脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

軍事

【速報】 インドネシア、韓国に注文した1兆3000億の潜水艦をキャンセル 韓国造船所が発狂、大損害へ

1: レッドインク(愛知県) [FR] 2020/11/22(日) 06:06:45.78 ID:GmxT0MhI0● BE:789862737-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
昨年の3月に契約したけど未履行…議会で取り消しの可能性に言及
韓国に次世代戦闘機(KFX)開発分担金6千億ウォンを延滞しているインドネシアが、大宇造船海洋に追加注文した潜水艦3隻の契約もなかったことにしようとする情況が一部感知されている。
19日、CNBCインドネシアなどによると、インドネシア国営PAL造船所の人事総括局長エティ・スワルダニ氏は前日、下院11分科委に出席し、「4-6番艦の潜水艦を建造する2次事業契約を昨年3月に締結したが、まだ進行していない」と述べた。
インドネシアは計12隻の潜水艦の導入を決め、第1次事業として2011年に大宇造船海洋と1400トン級潜水艦3隻(1兆3000億ウォン)の契約を結んだ。
1番艦と2番艦は韓国で建造して引き渡し、3番艦は韓国で作った本体をインドネシアのジャワ島スラバヤのPAL造船所に持ってきて組み立てた後、昨年4月に進水した。
インドネシアは3番艦を進水しながら、第2次事業として1400トン級潜水艦3隻(1兆1600億ウォン)を大宇造船海洋に追加注文した。
これを受け、大宇造船海洋はPAL造船所と3隻を共同建造し、2026年まで引き渡す計画だった。
しかし、これまで契約金の納入など、2次事業がまったく行われなかった。
プラボウォ・スビアント国防相は潜水艦1次事業に関し、「潜航能力が90日足らずで起伏がある」と失望を示し、事業修正を指示したと9月、現地国防部が伝えた。
インドネシア側は、潜水艦技術の移転が価格に比べて不十分だと主張し、仕様がより高い潜水艦を望むと否定的な信号を送った。
最近になって、インドネシアが大宇造船海洋と潜水艦2次事業を行わない方針を固め、トルコ、ロシア、フランスなど他国から潜水艦契約の提案を受けたと現地メディアが報じた。
この日、下院でエティ局長は大宇造船海洋との契約取り消しに関し「私たちもそういう話を聞いたが、取り消し文書を受けたことはない」とし「私たちの格納庫は依然として次の潜水艦の建造に使用できる」と述べた。
韓国政府は、インドネシアとKF-Xの共同開発事業と大宇造船海洋の第2次潜水艦事業が予定通り進められるよう努力しているが、うまくいっていない。
両事業とも、韓国が先に契約の解除を決定する理由はないと、関係者らは伝えた。

2020/11/19
https://news.v.daum.net/v/20201119155659526

続きを読む

【韓国】防衛産業展で公開された中東型K2戦車

1: 重複@Ttongsulian ★ 2020/11/20(金) 06:38:56.52 ID:CAP_USER
2020-11-18 14:17
http://www.newdaily.co.kr/site/data/html/2020/11/18/2020111800140.html
no title

no title

no title

no title

no title

no title


先端地上武器の展示会である『大韓民国防衛産業展(DX Korea 2020)』が18日午前、京畿高陽市一山のキンテックス第2展示場で開幕した。ハンファが展示場で公開した中東型K2戦車。砂漠など暑い環境で運用が可能になるように改造した製品だ。

15ヶ国210個企業及び機関が参加する今回の防衛産業展は武器戦闘システムや対テロ装備、戦闘支援物資、無人システムに至るまで1250個ブース及び野外展示装備を通じて地上軍の現在と未来の姿を垣間見ることができる。

隔年制で、今年開かれる防衛産業展は陸軍協会が主催して、DXK組織委員会とKOTRAが主管する。国防部・産業通商資源部・陸軍・防衛事業庁などが後援する。20日までキンテックス第2展示場で開催。

続きを読む

【韓国】2隻目の3千トン級潜水艦進水 「安保の中心役果たす」艦名は日本による植民地時代独立運動に貢献した安武(アン・ム)

1: 新種のホケモン ★ 2020/11/10(火) 12:54:38.13 ID:CAP_USER
【巨済聯合ニュース】韓国の防衛事業庁と海軍は10日午後、南部・巨済にある大宇造船海洋の造船所で独自技術で開発した韓国軍2隻目の3000トン級潜水艦「安武」の進水式を行うと明らかにした。

 2018年に進水した潜水艦「島山安昌浩」に次ぐ「張保皐3」級バッチ1の2番艦。バッチは同じ種類として建造される艦艇を意味する。バッチ1から2、3に進むほど艦艇の性能が改善される。

 初期の設計段階から官民と軍が協力し、潜水艦の頭脳の役割を果たすソナー(水中音波探知機)など多数の国内開発装置を搭載した。国産化率は76%。

 全長83.3メートル、幅9.6メートルで、非大気依存推進(AIP)システムを備えている。AIPシステムを搭載した潜水艦は定期的に浮上する必要がなく、最大数週間の潜航が可能だ。長距離の移動が可能になり、海軍の作戦範囲が広がる。

 水中最大速力は20ノット(時速37キロ)以上で、約50人が乗船できる。

 弾道ミサイルの発射管が6本ある垂直発射台を搭載しているとされる。ただ、軍当局は3000トン級潜水艦に垂直発射台が搭載されているかどうかや潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を開発しているかについて明らかにしていない。

 艦名は日本による植民地時代、独立運動に貢献した人物や解放後に国家発展に寄与した人物の名前を付ける伝統に従い、独立運動家の安武(アン・ム)から取ったという。

 進水式には安武の子孫や徐旭(ソ・ウク)国防部長官らが出席する。

 防衛事業庁の関係者は同艦について、「抑止力を持つ戦略兵器体系として全方位的な脅威に効果的に対応する国家安全保障の中心的な役割を果たす」と説明した。

 同艦は2022年に海軍に引き渡され、実戦配備される。

聯合ニュース 11/10(火) 11:48
Copyright 2020YONHAPNEWS. All rights reserved.

3000トン級潜水艦「安武」(大宇造船海洋提供)=(聯合ニュース)
no title

続きを読む

【韓国】 国産空母建造、米国でも「対日が目的」の見方  日本に対する警戒を解かない韓国の「歪んだ戦略認識」

1: 荒波φ ★ 2020/11/04(水) 13:20:18.22 ID:CAP_USER
韓国が建造を決めた初の国産航空母艦は、果たして北朝鮮への対処だけが目的なのか。いや、実は日本に対する抑止や攻勢という戦略目的も含まれているのだ、という見解が米国で指摘されるようになった。

まさかと思われる観測だが、韓国には実際に日本を脅威とみて海空軍の強化を図った過去の記録も存在するのだ。

■米国、日本に次いでF35Bを搭載機に
 
韓国国防省は今年(2020年)8月に韓国としては初めてとなる航空母艦を2021年から建造すると発表した。

同発表によると、この国産空母の建造は、2021年から2025年までの国防中期計画に組み込まれている。

建造するのは3万トン級の「軽空母」の予定で「部隊や装備品、物資を輸送し、垂直離着陸が可能な戦闘機を運用することができる」としている。艦載用の戦闘機としては米国製のF35Bを予定しているという。

建造予算は艦載機分などを含めて17億5000万ドルほどに達し、実戦配備は2033年ごろになると予測されている。

F35Bは世界最高レベルの短距離離陸・垂直着陸の能力を有し、小型空母に搭載しての運用が可能とされる。F35Bを空母の艦載機とするのは、現時点では西太平洋で米国と日本だけであり、韓国の空母計画が予定どおりに実現すれば3番目の国となる。

■北朝鮮との有事で空母が必要なのか
 
この空母建設と配備の目的について、韓国国防省は「朝鮮半島付近の海域と遠海の海上交通路を保護するため」と述べている。

「朝鮮半島付近の海域の保護」とは当然、北朝鮮への対処であり、北朝鮮の韓国攻撃という有事に備え、新空母は北朝鮮の沿海から抑止や攻撃の役割を果たすとみられる。

また「遠海の海上交通路の保護」とは、中東から東アジアに至る「原油運送路」の防衛や保護を意味するとみられる。その場合、韓国海軍にとっては年来の軍事任務の大幅な拡大となる。

しかし韓国にとって最大かつ現実的な脅威である北朝鮮の軍事能力に対して、航空母艦が果たしてどこまで必要で有効なのかについては、韓国内でも議論が起きていた。

韓国にとって北朝鮮の脅威は基本的に地上戦力である。その戦力への抑止や反撃も、あくまで地上からが主体となる。そのため韓国の軍事専門家たちからは、「北朝鮮との有事で空母を必要とする度合いは低い」という意見が相次いでいる。

2020.11.4(水)古森 義久
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62779
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62779?page=2
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/62779?page=3

続きを読む

【F35】日本に負けられないと気を吐く韓国が「東アジア一のステルス戦闘機大国」に?「日本に負けられない」との意識

1: 新種のホケモン ★ 2020/11/01(日) 16:14:40.93 ID:CAP_USER
 東アジアにおける米国の同盟国と言えば日本と韓国だ。どちらも米国からステルス戦闘機F35を購入する意向を示しているが、中国メディアの騰訊はこのほど、韓国にF35が急ピッチで引き渡されていると伝える記事を掲載した。

 韓国メディアの報道によると、韓国はすでに米国から24機のF35が引き渡されたという。記事は「この引き渡しは驚くべきスピードだ」とし、さらに韓国は40機のF35を追加購入し、うち20機は空母の艦載機となる可能性があると伝えた。

 この理由について記事は「大国としての地位を求めることが韓国では上から下まで共通の認識となっている」と分析。そのために空軍力を強化しているのだという。また、周辺国の軍事力に対抗する必要もあるが、特に「日本に負けられない」との意識は「政治的に正しいこと」となっていると指摘、日本は147機のF35を購入予定であるため、あるアナリストは「韓国は80機を購入予定だが、さらに倍増して160機とする可能性もある」との見方を示している。

 しかし、新型コロナウイルスの影響で米国ではF35の生産に遅れが出ており、韓国が追加で発注した40機の引き渡しは2022年から2023年に遅れる可能性があるという。また、韓国が開発中のKFXのプロトタイプが来年にも完成する可能性があるものの、プロトタイプから実機に至るまでにさらに数年かかるため、「東アジア一のステルス戦闘機大国」の計画実現にはかなりの時間がかかるだろうとしている。

 記事は、日本が大量のF35を購入するだけでなく、韓国がすでに24機のF35を保有しており、しかも大いなる野望を抱いていることに警戒感を示している。こうした日韓の動きは中国にとって大きな脅威となっているようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

サーチナ 2020-11-01 13:12
http://news.searchina.net/id/1693982?page=1

no title

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト