脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

文化

【韓国】武装のない平昌五輪!米メディアが韓国の「治安の良さ」を称賛=韓国ネット「誇らしい」「このマナーを普段でも…」

1: たんぽぽ ★ 2018/02/20(火) 19:14:25.93 ID:CAP_USER
http://www.recordchina.co.jp/b568237-s0-c50.html

2018年2月19日、米メディアが最近発生した米国の銃乱射事件と比較し、平昌(ピョンチャン)五輪を開催する韓国の高い治安レベルを評価した。韓国・ニュース1が伝えた。

18日(現地時間)付の米USAトゥデイ紙は、平昌を訪れた米国人観光客に対しインタビューを行なっており、「このような大きいイベントでは大部隊が警備を担うものと予想していたが、警備員がほとんどいないように見えて驚いた」との反応を掲載。その上で、五輪組織委関係者の言葉を引用して「武装兵力が見えないのを警戒が緩いことと誤解してはならない」と伝えた。高度な訓練を受けた62万5000人が警戒に当たり、至る所に防犯カメラを設置し撮影しているからだという。

また同紙では、4年前のロシア・ソチ五輪と比較して「平昌の武装警備員が相対的に多くないのは、韓国社会の高い治安レベルを反映している」と伝え、韓国警察の資料を引用して「5100万人が暮らす韓国の2016年の殺人犯罪は356件だが、人口270万人のシカゴでは同年に762件の殺人犯罪が起きた」とした。

韓国の殺人率が低い理由についても「厳しい銃器規制があるから」と報道。「狩りや訓練用の銃は必ず登録しなければならず、当該銃の管理も警察が担当する。バイアスロンの選手さえも銃を(宿舎の)部屋の中には持ち込まずに武器庫で管理しており、これが以前の五輪と異なる点だ」と強調した。

なお、米国務省も「韓国は厳重な銃規制により関連の事件・事故が珍しい」と自国民に紹介しているとのこと。

これを受け、韓国のネット上では「米国より安全な韓国!」「トランプ大統領の“西部開拓時代”とは大違い」「平和五輪、最高五輪、成功五輪、韓国万歳」「1988年の五輪は韓国を世界に知らせるきっかけとなり、今回の平昌五輪で韓国を誇り、今後は…。韓国ほど誇らしい国はそうそうない」と高い治安レベルを自負する声が相次いでいる。

また「当たり前。北朝鮮のせいで危険だと伝える海外メディアに、韓国在住の外国人はびくともしない。特に日本は他国の不安を利用するところがある」など、五輪前に朝鮮半島の緊張の高まりについて大きく報道していた海外メディアに反発する声も上がった。

ただし、この安全性は「一過性」として「韓国の特徴。大きな大会ではマナーのいい国民(笑)。このマナーを普段も維持できるようにしよう」「韓国人の無秩序は単独や少数でいる時。つまり、人が見ていない時(笑)」と皮肉るユーザーも複数見られた。

続きを読む

【平昌五輪】韓国・北朝鮮合同チーム(コリア)、5戦全敗で終了 2得点28失点

1: ろこもこ ★ 2018/02/20(火) 18:03:41.46 ID:CAP_USER
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180220-00050087-yom-spo

 平昌五輪第12日の20日、アイスホッケー女子7、8位決定戦が行われ、韓国・北朝鮮合同チーム(コリア)はスウェーデンに1―6で敗れ、1次リーグと併せて5戦全敗で五輪を終えた。

 コリアは5戦合計で2得点、28失点と他チームとの力の差は明らかだった。

続きを読む

【平昌五輪】 韓国ネットユーザーの炎上騒動 今度はキム・ボルム標的 現在アカウントは閉鎖された状態

1: 荒波φ ★ 2018/02/20(火) 10:01:48.24 ID:CAP_USER
団体追い抜き1回戦に臨んだ韓国チーム。レース中、キム・ボルム(先頭)、朴智ウと盧善英の差が広がっている=19日、江陵(聯合ニュース)
no title



【江陵聯合ニュース】

平昌冬季五輪で選手を標的にした韓国の一部ネットユーザーによる炎上騒動が問題となる中、今度はスピードスケート女子の韓国代表、キム・ボルムが標的になった。

平昌五輪第11日の19日、スピードスケート女子団体追い抜き1回戦が行われ、キム、朴智ウ (パク・ジウ)、盧善英(ノ・ソンヨン)の3選手で臨んだ韓国は3分03秒76の7位に終わり、準決勝進出を逃した。

レース後にキムのインスタグラムには中傷コメントが殺到し、現在キムのアカウントは閉鎖された状態だ。団体戦だが、盧1人がだいぶ遅れてゴールラインを通過したことに対し、チームワークが欠如しているなどとの批判コメントが相次いだ。

レース後にキムが笑顔で「意思疎通ができなかった」などとインタビューに答えたことを問題視するコメントもあった。

平昌五輪ではスピードスケート・ショートトラック女子500メートルで韓国の崔ミン禎(チェ・ミンジョン)が2着でゴールしたものの、レース中にキム・ブタン(カナダ)の体を押したと判定され失格となり、ブタンが繰り上がって銅メダルを獲得。ブタンのインスタグラムに韓国の一部ネットユーザーによる悪質なコメントが殺到した。


2018/02/20 09:27
http://japanese.yonhapnews.co.kr/enter/2018/02/20/1001000000AJP20180220000200882.HTML

続きを読む

なぜ日本人はキムチが好きなのか

1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [ニダ] 2018/02/19(月) 16:37:07.30 ID:+KeJM8/K0 BE:695656978-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180218-00000002-tbcv-l04

宮城・石巻市でキムチづくり体験

農業への関心を高めようと、宮城県石巻市で、市民らを対象にしたキムチづくりを体験する教室が開かれました。
 この体験教室は、石巻市を拠点に農業の担い手育成などに取り組んでいる一般社団法人が開いたもので、市民や学生らが参加しました。
 参加者はキムチづくりに挑戦し、初めにニンジンやネギなどの材料を千切りにしました。
 このあと、もち米で炊いたおかゆや野菜などの材料に粉唐辛子を入れて混ぜ、最後にあらかじめ塩付けにしていたハクサイを加えてキムチを完成させました。
 主催した一般社団法人では、「今後もこのような体験教室を通じ、農業に関心を持つ人を増やしていきたい」と話していました。

続きを読む

【韓国・平昌五輪】あぐらがツラい外国人客「食事がヨガ修行のよう」

1: たんぽぽ ★ 2018/02/20(火) 06:33:26.05 ID:CAP_USER
 19日昼、江原道江陵市内にある刺し身料理店にアルペンスキーのアルゼンチン代表、セバスチアーノ・ガスタルディ選手(27)がやって来た。ガスタルディ選手は座卓の下に両脚を長く伸ばしていた。一般の人に比べ太ももが2倍ほど太いため、膝を曲げて座れないのだ。食事中、頻繁に体をよじりながら「何度も(あぐらをかこうと)膝を曲げようとしたが、とても無理だ。韓国人はあんな難しい姿勢でよく食事ができるなぁ」と言って笑った。

 五輪が行われている平昌・江陵エリアの飲食店を訪れる外国人客にとって、最も悩ましいことの一つが座敷での食事だ。長時間「あぐら」の姿勢で食べるのはとても難しいという。座敷の文化に興味を示して座卓を選んだ外国人が、実際に座ってからギブアップする例が少なくない。今は予約のときに椅子席があるかどうか確認するのが不可欠のようだ。そのため座卓を椅子とテーブルに変更する飲食店も増えている。

■「韓国人はヨガをしながら食事する」

 18日夜には江陵市内の別の刺し身料理店で、左頬に平昌五輪の公式マスコット「スホラン」を描いたスイス人観光客6人が4人用の座卓を狭そうに囲んで鍋料理を食べていた。入り口に近い椅子席は満席だったが、座卓の並ぶ奥の部屋はガラガラだった。カエタン・エガーさん(32)は「狭くても座卓を囲んで座ろうということになった。実際に座ってみたら腰と膝が痛くて10分も耐えられなかった」と話した。隣の座卓にいた英国人のケビン・カサイドさん(58)は「あぐらをかくと一人座っただけでテーブルの片側がいっぱいになってしまう。体格のいい西洋人にはあぐらは無理」と話した。

 「座布団に座ってみたい」と座敷を選ぶ外国人客もいるが、やはりつらそうだ。最初はあぐらをかいていても、すぐに膝立ちになったり片膝だけ折った姿勢で座り直したりする。スキー競技に出場する親戚の応援で江原道を訪れたカナダ人のロン・フォードさん(60)は「床にあぐらをかいてご飯を食べる韓国人を見ていると、ヨガをしているように見える」と話した。アルゼンチンから来たマーティン・ベジモさん(53)は「江陵に着いた日は好奇心から座敷を選んだ。しかし食事をしに行ったのに修行をして帰ってきた感じだった」と話した。


(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/19/2018021902742.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト