脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

社会

【韓国】実の孫娘にヒロポンを投薬し、小学校4年生から数年間性的暴行した人面獣心の70代に重刑

1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/12/11(月) 11:32:19.27 ID:CAP_USER
養育していた実の孫娘に酷いこと...人面獣心の70代に控訴審も重刑

教師と相談中に性的暴行の被害を打ち明けて... 「反人倫的犯罪・罪質が悪い」

自分が育てている実の孫娘を数年間、わいせつして強姦しようとした人面獣心の70代のおじいさんが、控訴審でも重刑を言い渡された。

ソウル高裁春川裁判所刑事1部(キム・ジェホ部長判事)は、性暴力犯罪の処罰などに関する法律違反と児童福祉法違反の疑いで起訴されたA(72)氏が、「量刑が重い」と申し立てた控訴を棄却し、原審と同じ懲役7年を宣告したと10日、明らかにした。

また、80時間の性暴行治療プログラムの履修命令もそのまま維持した。

A氏の実の孫娘であるBさんは、1歳の時に両親の離婚で江原春川に住むおじいちゃん・おばあちゃんと一緒に生活している。

父方の祖父であるA氏からの性的暴行は、Bさんが小学校4年生の2015年の初めから始まった。

以降A氏は、昨年8月に自分の家で奥さんが観光に行った隙に、お茶の間で一人で寝ている孫娘B(当時11歳)さんを強姦しようとして未遂にとどまった。

A氏は2015年から今年1月までの3年余りの間、妻が家を空けた隙をみて、眠っている孫娘Bさんを5回にわたって強制わいせつ、または性的虐待をした。

A氏の人面獣心犯罪のせいでBさんは時々憤りに勝てず、両手を机に振り下ろすなどの行動を見せたりもした。

普段Bさんは学校で、静かで誠実に生活する学生だった。

Bさんはこの5月に、カウンセラーと相談中に父方の祖父から性的暴行を受けたという事実を苦しそうに打ち明けた。

A氏は裁判の過程で性的暴行の事実をいくつか否定した。

これに控訴審裁判所は「被害陳述に一貫性があり、明確で詳細の描写が豊富で信頼性があると判断される」、「被告人の事実誤認という主張は根拠がない」と述べた。

続いて「実の孫娘を長期間にわたって強制わいせつ、または強姦しようとしたが未遂に終わったことは罪質が非常に悪い」、「養育しなければならない孫娘を相手にした反人倫的犯罪を犯し、非難の可能性が大きいだけに、1審の量刑は適法である」と付け加えた。

ソース:聯合ニュース 2017年12月10日(韓国語)
http://www.kado.net/?mod=news&act=articleView&idxno=887087
関連
孫娘に「酷いこと」人面獣心の祖父に懲役刑
http://www.hankookilbo.com/v/3eaec6129eee4755b84fca44d7deba45
自分が育てている実の孫娘をわいせつまたは強姦しようとしてヒロポンを投薬した後、孫娘を誘引して強制的にセクハラした人面獣心の祖父に裁判所が相次いで懲役刑を宣告した。

続きを読む

【韓国】 天皇と日王と日清ラ王

1: 蚯蚓φ ★ 2017/12/11(月) 22:57:59.09 ID:CAP_USER
http://image.hankookilbo.com/i.aspx?Guid=56cbd298b4bc4adf90a65ea2a4575f54&Month=201712&size=640
▲ラ王

日本の象徴的国王アキヒト(明仁)が2019年4月30日退くという。長男のナルヒト(徳仁)王世子が次の日即位すれば日本は30年ぶりに平成年号に終止符を打つ。

日本の天皇制は国王の現実政治への関与を許さない。戦後制定された現日本憲法で国王は憲法が定めた国事行為をするだけで国政に関する権能を持たず、その国事まで内閣の承認を受けるようにしたためだ。直前の国王ヒロヒト(裕仁)の最終決定で帝国主義侵略戦争が起きたことに対する反省からだ。

帝国主義時代の大日本帝国憲法で「天皇「は統治権を有する国家の元帥であり神聖不可侵の存在だった。しかし、7世紀後半の天武期に遡る天皇制の歴史の中で「天皇」が政治的実権を振り回したのは500年余りだ。14世紀以後、武人の勢力拡大が続き、幕府期の国王の役割は将軍に替わった。「天皇」は明治維新後、立憲君主制を骨格とした帝国憲法が制定され戦争が終わるまで約60年間政治の実権を持ったが、戦後再び象徴的な存在に帰ってすでに70年が過ぎた。

実権が有名無実で日本国民が呼ぶ様に彼らを固有名詞で「天皇」と呼ぶことを躊躇する国は殆どない。第二次大戦で日本最大の敵国だった米国など英語圏の公式表記は「Emperor」だ。日本と戦った兵士だけでも500万人近く死傷した中国も「天皇」と呼ぶ。

韓国は少し曖昧だ。公開的には「天皇」の使用を明らかにした金大中(キム・デジュン)政権以後、政府の公式呼称は「天皇」だが、メディアをはじめとする一般はいつのまにか「日王」に変えて呼ぶ。

昨年亡くなった後、韓日協力に努めた功労で大韓民国修交勲章を受けた若宮啓文、朝日新聞主筆がこの様な助言をしたことがある。「日王」という漢字を見るたびに、日本の日清食品が作った日清ラ王というラーメンを思い浮かべるという彼は日王という表現に「ほとんどすべての日本人が侮辱された感じを持つのは間違いない」と言った。

この前のトランプ訪韓時、独島エビがメニューに上がったことで日本が抗議した時、韓国人なら誰もが聞いた「心が狭い」という感じに似ているか、いやそれ以上であろうか。韓日関係改善のために繰り返し考えるべき問題だ。

キム・ボムス論説委員

ソース:韓国日報(韓国語) [地平線]天皇と日王
http://www.hankookilbo.com/v/a47ee9901ce94b44be2261d09029e609

続きを読む

【速報】今年の漢字は「北」 度重なる弾道ミサイルの北朝鮮 北部での記録的豪雨など

1: 名無しさん@涙目です。(庭) [BE] 2017/12/12(火) 14:11:31.93 ID:qZIlagih0● BE:878898748-PLT(16000) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
12月12日の14時に京都清水寺にて今年の漢字が発表された。その気になる今年の漢字とは「北」になった。
その理由は度重なる弾道ミサイルの北朝鮮と、北部での記録的豪雨、キタサンブラックなどが挙げられる。
2位は「政」で、3位は「不」となった。

ネットの意見では「卍」になるのではないかという意見もあった。

昨年2016年の今年の漢字は「金」であり、金メダルやPPAPの金の衣装から「金」が選ばれた。

一作年2015年の今年の漢字は「安」であり、安心、安倍晋三、安保方案などから注目を浴びた一文字と決定された。

http://gogotsu.com/archives/35329
no title

続きを読む

【韓国】2017年の韓国を振り返る、「苦難に満ちた1年」―中国メディア

1: らむちゃん ★ 2017/12/10(日) 12:16:01.85 ID:CAP_USER
レコードチャイナ 2017年12月10日 08時00分 (2017年12月10日 12時03分 更新)
https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171210/Recordchina_20171210006.html

2017年12月6日、新華網は2017年の韓国を振り返り、「苦難に満ちた1年だった」と伝えた。

韓国の2017年は、2016年末から続く「打倒朴政権」の混乱の中で始まった。一連の不祥事を起こした朴槿恵(パク・クネ)大統領(当時)は3月に国会で弾劾訴追が決まり、罷免。任期途中で失職した。

朴大統領の問題では捜査が拡大し、サムスングループの経営トップでサムスン電子副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)氏が贈賄罪などで懲役5年の有罪判決を受けたほか、金寛鎮(キム・グァンジン)元国防部長官が軍刑法違反の容疑で逮捕されるなど、国全体が揺らいだ。

5月に文在寅(ムン・ジェイン)氏が新大統領に選出されたが、北朝鮮問題で対応に苦しむことになる。文大統領は対話による解決を強調したが、北朝鮮のミサイル実験が続くなど望ましい方向には向かわず、日米の強硬姿勢に流されることとなった。

そうした中、周辺国や国民の反対を押して在韓米軍の高高度防衛ミサイル(THAAD)の追加配備を決めたことで、周辺国との関係が一気に複雑化した。

(全文は配信先で読んでください)

続きを読む

【話題】桂春蝶、北朝鮮の緊張はどうした!「モリ」「カケ」は賞味期限切れ、捏造すら辞さない危うさ感じる「東京のメディア」

1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/12/10(日) 09:35:53.12 ID:CAP_USER
桂春蝶、北朝鮮の緊張はどうした!「モリ」「カケ」のびて賞味期限切れ、捏造すら辞さない危うさ感じる「東京のメディア」

【桂春蝶の蝶々発止。】

「モリカケ審議」と聞けば、私としてはとっくに賞味期限が切れていて、「いつまで国会はやっているんだ?」と思ってしまいます。

日本を取り巻く環境が平和なら、それだけ審議してもいいでしょうが、北朝鮮は核兵器やICBM(大陸弾道ミサイル)の開発を強行。日本海沿岸には多くの木造船が漂着するなど、毎日不穏なニュースを目にします。

米朝の緊張は…(=あっ、上方の噺家は『米朝』と書くとき、米国と北朝鮮のことでも、違う意味で緊張します。人間国宝の名前だもの…笑)。閑話休題。

米朝の緊張はピークに達し、「何が起こってもおかしくない状況にある」という報道もある。そんななか、国会は「モリカケ」です。

野党にとっては「藁(わら)をもすがる思い」なんでしょう。ほかに政府追及のネタがない。もっと意義のある審議をしてほしいものです。

もう1つ、私は問題提起したい。それは「野党側の幇間(ほうかん=たいこ持ち)的な、一部マスコミの体質」。これなんです。これは日本が抱える“病巣”といえます。

とにかく、一部マスコミは「政権を倒すためには何をやっても構わない」「それが自分たちの仕事で、社会の役に立っている」と思い込んでいる。捏造すら辞さない危うさも感じます。その病巣の本丸なのが「東京のメディア」です。

私はいま、「東京4・大阪4・地方2」の割合で活動しています。テレビなどを見て実感しますし、コメンテーターの方々もよく、「東京は規制でガチガチなので、大阪の方がのびのび言いやすい」というんですね。民主主義国家の日本ですが、土地ごとの情報に「格差」があるのです。異常な状態ですよ。

そして、東京の一部メディアは左派的論点ならば偏った意見でも構わないが、保守的表現はほぼ許されない。

私は、保守も革新も両方バランスよく聞くことが重要だと思います。どちらの思想にも公平に触れて、自らが思考していく素地をつくっていかなければなりません。

放送法第4条には「政治的に公平であること」「意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること」とありますが、守られていないのではありませんか?

大阪・読売テレビ制作で「そこまで言って委員会NP」という番組があります。さまざまなパネリストが政治や外交、経済などをテーマに討論する「保守の王道」をいく番組です。東京以外のほとんどの地方でネットされています。

あの番組が東京で放送されるようになれば、日本人の思考に変化が芽生え、もう少し意味のある議論が、この国に根付くと思っているのですが。

■桂春蝶(かつら・しゅんちょう) 1975年、大阪府生まれ。父、二代目桂春蝶の死をきっかけに、落語家になることを決意。94年、三代目桂春団治に入門。2009年「三代目桂春蝶」襲名。明るく華のある芸風で人気。人情噺(ばなし)の古典から、新作までこなす。14年、大阪市の「咲くやこの花賞」受賞。

ソース:夕刊フジ 12/9(土) 16:56
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171209-00000008-ykf-soci

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト