脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

北朝鮮

【平昌五輪】ショートトラックで転倒した北朝鮮選手、日本選手のブレードをつかみにかかる妨害行為=中国ネットから非難の声

1: たんぽぽ ★ 2018/02/21(水) 19:32:13.44 ID:CAP_USER
http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=568211

20日に行われた平昌五輪・ショートトラック男子500メートルの予選で、北朝鮮の選手が見せた行為に中国のネットユーザーが反応を示している。

問題の行為があったのは日本の渡辺啓太が出場した7組のレース。転倒した北朝鮮選手が並走していた渡辺のブレードをつかみにかかり、渡辺ももう少しで転倒するところだった。中国メディアでは「この一部始終がカメラに記録された」などと報じられており、同選手は失格となった。あるネットユーザーはこの映像を中国版ツイッター・微博(ウェイボー)に投稿。これを見たネットユーザーからは「嫌な気分」「恥知らず」などのコメントが寄せられている。

続きを読む

【平昌五輪】北朝鮮の張雄IOC委員「平昌五輪が歴代最高」

1: Boo ★ 2018/02/18(日) 16:46:21.19 ID:CAP_USER
【平昌聯合ニュース】北朝鮮の張雄(チャン・ウン)国際オリンピック委員会(IOC)委員は18日、帰国前に聯合ニュースのインタビューに応じ、平昌冬季五輪を見守った感想を述べた。

 4日に韓国入りした張氏は健康上の理由からこの日、北朝鮮に戻った。

 1996年にIOC委員に選出され、22年間にわたり北朝鮮の立場を代弁してきた張氏は7月に満80歳となり、任期を終える。平昌五輪はIOC委員として迎える最後の五輪となった。

 以下は一問一答。

――平昌五輪の閉会式を見ずに帰るのか。

「治療のため帰ることになった。平昌に滞在するIOC委員のうち風邪をひいた人も多い」

――平昌五輪を見守った感想は。

「南北が力を合わせたので、冬季五輪としては歴代最高ではないかと思う。特に、アイスホッケー女子で五輪史上初めて結成された南北合同チームは歴史に残るだろう」

――印象に残った場面は。

「南北合同入場はこれまで何回か行われた。合同チームは、成績は予想通りの結果となったが五輪史上初めて結成されたため最も感動的だった」

――IOCのバッハ会長がほかの競技の南北合同チーム結成を提案したが。

「スポーツ交流や合同チーム結成に関する協議が南北の国内オリンピック委員会(NOC)の力だけでは進められないことをIOCも十分承知している。バッハ会長が平昌五輪後に訪朝するそうだが、具体的な日にちはまだ知らされていない」(北朝鮮は、1月にスイス・ローザンヌで開かれた北朝鮮の平昌五輪参加を巡るIOCと南北との協議で、バッハ会長を正式に招待した。現在、IOC側とバッハ氏の訪朝の時期を調整中だ)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000031-yonh-kr

続きを読む

【北朝鮮】安倍首相は「招かれざる客」=五輪開会式出席を非難-北朝鮮紙

1: Boo ★ 2018/02/18(日) 16:42:11.97 ID:CAP_USER
 【ソウル時事】18日付の北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞(電子版)は、平昌冬季五輪の開会式出席のため訪韓した安倍晋三首相について、「同族間の和解の雰囲気に冷や水を浴びせようとした招かれざる客」と決め付け、非難した。

 また、文在寅大統領との会談で、五輪後に米韓合同軍事演習を再開するよう求めた首相の発言を「妄言だ」と批判した。

 さらに、慰安婦問題をめぐる日韓合意に関し、「国家と国家の合意で、最終的かつ不可逆的だ」と迫った安倍首相に対し、文大統領が「交渉でやりとりして解決できる問題ではない」と反論したことを紹介。

 「日本軍の性奴隷問題を隠蔽(いんぺい)しようとした安倍(首相)の計画は水泡に帰した」と主張した。日韓間の対立を際立たせ、連携を乱す狙いがあるとみられる。(2018/02/18-16:24)

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018021800307&g=pol

続きを読む

北朝鮮情勢に詳しい関係者「北朝鮮の子女に人気の商品はコンドーム。16歳の60%以上が非処女」

1: 名無しさん@涙目です。(宮城県) [US] 2018/02/13(火) 21:31:17.26 ID:VeKLzZEF0● BE:601381941-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
金正恩夫人の下半身スキャンダルでわかった「開放的な北の性」

北朝鮮の金正恩第1書記が、李雪主(リ・ソルジュ)夫人を主要行事に同伴させる回数をめっきり減らしている。
これは李夫人が過去に起こした下半身スキャンダルに正恩氏が苦しんでいるからだという。

李夫人は、先月15日に平壌で行われた国際重量挙げ競技大会を観戦して以来、2週間以上も公の場に
姿を現していない。正恩氏の平壌文殊文?水泳場訪問(22日)に随行するとみられていたが結局、現れなかった。

朝鮮半島情勢に詳しい関係者によると、北朝鮮の公安当局はポルノビデオを観賞及び出演した罪で公開銃殺刑に
された正恩氏の元恋人で国民的歌手、玄松月(ヒョン・ソンウォル=本名ハン・ソンウォル)さんに関する調査を行った。
その中で、李夫人の下半身に関する衝撃情報を正恩氏が知ることになり、公式行事に連れて行くことを避けるようにしたようだ。

「玄さんと一緒に銀河水管弦楽団の団長が逮捕されましたが、同楽団には李夫人も所属していた。逮捕後の取り調べで、
ある楽団員が『李雪主も私たちと同じように男と楽しく遊んでいた』と供述したんです」と日本の公安関係者は明かす。

李夫人は音楽的な才能が認められた子女が通う中学を卒業後、中国に留学し声楽を専攻。その後、銀河水管弦楽団で
歌手として日本や韓国を訪問した経験がある。2005年、韓国・仁川広域市で開催されたアジア陸上競技選手権大会では
北朝鮮選手を応援する“美女軍団”のメンバーとして注目を集めた。

朝鮮半島情勢に詳しい関係者は「北朝鮮女性の初体験は早い。昨年、北朝鮮の子女の間で最も人気を集めた商品は
コンドームでした。また、地方都市の中学校6年生(16歳)全員を対象に、軍入隊身体検査を実施したら女子生徒の
60%以上が非処女だった。処女が条件の『喜び組』に入れる生徒もいなかったとか。李夫人も、同じ年代で
SEX経験者だった可能性があります」と指摘した。

故金正日総書記は、高英姫夫人の万寿台芸術団時代の過去を徹底的に消すことに成功した。

だが、正恩氏にとって李夫人の偶像化が困難になったことは確かなようだ。

東スポ
https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/191156/

続きを読む

【韓国・平昌五輪】「国家情報院要員の警護を受ける北代表団、ゴミ・髪の毛も持って帰る」

1: みつを ★ 2018/02/13(火) 02:40:06.77 ID:CAP_USER
http://s.japanese.joins.com/article/554/238554.html?servcode=500&sectcode=510

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
2018年02月12日 16時51分

平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)を控えて北朝鮮の三池淵(サムジヨン)管弦楽団の玄松月(ヒョン・ソンウォル)団長と実務陣の警護を国家情報院が担当したことをめぐって論争が起こっている。スパイを捕らえる国家情報院がすべき事ではないということだ。国家情報院は6日から訪韓した北朝鮮公演団と応援団の警護も引き受けた。

実際、国家情報院安全統制団が北朝鮮代表団の警護と儀典に責任を負っている。ここには対共捜査を担当する職員も投入された。以前の北朝鮮代表団の訪問からそうだったという。このため、国家情報院そのものも論争が絶えないという。

国家情報院要員Aさんは「警護任務は本来、対共捜査パートの職員が担当してきた」として「対北朝鮮の交渉パートは裏で指揮の役割を果たすだけ」と伝えた。引き続き「密着警護に出れば写真に撮られて北朝鮮に情報が流出する」とし、「身分が露出すれば今後、スパイをどう捉えるのか」と懸念した。海外では北朝鮮要員に標的になる可能性があるという懸念の声もあったという。

国家情報院要員Bさんは2003年大邱(テグ)夏季ユニバーシアード大会当時、要員が集団で警護を拒否したこともあったと伝えた。北朝鮮応援団が「太陽のように仕えるべき将軍の写真が雨に濡れる」として「横断幕にかけつけて号泣した、いわゆる『金正日(キム・ジョンイル)横断幕抗議騒ぎ』の直後だ。Bさんは「北朝鮮のスパイを捕らえる業務をする対共捜査要員として入社したため、衝撃が大きかった」とし「当時、横断幕事件直後『警護業務を拒否しよう』として集団抗議に出た。結局、業務に復帰することで収拾されたが、士気が地に落ちた」と伝えた。

それでも対共捜査要員の動員が繰り返されるのは、彼らが「適格」な側面があるためだという。逮捕および制圧技術など警護任務に必要な能力を備えているからだ。国家情報院要員Cさんは「高位級警護対象に会う前に相手方の情報を集めて分析し、現場でも様々な情報収集を行う」として「個人の好みを把握するために宿舎にルームサービスを提供して何を選択するのか見守るなど、行動パターン分析をする」と伝えた。

国家情報院の北朝鮮代表団警護が北朝鮮に対する情報収集の契機になったりもする。Cさんは「警護当時、北朝鮮代表団はハンギョレ新聞と京郷(キョンヒャン)新聞だけ見た」とし「どのような記事に関心を持ったのかを把握する方法がある」とした。引き続き「北朝鮮は我々が平壌(ピョンヤン)に行けば宿舎に盗聴装置を設置しておく」として「我々は盗聴をしなくても十分に望む情報を得ることができる。具体的な方法はノーコメント」として答えを避けた。

北朝鮮の保安要員も手をこまぬいているわけではないという。「ゴミはもちろん、髪の毛一本も全部持って帰るほど」と国家情報院要員は伝えた。

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト