________________________

レストランやバーで仕事ができると騙して韓国人女性をアメリカに呼んだ後、パスポートを奪って売春を強要したアメリカ人の夫婦が裁判にかけられた。

ニューヨークデイリーニュース(New York Daily News)は11日(現地時間)、韓国人女性2人に売春を強要した夫婦が売春斡旋など、18の容疑で起訴されたと報道した。

ニューヨークデイリーニュースは、チョンヂャ・オーンスタイン(Jung Ja Ornstein=62歳)と夫のエリック・オーンスタイン(Eric Ornstein=49歳)が、売春斡旋など18の容疑で取り調べを受けていると伝えた。

これらはアメリカのレストランやバーで仕事をして金儲けができると求人広告を出した後、実際には被害者に売春を強要した容疑を受けている。

被害者のAさん(女)は2015年に夫婦からレストランでの雇用を約束され、アメリカに渡ってから売春に動員された。

夫婦は自身らが提供したアメリカ行きの渡航費を口実にAさんのパスポートを奪い、渡航費とパスポートの発行費用などで1万ドルを要求し、売春して借金を返せと強要した。

Aさんは監禁状態で働かされ、約2年後の2017年3月にパスポートを返してもらった。


被害者のBさん(女)も、去る2001年に韓国で求人広告を見てアメリカに渡った。Bさんもこれらの夫婦にパスポートを奪われ、1年間バーで奴隷のように働かされたことが分かった。

夫婦は渡航費と宿泊費の名目で月給を奪い、Bさんはチップのみ受け取ることができた。夫のエリックは収入が少なかった際、鉄パイプを振り回して物を壊して手を上げたという。

Bさんは、「逃げようとする度み夫婦は借金を返せと督促した。夫婦の妻が、“私がお前を見つけられないとでも思っているのか” と脅した」と話した。

夫婦はBさんの借金を他人に一部譲渡し、Bさんはマッサージパーラーに売られて売春に動員された。 その後複数のマッサージパーラーを転々としたBさんは、2017年にようやくパスポートを返してもらった。

Bさんはまた、「昨年3月に被告人夫婦が訪ねてきて、残った借金があると恐喝を試みた」と証言した。

検事は、「Bさんは自身の安全と名誉毀損を憂慮して、貯金していた8,500ドルを夫婦に渡した」とし、「この事件は、被告人夫婦が韓国人女性2人を意図的にニューヨークのクイーンズまで連行し、売春を強要した事件である。これが私が検事事務室に人身売買捜査局を設置した理由だ」と話した。

被告人夫婦側の弁護人は、「2017年に被告人夫婦の半地下アパートに住んでいた告訴人が、3万ドルを盗んで逃げた。昨年に依頼人が告訴人を訪ねたのは、そのお金を受け取るためだった」と話した。

夫婦はまた、「告訴人のボーイフレンドが我々に暴力を振るい、暴行の容疑でこのボーイフレンドを告訴したが、韓国の暴力団からの脅迫で告訴を取り下げた」とし、「夫婦に着せられた売春容疑は、これに対する復讐だ」と主張した。

夫婦は現在、裁判の宣告を待っている。有罪が認められた場合、夫婦はそれぞれ25年の懲役刑が下されると現地メディアは予想した。

ソース:アジア経済(韓国語)
https://view.asiae.co.kr/article/2021031721470977814

続きを読む

【韓国・中央日報】グラミー賞のトロフィーで叩かれた「モグラBTS」?…米トレーディングカード会社が結局謝罪

1: 昆虫図鑑 ★ 2021/03/19(金) 08:03:22.79 ID:CAP_USER
米国のあるクレジットカード会社がBTS(防弾少年団)を人種差別したという論議に巻き込まれて公式に謝罪した。

17日(現地時間)、米トレーディングカード会社「トップス(Topps)」はツイッターを通じて「当社は該当製品に対する消費者の怒りを理解している。この製品を含ませたことに謝罪する。BTSカードをセットから外すだろう」と明らかにした。

これに先立って、トップスは14日開かれた第63回グラミー賞の主な出演陣を滑稽に描いた「Garbage Pail Kids SHAMMY Awards」ステッカーカードシリーズをオンラインショッピングモールに公開した。

トップスはBTSをはじめ、テイラー・スウィフト、メーガン・ザ・スタリオン、ビリー・アイリッシュ、ハリー・スタイルズなどのカードを公開した。

ところが、BTSはモグラ叩きゲームの中のモグラに表現され、特に顔にはグラミー賞のトロフィーで叩かれたように傷やアザが描かれている。

テイラー・スウィフトやビリー・アイリッシュはマイクを握っている姿であり、メーガン・ザ・スタリオンはグラミー賞を握って馬に乗っている姿に表現された。


https://japanese.joins.com/JArticle/276724?servcode=700§code=750

続きを読む

【韓国与党議員】 「米国務省の隅にあった“朝鮮半島課”にショック」…「議員外交の視野、拡げていく」

1: 荒波φ ★ 2021/03/03(水) 09:52:24.63 ID:CAP_USER
「米国務省で朝鮮半島課を訪ねた時、『あちらの隅にある事務室に行くように』と言われた」

韓国与党“共に民主党”のイ・グァンジェ議員はきのう(2日)、記者たちに「議員外交の視野を拡げなければ」と決心したきっかけについて、先のように語った。

コリン・パウエル米国務省長官当時(ジョージW・ブッシュ政権時)、米国務省を訪れたイ議員の目に入ったのは、みすぼらしい朝鮮半島課の事務室とは対照的に 国務省の所々に置かれていた「歌舞伎人形」であった。

歌舞伎は日本の伝統芸能であるが、米国務省を訪れた日本政府の関係者が お土産として渡したものと予想できた。

イ議員は「米国で、朝鮮半島問題を考えるチームの地位が低いということを実感した光景だった」とし「米国の人々、米国の与野党の政治家にとって、朝鮮半島の存在価値が高まるようにしなければならないと考えた」と語った。

この日 イ議員が所属する与党のシンクタンク“民主主義4.0”は、ジョー・バイデン米政権発足後 初めて「米韓議員との対話」を開催した。この企画者はイ議員である。韓国側からは 与党議員30人あまりが参加し、米国側からは 朝鮮半島と米国の対北政策に精通した人物たちが参加した。

イ議員は「米国は議会の強い国だ」とし「6月の米外交安保チームが完全に構成される前に討論会を開催し、互いへの理解を高めることができればと思った」として、今回の討論会開催の主旨を説明した。

イ議員は今後も、日本・中国・ロシアなどの4強国家たちとの議員討論会を企画する予定である。朝鮮半島の平和のためには、米国だけでなく周辺国たちの協力と理解が重要だと考えているためである。イ議員は「日中ロの拍手の中で、朝鮮半島の平和・繁栄の道を築いていく」と強調した。


2021/03/03 09:05配信 Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0303/10290096.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト