脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

社会

【韓国】 サムスンの「ポケモンイヤホン」、販売開始から8分で売り切れ=韓国ネット 「反日感情とは何?」

1: 荒波φ ★ 2022/05/21(土) 09:12:30.53 ID:CAP_USER
※マネートゥデイの元記事(韓国語)
「今回は8分で」…13万ウォン台サムスン「ポケモンイヤホン」完売
https://m.mt.co.kr/renew/view.html?no=2022052010545783926&ca=
no title


2022年5月20日、韓国メディア・マネートゥデイは、ポケットモンスターとコラボレーションしたサムスン電子のイヤホンが販売開始から8分で売り切れたと伝えた。

サムスン電子は同日午前10時から公式オンラインサイトで「Galaxy Buds2 ポケモン モンスターボール カバーパッケージ」の販売をスタート。

開始直後にホームページにアクセスして「商品の購入」をクリックすると、「予想待機時間22秒」「アクセス待機者22人」というメッセージが表示されたが、その後も待機者は10人前後を維持し、午前10時8分には「売り切れ」と表示されたという。

記事は「人気の理由は限定版という希少性と、需要よりも少ない物量のせい。また、『ポケモンパン』のブームによりポケモンが再び人気を集める中で、コラボレーション戦略も功を奏した」と分析している。

さらに商品の価格は13万4000ウォン(約1万3500円)だが、既存の「Galaxy Buds2」の価格は14万9000ウォン(約1万5000円)のため、1万5000ウォン(約1500円)ほど安くなっているという。

なお、サムスン電子は4月25日にも「Galaxy Z Flip3」のポケモンエディションを発売しており、記事は「この時もオンライン販売開始から5分で売り切れ、ポケモンブームを立証した」と伝えている。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは、

「ノージャパンといいながら日本車に乗り、日本人の悪口を言いつつもポケモンのコラボ商品の前では黙るのが韓国人」
「反日感情とは何?ただ不満を表す理由が必要なだけでは?」
「ソニーではなくサムスンが販売するというのがおかしい」
「一時的には話題になったとしても、企業のイメージはあまりよくない」
「ポケモンの著作権は日本にあるから、買えば買うほど日本にお金が入るのに、みんな何をしてるの?」

など、否定的な声が多く寄せられている。一方で、

「これは欲しい」
「『限定版』は魔法の単語だよね」
「好きな物ならお金を出して買っても別にいいのでは?」

など、購入を支持するコメントも見られた。


2022年5月20日(金) 22時40分
https://www.recordchina.co.jp/b894564-s39-c20-d0201.html

続きを読む

【韓国】大統領夫人の黄色いトイレットペーパー

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2022/05/20(金) 09:42:25.12 ID:CAP_USER
(写真)
no title

▲ 16日、金建希(キム・ゴンヒ)夫人がソウル瑞草洞(ソチョドン)のコバナコンテンツ事務所に出勤してファンから贈られた5万ウォン(約5,000円)台の眼鏡をかけて業務処理をしている。だがしかし、この写真の中のトイレットペーパーが高価であると物議を醸した。
_______________________________________________________

グルメコラムニストのファン・ギョイク氏が19日、ユン・ソクヨル(尹錫悦)大統領夫人(キム・カンヒ夫人)の『黄色のトイレットペーパー』をめぐって重ねて問題を提起した。

ファン氏はこれに先立ち、キム夫人がファンからプレゼントされた5万ウォン台のメガネをかけて撮った写真に対し、「庶民コスプレをして(嘘が)バレた」と批判している。写真の中のキム夫人の前に置かれた黄色のトイレットペーパーは、7万ウォン台の高価な製品であるという主張を繰り広げている。同製品はポルトガルの代表的なトイレットペーパーブランド、Renovaが発売したプレミアムエコ製品ということが分かった。

これに対し、キム夫人のファンクラブでる『コンヒサラン(コンヒLOVE)』会長のカン・シンオプ弁護士は、「写真に出ている場所はコバナコンテンツの事務所で、客が出入りする場所のため多少良い品物を使っているのかも知れない、よく見れば普通のトイレットペーパーもある」とし、「全く稚拙だ」と反論した。

またカン弁護士は、「(問題になったトイレットペーパーの)価格も12,000ウォンから様々で、高価ではない」とし、「70,000ウォンもしない上に、少し高価だとしても “ポケットマネー” なのに何の関係あるのか」と反論した。

該当のトイレットペーパーは(韓国)国内のネット通販で、6個1組で12,000ウォン前後(1個当たり約2,000ウォン)で販売されているというメディアの報道も出た。

するとファン氏は、問題のトイレットペーパーと(韓国)国産の一般トイレットペーパーの『1m当たりの価格』を比較して、重ねて批判に乗り出した。

(キャプチャー)
no title

▲ ファン・ギョイク氏のFacebook。

彼はこの日の午後にFacebookに寄せた投稿で、「メディアがキム・ガンヒの黄色いトイレットペーパーが安いと擁護していたので、(韓国)国産のトイレットペーパーと価格を比べてみた」とし、「その結果、キム・ガンヒの黄色いトイレットペーパーは(1m当たり)185ウォン、(韓国)国産のクリネックスのトイレットペーパーは25ウォンだった」と主張した。

ファン氏は、「キム・ゴンヒの黄色いトイレットペーパーで、最も安いのは6ロール14,900ウォンで送料が3000ウォンだった。1ロール当たりで計算すると2,983ウォンで、1ロール当たり16.1m巻かれている」とし、「(国産トイレットペーパーの場合)最も安いのが24ロールで12,180ウォン(配送料3,000ウォンを含む)で、1ロール当たりの価格は633ウォン、1ロール当たり25m巻かれている」と否定した。

ソース:中央日報(韓国語)
https://www.joongang.co.kr/article/25072709

続きを読む

【韓国】強制徴用労働者像の前に並ぶ韓日国旗・・・釜山団体、「関係回復のために設置」

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2022/05/20(金) 06:41:39.16 ID:CAP_USER
┃別の団体、「謝罪が先」と反発
_______________________________________________________

地域の某団体が韓日関係を回復すべきだとし、釜山の強制徴用労働者像の前に韓国と日本の国旗が付いた構造物(写真)を設置した。別の団体は日本との和解に先立って賠償と謝罪が先だとし、構造物の設置に懸念を示した。

(写真)
no title


(19日)真実国民によれば、この団体は去る17日の21時30分頃、釜山市(プサンシ)東区(トング)の日本領事館の付近に建てられている労働者像の前に構造物を作った。構造物を見れば、韓国と日本の国旗の間に『和解通り』という文字が刻まれており、その下には日本の漫画『ポケットモンスター』の人形が吊るされている。

日本領事館の付近に設置された少女像や労働者像などが韓日関係を損なうと判断し、和解を意味する構造物を設置したというのが真実国民側の説明である。真実国民チェ・ウンソク代表は、「いつまでも過去に縛られてはいられないという判断で、和解を意味する構造物を設置した」と述べた。

少女像の設置に参加したある団体は、この施設に疑問を抱いた。少女常市民行動の関係者は、「ユン・ソクヨル大統領が就任した後、韓日関係の問題が政策的に変わったが、この団体の行動にそれが反映されたのではないかと思う」と話した。

真実国民の会員は合計20人余りで、明日の午前11時に鄭撥(チョン・バル)将軍広場の前で発足式を行う予定である。

ソース:国際新聞(韓国語)
http://www.kookje.co.kr/news2011/asp/newsbody.asp?code=0300&key=20220520.22008005899

続きを読む

【韓国】釜山出身の米国養子縁組コリアン、「ルーツを捜したい気持ちは変わらない」

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2022/05/15(日) 10:04:16.84 ID:CAP_USER
┃1979年7月23日生まれのキム・ヤンヒさん
┃釜山南部警察署を経て生後15か月の時に養子縁組

(写真)
no title

幼い頃のキム・ヤンヒさんの姿(児童権利保障院・養子認知院センター提供)
_______________________________________________________

「15年前から家族を探していますが生みの親に関する情報がなく、これといった成果を収めていません。ルーツを捜したい気持ちは変わりません」

米国ミネソタ州に住む養子縁組をしたコリアン(韓人)、マリア・デイビスさん(韓国名=キム・ヤンヒ/43歳)が実の家族を探している。

15日、児童権利保障院・養子認知院センターによれば、キムさんは1979年7月23日に釜山で生まれたと推定される。9月20日に釜山(プサン)南部警察署に発見されて、現地の某児童保護所を経て、翌年6月11日に養子縁組機である東方社会福祉会に預けられた。 『キム・ボクドク』という委託母の世話を受け、生後15か月のその年11月にミネソタ州のとある家庭に養子縁組された。

『ヤンヒ』という名前は児童保護施設で、『美しく育ちなさい』という意味でつけられたという。

両親の元で兄と一緒に成長した彼女は現地の大学で3つの専攻をとり、舞台に関連した仕事を5年近く勤めていたが、最近は精神健康関連の仕事をしている。

2年前に結婚して夫と一緒に暮らす彼女は、絶えず自分のアイデンティティーについて気になっていたが、実の家族探しに乗り出して、最近になって児童権利保障院の扉を叩いた。

「私の両親についての情報は全くありません。それでも探し続けます。私は両親を全く恨んでいません」

(オチ)
no title

▲ 現在のキム・ヤンヒさんの姿。

ソース:ソウル=聯合ニュース(韓国語)
https://www.yna.co.kr/view/AKR20220513094500371

続きを読む

【韓国】慰安婦ハルモニの人生、一人芝居『キャラメル』清州公演

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2022/05/11(水) 16:38:09.77 ID:CAP_USER
┃第29回清州民族芸術祭
┃11~15日、清州芸術の殿堂などで開催

(写真)
no title

▲ 第29回清州民族芸術祭
_______________________________________________________

「友だちをたくさん連れてきたらキャラメルをあげる」

日本軍慰安婦ハルモニの人生を描いた一人芝居『キャラメル(ケロメル)』が、忠北(チュンブク)清州(チョンヂュ)にやってくる。

忠北 清州民芸総は10日、民族芸術祭『芸術で映し出せ』の一環として、劇団石(トル)の『キャラメル』招待公演を行うと明らかにした。

『キャラメル』は在日同胞3世の俳優キム・ギガンさんの一人芝居で、日本軍慰安婦として連行された後、帰郷できないまま日本で在日同胞として暮らした女性の人生を盛り込んだ。

『キャラメル』は来る14日の午後1時30分、文化空間セビョク(暁)で公演する。

『キャラメル』は2019年に、済州4.3平和人権マダン劇祭などでも公演された。

清州民芸総のチョ・エラン監査は、「“キャラメル” は戦争の痛みと女性の人生を盛り込んだ作品だ。清州招待公演を行なってくれてありがたい、嬉しい」と話した。

清州民芸総は11~15日に、清州芸術の殿堂などで29回民族芸術祭を開催する。

(以下略)

ソース:ハンギョレ(韓国語)
https://www.hani.co.kr/arti/area/chungcheong/1042288.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト