脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

政治

【慰安婦問題】 誰が彼女を殺したのか~韓国国会議員、韓日合意の廃棄促す決議案を提出する意向

1: 蚯蚓φ ★ 2017/11/23(木) 01:44:14.95 ID:CAP_USER
 no title

▲チョ・べスク国会議員

「1925年忠南(チュンナム)唐津(タンジン)で生まれた。イ・キジョン様が十九才頃だった43年頃、ソウルの紹介所で日本軍人の服を洗濯する仕事という言葉にだまされて強制動員された。家族も知らなかった。…(中略)…遠い土地でぞっとする経験をして、帰ってきても順調でない生活を送った。真にイ・キジョン様のための国はなかった。」

去る11日、享年93才で永眠した日本軍慰安婦被害者、故イ・キジョン様の略伝中の一部だ。今年一年間、イ・キジョン、ハルモニを含む7人の慰安婦被害者が目をとじた。日本の公式謝罪も受けられないままだ。政府に登録された慰安婦被害者239人中生存者はもう33人に減った。高齢の慰安婦被害者ハルモニらが日本の謝罪を受けるまで生存しておられるかは分からない。近いうちに日本の態度が変化しない限り展望は暗い。

2015年の韓日政府間「日本軍慰安婦被害者問題合意」は最終的かつ不可逆的に廃棄されるのが当然だ。その理由は一杯あって溢れるほどだ。

最初に、日本軍慰安婦被害者らの意思が反映されなかった。被害者中心の人権原則に背いて国民の大多数の反対意見にも逆行する問題ある合意だ。

二番目、日本政府の真の謝罪と賠償による被害者らの名誉回復が無視された。日本政府の謝罪と賠償は日本軍慰安婦被害者らが過去27年間、一貫して堅持してきた立場だ。

三番目、被害者の代理である政府が善良な管理者の注意義務を怠ったので元々無効だ。法律上、善良な管理者の注意義務は本人が権利を行使する場合よりさらに重い。

四番目、合意主体の政府もまた、2015韓日合意は条約の様に法的拘束力ある合意に該当しないと明らかにした。法的拘束力がない国家間合意は法律的でなく政治的または道義的であるものだ。

五番目、国家情報院介入説だ。当時の合意がイ・ビョンキ元国家情報院長とヤチ・ショウタロウ日本国家安保局長間の密室合意による結果という主張が出てきた。徹底した真相究明が必要な問題だ。

最後に、日本政府は国連で日本軍慰安婦強制連行を公式否認し少女像撤去を要求した。そうかと思えば2015韓日合意を口実で国家犯罪に対する責任を回避しようとする反歴史的・反人権的態度を見せている。日本国が行った反人権的戦争犯罪については最後まで責任を問わなければならない。

筆者は国民を代表する国会議員として大韓民国政府と日本国政府の間の2015年12月28日「日本軍慰安婦被害者問題合意」の廃棄を促す決議案を提出する。

大韓民国国会は「日本軍慰安婦被害者問題合意」で被害者の代理たる政府が当事者を排除し、善良な管理者の注意義務を怠ったので元々無効であることを宣言するよう要求しようと思う。

また、大韓民国国会は今も戦時性犯罪に対する責任を回避し、妄動を日常的に行う日本政府に対し大韓民国国民と国際社会に衷心に充ちた謝罪を促そうと思う。

最後に大韓民国政府は元々無効な「日本軍慰安婦被害者問題合意」について直ちに廃棄を確認し、韓日両国政府が再協議に迅速に出ることを厳重に注文しようと思う。

イ・キジョン様の略伝には「生涯を悪夢のように生きなければならなかったが、誰も謝罪しなかった。もう二度とこのような事が繰り返さないために、イ・キジョン様の痛みが本当にいえるように私たちはするべきことが残っていることを忘れてはならないだろう。」という文で結ばれている。

ソース:全北(チョンブク)日報(韓国語) 誰が彼女を殺したのか日本軍慰安婦被害者意思が反映されなかった2015韓国・日本合意廃棄を
http://www.jjan.kr/news/articleView.html?idxno=1143046

続きを読む

【韓国】文大統領の支持率74%=就任半年、依然高い評価

1: シャチ ★ 2017/11/10(金) 14:18:45.25 ID:CAP_USER
11/10(金) 14:14配信 時事通信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171110-00000065-jij-kr
 【ソウル時事】韓国の民間調査機関、韓国ギャラップが10日発表した世論調査(7~9日実施)によると、
文在寅大統領の職務遂行状況を肯定的に評価するとの回答は前週比1ポイント上昇し、74%だった。

 否定的評価は前週と同じ18%だった。

 文氏は朴槿恵前大統領の罷免を受け、5月9日に前倒し実施された大統領選挙で当選。政権引き継ぎ期間のないまま、
翌10日に就任してから6カ月たった。6月2日公表の調査では歴代最高の支持率84%を記録。
一時の「熱狂的支持」は冷め、支持率は絶頂期から10ポイント低下したものの、
「大統領選での得票率41%に比べれば、依然高い評価を保っている」(政府高官)と言える。 

続きを読む

【共産党】志位委員長「北朝鮮問題で危険な無策があらわに」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2017/11/07(火) 11:04:58.10 ID:CAP_USER
共産党の志位委員長は記者会見で「最大の懸案の北朝鮮問題では、外交的解決の方策は一切、語られず、両首脳から、本当の打開の方策は打ち出されなかった。ひと言で言うと『危険な無策があらわになった』と言わないといけない」と述べました。

また、志位氏は北朝鮮による拉致問題に関連して「トランプ大統領は『軍事攻撃があった場合に拉致被害者をどう守るのか』という答えがなかった。非常に深刻なところで、答えを持ってないことが露呈した」と述べました。

さらに、志位氏は日本の防衛力の強化に関連したトランプ大統領と安倍総理大臣の記者会見での発言について、「異常なやり取りだった。『もっと兵器を買え』と公然と言い、その場で『そうしましょう』というやり取りだけが目立つ。日本が兵器を増やして、軍事で構えるということになれば、『軍事対軍事』の悪循環・緊張がエスカレートし日本側が拍車をかけることになる」と述べました。


11月6日 18時36分 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171106/k10011213181000.html

続きを読む

【話題】モリカケ追及プロジェクトの会見「なんか質問ある?」記者「・・・」質問ゼロ、もう飽きた→「安倍の圧力に違いない」

1: ザ・ワールド ★ 2017/11/03(金) 18:15:40.84 ID:CAP_USER
加計学園の獣医学部新設を糾弾する団体「モリカケ共同追及プロジェクト」が11月1日、
加計孝太郎理事長の告発状を提出したとして記者会見を開いた。しかし、共同代表の田中正道氏によると、
会見では報道関係者からの質問は一切なく、会見前の文科省前アピールに至っては、大手メディアは一社も取材に来ていなかったという。

田中正道フェイスブック
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=563190430689875&id=100009967697650

これは完全に飽きあられたものとして諦めた方が良いでしょう。
いつものように「お上のお達し」とか安倍陰謀説を唱えてるのもみっともないですね。

■モリカケはマスコミまでも飽きている

田中正道氏が投稿した会見動画を見ると、確かに会見場は閑散としている。週刊金曜日の記者が質問しているようだが、
記者クラブメディアは完全に沈黙しており、黒川敦彦共同代表からの質問要請にも応じず無視している。

会見前に文科省前で行われたアピール行動に関しては、誰もいないのにマイクを回して何か叫んでいる。虚しい・・・
一人だけ熱心に撮影しているようですが、これは田中龍作さんではないでしょうか?

田中龍作ジャーナルによると、本当にマスコミはヤル気ゼロだったようだが、
実は幹事社の産経新聞だけが「安倍首相への刑事告発は受理されたのですか?」と仕方なく質問しているようだ。
幹事社とはしては何か言わなければ始まらないと思ったのだろうが、これを質問と言ってよいのだろうか。

ご覧のようにモリカケ問題はもう飽きられている。こんな不毛なことをしている暇があるならば、
黒川敦彦共同代表の「選挙帳簿」を早く仕上げたほうが良いのではないか?

短い会見、デモ動画はソースにあります
http://ksl-live.com/blog11884

続きを読む

民進党・大塚代表「次期衆院選で民進、立憲民主、希望の三党を中心に政権交代を目指す」

1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2017/11/01(水) 20:17:00.22 ID:a0wv3rVK0 BE:306759112-BRZ(11000) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/kita1.gif
 民進党は三十一日、党本部で両院議員総会を開き、前原誠司氏の後任となる新代表に参院議員の大塚耕平広報局長(58)=愛知選挙区=を選出した。
任期は来年九月末まで。大塚氏は選出後、次期衆院選で民進、立憲民主、希望の三党を中心に政権交代を目指す決意を語った。
野党第一党の勢力を持つ参院を基盤に、国会審議などで存在感を示したい考えだ。
だが党内には百億円を超える党の資金の行方を含め、分裂の懸念を訴える声もある。 (我那覇圭)

 大塚氏は、安倍政権について「丸五年が経過し、経済、社会保障、安全保障、いずれも問題点は明確だ」として、対決していく姿勢を鮮明にした。

 二〇一九年の統一地方選と参院選で党勢拡大を実現すると強調。
立憲民主、希望の両党との連携については、記者会見で「徐々に信頼関係を構築していく。すぐに合併、再編されることはない」と語った。

 一方で共産、社民両党との協力は「特に共産党とは難しいとの意見が党内にあった。状況は変わりない」と慎重な考えを示した。
幹事長などの党人事は「全くの白紙」とした。

 両院議員総会に先立ち、代表選の立候補を受け付けたが、大塚氏以外に届け出はなかった。
蓮舫元代表の立候補を模索する動きがあったが、立候補の条件となる二十人以上の推薦人にめどが立たず、断念した。

 大塚氏は、党内で「分党論者」と位置づけられ、希望に合流する意向の前原氏の考えに理解を示す議員らの支持が強いとされている。こ
のため党の資金を希望に分散させる可能性を指摘する声が出ていた。

 これに対し、大塚氏は三十一日の記者会見で、資金や地方組織を現状のまま残す考えを示した。
小川敏夫参院議員会長は「党が一致することが一番大事だから割れないように頑張ってほしい」と記者団に語り、大塚氏に注文をつけた。




民進新代表・大塚氏「政権交代を」 立民、希望と3党中心
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201711/CK2017110102000142.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト