脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

社会

【中韓】韓中国交正常化から25年…北京の「コリアタウン」の涙 THAAD直撃、不買運動…韓国料理店の売上30%以上減

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/20(日) 23:43:17.21 ID:CAP_USER
THAAD直撃受けた望京
競争力の悪化の中、不買運動が覆いかぶさり
韓国料理店の売上30%以上減り
旅行・コンテンツ業界も「弱り目に崇り目」

俳優のS氏(49)は今年2月17日、有名料理士とともに中国・北京に食堂を開いた。メイン料理は韓国料理、前菜とデザートは洋食、和食を添えた大型の高級食堂だった。

しかし3カ月に満たない5月にのれんを下ろした。THAAD(高高度防衛ミサイル)配備と関連して韓国を狙った中国の不買運動が極致の時だった。

北京で最も古い韓国食堂とされるS食堂も大きな打撃を受けた。当時、中国人客たちは韓国人支配人を呼び、THAAD問題で難癖をつけた。団体客が予約をしてきては「なぜ韓国料理店なんだ」と内輪同士でもめた後、皆出て行ってしまったこともあった。

北京の韓国外食業界は今年に入って韓国食堂の売り上げが30%ほど減少したものと見ている。ひどいところは70%近く売り上げが落ちた食堂もあるという。

10年余り前までは韓国食堂の客は韓国人が中心だったが、その後中国人の割合が70~80%に達していたため不買運動の衝撃がさらに大きかった。

望京の韓国人社会のため息は、24日の国交正常化25周年を迎える韓中関係を象徴的に示している。しかし、北京の韓国食堂が困難を負う事態は初めてではない。

1995年から留学生の密集地域である五道口で食堂「コムチプ」を運営してきたキム・ヨンス氏(49)は「最初の頃は北京で開業した韓国食堂やスーパーマーケットのうち、97%は失敗した」と話した。

キム氏は開業当初、町のやくざ者が訪れ「場所代」を要求したが幸い衝突なくけりをつけたというめまいのするような経験がある。周りの飲食店が一晩で撤去される間、やっとの思いで場所を守ったという覚えもある。

成功の約束はなかったが、成功を追い求める歴史は続いた。中国外交部傘下の諮問機構である中国アジア経済発展協会のチュイアン・スンジ会長は「その頃、韓国人たちは誰かが失敗して帰ったら他の誰かが再びその場に入った」と話した。

キム・ヨンスさんは「最初の頃はサービスのノウハウ、インテリアなどで韓国食堂の水準が中国食堂と大きく差があった」と回想した。このようなプロセスを経て形成されたのが、北京の他の外国人共同体ではなかな見られない「韓国人密集住居地域」だった。

1997~1998年の通貨危機の頃に韓国人駐在員たちが市内の住宅費を調達できず、郊外に追われるように集まった北京東北部の“ニュータウン”望京、そして北京言語大学をはじめ、北京大学、清華大学など主要な大学が集中しており、

留学生らが集まった西北部の“一人暮らし街”五道口は、ハングルの看板の洗礼を受け、名実共に「コリアタウン」化した。

ただし、THAADの影響を迎える前にも、最近数年間は韓国人社会の悩みが深まっていた。まず、北京の不動産価格が恐ろしい勢いで上昇した。キム・ヨンス氏は「韓国の飲食店のオーナーのうち、建物の所有者は誰もいない。商店街はほとんどが集合所有で、なかなか売り物がない」と話した。

人件費も上がった。コムジプの従業員の給料は1995年と今を比べると、7.5倍の差である。韓国料理の独特さを掲げる環境も変わった。キム氏は「中国消費者の立場では韓国料理はもう新しくない食べ物になった。朝鮮族同胞たちと競争して韓国食堂が『オリジナル』を強調することも大変だ」と話した。

「THAAD被害」は、中国市場でこのように韓国企業の環境が悪化している最中に起きた「弱り目に崇り目」の打撃だった。旅行業界は団体観光の中止によって甚大な被害を被った。

だが、「THAAD前」から中国の航空各社が急速に成長し、米州・欧州・東南アジアの直航便を増やしている変化に苦戦していた。電子商取引の発展のもとに急成長したオンライン基盤の中国の旅行会社のために価格競争力を確保することも大きな課題だった。

http://japan.hani.co.kr/arti/international/28237.html

>>2以降に続く)

続きを読む

【朝鮮半島】「これなら北の方がマシ」 韓国社会に幻滅する脱北者たち

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/20(日) 14:02:39.88 ID:CAP_USER
韓国でタレントとして活躍していた脱北女性、イム・ジヒョンさんが突如として北朝鮮に戻り、当局のプロパガンダメディアに登場したのは先月16日のことだ。「北朝鮮に騙された」「拉致された」などの見方がある一方で、自ら望んでの帰国だとする情報もある。

そんな中、ひとりの男性が最近、ニューヨーク・タイムズの取材に応じた。脱北者のクォン・チョルナムさん(44歳)。彼は韓国政府に対して、自らを北朝鮮に帰国させるよう要求し続けている。

両江道(リャンガンド)延社(ヨンサ)出身の彼は、薬草を売る商売をしていた。そんな彼の運命を変えたのは、ある女性との出会いだった。

ブルーベリー採りに行った先で偶然出会った女性から「中国に行けばカネになる」と言われた。彼は女性とともに北朝鮮から脱北した。しかし中国に到着するや、女性は姿をくらました。

脱北ブローカーに2500ドル(約27万7000円)を払い、ラオス、タイを経て1ヶ月かけて2014年11月に韓国に到着した。その後、釜山に近い工業都市、蔚山に定住することになった。

工事現場で働いたが、英単語が理解できないことでバカにされた。また、5フィート(約152センチ)ほどの身長のせいで、職業選択の幅が狭まった。それでも北朝鮮に残してきた家族のことを思って熱心に働き、4500ドル(約49万8000円)を送金した。

そんな中、父親が亡くなったとの便りが飛び込んできた。さらに、ブローカーからは脱北費用を払えと裁判で訴えられた。

そんな彼の心が折れてしまったのは、昨年5月のことだった。レンガ運びの仕事をしたのに、社長から約束された給料が払われなかったのだ。警察に駆け込んだが、社長の言い分ばかりに耳を傾け、自分の訴えが受け入れられることはなかった。

怒りのあまり警察署で「北朝鮮に帰って記者会見を開いて何が起きたかを洗いざらいぶちまけてやる」と叫んだ。パスポートを申請し、手持ちの現金をドルに両替し、北朝鮮に帰る準備を進めていた昨年6月22日、警察に踏み込まれて逮捕された。

国家保安法6条4項(潜入脱出罪)違反容疑だった。

同年9月に執行猶予付きの判決を受けて釈放されたが、もはや蔚山の町に彼の居場所はなかった。仕事はなくなり、他の脱北者からも避けられるようになった。

今年3月、彼はソウルへ行き、韓国キリスト教平和研究所のムン・デゴル神父が営むホームレスシェルターに転がり込んだ。そして「私は朝鮮民主主義人民共和国の公民だ」と書かれた横断幕を持ち、抗議活動を行なうようになった。

記者会見を開き、7月には国連のキンタナ国連北朝鮮人権状況特別報告者にも会った。もはや北朝鮮で処罰されることすら恐れていないと語る。

「韓国人はわたしを愚か者扱いして、脱北者という理由で、同じ仕事をしても同じ額の給料をくれなかった」

「脱北者を二級市民として扱う韓国での暮らしに幻滅した。北朝鮮では豊かではなかったが、韓国でのように汚物扱いはされなかった」

「努力したが、韓国は私に合っていなかった。北朝鮮に帰って、元妻と16歳の息子と再会したい」(クォンさん)

北朝鮮当局は、中国浙江省の北朝鮮レストラン従業員が集団脱北した件を巡り、「拉致された」として韓国に対して全員の送還を求めている。そのような状況でのクォンさんの動きは、北朝鮮に新たなカードを与えた形となってしまった。

こうなれば、韓国社会に彼の居場所はますますなくなるだろう。

問題の根底にあるのは、韓国社会の脱北者に対する根強い差別だ。韓国政府から独立した人権擁護機関である国家人権委員会と仁荷大学が脱北者を対象に行なった調査によると、45.4%が北朝鮮出身という理由で差別を受けたことがあると答えた。

このような差別が解消しない限り、同様の問題はいくらでも再発するだろう。

高英起
デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト

https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/
2: ソース@ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/20(日) 14:03:27.35 ID:CAP_USER

続きを読む

【韓国】1億円投じた平昌五輪PRの遊具、豪雨のため1日で終了 ソウル中心部にウォータースライダー設置

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/20(日) 22:03:15.39 ID:CAP_USER
ソウル市と江原道が平昌冬季五輪のPRのためにソウル・光化門広場に設置した大型ウォータースライダー(全長300メートル、高さ22メートル)のイベントが、20日朝の豪雨の影響でわずか1日で中止となった。

ソウル市は、20日午前10時に入場予約者1500人に対し、イベントの中止をメールで連絡したと発表した。アイドルグループやコメディアンのステージは予定通り行われた。

ウォータースライダーのイベントには予算10億ウォン(約1億円)が投じられ、ソウル市と江原道が2億5000万ウォン(約2500万円)ずつ、文化体育観光部(省に相当)が2億ウォン(約2000万円)、平昌五輪のスポンサーを務めるKT、ノースフェイス、EFが計3億ウォン(約3000万円)を拠出した。

スポンサー側はボブスレーを模した1人用チューブ2000個を制作。ソウル市はウォータースライダーの設置と撤去のために18日から4日間、光化門広場周辺で車両通行規制を行っていた。

イベントが行われた19日にウォータースライダーを利用したのは5000人。主催者側は、仮想現実(VR)でスキージャンプやショートトラックなどを体験できる五輪種目体験館や、子ども用プールを訪れた人を合わせると、計6万5000人が来場したと主張している。

今年に入ってソウル市が主催したイベントは、降雨のせいで延期になったり物議を醸したりするケースが多い。先月には漢江にかかる潜水橋を全面通行止めにして砂浜を作るイベントを企画していたが、豪雨が予想されたため2週間後に延期すると発表した。

すると費用5億ウォン(約5000万円)を全額負担することになっていたイベント業者が「収益が期待できない」としてイベントの中止を市に要請。結局「潜水橋ビーチ」は中止となった。

今年5月には、ソウル駅前に市の予算1億4000万ウォン(約1400万円)を投じた「シューズツリー」が設置されたが、わずか3日で雨が降り、3万足の靴が水を吸って悪臭を放った。

7-8月に汝矣島漢江公園で開催されている夜市は、降雨の影響で15回のうち7回が中止となった。

チョン・ヒョンテ記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/20/2017082001628.html

続きを読む

【韓国】「それ、もはや生ごみなのでは?」 韓国で販売の豚足から基準値の123万倍の大腸菌群検出でネット仰天

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/20(日) 21:25:57.50 ID:CAP_USER
2017年8月17日、韓国で「殺虫剤卵」問題により食品の安全性に対する不信が広がる中、市中で販売されている豚足やゆで豚からも食中毒菌や大腸菌が検出された。韓国・ニューシスなどが伝えた。

韓国消費者院が同日、国内に流通・販売している豚足やゆで豚など30製品(冷蔵・冷凍の豚足およびゆで豚24製品、出前専門店の豚足6製品)を対象に衛生および表示実態を調査した結果、11製品から食中毒を誘発する細菌「リステリア・モノサイトゲネス」や、大腸菌群などが検出されたことが明らかになった。

このうち、冷蔵・冷凍豚足14製品では1製品からリステリア・モノサイトゲネスが、5製品で基準値の3.7~123万倍の大腸菌群が、また2製品で基準値の1.6~270万倍超の数の細菌が検出された。

冷蔵・冷凍ゆで豚では、10製品のうち3製品から基準値の1.7~23倍の大腸菌群が、2製品で基準値の580?2万1000倍超の数の細菌が検出され、出前豚足1製品からも基準値の17倍を超える大腸菌が検出されるなど、全般的に製造・流通の際の衛生管理強化が必要なことが分かった。

一方、冷蔵・冷凍の豚足やゆで豚は「畜産物の表示基準」によりその「類型」「内容量」「滅菌・殺菌・非殺菌製品」などを表示しなければならないが、調査対象となった製品のうち12製品(豚足6製品、ゆで豚6製品)で表示基準が守られていなかった。

11製品では「滅菌・殺菌・非殺菌製品」表示が、5製品では「畜産物加工品の類型」表示が抜け落ち、一部製品では「内容量」「栄養成分」などが記載されていなかったという。

こうした状況を受け消費者院は事業者に衛生管理の強化などを勧告するとともに、消費者に対しては、豚足やゆで豚を購入・摂取する際に「包装に記載された適正温度に従い冷蔵または冷凍保管する」「消費期限内に摂取する」「できるだけ加熱して摂取する」「食中毒症状がみられた場合、病院で診察を受け、保健所に申告する」などの注意を呼び掛けた。

この報道に、韓国のネットユーザーからは「豚足は2時間くらいゆでた料理のはずなのに、そんなに菌が出るの?」「大腸菌が基準値の123万倍って、それはもはやごみなのでは?」「生ごみと変わらない」と仰天する声や、「どの店か明らかにして」「食べ物でふざけるやつは牢屋に入れるべき」と強く求める声が相次いでいる。

中には、「それよりも、この国で安心して食べられるものを発表して。その方がまし」とのコメントも寄せられ、「キムチとご飯を食べるしかない?」「これじゃ食べるものがない。強制ダイエットをありがとう」と嘆くユーザーもいた。(翻訳・編集/松村)

http://www.recordchina.co.jp/b160056-s0-c30.html

no title

写真は韓国の豚足、ゆで豚。

続きを読む

【韓国】北のミサイルより「慰安婦バス」 徴用工像と慰安婦像イベントに没頭する韓国に危機感ゼロ

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/20(日) 01:19:45.67 ID:CAP_USER
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が、米領グアム沖への弾道ミサイル発射を示唆し、トランプ米大統領が「グアムで何かやれば、見たこともないことが北朝鮮で起きる」と警告するなど、危機が高まっているはずの朝鮮半島の南側、韓国ではこの間、「慰安婦像」や「徴用工像」の新たな設置が相次いでいる。

現実問題である北朝鮮の核やミサイルへの危機感や当事者意識は薄く、自治体も後押しして、「日本との歴史」をめぐる問題にこだわり続け、相変わらず騒がしい。(ソウル 名村隆寛)

■これでもか!慰安婦像、これでもか!徴用工像

日本の朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」の15日をはさんだ1週間あまり、韓国では今年もさまざまな反日抗議イベントが行われた。今年の特徴は、慰安婦像の増設と徴用工像の新設だった。

徴用工像は12日、ソウル市竜山区の竜山駅前の広場と西方近郊の仁川(インチョン)市富平区の公園にそれぞれ、韓国国内では初めて設置され、除幕式が行われた。像の形は全く別のもので、ソウルの像はやせ細った男性の像。仁川の像は徴用工の父娘をイメージしたもの。いずれの「徴用工」も槌を持たされている。

仁川の除幕式は、とにかく“前座”が長く、公園内に設けられたステージで、歌や踊りなどが除幕まで2時間近く続いた。日本人のグループも参加し、労働争議を思わせる日本語の歌をギターをかき鳴らしながら歌い、拍手を浴びていた。

像設置キャンペーンのクライマックスは、市民団体などが「世界慰安婦の日」と定めた14日から「光復節」の15日にかけて。韓国各地で新たな慰安婦像設置などの行事が行われた。

ソウル市の道峰(ドボン)区や衿川(クムジョン)区、光州(クァンジュ)市内の5つの区などでは慰安婦像10体が設置。ソウル市中心部の清渓(チョンゲ)広場では、元慰安婦の支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)などがミニチュアの慰安婦像500体を展示した。

また、ソウル南方の水原市は、市内の公園に設置された慰安婦像の前で行事を開催した。同市は市長が率先して今年3月、慰安婦とは関係のないドイツ国内で慰安婦像を設置したことで知られる。

■どこかで見たような人形が…

韓国メディアによれば、韓国国内ではミニチュアを除き、すでに80体を超える慰安婦像が設置されている。

韓国在住日本人としては当然、気分のいいものではないのだが、今回の一連のイベントは、全体的にどことなく軽いノリが感じられ、いささかコミカル(滑稽)さを感じさせるものも多い。その最たるものがソウル市内の路線バス(5台限定)に乗せられた慰安婦像だ。

この慰安婦像は硬質プラスチック製で塗装されたもので、運転席の2つ後の座席に座っている。左肩には小鳥も留まっている。

大阪の大学に留学経験がある日本メディアの韓国人スタッフは「大阪で似たような人形を見た」と話していた。おそらく、道頓堀の「くいだおれ太郎」の人形だろうと思い、尋ねたところ、彼女は「その通りです」と答えていた。バスの慰安婦像は、「くいだおれ太郎」よりもよりレトロな感じに仕上げられている。

筆者が乗ったバスでは、ちょうどKBSなど韓国のテレビ局2社が撮影中で、乗客の女性にインタビューしていたところだった。

神妙な面持ちで女性がインタビューを受ける車内では、民謡「アリラン」が流れる。高齢の男性乗客が「アリランがいつ歌われ始めたか知っているかい?」と孫の年齢ほどの韓国メディアの記者に逆インタビューするなど、のんびりした雰囲気だった。

バスを利用する一般市民レベルでは、慰安婦像が乗っていようがどうでもよく、慰安婦問題を深刻に考えさせるような水準ではないようだ。

■パフォーマンスの対象

いくら慰安婦問題にこだわろうが、「一般人が乗る路線バスにまで、わざわざ像を乗せる必要が果たしてあるのだろうか」と思うのだが、当地ではそんな“異論”は許されないようだ。

「慰安婦バス」はソウルの民間の運行会社が企画したもので、同社では「ソウル市の事業と無関係」としている。

http://www.sankei.com/premium/news/170818/prm1708180012-n1.html

>>2以降に続く)

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト