脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

環境

【韓国】『日本の放射能汚染水流入』リアルタイム(実時間)監視体系構築

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/12/25(土) 10:26:04.71 ID:CAP_USER
(動画=YouTube)
https://youtu.be/FXpq4yNI6Uc

_______________________________________________________

<アンカー>
日本政府による福島原子力発電所の放射能汚染水放出計画が具体化され、我々の海域の汚染と水産物の安全性に対する懸念が高まっています。

忠南(チュンナム)西海(ソヘ=黄海)の漁業指導船が冷却水として使用される海水を活用して、放射能物質をリアルタイム(実時間)で捕集できる技術を取り入れ、放射能汚染の対応に乗り出しました。

ホン・ヂョンピョ記者が報道します。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
<レポート>
2023年の春から本格化する見られる日本の福島原子力発電所の汚染水放流。

放射性物質を取り除き、海水で希釈してから放出するとはいえ、大量の放射能物質が含まれる可能性が高いです。

忠南の漁業指導船に設置された、韓国原子力研究院の放射能リアルタイム測定器です。

船舶の機関室の冷却水供給管に接続されて、船が運航しながら冷却水として使用する海水を1分単位で測定します。

地上の放射能測定器を、海でも使用できるように考案しました。

<チャン・ミ(韓国原子力研究院原子力環境室)>
「セシウムなどの(核種は)エネルギーを放出するのですが、そのエネルギーを感知して、何らかの核種の存在が疑われる場合は我々にアラームが来ます」

沿岸地域を中心に放射能監視体系(システム)が備えられていますが、このように海上でリアルタイムに放射能物質の検出に乗り出したのは、今回が初めてです。

固定式の監視システムと比較すれば、目標地域に対する能動的な監視が可能で、何よりも早期探知によって汚染と判断された場合は敏速な対処が可能です。

<ヤン・スンヂョ(忠南道知事)>
「汚染水放出の中止を求めるべきです。その後の措置として、これまでに行われてきた様々な被害の発生について、強力に損害賠償を求める(べきです)」

漁業指導船に設置された放射能測定器は今後5年間稼動する予定で、他の行政船にも追加で設置するなど、監視網を広げて行く計画です。

KBSニュース、チャン・ミでした。

ソース:KBS(韓国語)
https://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=5356905&

続きを読む

【韓国市民団体】日本大使館前で記者会見…「韓国政府は汚染水海洋放出阻止に積極的努力を」「日本政府の核テロ」

1: 新種のホケモン ★ 2021/12/23(木) 17:54:03.41 ID:CAP_USER
韓国の市民社会団体が、日本政府が推進している福島の放射性汚染水海洋放出計画を批判しながら韓国政府の積極的な阻止を促した。

韓国市民団体「日本の放射性汚染水放流阻止共同行動」は23日午前、ソウルの日本大使館前で記者会見を行い、「韓国政府は汚染水の海洋放出を防ぐため積極的に努力すべき。韓国政府は抗議書簡を発送し、韓国海域に流入する放射性物質の監視を徹底したり、海洋放出にともなう韓国への影響を綿密に予測分析するといった形の安逸な対応では日本政府の核テロを防ぐことはできない」と強調した。

続けて「汚染水が放出されるならば高毒性の放射性物質は海流に乗って海全域を汚染し、放射性汚染水の国内流入を防ぐ方法はない」とした。

東京電力は日本政府の方針に基づき2023年春ごろから基準以下の濃度に薄めた汚染水を原発から1キロメートルほどの近海で放出する方針だ。実施計画には来年6月から海洋放出に向けた設備、海底トンネルなどの工事を始め、2023年4月中旬に工事を終えるという計画などが含まれた。

市民団体は「季節、気候条件、海底地形やさまざまな変数によって放射性物質の濃度が高いホットスポットが生成されるかもしれない。放射性物質の累積による被爆の深刻性を無視している」と付け加えた。

ⓒ 中央日報日本語版
2021.12.23 17:48
https://s.japanese.joins.com/JArticle/285985?servcode=A00§code=A10

続きを読む

【韓国原子力安全委】日本の海洋放出計画申請について「国民の安全を最優先にあらゆる努力を尽くす」

1: 新種のホケモン ★ 2021/12/21(火) 16:46:59.03 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国の原子力安全委員会は21日、東京電力が福島第1原子力発電所の処理済み汚染水を海洋放出する計画の変更認可案の審査を原子力規制委員会に申請したことに関連し、安全性の検討に入ると発表した。

 同委員会は「韓国原子力安全技術院の安全性検討チームが変更認可案の安全性の検討に着手した」とし、「海洋放出関連の設備の健全性、処理済み汚染水の放射性物質分析方法の適切性、異常状況に備えた緊急遮断設備の適合性を中心に綿密に確認する」と説明した。 

 また、原子力規制委員会に独立的で透明な審査を促す書簡を送ったと明らかにした。

 原子力安全委員会は「日本政府が処理済み汚染水の処分の不可避性などについて最も近いわが国に十分な情報提供を行わなかった」として、東京電力が海洋放出のための手続きを続けることに対して書簡で深刻な懸念を表明したと述べた。

 その上で、原子力規制委員会に日本のみならず海外の利害関係者の意見を取りまとめ、反映することを要求したとし、独立した規制機関として審査期限を定めずに科学・技術的観点から変更認可案を十分に検討するよう要請したと伝えた。

 原子力安全委員会は海水中の放射性物質をより細かく監視するため、分析地点を32カ所から34カ所に増やし、調査回数も拡大することを決めた。

 同委員会の劉国熙(ユ・グクヒ)委員長は「処理済み汚染水の海洋放出に備え、国民の安全を最優先にあらゆる努力を尽くす」と述べた。

2021/12/21 16:40配信
Copyright 2021YONHAPNEWS. All rights reserved.
https://s.wowkorea.jp/news/read/328137/

続きを読む

【大韓民国】地震発生の約30分前「地震雲」の目撃主張が相次ぐ…14日、済州で「M4.9」の地震=韓国報道

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/12/16(木) 03:18:03.97 ID:CAP_USER
no title

no title

14日午後、韓国チェジュ(済州)ソギィポ(西帰浦)市でマグニチュード(M)4.9の地震が発生した。そんな中、地震発生の約30分前に撮られたとされる“地震雲”が話題となっている。

 地震雲は大きな地震が発生する前後に現れるといわれる雲で、地震の前兆現象の一つとして知られている。しかし、この現象が地震と直接的に関連があるとする科学的根拠は不足しており、認定はされていない。

 この日、韓国のオンラインコミュニティーには地震発生約30分前の午後4時51分ごろ、「これ、地震雲かな」というタイトルの写真が投稿された。写真には羊の毛のような小さな雲が集まって広がっているようすが捉えられている。また、別のコミュニティーにも地震雲の目撃談が相次いだ。

 これについて、韓国の専門家は「地震雲は理論的には説明できる現象ではあるが、科学的には地震との関連性は認められない」と分析した。

 延世(ヨンセ)大学地球システム科学科のホン・テギョン教授は韓国メディアの取材に「地震雲は理論的には説明できる現象」とした上で、「人々は地震を予知できる現象として地震雲に関心が高いが、地震雲が観測される場合、地震と関連がないことが多く一貫性がない。そのため、地震に関連した現象とは言えない」と伝えた。

 ホン教授は理論的背景について「地震が発生した断層帯に力が累積すると、最も力を受ける断層面に沿って電荷が整列する」とし、「断層帯に電荷が整列すると、それによって大気中の電荷も引っ張られて整列する現象が起こる」と説明。続けて、「すべてプラス、あるいはすべてマイナスのみで整列することもある。重要なのは、断層帯に力が加えられた後にはプラスとマイナスの電荷は混ざり合わない」と述べた。大気中の電荷が断層帯の電荷に引っ張られて整列し、雲の形態にも影響を与えるということだ。

 ただし、「理論的には説明可能だが、地震が起こるたびに観測されるわけではなく、地震がなくても地震雲や似た雲が観測されることがあるため、地震の前兆現象として科学的に認めるのは難しい」と付け加えた。

 一方、この日午後5時19分14秒、西帰浦市から西南西側41kmの海域でM4.9の地震が発生した。これは、今年、朝鮮半島で発生した地震で最も大きい規模だ。

WOWKorea 2021/12/15 10:20配信
https://s.wowkorea.jp/news/read/327274/

続きを読む

【ゴミ大国】韓国人は「環境問題に配慮なし」?1人あたりのプラスチックゴミ排出量「世界3位」…年間「88キロ」、日本人は「36キロ」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/12/03(金) 00:34:37.40 ID:CAP_USER
韓国人が排出するプラスチックゴミは、1人あたり年間88キロで「世界3位」レベルだとわかった。

 韓国メディア「SBSニュース」は2日、全米科学・工学・医学アカデミー(NASEM)による「世界海洋プラスチックゴミに対する米国の役割の評価」報告書を引用し、2016年基準での各国の国民1人が出す年間のプラスチックゴミ排出量を報じた。

 この報告書によると、韓国人は2016年基準でプラスチック排出量が1人あたり年間88キロで、米国(130キロ)、英国(99キロ)に次いで世界3番目に多かった。続いてドイツ(81キロ)、タイ(69キロ)、マレーシア(67キロ)、アルゼンチン(61キロ)の順だった。また、中国は16キロ、日本は38キロと報告された。

 同メディアは、マレーシアとアルゼンチンを除く他の国を全体として見ると、韓国よりプラスチックゴミ排出量は多いが、人口が相対的に多いため韓国より国民1人あたりの排出量は少なく集計されたと報じた。

 報告書によると、世界のプラスチック生産は1966年の2000万トンから、2015年には3億8100万トンで20倍近く増加している。このうち、海に流されるプラスチックゴミは年平均800万トン(2015年基準)で、これは1分ごとにダンプトラック1台分のゴミが海に捨てられていることになる。

 このままいくと、海に捨てられるプラスチックは2030年には年間5300万トンに達し、これは年間漁獲量の半分に相当すると報告書は警告した。

WOWKorea 2021/12/02 11:25配信
https://s.wowkorea.jp/news/read/325453/

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト