脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

文化

【佐賀】「キンパプ」作り、韓国・金浦(キンポ)大の学生と交流

1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/07/23(日) 19:01:47.73 ID:CAP_USER
(写真)
no title

▲ 作り方のこつを教えてもらいながら、キンパプを作る参加者=佐賀市の県国際交流プラザ
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

佐賀女子短期大学に韓国から約1カ月留学に来ている金浦(キンポ)大の学生と県民との
交流会が20日、佐賀市の国際交流プラザであった。20人が参加し韓国式のり巻き「キンパプ」
や焼きそばを作り、互いに異文化への関心や理解を深めた。

キンパプ作りでは、ゴマ油やゴマ、塩などで味付けしたご飯に、キュウリや卵、ソーセージなどを
乗せノリで巻き、表面にはゴマ油を塗って仕上げた。学生に韓国語で質問したり、学生からは
日本語でどう表現するかなどを尋ねたり会話しながら楽しく調理した。

1度キンパプを作ったことがあるという片渕浩敏さん(53)は「学生たちは手際が良く驚いた。
以前作ったものと味付けや具の詰め方が違っていて家庭の味があることを知った」と話した。
初めて焼きそばを作って食べたキム・ジスさん(19)は「日本の人たちと互いの国の料理を
作って面白かった。焼きそばはおいしい」と笑顔を見せた。

県と同短大、同短大と協定を結ぶ韓国の格安航空会社(LCC)ティーウェイ航空福岡支店が
主催した。

ソース:佐賀新聞
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/448690

続きを読む

【韓国】平昌五輪:文大統領「後援金足りない…さらなる支援を」

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/25(火) 01:33:51.74 ID:CAP_USER
 平昌冬季五輪まであと200日と迫った24日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が江原道平昌のアルペンシアリゾートで開かれた記念イベントに出席し、後援金がやや不足していることを明かすとともに、公共企業に対して五輪へのさらなる支援を呼び掛けた。

 平昌五輪組織委員会は、朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領の親友・崔順実(チェ・スンシル)被告による国政介入事件の影響で、民間企業からの後援金確保が困難になっているという。

 後援金の目標額は9400億ウォン(約940億円)だが、先月末時点で8884億ウォン(約880億円)にとどまっており、あと500億ウォンほど後援金が必要な状況だ。

 一方、文大統領はこの日「平昌五輪は環境五輪、IT五輪、文化五輪、平和五輪などたくさんの意味を持つが、私は『癒やしの五輪』としたい」と述べた。

 文大統領は「国政介入事件をはじめ、国内の政治状況のせいで国民は長い間つらい思いをし、江原道民は国政介入事件が平昌五輪の準備過程にも影響してプライドも傷つけられただろう」として「冬季五輪を成功させ、傷ついた国民が韓国に再び誇りを持ち、癒やされて希望も持てるきっかけとなることを願う」と述べた。

カン・ヨンス記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/24/2017072402855.html

続きを読む

【東亜日報】平昌オリンピックの成功的開催は、韓国人の情熱DNAと大韓民国の底力を示すせっかくのチャンス

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/24(月) 19:42:52.92 ID:CAP_USER
200日後に2018平昌(ピョンチャン)冬季五輪が開幕する。3回の挑戦の末、一つになった情熱(Passion.Connected)」というスローガンの下、苦労して獲得した冬季五輪であり、1988年のソウル五輪以来30年ぶりに大韓民国で再び開かれるオリンピックである。

それなのに祭りへの期待と熱気どころか、社会の無関心で悩みが深い。冬季五輪の「誘致」という目標のために、6年前、政府、自治体、国民が一つになった感動を振り返りながら、「成功的開催」という目標に向け、再び私たちの力を集めなければならない時だ。

ソウルオリンピックが私たちの生活と文化を一ランク高める誇りの舞台になったように、平昌冬季五輪はスポーツと情報通信技術(ICT)、観光産業の融合で大韓民国を跳躍させる貴重な機会になることができる。冬季オリンピック史上初めて、金メダル数が100個を超えるだけに、予算確保が優先課題だ。

組織委員会は高速鉄道と競技場などのインフラ建設費用を除いて、オリンピック所要予算を2兆8000億ウォンと試算している。しかし、組織委の収入は2兆5000億ウォンに過ぎない。補正予算により、終盤に予算557億ウォンを確保したものの、赤字オリンピックは避けられない。

崔順実(チェ・スンシル)国政介入の後遺症で、各企業に後援金を期待することも難しいのが現状だ。

結局、韓国電力や江原(カンウォン)ランドなど、公企業の「社会的貢献」に頼らざるを得ない。政府と政界がスポンサー企業に対して、税制優遇などの具体的方法も議論する必要がある。スポーツTOTOの期限付き発行案なども検討に値する。

国際大会の成功は、国民的声援が左右するだけに、積極的な観覧参加もオリンピックの均衡財政に大きな助けになるだろう。

平昌とは対照的に、日本では2020東京オリンピックの熱気が熱い。日本は東京オリンピックの経済効果を308兆ウォンと試算し、政府と自治体が力を合わせて準備に邁進している。

オリンピックのような国際的スポーツイベントは短期間でみれば赤字かもしれないが、緻密な準備と実行が伴うなら、長期的観点では黒字になることもある。現代(ヒョンデ)経済研究院によると、国際的存在感の向上など、平昌五輪の経済効果は64兆ウォンを超える。

今回の平昌オリンピックは、2020年の東京オリンピック、2022年の北京冬季五輪など、韓・日・中へと続くアジアオリンピックシリーズの最初の走者だ。ソウルオリンピックと2002年の韓日ワールドカップでそうだったように、今大会を通じて共通目標の前で一つに結束する韓国の力を発揮しなければならない。

平昌オリンピックの成功的開催は、韓国人の情熱DNAと大韓民国の底力を示すせっかくのチャンスといえる。

http://japanese.donga.com/List/3/05/27/1001807/1

続きを読む

【韓国ネット】韓国vs中国の摩擦で日本が漁夫の利?韓国人旅行者が中国から日本へ大挙流れる

1: らむちゃん ★@無断転載は禁止 2017/07/23(日) 10:59:40.70 ID:CAP_USER
Record china配信日時:2017年7月23日(日) 7時10分
http://www.recordchina.co.jp/b179037-s0-c30.html

2017年7月20日、韓国・毎日経済によると、在韓米軍による高高度防衛ミサイル(THAAD)配備の報復措置の一環として、中国政府が行っているとされる韓国旅行禁止措置が続く中、韓国人の海外旅行者が中国を避け、日本に向かっていることが分かった。

韓国の旅行業界によると、ここ数年、韓国人最大の海外旅行先であった中国の人気が、ここへ来て急落している。特に中国によるTHAAD配備への報復が本格化した3月以降、中国への旅行者数が急減していることが分かった。国内旅行シーズン(7月下旬?8月中旬)にツアーで海外旅行に行く旅行者の中で、中国を選んだ人の割合は、昨年の25.4%から今年は15.3%へと大幅に減少した。

一方、日本旅行商品の予約件数は今年に入り、前年比で毎月150?200%増加しており、全海外旅行者に占める日本への旅行者の割合は昨年の13.1%から今年は23%に増加した。また日本政府観光局(JNTO)の発表によると、今年上半期に日本を訪問した韓国人観光客は前年同期比約42.5%増の339万人、一日約2万人の韓国人が日本を訪れたことになり、中国を抜いて韓国が、訪日観光客の国籍で1位となった。

昨年まで訪日外国人の国籍別ランキングで首位だった中国は、今年上半期、前年同期から6.7%増の328万1700人を記録したが、韓国に1位の座を明け渡すことになった。昨年上半期は、訪日中国人307万人に対し韓国人は238万人で、中国が韓国を圧倒していた。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは「プライドがあれば中国には行かない」「THAAD報復で中国に愛想が尽きた」「すでに中国とのすべての関係は終わった」など、中国への不信の声のほか、「最近のメディア報道も、中国より日本や東南アジアにシフトしているような気がする」とメディア報道に関連した意見が寄せられた。

また「中国人も韓国に来ずに日本に行っている。結局、日本に観光客が集中する」と、日本が漁夫の利を得ているとする声も。

その他、「失業問題が大変な時に旅行の話か」「中国が嫌だからって日本に行くのもねえ」「資源がない国なのに、あえて海外でお金を使う必要はない」などとするコメントもみられた

続きを読む

韓国を追放された韓国人コーチ、日本でコーチにwwwwwwwwwwwww

1: 名無しさん@涙目です。(catv?)@無断転載は禁止 [CN] 2017/07/22(土) 20:12:24.14 ID:l6Of5ySx0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
韓国のショートトラック代表チームを追われた指導者が、日本のトップ選手の強化に励んでいる。
不正に関わったとされ、除名処分となったチョン・ジェモクコーチ(43)。
今なお韓国代表の指導は許されていないが、来年の平昌五輪で日本に長野五輪以来20年ぶりのメダルをもたらそうと、情熱を注ぎ続けている。

 「左足をもっとプッシュ!」

 7月上旬、長野・南牧村のスケートリンクに低い声が響いた。
日本語も交えるチョンコーチの視線の先で、ソチ五輪出場の坂爪亮介(タカショー)や
世界選手権女子3000メートルリレー銅の斎藤仁美(オーエンス)ら日本代表選手たちが、縦一列になって、リンクを滑走していた。

 チョンコーチは日本スケート連盟所属の指導者ではない。
韓国のクラブチーム「城南市庁」のコーチだ。
普段は自分を慕って個人的に訪れる日本選手も受け入れ、所属選手らと一緒に韓国で指導をしている。
今回は、9月にこのリンクで全日本距離別選手権があることから、日本選手のために下見を兼ねて合宿が行われた。
チョンコーチは「選手が指導を信じて、頼ってくれているのはうれしい。最善を尽くしたい」と話す。

 五輪出場経験はない。高校、大学で韓国代表入りし、1994年リレハンメル五輪代表に内定した。
だが、直前のけがで代表を辞退。24歳で指導者の道に進んだ。

 08年から韓国代表コーチとな…

いかそ
韓国追放のコーチ、日本選手強化に励む スケートST
http://www.asahi.com/articles/ASK7G15FFK7FUTQP041.html

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト