脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

環境

【聯合ニュース】韓日のカトリック団体が共同声明 「福島原発汚染水の海洋放出反対」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/02/09(火) 21:45:03.49 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】日本政府による東京電力福島第1原発の処理済み汚染水の海洋放出計画を巡り、韓国と日本のカトリック系団体が放出に反対する共同声明を発表した。

 韓国カトリック司教協議会の正義平和委員会と生態環境委員会、日本カトリック正義と平和協議会などは9日に出した共同声明で、日本政府が近く決定する見通しの「東京電力福島第1原発の汚染水を浄化処理した後の放射性物質トリチウムを含む水の海洋放出に反対する」と宣言した。

 声明は、日本政府が公開した報告書には汚染水に放射性物質トリチウムが含まれているものの、これが影響を与えた例は見つかっていないとあるが、幼児期の死亡などとトリチウムの関係を指摘する専門家もいると主張。同報告書で汚染水が海洋生物や海洋の環境に与える影響について触れられていないのは懸念であるとし、海に放出された放射性物質はもとに戻すことができないと指摘した。

 また、原発事故から10年目を迎えた今、日本政府が人や自然にどのような影響が出るか分からない汚染水を放出すれば、地域住民や国民だけでなく海でつながる世界の人々に不安と実害を強いることになると強調した。

 その上で、被害が出たときにはすでに遅く、「未来の世代に本当の意味で安全で安心して生きることのできる環境を受け渡す責任がある」と指摘した。

聯合ニュース 2021.02.09 20:37
https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210209004900882?section=society-culture/index

続きを読む

【韓国繊維メーカー】 「韓国の廃プラスチックは汚い」…日本から廃ペットボトル昨年5万トン輸入

1: 荒波φ ★ 2020/12/27(日) 09:23:03.51 ID:CAP_USER
no title


韓国では廃プラスチックがリサイクルにつながらず、ゴミの山になっているが、その一方ではリサイクル業者が海外から廃プラスチックを輸入するという現象が起こっている。

海外の廃プラスチック輸入が増えているのは、加工後に繊維・包装容器などにリサイクルするためだ。

ある繊維メーカー関係者は「一部のアパレルブランドでは環境にやさしいイメージ作りのためリサイクル繊維の納品を要求するが、韓国の廃プラスチックは質が落ちるので、清潔できちんと分別されている日本の廃プラスチックなどを輸入するしかない」と話す。

廃プラスチックの中でも、リサイクル繊維を主に作る廃ペットボトル(PET=ポリエチレンテレフタラート)は昨年の輸入量が10万1900トンで、このうち日本からのものが5万5800トンと半分を超える。

今年の輸入量(5万8200トン)の中でも40%程度が日本からのもの(2万2900トン)だ。

環境部が8日に明らかにしたところによると、今年1月から10月までの廃プラスチック(PET、PP、PS、PE)総輸入量は6万8700トンに達する。

2017年は3万9300トンだったが、中国が廃プラスチック輸入禁止を宣言した2018年は輸入が増えて11万8000トンと急増、昨年は14万3688トンになった。

今年も年末までに10万トン近く輸入される見通しだ。

政府は、海外からの廃プラスチック輸入急増を阻むため、今年6月、廃ペットボトルなど4つの主な廃プラスチック品目を輸入禁止対象に指定した。

環境部関係者は「輸入業者は1年単位で契約をしているが、6月以降は新規輸入申請を受け付けておらず、来年ごろ効果が現れるだろう」と話している。


2020/12/27 05:31/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/12/25/2020122580004.html

続きを読む

【中央日報】 日本産水産物と海水、釜山で放射能検査…「すべて適合」

1: 荒波φ ★ 2020/12/24(木) 09:53:54.16 ID:CAP_USER
釜山市(プサンシ)保健環境研究院は24日、今年大型スーパーや百貨店などで流通する食品717件に対し放射能検査を実施した結果、すべて適合判定が出たと明らかにした。

釜山市は特に日本政府の原発汚染水海洋放流計画で食品の放射能汚染に対する懸念が大きくなり検査件数を増やしたという。

品目別では、水産物が209件、加工食品が426件、農畜産物が82件で、このうち日本産食品は218件だった。検査対象食品のいずれも放射能汚染から安全な適合判定を受けたと研究院は伝えた。

研究院はまた、昨年争点となった日本の活魚車の安全性と関連し、水産物と海水に対する放射能検査でも問題はなかったと明らかにした。

日本の活魚車の海水も2回検査したが、韓国の海水放射能濃度と大きな差はなかった。


中央日報日本語版 2020.12.24 09:50
https://japanese.joins.com/JArticle/273718

関連スレ
【韓国17市・道の首長】 「韓国政府は福島第一原発の汚染水放出に反対せよ」 [12/23]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1608687386/

続きを読む

【韓国】PM2,5で灰色のクリスマスイブ

1: 動物園φ ★ 2020/12/24(木) 11:21:32.64 ID:CAP_USER
済州を除いて全国で超微細粉塵「非常に悪い」... ホワイトどころか灰色のクリスマスと呼ばれる
https://nfbks4f5plv44drsconj5znbf4--www-news1-kr.translate.goog/articles/?4160270

no title

続きを読む

【ハンギョレ新聞】 韓国の月城原発区域の地下水、放射性物質汚染…トリチウムが基準値の18倍

1: 荒波φ ★ 2020/12/24(木) 10:01:57.22 ID:CAP_USER
■韓水原、タービン地下の貯蔵水測定で基準値の18倍 
■7年前から問題提起されたが、昨年になって対策チーム 
■原発境界の観測艇の濃度は近隣の村の地下水の150倍 
■「環境放出」の可能性高いが…韓水原と原案委は「確認されていない」

慶州(キョンジュ)の月城(ウォルソン)原発の敷地の地下水が、広範囲に放射性物質であるトリチウムで汚染されているという事実が、韓国水力原子力(韓水原)の独自調査で明らかになった。

韓水原は、地下配管や使用済み核燃料貯蔵槽などを地下水に含まれていたトリチウムの主な流出源と見て、設備の交替や補修などの対策を推進してきたことが確認された。

トリチウムは福島原発事故の汚染水に大量に含まれて議論を呼んでいる放射性物質であり、人体から内部被ばくを起こし、遺伝子変異を招くことが知られている。

原発で決められていない経路で放射性物質を流出させることは、原子力法上認められていない。今回流出が確認されたトリチウムは、原発の敷地の境界に設置された地下水観測艇でも高濃度で検出され、原発の外部にまで拡散した可能性を排除できない。

それでも韓水原と原子力安全委員会は「該当する観測艇はすべて原発区域内にあるため、原子力法上、外部流出といえる『環境放出』とはみられない」とし、「国民に対する公開」規定を適用しなかった。流出の規模も把握していない。

ハンギョレが23日に入手した韓水原の報告書「月城原発敷地内の地下水のトリチウム管理の現状および措置計画」によると、韓水原は昨年4月に月城原発3号機のタービン建屋下部の地下水排水路(タービンギャラリー)のマンホールに溜まった水から、1リットル当たり71万3000ベクレルのトリチウムを検出した。

この排水路は放射性物質の排出経路ではない。71万ベクレルは、原子力安全委員会(原安委)が定めた排出可能排水路に対して定めた管理基準(4万ベクレル/リットル)の17.8倍にのぼる高濃度だ。

韓水原が地下水監視プログラムを稼働した結果、昨年8月から報告書作成直前の今年5月まで、月城3号機の使用済み核燃料貯蔵槽(SFB)の下部の地下水から最高濃度8610ベクレル(1リットル当たり)のトリチウムが検出された。

同じ期間、2号機の使用済み核燃料貯蔵槽の下の地下水からは最高2万6000ベクレル、1号機の使用済み核燃料貯蔵槽の下の地下水からは最高3万9700ベクレルのトリチウムが検出された。

原発で計画された排気口と排水口を通さない「非計画的放出」は、濃度とは関係なく原子力法に基づく運営技術指針違反だ。監視と管理が行われず、原発周辺の環境と住民に及ぼす影響を評価できないからだ。

月城原発はトリチウムによる地下水汚染の可能性を早ければ2013年、遅くとも2017年から認識していた可能性が高い。

2020-12-24 09:35
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/38674.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト