脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

文化

【アジア大会】 サッカー男子:韓国人監督率いるベトナム、日本を破る~「朴恒緖マジック」がアジア大会でも猛威

1: 蚯蚓φ ★ 2018/08/20(月) 00:18:47.30 ID:CAP_USER
 ジャカルタで行われているアジア大会で、韓国人の朴恒緖(パク・ハンソ)監督率いる男子サッカーのU-23(23歳以下)ベトナム代表が19日、グループリーグD組第3戦で日本を1-0で破った。

 「朴恒緖マジック」がアジア大会でも猛威を振るっている。ベトナムはグループリーグでパキスタン、ネパールを相次いで破り、日本まで下して3戦全勝で決勝トーナメント進出を決めた。3試合で6得点、無失点という理想的な攻守のバランスを見せつけた。

 今年1月のアジア・サッカー連盟(AFC)U-23選手権でベトナムを史上初の決勝進出に導いた朴監督は、今大会でも絶好調だ。

 日本はふがいない戦いぶりで敗れた。2020年東京五輪でのメダル獲得を目標に21歳以下の選手だけでチームを編成したが、それを考慮しても衝撃的な結果だった。日本はグループ2位となり、決勝トーナメント第1戦では韓国を破ったマレーシアと対戦する。

 前半3分に早くもベトナムが均衡を破った。日本のGKからのパスをDFがトラップミスし、これをベトナムが奪って先制ゴールに結びつけた。

 ベトナムはその後も日本を圧倒。正確なパス回しに日本のDF陣は打つ手がなかった。ただシュートが枠内に飛ばず、点差を広げることはできなかった。

 後半は日本の攻撃を効果的に遮断した。堅い守りからボールを奪うと素早くカウンターに転じ、日本を苦しめた。日本は3バックから4バックに変更して攻勢を仕掛けたが、最後までゴールを奪うことはできなかった。

クォン・ヒョクチン記者

ソース:NEWSIS/朝鮮日報日本語版<サッカー:韓国人監督率いるベトナム、日本を破る=アジア大会>
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/08/19/2018081902448.html

関連スレ:【アジア大会】 サッカー男子日本、ベトナムに敗れ2位通過[08/19]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1534678840/

続きを読む

【グルメ】韓国グルメ復権の立役者・チーズタッカルビのブーム分析

1: 動物園φ ★ 2018/08/19(日) 22:53:37.19 ID:CAP_USER
2018年08月19日 07時00分 NEWSポストセブン
韓国グルメ復権の立役者・チーズタッカルビのブーム分析

チーズと唐辛子は極めて相性がよい

 食のブームも紐解いてみれば様々な伏線に導かれていることが少なくない。食文化に詳しい編集・ライターの松浦達也氏が分析する。

 * * *
 チーズタッカルビの勢いが止まらない。2016年に新大久保の韓国料理店で売り出された後、写真映えする赤色×溶けたチーズのテクスチャーがインスタグラムで人気に火がついた。

 2017年にはクックパッドの「食のトレンド大賞」にも選ばれ、今年も牛丼チェーンの松屋が1月に「チーズタッカルビ定食」を発売。5月には日本ハムがパッケージ化された「チーズタッカルビ」を、山芳製菓が『ポテトチップス チーズタッカルビ味』を発売するなどいまだその勢いはとどまるところを知らない。

 一般的な「タッカルビ」は韓国の唐辛子みそ「コチュジャン」を味つけのベースに、鶏のもも肉に野菜などを加えて炒めた料理。それ自体、独特の甘辛さが後を引くが、そこにとろけるチーズを加えたことで、味にも見た目にもパンチが加わった。

 実は近年、韓国本国でもチーズをかける料理は人気を博していた。例えば下味をつけた豚肉のスペアリブに唐辛子のピクルスなどが入ったチーズを溶かして絡める「チーズカルビ」や、餅を甘辛く煮込んだ「トッポギ」でもチーズトッピングは一般的になってきていたという。

 唐辛子を日常的に使う韓国料理にとって、味をマイルドにしてくれるチーズは「出会いのもの」とも言えるほど相性がいい素材。そして実は逆も真なりで、チーズにとっても唐辛子、とりわけ韓国料理は「都合のいい」相手だった。

 もともと韓国料理には、しっかりと塩味がついているし、一定の甘味が加わった料理も多い。チーズを合わせるとより味は濃くなる。それはうまさにもつながるが、翻ってみれば「こってり」「くどい」味わいにもなりやすい。そこで韓国料理特有の「辛味」がバランサー役を果たすのだ。

 人間にとって塩は必要不可欠な成分であり、十分な量の塩分を摂取していれば、本来人の体はそれ以上の塩分を要求しないような仕組みになっている。ラットの実験でも食塩摂取が十分であれば高濃度の食塩水には嫌悪応答が生じるという結果が出ている。

 ところが唐辛子に含まれるカプサイシンを同時に摂取すると、味神経に対する影響が出る。とりわけ顕著なのが、塩味への応答だ。タバスコ程度の高濃度カプサイシンを摂取すると塩味に対しての応答が有意に抑制される。一定以上のカプサイシンの辛味は、塩味を感じにくくしてしまうのだ。

 考えてみれば、とろーりチーズと辛味という組み合わせは、ピザやパスタといった糖質や脂質たっぷりの脳が抗えない料理でもおなじみ。最近、新大久保界隈では、チーズタッカルビのほかチーズ入りのサムギョプサル、さらにはチーズ入りホットドッグなど、右も左もチーズ!チーズ!チーズ!の趣だ。

 確かに新大久保の韓国グルメ復権の立役者はチーズに違いない。ただし、その食味や味覚のメカニズムを考えると、現在のチーズグルメ隆盛の土台は、韓国料理に常用される唐辛子が支えたという側面もあるのかもしれない。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12180-073776/

続きを読む

【韓国芸能】<日本人タレントのサユリ>“光復節・太極旗”写真を削除…一部の非難コメントを意識か

1: Egg ★ 2018/08/18(土) 20:51:33.45 ID:CAP_USER
韓国で活躍する日本人タレント、サユリ(藤田小百合、38)が光復節(8月15日/日本の統治からの解放日とされる韓国の祝日)を記念し、太極旗(韓国の国旗)の写真を掲載し、その後、削除した。

 サユリは去る15日、自身のSNSに自撮り写真を掲載し、ファンらと疎通した。公開された写真は太極旗のスタンプなどでアレンジされていた。

 だがサユリは掲載から1日経った16日、該当掲示物を削除した。一部の日本人ネットユーザーからの非難を意識したものと見られる。サユリはこれまでも元従軍慰安婦の福祉施設ボランティアや寄付などもおこなっている。

8/16(木) 15:43配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180816-00000035-wow-asent

写真
no title

続きを読む

【韓国】徐敬徳教授、「アジア競技大会での “戦犯旗応援” の情報提供を!」

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/08/19(日) 02:48:32.92 ID:CAP_USER
(写真)
no title

no title


『世界戦犯旗(旭日旗)退治キャンペーン』を展開している誠信(ソンシン)女子大学校の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授チームが18日、今回の2018ジャカルタ・パレンバン・アジア競技大会の開幕式に合わせ、日本応援団による戦犯旗応援の情報提供を求めると明らかにした。

今回の企画で徐教授は、「去る2014年の仁川(インチョン)アジア競技大会の際、ホッケーの日本代表選手が日本ホッケー協会の記念品と言いながら、戦犯旗が描かれたバッジを韓国の学生に配ったありえない事件が起きた」と伝えた。

また彼は、「2015年のAFCアジアカップのガイドブックに戦犯旗応援の写真が登場して、2017年のアジアサッカー連盟チャンピオンズリーグの試合でも戦犯旗応援が行われるなど、アジア地域の大きな大会ことに戦犯旗が度たび登場した」と付け加えた。

特に徐教授は、「今回のアジア競技大会でも、このようなデタラメな戦犯旗応援がいつ発生するか分からないので、発見次第、写真や動画を撮って情報提供して欲しい。積極的な対処を行う計画である」と説明した。情報提供方法はメールや徐敬徳教授のInstagramやFacebookなど、SNSアカウントに送れば良い。

これについて徐教授は、「ジャカルタ現地で観戦するのも良いが、テレビで試合を視聴したり携帯電話などのモバイル機器で試合を確認して、写真やケブチョ(キャプチャー)画面で情報提供してくれれば良い」と求めた。

特に受付されると、アジア競技大会の大会組織委員会に真っ先に申告した後、外信記者に報道資料を配布して、戦犯旗応援の誤りを全世界に広く知らせる予定である。

一方、徐教授チームはFIFA公式Instagramや日本航空(JAL)、adidas、CONVERSEの映像などに露出した戦犯旗文様を無くすなど、世界的な機関やグローバル企業を対象でに『戦犯旗退治キャンペーン』を粘り強く展開してきた。

ソース:NAVER/スポーツ東亞(韓国語)
https://sports.news.naver.com/kfootball/news/read.nhn?oid=382&aid=0000668531

続きを読む

【サッカー】韓国代表FW、アジア大会衝撃敗戦後に問題行動・・・「試合終了後に対戦相手と握手せず」

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2018/08/19(日) 03:21:02.62 ID:CAP_USER
■ 母国紙が批判、「当然すべき義務を怠った」

(写真)
no title

▲ 行動が問題視されたFWファン・ヒチャン
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

■ 行動が問題視されたザルツブルクFWファン・ヒチャン「自分自身に腹が立っていた」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
インドネシアのジャカルタで開催されているアジア大会で、U-23韓国代表は17日のグループリーグ第2戦マレーシア戦で1-2と敗れた。オーバーエイジ枠でFWソン・フンミン(トットナム)、FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)、GKチョ・ヒョヌ(大邱FC)を招集し、万全の体制で大会2連覇を狙う韓国だが、まさかの敗戦に地元メディアは批判が続いている。

スポーツ紙「MKスポーツ」は、先発出場した22歳FWファン・ヒチャン(ザルツブルク)の試合後の行動を問題視している。

「敗戦とともに衝撃はもう一つあった。試合終了の笛がなった後、ファン・ヒチャンはハーフラインではなく、タッチラインの外に歩き始めた。試合終了後に、両チームの選手たちはハーフラインで握手をして、健闘を称え合う。これもフェアプレーの一つだが、ファン・ヒチャンは“当然”すべき義務を怠った。勝敗の感情に勝つことができなかった」

試合後の行動がふさわしくないものだったと同紙は指摘した。その後、ファン・ヒチャンはスタッフの説得の末に再びピッチに戻り、観客席のサポーターに感謝の挨拶をしたが、マレーシアの選手と握手することはなかった。

一連の行動を見せた理由について、ファン・ヒチャンは「こうした試合ではFWのゴールで雰囲気を変えるのが重要。自分がどうにかしてでも、チームの力にならないといけないのに、それができなかった。自分自身に腹が立っていた」と明かしている。

マレーシア戦の前半34分、0-1とリードされた状況で相手GKと1対1のチャンスを迎えたファン・ヒチョンだが、この場面で決めきれなかった。試合の流れを変えられなかった自分自身を責めているが、自分の感情をコントロールできず、相手に対する敬意を欠いた行動は許されるべきではない。

第2戦を終えて韓国は1勝1敗のグループリーグ2位。グループリーグ突破の可能性をまだ残しているが、20日の3位キルギス戦で同じ失敗は許されない。

(金 明昱 / Myung-wook Kim)

ソース:Football ZONE
https://www.football-zone.net/archives/129243

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト