脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

経済

【日本製品不買運動】 韓国トヨタ 営業利益が半分に

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/07/13(月) 20:35:08.80 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国でのトヨタ自動車と同社の高級車ブランド「レクサス」の売上高が減少した。
日本政府による昨年7月の対韓輸出規制強化を受け、韓国で日本製品の不買運動が広がったことが影響した。

韓国トヨタ自動車が13日に公表した監査報告書によると、2020年3月期通期(19年4月~20年3月)の売上高は
7980億ウォン(約710億円)で前期比33.4%減少した。

営業利益は331億9000万ウォンで同51.4%減だった。純利益は509億8000万ウォンから219億6000万ウォンに減った。
ただ、トヨタはホンダや日産自動車に比べ善戦している。ホンダコリアは営業利益が前年比90%減少し、日産は韓国市場からの撤退を決めた。

韓国トヨタは今年、日本本社に219億6000万ウォンを配当する。
18年と16年は無配当だったが、17年は315億5000万ウォンを配当した。
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200713003300882

続きを読む

【韓国経済学教授】 「韓米通貨スワップ、強力だが限定的かも」

1: 荒波φ ★ 2020/07/13(月) 13:09:53.31 ID:CAP_USER
韓国の大学の経済学教授が韓国の外為市場で韓米通貨スワップは強力に作用するが、その意味は限定的かもしれないと警告した。

延世(ヨンセ)大学経済学部のソン・テユン教授は13日、韓国経済誌の「毎経エコノミー」に、「韓米通貨スワップのおかげで通貨危機の心配ない?」という題名のコラムを寄稿した。

彼はコラムで「3月19日に米国との通貨スワップが電撃的に締結され幸い外為市場は危機局面を抜け出した。実際の危機に近づいた時に外為市場安定に強力な効果を持つ核心防御幕は結局米国との通貨スワップだったという事実が今回も確認された」と評価した。

だが通貨スワップが基本的に流動性支援だという点を警告した。

ソン教授は「実体経済が健全な外貨確保能力を持ったと評価され流動性が一時的に不足する時は米国が通貨スワップを提供できて効果も明らかに現れる」としながらも「単純に該当国が友好的だからドルを長期的に供給すると考えては困る」と話した。

彼はラテンアメリカの国のように財政危機と結びついて通貨危機が発生すれば、米国がドル流動性を提供する可能性も限定的で、根本的な債務不履行のリスクを減らしにくいと話した。

ソン教授は「米国との通貨スワップが外為市場安定に強力な効果を持つのは事実だが、健全な経済運営による財政・対外債務管理が担保されなければその意味は限定的かもしれないことを記憶しなければならない」と話した。


中央日報日本語版 2020.07.13 11:47
https://japanese.joins.com/JArticle/268020

続きを読む

大卒初任給、韓国に抜かれる。※韓国の大学進学率は90%

1: ボルネオウンピョウ(庭) [BR] 2020/07/10(金) 23:56:36.02 ID:Bqj1XTBP0 BE:318771671-2BP(5500)

続きを読む

【韓国】レクサス、売上げが不買運動前の水準に回復

1: 動物園φ ★ 2020/07/07(火) 20:06:22.97 ID:CAP_USER
レクサスが韓国の不買運動に打ち勝った?日産も好調=韓国ネットは不満げ

2020年07月05日 10時20分 Record China

2020年7月3日、韓国・イーデイリーによると、韓国で先月のレクサスの販売台数が日本製品不買運動後初めて1000台を突破した。

記事によると、レクサスは先月、韓国市場で1014台を販売した。月間販売台数が1000台を超えるのは昨年6月以来1年ぶりのこと。

レクサスの販売台数は韓国で月間1000台以上を維持していたが、日本製品不買運動が始まった昨年7月から不振が続き、平均500~600台になっていた。先月はレクサスを代表するハイブリッドセダン「ニュージェネレーションES300h」が661台で販売をけん引した。ES300hは先月の輸入車ベストセラー7位にもランクインしたという。

また、日産も先月は824台を販売し、昨年同期比190.1%増加した。日本メーカーではトヨタを抑え販売台数2位となった。今年12月の韓国市場撤退を宣言した日産は大規模な割引セールを実施。これが効果を発揮したとみられている。

一方、トヨタは665台で前年同期比52%減少。ホンダは130台、インフィニティは102台でそれぞれ前年同期比83.8%、41.7%減少した。これにより日本の5メーカーの先月の販売台数は2735台で前年同期比30.7%減少したという。

これに韓国のネットユーザーからは「現在の日韓関係を考えたら、愛国者にはなれずとも売国奴になってはいけないのでは?」「韓国車が不安ならドイツ車を買えばいい。なぜよりによって日本車を選ぶ?」「韓国人は熱しやすく冷めやすい。不買運動を宣言しておいてこっそり日本製品を買っている。それならいっそ、不買運動なんて始めなければよかった」など不満げな声が上がっている。

その他、「ソウル市長の愛車もレクサスだったよね?まさか新しいのに買い替えていないよね?」「現代自動車がトヨタくらい高品質の車をつくってくれれば、『日本車が最高だ』なんて言葉を聞かなくて済むのに」「トヨタ車はいい。いいライバルがいてこそ韓国車が成長する」などの声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

https://news.nifty.com/article/world/china/12181-818323/

続きを読む

【韓国】韓国航空業界 乗客90%減、大規模失職の恐れ

1: 動物園φ ★ 2020/07/06(月) 12:43:07.71 ID:CAP_USER
出口のない韓国航空業界…乗客90%減、大規模失職の心配まで(1)
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.07.06 07:51

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)事態の余波で最悪の時期に苦しんでいる韓国航空業界が下半期にも茨の道に直面するという懸念の声が上がっている。新型肺炎以前の需要回復まで少なくとも2~5年がかかるという悲観的な見通しが続いている中、イースター航空発大規模失職事態に対する懸念の声も高まっているためだ。

5日韓国航空協会によると、今年4-6月期の大韓航空を含む国籍航空会社9社の国際線旅客数は32万8348人で、昨年4-6月期(1521万7359人)に比べて97.8%急減した。1-3月期に続いて4-6月期まで新型肺炎の余波が続き、今年上半期だけで6兆5000億ウォン(約5825憶円)に達する売り上げの被害が発生したと推算される。

航空会社別では国際線の運航率が20%台に留まった大韓航空の4-6月期の国際線旅客数は19万458人で前年同期(504万4013人)より96.2%減った。アシアナ航空も昨年4-6月期348万9554人から今年4-6月期には12万574人へと96.5%も国際線のお客さんが減った。格安航空会社(LCC)の中で唯一国際線の定期便を運航しているチェジュ航空の4-6月期の国際線旅客数も1万3127人で、昨年同期(201万1633人)に比べて99.3%急減した。

海外旅行が事実上不可能な状況の中で旅行需要が国内に集まり、それなりに国内線旅客数を確保したという評価だ。4-6月期の国内線旅客数は524万6248人で、前年同期(843万8524人)に比べて37.8%減少した。だが、今年4-6月期もLCCを中心に国内線路線拡大の競争の中で航空券価格が下がったせいで航空会社の売り上げ回復には大きな影響を与えなかったという。航空業界関係者は「下半期には無条件危機から脱出しなければならない」としながら「各航空会社が国内線の拡大と国際線路線の運航再開で突破口を見出しているが、簡単ではない状況」と話した。

国籍航空会社は新型肺炎で遮られた空の道を開けるために速度を出している。ティーウェイ航空は22日から仁川(インチョン)-ホーチミン、仁川-香港2路線の運航を再開する。国際線の運航再開は4月ぶりだ。これに先立ち、エアプサン、エアソウル、ジンエアー、イースター航空などLCCは新型肺炎事態で3月から一時的に国際線の運航を全面中止したことがある。

大韓航空は今月国際線の35路線を週179回運航する。6月に比べると仁川-ダラス、仁川-ウィーンの路線が追加された。アシアナ航空も仁川-大阪、仁川-ロンドン、仁川-パリなどの運航再開に出る。

また、他の航空業界関係者は「新型肺炎事態が現在進行形で、入国制限措置を取る国が多く旅行需要の回復は遅い状況」とし「路線変動の可能性が大きく運航スケジュールがいつでも変わり得るが、まず供給を増やしていくという計画」と話した。

https://japanese.joins.com/JArticle/267758?servcode=300&sectcode=320

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト