脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

社会

【韓国大統領府前が大変なことに!】デモ、宴会で泥酔する人たちに韓国ネットもため息「韓国人は自由を乱用し過ぎだと思う」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/06/24(月) 21:51:17.95 ID:CAP_USER
2019年6月21日、韓国・朝鮮日報は「昼はデモ、夜は宴会…デモ隊の遊び場になった大統領府前」と題する記事を掲載した。

記事によると、韓国の大統領府付近では今年に入り大小の集会・デモが1日に4~10件ずつ行われており、参加人数は40万人に達しているという。全国民主労働組合総連盟の正規雇用の増加を求めるデモ、韓国キリスト教総連合会の文大統領の退陣を求めるデモ、ソウル市内のある学校の保護者らの学校周辺の工事禁止を求めるデモなど内容はさまざまだ。

大統領府から100メートルの場所での集会・デモが可能になったのは、朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾を要求するデモが行われた2016年末からという。それまでは1キロ付近まで許可されていなかったが、当時の裁判所の「集会・デモの自由を保障する」という趣旨により800メートルから400メートル、200メートルと許容範囲が広がり、ついに同年12月には100メートル前まで許可されたという。

しかし記事は「これにより大統領府前がデモ隊の“奥座敷”に変わった」と伝えた。昼間はデモ、夜には一部の人たちが宴会を開き、中には泥酔する人まで出ているとのこと。こうした状況でも警察による制止はないという。

これについて、建国(コングク)大学警察行政学科のイ・ウンヒョク教授は「政府が表現の自由を強調するため、警察が集会やデモの許容範囲を広く認めている。ただ、国の地位やイメージに関わる象徴性のある場所については、警察がより厳格な管理をする必要がある」と指摘しているという。

これに韓国のネット上では3000件近くのコメントが寄せられており、「自分が出した食べ残しやごみは自分で片付けようよ。それくらいのこともできない人は、主張などするな。まずは幼稚園から通い直し」「デモ隊が労働者に貢献してる部分もあるけど、だんだん権力が強くなってきて、今やチンピラ集団のよう」「表現の自由は認めるけど、品位ある行動をしてほしい。度が過ぎた自由により公益と秩序を害する場合は厳罰に処すべき」「韓国人は自由を乱用し過ぎだと思う。みっともないし、情けない」などマナーの悪さを非難するコメントが相次いでいる。(翻訳・編集/松村)

https://www.recordchina.co.jp/b722935-s0-c30-d0127.html
Record China 2019年06月24日 19時20分

続きを読む

【OINK】韓国の“関門”仁川空港で「難民申請者がガス銃で撃たれ、荷物のように載せられる」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/06/23(日) 15:12:54.28 ID:CAP_USER
20日、国連が定めた世界難民の日 
「身の安全のために韓国に来たが、こん棒で殴られ手錠かけられた」 
「弁護士に会って相談する前に強制送還措置」

エジプトからきたムハンマド・アボジッド氏(23)は昨年4月、仁川空港に閉じ込められていた記憶を振り返りながら、首を横に振った。韓国の最初の関門である仁川空港はアボジッド氏に「激しいストレスと心理的圧迫を感じさせた空間」だった。アボジッド氏は2011年1月、エジプトで起きた市民革命の「1月革命」などに参加した後、デモに参加した友人が逮捕・殺害される過程で、カイロにある大学に身を隠した。しかし、アボジッド氏はねつ造された犯罪容疑を適用され、エジプトの軍事裁判所で終身刑の宣告を受け、故国を脱出し、昨年4月17日に韓国に亡命した。

 しかし、韓国はアボジッド氏を受け入れなかった。政治的亡命を申請したが、仁川空港の出入国・外国人庁は「エジプト大使館を通じて照会した結果、アボジッド氏が提出した書類は虚偽」だとし、難民審査不付託の決定を下した。アボジッド氏が異議を申し立て、仁川空港の出入国・外国人庁から不付託決定の取消しの決定を勝ち取るまでの20日間、彼は仁川空港の搭乗棟を転々としながら生活しなければならなかった。「いつも寒く、悲しみの中で毎日を送らなければならない“苦痛の連続”でした。毛布や服、食べ物、寝床もない所で耐えるしかなかったが、空港の職員たちは搭乗を準備するようにと促し、心理的圧迫を加えました」とアボジッド氏は証言した。彼は昨年5月7日、ようやく韓国の地を踏むことができたが、依然として「難民認定」は受けていない状態で生活している。

 難民人権ネットワークは、国連が定めた世界難民の日の20日、ソウル中区(チュング)の国家人権委員会の前で記者会見を開き、「仁川空港の快適さの裏で、難民に対する非人間的で醜悪な人権侵害が発生している」と明らかにした。彼らは「2013年7月から空港で難民申請をできる『出入国港難民申請制度』が運営され始めてから、難民申請の過程で暴力と人権侵害が発生している」と指摘した。

続く。

クォン・ジダム記者

http://japan.hani.co.kr/arti/politics/33720.html
ハンギョレ新聞 登録:2019-06-21 08:49 修正:2019-06-21 10:24

no title

難民人権センターが今月20日、ソウル中区国家人権委員会の前で開いた「出入国港の難民申請者の人権侵害に関する陳情」記者会見で、エジプト人のムハンマド・アボジッド氏(左から2番目・23)が発言している=クォン・ジダム記者//ハンギョレ新聞社

OINK(オインク[1])とは、英語: Only in Korea の略語で、大韓民国(以下、韓国と表記)でしか起こりえない出来事を指す。英語圏におけるブタの鳴き声の擬音語である「oink」が語源である。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/OINK

続きを読む

【韓国】ネットユーザーが思う「韓国が世界で1位のもの」、ネットからさまざまな反応

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/06/23(日) 21:44:42.77 ID:CAP_USER
2019年6月16日、韓国のインターネット掲示板に「韓国が世界で1位の分野集め」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーから注目を浴びている。

スレッド主は、各種資料や画像を掲載しながら「韓国が世界で1位」であるものを紹介している。「インターネットの速度」、「治安」、「公衆トイレ」、「地下鉄(乗り換えシステム)」、「リサイクル率およびゴミの分別の実践」、「デリバリー文化」、「偽造紙幣の鑑別技術」、「リーズナブルな水の価格+水質」、「官公庁の業務の処理速度」、「健康保険」の10項目だ。

これを受け、他のネットユーザーからは「韓国は意外と暮らしやすいんだね。それが普通だと思ってた」「海外旅行に行ってくると、韓国の大切さに気付かされる」「健康保険はホント愛国心を呼び起こす」「外国に住んでる身として、健康保険とデリバリーは認定」「国土が狭いから有利なことが多いんだね」「資源さえ豊富だったら、今頃日本に勝ってたかもね。中国は言うまでもなく」「こんないい国に住んでたって分かって幸せ」など喜びの声がどしどし寄せられている。

一方で「公衆トイレはどうかな。あまり良くないし、隠しカメラ問題もある」「自慢になる?少し不便でみんなでゆっくり暮らしたら、その不便すら感じずに暮らせるようになるのでは?何でも速さを求めてきたから韓国人は苦しんで、怒りをコントロールできない社会に生きてるんじゃないか」「問題は政治と法律」「低い出産率、低い結婚率、高い離婚率の国だけど?」「出産率はビリから1位」など問題点を指摘するコメントも多く寄せられている。(翻訳・編集/松村)

https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=226801&ph=0&d=d0127
Record China 2019年06月23日 21時00分

続きを読む

【韓国高校生】日本と関係改善願う ソウルで「日本語スピーチ大会」「もっと仲良くなれるはずだ」と関係改善を願った

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/06/23(日) 00:37:35.94 ID:CAP_USER
【ソウル共同】ソウルの日本大使館公報文化院などは22日、日本語を学ぶ韓国の高校生が自身の体験や思いを語る「日本語スピーチ大会」を同院で開いた。26人の参加者は日本人の友達との交流や訪日の際に親切にされたエピソードなどを披露。歴史問題などで日韓関係は悪化しているが「もっと仲良くなれるはずだ」と関係改善を願った。

 大会は毎年開かれ、今回で8回目。大賞には、日本のアニメ映画で知った童歌のおかげで将来の夢について考える心の余裕が生まれたと語ったソウル近郊・城南の白承ヒョンさん(16)が選ばれた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190622-00000128-kyodonews-int
6/22(土) 19:52配信 共同通信記事

続きを読む

【韓国】最近は慰安婦という言葉はあまり使われず「日本軍性奴隷制被害者」という言葉が使われるようになってきている

1: シャチ ★ 2019/06/22(土) 22:48:13.04 ID:CAP_USER
この夏、韓国で「慰安婦」関連のドキュメンタリー映画が続々公開される。

「慰安婦」と「」に入れたのは、韓国では最近、慰安婦という言葉はあまり使われず、「日本軍性奴隷制被害者」という言葉が使われるようになってきているからだ。試写会後の会見でも「被害者本人が慰安婦という言葉を嫌っています」と、使わないようにお願いされた。とはいえ日本では分かりにくいので、「慰安婦」とする。

実際、韓国では元「慰安婦」のことをおばあさんという意味の「ハルモニ」と呼ぶことが多い。まず6月20日に公開されたのは、ハルモニたちの日常を追った「まわり道」。ハルモニたちが共同生活を送る「ナヌムの家」が主な舞台だ。現在、韓国政府登録の生存の被害者は21人で、このうち6人はナヌムの家で暮らしている。

ナヌムの家は京畿道広州市にあり、私も2017年に訪ねたことがある。日韓の学生たちと一緒に訪ねたが、ハルモニたちは高齢で認知症の症状もあり、会うだけで精一杯、話を聞くのは難しいと聞いていた。最初は無口だったハルモニだが、日本の学生たちが遠慮深く遠回しに質問するのを見かねたのか、突然自身の体験をとうとうと語りだした。

そのすごい迫力に飲まれ、数十分にわたって通訳を挟むタイミングも逃し続けたが、韓国語の分からない日本の学生たちも涙を流して聞き入っていた。それが、李玉善(イ・オクソン)ハルモニだった。映画「まわり道」は、李玉善ハルモニの語り口で展開する。

イ・スンヒョン監督は1989年生まれの若い監督で、今回がデビュー作。もともと俳優だ。「慰安婦」を描いた劇映画「鬼郷」(2016)に出演し、助監督も務めた。イ監督は「『鬼郷』に参加して初めてこの問題(「慰安婦」の問題)を知ったと言っていいほど、無知だった」と話す。「鬼郷」をきっかけにハルモニたちとの交流が生まれ、ナヌムの家が管理する映像を土台に映画化することになった。20年にわたる記録で、1600本を超えるビデオやCDを編集し、追加で撮影した。「20年前の元気なハルモニたちの姿が愛らしく、笑いあふれる日常を映画にしたいと思った」と話す。

印象に残ったのは、2000年代前半、日本政府との「慰安婦」問題の交渉に消極的な韓国政府に怒ったハルモニたちが青瓦台(韓国大統領府)に抗議に向かうところで、韓国の警察が行く手を阻んだ場面だ。道路を掘り起こし、通れなくした。これにはハルモニたちが「日本の警察でもこんなことはしない」と、詰め寄って悔しさを訴えた。日本から見ると2015年の「慰安婦」問題の日韓合意後、韓国内で合意反対の世論が巻き起こった背景は分かりにくいと思う。私の見る限り、ハルモニの頭越しに合意がなされたことに対する反感が大きかった。ハルモニたちは日本政府だけでなく、韓国政府に失望することも少なくないようだ。

7月には、日本で話題になっているドキュメンタリー映画「主戦場」が韓国でも公開される予定だ。「慰安婦」問題の論争を日系アメリカ人のミキ・デザキ監督が対立する主張を織り交ぜて分析を加えた作品で、韓国の観客には日本にも様々な意見があることが分かって新鮮だと思う。昨年10月の釜山国際映画祭でも上映されたが、まだ韓国ではこの映画について知らない人がほとんどだ。

8月に公開を控えるのは「金福童(キム・ボクトン)」。1月に亡くなった金福童ハルモニを追ったドキュメンタリー映画で、世界中で被害を訴えて回った運動家の姿を伝える。

実は韓国では2015年の日韓合意以降、「鬼郷」を皮切りに「慰安婦」関連の劇映画が毎年公開されてきたが、日本では自主上映のみ、劇場公開されることはなかった。両国のギャップは開く一方に見えたが、「慰安婦」について語ることがタブーのようになっていた日本の雰囲気を「主戦場」が変えた感がある。政府間は個人的にはあまり期待していないが、市民レベルででも日韓の対話が増えるきっかけになれば、と期待したい。

2019年6月22日 8時0分 朝日新聞GLOBE+
https://news.livedoor.com/article/detail/16659283/

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト