脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

領土領海

【韓国】「文在寅」大統領の完全敗北 「日本海」は残り、「東海」表記が世界から消える

1: 稲妻レッグラリアット(東京都) [IN] 2020/11/23(月) 18:45:26.35 ID:7iheShhk0● BE:878898748-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
11月16日、国際水路機関(IHO)加盟国はオンライン形式で行われた総会で、今後世界各国の海図作成の指針となる「大洋と海の境界」について議論した。そこで、「S-23」と呼ばれる出版物での「日本海」の単独表記を維持する一方、新たなデジタル海図標準である「S-130」では海域を数字で表記することが暫定で承認されたのだった。

 加藤勝信官房長官は、17日午前の閣議後会見で「(IHOの)報告書には、国際的に確立された唯一の名称として日本海を使用してきたS-23が、これまでと同様に引き続き現行IHO出版物として公開的に利用可能と記載されている」と述べた。

 茂木敏充外相も「紙の方は日本海が残る。我が国の主張が通っている」と論評した。

加藤長官は海域の表記を巡り、韓国側が「東海(トンヘ)」を併記するよう一貫して主張してきたことを明らかにした。

 韓国政府とメディアは揃って、日本側の「日本海の単独表記の維持」との主張に対して、「ゴリ押し」であり、「我田引水」式の解釈だとして強く反発した。

 韓国メディアでは「S-23を根拠に『日本海単独表記』を主張してきた日本は立場を失った」と報道。

 特に韓国外交部(外務省に相当)は、「日本側の『日本海名称が維持される』との報道は事実と違う歪曲」とし、「日本海が単独表記されるS-23から新しい標準であるS-130に移行されるものであるから、日本海は標準としての地位から格下げされる」と持って回った言い方で批判を展開している。

https://news.livedoor.com/article/detail/19265130/

続きを読む

【日本海】韓国で見たグーグルの天気、東海が「日本海」だなんて アクセスした国の表記に従うはずが「日本海」が先に表示

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2020/11/23(月) 08:02:18.69 ID:CAP_USER
 米国の検索エンジン大手「グーグル」が韓国国内の一部サービスで「日本海」という表記を「東海」より前に出していることから、物議を醸している。

 IT業界関係者が22日に明らかにしたところによると、グーグルのアプリでは最近、天気サービスで東海を表記する際に「日本海(東海としても知られている)」という表現を使っている。グーグルの検索アプリを実行すると、検索ウィンドウのすぐ下に「天気」のタブが表示され、一部ユーザーのスマートフォンでは、天気の位置が「日本海」と表示されるというのだ。また、グーグルのアプリの天気アラームを設定している一部ユーザーには「日本海」と書かれた天気アラームが表示された。こうした表記は先月末に始まったという。

 業界では、「このような表示はグーグルの慣例にも反する」と指摘した。グーグルは各国で意見の相違がある地域の場合、ユーザーがアクセスした国の表記に従うようにしている。東海の場合、韓国でグーグル・マップのアプリを使ったら「東海」と、日本でアクセスしたら「日本海」と表示されることになる。

 これについてグーグル・コリアは「内部で事実関係を把握していることころだ」とコメントした。単なるミスなのか、それとも地域表記の原則が変わったのかについては見解を示していない。「グーグル内部でユーザーの地域を特定するシステムに障害が発生したのではないか」という推測も一部にはある。今年8月にはグーグル・マップで「独島」を検索しても何も表示されなくなり、物議を醸した。

オ・ロラ記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2020/11/23 07:04
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/11/23/2020112380002.html

続きを読む

【日本海表記】維持されるというのは「日本の歪曲報道」と韓国、日韓で異なる主張 「おお!ついに韓国が日本を超える時代が来た」

1: 新種のホケモン ★ 2020/11/18(水) 09:44:37.29 ID:CAP_USER
2020年11月17日、韓国・MBCは「世界各国が海の名称を表記する際に基準とする国際水路機関(IHO)の標準海図集に、日本海や東海(日本海の韓国名)といった名称の代わりに番号で表記する新方式が導入される」と伝え、「これにより日本政府の日本海主張の根拠がなくなる」と指摘した。

記事によると、韓国外交部は「IHO加盟国は16日に行われた総会で、現在使用している国際標準海図集『海洋と海の境界(S-23)』の改訂版であるS-130を導入することで合意し、海の名称の代わりに固有の識別番号を付与することにした」と発表した。記事は「1929年に初版が出たS-23は東海を日本海と表記し、日本はこれを根拠に東海の名称が日本海であるとの主張を貫いてきた」と説明している。

同部当局は「IHO事務総長の報告書でも、既存のS-23はアナログからデジタル時代への歴史的変遷を示すために既存の出版物でのみ公開されるということが明確に示された」とし、「韓国の立場としては、これ以上有効な標準でないと考える」と説明したという。

また、日本メディアが「日本海表記は維持される」と伝えていることについては「事実と違う歪曲(わいきょく)報道だ」と反論した。

ただ、S-130標準が常用化される時期については「現時点では予想できない」と述べたという。

これに韓国のネットユーザーからは「おお!ついに韓国が日本を超える時代が来た」「文大統領のおかげだ。国際機関に影響力を行使したようだ」「世界では東海を併記する地図が確実に増えている」などと喜ぶ声が上がっている。

一方で「喜ぶことではない。韓国も東海と表記できなくなるのだから」「韓国としては東海と表記できなくなったということ?」「東海にするべき。なぜ番号で書く?」「正しい名称を決めた後に番号表記を決定するべき」「デジタル海図だけで数値化?それで根拠が消えるだと?」などと指摘する声も上がっている。
(翻訳・編集/堂本)

2020/11/18 07:20レコードチャイナ
https://www.recordchina.co.jp/b853739-s0-c10-d0058.html

続きを読む

【韓国外交部】『日本海表記』された海図集はもう有効ではない

1: Ttongsulian ★ 2020/11/17(火) 17:54:14.54 ID:CAP_USER
2020-11-17 16:53
https://www.yna.co.kr/view/AKR20201117142500504

外交部は17日、国際水路機関(IHO)が名称ではなく番号で海を表記することにしたのにも関わらず、日本が「紙の海図に『日本海』表記がそのまま残った」と主張したことに対して、紙の海図はもう標準ではないと反論した。

イ・ジェウン外交部副報道官はこの日の定例ブリーフィングでIHO総会の結果に対して「(IHO)事務総長の報告書を通じて、S-23がこれ以上有効な標準ではないという点を国際水路機関が公式確認したことも同然だ」と話した。

既存のS-23海図集には『日本海』が単独で表記されているが、IHOが名称ではなく番号で海を表記する方式の改訂版(S-130)導入に合意したので、S-23はもう有効でないという意味だ。

イ副報道官は「昨日開催された総会で総会議長は締めの発言を通じて、固有識別番号だけで地理的海域を表記する新しい標準を開発する間、既存のS-23はアナログからデジタル時代への歴史的変遷を見せるためのIHOの出版物として公開されると話した」と伝えた。

そして「日本海を単独表記中のS-23が新しい標準であるS-130に移行することによって、日本側が主張する日本海名称の標準としての地位が格下げされる」と話した。

続いて「デジタル海図時代の転換に合わせて、東海表記拡散の障害物だったS-23を事実上除去して、東海表記拡散の新しい推進の枠組みを用意した」と強調した。

彼は「S-23の改訂を通じて、東海併記を推進してきた我が政府の既存の立場と完全に一致する方案では無いが、現実の条件下で韓日両国の立場をそれなりに均衡あるように反映した合理的な案と評価できる」と付け加えた。

先立って茂木敏充日本外務相はこの日の会見でIHOの総会と関連「紙には『日本海』が残る」として「我が国の主張がちゃんと通じたと思う」と話した。

続きを読む

【東亜日報】国際水路機関、「東海」「日本海」ではなく数字で表記 東海表記外交戦が新たな契機を迎える

1: マカダミア ★ 2020/11/17(火) 09:19:16.85 ID:CAP_USER
国際水路機関(IHO)が、東海(トンヘ)の公式名称を日本海とだけ表記してきたIHOの公式海図を改正し、今後日本海(Japan Sea)ではなく数字だけで表記する方針を固めたという。世界各国が海名を表記する時にこの海図を公式に標準とするため、日本海の単独表記を主張する日本の根拠が消えることになり、1997年から政府が国際社会で繰り広げてきた東海表記外交戦が新たな契機を迎える。

IHOのマティアス・ヨナス事務局長は16、17日、約90のIHO加盟国が参加する中、リモートで開かれたIHO第2回総会で、各種海図作成の指針になる「大洋と海の境界」(S-23)の改訂版S-130の発刊を報告した。この改訂版は、東海など海名を表記する代わりに固有識別番号だけを表記するという。

韓国と北朝鮮、日本、米国、英国は昨年4月から構成された当事国間非公式協議体で、東海を識別番号で表記する案に合意した。冊子形態だった海図のデジタル化を推進してきたIHO側が韓国と日本に東海表記問題の解決を求め、東海の併記を主張する韓国と日本海単独表記を主張する日本が歩み寄ったのだ。外交筋は、「今回の案が採択されれば、政府は日本海単独表記を固守してきた米国や国連に外交力を集中しなければならない」と述べた。

https://www.donga.com/jp/List/article/all/20201117/2243659/1/

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト