脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

歴史

【慰安婦問題】 映画『主戦場』~日本軍慰安婦被害者は20万人だったか?強制連行はあったのか?性奴隷被害者だったのか?

1: 蚯蚓φ ★ 2019/04/19(金) 13:57:55.82 ID:CAP_USER
no title

▲4日、映画『主戦場』を撮ったミキ・デザキ氏が、日本外国特派員協会(FCCJ)で開かれた試写会に参加し写真を撮っている=チョ・ギウォン記者//ハンギョレ新聞社

 日本の一部劇場で日本軍慰安婦被害を扱ったドキュメンタリー映画『主戦場』が20日から上映を始める。映画では、不快に聞こえるような話が正面から出てくる。日本の右翼のインタビューが、この映画で多数紹介される。「LGBT(レズビアン、ゲイ、両性愛者、トランスジェンダー)カップルのために税金を使うことが賛同を得られるか。彼らは子どもを作ることもできない。生産性がない」という発言で物議をかもした杉田水脈・自民党議員、『儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇』という本を書いたアメリカ人弁護士ケント・ギルバートらが登場する。彼らは、慰安婦制度には問題がなかったという趣旨の主張をする。

 もちろん右翼ばかりが映画に登場するわけではない。日本国内の慰安婦被害問題研究の権威者と言われる吉見義明・中央大教授とユン・ミヒャン正義記憶連帯代表、1991年に日本軍慰安婦被害証言者の故キム・ハクスンさんの記事を報道した植村隆・元朝日新聞記者もインタビューした。

 両側の陣営を合わせて30人余りが出演する。映画は慰安婦被害問題に対して、タイトル通り戦争のように討論する形式を取る。全体的には右翼の主張に同調する内容の映画ではない。むしろ右翼が主張する部分に逐一食い込んで、どんな部分が誤りなのかを見せる内容が多い。ただし、慰安婦被害問題を提起する過程で、明確な根拠を見つけがたい被害者の数などが右翼の攻撃の口実になりうるという点を示唆する。

 映画を撮った人は、日系米国人のミキ・デザキ氏(36)だ。日本で英語教師の仕事をした彼は「日本の人種差別」という映像をインターネットに載せ、右翼の攻撃を受けた。それを契機に慰安婦被害問題に対しても関心を持つことになり、今回初めて映画製作にまで乗り出した。ミキ・デザキ氏本人がナレーションを務め、2時間の映画をリードしていく。ミキ・デザキ氏は、この映画を初めから教育用映画と考えて作ったという。「争点を明確に比較する映画を作りたかった」として「米国的基準で見れば、この映画はスローで娯楽的要素も弱い」と話した。

 彼は4日、日本外国特派員協会(FCCJ)で開かれた試写会に参加して「初めに保守派の人々を取材して、私が事実だと理解していることに対して疑うようになり、問い直すことになった。感情が揺れ動いた。編集段階で初めて揺らぎない考えに到達した」と話した。

 翌日の5日に再び会った彼は、慰安婦被害問題は人権問題だという点を強調した。「映画の後半部には慰安婦被害者の映像が出てこない。双方が互いに自分の便宜に合わせて写真を使った。右派は慰安婦が笑っている姿を、反対側はみじめな状況が撮られた写真を使った。国際法の性奴隷規定に合わせて、慰安婦問題を見なければならない」と話した。慰安婦が処した多様な状況のうち、一部だけを抜き出して強調すれば、問題の本質である人権問題に到達できないという話だ。

 映画には、太平洋戦争でA級戦犯容疑者だったが、戦後に首相にまでなった岸信介と、岸の外孫である安倍晋三首相、そして安倍内閣の閣僚の大部分に関連がある右翼団体「日本会議」を紹介する内容も出てくる。ミキ・デザキ氏は「慰安婦問題の映画だが、(日本が)なぜこの問題を沈黙させようとしたのかも映画の大きなテーマだった。そのためにつながっている部分はすべて調査した」と話した。慰安婦被害問題に対してどれだけ知っているかを問い直させる映画だ。

チョ・ギウォン東京特派員
http://www.hani.co.kr/arti/opinion/column/890571.html
韓国語原文入力:2019-04-18 18:55訳J.S

ソース:ハンギョレ新聞日本語版<[特派員コラム]映画『主戦場』>
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/33274.html

続きを読む

【韓国】『被害者』から『闘士』に・・・慰安婦ハルモニ30年の歴史

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/04/20(土) 11:42:49.55 ID:CAP_USER
(動画=Youtube )
https://www.youtube.com/watch?v=RJJJ0cE-cnI



<アンカー>
半世紀の沈黙を破って立ち上がった慰安婦ハルモニ(お婆さん)15人の闘争記を盛り込んだ映画、『チムムク(沈黙)』が、ワシントンで上映されました。

日本政府の謝罪を要求し、戦争被害者から闘士に生まれかわったハルモニの闘争記を在日僑胞の監督が30年間記録した歴史の証言です。共有しましよう。

ワシントンからソ・ジヨン特派員の報道です。

<レポート>
1994年、日本・東京。

慰安婦ハルモニたちが日帝の蛮行を糾弾するため、半世紀の沈黙を破って声を出し始めました。

「殴ったり蹴ったり・・・、もう死んでも身動きができないように・・・」

日本政府を相手に戦った慰安婦ハルモニたちの闘争記を盛り込んだ映画、『チムムク(沈黙)』のワンシーンです。

在日僑胞の朴壽南(パク・スナム)監督が、30年にわたって撮影した鮮明な記録です。

2017年に日本で公開された後、1年半経ってニューヨークやワシントンなど、アメリカの主要都市で公開されました。

1980年代に慰安婦被害者として自分の存在を示したペ・ボンギさんをかわきりに、韓国と日本を行き来して苦闘を共にした被害者15人の証言は、現地の人々に大きな反響を残しました。

<レイチェル・ブラウン(大学生)>
「このような酷い経験をしたお婆さんが泣き叫ぶ姿を見て、胸が詰まりました」

<ジェイコブ(大学生)>
「私たちにこのような話を聞かせてくれて感謝します」

映画『チムムク(沈黙)』の公開の道のりは順調ではありませんでした。

一部の日本の右翼団体が上映会場に訪れて暴れ、弁護士140人余りが右翼団体の上映会場への接近を制限する仮処分決定を受けたりしました。

<パク・マウィ(映画のプロデューサー)>
「日本の社会では慰安婦被害者に対する理解ではなく、それを歪曲して真実ではないという声がますます高まって・・・」

<アリラン・・・>

慰安婦被害者ハルモニたちの終わらない闘争は続いています。

ワシントンからKBSニュース、ソ・ジヨンでした。

ソース:NAVER/KBS(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=104&oid=056&aid=0010693358

続きを読む

【ハンギョレ新聞】 「臨時政府100年」 価値守る戦いはまだ進行中である

1: 荒波φ ★ 2019/04/11(木) 09:45:14.29 ID:CAP_USER
1942年10月、重慶で構成された臨時政府の第34回臨時議政院記念写真。左右を網羅した統合議会を構成した=ハンギョレ資料写真//ハンギョレ新聞社
no title


■1919年憲法「主権は国民全体に在る」 
■日本に対抗した闘争、“ろうそく”精神につながる 
■臨時政府の正当性否定する動きが露わになることを懸念する 

日本帝国主義に対抗し、中国上海で大韓民国臨時政府を樹立してから11日でちょうど100年となる。奪われた国を取り戻そうと、異域万里で艱難辛苦を乗り越え、抗日独立闘争を行った多くの先烈たちの労苦に、襟を正さずにはいられない。彼らの献身と犠牲で、大韓民国は世界に恥ずかしくない経済・文化強国に成長した。

しかし、新しい100年を迎える私たちには、上海臨時政府が成し遂げようとした未完の課題がまだ残っている。朝鮮半島の平和と統一の夢、そして「主権は国民に在る」という民主共和政の原則を振り返り、大韓民国臨時政府の現在の意味を再び問う。

上海臨時政府の志向と精神は1919年4月11日、臨時議政院が制定し、補完して同年11月に正式に公布した「臨時政府憲法」によく表れている。8章58条で構成された臨時政府の憲法の第1条と第2条は、「大韓民国は大韓の人民で組織し、大韓民国の主権は大韓人民全体に在る」と規定している。

映画「弁護人」で、1千万観客の心に響いた「大韓民国憲法第1条第2項、大韓民国の主権は国民に在り、全ての権力は国民に由来する」という俳優ソン・ガンホ氏のセリフが、100年前の臨時政府憲法にそのまま込められていたのだ。

2016年国民を裏切った大統領を弾劾した広場のろうそくたちが叫んだ「主権在民」の精神が、臨時政府から発源して解放以来受け継がれてきたという事実が、今私たちに与える意味は特別だ。

まさにその点において、上海臨時政府が大韓民国政府の正統性の始まりであり、韓国社会を導いてきた原動力であることはあまりにも明白で、異論の余地がない。

にもかかわらず、約10年前から、ニューライトをはじめ保守の一部で、臨時政府系統を否定して1948年8月15日の韓国単独政府樹立日を「建国節」に昇格しようと主張するのは、容認しがたい。

抗日闘争と民主主義の価値を埋没し、ひたすら「左翼に対する右翼の闘争」だけを浮き彫りにする歪んだ行動と言わざるを得ない。臨時政府樹立100周年が、そのような誤った歴史認識を正し、国民分裂を克服していくきっかけになることを切に願っている。

「臨時政府」は100年の歳月を超えて、今この瞬間、韓国社会の真ん中を貫通している。金九(キム・グ)先生をはじめ、臨時政府の要人が感激の帰国をした後、南北統合政府の樹立に努めたのは、朝鮮半島の平和と統一に向けた今日の努力と相通じるものがある。

また、最近、第1野党の自由韓国党院内代表の口から「反民特委が国民を分裂させた」という主張が公然と出ている現実は、解放直後、親日派の温存とこれに基づいた独裁勢力の跋扈(ばっこ)を思い起こさせる。

臨時政府が追求した「主権在民」の価値は依然として危うい崖の上に立たされている。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が明らかにした「反則と特権の時代の終息」が今韓国の課題になるのも同じ脈絡だろう。

100年前の胎動した大韓民国臨時政府は、過ぎた過去や化石化された歴史ではない。その価値を守ろうとする戦いは2019年4月にも現在進行形である。


2019-04-11 09:23
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/33218.html

続きを読む

【中央日報】 紙幣人物遺憾 渋沢栄一が大韓帝国の経済浸透を先導したため韓国としてはあまり愉快でない

1: 荒波φ ★ 2019/04/11(木) 09:56:00.31 ID:CAP_USER
国の最初の象徴が国旗ならば2番目は紙幣だ。だれでも毎日使い外国人も最初に接し人々にはなじみ深い。国ごとに紙幣デザインを総合芸術と考え、国のアイデンティティと歴史・文化を盛り込むのに心血を注ぐ理由だ。

※米英の紙幣の説明(割愛)

中国は1999年に紙幣の図案を全面改編しすべての紙幣の表面を毛沢東の肖像が独占することになった。それまでの旧100元札に毛沢東と建国の主役の横顔を入れ、少数民族の肖像を入れたのと対照的だ。旧2角札には朝鮮族の肖像もあった。

一昨日日本政府が1万円札に渋沢栄一(1840~1931)を採用するなど紙幣の人物を全面改編すると発表して議論を呼んでいる。渋沢は第一国立銀行、東京証券取引所、東京ガスなど多くの機関・企業を設立し「日本経済の父」と呼ばれる。

日本では称えられるだろうが韓国としてはあまり愉快でない。彼が大韓帝国の近代貨幣発行、鉄道敷設、京城電気(韓国電力の前身)を通じて経済浸透を先導したためだ。日本は既存紙幣も明治時代(1868~1912)の人物だ。中国の紙幣の毛沢東一色のように日本指導層の精神的背景を読み取れる。

これに対し韓国の紙幣の人物は「朝鮮前期に、李氏の姓を持つ男性」が大多数だ。退渓、栗谷ら性理学者が代表人物なのか疑問で、申師任堂と栗谷のように世界で唯一母子が紙幣の人物も首をかしげさせる。

議論が多いリデノミネーション(通貨単位切り下げ)はすぐには難しくても紙幣の図案は変える時になった。人物から多様化し、大韓民国が成し遂げた成就を盛り込む必要がある。まず偉人の功よりは過を暴きすべての議論がブラックホールのように政治論争化する社会の雰囲気から刷新すべきだが…。


2019年04月11日09時36分 [韓国経済新聞/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/230/252230.html?servcode=100&sectcode=120

続きを読む

【関係改善を望むなら歴史を学べ】安倍首相が日韓関係に懸念「適切な対応を」=韓国ネット反論「原因は日本」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/04/09(火) 17:43:38.45 ID:CAP_USER
2019年4月8日、韓国・ニューシスは日本メディアの報道を引用し「安倍晋三首相が李洙勲(イ・スフン)駐日大使に日韓関係に対する懸念を伝えた」と報じた。

報道によると、安倍首相は同日、離任のあいさつをするため首相官邸を訪れた李大使と面会した。安倍首相は李大使にねぎらいの言葉をかけた後、徴用工問題などで悪化する日韓関係に懸念を示し、韓国政府に適切な対応を求めたという。これに対し李大使は「本国に伝える」と応じたという。

これを受け、韓国のネットユーザーからも「日本を好きでも嫌いでも、協力はするべき」「過去の歴史を忘れてはならないけど、なぜ現在が過去に縛られ、未来まで壊そうとするのか分からない」「改善させてほしいけど、文大統領は柔軟性がないからな」など日韓関係の改善を望む声が上がっている。

一方で「関係悪化を懸念するなら、子どもたちに正しい歴史を教えて」「関係改善を望むなら歴史を学べばいい。自業自得だよ。韓国のしていることは反日ではなく、国を守るために当然の行動」など、関係悪化の原因は「日本にある」と指摘する声も多く、李大使に「安倍首相の態度に問題があるとなぜ言えなかった?」「韓国政府の方針を伝え、反論すべきだった」と訴える声も上がっている。(翻訳・編集/堂本)

https://www.recordchina.co.jp/b700554-s0-c10-d0058.html
Record China 2019/04/09 15:10

関連
【聯合ニュース】安倍首相 離任の韓国大使に徴用工問題への「適切な対応」要求 山火事について被災者にお見舞いのメッセージ伝達[4/8]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1554722453/

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト