脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

環境

【 KARI 】韓国が「大気汚染源は中国」と主張、衛星発射で証明へ―韓国メディア

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/04/15(土) 14:27:30.24 ID:CAP_USER
2017年4月13日、環球時報によると、2017年に入ってから、韓国でスモッグ被害が深刻化している中、韓国KBSラジオ(電子版)は、専門家やメディアが指摘する「汚染源は中国」との説を検証することを目的に、ついに衛星を打ち上げる事態になったと報じた。

韓国政府は2019年に打ち上げが計画されている気象通信衛星「Cheollian」に粒子状物質を観測する装置を取り付け、韓国国内で大気汚染を引き起こしている粒子状物質の発生源を追跡するという。汚染は非常に深刻な状況にあり、韓国航空宇宙研究院(KARI)は衛星打ち上げを急いでいる。

衛星の打ち上げは、中国の大気汚染が日本や韓国にまで影響を及ぼし、人々に不満が生じていることについてコメントを求められた中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官が、「本当に中国の大気汚染が周辺国に影響しているのか、科学的、専門的な検証が必要だ」と指摘したことを受けてのことだという。

韓国国立環境研究院の専門家は、「韓国で大気汚染を引き起こしている粒子状物質の30~50%は中国から飛来している。1~3月は75%前後に達した」と指摘。韓国紙・亜州経済も「中国のスモッグは朝鮮半島の大気汚染原因のひとつだ」と伝え、ネット上でも「中国に対する報復が必要」「中国製品をボイコットすべき」などの激しい意見が出ている。

なお、26日には韓国の仁川(インチョン)で日中韓3カ国の環境省による局長級会合が行われる予定で、大気汚染物質など環境分野の懸案と協力策を話し合うことになっている。(翻訳・編集/岡田)

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170415/Recordchina_20170415008.html

続きを読む

【中国】喫煙で今世紀中に2億人死亡の可能性 WHO

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/04/15(土) 16:12:03.29 ID:CAP_USER
【4月14日 AFP】世界保健機関(WHO)と国連開発計画(UNDP)は14日、喫煙に伴う病気により、中国では今世紀中に2億人が死亡する可能性があるとの報告書を発表した。また、喫煙に伴う病気に関連して、中国国内では数千万人が貧困に陥るとの見解を示した。

 現在、中国は世界最大のたばこ生産国および消費国で、たばこ産業は政府に莫大な収益をもたらしている。2015年には前年比20%増の1兆1000億元(約17兆円)の収益を記録した。

 しかしWHOとUNDPの報告書は、早急に喫煙人口を減らさなければ中国は大きな経済的損害を被ることになると述べている。

 また同報告書によると、中国の喫煙による経済的損害は2014年で推計3500億元(約5兆5000億円)に上るとし、これは2000年における損害額のおよそ10倍だという。こうした試算には喫煙に伴う病気の治療費といった直接費と、病気による労働、生産力の低下といった間接費が含まれているという。(c)AFP

https://dot.asahi.com/afp/2017041500018.html

続きを読む

【韓国】搾りたての牛乳から抗生物質が効かないスーパーバクテリア検出…「牛乳は安全」とする政府に不安の声

1: ニライカナイφ ★@無断転載は禁止 2017/04/07(金) 11:17:04.94 ID:CAP_USER
2017年4月4日、韓国・JTBCによると、韓国の牛から搾った原乳から、抗生物質が効かない耐性菌(スーパーバクテリア)が検出された。

今回検出された菌は合成ペニシリン「メチシリン」にも耐性を持つスーパーバクテリアで、黄色ブドウ球菌が抗生物質の乱用により変異したものという。
人が感染した場合、皮膚に接触するだけでも伝染し、抗生剤が効かないことから隔離措置が必要になる。

韓国農林畜産食品部が2012年から5年間、乳房炎にかかった牛の原乳5000余りを調査した結果、36の原乳からスーパーバクテリアが検出された。
またソウル大の研究チームが11?12年にかけ京畿道(キョンギド)の47の酪農場で原乳を調査した時も同様の菌が発見された。

専門家は、畜産農家周辺の病院から出た医療廃棄物や畜産従事者を介して牛が感染した可能性が高いとみているが、正確な感染経路は分かっていない。
一方政府は、原乳は流通前に滅菌されるため、消費者が飲む牛乳には問題がないとしている。

この報道に対し、韓国のネットユーザーからは「滅菌は確実なのか?」「政府の言葉を信用していいの?」「抗生物質は効かないけど、滅菌はできるの?」「牛乳を飲むのを控えようかな」「あれも駄目、これも駄目、いったい何を食べたらいいんだ?」「スーパーな菌ってことか、なんだか怖い」「子どもの給食に出す牛乳は大丈夫か」「赤ちゃんの粉ミルクは?」など、不安の声が多く寄せられた。

http://www.recordchina.co.jp/b174405-s0-c30.html

続きを読む

【温暖化】中国今年も干ばつ、昨年よりも深刻

1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/03/31(金) 12:47:22.37 ID:CAP_USER
中国気象局は28日、深刻な温暖化により、世界的にも今年も熱波や豪雨などの異常気象が持続的に多発すると発表した。光明日報が伝えた。

国家気候センターの最新の予測によると、中国の今年の増水期(5?9月)は気象状況が全体的に悪化し、異常気象が多発する。降水量は全体的に北部が少なく、南部が多くなる。干ばつの状況は昨年よりも深刻になるという。

中国の気象部門は衛星・レーダー・自動化気象ステーションなどの科学技術成果の応用をさらに強化し、異常気象の観測・予報・早期警戒の精度を高め、関連情報をリアルタイムで発表すると説明した。


人民網日本語版 配信日時:2017年3月31日(提供/人民網日本語版・編集/YF)
http://www.recordchina.co.jp/b173762-s10-c30.html

続きを読む

【画像】韓国ソウル、PM2.5により世界で2番目に空気が汚れた都市に

1: バックドロップ(大阪府)@無断転載は禁止 [US] 2017/03/23(木) 08:45:48.03 ID:INY0yi9j0 BE:253246518-PLT(15000) ポイント特典
PM2.5:21日のソウル、世界で2番目に空気が汚れた都市に

21日未明から午前10時まで、ソウル市内全域が濃い霧のようなスモッグに覆われた。PM(粒子状物質)2.5の1時間当たりの濃度が一時1平方メートル当たり
100マイクログラムを超過する「非常に悪い」となり、通勤通学の市民らは対策に追われた。

とりわけここ最近は今月18日から4日連続でソウル市内の大気は「悪い(51-100マイクログラム)」以上の状態が続いており、
ソウル周辺の京畿道高陽市、東豆川市、九里市など多くの地域でも21日は朝から空気が非常に汚れていた。
世界の主要都市においてPM2.5や一酸化炭素など汚染物質の濃度を測定・比較するネットサイト「エアビジュアル」によると、
21日朝のソウルの空気は一時インドのニューデリーに次いで世界で2番目に汚れていた。

ソウル市内では時に「殺人者」とも呼ばれるPM2.5の濃度が今年は非常に高くなる傾向が続いている。
韓国ではPM2.5の警報と注意報を「特報」と呼んでいるが、韓国環境部(省に相当)国立環境科学院によると、
今年に入ってから3月21日まで全国各地に発令された特報の回数は85回を数えており、昨年の41回、一昨年の51回と比べてもはるかに多くなっている。
特報は1平方メートル当たりのPM2.5濃度が2時間以上にわたり90マイクログラムを上回ったときに発令される。

PM2.5による大気汚染が今年になって特にひどくなっている原因について、専門家は「国内で排出されるPM2.5が大きく増加したことよりも、
風や気圧配置などの気象要因が影響を及ぼしているようだ」との見方を示している。

国立環境科学院大気質統合予報センターのチャン・イムソクさんは
「中国からやって来る移動性高気圧が韓半島(朝鮮半島)周辺で停滞する期間が長引いている影響で、PM2.5が以前よりも大量に蓄積された可能性がある」
「今月15日に中国で両会(全国人民代表大会と中国人民政治協商会議)が終わると、中国では大都市にある工場が一斉に操業を再開するため、
それによって北京などの大気汚染がひどくなることも一つの要因だろう」などと説明した。

no title

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/22/2017032201171.html

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト