脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

領土領海

【日本海呼称】 ペンス副大統領「空母は数日内に日本海に到着…」~四日ぶりに再び東海を日本海と表現

1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/04/23(日) 21:36:01.48 ID:CAP_USER
マイク・ペンス米国副大統領が四日ぶりに再び東海(East Sea)を「日本海(Sea of Japan)」と表現した。

オーストラリアを訪問中のペンス副大統領は22日、シドニーでマルコム・ターンブル豪首相と会談後、共同記者会見で米海軍の原子力空母カール・ビンソンの日程について「数日内に日本海に到着する予想する」と明らかにした。

ペンス副大統領は去る18日、日本で米・日経済対話を持った後、麻生太郎副総理兼財務相との共同記者会見でも「日本海の向こうで挑発が続いているが、米国は常に日本の安全と繁栄のために同じ側に立つことを認められるよう願う」と話して物議を醸した。

このような日本中心の認識はペンス副大統領だけでなく米軍も同じだ。継続的に東海を日本海表記している。5日、米軍は北朝鮮の「KN-15(北極星2型)」弾道ミサイルが落ちた地域を日本海表示し、米国太平洋司令部もインターネットのホームページに落下場所を日本海と書いた。

駐韓米軍はインターネットホームページで「韓半島の東側の海(waters East of the Korean Peninsula)」というあいまいな表現を使った。

韓国は米国はもちろん国際社会に数年の間、「東海」表記または「東海」と「日本海」併記を要請中だ。韓人市民団体がホワイトハウス請願サイトにアップした「東海併記表記」請願は去る14日、10万人署名を突破して現在、米国政府の公式回答を待っている。
(中略:「韓国が中国の一部であった」と発言の説明)

トランプ大統領は首脳会談の内容を一方的に口外しただけでなく、真偽の確認もせずに外国国民の自尊心に傷つけかねない発言を吐いて外交的欠礼を犯したという批判を受けた。

[ムン・ジェヨン記者]

ソース:毎日経済(韓国語) 米国ペンス副大統領、四日ぶりにまた、東海を日本海で言及
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?year=2017&no=274923

関連スレ:【日本海呼称】 ペンス副大統領「日本海の向こうで挑発が相次いでいるが…」~麻生副総理との共同記者会見で異例の発言[04/20]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1492663525/

続きを読む

【ソウル聯合ニュース】 韓国政府がIHO総会に代表団派遣へ 「東海」併記目指す

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@無断転載は禁止 2017/04/15(土) 23:49:18.96 ID:CAP_USER
韓国政府が、モナコで24~28日(現地時間)に開催される国際水路機関(IHO)第19回総会に代表団を派遣することが14日分かった。

 政府当局者によると、外交部、海洋水産部、国防部(海軍)、国立海洋調査院、東北アジア歴史財団の関係者や関連分野の専門家からなる30人以上の代表団が派遣される。

 総会では、IHOの出版物「大洋と海の境界」の改訂をめぐり、韓国と日本が東海の表記の扱いについて攻防を繰り広げるとみられる。

 「東海」を単独表記すべきだというのが韓国政府の基本的立場だが、「日本海」の単独表記を主張する日本と合意に至るまでは「東海」と「日本海」を併記するよう主張する構えだ。

 「大洋と海の境界」は海図の発行で、一種のガイドラインの役割をする。1953年に改訂(第3版)してから64年たっており、速やかに改訂する必要があるが、東海の表記をめぐる韓日の立場の違いのため第4版を出せずにいる。

 韓国政府は1997年の総会で初めて問題を提起し、02年、07年、12年の総会でも東海を併記するよう主張。20年間にわたり、同問題について日本と争ってきた。

聯合ニュース

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/14/2017041402197.html

続きを読む

【日本海呼称】 「東海vs日本海」 韓日外交折衝戦…韓国政府、IHO総会に外交団30人以上派遣

1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2017/04/14(金) 21:58:51.99 ID:CAP_USER
no title

▲フランス・ルモンド社が発行した2015年版「世界大地図の本」(Le grand atlas geographic Le Monde)で東海が初めて日本海と併記された。/聯合ニュース

政府は24~28日(現地時間)韓日間東海表記攻防がなされる国際水路機構(IHO)第19次総会(モナコ)に代表団30人余りを派遣する。

政府当局者は14日「今回のIHO総会に政府は外交部、海洋水産部、国防部(海軍)、国立海洋調査院、東北アジア歴史財団、東海問題関連民間専門家などで代表団を設ける予定」と話した。

IHO19次総会では海洋地図集S-23(大洋と海の名前と境界(Names and Limits of Oceans and Seas)第4版の東海表記をめぐり国際社会を相手にした韓日間の外交折衝戦が広がる展望だ。

政府は「東海」単独表記という基本的立場の下、「日本海」を主張する日本との合意がなされる時までは東海-日本海を併記しようと主張する計画だ。

しかし、これに独島(ドクト、日本名:竹島)関連市民団体の独島守護隊は併記は合意に到達できない結果だけに、「東海」と「日本海」の併記を次善の策として説得してはならないと指摘した。

独島守護隊は12日に発表した声明で「政府が東海単独表記を主張しなければならない」として「併記主張は『日本海を公認して東海の様な国際法的地位を付与』することに異ならない」と主張した。

引き続き「国連地名標準化会の決議とIHO決議は、当事国に単一名称に合意することを勧告し、合意できない場合、世界各国は当事国各自が使う名称すなわち、東海と日本海を併記することを一般原則と規定している」として先に併記を主張する必要はないと伝えた。

韓国政府は1997年総会で問題提起を始め2002年、2007年、2012年など5年ごとに開催されてきたIHO総会で粘り強く東海-日本海併記を主張してきた。S-23は1953年、最後の改訂(3版)以降64年すぎて至急改訂する必要があるが、これまで韓日間の東海表記をめぐる戦いで改訂版(4版)を出せずにいる。

/パク・シニョン、インターン記者

ソース:ソウル経済(韓国語) 東海表記、韓国・日本外交折衝戦…「IHO総会「に外交団30人余り派遣
http://www.sedaily.com/NewsView/1OEN7YWSTO

続きを読む

【調査】韓国海上防衛の最大の憂慮は「日本が虎視眈々と竹島を狙っていること」―韓国世論調査

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/04/14(金) 20:02:56.42 ID:CAP_USER
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=175267&ph=1

2017年4月14日、環球網は韓国・聯合ニュースの報道を引用し、韓国の海洋問題における最大の脅威は「竹島問題」だと伝えた。

記事は、韓国海洋水産開発院が13日に発表した調査結果を紹介。韓国の成人1000人を対象とした同調査で、25.7%が「日本が竹島(韓国名:独島)を虎視眈々と狙っていること」が、韓国の海上防衛にとって最大の脅威だと回答した。以下、「外国漁船の不法操業」「隣国との未確定境界」「北朝鮮との北方境界線をめぐる争い」などが続いた。

「いかにして海洋領土の管理を強化するか」についても、「竹島の実効支配を強化する」との答えが最も多く、このほかに「外国漁船の越境操業に対する取り締まり強化」「海洋境界線の早期確定」「海洋警備力の強化による北方限界線の堅守」などの回答が並んだ。

続きを読む

【韓国】韓国人の26% 日本による独島侵略を警戒=政府系機関調査

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/04/13(木) 19:49:04.70 ID:CAP_USER
http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20170413004900882&domain=6&ctype=A&site=0100000000

【釜山聯合ニュース】韓国人のおよそ4人に1人が韓国の領海を脅かす最大の要因は日本による独島侵略の試みと考えていることが分かった。

 政府系機関の韓国海洋水産開発院が13日に公開した海洋水産分野に関する認識調査(全国の成人1000人対象)の結果によると、25.7%が日本による独島侵略の試みを韓国の領海を脅かす最も大きい要因に選んだ。

 次いで外国漁船の違法操業(23.7%)、周辺国との海の境界未確定(19.3%)、海上の南北軍事境界線にあたる北方限界線問題(12.5%)が多かった。

 海洋警備力の不足(11.6%)や領海に対する国民の関心の低さ(6.2%)を指摘した人も少なくなかった。

 領海の管理を強化するための方策については、「独島実効支配のための対策強化」を挙げた人が最も多かった。

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト