脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

文化

【韓国】五輪開幕が近づく平昌に行く(1)国民性ゆえの過剰投資も…平昌は今、工事中

1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/24(日) 09:42:31.17 ID:CAP_USER
平昌五輪開幕まで140日となったが、「平昌」という文字は、韓国よりも日本の方で多く見かける気がする。

金浦空港やソウル駅などに公式グッズの売り場があるが、立ち寄る人はあまりいない。

では現地はどうなのか。

先週韓国に行く機会があったので、短時間ではあるが、平昌にも足を伸ばしてみた。

平昌の今を、2回に分けて書いてみたい。

■開発が進む平昌

平昌には、スケート会場でもある江陵(カンルン)を拠点に回ってみた。

江陵には今回が4回目になるが、かつては、山また山を越える、難コースのイメージがある。

しかし今回は、新しいトンネルもできて、随分便利になった。

ソウルから江陵に行った時は、渋滞に巻き込まれて3時間を超えたが、江陵から東ソウルのバスターミナルへは、2時間40分で行けた。かつてに比べると1時間近い短縮だ。

途中のトンネルは一部工事中で、赤いランプと警報音が鳴り続けており、軍事施設に入ったような感じがする。

年末にはKTXも開通する予定なので、山に阻まれ、陸の孤島のイメージがあった江原道も変わっていくだろう。

ただそれは、そうした地理的条件ゆえに残っていた、この地域の良さを、消す可能性もある。

韓国の新聞も見ると、平昌五輪そのものの記事は多くないが、不動産や開発関連の広告はよく目にする。

実際平昌に近づくと、新たに開発された地域や、ペンションのような建物が目立つようになった。

平昌付近の高速道路には、「霧に注意」の看板もあった。スキー競技の開催地である平昌は、霧が多い地域だ。

江陵など東海岸の地域は、海流の影響もあり、冬場はソウルなどより、気温が高い。

しかし、江陵市と平昌郡の境界に位置する大関嶺の山々は、韓国で最も寒い地域の一つだ。狭いエリアで、標高の高低差によるもの以上の温度差があるので、風も強く、霧も発生しやすい。

私が平昌に行った日は、曇りに小雨のあいにくの天気。それは天気予報で分かっていたので、残念だったが、実際の競技は悪天候の中で行われることもあるので、それを見ておくのも悪くないと、気を取り直して、江陵のバスターミナルから、平昌に向かった。

開閉会式が行われるオリンピックスタジアムや、メイン会場の一つであるアルペンシアリゾートには、横渓(フェンゲ)のバスターミナルが拠点になる。

コンビニと乗車券売り場などが入った小さなターミナルの建物は、まだ真新しい。バスは2台停車するのがやっとで、トイレは仮設という、田舎のバスターミナルといったところだが、江原道(カンウォンド)内だけでなく、ソウルに向かうバスも発着する、この地域の交通の拠点でもある。
no title


横渓バスターミナルから、開閉会式が行われるオリンピックスタジアムへは、歩いていける距離にある。

スタジアムに向かう途中の歩道は、ほとんどはがされ、新しいブロックを敷き詰める工事が各所で行われている。韓国では土台の工事がしっかりしておらず、敷き詰めたブロックが波打つことがよくある。やるなら、そこはしっかりやってもらいたい。
no title



2017年09月24日
http://s-korea.jp/archives/20846
http://s-korea.jp/archives/20846/2
http://s-korea.jp/archives/20846/3
http://s-korea.jp/archives/20846/4
http://s-korea.jp/archives/20846/5

>>2に続きます。

続きを読む

【聯合ニュース】「日本料理コンペ」韓国予選開催 若手料理人が技競い合う

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/23(土) 23:25:15.65 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】和食の料理人が技を競い合う「日本料理コンペティション」の韓国予選が23日、中村調理製菓専門学校(福岡市)のソウル分校「ナカムラアカデミー」で行われた。

no title

韓国予選の出場者や審査委員ら。前列中央が優勝したユさん=23日、ソウル(聯合ニュース)

コンペティションはNPO法人・日本料理アカデミー主催で、隔年で開かれている。日本国内の6地域と韓国で予選が行われ、各予選の優勝者らが来年3月に京都で開催される決勝に進む。

 今年のテーマは「香りの創造」。当日に公開された食材を使い3時間半の制限時間で3品を仕上げた。

 韓国予選には韓国人の若手料理人5人が出場した。審査委員は「年々レベルが上がっていることに驚いている」として、「日本料理をもっと広めてもらいたい」と感想を語った。

 優勝したのは京都やソウルのすし店で修行を積んできたユ・ソンヨブさん(40)。ユさんは「今後も韓国でしっかりとした日本料理をちゃんとした形で提供するためにまい進していきたい」と意気込んだ。

 一方、予選後は農林水産省が日本食の海外発信を広げるために定めたガイドラインに基づき、民間団体が認定する外国人対象の日本料理調理技能認定の授与式が行われた。これまで計90人が認定されており、韓国人としては初めて10人が認定を受けた。10人はいずれもナカムラアカデミーの卒業生。ソン・ジュンソクさん(37)は「これからもっと経験を積み、韓国化した日本料理ではなく、現場の料理をお客さんにふるまいたい」と語った。

2017-09-23 17:21 聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2017/09/23/0800000000AJP20170923000100882.HTML

続きを読む

【魅惑アスリート】ソチでキム・ヨナ抑えた21歳アデリナ・ソトニコワ 平昌欠場に心ない韓国ネットユーザー

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/09/24(日) 10:16:19.33 ID:CAP_USER
冬季五輪の人気種目で“五輪の華”と称されるフィギュアスケート。世界トップに立ったロシア選手が来年2月に迫った平昌五輪を欠場することが明らかになり、もう1人は19歳で現役引退を発表した。世界最強のロシア勢の中で激しい生存競争をうかがわせる。

 欠場が明らかになったのは、アデリナ・ソトニコワ(21)。今年4月からコーチを務めるエフゲニー・プルシェンコ氏がロシア・メディアに対し、ソトニコワがトレーニングをこなせていない状態であり「けがのために今シーズンの試合には出場しない」と明かしたことをAP通信が8月28日に報じた。最近は右足首のけがに苦しんでいるようで、2つの金メダルを含め4大会の五輪でメダルを獲得したプルシェンコ氏のおメガネにかなう状態ではないようだ。ただ、同コーチは引退を意味するものではないとした。

 この報道に過敏に反応したのが、韓国だった。聯合ニュースは「ソトニコワはソチ五輪で釈然としない判定でキム・ヨナを抑えて金メダルを獲得した」と報じた。ネットユーザーはもっと過激で「けがは言い訳だろう」「実力がばれそうだから逃げたな」などと書き込んだ。2014年ソチ五輪で五輪連覇を狙ったキム・ヨナ(2位)を抑えて金メダルを獲得したのが、ソトニコワだったからだ。

 愛国心を託しやすいスポーツ・ナショナリズムは韓国人がことのほか強いといわれる。「国民の妹」と称され、韓国で絶大な人気を誇るキム・ヨナを負かしたことで韓国内は騒然とした。判定をめぐって韓国スケート連盟は国際スケート連盟などに不服を申し立てた。さらに、キム・ヨナ・ファンや韓国のネットユーザーらはソトニコワのSNSに抗議や非難のコメントを次々に書き込み、SNSを閉鎖に追い込んだ。

一方、ソチ五輪でキム・ヨナのライバルの1人に挙げられたユリア・リプニツカヤが拒食症に苦しみ、最終的に19歳の若さで現役引退を選択した。ロシア・スケート連盟は9月9日、リプニツカヤが正式に引退を報告し、代表メンバーから退く文書に署名したと発表した。

 母が8月28日、ロシアのタス通信とのインタビューで「ユリヤが欧州で3カ月間、拒食症の治療を終えて帰ってきた、4月、ロシアスケート連盟に引退決定を発表した」と答えたと伝えていた。

 15歳の時、ソチ五輪の団体戦で金メダルを獲得し、その可憐な容姿から「ロシアの妖精」と称されて将来を嘱望されたが、ソチの翌シーズンから不調が伝えられていた。成長期による体格の変化などでジャンプが不調だったという。インターネットサイトには今年6月、やや体重が増えた写真が公開され、妊娠説が流れたりした。リプニツカヤはSNSに「私は生涯37キロで生きなければならないの」などと書いていた。

 世界のトップを走るロシアの女子フィギュア陣には昨季の世界女王、エフゲニア・メドベジェワ(17)やアンナ・ポゴリラヤ(19)ら若手の実力派が台頭し、いったん第一線から後退すると、間隙を突いて再びトップに加わるのが困難な状況にある。リプニツカヤは今後、大学に進学する予定という。

2017.9.24 01:00
http://www.sankei.com/premium/news/170924/prm1709240008-n1.html

続きを読む

【韓国】 新羅高僧が唐で「禅茶」を創始…これが「草庵茶」として発展し、日本に伝わり「わび茶」になった ~韓茶文明の東伝

1: LingLing ★@無断転載は禁止 2017/09/23(土) 22:44:22.41 ID:CAP_USER
■「我が国の草庵茶、日本茶道に大きな影響」チェ・チョンガン 茶文化研究家
no title

「日本茶を飲む礼法の中で、『草庵茶茶道』の根は我が国から始まりました。」

陶芸家であり、茶文化研究家でもあるチェ・チョンガン氏は、
「新羅の高僧である無相禅師が唐国で『禪茶』を創始し、朝鮮時代の学者である梅月堂(※金時習の号)がこれを『韓茶』すなわち草庵茶として発展させて、日本ワビ茶になった」と主張する。

梅月堂は、我が国の最初の漢文小説である「金鰲神話」の作家としてもよく知られている。

チェさんは30年間、100回以上中国と日本の現地図書館と博物館などを往来しながら茶を研究した。

以来、これを集大成にした著書「韓茶文明の東傳」は学界の注目を浴びた。

チェ氏は、本を通じて
「16世紀日本茶精神のうち、ワビ茶に影響を与えた人は梅月堂で、茶を飲む時に使う器である「ワン」も朝鮮時代の南部地方から伝わったものだから、我が国が日本に影響を与えたということ」と強調した。

我が国の茶の精神と茶器の一部が日本に渡り、日本式に再創造されたというのだ。

次はチェ・チョンガン研究家との一問一答。

Q.著書を通じて、韓日の間で「茶道文化」が移り行く過程が私たちが知っていた事と異なるという主張をした。
ここでの日本茶道とは、草庵茶茶道すなわち禪茶を意味する。

7世紀中頃、唐代で新羅王子だった無相禪師から発達した禪茶は、仏教において茶を飲みながら遂行する文化だ。

以後、高麗時代に寺刹を中心とした禪茶意識が発達し始めた。三国遺事の著者である一然禅師も禪茶を発展させ、新羅と伽耶の茶に関する記録を整理した。

その後、朝鮮時代の梅月堂先生にも禪茶精神が伝授された。禪茶は「草庵茶」へと生まれ変わった。

草庵茶は農民が住む草家を母体にした。清貧を基礎として15世紀日本に伝播されて新しい文化を作った。これを30年間研究した結集がまさに著書「韓茶文明の東傳」だ。

Q.それならば、我が国と日本の茶道の違いは何か?
日本ワビ茶は韓国の「草家」に根を置いている。しかし、初期のワビは高台広室のような大きな家から始まった。

これに対し、我が国の草庵は草家のように小さい素朴な自然主義を追求するソンビを通じて発展した。

金時習は、禅家と道家、仏家思想を土台に、儒教茶の伝統にこのような哲学的な深みと法式を加えた。

Q.梅月堂によって「草庵茶」が日本に伝播したという事実はどうやって明らかにしたのか?
研究の始まりは35年前だ。金時習が草庵で日本の外交使節の僧侶に徹夜で草庵茶の精神世界を論じる送別詩を詠んだことを梅月堂文集の中から発見した。

1988年、江原大学で開かれた梅月堂関係の国際学術セミナーで、「日本室町時代草庵茶に与えた梅月堂の影響」を主題に論文を発表し注目された。その後に本格的な研究が開始された。(省略...)

ソース YTN(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=052&aid=0001058685

続きを読む

【平昌五輪】強豪国が相次ぎ不参加の可能性示唆=「開催に暗雲」―中国メディア

1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/09/24(日) 09:20:52.51 ID:CAP_USER
2017年9月23日、新浪体育によると、朝鮮半島情勢の悪化により、来年に韓国で開催される平昌五輪への不参加の可能性を示唆する国が相次いでいる。

21日、フランスのフレセル・スポーツ相は「北朝鮮の核開発による緊張状態が続き、選手の安全が十分に確保されない場合、フランス代表団はフランスに留まることになる。政府は代表団を危険な場所に行かせない」と発言。平昌五輪不参加の可能性を示した。

この動きが各国に飛び火。22日にドイツとオーストリアも同様の声を挙げた。オーストリア五輪委員会のカール・シュトース会長は、「朝鮮半島情勢は悪化している。選手団の安全が保障されない場合、我々は韓国には行かない」とコメント。ドイツ内務省は「適切な時期に検討、判断する」としている。

記事は、冬季五輪の強豪国である両国が不参加の可能性を示唆したことで、平昌五輪の開催自体にも暗雲が漂い始めていると伝えた。

なお、22日の定例会見で記者から「フランスが不参加の可能性に言及したが、中国は平昌五輪に選手団を派遣しないことを考慮するのか」と問われた中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は、「フランスのそうした姿勢について私は聞いていない。知る限り、韓国は平昌五輪を予定通り行うとしている。我々は心から地域の平和と安定を保ち、人民の間のさまざまなイベントが正常に行えるよう望んでいる」と述べた。


2017年9月24日(日) 9時0分
http://www.recordchina.co.jp/b191503-s0-c50.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト