脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

歴史

【韓国】 73年前の今日、戦勝国の仲間入りをするため韓国に帰ってきた光復軍、汝矣島で再現

1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/18(土) 15:15:23.47 ID:CAP_USER
no title

no title

▲メディアファサードによる汝矣島公園のC-47機
no title

▲光復軍の少年役を担ったシム・ヒョンソ君
no title

▲日本軍が降参酒を注いぐパフォーマンス
no title

▲C-47機からおりて帰国するキム・グ先生

73年前の今日1945年8月18日。韓国光復軍挺進隊員、イ・ポムソク、キム・ジュンニョプ、ノ・ヌンソ、チャン・ジュナが汝矣島(ヨイド)飛行場(現汝矣島公園)に着陸したC-47輸送機から飛び降りた。戦勝国の仲間入りをするため、激しい戦闘を計画したからだった。

日王降参後も韓半島の日本軍は「まだ武装解除命令を受けていない」として持ちこたえた。彼らと対立した光復軍は米国OSS部隊(米CIAの前身)の引き止めで引き返さなければならなかった。到着24時間も過ぎない19日の明け方だった。

彼らは光復軍の名前で最初で最後に祖国に到着した4名になった。光復軍初の祖国帰還日を記念して去る17日夜、汝矣島公園ではC-47機胴体をスクリーンとみなして独立運動の一線を引く事件に光を当てたメディアファサード映像ショー「ある少年光復軍の飛行」が開かれた。

ソウル市は2015年から光復軍挺進隊が着陸した地点に実際C-47機を設置し展示館として使っている。今のところ国内唯一の大韓民国臨時政府記念館だ。久しぶりに涼しくて散歩に出た市民が集まった中、光復軍の帽子をかぶった一人の少年がC-47機の中に歩いて入り、アニメ上映が始まった。主人公の少年の顔は数百人の日本軍に対抗したキム・サンオク義士の顔を土台に作った。

少年を乗せた飛行機が時間を越えて到着したところは日帝強制支配期。少年は青山里戦闘現場で日本軍と戦い、ユン・ボンギル義士になって壇上に爆弾を投げる。安重根義士に変わって伊藤博文を狙撃したりもする。日本軍に捕まる危機にひんした少年をした飛行機が飛んできて乗せ、ゆうゆうと脱出する。時間旅行を終えて帰ってきた少年はC-47機のドアの前で名前を呼ぶ。

「キム・グ先生!キム・ギュシク先生!イ・シヨン先生!…」光復軍初の帰還3カ月後の1945年11月23日、C-47機に乗って金浦(キンポ)飛行場を通じて祖国に帰ってきたキム・グ先生と臨時政府要員15人の名前だ。この時、光復軍は「個人」の資格で帰還しなければならなかった。

少年が名前を呼ぶごとに独立活動家にふんした青少年がC-47機からおり、すぐに市民らは拍手して歓呼した。日本軍が独立活動家らに降参酒を注ぐパフォーマンスが続くとすぐに拍手の声はより大きくなった。

今回の行事を企画したソ・ヘソン3・1運動100周年ソウル市記念事業総監督は「光復軍4人が汝矣島飛行場に着陸した夜、日本軍の大佐がビールとサケを持って訪ねてきて「私たちが負けた」として降参酒を注いだという」として「チャン・ジュナ先生はこの時、生涯初めて酒を飲んだ」と紹介した。
(中略)

汝矣島公園では今週末(18~19日)ずっとハルビン義挙の主人公、安重根義士、虹口公園で爆弾を投擲した尹奉吉義士、韓国初の女性飛行士クォン・キオクなど独立運動義士・烈士らの話がアニメーションで上映される。

パク・チョロン記者

ソース:聯合ニュース(韓国語) 73年前今日光復軍が帰ってきた…短いが太い帰還汝矣島(ヨイド)で再現
http://m.yna.co.kr/kr/contents/?cid=AKR20180818017800004&site=0900000000

続きを読む

【韓国】 「慰安婦の日」記念ポスターをアップした女優まで攻撃する日本人~性奴隷動員は日本も認めているのに

1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/16(木) 22:41:30.01 ID:CAP_USER
no title


ソルリがSNSに「日本軍慰安婦被害者記念日」のポスターを掲載した後、日本ネチズンがソルリのSNSに集まって悪口の洗礼を降り注いだ。

「一生日本にこないよう願う」「日本で活動する韓国の芸能人の後輩も多いのに、この様な言及をするとは」等などの内容だった。これに反発した韓国ネチズンと日本ネチズンの舌戦でコメントが1万4000を越えたという。

日本ネチズンの姿勢は本当に理解し難い。ソルリは日本でどんな行事を行ったのでもなく、ただ自身のSNSにポスターイメージを上げただけだ。そのポスターには「日本軍慰安婦被害者ハルモニらに慰労と応援を送ります」という文句だけあった。どうしてこれを攻撃材料にできるのだろうか?

日帝が慰安婦(性奴隷)を動員したことは客観的な事実だ。なので日本政府もこれと関連して韓国政府と協議してお金まで出すと言ったのだ。それなら日本としては当然、被害者らに謝罪する態度を見せるべきだ。しかし、日本ネチズンらは謝罪どころかかえって関連ポスターを掲示した韓国芸能人をSNSにまで来て集団攻撃した。とうてい理解できないあきれた態度だ。

韓国のオーディション番組「プロデュース48」に出演している日本のアイドル、白間美瑠(シロマミル)はソルリがポスターを掲載した直後にソルリに対するSNSのフォローを切った。他のフォローはそのままでソルリのフォローのみ切ったので慰安婦問題のためではないか、疑われる状況だ。

もしそうなら日本のアイドルにまで侵略を正当化し被害者を敵視する認識が広がっていることを語る事例となる。

日本のあきれる態度は戦犯旗問題にもあらわれる。ロシア・ワールドカップ当時、日本応援団が戦犯旗を振り回し当然問題になった。これについて日本の東京スポーツは「旭日旗狩り、韓国だけで通じる戦犯旗の概念」とし、「韓国では日本の旭日旗を戦犯旗と呼んで日本侵略戦争の象徴と見ているが、難癖だ...韓国が日本を非難する時に使う「戦犯国」という言葉は国際通念上存在しない...戦犯旗という単語は韓国人の間だけで通じる新造語」と主張するコラム記事を出した。

社会指導層のこの様なあきれる認識が一般ネチズンにまで広がって、非人間的行為である侵略を正当化し被害者に再度加害を加える状況までになったのだ。同じ第二次大戦加害者のドイツと本当に克明に対比される姿だ。

問題は最も大きな被害者である私たちの態度だ。加害者がこのように厚かましいにもかかわらず、私たちだけ過去を忘れるようだ。いつも日本を旅行して日本に莫大な外貨を与える若者たちがますます増えている。放送では先を争って日本旅行地を紹介する。日本ブランド製品の好感度も大きい。繰り返し戦犯旗問題を起こす日本のファッションブランドが韓国で盛業中だということすら感じる。

日本の戦犯企業、右翼企業なども韓国で何の問題なしに人気を呼んでいる。これだから日本人たちが韓国を見くびるのも当然だ。日本は韓国の友邦で、重要な経済協力国だ。むやみに敵対視してはいけない。そうであっても歴史を忘れてはならない。

現在、彼らが侵略を正当化して私たちに第二次加害を加えている点も忘れてはならない。日本を正確に認識して冷静に対応しなければならない。

文/ハ・ジェグン文化評論家

ソース:デイリアン(韓国語) ソルリまで攻撃したあきれる日本人たち
https://dailian.co.kr/news/view/732720

関連スレ:【芸能】<美人女優ソルリ>またもや“お騒がせ”。SNSに「慰安婦の日」記念ポスター掲載で炎上!
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1534241916/

続きを読む

【靖国】 狂気に包まれた光復節の靖国神社…戦犯旗振り「戦争可能国」への改憲叫ぶ

1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/16(木) 23:12:46.35 ID:CAP_USER
no title

▲「日本は侵略・犯罪国家ではないぞ」
no title

▲右翼らの解放区、靖国神社…軍服を着た人々
no title

▲右翼らの解放区、靖国神社…翻る戦犯旗
no title

▲右翼らの解放区、靖国神社…光復節の靖国神社

韓国では奪われた祖国を取り戻したことを記念する光復節であり日本では日王が敗戦を宣言して戦争が終わったおことを記念する日、8月15日。毎年、この日、このように、A級戦犯らが合祀された日本東京千代田区の靖国神社は右翼の狂気に包まれる。

神社の入り口には日本が侵略国家、犯罪国家ではないと書かれたプラカードが参拝客らを喜ばせ、神社内外には戦犯旗の旭日旗があちこちで翻った。帝国主義時期の軍服を着た右翼らは頭を上にあげて闊歩した。

右翼らが吐き出す叫びは減らなかった。独島(ドクト)を竹島(日本が主張する独島の名称)と言い、自分たちの領土と広報することに熱を上げ、改憲を通じて日本を戦争できる国家に変えなければならない、という恐ろしい話を普通にした。

右翼らはすでに靖国神社から300~400メートル離れた地下鉄の九段下駅から狂気を思う存分表わした。

歪曲教科書を作るのに先頭に立つ「新しい歴史教科書を作る会」会員たちは過去の教育への回帰を叫び、改憲団体らは「帝国主義時期の大日本帝国憲法を復元せよ」として印刷物を配布した。

通りのあちこちには「国家国民のために戦った日本人を侮辱するな」という様に帝国主義戦争を美化するスローガンが掲げられ「南京虐殺犠牲者はなかった」として遠慮なく歴史を歪曲する声も聞こえた。拉致被害者の写真を掲げて自衛権を行使するとし、戦争をそそのかす極右らも闊歩した。

安倍晋三総理と自民党が改憲に拍車をかけている状況でこの日、靖国神社では唯一改憲を主張する声が多く聞こえた。メガホンを持った男性は「戦後、今のように改憲の雰囲気が高いのは初めてだ」と喉がかれた声で叫んだ。

スローガンが乱舞する騒々しい道に従って靖国神社領内に入るとすぐに軍服を着て長銃を持った老人たちが挙手敬礼をしていた。自身を92才だと明らかにしたある老人は厳粛な表情で道行く人らを叱った。平和憲法を守ろうとする人々を「平和バカ」とののしった彼は「直ちに憲法をやり直せ」と大声を出した。

軍服を着た男性の集団は参拝客のすぐそばに立って安倍総理が直接靖国神社に参拝しなければなければならないと声を高めた。男性は「安倍総理はここにきて正々当々と前に立ち、もし戦争が起きれば再び負けないと決意を誓わなければならない」と叫んだ。

この日、記者が靖国神社に行った午前11時頃、参拝のために列をつくった人々は600~700人にもなった。一行に10余人ずつ並んだ参拝客が作った列は100メートルを遥かに越えた。神社内には軍服を着て日章旗を振り改憲と戦争を叫ぶ右翼らが闊歩したが、大部分の参拝客は日本の遊園地や街道で容易に見られる平凡な市民らだった。極右らの叫びが「普通」の日本人の間にも入り込んだのだ。

最近会ったある日本人弁護士の話を思い浮かべた。靖国神社合祀取り消し訴訟を行う韓国遺族たちの日本訴訟を助ける彼は「大部分の日本人は靖国と関係ない生活を送っているが、そこがどんな場所か知らずに行く人々も多い」として「実状を若者たちに知らせることが重要な課題だ」と惜しんだ。

靖国神社に参拝する日本人たちはここが戦争で亡くなった人々を賛える場所だと強調するが、記者がこの日見て回わった靖国神社は「戦争可能な日本」を懐かしがる右翼らの解放区であった。
(後略)

キム・ビョンギュ特派員

ソース:聯合ニュース(韓国語) [ルポ]狂気包まれた光復節靖国…戦犯旗揺さぶって「戦争可能国改憲「
http://www.yonhapnews.co.kr/international/2018/08/15/0601010000AKR20180815042500073.HTML

関連スレ:【靖国】 敗戦日に見た靖国神社の二つの姿~日王万歳を叫ぶ右翼団体と平和を祈って鳩を飛ばす人々(写真)[08/15]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1534306233/

続きを読む

【韓国】 世界がうらやみ驚嘆する奇跡の大韓民国70年史、だれが消そうとしているのか/朝鮮日報社説

1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/16(木) 22:04:52.05 ID:CAP_USER
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領は昨日の第73回光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)記念行事の際に行った演説で「政府樹立70周年を迎えた今日、大韓民国は世界に誇れる国になった」「第2次大戦以降、植民地から解放された国の中で我が国のように経済成長と民主主義発展に同時に成功した国はない」などと述べた。

 どれも間違ってはいない。韓国政府樹立当時、1人あたり国内総生産(GDP)はアフリカの最貧国以下だったが、今やそれが3万ドル(約330万円)を目前に控えた世界第12位の経済大国へと成長した。ほぼ無きに等しかった輸出額も昨年は5737億ドル(約64兆円)と世界6位になった。いずれも分断と戦争の廃墟を乗り越えて成し遂げた成果だ。何の基盤もなかった発展途上国、被支配国がここまで発展したケースは世界の歴史をみても前例がなく、まさに奇跡と呼ぶにふさわしい。

 この奇跡の出発点となったのは、70年前に自由民主主義と市場経済を選択した大韓民国政府の発足にあった。当時、もし共産主義を選択していれば、韓国は今どうなっていたか想像もできない。ところが最近になって「70年前に自由民主主義と市場経済ではなく別の道を、また韓米同盟ではない他の道を選択すべきだった」などと主張する勢力が大韓民国発展の歴史を意図的に消し去ろうとしている。

 ある大統領は大韓民国建国の歴史を「正義が敗北し、機会主義が力を持った歴史」などと主張し、また全国教職員労働組合(全教組)は政府を樹立した初代大統領と漢江の奇跡を成し遂げた大統領を「米国のかいらい、操り人形」「親日派」などと侮辱する動画を幼い児童生徒たちに、しかも授業時間に見せている。今の政府も教科書から大韓民国に繁栄をもたらした「自由民主主義」を消し去ろうとしており、また「韓半島(朝鮮半島)における合法的な政府」という言葉はすでに削除した。

 大統領による今回の祝辞もあくまで形だけのものに過ぎず、実際は現政権が政府樹立70周年を祝うことなど関心がないくらい今や誰もが知っている。国会が昨年末に確保した政府樹立70周年を記念するための予算30億ウォン(約2億9000万円)は、先月の国務会議(閣議に相当)で半分の15億ウォン(約1億5000万円)に減らされ、その減らされた分は大統領自ら進める「3・1運動および大韓民国臨時政府樹立100周年記念事業推進委員会」の活動費となった。今の大韓民国は1919年の臨時政府から始まり、1948年に政府樹立として結実した。大切で貴重な歴史だ。ところが今の政権は偏狭な民衆史観に陥り、1948年の政府樹立を国民の記憶から力尽くで消し去ろうとしている。

 昨日の記念行事も毎年行われてきた光復節記念行事に「政府樹立70周年」を枝葉のように付け加えたものに過ぎない。MBC放送はその中継の際「第73周年光復節慶祝式」と字幕に映し出したが、これは「政府樹立70周年」を前面に出したくない現政権への忖度だった。大統領の祝辞にも「建国の父」たちに対する感謝の言葉は一言もなかった。今年は政府樹立70年という節目の年だが、李承晩(イ・スンマン)という初代大統領の名前は祝辞のどこにも出てこなかった。国の基盤を立て、戦争を克服し、米国が強く反対していた韓米同盟を成立させた李承晩という人物なしに、大韓民国の奇跡は果たして可能だっただろうか。

 今年は大韓民国国軍設立から70年でもある。しかし大統領府における行事の企画担当者自ら国軍の日記念行事を大幅に縮小し、その縮小した分は芸能ショーに変更するという。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長のご機嫌を取るためとは言え、南侵に対抗して数十万人の死傷者を出しながら国を守った軍隊に対する最低限の配慮もそこにはみられない。

 これとは対照的に金正恩氏は今年の新年辞で「自国の創建70年を盛大に祝うのは本当に意義深いこと」と述べた。住民を奴隷として踏みにじるのが北朝鮮の政権だ。本当に存在すべきでないこの北朝鮮政権では、来月9日に自分たちの誕生を盛大に祝う大規模軍事パレードの準備に大忙しだという。これでは世界がうらやみ驚嘆する大韓民国政府の誕生は完全に脇役だ。皮肉と言ってもこれほどの皮肉があるだろうか。

ソース:朝鮮日報/朝鮮日報日本語版【社説】奇跡の大韓民国70年史、だれが消そうとしているのか
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/16/2018081600832.html

続きを読む

【国内】 韓国メディアが北海道の近代化産業遺産を「歴史美化」と指摘=ネットも「日本は反省すべき」

1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/15(水) 00:14:58.20 ID:CAP_USER
2018年8月13日、韓国・KBSは「日本政府が強制徴用の事実を隠し、歴史を美化している」と指摘した。

日本の経済産業省は2007年、北海道にある旧三菱美唄炭鉱施設を近代化産業遺産に登録した。現在は一部が整備され、かつての炭鉱の様子を学べる公園となっている。

同公園について、記事は「どこを見ても強制徴用についての説明がなく、日本は歴史を美化している」と指摘。同炭鉱について、「太平洋戦争末期に約20万人の朝鮮半島出身者が北海道の炭鉱に強制徴用され、そのうち数百人が爆発事故などで死亡した」と伝えている。また、「1941年に起きた大規模な爆発では32人の朝鮮半島出身者が死亡したが、生存者の確認をせずに水がまかれたため、水死した人もいた。44年のガス爆発事故では107人が死亡し、そのうちの71人が朝鮮半島出身者だったが、彼らは脱出の方法を教わっていなかったために犠牲になった」などと説明している。

この報道に、韓国のネットユーザーからも「日本は反省すべき」「なぜ歴史を認めることができない?」「日本は歴史を隠すだけでなく歪曲(わいきょく)している」「日本政府に良心はないのだろうか?」「日本車を買い、日本旅行に行く若者たちは、この事実を知っているのだろうか?」などと指摘する声が上がっている。

また、「私の祖父も日本に連れて行かれて犠牲となったけど、遺骨は今も見つかっていない」と訴える声や、「韓国政府は遺憾の意を示すだけではなく、確実に厳しく対応するべき」と主張する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

ソース:レコードチャイナ<韓国メディアが北海道の近代化産業遺産を「歴史美化」と指摘=ネットも「日本は反省すべき」>
https://www.recordchina.co.jp/b634209-s0-c30-d0058.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト