脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

軍事

【米韓】合同演習中止を決定=「緊密な協調」強調

1: たんぽぽ ★ 2018/06/19(火) 07:16:43.94 ID:CAP_USER
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00000026-jij-kr
時事通信

 【ソウル時事】韓国国防省は19日、米韓当局が8月に予定していた定例の米韓合同指揮所演習「乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン(UFG)」のすべての計画活動を中止することを決めたと発表した。

 追加的な措置については米韓間で引き続き協議する予定という。

 韓国国防省は「UFGに続く他の演習に関する決定はまだ行われていない」と説明。「韓米国防当局は今後も、連合防衛に支障がないよう、緊密に協調していく」と強調した。 

続きを読む

【軍事】 「韓国人、在韓米軍なくして朝・中・日にどう対応するのか疑問」~韓半島専門家マイケル・グリーン氏

1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/18(月) 11:06:17.87 ID:CAP_USER
no title

▲マイケル・グリーン米戦略国際問題研究所(CSIS)上級副所長

「トランプ大統領が韓米連合訓練を一方的に中断すると発表し、在韓米軍の撤収も望むと述べた。同盟国にこのようにするのは正しいやり方ではない」。マイケル・グリーン米戦略国際問題研究所(CSIS)上級副所長の指摘だ。

ボイス・オブ・アメリカ(VOA)放送は15日(現地時間)、こうした内容のグリーン氏へのインタビューを放送した。グリーン氏はホワイトハウス国家安保会議(NSC)アジア担当補佐官を務めた韓半島(朝鮮半島)専門家。

グリーン氏は「(6・12米朝首脳会談の)共同声明の内容はあまりにも弱い。非核化の過程について比較的詳しく合意したクリントン政権とブッシュ政権のジュネーブ核合意、9・19共同声明にはるか及ばない」と評価した。また「北朝鮮の非核化の可能性は懐疑的であり、北朝鮮政権も米国の体制保証を絶対に信頼しない」と話した。

在韓米軍問題については「在韓米軍が撤収して韓米同盟が終われば、中国にどう対応するのだろうか。日本と北朝鮮にはどうするのか。韓国人が自ら問うべき」と述べ、在韓米軍の重要性を強調した。一部で提起されている韓半島での戦争リスクが大幅に減ったという主張に対しては「北朝鮮が核兵器や生物・化学兵器を使用する場合、数百万人が犠牲になるため戦争を防ぐことが最優先」と前提にしながらも「北朝鮮体制を保証するからといって戦争を防ぐことはできない」と述べた。

その理由として「北朝鮮政権は今まで米国と合意したことをすべて否定した。北朝鮮は米国の体制保証を信頼しない。体制保証要求は同盟の軍事力を弱めるためのものだ」と説明した。

また「トランプ大統領は韓国に対韓安保公約を履行する積極的な意志がない」とし「青瓦台(チョンワデ、大統領府)は米国防総省と議会、シンクタンクなどと協力し、同盟強化に力を注ぐべき」と助言した。

グリーン氏は米朝首脳会談をきっかけに金委員長の立場が良くなったという分析もした。グリーン氏は「トランプ大統領が金委員長が望む特権を無償であまりにも多く与えた。中国の習近平国家主席に2回も会い、プーチン露大統領も会うことにした」とし「金委員長は内部的にこれらすべてが北朝鮮が核兵器を保有したためだと宣伝している」と述べた。

ソース:中央日報/中央日報日本語版<韓半島専門家「韓国人、在韓米軍なく朝・中・日にどう対応するのか疑問」>
http://japanese.joins.com/article/343/242343.html

続きを読む

【韓国】独島で18~19日に防衛訓練

1: Boo ★ 2018/06/17(日) 16:49:27.75 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国海軍は17日、独島と近くの海域で18~19日に定例の防衛訓練を実施すると明らかにした。

 海軍は「訓練は定例的に行われており、前回水準の規模で海軍、海兵隊、海洋警察などが参加する」とした。

 訓練には3200トン級の駆逐艦など艦艇6隻、哨戒機P3Cや戦闘機F15K、ヘリコプターUH60など航空機7機が投入される。

 海兵隊の一つの分隊が独島に上陸し、外部勢力から独島を防衛する訓練を行う。

 韓国軍は韓国固有の領土である独島の防衛意志を示し、外部勢力の独島侵入を防止するため、毎年前半と後半に同訓練を実施している。昨年12月に行われた前回の訓練と同じ水準で実施される見通しだ。

 独島の領有権を主張する日本は同訓練に強く抗議しており、今回も反発する可能性が高い。日本は前回も外交ルートを通じ、「竹島は日本固有の領土であり、訓練は受け入れられない」との立場を伝えた。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/06/17/0400000000AJP20180617002000882.HTML

続きを読む

【南北将官級軍事会談】北朝鮮最前線の長距離砲撤去問題 南北が協議開始

1: ガラケー記者 ★ 2018/06/17(日) 11:21:48.92 ID:CAP_USER
韓国と北朝鮮の軍事当局が、軍事境界線(MDL)付近に配備された北朝鮮の長距離砲の撤去問題について協議を始めたことが17日、分かった。複数の政府筋が明らかにした。
 14日に板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で開かれた南北将官級軍事会談で、同問題が議題として取り上げられた。
 韓国側は、4月末の南北首脳会談で署名された「板門店宣言」に盛り込まれた軍事分野の合意内容の履行に向けた案の一つとして、北朝鮮の長距離砲をMDLから30~40キロ後方に移すことを北朝鮮側に提案したという。
 韓国の首都圏を射程に収める強力な通常兵器に挙げられる北朝鮮の長距離砲を後方地域に移せば、朝鮮半島の緊張緩和と信頼構築に画期的な転換点になると評価される。
 政府筋は「朝米(米朝)間で北の非核化問題に関する協議が続いている状況を踏まえ、韓国側は北側に実質的な脅威を除去し画期的な軍事的緊張緩和措置を設けるべきだとの立場を伝えた。板門店宣言を積極的に履行するためには首都圏を脅かす長距離砲の後方地域への移動が必ず実現しなければならないという案を提示したと承知している」と述べた。
 MDLに近い北朝鮮側地域には1000門余りの砲が配備されている。このうち射程54キロの170ミリ自走砲と射程60キロの240ミリロケット砲を合わせ約330門が韓国の首都圏を狙っていると、韓国軍当局は分析している。
 北朝鮮側は韓国側が提示した案に対する立場を表明したとされる。「相互主義」を掲げ、韓国軍と在韓米軍も同一の措置を取るべきだとしながらも韓国側の提案に拒否感を示さなかったという。
 政府筋は「南北軍事当局が北の長距離砲の撤去問題を軍事会談の議題として取り上げ始めたことに大きな意味がある。今後の会談でこの問題について協議を続けることで双方が一致したようだ」と話した。
 韓国軍関係者は会談の議題を全て公開できないとしながらも「板門店宣言の履行に向け戦争の脅威を実質的に取り除く問題を協議した。今後、前向きな協議が行われるだろう」との見通しを示した。
2018/06/17 11:03
聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2018/06/17/0300000000AJP20180617000300882.HTML

続きを読む

【韓国】韓国に衝撃、トランプ大統領の「米韓合同軍事演習を中止」発言、「非核化語らない金正恩氏にプレゼント」

1: らむちゃん ★ 2018/06/15(金) 19:05:16.99 ID:CAP_USER
レコードチャイナ 2018年6月15日 18時30分
https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20180615/Recordchina_20180615041.html

2018年6月15日、史上初の米朝首脳会談後の記者会見で、米国のトランプ大統領は米韓合同演習を中止する意向を明らかにした。

韓国国防部には「寝耳に水」で当惑を隠しきれず、韓国紙は「演習を罪悪視するような表現は衝撃的」「非核化を語らない金正恩氏に演習中断をプレゼント」などと反応している。

トランプ大統領の発言について、聯合ニュースは「在韓米軍と共に韓米同盟の根幹をなすものと認識されていることから、余波が広がることが予想される」と報道。「このような発言に対して韓国国防部は当惑を隠せない様子だ。

国防部は『現時点では発言の正確な意味と意図の把握が必要だ』とするコメントを発表した」「合同演習の中止については米側と今まで何も議論がなかった」などと伝えている。

中央日報は米朝首脳会談に関する専門家の見方を特集。この中でソ・ジョンゴン慶煕大政治外交学教授は「韓米軍事訓練を『戦争演習(War game)』と見るのは北の論理だが、トランプ大統領がそのような表現を使った。

米国務省や国防総省が訓練の意味と歴史をまともに報告したのか疑わしいほど」とし、「在韓米軍の撤収が次の合意に入っていないという保証もない」と述べた。

千英宇・韓半島(朝鮮半島)未来フォーラム理事長は「トランプ大統領が韓米連合訓練を罪悪視するように表現したのは衝撃的」と論評。「トランプ大統領の口から韓米同盟を否定する言及を直接受けたのは、北の立場では大成功であり非常に大きな成果」と懸念を表明した。

朝鮮日報は「トランプ大統領、非核化を語らない金正恩氏に『韓米合同軍事演習中断』をプレゼント」との記事を掲載。

「北朝鮮抑止に絶対必要と考えられてきた韓米合同軍事演習について、トランプ大統領自ら北朝鮮の立場からか『費用がかかるだけの挑発的行為』と見なしたのだ」と解説した。

(全文は配信先で読んでください)

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト