脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

文化

紅白歌合戦に吹く韓国のKーPOP旋風は「選出の偏り」か?「K-POPグループを通して紅白を世界に拡散したい」NHKの思惑

1: 新種のホケモン ★ 2022/11/29(火) 14:34:51.09 ID:XHmPYynW
no title

渡韓した日本人アイドルが凱旋
出場が決まり、東京都内で開かれた会見で笑顔を見せるIVEのメンバー(読売新聞文化部・辻本芳孝撮影)

「第73回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が11月16日に発表され、韓国で人気のK-POP界からTWICE(トゥワイス)、IVE(アイブ)、LE SSERAFIM(ル・セラフィム)と、3組のガールズグループが選出されました。複数同時出場は、東方神起、KARA、少女時代が顔をそろえた2011年以来11年ぶり。紅白に吹く“K旋風”の背景を、K-POPに詳しいライターの酒井美絵子さんに寄稿してもらいました。

今回の紅白には他にも、メンバー全員が日本人ながら、韓国の大手芸能事務所JYPエンターテイメントに所属するNiziU(ニジュー)、韓国の人気オーディション番組の日本版から生まれたJO1(ジェイオーワン)など、韓国に縁のあるアイドルグループが出場を決めました。K旋風を読み解くキーワードは、「Z世代からの圧倒的認知度」「進化した刀群舞(カルグンム)」、そして「シェア力」の三つです。

TWICEは、「2011年以降に韓国で生まれた女性アーティストの中で最もCDを売り上げた」と言われる、韓国の国民的グループ。17年には日本でも「TT」ダンスブームを巻き起こし、ドーム公演の常連です。日本でも圧倒的な認知度を誇り、4度目の出場も納得の選考といえるでしょう。

対して、IVEとLE SSERAFIMは、本国でデビューしてまだ1年もたたない新人グループです。日本でのテレビ出演はほとんどなく、唐突感を覚える人もいるかもしれません。が、実は韓国はもちろん日本での売り上げ成績が良く、特にZ世代で絶大な人気を誇るグループなのです。

特に今年10月に日本デビューを果たしたIVEは、ビルボードジャパンチャートにおいて複数曲でストリーミング回数1億回再生を突破。これはBTS、TWICEに続き、3組目となる快挙です。また、「Z世代女子が選ぶ、2022年トレンド大賞」(SHIBUYA109エンタテイメントが運営する若者マーケティング研究機関「SHIBUYA109 lab.」による調査)の「アーティスト部門」で1位にランクインするなど、Z世代のアイコンとなっています。

一方のLE SSERAFIMは、日本デビューはまだ果たしていないものの、TikTok JAPANチャートの常連です。元AKBグループ出身のSAKURA(宮脇咲良)さんが在籍していることもあり、J-POPアイドルグループファンからの知名度も高く、今後の日本での活動に注目が集まっています。

3組とも「日本人メンバー」がいることも、出場理由の一つになっているかもしれません。TWICEのサナさん、ミナさん、モモさんは、昨今の「日本人K-POPアイドル」の中で最も成功した例です。2000年代初めのグループにも、「日本人メンバー」は存在していましたが、15年のTWICEの成功以来、K-POPアイドルを夢見て渡韓するZ世代が急増しました。そのため、IVEのREIさんなど、今では日本人K-POPアイドルがたくさん活躍するようになりました。

K-POPの“中の人”としてスターになった彼女たち。幼い頃からK-POPに親しんできたZ世代にとって憧れの存在です。紅白で日本に凱旋し、パフォーマンスする姿に夢を重ねるZ世代も多いはずです。

(中略)

今回の紅白は、「みんなでシェア」をテーマに掲げています。実はこのシェアこそ、K-POPのお家芸ともいえるのです。昨今のような世界的ブームを巻き起こすことができた背景には、SNSやインターネットの戦略的利用があります。早くからYouTubeのような動画共有サイトでMVや音楽番組を無料公開――つまりシェアすることで、韓国は自国のコンテンツを世界へ拡散してきました。ファンも、事務所の公式発表や推しの芸能人の発信を“自発的に”翻訳し、シェアすることで、K-POPブームを後押ししてきたのです。

NHKの公式ホームページには、「スマホやPCでシェア。写真や動画でシェア」とあります。K-POPグループを通して、紅白を世界に拡散したい。NHKには、そのような思惑もあるのかもしれません。売り上げ成績もよく、話題性があり、絵にもなる。そして、テーマを体現している――。そう考えてみると、今回の紅白におけるK-POP勢の躍進も、合点がいくのではないでしょうか。

11/29(火) 12:11配信
大手小町(OTEKOMACHI)
https://news.yahoo.co.jp/articles/a0e518fae4b1201b3d6bcfc7c7a365f6f313f65f

続きを読む

【中央日報】「韓半島の文化のDNAが伝わり、京都が最高の観光地に」

1: 新種のホケモン ★ 2022/11/29(火) 09:06:29.03 ID:UYwnj2BL
no title

短歌詩人の李承信さんが散文集『なぜ京都なのか』日本語版を手に、読者に会うために日本を訪れた。写真は京都・同志社大学の校庭にある尹東柱詩人の詩碑を訪れた様子。[写真 李承信]

短歌詩人・孫戸妍(ソン・ホヨン、1923~2003)の娘で詩人の李承信(イ・スンシン)さんが最近、自身のエッセイ『なぜ京都なのか』(1・2巻、ホヨングルバン)の日本語版を出版した。

李承信さんの母親の孫戸妍詩人は31字で構成された日本の伝統詩歌・短歌を日本人より巧みに書く詩人だった。日帝強占期に日本で学んだ短歌を解放後も止めることなく60年余りの間に2000首を越える作品を書いた。短歌集『戸妍歌集』などを残し、1997年に青森県に詩碑が立てられたりもした。李さんは「母は私たちの先祖の詩が日本に渡って短歌になったことを知り、『1000年以上消えていた私たちの詩を私だけ書いているんだ』という使命感で短歌を守った」と紹介した。

李さんも母親に続いて短歌を詠んでいる。「ああ、いっそ夢だったら/ああ、いっそ映画だったら/惨憺たる大震災と津波(訳注・原語は韓国語)」。李さんは東日本大震災直後の2011年3月、惨憺たる悲しみに陥った日本人を慰める短歌を詠み、朝日新聞と中央SUNDAY(3月27日付1面)に同時掲載された。李さんが2018年と2021年に出版した『なぜ京都なのか』1・2巻は、李さんが詩人・尹東柱(ユン・ドンジュ)が修学した京都・同志社大学で2015~2016年に遅れて勉強した体験を基に、古い都市の随所に残っている韓国人の痕跡などを題材にした本だ。現在、京都に滞在中の李さんは電話インタビューで、「韓国の詩人の目に映った日本の姿を日本の読者が見て、韓国をもっと好きになってもらいたいという思いから『なぜ京都なのか』の日本語版を出すことになった」と述べた。

李さんは自身と京都、韓国文化と京都との縁を強調した。2011年、日本で名前が知られ、頻繁に講演するようになったが、その時になって日本についてろくに勉強したことがないという自責の念を感じた」と話した。単に韓国から遠くないという理由で留学先として京都を選んだが、結果的に最善の選択だったという。

「百済(ペクチェ)滅亡後、王族や貴族、当時の知識人が京都に移住して花咲かせた文化が千年以上伝統として定着し、命脈が受け継がれてきたではないか。私たちから消えていったものが京都にあり、京都が今日、世界最高の観光地になる土台になった。そのとてつもないDNAが私たちから始まったのだから、そういった自負心で未来の希望をつかみ、前に進まなければならないと思った」

李さんは「多くの日本人が韓国を好きになって許しを求め、膝をついたりもしているだけに、政府や政治家に両国関係の改善を任せずに民間人が互いに交流し勉強してより良い関係を築いていくことを願う」と語った。

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
2022.11.29 08:57
https://s.japanese.joins.com/JArticle/298227?servcode=A00§code=A10
続きを読む

【韓国】割られたガーナチョコレート・・・国会議員サッカー連盟会長、「今夜はこんな風に割ってやるぜ」

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2022/11/29(火) 10:40:48.48 ID:IxbE2pw1
(写真)
no title

_______________________________________________________

2022カタール・ワールドカップ(W杯)グループH2回戦、大韓民国とガーナの試合が行われる28日、ガーナチョコレートが話題に浮上した。

この日の午後10時(韓国時間)、 韓国はカタールのアル・ラーヤンに位置するエデュケーション・シティ・スタジアムで、ガーナとの一本勝負を繰り広げる。

この日、韓国国会議員サッカー連盟の会長を務めるチョン・ヂンソク(鄭鎮碩)国民の力非常対策委員長は韓国サッカー代表チームのガーナ戦を控え、ガーナチョコレートを粉々に割った写真を公開してネチズンたちの注目を集めた。

チョン委員長は自身のFacebookに、「ガーナ・・・、今夜はこんな風に割ってやるぜ」というコメントとともに、ガーナチョコレートを割った写真を掲載した。

今夜、韓国サッカー代表チームがガーナを破るだろうという願いをユーモアを交えて表現したものと見られる。

チョン委員長は、「外交的感覚があるのでマイルド(製品名の一部)という単語を追加した」というネチズンのコメントに対し、(笑)で回答した。

ウルグアイとのグループリーグ1回戦で0-0で引き分けた韓国は、目標であるベスト16進出のために必ずガーナを破らなければならない。

韓国の国際サッカー連盟(FIFA) ランキングは28位、ガーナは61位で、ガーナはグループリーグを行うチームの最下位である。韓国とガーナの歴代戦績は3勝3敗だ。

一方、ガーナチョコレートは日本のロッテが1964年から生産している。韓国ロッテ製菓でも1975年から生産しているチョコレートだ。

名前は日本のライバル企業等とは異なり、アフリカのガーナ(Ghana)からカカオ豆を直輸入しているという理由で付けられた。おかげでガーナチョコレート販売されている韓国で、ガーナの認知度上昇の一役を買った。

ソース:毎日経済(韓国語)
https://www.mk.co.kr/news/society/10548194

続きを読む

BTSのデビュー10周年記念メダルが発売へ…韓国造幣公社「最先端の技術を総動員し世界最高にふさわしいメダルを制作」

1: 新種のホケモン ★ 2022/11/28(月) 14:33:45.31 ID:M9y2X6Cb
11月28日、韓国造幣公社は来年のBTSデビュー10周年を記念したメダルを発売すると明かした。

今年中にBTSのロゴと数字「10」をモチーフにしてデザインされた最初の記念メダルを発売し、来年にはメンバー別の肖像をモチーフにして作った記念メダルも発表する予定だ。

◆1年にわたって準備

no title

(画像=韓国造幣公社)BTS記念メダル発売ティーザー

韓国造幣公社は、BTSのデビュー10周年を世界中のファンと一緒にお祝いし、記念するために去る1年間、BTSの所属事務所HYBEと記念メダル事業を準備してきた。

韓国造幣公社のパン・ジャンシク社長は、「BTSのデビュー10周年を迎えてHYBEと公式記念メダル事業を推進することになり、何よりも意味深い」とし、「この70年余りの間に蓄積した最先端の貨幣製造技術を総動員し、世界最高のアーティストの位相にふさわしい記念メダルを制作して全世界に韓国を知らせる」と話した。

具体的なスケジュールは来年確定され、韓国造幣公社のショッピングモールやHYBE公式SNSなどを通じて公開される予定だ。

なおBTSは最近、最年長メンバーのJINが12月13日に入隊することが決まった。現在は各自がソロ活動を行っている。

2022年11月28日
https://sportsseoulweb.jp/star_topic/id=64022

続きを読む

【朝鮮日報】ハワイが首位陥落…「日本人が年末に旅行したい都市」1位になったのは

1: 新種のホケモン ★ 2022/11/28(月) 11:10:29.22 ID:gCU3XIgJ
no title

▲ソウル市中区明洞に設置されたクリスマスツリーの前で旅行客が楽しんでいる。/18日午後、NEWSIS

 韓国が日本人旅行客の人気旅行地として浮上している。 ソウルが米国ハワイのホノルルを抜き、11年ぶりにトップとなったほか、釜山も4位に入るなど、韓国の都市が人気を集めている。

 日本の旅行業界大手エイチ・アイ・エスが25日発表した「年末年始海外旅行予約動向」によると、海外旅行予約者数ランキングで昨年4位だったソウルが1位となった。昨年までトップだったハワイのホノルルは2位となった。1位が入れ替わるのもソウルが1位となるのも2011年以来11年ぶりのことだ。

 調査対象は同社で12月24日から来年1月3日までの期間の旅行を申し込んだ人。3位は昨年と同じバンコク。4位には釜山が圏外から一気にランクインした。以下、グアム、シンガポール、台北、マニラ、パリ、ホーチミンの順となっている。

 10位以内にランクされた都市は大半がアジアだった。航空券の燃油サーチャージ上昇と記録的な円安などで短距離の旅行先が人気を集めているとみられる。

 同社は「ソウル行きの顧客の約7割が女性で、10代後半から20代の若年層が約4割とけん引している。ドラマや音楽などポップカルチャーの人気が引き続き高く、さらに韓国政府による入国規制緩和に伴い、日韓路線の増便やコロナ禍により運休していた地方空港を含む路線・格安航空会社(LCC)の運航再開などで、行きやすくかつ価格が手ごろな旅先として選ばれている」と指摘した。

 同社を通じた年末年始の海外旅行予約は、コロナ前の2019年と比べると2割程度にとどまるが、前年同期に比べれば約19倍に増えている。

 同社はコロナ前に人気が高かった台湾について、「今後水際対策が緩和されれば韓国同様に急激な回復も見込まれる」と予想した。

 韓国政府は11月1日から日本、台湾など8カ国・地域に対するビザなし入国を再開した。最近日本・台湾・マカオが外国人観光客のビザなし入国と個人の自由旅行を認めたことに伴う措置だ。韓国政府はそれまで新型コロナウイルス感染症の海外からの流入阻止目的と相互主義により、韓国国民に対するビザなし入国を禁止した91カ国を対象に20年4月からビザなし入国を中断していた。

キム・ジャア記者

チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版
2022/11/28 11:00
Copyright (c) Chosunonline.com
https://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2022112880065

※関連スレ
【毎日新聞】年末年始の海外、1位は韓国・ソウル 燃料高騰で短距離に人気 HIS年末年始の人気渡航先ランキング [11/25] [新種のホケモン★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1669377383/

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト