脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

政治

【韓国】日韓合意に「不可逆的」入った経緯、韓国外相が調査の意向

1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/19(水) 11:52:49.05 ID:CAP_USER
【ソウル=山田健一】

韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相は19日付の韓国紙・中央日報に掲載されたインタビューで、従軍慰安婦問題に関する2015年の日韓合意について「最終的かつ不可逆的な解決」という表現が盛り込まれた経緯を調べる考えを明らかにした。外部の専門家も参加する委員会を設けて調査するという。
 
康外相は「あえて最終的かつ不可逆的に解決という項目を入れる必要があったのかと思った」と述べた。「全般的に検討しなければならない部分があるようなので委員会を発足させたい」と語った。「どんな部分が不足し、どんな機会を逃したのかをきちんと点検する」狙いとしている。
 
韓国世論のなかに期待する声がある合意の「再交渉」については「言葉は使った瞬間に期待が高まるので、そういう単語は使っていない」と述べた。ただ調査の結果次第では「選択肢になり得る」との見解を示した。


2017/7/19 10:47
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM19H2S_Z10C17A7EAF000/

2: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/19(水) 11:53:02.05 ID:CAP_USER
>>1

関連記事

日本が謝罪を覆せないよう韓国が入れた「不可逆」が足かせに
◆「最終的」は日本、「不可逆的」は韓国が提案
http://japanese.joins.com/article/587/224587.html?servcode=A00&sectcode=A10&cloc=jp|main|breakingnews
http://japanese.joins.com/article/588/224588.html?servcode=A00&sectcode=A10
2017年01月12日08時52分 [中央日報/中央日報日本語版]

続きを読む

韓国外相「慰安婦おかわり!」

1: 名無しさん@涙目です。(dion軍)@無断転載は禁止 [CN] 2017/07/19(水) 18:25:55.28 ID:cHalTjek0● BE:448218991-PLT(14145) ポイント特典
韓国の康京和外相は、2015年の慰安婦問題をめぐる日本と韓国の合意について、
その交渉過程を検証する意向を明らかにし、結果次第では再交渉も「1つの選択肢になり得る」
との考えを示した。

 康外相は19日付の「中央日報」のインタビューで、慰安婦問題をめぐる合意について「
被害者を中心に問題が解決されるべきなのにそれが十分でなかった印象を受けている」と述べ、
今後、交渉過程を検証するチームを作る意向を明らかにした。

 合意内容に「最終的かつ不可逆的な解決」という表現が盛り込まれた経緯などを調べる
考えで、調査結果によっては再交渉も「1つの選択肢になり得る」としている。

 文在寅大統領は、今月7日の日韓首脳会談で、合意について「国民の大多数が
受け入れていないのが現実で、両国が共同で努力して解決していかなければならない」
との立場を示している。
http://www.news24.jp/articles/2017/07/19/10367371.html

続きを読む

【「慰安婦」日韓合意】 「国と国の合意は何なのか」「韓国閣僚の発言は合意と矛盾」 自民特命委で批判相次ぐ

1: らむちゃん ★@無断転載は禁止 2017/07/19(水) 20:10:29.47 ID:CAP_USER
産経ニュース、2017.7.19 19:52更新
http://www.sankei.com/politics/news/170719/plt1707190047-n1.html

 自民党は19日、「日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会」を党本部で開き、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した平成27年の日韓合意に反する言動が韓国などから相次ぐ現状を踏まえ、あらゆるルートを通じ合意履行の働きかけを強化することを確認した。

 韓国の鄭鉉栢(チョン・ヒョンベク)女性家族相は日韓合意の再協議に言及しているほか、韓国の民間団体などが申請した慰安婦関連資料の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界記憶遺産への登録を支援する考えを示している。

 中曽根弘文特命委員長は会合のあいさつで、こうした動向を念頭に「国と国との合意は何なのかと遺憾に思う」と批判した。

 外務省は会合で、ソウルの日本大使館や釜山の日本総領事館前に違法に設置された慰安婦像を行政が管理できる条例が韓国で成立したことや、香港の日本総領事館近くに反日団体が慰安婦像2体を設置したことを説明した。日韓合意時に元慰安婦と認定された47人のうち34人が、日本の拠出金10億円を財源として支給される支援金を受け取ったことも報告した。

続きを読む

【アゴラ/更新】蓮舫代表は国籍離脱について嘘をついている

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/07/19(水) 19:38:36.52 ID:CAP_USER
きょうの蓮舫代表の臨時記者会見は、おおむねアゴラで予想した通りだったが、意外なのは台湾政府の国籍喪失許可書(2016年9月13日付)が出てきたことだ。

蓮舫事務所が国籍喪失の申請をしたのは9月6日なので、わずか1週間で許可が下りることはありえない(通常は2ヶ月以上かかる)。先週は弁護士が「証拠として国籍離脱申請書を出す」といって失笑を買ったが、今週になって許可書が出てきたのもおかしい。

しかも台湾政府のウェブサイトには、12月17日まで「10月17日に内政部で審査が終わって外交部に送った」と書かれていたので、3ヶ月以上も遡及して国籍喪失を認めたことになる。この日付の遡及だけでも、公的記録を改竄したことは明らかだ。

さらに奇妙なのは、彼女のパスポートが1984年7月15日に失効していることだ。台湾政府の国籍喪失には現在有効な中華民国の旅券が必要なので、このパスポートでは国籍喪失の許可は下りない。

一つの説明は彼女が有効なパスポートを提出した(2016年まで台湾パスポートを更新していた)ということだが、それでは1984年に失効したのはおかしい。これは国籍法の改正にともなう経過措置(附則第5条)で台湾国籍を離脱しないで日本国籍を取得したためと思われる(彼女も附則5条と説明している)。この場合も経過措置の終わる3年以内に国籍離脱が必要だが、それを忘れると違法状態になる。

これは一般人の場合には大した問題ではないが、彼女は「私は在日の中国国籍」などと公言する一方、2004年の選挙公報に「1985年に台湾から帰化」と書いた。これはどちらかが嘘である。きょうの会見では「帰化」が虚偽記載だったことを認め、「台湾籍を抜いていないとは知らなかった。故意ではない」と弁解したが、それなら90年代に「二重国籍」を売り物にしたのはなぜか。

答は彼女が二重国籍の事実を知りながら「帰化した」と嘘をついたということしかない。パスポートが失効していることは知っていたかもしれないが、それは一般人ならばれない。ところがアゴラで指摘され、30年以上たってから台湾代表処に持って行っても、パスポートが失効しているので国籍喪失の手続きはできない。

ここから先は推測だが、蓮舫事務所が台湾代表処に「政治的配慮」を求めたのではないか。彼女が二重国籍だということが確定すると民進党代表の地位が危うくなるので、台湾政府が超法規的に旅券を更新し、遡及して国籍喪失を認め、彼女はこの事実を口外しないという取引をしたのだろう。

しかしこの嘘は、辻褄が合わない。パスポートが1984年に失効していたら2016年に国籍喪失の手続きはできないし、国籍喪失できたとすれば有効なパスポートをもっていたことになる。これは絶対絶命の二律背反だが、ただ一つ明らかなことがある:彼女は嘘をついているということだ。


http://agora-web.jp/archives/2027277.html
2017年07月18日 23:30

no title

no title

続きを読む

【安倍内閣】攻防!“最大の難関”防衛相人事、北朝鮮と戦えるのは誰だ? 高村氏、林氏有力…進次郎氏推す声も

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/18(火) 20:34:01.24 ID:CAP_USER
 安倍晋三首相が8月3日に断行する方針を固めた内閣改造で、交代確定的とされる稲田朋美防衛相の後任人事が“最大の難関”となりそうだ。陸上自衛隊の日報問題が決着していないうえ、北朝鮮情勢は緊迫化したままで、秋の臨時国会では憲法改正案をめぐって答弁の矢面に立たされそうなのだ。

 安倍首相は今回の人事で、安定感のあるベテランを多数起用する方針だが、防衛省・自衛隊約25万人のトップに立つ適任者は誰なのか。

 「安倍首相は今回、誰が見ても文句が付けられない『重厚な内閣』を目指している。野党がとても組めないような人材で固めるつもりだ。その顔ぶれを見れば、国民が『やはり、政権を担えるのは自民党しかない』と納得してもらえるような布陣を思案している」

 官邸関係者はこう語った。

 東京都議選の惨敗と、内閣支持率の急落を受け、安倍首相は来月初旬、国民に「反省の姿勢」を示し、内外の課題に迅速かつ謙虚に取り組むための内閣改造・党役員人事を断行する。

 現時点で、「政権の要」である麻生太郎副総理兼財務相と菅義偉官房長官は留任させるが、19人の閣僚の半数以上を入れ替える方向で検討に入っている。中でも、「自衛隊の政治利用」と受け取れる失言をした稲田氏の交代はほぼ決まった。

 その稲田氏は14日、九州北部の豪雨被害で行方不明者の捜索などに当たる自衛隊部隊を激励するため、被災地の福岡県朝倉市を訪れた。視察後、記者団に「防衛省・自衛隊として現場主義を徹底し、被災者の方々のニーズに即した救援活動と生活支援に全力を尽くす」と述べた。

 現場が災害救助に忙しく働くなか、多数の高官を引き連れての視察には批判的な声もあったようだ。

 防衛省関係者は稲田氏に関し、「安倍政権は『日米同盟の強化・深化』を掲げているが、稲田氏と米国側との関係は必ずしも良くなかった。今月中旬に予定されていた日米安全保障協議委員会(2プラス2)が延期となったのも、米国側の『新しい防衛相と交渉したい』という意思表示だろう。

 次期防衛相には、日報問題や北朝鮮情勢、憲法改正などに加え、日米関係の修復という課題もある」という。

 安倍首相は今回、閣僚に安定感のあるベテランを起用する考えだ。「歴代防衛相」は別表の通りだが、どんな人物が好ましいのか。

 旧防衛庁・航空自衛隊OBである評論家の潮匡人氏は「防衛省・自衛隊は現在、河野克俊統合幕僚長が定年延長せざるを得ないほど、厳しい状況にある。次期防衛相には組織を立て直す役割がある」といい、続けた。

 「元防衛相で考えると、自民党の高村正彦副総裁か、林芳正参院議員が適任ではないか。高村氏は外相や法相を歴任しており、外交・安全保障や憲法に精通する。文句の付けようがない。米共和党の大物とのパイプもあり、日米関係の修復もできる。

 林氏は、福田康夫内閣の混乱期に、短い間だが防衛相を無難にこなした。政策に強く、安定感がある。安倍首相と同郷のライバルで『お友達』でない点も評価できる」

 歴代防衛相には、「ポスト安倍」を虎視眈々と狙う石破茂元幹事長や、安全保障関連法を成立させた中谷元衆院議員、民間人の森本敏・拓殖大学総長らもいるが、他に有力候補はいないのか。

 潮氏は「もし現実論を無視するなら、小泉進次郎衆院議員が適任ではないか。稲田氏の失言や陸自の日報問題などで、防衛省・自衛隊への信頼が揺らいでいる。北朝鮮対応で、現場は夏休みも取れない。ボロボロになっている。

 こうしたなか、防衛大学校や海上自衛隊基地がある神奈川県横須賀市出身で、国民的にも自衛隊にも人気がある進次郎氏が次期防衛相になれば、防衛省・自衛隊は立ち直れる。現場の士気も上がるだろう」

 任命権者の安倍首相はどう考えているのか。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170718/soc1707180009-n1.html

>>2以降に続く)

no title

14日に豪雨被災地を視察した稲田防衛相だが永田町では「いなだ・ゆるみ」との揶揄も
no title

歴代防衛相

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト