脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

日本

【朝日新聞】最悪の日韓関係 日本は、この機を逃さず、文大統領の対話の呼び掛けに応じてほしい

1: 鴉 ★ 2019/08/17(土) 11:50:28.39 ID:CAP_USER
最悪の日韓関係。安倍首相に師匠の遺言は届くか

保守派の重鎮が語った重い一言と、私が大学生時代に知った日韓対立の元凶

「対話」の呼びかけにどうする日本?

 「日本が対話と協力の道に出てくるならば、われわれは喜んで手を握るだろう」

韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は、日本の植民地支配から解放された8月15日の「光復節」の演説で、日本との対話に応じる柔軟姿勢を見せた。
 韓国を輸出優遇国から除外する日本の2日の閣議決定以降、文大統領は「私たちは二度と日本に負けない」などと述べ、抗日姿勢を露(あら)わにしていただけに、かなりトーンダウンした格好だ。日本に対するナショナリスティックな強硬発言を連発し、内外からの強い批判も浴びたことで抑制的になったとみられる。

 これでボールは安倍晋三首相の手に移った。

日本はどう対応するのか。

 一国主義者で孤立主義者のトランプ大統領率いるアメリカのグリップ(掌握力)の低下と、中国の著しい軍事的台頭など東アジアの厳しい安全保障を直視すれば、日本はいつまでも韓国と「チキンレース」を展開している場合ではない。日韓がより緊密な関係を築き、率先して、過度なナショナリズムを意識的に克服し、東アジアの平和と安定と繁栄に向けて手を取り合わなくてはならないはずだ。

 安倍政権は、この機を逃さず、文大統領の対話の呼び掛けに応じてほしい。

朝日新聞
https://webronza.asahi.com/politics/articles/2019081600001.html

続きを読む

【政治】日本政府関係者「韓国はついに打つ手がなくなって弱気になったのではないか。日本と対話したいのだろう」

1: 鴉 ★ 2019/08/15(木) 19:10:55.69 ID:CAP_USER
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、日本の朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」の演説で対日批判を抑制したことについて、外務省幹部は「明らかにトーンが変わった」と指摘し、韓国側の対応を見極める考えを示した。今後は、韓国最高裁が日本企業に賠償を命じたいわゆる徴用工訴訟をめぐり、日本側が受け入れ可能な解決策を示すかどうかが焦点になる。

 政府内には、安全保障上の対韓輸出管理の厳格化が、文氏の変化につながったとの見方もある。

政府関係者は「ついに打つ手がなくなって弱気になったのではないか。日本と対話したいのだろう」と述べた。

 ただ、別の外務省幹部は「実際の行動につながればよいのだが」とも語り、韓国側が現実的な解決策を示すのか、注意深く見守る考えを示した。

産経新聞
https://news.goo.ne.jp/article/sankei/politics/sankei-plt1908150032.html

続きを読む

【東京新聞/社説】文大統領演説 関係悪化の歯止めに 安倍政権は、韓国側と積極的に対話してほしい

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/08/17(土) 17:23:00.25 ID:CAP_USER
文在寅(ムンジェイン)・韓国大統領は十五日の演説で対日批判を抑え、対話を呼びかけた。日韓関係悪化の歯止めとしたい。この発言を受け、韓国側から、懸案の元徴用工問題について解決策を提示してほしい。

 二十六分の演説の中で文大統領は、経済や平和の重要性に触れ、日本にも昨年より多く言及した。

 日本が植民地支配による被害者たちの苦痛を癒やす努力をしたと認め、「対話と協力の道に出てくれば、私たちは喜んで手を取る」と表明した。この発言を、前向きに受け取るべきだ。

 文大統領は、日本が輸出規制の強化を発表した七月上旬から、日本に対して、厳しい発言を繰り返してきたからだ。

 「(輸出規制は)日本経済により大きな被害が及ぶ」「日本に二度と負けない」などのほか、「賊反荷杖」という熟語を使って、加害者としての日本の責任を指摘した。「(日本は)盗っ人猛々(たけだけ)しい」という、きつい表現で報道され、日本で強い反発を招いた。

 韓国でも日本製品の不買運動が一気に拡大。日本製ビールの七月の韓国への輸入量が、前月比で半分近くに減るなど、韓国経済にも影を落とし始めている。

 さらに韓国は、北朝鮮とも難しい関係になっている。十五日の演説で文大統領は、北朝鮮との平和構築や経済協力を呼びかけた。

 ところが北朝鮮は十六日朝、飛翔(ひしょう)体を発射し、韓国との対話を拒否する談話を発表した。発射は、先月末からすでに六回目になる。日本とはむしろ、安保上の協力が欠かせないタイミングだろう。

 もちろん日本側にも問題があった。河野太郎外相が、駐日韓国大使の発言をさえぎり「無礼だ」と批判。輸出規制問題で訪日した韓国側担当者を、経済産業省側が冷遇し、韓国の世論を刺激した。

 日韓は経済的なつながりが深く、いったん摩擦が起きれば混乱が予想外に拡大する。今回の教訓を、双方とも学んでほしい。

 関係悪化の主因となっている元徴用工問題で韓国は六月、日韓企業の自発的な拠出金で基金をつくり、慰謝料を支払う案を日本側に提示したが、日本側は受け入れを拒否している。

 基金に日本企業が参加すれば、一九六五年に結ばれた日韓請求権協定を否定しかねない、と考えているためだ。こういった日本側の懸念にも配慮する必要もある。

 日韓関係の悪化は日本にもマイナスだ。安倍政権は、韓国側と積極的に対話してほしい。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2019081702000150.html
東京新聞 2019年8月17日

関連
【朝日新聞】最悪の日韓関係 日本は、この機を逃さず、文大統領の対話の呼び掛けに応じてほしい★4[8/17]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1566028086/

続きを読む

【日韓関係悪化】 日本で嫌がらせされる訪日韓国人・在日韓国人たち

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/08/15(木) 08:48:58.09 ID:CAP_USER
日本で嫌がらせされる訪日韓国人・在日韓国人たち


一部には過剰とも思えるパフォーマンスもある。でも、市井には冷静な人たちがいる。
それを知っているから、在韓日本人は安心して暮らせるし、「韓国に旅行に行きたいけど大丈夫?」と聞く日本人にも、
「普段と変わらないよ」と答えることができる。

そこで思うのは、果たして逆はどうだろうかということ。はっきりいえば、今は日本の「嫌韓」の方が予想不能だ。

ネット上はヘイトスピーチや脅迫があふれており、在日韓国人の友人たちの多くが、身も知らぬ他人から嫌がらせにあっている。
それでSNS(特にツイッター)をやめてしまった友人たちもいる。

その中には個人や民族に対する侮辱に加え、「従軍慰安婦問題は捏造だ」など本人に関係ないことを言ってくるケースもある。
韓国では政府も一般の人も、「これは日本政府への抗議であって、日本国民に向けたものではない」と言ってくれるが、
でも、「日本国民」にもいろいろな人がいるのだ。

それは、ネット上だけでない。つい最近も、日本に来ていた韓国人観光客が飲食店で暴言を吐かれ、
店から追い出す様子が写っている動画を見た。

また、地下鉄で韓国語で話していて、日本人から「うるさい、帰れ」と言われた若い女性も知っている。
さらに、職場の上司や取引先の日本人から、「韓国さあ、どうかならないの? 文在寅って何でああなの?」とか、
仕事と関係ない韓国の話をしょっちゅうされるという話を、在日韓国人の友人から聞いた。

過去には在韓日本人も同じような経験した。でも、最近は本当に少なくなった。
韓国の人々の対人マナーはとても洗練されたし、テレビニュースなども、
日本政府批判をさんざん流した最後には、「それでも皆さん、日本人観光客には親切にしましょうね」とアンカーがまとめる。

日本でも、ひとこと言ってくれたらいいと思う。「韓国の皆さん、安心してくださいね」と。
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66524?page=4

続きを読む

【日韓】文大統領「我々は喜んで日本と手を握る」→河野外相「国際法違反の状況を是正してほしい」

1: シャチ ★ 2019/08/16(金) 13:49:10.40 ID:CAP_USER
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が15日、第74周年光復節(解放記念日)の祝辞を通じて日本に宥和メッセージを出した中で、河野太郎外相は文大統領に対して国際法違反の是正解決を求めた。

NHK放送によると、16日現在セルビアを訪問中の河野外相は文、大統領の祝辞に関連して「国際法違反の状況を是正するリーダーシップを大統領にとっていただきたい」と述べた。河野外相は今月13日からこの日まで、ブルガリア・スロベニア・クロアチア・セルビアなど欧州南部4カ国を訪問する日程を消化している最中だ。

これに先立ち、文大統領は光復節の祝辞で「今からでも日本が対話と協力の道に出てくるなら、我々は喜んで手を握るだろう」としながら「公正に交易して協力する東アジアを共に作っていく」と述べた。韓国と日本の間に対話の扉を開いておくという意味だ。これに対して、河野外相は韓国側に強制徴用判決に関連した問題解決を促した。

韓国との協議問題などについて、河野外相は一般的な水準の回答をするにとどまった。河野外相は「外外相会談を始め、外交当局間、ずっとかなり密にやり取りをしている」とし「今後ともそれはしっかりと続けていきたい」と述べた。また、韓国が日本を輸出管理優遇対象国から除外する措置に関連しては「経産省の方で実務レベルでの情報提供をお願いをしている」と述べた。

ソース 中央日報
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190816-00000015-cnippou-kr

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト