脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

政治

【韓国】慰安婦問題「合意する考えない」 洪準杓候補

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/04/23(日) 11:00:22.00 ID:CAP_USER
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170423-00000001-asahi-int
朝日新聞デジタル 4/23(日) 0:05配信

 韓国大統領選で与党「自由韓国党」(旧セヌリ党)から立候補した洪準杓(ホンジュンピョ)・前慶尚南道知事が19日、朝日新聞の書面インタビューに回答した。米戦術核の朝鮮半島への再配備を主張し、朝鮮半島の非核化を堅持した朴槿恵(パククネ)前大統領の政権よりも踏み込んだ。慰安婦問題の日韓合意の履行は進めず、再交渉も必要ないとした。

 洪氏は与党候補として朴政権に対する強い批判の影響を受け、支持率が低迷している。洪氏の主張は、北朝鮮情勢が緊張するなかで安保問題や南北関係で野党候補の主張と差別化し、日韓慰安婦合意への世論の批判を受け入れることで、少しでも支持を回復する狙いがありそうだ。

 洪氏は「核には核で対応しなければならない。(米国の)戦術核再配備を通じ、韓(朝鮮)半島の核の均衡を達成する」と語った。米国は1991年、当時の盧泰愚(ノテウ)・韓国大統領が朝鮮半島の非核化を宣言したのを受け、在韓米軍の戦術核を完全に撤去したとされる。朴政権は朝鮮半島の非核化を堅持する方針を示していた。

 洪氏は同時に、日韓の「軍事情報包括保護協定」(GSOMIA)について「両国の利益になる。北韓(北朝鮮)の脅威に対し、韓米日の安保協力がさらに強化されると思う」と述べた。

 日本政府が元慰安婦の支援事業に10億円を拠出するなどとした日韓合意について「慰安婦問題は金で取引する対象ではない。現在、日本は慰安婦問題をまるで売春婦のように罵倒している」として、合意の履行に否定的な考えを示した。

 「この問題で、交渉も合意もする考えはない。我が民族が国家を失い、力を失ったときに遭遇した痛みのある歴史だ」とも述べ、日韓合意の再交渉に乗り出す考えもないとした。

続きを読む

韓国次期大統領の文在寅氏、ガチで北朝鮮に「お伺い」をしていたことが判明

1: ショルダーアームブリーカー(大阪府)@無断転載は禁止 [EG] 2017/04/22(土) 20:40:10.65 ID:rsscidXe0 BE:253246518-PLT(15000) ポイント特典
韓国大統領選:「北にお伺い」は文氏の提案、盧武鉉メモ公開

盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権で外交通商部(省に相当)長官を務めた宋旻淳(ソン・ミンスン)氏が21日、
2007年11月に国連で採決が行われた北朝鮮人権決議案で当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権が最終方針を決める際、盧元大統領から聞いた内容をメモした手帳を公開した。
このメモには「(北朝鮮に)尋ねるべきではないが、文室長が尋ねようと言っている。
これによって宋長官は辞表を出さないでください」と記載されている。文室長とは進歩(革新)系の「共に民主党」から大統領選挙に立候補している文在寅(ムン・ジェイン)氏のことだ。

 宋氏はこの日、本紙との電話インタビューに応じ「11月20日に行われたASEAN(東南アジア諸国連合)プラス3」の会議に出席するためシンガポールを訪問していた盧元大統領が、
この日の夕方に私をホテルに呼んで語った内容がこのメモだ」と説明した。
問題のメモによると、この時に盧元大統領も「文氏が北朝鮮に尋ねることを提案したから」という趣旨の話をしていたことになる。
これは宋氏が昨年10月に発刊した回顧録にはなかった内容だ。
回顧録には盧元大統領が「このように(北朝鮮に)尋ねることまでしたのだから棄権しよう」「尋ねるべきではなかった」などと話したことが記載されている。

 これについて宋氏は「回顧録には(文氏の立場を考えて)そこまで書くつもりはなかったが、今になって強く否定するのでやむなく公表した」と説明した。
宋氏はさらに「インクとメモ紙については(科学的に調べれば)これがいつ書かれたのかわかるらしいから、実際に調べればこれが9年前に書かれたことが明らかになるだろう」とも主張した。

 これに対して文氏陣営の関係者は宋氏が公表したメモについて「客観的な事実ではなく、個人の想像や感想、あるいは文氏に対する偏見に基づいたメモに過ぎない」と反論している。
さらに「当時、秘書室長(だった文氏)は会議を主催することもなかったし、何らかの意志決定を下すこともなかった」
「文氏はやっていないのだから、盧元大統領がそんなことを言ったなどあり得ない話だ」などとも主張している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/22/2017042200462.html

続きを読む

【 聯合ニュース 】韓国大統領選 あすから在外国民の投票開始=日本は16投票所

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/04/24(月) 14:32:04.99 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国大統領選(5月9日投開票)の在外国民投票が25日に各国の在外公館などで始まる。30日まで。日本では大使館や総領事館など16カ所が投票所となる。先月30日にまでに選挙人登録を済ませた有権者と2012年の前回大統領選などの際に登録した人が投票できる。
投票所は韓国大使館、駐札幌総領事館、駐仙台総領事館、駐新潟総領事館、 駐名古屋総領事館、駐大阪総領事館、駐神戸総領事館、駐広島総領事館、駐福岡総領事館の9公館のほか、東京都の韓貴協ビル、在日本大韓民国民団(民団)豊島支部会館、横浜市の神奈川韓国会館、京都市の民団京都本部会館、和歌山市の民団和歌山本部会館、岡山市の岡山韓国会館、愛知県の民団岡崎支部会館。このうち韓貴協ビル、民団豊島支部会館、民団京都本部会館、民団和歌山本部会館、民団岡崎支部会館の投票期間は28~30日。投票時間はすべて午前8時から午後5時までとなっている。投票所では在留カードや特別永住者証明書など身分証明書の提示が必要。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/04/24/0901000000AJP20170424001200882.HTML

続きを読む

【韓国】大統領選・米国の工作の甲斐もなく、超従北派の文在寅氏が支持率↑。対抗馬は支持率大幅減。

1: 断崖式ニードロップ(北海道)@無断転載は禁止 [RU] 2017/04/21(金) 21:18:54.63 ID:1AKszIYq0 BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
<韓国大統領選>文氏のリード拡大 安氏から保守層離反か

毎日新聞 4/21(金) 20:37配信

 【ソウル大貫智子】韓国の朴槿恵(パク・クネ)前大統領罷免により5月9日に行われる大統領選で、
革新系最大野党「共に民主党」の文在寅(ムン・ジェイン)氏が、第2野党「国民の党」で中道の安哲秀(アン・チョルス)氏に対しリードを広げている。
文氏の対抗馬として保守層の支持を集める安氏だが、対北朝鮮政策などがあいまいだとして保守層の支持離れを招いたようだ。

 韓国ギャラップの21日発表の支持率調査では、文氏が前週比1ポイント増の41%に対し、安氏は7ポイント減の30%だった。
一方、保守の自由韓国党・洪準杓(ホン・ジュンピョ)氏は2ポイント増の9%。中でも目を引くのは保守の地盤である南東部の
大邱(テグ)・慶尚北道地区だ。安氏が前週比25ポイントの大幅減で23%にとどまったのに対し、洪氏は18ポイント増の26%でこの地域で首位に立った。

 安氏は、迎撃ミサイルシステム「終末高高度防衛(THAAD)ミサイル」の在韓米軍配備賛成に転じるなどし、文氏に勝てる候補として保守層の期待を集めた。

 ただ、国民の党の基盤は野党の牙城である南西部・全羅道で、金大中(キム・デジュン)元大統領の地元だ。
主要政党の候補者5人による19日のテレビ討論会で、安氏は、洪氏らから金元大統領が推進した対北朝鮮融和の
「太陽政策」について見解を問われたが「功罪がある」と明言を避けた。また、国民の党自体はTHAAD配備に賛成
を表明していないとして「安氏1人が(賛成を)主張している」(文氏)と追及された。文氏リードの広がりを受け、今後、保守層がどう動くかが選挙のカギを握る。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170421-00000090-mai-int

続きを読む

【中国・北朝鮮】北朝鮮の石炭貨物船が中国に入港、禁輸宣言後に

1: らむちゃん ★@無断転載は禁止 2017/04/22(土) 17:35:22.90 ID:CAP_USER
ソース元CNN.co.jp 4/22(土) 15:36
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170422-35100188-cnn-int

北京(CNN) 国連安全保障理事会の制裁決議に基づき北朝鮮産石炭の全面的な輸入停止を今年2月に打ち出した中国の港湾に、石炭を積んだ北朝鮮の船舶6隻が入港していたことが22日までにわかった。

中国北部の河北省唐山港への入港は今月20日と21日に行われた。唐山市は北京に近い。

同港の公式サイトに載った接岸情報によると、6隻は全て無煙炭を積み、荷揚げの時間は最長で6時間と記されていた。ただ、実際に荷揚げされたものの詳細は不明。

6隻のうちの3隻は今年2月以降の入港が予定されていた。既に出港したという。

今回の入港情報に関連し中国外務省報道官は21日、北朝鮮産石炭の輸入停止の政策に変更はないと主張。制裁決議への違反行為は起きていないとも述べた。

「複数の石炭貨物船が入港したとの一部情報があった」とし、「これらの船が港から離れ、海上にとどまっているのなら我々は乗組員への何らかの人道的配慮に留意しなければならない」とも語った。

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト