脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

日本

【朝日新聞社説】日韓「歴史」対立 融和へ果断な行動を

1: 首都圏の虎 ★ 2021/03/03(水) 08:31:57.50 ID:CAP_USER
 国民感情が絡みあう歴史問題を解くには、当事国政府の不断の努力が欠かせない。火だねを先送りしないための果断な行動と、過去を直視する謙虚な態度がそれぞれ求められる。

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領が、歴史問題で関係が悪化する日本に、融和的なメッセージを送った。かつての独立運動を記念する式典の演説を通してである。

 文氏は慰安婦などの文言を避けつつ、被害者の名誉と尊厳の回復に最善を尽くすと語った。その上で「韓日両国の協力と未来の発展のための努力も止めない」と言明した。

 日韓の協力が、北東アジアの安定や日米韓の3カ国協力にも役立つ、とも指摘した。

 文氏はこれまで北朝鮮や中国への配慮から、日米韓の結束を強調することに慎重とみられてきた。それだけに今回、微妙に前向きな変化がうかがえる。

 その言葉を行動で示してほしい。文氏は直近の歴史問題への対応策を具体化し、速やかに日本との協議を始めるべきだ。

 文氏は新年の記者会見でも、関係改善に意欲を示した。相次いで出た日本側に賠償を命じた判決に対し、解決案を提示することが期待された。

 それから約1カ月半が過ぎたが、残念ながら、現在まで目に見える進展はない。

 文氏の発言は、国内の対日政策批判をかわし、日韓関係改善を求める米新政権に応える構えを装うためだ、との冷めた見方もある。もしそうならば、根本的な解決は遠のくばかりだ。

 1年後には文氏の後任を決める大統領選が控える。

 日韓の間では、歴史問題が引っかかって、首脳や外相ら高位レベルの会談が滞っている。この異常な隣国関係を次期政権に引き継ぐわけにはいくまい。

 もちろん歴史問題では日本政府にも改めるべき点がある。

 先週ジュネーブで開かれた国連人権理事会では、両国の間でひともめあった。

 韓国政府は日本を名指しせずに「普遍的な人権問題」として慰安婦問題に言及した。これに日本政府は、2015年の日韓政治合意に照らし、受け入れられないと反発した。

 確かに日韓合意では、双方が国連など国際社会で非難や批判をし合わないことを確認した。だが慰安婦問題を取り上げること自体を禁じたわけではない。

 歴史の事実を回避するような態度は、慰安婦問題での日本政府としての考え方を表明した、1993年のいわゆる「河野談話」にも逆行する。

 それは韓国側の冷静な判断を促すのに役立たないばかりか、国際社会からも支持を得られないだろう。

https://www.asahi.com/articles/DA3S14819022.html

続きを読む

「韓国推し」を続ける日テレに集まる不信感…フジ炎上の二の舞となるリスクも?

1: 首都圏の虎 ★ 2021/02/25(木) 08:29:12.01 ID:CAP_USER
「また視聴者無視のゴリ押しか」の声

 23日朝に放送された『スッキリ』(日本テレビ系)に、現在ドラマ『君と世界が終わる日に』に出演中の韓国人タレント、キム・ジェヒョンが生出演した。

 キム・ジェヒョンが演じるのは、引っ越し業者のアルバイトで心優しい青年、ユン・ミンジュン。主人公の間宮響(竹内涼真)と友情を育むほか、韓国の国技・テコンドーを駆使してゾンビを撃退し、仲間を守るカッコイイアクションシーンもあるなど、アイドル俳優のような役どころだ。

 しかし、ドラマを見ていない人にとっては、「この人誰?」「何で朝から韓国人?」という状態。そもそも番宣は主演クラスでも2人で出演することが多いのに、知らない韓国人が単独だったこと、「ドラマ初出演、光る演技力」などとベタボメだったこと、ふだんより多くの人々が視聴する祝日の生出演だったことなども重なって、ツイッターやYahoo! ニュースのコメント欄には批判の声が続出していた。

 「また視聴者無視の韓国ゴリ押しか」
「韓国人のタレントばかり出すな。しかも祝日に。気分悪い」
「この番組、本当に韓国人が絡んでいるのかな」

 「また」「ばかり」「本当に」というフレーズが飛び交ってしまうのも無理はない。『スッキリ』は昨年から韓国をフィーチャーし続けて、その度に批判の声が飛び交っていた。

これまでもネットをザワつかせてきた日テレ
『スッキリ』ではもはやお馴染みとなったJ.Y.Park/photo by gettyimages

 その筆頭は、Huluで配信されていた『Nizi Project』だった。何度となく長時間を使ってフィーチャーしていたが、もともと韓国の芸能事務所に所属することが決まっていたグループのオーディションであり、課題曲はほとんどがK-POP。合格者たちが決まってからも、結成されたNiziUは出演を続け、プロデューサーのJ.Y.Parkも生出演したほか歌のパフォーマンスを披露した。

 2021年になっても、1月12日に東方神起、2月2日にMAMAMOOが韓国からリモート生出演。昨年から韓国からのリモート生出演は続いているため、もはや制作サイドにとっては平常運転のような感覚なのかもしれない。

 そしてもう1つ、ネット上が荒れたのが昨年9月21日の放送。同番組は、「若者の情報発信地だった原宿はコロナ禍の影響で客が減って竹下通りは閉店が相次ぎ、一方で韓国カルチャーが人気の新大久保は減少の幅が少ない」と伝えた。

 さらに、「相次ぐ閉店…原宿でなにが?」「新大久保 人が集まるワケは?」というテロップの表示、専門家による「若者の情報発信地は新大久保が中心になってきた」というコメントがあり、MCの加藤浩次はこれにおおむね同調していたのだ。

 しかし、新大久保の人出を映した写真にねつ造疑惑が降りかかる。人出の違いを見せるために昨年9月と一昨年9月の写真を並べて映していたのだが、昨年9月は半袖の人が大半なのに対して一昨年9月にはダウンジャケットを着ている人がいた。

 その他にも、新大久保は画面が人で埋まりやすい近距離撮影で、原宿は人の少なさが目につきやすい遠距離撮影であることなども含め、ネット上は大荒れ。「『スッキリ』は韓国推し」というイメージが形成されてしまった。

 ただ韓国推しは、もはや『スッキリ』だけでなく、日本テレビ全般に言えるものとなりつつある。それを知る人々にとっては、目に余るものがあり、だからこそ今回も批判の声が挙がってしまったのだ。

『ボンビーガール』で続く韓国推し
 デビュー前のNiziUを『今夜くらべてみました』『メレンゲの気持ち』『ヒルナンデス! 』などのバラエティで次々にフィーチャーしていたのは、その反響の大きさからそれなりに理解できる。

 しかし、『幸せ! ボンビーガール』での韓国推しは物議を醸した。まず昨年11月10日に新企画として、「韓国に移住、半地下に住む日本人ボンビーガール」をスタート。映画『パラサイト 半地下の家族』、BTSの『Dynamite』のヒットや、IZ*ONE、NiziUのように韓国で夢を叶えようとする女性が増えていることを挙げた上で、「韓国の半地下物件に住んでいる日本人女性に密着する」というコーナーだった。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/8002219fcb598ccfb40aa4c201497d52a5424826

続きを読む

【知韓派女優】黒田福美「韓国は人に迷惑をかける文化、金返せませんがまかり通る。彼らは平然と理解してくださいと」

1: ザ・ワールド ★ 2021/02/19(金) 11:43:44.28 ID:CAP_USER
長年、韓国の様々な事象を日本に紹介してきた黒田さんは、「親韓派」と思われているのだが、
最近では「知韓派」と呼ばれることも多い。それは、彼女は韓国の良いところだけでなく、暗部とされることをも「報道」してきたからである。

黒田さんは2008年、韓国・慶尚南道の泗川市に旧日本軍の太平洋戦争犠牲者の慰霊碑建立を目指し、やっとのことで実現にたどり着いた。
しかし、除幕式の前日に市から突然式典の中止を求められたのだ。その後、慰霊碑も破壊されてしまった。
「当時の朝鮮人日本兵は日本の戦争に協力した親日派だ」と主張する反日団体の圧力があったためだった。

中略
■もし次が逆転して保守派が政権を取るとしたら、今は静かにしといて保守的な方についたらいいのか、革新派につけばいいのか、様子見が始まる。
日本だったら、右派になろうと左派になろうと、国家が連続性を持てるように『引継ぎ』が行われますよね。
ところが韓国では『後は知らない』なんですよ。政治の場面だけでなく、世の中全体がそのために停滞してしまうんです」

その背景には、韓国人特有のメンタリティがあると言う。

「日本人は人に迷惑をかけちゃいけない、というのが基本ですよね。一方の韓国は、人に迷惑をかける文化なんですよ。
持ちつ持たれつの文化と言ってもいい。家族に対してでも、友人たちに対してでもお金がない時は『貸してくれ』と言って、
それで『ごめんなさい、返せません』というのがまかり通っちゃう。

韓国人にとって、言葉は相手を自分の思う通りに動かす手段なので、自分の言葉に責任があるという意識が薄い。
もしも実現できなかったら、彼らは平然と『理解してください』と言いますよ」

■黒田さんは、韓国でタクシーに乗るたびに運転手たちに話を聞き、本音を聞き出す。
「同調圧力の強い社会ではなかなか本音は出てきません。ところがタクシーのように、2人だけの空間では意外に本音が聞けるんです。

「ある時、10人くらいの運転手さんにじっくり話を聞いたんだけど、文在寅の肩を持つのが2割、日本の肩を持つのがやはり2割かな。
それ以外というのは『まあ、どっちもどっちだ』というのはあるんだけど、
何となく手応えとして韓国人がそういう時は、日本に対する融和とまではいかないけど、『言ってることもわかる』というのが本音なんですね。

■2019年、韓国と日本で出版されたある本が話題を集めた。それは『反日種族主義』。副題に「大韓民国危機の根源」とある。
韓国で11万部、日本で40万部のベストセラーとなった。

黒田さんは、『反日種族主義』のような反動的なことは起きると思っていたと言う。

「自分の政権に都合の良いような報道やアナウンスばかりをしていると、いつかきっと気づき始めると思ってました。
これだけみんな大学出て教育レベルの高い国民が、実は操作をされていたんだと気づいた時の怒りは、当然政権に向かってしまいますよね。
だから、今の政権もだんだん揺らいできてるんだと思います。

今やインターネットの世の中です。情報もただテレビや新聞だけじゃなくて、
ネット上で韓国人が『現政権がいかにおかしいか』と発言しているし、日本に向けて韓国の矛盾を日本語で語っている人もいます。
いろんな角度から情報が入ってくるようになって、昔だったら統制できたものができなくなってきています」

「自分が信じたいことを信じる」のが韓国の国民性。
しかし、『反日種族主義』のようなものが一石を投じ、さらにネットの普及によって、より一層変化の兆しが見られるようになったのだ。

「自分の聞きたいことしか聞かない人たちだから、日本がいくら『本当はこうなんですよ』と言ったところで、日本人の話など聞く耳を持たない。
だから、『これじゃダメなんじゃないか。正しく知ろうよ』という『旗』は、韓国人自身が掲げて推進していくしか道はない。
つまり自浄努力に期待するしかないと思います」

続きを読む

【中央日報】 日本外相 「韓国外交部長官が変わってもわれわれの立場に変わりはない」

1: 荒波φ ★ 2021/02/10(水) 10:54:44.57 ID:CAP_USER
茂木敏充外相は9日、韓国で新しい外交部長官が就任したことを受け、慰安婦問題など両国間懸案に関連した日本政府の立場はこれまでと変わらないと述べた。

茂木氏はこの日午後に開かれた記者会見で、韓国外交部長官に新たに就任した鄭義溶(チョン・ウィヨン)氏にどのような役割を期待するかと問われると「日韓両国は、お互いにとって重要な隣国だが、ここ数年、韓国によって国際約束が破られ、二国間合意が実施をされておらず、日韓関係は、かつてなく厳しい状況にある」と言及した。

続けて「日本政府としては、我が国の一貫した立場に基づいて、韓国側に適切な対応を強く求めていくという立場に変わりはない」としながら、韓国外交部長官が変わっても立場は同じであることを強調した。

茂木氏はあわせて「外交当局間の意思疎通を継続する中で、日韓間の懸案の解決のための韓国側の具体的な提案を、注視をしていきたいと思う」と付け加えた。


中央日報日本語版 2021.02.10 10:51
https://japanese.joins.com/JArticle/275413

続きを読む

柔道の韓国代表 「在日の立場や歴史知ってほしい」 聴講生「在日韓国人としての誇りを感じた」

1: (やわらか銀行) [US] 2021/02/09(火) 07:08:27.62 ● BE:307982957-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/2mona2.gif
トップ スポーツ 「金メダル取り、在日外国人の立場や歴史知ってほしい」 京都育ち、在日3世の柔道韓国代表が講演

 柔道男子73キロ級の韓国代表として東京五輪を狙う在日3世の安昌林(アンチャンリン)(京都市南区出身)が3日、
城陽高(京都府城陽市)の1年生にオンラインで講演した。自身の生い立ちに触れ、「五輪で金メダルを取ることで、
在日外国人に対する誤った認識が少しでも変わり、立場や歴史を知ってもらえればありがたい」と呼び掛けた。

 安は京都朝鮮第1初級学校(京都市南区)から柔道部のある八条中(南区)に進学。小学生の大会で正しく名前を
呼んでもらえないこともあったという。「在日韓国人の意識はあったが、なんで僕だけ日本人じゃないんだろうと思った」と当時の記憶を語った。

 強豪の桐蔭学園高に入学したが、初出場した全国高校総体は初戦敗退。「僕が世界チャンピオンや五輪に出られる選手
になるとは誰も思っていなかった」と振り返り、「高校で成績を残せず、部活で目立てないからといって気にすることはない。
真面目に練習していれば結果は出る」とエールを送った。

 韓国の大学に編入後も在日に対する偏見に悩まされたことや、リオデジャネイロ五輪での敗戦、日韓の文化の違いも紹介し、
「セカンドキャリアは海外でコーチをしたい。在日選手のマネジメント会社も作りたい」と引退後の展望を語った。

 聴講した男子生徒は「在日韓国人としての誇りを感じた」、女子生徒は「他人と違うことを経験しながら、負けずに活動している
姿が素晴らしくて尊敬する」と話した。
https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/495299

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト