脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

環境

【韓国】台風11号による人的被害15人発生…施設被害1万2000件以上

1: 新種のホケモン ★ 2022/09/07(水) 08:57:31.59 ID:CAP_USER
台風11号により、韓国では15人の人的被害が発生した。住宅浸水など施設被害も1万2000件を超えた。

7日、中央災難安全対策本部によると、この日の午前6時基準で人的被害は暫定15人と集計された。死者10人・行方不明者2人・負傷者3人である。

施設被害は住宅浸水など私有施設が1万1934件で、道路・橋梁などの公共施設が426件、農作物の被害は3815ヘクタールと推算された。

2022/09/07 07:58配信
Copyright(C) herald wowkorea.jp 96
https://s.wowkorea.jp/news/read/362833/

続きを読む

【ヒンナムノー】方向を転じた台風11号、秋夕前に上陸…「朝鮮半島にとって最悪の台風となりうる」

1: 新種のホケモン ★ 2022/09/03(土) 12:28:39.28 ID:CAP_USER
台風11号「ヒンナムノー」、6日に慶尚南道南岸を通過の見込み 

最大瞬間風速50メートル…全国が影響圏 

気象庁「予想外の被害が発生する可能性」

no title


 台風11号「ヒンナムノー」は6日に慶尚南道の南岸に上陸すると予想される。

 気象庁は2日、「台風11号は6日に慶尚南道の南岸に上陸する可能性が高い」と明らかにした。気象庁のウ・ジンギュ予報分析官はこの日のブリーフィングで、「今や韓国に上陸すると言わざるを得ない状況が展開されている。上陸地点は慶尚南道の南岸一帯と予想されるが、台風の進路によっては変動する可能性がある」と述べた。先に気象庁は台風11号の大韓海峡通過を予想していたが、その予想を修正したもの。

 2日午前10時の発表によると、台風11号は6日午前9時に釜山(プサン)の南西約90キロ付近の海上に至り、中心気圧は950ヘクトパスカル、中心の最大風速は43メートルと予想される。台風11号はその後、直ちに韓国に上陸する見通しだ。ウ予報分析官は「台風は約950ヘクトパスカルで韓国に上陸する可能性がある」とし、「中心気圧はこれより低くなることもありうる。韓国に影響を与える際には、中心気圧が約940~950ヘクトパスカルに達すると予想する」と述べた。台風は中心気圧が低いほど強い。

no title

2日午後2時45分の台風11号「ヒンナムノー」の位置//ハンギョレ新聞社

 現在の予想通りなら、台風11号はかつて韓国に上陸した台風の中で最も強かった「サラ」(1959年)や「メミ」(2003年)より強い状態で上陸することになる。韓国国内の気象観測所が測定したサラの中心気圧の最低値は951.5ヘクトパスカル、メミは954ヘクトパスカル。ウ予報分析官は「中心気圧がこれほど低い台風が韓国に上陸したことはない。今回、韓国が一度も予想したことのない強い台風による被害が発生する可能性がある」と述べた。台風11号が韓国にとどまる時間については「6日夜に東海(トンヘ)上に抜ける可能性があるが、まだ正確に予測するのは難しい」と語った。

no title

2日午前10時現在の台風11号「ヒンナムノー」の予想進路=気象庁提供//ハンギョレ新聞社

 台風11号は2日午前9時現在、台湾の台北の南東約560キロ付近の海上にあり、時速2キロでゆっくりと北北西に進んでいる。中心気圧は935ヘクトパスカル、中心の最大風速は49メートル、強風域の半径は340キロに達する。現在の強さは台風強度分類の中で2番目に高い「非常に強い」で、人や大きな石が飛ばされる水準だ。韓国では、台風の強さは「中-強い-非常に強い-超強力」の4段階に分けられる。

 2日の予報によると、6日午前9時の台風11号の強風域の半径(風速15メートル以上の風が吹く半径)は400キロメートルで、韓国の北西の端の一部を除いた全国が含まれる。事実上、全国が台風11号の影響圏に置かれることになる。済州、南海(ナムへ)岸、慶尚道の東岸を中心として、最大瞬間風速50メートル以上の非常に強い風が吹く可能性がある。

 2日から4日にかけて、済州道と全羅南道の南岸、慶尚南道圏の海岸沿いは豪雨に見舞われる見通しだ。週末の2~3日の予想降水量は済州道が100~200ミリ(多い所では300ミリ以上)、全羅南道の南岸と慶尚南道圏の海岸沿いが50~100ミリ、慶尚北道圏の南部と全羅南道圏(南岸を除く)、慶尚南道の内陸が10~60ミリ、江原道の嶺東(ヨンドン)と慶尚北道の北部、忠清道圏の南部、全羅北道が5~30ミリ。

 5日から6日にかけては台風11号の影響で全国的に雨となる見込み。雨は京畿道南部、忠清道、南部地方、済州道を中心に降り、京畿南部以外の首都圏と江原道もやはり強く発達した雨雲の影響を受けると予想される。また5日から7日にかけては、ほとんどの海上で風が非常に強く、波は2~6メートル(済州の海上と南海上は最大10メートル以上)と非常に高くなることが予想される。

キム・ユンジュ記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
https://www.hani.co.kr/arti/society/environment/1057258.html
韓国語原文入力:2022-09-02 14:11
訳D.K
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/44458.html

降水量予想
no title

no title

no title

続きを読む

【韓国・ソウル豪雨】「便器の水が瞬く間に部屋に」半地下で辛うじて生きのびたものの…

1: 昆虫図鑑 ★ 2022/08/12(金) 09:18:41.69 ID:CAP_USER
no title


「この真っ黒なのがすべて便所の水の跡です。掃除機をかけたり雑巾でふいたりしても落ちないですね。薬を撒いてもにおいも落ちないし」

 10日午後、ソウル銅雀区新大方1洞(トンジャック・シンデバンイルトン)の集合住宅の半地下に住むPさん(66)は、タンスの下の床材をめくってセメント製の床についた複数の黒い染みを指差した。濡れた床を乾かすためにボイラーをつけたため外より室内温度が高く、額と首にタオルを巻いているPさんは大粒の汗をぬぐった。8日夜7時30分ごろ、Pさんの自宅の玄関前にあった浄化槽から水が逆流しはじめた。同時に家の中では、トイレからの水が部屋の中にあふれた。Pさんは「3台の揚水機で排水したが、ぜんぜん追いつかなかった」と語った。

 この日、浸水被害の集中したソウルの冠岳区(クァナック)・銅雀区一帯を見て回ると、8日から9日にかけての豪雨の跡が生々しく残っていた。大通りにも乾いていない泥があちこちに残っており、浸水した車も放置されていた。集合住宅が密集している狭い路地の奥は、半地下の居住者たちが運び出した什器で車が通りにくいほどだった。

 8日夜に40代の姉妹と娘の一家3人が亡くなったソウル冠岳区新林洞(シルリムドン)の住宅街一帯は、道の両側に床材、家具、服、マットレスなどが山積みになっていた。3人が死亡した住宅から直線距離で100メートルほど離れた集合住宅の半地下に住むKさん(52)は「人が死んだというのを聞いてぞっとした」と語った。この住宅の半地下に住んでいるのは3世帯で、居住者全員が玄関の扉を開け放ち、浸水した自宅を片付けているところだった。Kさんは「(8日には)大田(テジョン)に建設現場の仕事をしに行っていたため、家にいなかった。(避難した)隣の人の話を聞くと、夜は水が胸の高さまで来たという。だとすれば玄関のドアが開くはずはない。もしあの日、家で寝ていたら、防犯窓のせいで窓からも出られなかっただろう」と語った。Kさんは洞住民センターに被害届を出したが、「届け出たところで補助はたかが知れている。解決策がない」とため息をついた。Kさんは冷蔵庫、テレビ、炊飯器、扇風機など、家の中にあったほぼすべての家電製品を捨て、前日(9日)夜から宿泊施設で生活している。

no title


 8日夜の豪雨で命の危険を感じた住民もいた。夫と共に半地下住宅に住んでいるYさん(63)は「私が揚水機を借りに住民センターに行っている間に、家の中に水が入らないように玄関のドアを閉めていた夫が、家の外に出られなくなっていた」とし「消防隊が窓を取り外してピアノの上に登っていた夫を救助したが、もう少し遅れていたら本当に死んでいたかもしれない」と語った。Yさんは「また雨が降るというし、また家が浸水するのではないかと非常に心配だ」と言ってため息をついた。

 11日も、集合住宅の密集するソウル冠岳区の狭い路地の奥は、半地下住宅の居住者たちの出した什器でいっぱいだった。片付け作業も真っ最中だった。路地の奥では、掘削機の運転手がゴミ収集車にゴミを積んだり、陸軍特戦司令部所属の軍人たちがグループに分かれて、浸水した廃棄物を住宅から路上に運び出したりしていた。中古家電のリサイクルショップの前には洗濯機、冷蔵庫、エアコン、室外機などが25台以上積んであった。

 「冷蔵庫を1つ買うだけで80~90万ウォン(約8万~9万円)するのに、どうすればいいのか…。私たちには買うお金がないのに。あれを買ったらひと月どうやって暮らすんですか、まったく」

続きはソースで
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/44274.html

続きを読む

福島汚染水…韓国政府は強い姿勢で望むべきだ = 韓国

1: 昆虫図鑑 ★ 2022/07/23(土) 08:31:42.99 ID:CAP_USER
日本政府が福島原発の汚染水を放出することを決めた中、専門家は韓国のチェジュ(済州)島沖に及ぼす影響を懸念している。

 国際環境団体「グリーンピース」も日本に向け「全世界の海に取り返しのつかない被害を与える」と警告している。

 22日、AP通信は、日本原子力規制委員会が福島第1原子力発電所の汚染水を海に放出するという東京電力(TEPCO)の実施計画を承認したと報じた。

 この計画は、海底トンネルを利用して福島第1原子力発電所から約1キロ離れた沖合に放出するというもので、来春からの開始を目指している。

 これに先立ち、日本政府は昨年4月、汚染水を多核種除去設備(ALPS)で処理した後、海水を薄めて放出することを決定している。

 しかし、ALPSで汚染水を浄化処理し、62種類の放射性物質を除去することができても、三重水素(トリチウム)は濾過できない。

 放射性物質であるトリチウムは気体状態でベータ線を放出するが、ベータ線が体内に入ると放射線被ばくを引き起こす。

 また、汚染水放出の影響が韓国の済州島沖まで影響を及ぼす可能性も取り沙汰されている。

 21日、環境にやさしい無償給食運動本部が開催した「福島汚染水放出と地域の食べ物対応」企画講演で専門家は「福島原発事故後、放射能がしっかりとコントロールされていない」と懸念を表明した。

 専門家は「日本は汚染水を海に放出することを計画しているが、日本内部からも反対の声がある。福島で放出されれば、その7か月後には済州島沖にまで汚染水が流れてくるという分析がある。日本だけの問題ではない」と説明した。

 日本の決定に対し、22日(現地時間)、グリーンピースは声明を発表し、日本政府が汚染水の海洋放出の安全性を裏付ける科学的根拠を提示していないとし、「国連海洋法条約の包括的環境影響評価をする必要がある」と主張した。

 さらに「汚染水海洋放出は、日本と韓国の漁業に莫大な被害を及ぼすことが予想され。今現在も福島から水揚げされる魚からは、大量のセシウムが検出されており、汚染水放流後にはさらに多くの魚類に影響を及ぼすだろう」と述べた。

 チャン・マリー グリーンピース気候エネルギー活動家は「ユン・ソギョル(尹錫悦)政権が今回の決定にただ指をくわえて見ているだけではダメだ。168か国が批准した国連海洋法条約を基に日本政府に圧力をかける必要がある」と警告した。

 韓国政府はこの日、ソウルにある韓国政府庁舎でパン・ムンギュ国務調整室長主宰の「福島原発汚染水 海洋放出対応 関係省庁会議」を緊急開催し、対応策について話し合い、毎月、国内の港湾、沿岸の放射能モニタリングを周期的に実施し、輸入水産物原産地のチェックを強化するなどの対策を推進することを決定した。

2022/07/23 08:00配信 Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp 75

https://www.wowkorea.jp/news/korea/2022/0723/10357100.html

続きを読む

【韓国】 「月城原発地下水のトリチウム、廃樹脂貯蔵タンクから漏れたか」

1: 荒波φ ★ 2022/05/05(木) 09:37:50.89 ID:CAP_USER
■原子力安全委の民間調査団、第2次中間発表 
■「漏れた水が地下水に混じって濃度が上昇」 
■ボーリング孔を開けて外部への漏れの詳細調査へ

原子力安全委員会トリチウム(三重水素)民間調査団は、慶尚北道慶州市(キョンジュシ)の月城(ウォルソン)原発の地下水観測井戸で測定された高濃度トリチウムの流出源として、原発の廃樹脂貯蔵タンク(SRT)をあげた。

原発を運営する韓国水力原子力は、流出問題初期の昨年初め、観測井戸の高濃度トリチウムは地下施設というより大気に放出されたトリチウムに起因する可能性が高いと説明しているが、調査団の指摘はこれと相反する。

調査団は4日、「月城原発トリチウム第2次調査の経過および今後の計画」を発表し、その中で、「月城原発の観測井戸(WS-2)の地下水の高いトリチウム濃度の原因は、1号機の廃樹脂貯蔵タンクからの水漏れに起因するものと判断される」と明らかにした。

廃樹脂貯蔵タンクは、原発の稼動中に発生する放射性物質の吸着除去に使用された樹脂を集めておくプール型のコンクリート構造物で、各号機に3つ設置されている。

調査団は「廃樹脂貯蔵タンクから漏れた水が周辺の地下水とともに1号機擁壁の排水孔に流入したことで、貯蔵タンクに近い5番排水孔から昨年12月27日にはリットルあたり383万ベクレルのトリチウムが確認されている」とし「擁壁の集水槽に集まった地下水が雨水配管を通じて排出される過程で漏れ、隣接するWS-2観測井戸のトリチウム濃度がリットルあたり2万8200ベクレルにまで上昇したものと推定される」と説明した。

調査団はまた、環境団体などが提起した地下水を通じた原発敷地外へのトリチウム流出を確認するため、今月から敷地内で詳細な調査を行うことにしている。

詳細調査は、ボーリング孔を開けて地下水の流路を把握した後に、最新の地下水モデリング技法を用いて地下水内の放射性物質の拡散を評価するという方式で行われる予定だ。

調査団のホン・ソンゴル団長(ソウル大学建築学科教授)は、「(韓水原などのこれまでの調査結果の)報告書を見ると、外部流出はまだはっきりとあるとはいえず、今後5つほどのボーリング孔を開けて確認してみる」と述べた。


ハンギョレ新聞/2022-05-05 08:47
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/43357.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト