脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

文化

【韓国】国際動物保護団体、韓国の犬農場から149頭の犬を救出

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/07/23(日) 12:30:04.84 ID:CAP_USER
http://s.japanese.joins.com/article/552/231552.html

伏日(7月22日、8月11日)を控えて食肉処理される危機に置かれた犬農場の子犬149頭が海外の動物愛護団体の助けで命を救われた。

国際動物保護団体ヒューメインソサエティーインターナショナル(HSI)は20日、忠清南道礼山(チュンチョンナムド・イェサン)の犬農場の犬を救ったと伝えた。

救出された犬は生まれたばかりの子犬を含め149頭。これらの犬は伏日を迎え全国各地の犬肉卸売商に売られる運命だった。

だが農場主が自発的に農場を閉鎖しHSIに助けを要請したことで救助された。

農場で救助された149頭の犬は米国の保護所に移され新しい家族を見つける予定だ。このうち生まれたばかりの14頭の子犬は飛行機に乗せることができず、しばらく韓国国内で保護された後に米国に行くことになる。

HSIは犬農場主が農場閉鎖後の生計維持のため他業種に転換できるよう支援している。HSIの支援により閉鎖した犬農場は2014年以降今回が9件目。この過程で1000頭ほど犬が救出されたという。

HSI関係者は「過去よりも韓国で犬肉を食べる人は減っているが、依然として多くの人が犬肉が夏バテに良いという誤った信念を持っている。HSIは食用犬農場の閉鎖と救助活動と合わせ食用犬農場の実状を知らせるなど多様なキャンペーンを進めている」と話している。

続きを読む

【ゴルフ】アン・シネのほかにも次から次へと登場する韓流美女ゴルファー 日米ツアーを席巻、コリア旋風が吹き荒れる

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/22(土) 21:37:20.20 ID:CAP_USER
 またもやコリア旋風が吹き荒れた。女子ゴルフのお話である。

 今や日本ゴルフ界を席巻している韓流ゴルファーだが、7月16日まで茨城県阿見町のイーグルポイントGCで開催されたサマンサタバサ・レディースで、日本ツアー初出場の韓国の金楷林(キム・ヘリム=27)が通算11アンダーで初優勝をさらってしまった。初出場優勝は史上13人目の快挙だ。

 折しも同じ時期、米国ニュージャージー州ベッドミンスターでは、女子ゴルフの今季メジャー第3戦、全米女子オープン選手権が開催されていた。今季、韓国ツアーで賞金ランキング2位につける金も当然、出場権を手にしていた。

 それなのに、選んだのはサマンサタバサ・レディース。理由は、日本のランキング上位者が、全米女子オープンに出場しているので、優勝のチャンスとにらんだらしい。“計算”もちゃっかりしているというか…。主催者推薦で出場し、賞金1080万円を手にしてしまった。

 金楷林。日本では聞き慣れない選手名だが、ソウル出身で、1989年生まれ。2007年にプロに転向し、すでに4勝し、実力派として知られる。

 来季からは、日本に本格参戦する意向だというから、日本勢は早くも警戒するコメントを口にしている。

 この大会、もう一人、注目の韓国選手が活躍している。8頭身美女として知られるユン・チェヨン(30)だ。最終日、日本ツアーでは初となる「66」の好スコアをマークし、4打差の2位に入った。なかなか優勝には届かず、人気先行だったが、腕前を見せつけたことで、優勝近しを印象づける大会となった。

 セクシー・クイーンとして人気急上昇中のアン・シネ(26)は通算1アンダーで15位。ミニスカートが定番だが、最終日は封印し、何と長ズボンで登場。シネ・ファンをがっかり(?)させたが、あまりの蒸し暑さに、途中からショートパンツ姿に変身、ここからスコアを伸ばした。

 ちなみに、地球の裏側で行われていた全米女子オープンでは、23歳の朴城●(=火へんに玄)(パク・ソンヒョン、韓国)が通算11アンダーでメジャー初優勝を飾った。ここ10年で韓国勢が7度、優勝をさらっている。

 ほかにも、17歳でアマチュアのチェ・ヘジンが2打差の2位、通算7アンダーの3位に柳簫然(ユ・ソヨン=27)とホ・ミジョン(27)が入るなど、上位10選手のうち、韓国勢が8選手を占めた。

 話をサマンサタバサに戻すと、スマイル・キャンディ、イ・ボミ(28)は3オーバーで33位。昨季まで2年連続賞金女王の低迷は気になる。それでも、今季賞金ランキングトップを走る韓国のスマイル・クイーン、キム・ハヌル(28)をはじめ、次から次へと出てくる韓流ゴルファーに脱帽です。

http://www.sankei.com/premium/news/170722/prm1707220001-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/170722/prm1707220001-n2.html

no title

新たな韓流美女が出現。金楷林(右)が日本ツアー初出場のサマンサタバサ・レディースで優勝(高橋朋彦撮影)
no title

サマンサタバサ・レディース最終日のアン・シネは、途中でショートパンツ姿にしたところ急上昇し15位タイでフィニッシュ(高橋朋彦撮影)
no title

8頭身美女として知られるユン・チェヨンは、サマンサタバサ・レディースで2位に入り、実力が伴ってきた
no title

全米女子オープンでは23歳の朴城炫がメジャー初優勝を飾った(AP)
no title

韓国の17歳アマチュア、チェ・ヘジンは、全米女子オープンで2位に入る快挙(AP)

続きを読む

【韓国】平昌五輪に向け雰囲気盛り上げるイベント 文化体育観光相「世界が再び韓国に注目する、成功した五輪になることを夢見ています」

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/23(日) 01:06:35.31 ID:CAP_USER
 【春川共同】2018年平昌冬季五輪の開幕が24日で200日前になるのを控え、韓国北東部の春川で22日、開催に向け雰囲気を盛り上げるイベントが開かれた。

 時折大雨が降る中、歌や踊り、テコンドーの演武が熱演され、花火も打ち上げられた。

 都鍾煥文化体育観光相は「世界が再び韓国に注目する、成功した五輪になることを夢見ています」と話した。

 平昌五輪へ向けては、韓国の文在寅政権が、北朝鮮との合同チーム結成や開会式での合同入場行進の実施を北朝鮮と国際オリンピック委員会(IOC)に提案。

 南北緊張緩和の糸口に活用し、平昌大会を「平和五輪」として成功させたい考えだ。(共同)

http://www.asahi.com/articles/GCO2017072201001719.html

no title

2018年平昌冬季五輪へ向け、韓国北東部の春川で開かれたイベント=22日(共同)

続きを読む

【鯵・鰺】意外!?日本では大人気なのに韓国ではほとんど食べられない魚

1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/07/23(日) 09:17:26.32 ID:CAP_USER
■ 韓国ネット「味はどうなの?」「韓国にないのが残念」「コノシロと似てておいしそう」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(写真)
http://img.recordchina.co.jp/thumbs/m720/201707/20170720-065102761.jpg

2017年7月21日、韓国のインターネット掲示板にこのほど、「日本では珍しくないのに、韓国では
あまり食べられない魚」と題したスレッドが立った。

韓国を代表する港町、釜山(プサン)在住というスレッド主によると、その魚とは、アジだそうだ。
韓国では南海(ナメ。朝鮮半島南岸の海域)でよく捕れるが、スーパーでも見たことはなく、ソウル
の方では韓国の「国民的魚」とも言われるサバよりも時として高い値が付くという。そういうわけで、
自分もあまりアジを食べないというスレッド主は、「日本では塩焼きのほか、アジの開きは朝ごはん
の代表格だし、スーパーの揚げ物コーナーや居酒屋のアジフライ、すしネタとしてもよく食べられ
ている」と画像付きで紹介した。

スレッド主が紹介した通り、韓国人にアジはかなりなじみが薄いようで、ネットユーザーからは
「味はどうなの?サバよりおいしい?」「コノシロと似てておいしそうだね」「日本のドラマにもよく登場
するのを見るよ」「マジで気になる。韓国ではほとんど食べないから」と興味津々なコメントが続出
している。

アジの味を知るユーザーらは「アジフライはめっちゃおいしいよ」「韓国に帰ってきて一番懐かしい
のがアジフライ」「韓国にはアジのすしがないのが残念。サバよりさっぱりしてるかな?」とおいしさ
を伝えている。

一方で、「魚好きだけど、どうもアジはあまりおいしくない」「サバより生臭い」「おいしいことは
おいしいけど、特色がなくて微妙な魚」との声も。

その他にも「反対に、イシモチは韓国ではよく食べて、日本ではあまり食べられていない」と紹介
するユーザーもみられた。

ソース:レコードチャイナ
http://www.recordchina.co.jp/b185111-s0-c60.html

続きを読む

【韓国】中国の韓流ファンクラブ、広告代金を踏み倒し

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/07/23(日) 11:08:37.12 ID:CAP_USER
 韓国の地下鉄の広告パネルに芸能人応援広告を出しているある広告会社は今年5月、中国の韓流ファンクラブから広告の依頼を受けた。広告代金は30%が先払いで、500万ウォン(約50万円)は広告を出した後で受け取る約束だった。過去2年で4回も広告を出した得意客だった。ソウル市の三成駅、弘大駅で5月27日から1カ月間、ソウルメトロから700万ウォンで広告パネルを借りた。ところが、約束通りに広告を出し、500万ウォンを請求したところ、ファンクラブの責任者と突然連絡が取れなくなった。広告会社はこの責任者の名前と電話番号を知らなかった。これまで電子メールで連絡を取っていたが、得意客だと信じて取引していた。身元が分からない以上、警察に届け出ることも不可能だ。

 ソウル市江西区のある広告会社も昨年11月18日、中国の韓流ファンから依頼があった80万ウォン相当の地下鉄広告を出したが、代金を回収できなかった。広告費を督促する電子メールを送ると、「私を探すな」という返事が来た。

 最近中国の一部の韓流ファン倶楽部が韓国で広告代をツケにして姿をくらましている。韓国の広告会社が中国のファンクラブの広告を受注するために競争していることにつけ込んだ詐欺だ。

 4-5年前には韓国と中国のファンクラブが共同で広告を出していた。広告会社は問題が生じても韓国のファンクラブの担当者に連絡すればよかった。広告会社は中国の韓流ファンクラブの広告を誘致するため、中国語ができる人材を採用し、積極的にアプローチした。広告誘致競争が起きると、1-2回取引があった中国ファンに限り、代金の一部を前金として受け取り、広告を掲載し始めた。その結果、代金が回収できなくなるケースが発生した。「アドファクト」のパク・ジンウク代表は「中国のファンクラブは契約金額が大きいため、1-2件の費用が回収できないだけで会社への打撃が大きい」と話した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/21/2017072101691.html

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト