脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

北朝鮮

【北朝鮮】“安全だから気楽に来て”北朝鮮が観光用HPを開設

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/07/20(木) 18:58:34.16 ID:CAP_USER
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00010004-houdouk-kr
ホウドウキョク

外貨獲得が狙いか…
北朝鮮の観光当局が作成したとみられるウェブサイトには、サーフィンやテコンドーなど複数のツアーが紹介され、「金正恩委員長の賢明な指導の下に、今日北朝鮮の観光業は新たな発展の道を踏み出している」と記載されている。

また、日本語や英語など、5カ国語で閲覧が可能。
観光当局担当者は「誰でも来られますよ。歓迎します。安全は担保できるので、気楽に来てください」と話すが…

「安全は担保できるので、気楽に来て」
北朝鮮への観光をめぐっては、6月、昏睡状態で釈放されたアメリカ人のオットー・ワームビアさんがその後、死亡している。
国際社会が警戒する中、北朝鮮が外貨獲得に力を入れる姿勢が鮮明となった。

続きを読む

【北朝鮮】慰安婦問題は「外交的合意」で解決されない

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/07/17(月) 13:39:52.72 ID:CAP_USER
北朝鮮の朝鮮日本軍性奴隷・強制連行被害者問題対策委員会のスポークスマンは15日、日本軍の従軍慰安婦問題を巡る日韓合意を非難する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

 談話は、2015年の慰安婦問題解決に関する日韓合意は「朴槿恵一味が執権の期間、日本の安倍一味と結託してつくり上げた」としながら、「日本から何の謝罪もなく、幾ばくかのお金をもらう代価として日帝が働いた残虐非道な性奴隷犯罪を覆い隠すことに密約した前代未聞の恥ずべき売国文書である」と暴いた。

 また、「朝鮮民族に耐えがたい侮辱と計り知れない被害を与えた特大型の反人倫的犯罪である日本軍性奴隷問題はいわゆる『再協商』と『外交的合意』によって解決される問題ではない」と主張した。

 つづけて、日本の安倍政権に対して「過去の罪悪に対する反省どころか、南朝鮮人民を極度に蔑視し、こんにちも相変わらず植民地宗主国のように振る舞っている」と指摘した。

 さらに、韓国の文在寅政権に対しても、「千年来の敵である日本と『関係発展』だの、『未来志向』だの、何のと言って民族の尊厳と利益を売り渡す醜悪な反民族的売国行為に執着している」と非難した。

 そのうえで、「南朝鮮当局が全民族の要求に顔を背け、卑屈な対日屈従政策を追求しながら日本の鉄面皮かつ破廉恥な奸計に乗せられるなら、民族に恥ずべき罪悪だけを残すことになるだろう」と強調した。



http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170717/soc1707170004-n1.html
2017.7.17

続きを読む

【健康管理/長寿】金日成の健康法は少女からの輸血や少女との入浴など

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/07/16(日) 19:36:13.74 ID:CAP_USER
絶対的権力と富を手に入れた独裁者が、最後に求めるのが不老不死の肉体だ。己の命のためなら手段を選ばない。北朝鮮の初代国家主席・金日成の「生への執着」はどんなものだったのか。

 金日成は、健康管理、長寿に異常な執着心を持っていた。そんな金日成のために1976年に設立されたのが通称「金日成長寿研究所」。そこでは西洋医学と一線を画す、驚きの北朝鮮独自の医療技術が日々、研究されていた。後年、脱北した同研究所の研究者らにより金日成が試みたという健康法が明かされている。

 そのひとつが、北朝鮮北部から選抜された十代の処女たちからの輸血。処女の血には、白血球やヘモグロビン、良質なたんぱく質が豊富に含まれているからだという。処女の出身地が北部に限定されていたのは、「アメリカの侵略に遭わなかったため、血が汚れていない」という理由だった。少女たちは金日成との入浴も強要された。彼女たちから発散されるホルモンを吸収するためだという。

 また研究所では、鹿の角や高麗人参などを使用した精力増強剤のほか、冬虫夏草やオットセイのペニスなどを成分とする老化防止の秘薬も開発されていた。研究員らは、「それら秘薬の効果を確かめるため、金日成と同様の肥満体型の幹部たちを集めて人体実験を行っていた」ことを明かしている。

 国家の優秀な人材を総動員し、金に糸目を付けず妙な健康法に明け暮れた独裁者は82歳でこの世を去った。当時の北朝鮮男性の平均寿命67歳を大幅に上回る長寿だった。

※SAPIO2017年8月号


https://www.news-postseven.com/archives/20170716_581065.html
2017.07.16 16:00

続きを読む

【朝鮮半島】北朝鮮が来年、人口調査 韓国に費用600万ドル支援要請

1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/15(土) 11:47:25.02 ID:CAP_USER
北韓は、来年、およそ10年ぶりに人口住宅調査を行う計画を進めており、国連人口基金(UNFPA)を通じて韓国政府に対して調査費用600万ドルの支援を要請してきたことがわかりました。

統一部は14日、北韓の人口住宅調査のため600万ドルの支援を要請する文書を国連人口基金が送ってきたことから、支援の規模について検討を進めています。

支援要請は、北韓の韓成烈(ハン・ソンリョル)外務次官が先月、ニューヨークにある国連人口基金を訪れた際に行ったものと伝えられています。

政府は、北韓の要請が国際機関を通じて行われたことから、国際社会の対北韓制裁の枠組みを損なわない範囲内で南北交流を続けるとする韓国政府の方針に沿うと判断しています。

北韓で人口住宅調査が行われるのは2008年以来およそ10年ぶりで、このときも韓国政府が南北協力基金を財源にして400万ドルを北韓に支援しています。

国連人口基金は、北韓の人口は、2008年に2235万人だったのが、2014年には2421万人と、およそ200万人増えたものと推定しています。


2017-07-15 10:57:44
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_IK_detail.htm?No=64346&id=IK

続きを読む

【北朝鮮】金正恩氏、新型ベンツにも「自分用トイレ」を装備か

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/14(金) 22:00:00.95 ID:CAP_USER
 米政府系のボイス・オブ・アメリカ(VOA)は14日、北朝鮮に禁輸品であるはずの高級外車が輸入されているもようだと報じた。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は、金正恩党委員長が4日に大陸間弾道ミサイル発射を現地指導した際の写真を複数、配信した。

 VOAはそのうちの1枚を分析。そこに写り込んだ1台の乗用車について「車両の後部しか写っていないものの、全体的なデザインがドイツ製メルセデス・ベンツの新型Sクラスと同じである」と指摘している。

 たしかに写真を見る限り、具体的にどのモデルかは確認が難しいにせよ、VOAの指摘どおり2013年以降に出荷されたベンツのSクラスであると判断して間違いないようだ。

 では、この車が誰のものであるかと言えば、「走り屋」「クルマ好き」として知られる金正恩党委員長の愛車のひとつであると見てまず間違いなかろう。

 北朝鮮に対しては国連安全保障理事会の制裁決議により、ぜいたく品の輸出が禁じられているが、ベンツももちろん、ここに含まれる。

 ちなみにベンツの日本版ウェブサイトを参照したところ、Sクラスで最も高価な「マイバッハS600」のメーカー希望小売価格が2626万円、最も安価なS300hでも同998万円となっており、ここに様々なオプションを加えることで、価格はより高額となる。

 これが正恩氏の愛車であるならば、防弾ガラス・装甲などの特殊な仕様が施されているはずで、その総額はとんでもない金額になることだろう。

 しかしそれにしても、父親の時代までの秘密主義をかなぐり捨て、最新兵器から自分の「ヘンな写真」まで気前よく自国メディアで公開してしまう正恩氏だが、自分が乗っている車を知られて不安ではないのか。

 米韓の軍部内には正恩氏に対する「斬首作戦」の推進論がある。実行するなら、正恩氏の「愛車情報」はこの上なく重要となるからだ。

 ちなみ韓国の情報機関・国家情報院によれば、北朝鮮当局は普段から正恩氏の行動を秘匿することに気を使っており、正恩氏の公開活動の多くは明け方に行われ、地方を訪問する際は専用車に乗らず幹部の車に乗っているとも言われる。

 となると、このベンツもダミーである可能性はあるが、それにしてはカネがかかり過ぎているように思える。

 それともうひとつ、気になることがある。

 上記のような事情もあり、普通の人と同じトイレを使えない正恩氏は、愛車に専用の装備を積んでいると言われる。

 もしかしたらこの新型Sクラスは、世界に1台だけの「トイレ機能付きメルセデス・ベンツ」なのだろうか。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170714/soc1707140034-n1.html
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170714/soc1707140034-n2.html

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト