脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

領土領海

【南北】竹島入りの「統一旗」使用で協議へ 今夏のアジア大会で

1: たんぽぽ ★ 2018/06/19(火) 14:10:31.89 ID:CAP_USER
http://www.sankei.com/smp/world/news/180619/wor1806190026-s1.html

 今夏のジャカルタ・アジア大会開閉会式で合同入場行進を行うことで合意した韓国と北朝鮮が、選手団の掲げる「統一旗」について竹島(韓国名・独島)が入ったものを使うことを目指してアジア・オリンピック評議会(OCA)と協議する方針であることが19日、分かった。

 韓国政府関係者によると、スポーツ交流を議題とした18日の南北実務協議で韓国側首席代表を務めた全忠烈・大韓体育会事務総長が協議後、韓国記者団に「独島が入った統一旗をOCAに提出することを、南北で議論した」と述べた。日本側の反発は必至だ。

 統一旗を巡っては3月の平昌冬季パラリンピック開会式で、国際パラリンピック委員会(IPC)が大会の政治利用を禁じていることを念頭に韓国側が「竹島なし」の旗を使う意向を示したのに対し、北朝鮮側がこれを嫌い、合同入場行進が実現しなかった経緯がある。

続きを読む

【韓国】「日本海が消えて日本と韓国が地続きに」韓国の研究チームが発表、ネットは「日本との領土問題が解決?」

1: たんぽぽ ★ 2018/06/19(火) 13:57:28.44 ID:CAP_USER
https://www.recordchina.co.jp/b615350-s0-c30-d0058.html

2018年6月18日、韓国・東亜日報によると、韓国で「日本海が消滅する可能性がある」とする研究結果が発表された。

記事によると、慶尚大のキム・ギボム教授と江原大のソ・ビョンダル教授のチームは、朝鮮半島に近い日本海南西部の海底地殻構造についての新たな研究結果を発表した。それによると、キム教授らの研究チームは、朝鮮半島と日本海の境界で、相対的に薄い地殻が厚い地殻の下に入り込む初期段階「沈み込み帯」ができ始めている証拠を発見した。同じ現象は日本海東部の日本との境界でも起きているため、今の状態が続いた場合、日本海が消滅する可能性があるという。チームは「数百万年後には朝鮮半島が日本のように地震や火山噴火が頻繁に発生する地域となり、さらにその後、朝鮮半島と日本列島が地続きの土地になる」と予想した。

またチームは、同現象が慶尚北道の慶州地震や浦項地震など、韓国で最近起きている地質活動の根本原因である可能性も指摘した。キム教授は「朝鮮半島が安定的なプレート内にあるという従来の朝鮮半島の新期地(neotectonic)理論を再検討する必要がある」と話したという。

この報道に、韓国のネットユーザーの反応は「ずいぶん先の話だね」「その頃には人類が滅亡している」「韓国の地球物理学はそんなに発達していたっけ?適当に発表したのでは?」「百万年後に発表してくれない?」「数百万年後より、国民の明日の生活を心配してほしい」など実感が湧かない様子だ。

一方で「朝鮮半島でますます地震が増えるということ?」「遠い未来のように感じるけど、地震の増加など小さな変化はすぐにでも始まる。対策をするべき」と地震の発生を懸念する声や、「朝鮮半島が広くなるということ?日本との領土問題が解決するのはその時だろうな」と予想する声も見られた。(翻訳・編集/堂本)

続きを読む

【日韓】日本、韓国海軍の独島防御訓練に強力抗議 「到底受け入れられない」

1: たんぽぽ ★ 2018/06/18(月) 07:22:39.96 ID:CAP_USER
日本政府は、韓国海軍が上半期の定例独島(ドクト、日本名・竹島)防御訓練を独島周辺の東海(トンへ、日本名・日本海)上で実施することに対して強力に抗議したとNHKが18日、報じた。

報道によると、日本外務省は前日の独島防御訓練実施の発表に「到底受け入れられない」とし、外交

ルートを通じて韓国政府に抗議したと明らかにした。

金杉憲治アジア大洋州局長は17日夜、東京にある韓国大使館の次席公使に、独島領有権に関する日本の立場に照らして(独島防御訓練は)到底受け入れることはできず、「極めて遺憾だ」と電話で抗議した。

また、日本政府はソウルにある日本大使館に対しても、韓国外交部に正式抗議を伝達させたという。


(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://japanese.joins.com/article/340/242340.html

続きを読む

【日本海表記】 会見前に流された韓国語映像で「東海」が「日本海」に~トランプ「我々が作った映像」

1: 蚯蚓φ ★ 2018/06/14(木) 21:04:38.57 ID:CAP_USER
no title

▲ドナルド・トランプ大統領が金正恩委員長に見せた映像に登場していた「日本海」表記の地図。(写真=動画キャプチャー)

12日午後4時、世界の視線がシンガポールのセントーサ島カペラホテルに集まった。北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長との世紀の会談を終えた米国のドナルド・トランプ大統領の記者会見を控えてだ。その時、プレスセンターに設置された大型スクリーンを通じて動画が上映された。記者団は騒々しくなった。

北朝鮮が核放棄すれば得られることになる豊かな未来の様子を描いた韓国語の映像だった。トランプ大統領は上映が終わるやリアリティーショーの主人公のようにスポットライトを浴びて壇上に登場した。トランプ大統領は「会談の仕上げ段階で金委員長に見せたが反応がとても良かったと思う」と紹介した。ところでこの映像には大きな問題があった。

長さ4分30秒映像が始まったその40秒後。英語で地名が表記された韓半島(朝鮮半島)の地図が出てきたが、その地図には東海(トンへ)が「Sea of Japan」と表記されていた。日本が主張する東海表記である日本海を意味する英語名だ。

映像には「Japan」という表記に焦点が当てられていなかったためぼやけていたが、それは明らかに「日本海」だった。東海との併記さえなかった。

この日上映された映像物は、歴史的な米朝会談で北朝鮮の最高指導者を説得するために制作された。トランプ大統領がiPadに保存して、会談中に金委員長に自ら見せた程、徹底した事前計画によって作られた可能性が高い。そのような映像で、米国は外交的に極度に敏感な韓日間事案に触れた。

映画の予告編さながらにつくられた映像には、「Destiny Pictures production」という字幕と共に「デスティニー・ピクチャーズが制作しました」というナレーションが登場する。

デスティニー・ピクチャーズという映画会社は実在している。米国メディアはすぐにロサンゼルス(LA)にある創立15年の小規模独立映画および放送制作会社であるマーク・カスタルド代表を電話でインタビューして制作経緯について質問した。

だが、カスタルド氏はニューヨーク・タイムズ(NYT)に「我々はその映像とは何の関係もない。私は政治的な人物でもなく、そのような宣伝映像は制作しない」と答えた。過去、映画会社を立ち上げる前にカジノ業に従事した前歴に関しても「トランプが(事業家時代に)やっていたカジノと無関係だ」とし、トランプ大統領との関連性を否定した。実際、動画に出てきた会社ロゴとデスティニー・ピクチャーズのロゴは全く違う。

NYTは動画に登場するデスティニー・ピクチャーズという制作会社について「ホワイトハウスNSC(国家安保会議)が比喩的に作り出したものと推定される」とし「実際にデスティニー・ピクチャーズが存在することを知らずに作ったようだ」と報じた。

動画制作会社の名前が「ディスティニー(Destiny、運命)」なのは、金委員長に非核化に伴う豊かさが運命になるかもしれないという点を比喩的に伝達しようとする設定という解釈が可能だ。

トランプ大統領は12日の会見で、該当映像に対して「我々が作った映像」と述べた。ただし、「我々」が米国の映画会社なのか制作会社なのかホワイトハウスなのかは明らかにしなかった。

ソース:中央日報/中央日報日本語版<トランプ会見前に流された韓国語映像…「日本海」表記論争>
http://japanese.joins.com/article/251/242251.html

続きを読む

日本海と書いた地図を見てトランプと金正恩が大喜び 韓国国民が怒る

1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [US] 2018/06/13(水) 18:33:23.48 ID:RaDtsDnF0 BE:194767121-PLT(12001)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
2018年6月13日、韓国・中央日報によると、米朝首脳会談後に行われたトランプ大統領の記者会見に「日本海」と
単独表記された地図が登場していたことが分かり、韓国のネット上で物議を醸している。

記事によると、会見に先立ち、会場ではトランプ大統領が金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と
北朝鮮市民のために制作したという映像が上映された。トランプ大統領はこの映像を金委員長にも
見せたそうで「反応がとてもよかった」と明らかにしていた。
https://www.recordchina.co.jp/b613375-s0-c10-d0058.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト