脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

中国

【国際】中国の人気旅行先 日本2位 韓国10位圏外 旧正月

1: 動物園φ ★ 2019/02/02(土) 17:06:56.99 ID:CAP_USER
中国、春節に700万人海外へ 人気の渡航先、日本は2位

2/2(土) 17:03配信
共同通信

 【北京共同】中国のオンライン旅行大手、携程旅行網(シートリップ)は2日までに、春節(旧正月)の大型連休(4~10日)前後に海外へ出かける中国人旅行客数が前年より約50万人多い延べ700万人近くになるとの予測を発表した。日本は人気渡航先ランキングで昨年と同じ2位につけた。

 米国との貿易摩擦の影響などで中国は景気減速傾向が鮮明になっているが、シートリップは「旅行に関する消費の勢いは衰えていない」と指摘。食事や宿泊に対して品質の高さや個人の好みを追求する傾向が強まっているという。

 1位はタイ、3位以下はインドネシア、シンガポール、ベトナムと続く。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190202-00000092-kyodonews-soci

中国、春節連休650万人の海外旅行... 韓国は10位圏で「脱落」
http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?oid=001&aid=0009856289&date=20180202

続きを読む

【韓国人歌手】「中国の空気は良くない」発言を謝罪

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/01/26(土) 18:42:55.22 ID:CAP_USER
韓国人歌手ファン・チヨルが「中国空気」発言について公式的に謝罪した。 

  ファン・チヨルは25日、中国版ツイッター「ウェイボ」を通じて韓国語と中国語で「私の発言で不快な思いを抱かれた方にお詫びします」として謝罪文を掲載した。 

  ファン・チヨルは「私も放送を実際に見て、十分に誤解の余地があると感じた。中国と韓国の環境は違うが、私が中国で活動するうえで全く問題にならなかったということを表現したかった」と釈明した。続いて「意図とは違って心に傷を負われた方がいれば心よりお詫びしたい。常に自らを省みるように努力していく」と伝えた。 

  ファン・チヨルは23日に放送されたMBC(文化放送)トーク番組「ラジオスター」に出演し、中国での活動について話した。ファン・チヨルは「出国する前、中国で活動していた先輩歌手から空気が良くなく水が合わないかもしれないという話を聞いた。実際、空港に到着してみると、前が見えなかった。『本当に空気がよくないのか』と思い、『水の味が少し違うかもしれない』と思ったが、自分には全く関係なかった」と語った。 

  番組の司会者が「生まれつきの大陸体質」と感嘆したが、中国インターネットユーザーの反応は全く違った。中国のあるメディアは25日、「ファン・チヨルが中国の空気と水質が良くないと皮肉った」と報道し、中国ポータルサイトの検索語上位にも「中国の空気と水質が悪いといったファン・チヨル」などが登場した。中国ネットユーザーは「中国はあなたを歓迎しない」「中国で活動しながら韓国では中国を批判するのか」「お金は中国で稼いで悪口は韓国でするのか」などという反応を見せ、ファン・チヨルを非難した。こうした声が広がると、ファン・チヨルは謝罪文を載せて反省の意を表した。 

  ファン・チヨルは2016年、中国湖南衛星テレビの「我是歌手4」で歌王戦で3位になって注目を集めた。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=249584&servcode=700&sectcode=700
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年01月26日 14時31分

no title

歌手ファン・チヨル(写真=ハウエンターテインメント提供)

続きを読む

【中央日報】中国国営メディア「韓日が導入の米ステルス機F35より中国の殲20が優秀、一度も故障が報告されていない」と伝えた

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/01/16(水) 17:54:45.30 ID:CAP_USER
韓国空軍が今年から米国産ステルス戦闘機F-35を導入する予定の中、中国国営メディアが16日、中国産の殲(J)-20はF-35に比べて圧倒的に優秀だと主張した。 

  中国国営グローバルタイムズはこの日、中国軍事専門家を引用し、韓国、日本、豪州などにF-35が次々と配備されていると伝えながら、「改良された中国産ステルス機の殲-20はアジア太平洋地域の米F-35同盟圏(US F-35 friends circle)に対抗できる圧倒的な性能を備えている」と評価した。 

  軍事専門家の魏東旭氏は中国に隣接した韓国と日本が米国と共にF-35で合同訓練をする可能性があると懸念しながら、「最先端武器とステルスおよび超音速機能で武装したF-35は中国の国家防御に影響を与えるだろうが、中国の殲-20の性能の方が優れている」と述べた。 

  中国の第5世代戦闘機の殲-20は2018年初めから中国人民解放軍の空軍に配備された。グローバルタイムズは殲-20が最先端航法および電子装備を備え、F-35より多くの武器を積載でき、爆撃能力が上回っていると分析した。 

  魏東旭氏は「改善の余地が多い殲-20の改良バージョンは今後F-35に対して圧倒的優位に立つだろう」とし「中国の最新レーダーはステルス機を感知でき、HQ-9、HQ-16など地対空ミサイルでもこれを撃墜できる」と自信を表した。 

  またグローバルタイムズはF-35のステルス機能は維持・管理に多くの費用がかかり、2018年9月に米海兵隊のF-35Bが燃料ラインの欠陥で墜落するなど何度か事故があったと紹介した。一方、「殲-20は一度も故障が報告されていない」と伝えた。 

  韓国空軍当局によると、2機のF-35Aが3月に韓国に到着する。韓国政府は約7兆4000億ウォン(約7200億円)を投入して40機のF-35Aを2021年まで米国から輸入する。 

  日本は現在10機のF-35Aを運営中で、すでに注文した32機に続いて100機のF-35戦闘機を追加で注文する予定だ。豪州も2018年12月に2機のF-35Aを導入し、今後100機まで増やす計画という。

https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=249212
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2019年01月16日 14時47分

続きを読む

中国人「日本人って韓国人みたいだね」

1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [FI] 2019/01/08(火) 18:18:38.22 ID:24jQSqfs0 BE:228348493-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
中国・台湾のインターネット掲示板で、新たな日本への新たな“蔑称”が生まれている。
元々、中国・台湾の極右思想の中では「日本鬼子」という言葉が使われてきた。
鬼は中国語では「悪魔」の意味であり、日本鬼子は「最低で愚劣な日本人」という意味合いになる。

しかし、この言葉は日本での認知度が低く、それどころか2010年には
「日本鬼子」という『萌えキャラ』を日本人が考えだしてしまった。しかし、ネット住民たちは負けていない。
「なんとか日本人へダメージを与えよう」と、新たな呼び名を考え出した。

それが「韓人那」である
意味合いとしては「韓国人かな?」「韓国人みたいだね」「韓国人の偽物」という事になる。


http://bunshun.jp/articles/-/8392

続きを読む

【Record China】「トイレ用トイレ」って何?中国企業が「日本製」うたうも何から何までうそ―中国メディア

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2018/12/26(水) 05:07:00.60 ID:CAP_USER
no title

中国の自メディア(新興メディア)・東京新青年は24日、「また中国企業が日本の便座をパクった、中から外まで全てうそ」と題する記事を掲載した。

記事は冒頭、日本で漢字だけを使ってやり取りする「偽中国語」がブームになったことを紹介した上で、「中国のネット上でスマート便座を販売しているウェブサイトには『偽日本語』があふれている」と指摘。中国事情に詳しい日本のあるネットユーザーが、中国のネット上で「日本のスマート便座」と検索したところ聞いたこともないようなブランドが次々とヒットし、そのウェブサイトには意味の分からない日本語が並んでいると伝えた。

その中の一つ、東芝、日立、三菱から取ったと思われる「東日菱(DOEOE)」と名乗るブランドの日本語版サイトでは、字体やデザインが統一されておらず。内容も「日本スマート便座に関する最善な経験を吸収」「社会の和諧を上げます」「温水マッサージで、通便させる」といったぎこちない日本語が並ぶ。

また、「津上」というブランドのサイトでは、「ブランドのいいです いいです いいです」「に品質んですよ」「人文衛浴を確認してください」と何を言いたいかもわからないキャッチフレーズが並ぶ。また、「ド スマート」というカタカナ表記もあり、記事は「どれだけスマートなのか」と茶化している。

「川蒼(かわそ)」というブランドも、日本の地図がなぜかドイツの地図に入れ替わっていたり、「企業ビル」と紹介された写真が明らかな合成写真だったりとずさんそのもの。

記事は他にも、日本ブランドをうたう便座のポスターに「トイレ用トイレ」「日本の第一線のブランドは強気で駐在している」「防臭がつかない」「虹を吸う技術」「日本では、便器の購入に必要なものはない」といった意味不明な日本語が記されていることを紹介した。

そして最後に、「日本人に比べて我々は自信がない。スマート便座の技術にしても、実はすでに成熟している。にもかかわらず、相変わらず“日本製”を売りにし、ずさんな“偽日本語”を使い、偽物を販売。結果、笑いものになっている」とし、日本製便座を買おうとしている人はくれぐれもだまされないようにと呼び掛けている。(翻訳・編集/北田)

https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=674336&ph=0&d=d0052
https://www.recordchina.co.jp/pics.php?id=674336
【その他の写真】
Record China 2018年12月25日 22時20分

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト