脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

自衛隊

【名案】半島有事に韓国が自衛艦接岸拒否→米艦を「浮き桟橋」にすればいいんじゃね?

1: nemo(アメリカ合衆国) [US] 2018/01/16(火) 18:11:56.09 ID:1EOvvI+n0● BE:725951203-PLT(26252) ポイント特典
浮き桟橋のイメージ
no title


読売新聞
----------
半島有事の場合、邦人・米国人ら対馬に一時退避

 日本政府は、朝鮮半島有事で韓国の空港が閉鎖された場合、在韓邦人・米国
人らを釜山港から海上自衛隊艦船と米軍艦が協力して対馬(長崎県)に運び、
一時退避させた後、九州に順次ピストン輸送する方向で検討に入った。

 韓国政府は自衛隊の派遣に同意していないが、釜山港に接岸した米軍艦の隣
に海自艦を「横付け」し、邦人らを乗せる案が浮上している。

 複数の日本政府関係者によると、有事の際は、日本国内への脱出を最優先し、
釜山から最短距離にある対馬で1~2泊ほど滞在させることを想定している。
民間の在韓米国人にとっても日本が退避場所になるため、釜山港からは米軍艦
と海自艦で対馬に輸送し、順次、福岡県の門司港など、九州に船舶でピストン
輸送する方針だ。すでに日本政府関係者が水面下で、対馬の現地視察を行い、
ホテルなど宿泊施設の収容可能な人数や必要な水・食料の検討を始めている。
北朝鮮による攻撃が間近に迫れば、関係自治体との協議に乗り出す考えだ。
【WEB記事はここまで。以下、紙面から一部引用】

 待避計画で最大のネックは、韓国国内で自衛隊への反感が根強く、派遣への
同意が得られていないことだ。【略】ただ、昨年秋に日本政府が韓国側に自衛
隊の派遣を水面下で打診したところ、海自艦の接岸には同意しなかったが、米
軍艦であれば、釜山港への接岸を容認する考えを伝えてきたという。
----------
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180115-OYT1T50129.html

続きを読む

【防衛】安倍晋三首相、北朝鮮の核・ミサイル開発に対して「従来の延長線上ではなく、真に必要な防衛力の強化に取り組んでいく」

1: ろこもこ ★ 2018/01/04(木) 20:56:07.08 ID:CAP_USER
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000051-mai-pol

 安倍晋三首相は4日、三重県伊勢市の伊勢神宮で年頭の記者会見を行った。首相は「今年こそ、憲法のあるべき姿を国民に提示し、憲法改正に向けた国民的な議論を一層深めていく」と述べ、自民党総裁として同党の改憲案の早期とりまとめに意欲を示した。

 首相は現行憲法の国民主権、基本的人権の尊重、平和主義という基本理念は「今後も変わることはない」とした上で「時代の変化に応じ、国の新しいあり方を議論するのは当然のことだろう」と述べた。自衛隊の存在明記など個別の改憲項目には触れず、「具体的な検討は党にすべて任せたい。スケジュールありきではない」と語った。

 首相は22日召集予定の通常国会を「働き方改革国会」と位置付け、9月の自民党総裁選で3選を目指すかどうかについては「通常国会で結果を出すことに集中したい。その先のことはその上で考えたい」と重ねて表明した。

 北朝鮮の核・ミサイル開発に対して「従来の延長線上ではなく、真に必要な防衛力の強化に取り組んでいく」と述べ、国際社会と連携して圧力を高める方針を示した。【遠藤修平】

続きを読む

【中央日報】自衛隊、海外邦人の救出訓練を実施…韓半島有事に対応?

1: 荒波φ ★ 2017/12/14(木) 14:47:30.48 ID:CAP_USER
自衛隊が13日、海外の日本人を救出する訓練を実施した。事実上、韓半島(朝鮮半島)有事に対応した訓練とみられる。この日の訓練を報道したNHKも「この訓練は毎年行われているが、今回は北朝鮮の核・ミサイル開発をめぐって緊張が続く中で、関係機関の連携を確認する狙いもあると見られる」と伝えた。

訓練は埼玉県にある航空自衛隊入間基地で実施された。陸上自衛隊のほか外務省など関連機関から約400人が参加した。治安が悪化した外国のある地域で日本人と米国人を保護し、自衛隊輸送機や大型ヘリコプター(チヌーク)で安全に移動させるというシナリオだった。

陸上自衛隊の大型装甲車をはじめ武装兵力が警戒する中、外務省の職員が旅券を確認して出国手続きを踏む過程がメディアに公開された。昨年から施行中の新安保法に基づき、自衛隊は海外で邦人を救出する際に武力を使用できるようになった。以前は武力を行使できず、輸送だけが許された。実際、タイで行われる毎年の多国籍連合訓練「コブラ・ゴールド」でも昨年から海外邦人救出訓練を実施している。

このため韓半島有事の際、自衛隊武装兵力が邦人保護・救出を理由に韓国国内に入ってくる可能性があるという懸念も出ている。しかし韓国政府の許可なく自衛隊輸送機の国内空港着陸は難しい。

最近の日本メディアの報道によると、日本政府は韓半島有事の際、民航機を利用して邦人を帰国させるという方針だ。しかし民航機が離着陸するのが難しいほど軍事的衝突が強まる場合は、外務省が準備したチャーター機を飛ばすとみられる。

問題は駐韓日本人が6万人にのぼるだけにこうした方法では限界があるということだ。共同通信によると、日本政府は避難できない日本人を釜山(プサン)に集結させた後、対馬を経由して帰国させることも検討している。

米国に支援を要請する可能性もある。在韓米軍は毎年、上半期と下半期に分けて有事に対応した「非戦闘員退避訓練(NEO)」、すなわち韓国内の米国民間人退避訓練を実施している。実際、一部の参加者は米軍の輸送機に乗って在日米軍基地に移動する訓練もしている。

これに関連し、安倍首相は先月行ったトランプ大統領との首脳会談で、韓半島情勢が悪化した場合の邦人退避に関する協議をしたと伝えられた。


2017年12月14日13時44分
http://japanese.joins.com/article/534/236534.html?servcode=A00&sectcode=A10

続きを読む

日本政府、長距離巡航ミサイル導入を検討 朝鮮半島も射程に

1: 名無しさん@涙目です。(佐賀県) [DE] 2017/12/05(火) 20:45:14.33 ID:iivDz/+z0 BE:498464405-PLT(13611) ポイント特典
長距離巡航ミサイル導入、政府検討 朝鮮半島も射程に:朝日新聞デジタル

 政府は、航空自衛隊の戦闘機に長距離巡航ミサイルを搭載するための調査費を2018年度当初予
算案に計上する方針を固めた。有事の際に敵艦船などを攻撃するためとしている。ただ射程が長いた
め「敵基地攻撃能力」としての転用も可能で、専守防衛を堅持する政府方針との整合性が問われそうだ。

 防衛省が5日までに、与党幹部らに伝えた。巡航ミサイルは打ち上げ式の弾道ミサイルとは異なり、
低空飛行するのが特徴。導入を検討しているのは、米国が開発した「JASSM(ジャズム)―ER」
(射程900キロメートル超)とノルウェーが開発した「JSM」(同300キロメートル超)。いずれも戦闘機
から発射するタイプで、前者は空自の主力機F15、後者は最新鋭ステルス機F35に搭載する方向で検
討している。

 安倍政権が進める防衛力強化の一環で、抑止力を高める狙いがある。政府関係者は「いずれのミサ
イルも離島防衛のため」と説明するが、朝鮮半島なども射程に入る。防衛省は8月末の概算要求の段
階で、来年度予算案に計上するよう求めていなかった。

 弾道ミサイルなどが発射される前に敵の基地をたたく敵基地攻撃能力について、政府は「自衛の範囲
内」だとして憲法上可能との立場だ。ただ専守防衛の観点から、自衛隊にそうした装備を持たせていない。

 安倍晋三首相は先月22日の国会答弁で「国民の命と平和な暮らしを守るため、何をなすべきか、常
に現実を踏まえて、さまざまな検討を行っていく責任がある」と述べ、検討に含みを持たせていた。
(相原亮)
http://www.asahi.com/articles/ASKD55TNNKD5UTFK019.html

続きを読む

【速報】小野寺防衛相「北朝鮮情勢、年末から緊張感を持って対応せねばならない時期になる」

1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US] 2017/10/28(土) 13:22:21.93 ID:azyEjcCM0 BE:135853815-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
防衛相、北朝鮮情勢「年末に緊迫も」 富士山会合開幕

 国際関係や安全保障について日米の政府関係者や有識者が話し合う国際会議「富士山会合」(日本経済研究センター、日本国際問題研究所共催)が28日午前、都内で始まった。
小野寺五典防衛相は北朝鮮の核・ミサイル開発問題で「残された時間は長くない。今年の暮れから来年にかけて、北朝鮮の方針が変わらなければ緊張感を持って対応せねばならない時期になる」と語った。
今後数カ月で情勢が一層緊迫する可能性を示した。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22843380Y7A021C1MM0000/

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト