脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

歴史

【京郷新聞】「日本人は韓国人をどう眺めているか」・・・<かなり前の『この日』10月18日>

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/10/18(金) 10:36:28.79 ID:CAP_USER
1959年から2009年まで、10年ごとに京郷新聞の同じ日の報道を見るコーナーです。毎日アップデートします。

(え)
no title

____________________________________________________________

■ 1999年10月18日、日本人たちが眺める韓国のイメージの変化

日本の輸出規制に触発された韓日関係の悪化が長期化しています。

最近まで活発な文化や観光交流で近づいていた韓国と日本は、支持層の結集を狙った安倍の経済挑発によって再度遠ざかることになりました。

両国の間に冷ややかな空気が流れ続ける中、20年前の記事が目に付きます。

1999年10月18日付の京郷新聞では、当時東京都立大学の鄭大均(チョン・テギュン)教授が書いた『日本人は韓国をどう眺めているか』という本を通じて、日本人たちが持っている韓国に対するイメージの変化を垣間見ました。一緒に見ましょう。

(京郷新聞1999年10月18日付22面)
no title


この本は1945年から1994年まで日本で刊行された紙誌の記事や学術論文などを基に、日本人の韓国のイメージの変化を考察した本です。

著者の鄭大均教授は日本の岩手県で生まれた韓国人2世で、立教大学を卒業して米国のUCLAで研修した後、我が国に来て啓明(ケミョン)大学校の副教授(准教授)として7年間在職しました。

「隣接した2国間でフランスとイギリスほど頻繁に争い、頻繁な交流をしてきた国はないだろう。両国の関係で発見できる特徴の一つは、相手に対する根深い無知だ」

記事ではイギリスのアカデミー会員であるリチャード・ウェーバーの発言を、当時の韓日関係を表す言葉として引用しました。

鄭教授は、「韓日関係は “断絶の時代” から “一方通行の時代” を経て、“交流の時代” に繋がった」と分析しました。

記事を見れば、当時の日本人たちが韓国について持っているイメージが、どれほど否定的だったかに驚かされます。

「 “断絶の時代” は1949年から1965年までで、日本人の韓国に対するイメージは蔑視に近かった。これは1960年に人類学者の我妻洋が東京住民を対象に実施した世論調査で、韓国人に対するイメージと関連して選択された語彙が、『不潔』、『狡猾』、『卑屈』などが圧倒的に出ていることからも確認できる」

本によれば、 『一方通行の時代(1966年~1984年)』でも、日本人たちが韓国に対して持っていたイメージは、『集団的』、『閉鎖的』、『非民主的』など否定的でした。

『交流の時代(1985年以降)』に入り、日本人たちは韓国と韓国文化に対する関心と好感を表し始めたが、相変わらず『魅力のない国』、『学ぶことのない国』という意識が支配的でした。

記事では、「韓国に対する日本人の感情は “嫌悪と蔑視” 、“憐憫と同情” 、“好感と親密感” などが共存していて、このような否定性と肯定性は時代相和によって、どちらか片方に容易に傾く」と付け加えました。

日本のこのような韓国に対する認識は、20年過ぎた今も変わらないのでしょうか。

最近の対立状況の間に、日本の政財界上層部の関係者とメディアが吐き出した『嫌韓』発言が、20年前のこの記事に表現された否定的表現と非常に類似していることに、改めて驚かされます。

東京の大型書店に『嫌韓書籍コーナー』が特別に用意されていて、今も新刊が発行されているという事実は、依然として過去に留まっている日本の現在を表しているようで残念でもあります。

>> 関連記事<特派員コラム>『韓国叩き』の構造
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201908271556001&code=990334
>> 関連記事<キム・ジンウの東京レポート>「日本すごくて」論の艦艇
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201904231551001&code=970203

日本は韓国が過去史に対する真の謝罪を要求する度に、「過去から抜け出せ」と言います。

過去から抜け出せていないのはどちらでしょうか?

ソース:京郷新聞(韓国語)
http://h2.khan.co.kr/201910180016001

3: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/10/18(金) 10:39:53.55 ID:CAP_USER
【訂正】
× 関連記事<キム・ジンウの東京レポート>「日本すごくて」論の艦艇
○ 関連記事<キム・ジンウの東京レポート>「日本すごい」論の落とし穴

続きを読む

【韓国MBC】日本の文藝春秋が『反日種族主義』の翻訳版を11月14日に出版

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/10/12(土) 09:58:23.79 ID:CAP_USER
(写真)
no title


親日物議を醸したイ・ヨンフン元ソウル大学教授の書籍、『反日種族主義』の日本語翻訳版が来月14日に出版されると日本の月刊誌、『文藝春秋』が明らかにしました。

文藝春秋は11月号で、「翻訳版のタイトルは “反日種族主義、日韓危機の根源” で、韓国人が壮大な自己批判を試みた本なので、一読する価値がある」と主張しました。

また、「これまで韓国社会で強調してきた日本の植民地収奪と抵抗に関する歴史教育に立ち向かい、著者は日帝強占期に韓国が開発・成長したという、“植民地近代化論” の公論化を試みている」と明らかにしました。

文藝春秋はまた、慰安婦と強制徴用問題に関連して、「韓国で定説として受け入れられている慰安婦20万強制動員説が捏造されたという証拠と、独島(トクド)が韓国の地という主張に対する実証的批判などが盛り込まれた」と付け加えて紹介しました。

ソース:MBC(韓国語)
http://imnews.imbc.com/news/2019/world/article/5541542_24712.html

続きを読む

中華人民共和国、大韓民国、大日本帝国←なんで東アジアンってこんな思い上がってしまうんだろう?

1: バブルマン(茸) [HK] 2019/10/10(木) 12:26:51.95 ID:fM46i9+G0● BE:298176652-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/cinara.gif
はずかシィよね

続きを読む

【韓国】教育現場から出始めた歴史の真実…「日本は植民地時代、血税で学校やダムを作った。投資はしたが、収奪はしなかった」

1: ニライカナイφ ★ 2019/10/11(金) 13:18:41.38 ID:CAP_USER
◆ 韓国の教育現場から次々と出始めた『歴史の真実』…今度は江南大学教授「日本は、ここに学校も消防署も建て、ダムも作った。
 すべて日本人たちの血税で作ったのです…朝鮮半島から日本に渡った資金は、たった1ウォンもありません」「日本の神風特攻隊に感動し涙した」

■ 「神風に感動」…大学街に深く入り込む「親日暴言」議論 2019.10.05|9:04

首都圏のある大学教授が、日本の侵略の歴史を歪曲した講義で学生たちの反発を買ったことが確認されました。
講義で日本の植民地支配を美化し、帝国主義の象徴である神風特攻隊については、感動を受け、涙まで流したと話したことが把握されました。
ユ・ソンウィ記者が直接講義を聞いてみました。

(記者)
先月25日、江南大学のソ某教授の講義です。
朝鮮を植民地支配したことで日本は損をしたと主張しています。

ソ某教授|江南大経済税務学科
「ここに学校も消防署も建て、ダムも作ったり。すべて日本人たちの血税で作ったのです。
36年の間、朝鮮半島から日本に渡った資金は、たった1ウォンもありません。
日本の立場で見れば、とんでもなく馬鹿なことをしたのであって。投資だけたくさんして回収できなかったから」

むしろ我々の教科書が歴史を歪曲しているということです。

ソ某教授|江南大経済税務学科
「韓国の教科書がひどくいたずらをしたことは何かと言えば、日本が米を収奪していった。
皆さん、収奪ということは、奪っていったということです。よく聞いてください。
日本は植民地時代、一度も米を収奪したことはありません。米を輸入したのであって」

日本の帝国主義の象徴である自殺特攻隊、神風も美化します。

ソ某教授|江南大経済税務学科
「神風特攻隊の基地に行ってみました。遺書があり、それを読んだ人はみんな泣いていた。涙が出た。遺書を書き、次の日に出撃する」

学生たちは専攻授業なので反発するのは難しかったと言いました。

ソ某教授の講義受講生
「近代金融について説明をし始めてから親日妄言をし始めたんですけど、それが3週間の講義の間、ずっと…」

今週、取材陣が直接、ソ教授の講義を聞いてみました。

ソ某教授|江南大経済税務学科
「(日本は)植民地の賠償金も与える必要がない。戦争賠償金も与える必要がない。請求権はどうなるの?日本が受け取るものの方がはるかに多い」

「援助」に見せかけた日本の借款を親の支援と比喩します。

ソ某教授|江南大経済税務学科
「皆さんも同じです。皆さんが大学を卒業して健全な社会人になるまで、皆さんのご両親の強力な無償援助があるからです」

イム・ジス記者です。

(記者)
「反日種族主義」の著者であるイ・ヨンフン元ソウル大学教授のYouTube映像です。

李栄薫|元ソウル大教授
「私娼街の女性たちを娼女や売春婦などと呼んでいたが、さらに高級な「慰安婦」という用語で定義したものであり…」

「慰安婦は事実上、売春婦だった」というリュ・ソクチュン延世大学教授の妄言を擁護し、荒唐無稽な主張も展開します。

李栄薫|元ソウル大教授
「日本軍慰安婦と1950~1960年代の韓国の民間慰安婦や米軍の慰安婦のどちらがさらに良かったでしょうか?正直に答えてみましょう」

むしろ、リュ教授を問題視して、メディアに情報提供した延世大学の学生を非難します。

ホン・ジヨン記者です。

(記者)
「私自ら親日派と何度も公言した」「今は親日が愛国だ」「日本人から愛されている象徴、旭日旗を戦犯旗と侮辱するのはあり得ないことだ」

JTBCの報道で伝えられた文化体育観光部のハン局長の「親日暴言」議論。
文体部は今月1日、ハン局長を罷免しました。

ハン局長は論争当時「フェイスブックにコメントを掲載したのは私的な活動ではなかったし、感情的で無分別な反日扇動は良くない」という趣旨で釈明しました。
罷免決定が下された後は「反日扇動と原発廃棄は駄目だ」という話をしただけだと立場を明らかにしてます。

動画:https://youtu.be/xg9zF4qbbGM



☆記事内容を一部引用しました。全文はソースでご覧下さい
https://anonymous-post.mobi/archives/14536
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=001&oid=437&aid=0000221195&lfrom=twitter&spi_ref=m_news_twitter

続きを読む

【韓国歴史教科書】 慰安婦、徴用工問題についての記述内容は?

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/10/08(火) 17:45:43.77 ID:CAP_USER
no title


日韓外交でたびたび火種となるのが両国の歴史認識の相違だが、その根源を探るため、韓国の最新歴史教科書を見ていこう。

 日韓関係悪化の要因の一つになった慰安婦問題の記述はどうか。中学の教科書『歴史』(志学社)には、「癒えない傷、日本軍『慰安婦』の記憶」と題されたコラムが掲載されている。

〈日帝は数多くの韓国女性を慰安婦として強制的に連れて行き非人間的な奴隷生活を強要する、倫理に反する犯罪をした。生き残った女性たちはひどい記憶で生涯を苦痛の中で過ごしている。(中略)日本は現在でも真相解明や責任者処罰等を要求する慰安婦たちの要求を聞き入れず、国際社会の非難を浴びている〉

 日韓外交のもうひとつの火種となった徴用工問題についてはこうある。

〈日帝統治時代、70万人の朝鮮人が強制的に日本に連行された。初期は自由募集だったが、徐々に強制的な動員になっていった。軍隊、行政が関与した〉(『高等学校 韓国史』東亜出版)

 いずれも日本側は軍による強制連行を否定しているが、それについての言及はない。韓国の教科書事情に精通する韓国人作家の崔碩栄氏が解説する。

「軍による強制性を含め、日韓双方の主張が対立する歴史問題は、基本的に韓国側の主張のみ記載される。両論併記されることはありません」

 前出の中学『歴史』では、日本の植民地統治下の皇民化政策の解説で、〈日本式姓名の強要〉と題したコラムを掲載し、創氏改名を拒んだ場合の罰則について説明する。

〈日本式に姓名を変えない子供は各級学校の入学と進学を拒否する/児童たちを理由なく叱責・虐待し、児童たちの懇願で父母たちが日本式に姓名を変えるよう強制する/日本式に姓名を直さない人間は総督府関係機関に一切採用せず、現職も解く措置をする〉

 それぞれの教育の土台の違いを知ることこそが、相互理解の第一歩になり得る。

※週刊ポスト2019年10月18・25日号

https://www.news-postseven.com/archives/20191008_1465494.html
NEWSポストセブン 2019.10.08 16:00  週刊ポスト

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト