脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

軍事

【シマヤマヤスマサヒロ】韓国軍、SLBM発射実験に成功 南北の競争激化も

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/09/07(火) 19:03:16.25 ID:CAP_USER
【ソウル=恩地洋介】韓国軍が潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)の水中発射実験に成功し、近く実戦配備する方針であることが7日、明らかになった。SLBMを保有するのは、米中ロ英仏印の各国と北朝鮮に続き8番目。北朝鮮と韓国のミサイル開発競争が今後、一段と激しくなる可能性がある。

聯合ニュースによると韓国軍は1日、8月に就役した3000トン級潜水艦「島山安昌浩」を使い、非公開でミサイルの水中発射実験を実施した。

高圧ガスでミサイルを海上に打ち出し、空中で固体燃料に点火する「コールドローンチ」という手法を用いた。韓国軍は技術開発が事実上完了したと判断しているという。

発射したミサイルは、韓国軍が保有する射程500キロメートルの弾道ミサイル「玄武」の改良型だった。報道によれば、今後1、2回の発射実験を経て、量産と実戦配備に向けた体制へ移る。韓国国防省は「保安上、個別事案の確認はできない」(報道官)と説明し、詳細は公表しない姿勢だ。

韓国が3000トン級潜水艦として初めて開発した「島山安昌浩」には、6本のSLBM発射管が備えられている。同艦の実戦配置は2022年の予定だ。

韓国は近年、北朝鮮の後を追う形でSLBM開発を急いできた。後押ししたのは、米韓首脳が5月の首脳会談で合意した「米韓ミサイル指針」の撤廃だ。指針は射程が800キロメートルを超える韓国のミサイル開発を制限してきた。

ミサイル開発を妨げる規制がなくなり、韓国は平壌のみならず東京や北京を射程に収める弾道ミサイルを保有できるようになった。軍事産業や宇宙開発の発展への期待も高まっている。

探知が困難な海中から発射するSLBMを保有する戦略的な意義は大きい。韓国国防省は26年までの中期計画で、潜水艦による戦略的抑止力を強化すると明記した。

国防予算を年平均で6.5%増やしてきた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権は、海軍の増強に注力する。文氏が大統領選で公約した原子力潜水艦の建造構想も、米国から許可を得ようと交渉に動いている。

一方、北朝鮮は15年以降にSLBM開発を本格化した。17年5月には金正恩(キム・ジョンウン)委員長(当時)が「北極星2」の実戦配備を承認したと報じられた。

最近では19年10月に、射程2000キロメートルと推定される「北極星3」の水中発射実験をした。1月の軍事パレードでは弾頭部分を大きくした新型の「北極星5」を公開した。米韓の軍事当局は発射実験の可能性に警戒の目を向けてきた。

北朝鮮はSLBMを発射できる1500トン級の潜水艦を1隻保有している。さらに、3000トン級を含む2隻のSLBM搭載型の潜水艦を建造中との見方がある。金正恩総書記は1月の朝鮮労働党大会で原子力潜水艦を開発を推進すると言及している。

日本経済新聞 2021年9月7日 18:16
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM073Z10X00C21A9000000/

no title

SLBMの発射実験に使われた韓国の3000トン級潜水艦「島山安昌浩」(韓国海軍提供)=聯合・共同

続きを読む

【朝鮮日報】米国営放送「韓国などの『ファイブ・アイズ』加入は容易でない…秘密漏えい懸念」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/09/07(火) 07:45:52.86 ID:CAP_USER
 「ファイブ・アイズ」と呼ばれる英米圏5カ国の情報同盟に韓国などを入れるのは、秘密漏えいの懸念などから現実的に見て容易ではない、と米国営放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)が報道した。

 VOAは4日(現地時間)、専門家の話として、「韓国のファイブ・アイズ加入は米国だけでは決められない」と伝えた。米下院軍事委員会が今月2日に議決した国防権限法(NDAA)改正案には、米国・英国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドが属する「ファイブ・アイズ」に韓国・日本・インド・ドイツを入れることを検討するよう要求する条項が盛り込まれている。

 米シンクタンク・民主主義防衛財団(FDD)のデビッド・マックスウェル主任研究員は、VOAに対し、「韓国をはじめとするほかの国をファイブ・アイズに追加することは現実的に見て容易ではない」「米国はファイブ・アイズを主導しているが、新たな加盟国を受け入れるには、すべての加盟国が合意なければならない」と述べた。それと共に「ファイブ・アイズは最も敏感な情報や最高レベルの機密等を共有しているため、すべての構成員がこれを保護するには、ほかの構成員たちを信頼しなければならない」とした上で、「韓国が加入の提案を受け入れるかどうかも分からない」「ファイブ・アイズは中国に対抗するための同盟だという認識があるので、韓国が米国と中国のはざまで非常に難しい立場に置かれることになるかもしれない」と語った。

 米シンクタンク・ランド研究所のブルース・ベネット研究員も「(ファイブ・アイズ加入は)共有された情報に対する秘密保持が重要な基準になるだろう」「数年前、韓米連合軍司令部(CFC)内で連合軍司令部が韓国軍と共有した情報の一部が報道機関に流れた事例があった」「米国はそのような情報が報道機関に公に流出することを望まない」「文化が違い、報道機関への流出にあまり気を使わない国々と共有した情報の秘密が保てるのかがカギだ」と述べた。

趙義俊(チョ・ウィジュン)記者

チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/09/07 07:24
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/09/07/2021090780001.html

関連
【米下院】 ファイブアイズに韓国など4カ国追加を議論  草案内容どおりになるなら中国と正面対立する姿★2 [9/3] [昆虫図鑑★]
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1630653506/

続きを読む

【有事対応】「韓国はミラクル」「日本は“カブールの恥辱”」明暗分かれた日韓のアフガン退避作戦、なぜなのか

1: すらいむ ★ 2021/08/29(日) 16:43:15.50 ID:CAP_USER
明暗分かれた日韓のアフガン退避作戦 なぜ

 日本が進めているアフガニスタンからの邦人や現地職員らの退避が難航している。
 一方で、韓国は「ミラクル」と名付けられた退避オペレーションで、現地職員やその家族390人を韓国国内に移送完了した。
 いったい、何が日韓のオペレーションの明暗を分けたのか-。(NNNソウル支局長・原田敦史)

        ◇ ◇ ◇

■韓国メディア「日本、カブールの恥辱」

 日本政府関係者によると、自衛隊の輸送機でアフガニスタンから退避できた日本人は1人のみ(28日時点)。
 アフガニスタン人14人をパキスタンに運んだが、これは日本大使館や国際協力機構(JICA)の職員ではなく、第三国から要請された人たちだ。

 28日の韓国紙「中央日報」は、当初は500人の退避を想定しながら実際は10人程度だったとして「日本、カブールの恥辱」との見出しで伝えている。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)

日テレNEWS24 2021年8月29日 11時50分
https://news.livedoor.com/article/detail/20778244/

続きを読む

【世界初】照準から発射までデジタル・自動化、韓国軍が「新型81mm迫撃砲」を装備=韓国ネットは冷ややか

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/07/31(土) 16:32:52.93 ID:CAP_USER
no title

韓国の防衛事業庁は29日、すべての射撃手順がデジタル・自動化された「新型81mm迫撃砲」が第一線部隊に配置されたことを明らかにした。写真は韓国軍。

韓国の防衛事業庁は29日、すべての射撃手順がデジタル・自動化された「新型81mm迫撃砲」が第一線部隊に配置されたことを明らかにした。29日、韓国・東亜日報が伝えた。

韓国軍がこれまで使用してきた旧型の「81mm迫撃砲」は、兵士らが直接手で運ばなければならないため、兵士の疲労や安全性の問題が提起されていた。また、手動で射撃時に必要なデータを算出する過程において、対応時間の遅れや誤算なども生じ、作戦の遂行に支障を来していたという。

しかし「新型81mm迫撃砲」は従来のモデルより20%ほど軽く、専用車両に載せてどこにでも迅速に運搬することが可能。その上最先端のデジタル技術が適用されており、標的への照準からデータの算出、迫撃砲の制御まですべての射撃過程が自動的に行われるため、射撃準備時間が従来の6分から3分に短縮されるとのこと。さらにはデジタル装備を活用した精密射撃能力も備えており、韓国軍は戦闘能力が大幅に向上するとみているという。

防衛事業庁の関係者は、「『81mm迫撃砲』にデジタル技術が適用されたのは世界初」とし、「24年までに韓国軍での戦力化を完了すると共に、海外輸出にも挑戦する予定」と語っている。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、「旧型は早く捨てて。ベトナム戦争で使われてた武器をいまだに持ってたの?」「ミサイルの時代になぜ迫撃砲を?」「デジタルといっても電波が入らなければ無意味でしょ。迫撃砲は渓谷で使うから電波が入らないことが多い」「米国ではすでに12年前に導入されている技術」「核兵器を持っている国に、迫撃砲で応じるなんて話にならない」など、冷ややかなコメントが多く寄せられている。

一方で、「新型迫撃砲?北朝鮮のミサイル発射を刺激しないか心配」「この武器は絶対に輸出してはいけない。内戦が起きている国では民間人が被害に遭うことになる」など、影響を心配する声も見られた。(翻訳・編集/丸山)

Record China    2021年7月30日(金) 23時20分
https://www.recordchina.co.jp/b880157-s25-c100-d0201.html

続きを読む

【韓国】韓国軍駆逐艦で247人のコロナ集団感染発生、野党議員が「これが国か」「国際的な恥だ」と批判

1: ろこもこ ★ 2021/07/20(火) 19:40:16.94 ID:CAP_USER
https://www.recordchina.co.jp/b879666-s25-c100-d0194.html

2021年7月19日、韓国・JTBCは、韓国軍の駆逐艦で発生した新型コロナウイルスの集団感染を受け、野党議員から批判の声が上がっていると伝えた。

韓国軍の合同参謀本部によると、同日午前8時の時点で、アフリカのソマリア沖に派遣されている韓国軍の駆逐艦の乗組員301人のうち、全体の80%以上の247人の感染が確認された。その他の50人が陰性、4人は判定ができなかったという。この事態をめぐっては、乗組員全員がワクチンを受けていなかったことや、軍が最初に風邪の症状が出た乗組員を確認してから10日以上、何の対応をしなかったことなどが明らかになっており韓国内で批判が高まっている。

これを受け、韓国最大野党「国民の力」から大統領選への出馬を宣言した河泰慶(ハ・テギョン)議員は、自身のフェイスブックに「247人が感染、これが国か」と題して「文大統領に一言言い返したい。国らしい国をつくると豪語していたのに、これは国際的な恥だ」と批判した。また「国防部は一体何をするところで、文大統領は何をしていたのか。文大統領は今回の事態について将兵と国民に謝罪し、事なかれ主義に陥っている国防部長官を厳重に問責すべきだ」と主張したという。

これを受け、韓国のネット上では「セウォル号のときはあんなに批判したくせに、任期が終わりに近づいてるからかやけに静かだね」「コントロールタワーが崩壊」と文大統領への批判が寄せられている。

一方、河議員に対して「この国では大統領だけが働いてるの?」「それなら自分は何してたの?」「『これが国か?』と批判するあなたに『あなたは国会議員?』と聞きたい」とツッコむ声も目立つ。

その他「軍隊こそ早くワクチン接種を行うべき。それから日本にいる韓国の五輪選手も危険なら韓国に戻ってきてほしい」「日本の民間人クルーズのことをあれだけたたいてたのに、韓国は軍人が感染したね」「まずは軍艦長に責任があるのでは。次に直属の上官」などの声も上がっている。(翻訳・編集/松村)

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト