脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

日本

朝鮮人 サクランボ園とりんご農家を視察

1: おもてなしくん(兵庫県) [CA] 2019/10/21(月) 21:58:44.65 ID:LUElSpXj0 BE:592048191-PLT(13345)
sssp://img.5ch.net/ico/o_anime_basiin.gif
日韓関係が悪化し、各地で両国の交流事業が中止されるなか、21日青森県の南部町では韓国の農協の関係者が青森の農業を学ぼうとサクランボ園を視察し
ました。
南部町のサクランボ園を視察したのは、サクランボの栽培を検討している韓国・イエサン郡の農協関係者およそ40人です。
はじめにサクランボ園の山本又一さんが「日本のサクランボは高級な果物として人気が定着し夏にはこの農園にもたくさんの観光客が訪れます。皆さんも栽
培を考えて下さい」とあいさつしました。
続いて一行は農業用ハウスに移動し、ハウスにはビニールではなくネットをかけることで、必要な風を取り入れて受粉を促し収穫量を増やしていることや、
鳥による食害を防いでいることなどの説明を受けました。
視察団の団長を務めるクォン・オヨン組合長は「韓国のサクランボは実の小さいものがほとんどで適切な品種を植えることが重要だ。山本さんの話を聞いて
メンバーの関心が高まったと思う」と話していました。

視察団の一行は22日は板柳町のりんご農家を見学し23日帰国する予定です。
https://www3.nhk.or.jp/lnews/aomori/20191021/6080006411.html

続きを読む

【最長時間“2分20秒”】文大統領、長嶺駐韓大使との対話=韓国

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/10/20(日) 05:47:31.06 ID:CAP_USER
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領によって今日(18日)、青瓦台(韓国大統領府)の緑地園で駐韓外交団の招請レセプションが開かれた。その中でも長嶺安政・駐韓日本大使との短いながらも和やかな対話の姿が注目された。

文大統領はこのレセプションでの歓迎の辞で“公正・自由貿易”の重要性を強調した。これは事実上去る7月から続いている韓国に対する日本の輸出規制について“不当である”というメッセージを重ねて主張したことと解釈される。

この日のレセプションには111か国の大使および国際機構の代表など202人が参席した。文大統領夫妻は2時間余りの間、この駐韓外交団の関係者と握手を交わした。

その中でも最も注目されたのは、このところの日韓両国の冷え切った状況の中での、文大統領夫妻と長嶺大使夫妻との対話であった。文大統領夫妻は長嶺大使夫妻を暖かく迎え、長嶺大使夫妻とおよそ2分20秒ほど対話の時間をもった。これは今回の参席者の中での対話時間としては最も長いほうであった。

ただ文大統領はその後のレセプションの歓迎の辞を通して「公正で自由な貿易を通して世界の景気を浮揚させ、気候変動に対応することは、国際的協力があってこそ可能なこと」だとして、下降局面に入っている世界経済に対する国際社会の協力を強調した内容のものとして解釈することができるが、去る7月からの日本の“対韓国輸出規制”が続いていることを踏まえてみると、この発言はひとつの“対日メッセージ”であり、またこれは国際社会に向かって“日本の不当性”を知らせたことだと受け取ることもできるものである。

http://s.wowkorea.jp/news/read/243739/
WOW!Korea 2019/10/18 23:02配信

続きを読む

【朝鮮日報】 安倍首相側 「韓国の変化がない限り、我々からの贈り物はない」

1: 荒波φ ★ 2019/10/21(月) 09:26:15.14 ID:CAP_USER
■李首相が文大統領親書持参しても日本企業徴用賠償除外案提示しなければ両国関係進展不可能との見解
■日本消息筋「安倍首相、首脳会談に否定的」

22日の李洛淵(イ・ナクヨン)首相訪日について、韓国では悪化している韓日関係の解消のきっかけになると期待しているが、日本の安倍晋三内閣は冷ややかな雰囲気だ。

安倍首相の側近は、李洛淵首相が文在寅(ムン・ジェイン)大統領の親書を持参してきたとしても「韓国の見解に変化がない限り、我々側からの贈り物はない」という考えを明らかにしたと東京の消息筋が20日、伝えた。

李洛淵首相が強制徴用問題に関して従来の韓国の見解から日本企業の賠償責任を除外する案を出さなければ、両国関係に進展はないということだ。

この消息筋は「安倍首相は李洛淵首相から『1965年に締結した韓日請求権協定を守っていくことが韓国の立場』という言葉を聞きたがっている」とも言った。

韓日請求権協定には、徴用被害者の請求権問題は完全かつ最終的に解決された、と明記されている。

安倍内閣は、韓国大法院の賠償判決を韓国の内部的な問題としてまず解決した上で、日本側から徴用被害者や遺族、子孫のために寄付金または奨学金を出すという案を考慮しているとの立場だ。

「安倍-李洛淵会談」調整の過程で、李洛淵首相側は面談時間を20分間希望したが、安倍首相側は10分間にこだわり、「10分+α」ということで合意した。

安倍首相は韓日首脳会談にも否定的な考えだと別の消息筋が伝えた。「両国の見解の違いが大きい状況で会えば、かえって状況を悪化させる可能性がある」ということだ。

日本の外務省関係者は8月、「問題解決の兆しが見えないなら、安倍首相に首脳会談をしようとは言えない。両首脳が会ってもうまくいかなければ次はない」と語ったが、こうした見解は依然として同じだということだ。

しかし、国際社会の世論を意識して、来月タイで行われる「ASEAN(東南アジア諸国連合)+3(韓中日)」首脳会議や、チリで開催されるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議などで、立ったままでも少しの間会い、対話する方式は考慮することもできるとの立場だ。


2019/10/21 08:39
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/21/2019102180006.html

続きを読む

【公開動画全編 13分】北朝鮮漁船と取締船 衝突の瞬間

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/10/18(金) 21:50:26.53 ID:CAP_USER
水産庁は、今月7日に日本海で漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突した際の映像を公開しました。公開された映像は、およそ13分間に編集された動画です。

水産庁 漁業取締船の船員が撮影

水産庁が公開した映像は、今月7日に北朝鮮の漁船と衝突した水産庁の漁業取締船「おおくに」の船員が撮影しています。

動画は船が衝突する前から、海に投げ出された北朝鮮の漁船の乗組員が別の船に救助されるまでが映っていますが、公開された映像はおよそ13分に編集されています。

音声「退去警告に従わないので撮影を開始する」

映像はまず「退去警告に従わないので撮影を開始する」、「ただいまから放水を開始する」という音声から始まります。

その後「おおくに」が、前方を航行している北朝鮮の漁船に放水をしながら、ゆっくりと近づきます。船には北朝鮮の国旗も確認できます。

放水開始から5分 北朝鮮の漁船 取締船に激しく衝突

放水は次第に北朝鮮の船にあたり、撮影者の「該船に放水があたっています」、「石を投げる様子はいまのところなしです」という音声が聞こえます。

ところが放水開始からおよそ5分がたったとき、北朝鮮の漁船がゆっくりと左側にかじを切り、取締船の船首部分に激しく衝突します。

乗組員「当たる、当たる」「がちゃん」という大きな音ひびく

乗組員の「当たる、当たる」という音声とともに「がちゃん」という大きな音がひびき、ぶつかったときの衝撃が大きかったことがうかがえます。

漁船はゆっくりと沈没 ブイにつかまる北朝鮮乗組員

このあと映像は編集されていますが、次の映像には徐々に速度を落としながら左側に傾き始める北朝鮮の漁船が映っています。そして完全に横向きとなったあと、漁船はゆっくりと沈没していきました。

漁船が沈没したあたりの海面には、ブイにつかまっている北朝鮮の乗組員の姿がみえます。

別の北朝鮮船が現れる 北朝鮮乗組員 次々と乗り移る

その後、「おおくに」の乗組員は、海に浮かんでいる北朝鮮の乗組員のもとに救命いかだを運び、北朝鮮の乗組員はこのいかだに次々と乗り込みます。

その後、通訳を伴った「おおくに」の乗組員がいかだに近づき、安否を確認している様子も映っています。

しかし、しばらくすると別の北朝鮮の船が近くに現れ、救命いかだに乗っていた北朝鮮の乗組員が次々と乗り移りました。

※記事元に動画有り※

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191018/k10012139211000.html?utm_int=detail_contents_news-related_001
NHKニュース 2019年10月18日 21時19分

関連
【日本の排他的経済水域(EEZ)】北漁船と水産庁船衝突、救助活動続く…能登半島沖 (7日午前9時10分頃)[10/7]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1570443491/

続きを読む

【朝日新聞】知的な父が晩年ネトウヨに・・・喪失感・孤独が嫌韓へ

1: 鴉 ★ 2019/10/20(日) 15:18:38.26 ID:CAP_USER
● 知的な父が晩年ネトウヨに 喪失感・孤独が「嫌韓」に?

父のPCはネトウヨサイトだらけ 鈴木大介さん

 今春、がんのため77歳で亡くなった父は晩年、ネット右翼的な言動が著しく増えました。韓国や中国への批判や女性を軽視した発言が多く、韓流ドラマは「くだらない」。僕の取材テーマだった若者の貧困については、「自己責任だ」と眉を寄せました。

 末期には、ベッド脇のパソコンから流れるユーチューブのテキスト動画の音声を延々と聞いていました。デスクトップには「嫌韓嫌中」というフォルダーがあり、ブックマークは右寄りニュースのまとめサイトで埋まっていました。
https://www.asahi.com/articles/ASMBJ5QBHMBJUPQJ018.html


すずき・だいすけ 1973年生まれ。著書に「最貧困女子」、脳梗塞(こうそく)の体験を書いた「脳が壊れた」「脳は回復する」。

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト