脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

中国

【中国メディア】サムスンや中国メーカーが力を入れる折りたたみ式スマホ、なぜヒットしないのか

1: 昆虫図鑑 ★ 2022/01/18(火) 16:26:17.31 ID:CAP_USER
中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)から2020年11月に独立したスマートフォンブランドのHonor(オナー)は10日、同社初の折りたたみ式端末「Magic V」を発表した。

これに関連し、中国メディアの環球時報は12日、折りたたみ式スマホはなぜヒットしないのかとする記事を掲載した。以下はその概要。

先月にはファーウェイと中国のスマホ大手OPPO(オッポ)も折りたたみ式スマホをそれぞれ発表している。韓国のサムスンと中国のXiaomi(シャオミ)は折りたたみ式スマホをすでに製品化しており、中国のvivo(ビーボ)も年内に発表する計画だ。

2019年以降、サムスン、ファーウェイ、米モトローラなどが折りたたみ式スマホを製品化し、業界内で期待されてきたが、いまだ主流とはなっていない。

調査会社のカウンターポイントによると、21年のスマホ総出荷台数約14億台のうち、折りたたみ式スマホは860万台にとどまっている。

折りたたみ式スマホが普及しない理由について、消費者の44.6%が「悪い体験」を挙げていることが業界の調査で分かった。消費者から報告された問題は、ディスプレーにしわが発生することや、ヒンジやディスプレーの耐久性に集中していた。価格の高さも主流になれない理由の一つだ。(翻訳・編集/柳川)

https://sp.recordchina.co.jp/b887909-s25-c20-d0192.html

続きを読む

【中国メディア】科学技術ランキング、トップは米国、次は日本と独、第3グループは英国と仏、第4グループに韓国、中国

1: 昆虫図鑑 ★ 2022/01/15(土) 13:08:30.36 ID:CAP_USER
中国は世界の工場とも言われ、多くの製品を生産して世界中へ輸出している。もはや中国製品がないと生活が成り立たない分野もあるほどだ。

 だが、その一方で中国も海外からの輸入に依存している分野がある。中国メディアの網易は10日、中国が輸入に依存している製品について紹介する記事を掲載した。

 記事は、中国が輸入に依存している製品の1つとして「ハイエンド工作機械」を挙げた。中国は、主に日本とドイツからの輸入に頼っているようだ。工作機械そのものは中国企業も製造できるものの、極めて高い精度が求められる「ハイエンド工作機械」を中国企業が作るのは難しいと指摘し、ハイエンド工作機械はそのほとんどが輸入に依存していると紹介した。

 他には、集積回路、ステッパー、オペレーティングシステム、ハイエンド医療機器、航空・自動車・船舶のエンジン、デジタルカメラ、高性能のセンサー、ハイエンドのベアリングや精密計器など、中国はいずれも海外からの輸入に頼っていて、日本は主な輸入相手国の1つになっていると紹介した。

 記事は最後に、工業と科学技術で強い国をランク付けするとしたら、4段階に分かれると紹介した。トップに君臨するのは米国で、次は日本とドイツ、第3グループは英国とフランス、第4グループは韓国、イタリア、スイス、スウェーデン、オランダ、そして中国だとしており、中国は経済大国また製造大国ではあるが、日米独などの製造強国とはまだ差があることを強調した。(編集担当:村山健二)


http://news.searchina.net/id/1704781?page=1

続きを読む

【中国】 北京冬季五輪に韓国大統領招待  韓国は慎重検討か

1: 荒波φ ★ 2021/12/20(月) 18:06:37.14 ID:CAP_USER
【北京=羽田野主】

2022年2月の北京冬季五輪の開会式を巡り、中国政府が韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に招待状を出したことがわかった。

中韓外交筋が明らかにした。韓国は国内世論を見極めつつ慎重に検討する見通しだ。

文氏は対立を深める米国と中国の間で一方に偏らない外交を展開してきた。中国は韓国を取り込むことで、米英豪などが表明した外交ボイコットが広がらないようにする思惑がありそうだ。


2021年12月20日 18:00
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM205UY0Q1A221C2000000/

続きを読む

【中国外交部】 「北京五輪ボイコットしない韓国政府は家族…高く評価」 「豪州は招待してないから」

1: 荒波φ ★ 2021/12/09(木) 11:44:20.54 ID:CAP_USER
中国政府は8日、北京冬季オリンピックに対する韓国政府の立場について「高く評価する」と賞賛した。

汪文斌中国外交部スポークスマンはこの日、定例ブリーフィングにおいて韓国政府の立場に対する評論を求められ、「韓国は2018年平昌冬季オリンピック開催国であり、2024年江原道青少年冬季オリンピックを開催するだろう。ずっと相手国が開催するオリンピックを支持してきた」と付け加えた。

続けて「(相互支持は)両国友好協力関係とオリンピックの一家族としての表現」と述べた。

先に韓国のチェ・ヨンサム外交部スポークスマンは、米国が北京冬季オリンピックに対する「外交的ボイコット」を公式化したことについて7日に「2018年平昌、2021年東京、2022年北京につながる今回のオリンピックが北東アジアと世界平和と繁栄、南北関係に寄与することを希望している」と明らかにした。

チェ広報担当者は「他の国政府の外交的決定について韓国外交部が言及する事項はない。ただし韓国政府は北京冬季オリンピックの成功的な開催を支持してきた」と述べたことから、米国の外交的ボイコットに同調しない姿勢をみせた。

韓国各紙も同国外交部関係者らへの取材をもとに、韓国政府が外交的ボイコットに参加しないと伝えている。

一方、オーストラリアが米国に続き「外交的ボイコット」を宣言したことについて中国は強い批判を加えた。

汪文斌スポークスマンは、「中国はオーストラリア政府当局者を招待しなかったので(彼らが)来ようがそうでなかろうが気にする人はいない」とし、「オーストラリアの政治家たちが政治的な私利私欲のためにショーを繰り広げることは北京オリンピックの成功には何の影響もない」と述べた。

そして「(外交的ボイコットは)オーストラリア政府が是々非々を選べないほど個々の国家に盲目的に追従していることを明らかにしている」とし「中国はオーストラリアの行動に強い不満と断固とした反対を表し、すでにオーストラリアに厳重な交渉を提起した」と付け加えた。

王スポークスマンはオーストラリアにも報復を加えるかという質問に対しては「見守っていてほしい」と答えた。

北京冬季オリンピックには米豪の他にも英国やニュージーランド、カナダなども外交的ボイコットを表明している。

8日(現地時間)ロイター通信によると、ロンドン駐在中国大使館の広報担当者はこの日「中国政府はイギリス政府閣僚や管理を北京冬季オリンピックに参加するよう招待したことがない」とし、「北京冬季オリンピックは世界中のオリンピック選手と冬季スポーツ愛好家の集まりであり、どの国のための政治的操作の道具ではない」とし「北京冬季オリンピックで政府関係者の出席の有無で問題化をするのは本質的に政治的誹謗にあたる」と批判している。

この報道をみた韓国のネットユーザーからは、

「独裁政権と戦い民主主義を叫んだのに政権をとるや中国や北の人権に知らないふり」

「いつから我々の友邦国は中国になったんだ」

「選手団派遣はせずに文在寅一人だけ送ればどうか」

「我々は米中のどちらにも傾倒してはいけない。中立を守って悪いことはない。貿易で食べる国なのにどちからを選べば良いことは何もない…」

「朴槿恵の方がもっと積極的だった」

などのコメントがネット掲示板に投稿されている。


2021年12月9日
http://korea-economics.jp/posts/21120902/

続きを読む

【朝鮮日報】中国の俳優「笠子帽は中国が起源…韓国文化だと誤解されるのは我慢ならない」

1: マカダミア ★ 2021/12/07(火) 21:20:18.89 ID:CAP_USER
中国の俳優が、韓国の伝統的な帽子「カッ(笠子帽)」を中国の伝統文化だと主張し、論議を呼んでいる。

 中国版『花より男子』としてネットフリックスで配信された『流星花園2018』でデビューした俳優、呉希沢さんは3日(現地時間)、中国版ツイッター「微博(ウェイボー)」に「笠子帽は中国が起源で、他の国に伝わった」と書き込んだ。

 呉さんはまた、現在出演中の時代劇ドラマ『一片氷心在玉壺』(原題)に対する視聴者コメントをスクリーンショットの形で投稿。コメントの内容は「中国のドラマでこの帽子を見ると、どうしても韓国ドラマを思い出す」というものだった。

 呉さんは「ドラマを見ていたら、こんなコメントを見掛けた。正すべきだと思う」として「このような問題に直面すると、一言言いたくなる。自国の伝統文化が誤解されるのは我慢ならない」と書いた。この書き込みは7日現在、5970回以上リツイートされている。「いいね」は8474件、コメントは5350件以上書き込まれた。

 中国のネットユーザーたちは「あの帽子の起源は中国」、「譲れない問題」、「これは中国の伝統衣装」などの反応を見せた。ただし、一部には「中国の伝統帽子はあんなものではない。非常に韓国的だ」、「中国に由来していたとしても、これは中国の伝統とはあまりにも違う」という意見もあった。

 笠子帽は朝鮮王朝時代の伝統服飾で、当時の成人男性が被っていた冠帽だ。笠子帽が世界的に注目を集めたのは、ネットフリックスのオリジナルドラマ『キングダム』に登場したのがきっかけだ。当時も笠子帽が中国のものだという主張が飛び出した。中国のネットユーザーらは「笠子帽は明王朝の帽子」と主張した。

 9月にはSBSの時代劇ドラマ『ホンチョンギ』が中国文化を剽窃(ひょうせつ)しているとの主張も飛び出した。中国のネットユーザーらは同ドラマに出てくる衣装が明の伝統衣装をまねており、劇中の小物も中国ドラマ『瑠璃』をそっくりまねていると主張した。また、ドラマの背景やCG、予告編に出てくる水墨画までも、中国のものを剽窃したとの主張を展開した。一部の現地メディアも同様に主張し、論議を呼んだ。

 笠子帽への注目度が高まると、キム・ゴン駐英韓国大使は今年10月、伝統衣装と笠子帽を着用してエリザベス女王に信任状を奉呈した。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/12/07/2021120780204.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト