脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

中国

【新型コロナ】 いつになったら日本に行けるの?  中韓への入国制限に憂慮の声=中国報道

1: 荒波φ ★ 2020/03/15(日) 14:13:44.43 ID:CAP_USER
新型コロナウイルスの感染拡大は日本の観光業界に大きな暗い影を落としている。逆を返せば、日本の観光業はそれだけ中国人インバウンドに大きく依存していたと言えるだろう。

中国国内では新たな感染者の増加ペースが大きく鈍化していると言われ、すでに企業の活動も再開され、日常の生活を取り戻しつつあるようだが、日本では新たな患者の増加に歯止めが掛かっていないため、日本への渡航を考えていた中国人のなかには「いつになったら日本に行けるのか」と憂慮している人も多いという。

中国メディアの網易は10日、日本は新型コロナウイルスの感染拡大を抑えるのに苦労していると主張する記事を掲載し、「いつになったら日本へ行けるのか」と心配している中国人は多いと伝えた。

記事はまず、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、日本は9日から中国と韓国からの入国規制措置を発動したと紹介。それにより、日本に滞在できる査証(ビザ)を所有している中国人や日本を旅行で訪れようと考えていた中国人にとっては大きな問題が生じてしまったと伝えた。

特に、4月から日本に留学する予定だった学生や、中国に一時帰国していた人たちにとって、今回の入国規制措置は大きな混乱をもたらしたようで、中国のネット上でもどのように対応すべきか、多くの中国人が情報交換を行ったり、相談したりしていたことを紹介した。

記事は、多くの中国人は日本に魅力を感じていると伝え、旅行や留学などで日本行きを予定していた人は多かったと指摘する一方、新型コロナウイルスの問題によって「いつになったら日本に行けるのか」と心配している人が増えていると主張した。


2020-03-15 11:12
http://news.searchina.net/id/1687666?page=1

続きを読む

【産経新聞】習近平氏「見舞い電」で共闘アピール 韓国、イタリアなどへ 中国責任論封じ込め 「感染に国境はない」と強調

1: 新種のホケモン ★ 2020/03/14(土) 19:12:25.90 ID:CAP_USER
 【北京=西見由章】中国の習近平国家主席は14日までに、新型コロナウイルスの感染拡大が深刻な韓国やイタリア、イランの各首脳に「心からの見舞い」を伝える電報を送り、「力の及ぶ限りの援助」を約束した。国営新華社通信が同日伝えた。世界にウイルスを拡散させたとする「中国責任論」の高まりを封じ込める狙いがありそうだ。

 習氏が電報を送ったのは韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領とイタリアのマッタレッラ大統領、イランのロウハニ大統領。

 習氏は自らが掲げる理念「人類運命共同体」を持ち出して「感染に国境はない」と強調し、感染防止に向けた共闘と団結を各国にアピール。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)は世界全体を襲った天災だったとの立場をにじませた。感染源としての中国の責任には触れなかった。

 中国政府の発表によると、13日に報告された中国本土の感染者11人のうち、7人がイタリアなど外国で感染した後に入国したケースだった。中国の感染対策の重点は、国内での拡大防止から、外国で感染した人の流入を食い止める水際対策へと移りつつある。

産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200314-00000560-san-cn

3/14(土) 18:37配信

続きを読む

【新潟初上陸】韓国式中華料理専門店「FLAME RED」が新潟駅近くに (公財)にいがた産業創造機構の補助金でオープン

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/03/04(水) 19:27:43.29 ID:CAP_USER
新潟初上陸の「韓国式中華料理」専門店であるFLAME RED(フレームレッド)が3月1日、新潟駅から徒歩数分の南万代町にオープンした。中華といえば、味は一級品だが、建物が少し古い「町中華」や、円卓のテーブルに座るスタイルの中華料理店を思う浮かべる人も多いと思う。だが、フレームレッドの店内はこうした中華料理店のイメージを覆す、カフェのようなお洒落な雰囲気が漂っている。

店主のファンユシムさん(26歳)は、韓国・全羅道の出身。高校生の時から大学2年生までの間、地元で有名な中華料理店でアルバイトをした。その後、日本に留学し、大学編入のため都内の日本語学校に入学したが、結婚。これを機に妻の実家である新潟で韓国式中華料理をオープンするため、単身韓国に戻り、かつてのあるバイト先で再び中華料理の修行に励んだという。

メニューには、韓国ドラマなどでもお馴染みの「チャンポン」(900円)や「ジャジャン麺」(800円)などがある。チャンポンは、唐辛子の粉ベースのスープに海鮮と野菜を入れている。ジャジャン麺は、豚肉と野菜が入った甘みそのソースを使用している。

また、平たく開いて揚げた鶏肉に、青唐辛子入りピリ辛ソースをかけた「ユリンギ」(2人前1,500円)、揚げた鶏肉を甘辛いソースとともに炒めた「カンプンギ」(2~3人前、2,000円)、揚げた豚肉を甘酸っぱいソースをつけて食べる「タンスユク」(2人前1,500円、3~4人前2,000円)などがある。

ドリンクは韓国焼酎(チャスミルなど)、果実酒(ボグンジャ)、ワイン、生マッコリ、マッコリカクテル、韓国のソフトドリンク(とうもろこしのヒゲ茶、ボンボン=ぶどうの粒入りジュース、シッケ=甘い米の粒入りジュースなど)、ソフトドリンクがある。

一方、ランチは、チャンポン+ジャジャン麵+タンスユク(3,000円)、ジャジャン麵+ジャジャン麵++タンスユク(3,000円)、チャンポン+チャンポン+タンスユク(3,000円)がある。

ただ、まだ提供したいメニューはあるという。「オープンしたばかりのため、まずはオペレーションを優先していきますが、今後、慣れてきたら順次メニューを増やしていきたいと考えています」と話す。

なお、開店に際しては、にいがた産業創造機構(NICO)のUIターン補助金を活用したほか、(新潟IPC財団)事業計画書の策定では、様々なアドバイスをもらったという。

以下略

https://www.niikei.jp/31256/
にいがた経済新聞 202003.04

no title

店名であるフレームレッド(炎の赤)は調理の炎に由来しているが、その炎のパフォーマンスも見どころだ

no title

店内はカフェのようなお洒落な雰囲気が漂っている

no title

カウンター席

no title

店主のファンユシムさん(26歳)

no title

タンスユク

no title

ドリンクは韓国焼酎、果実酒、ワイン、生マッコリ、マッコリカクテル、韓国のソフトドリンク、ソフトドリンクがある

新潟県ホームページ
https://www.pref.niigata.lg.jp/sec/kouhou/1203267672395.html
(公財)にいがた産業創造機構(NICO)では、新規創業や企業の第二創業、新分野進出などを促進するとともに、産学連携や成長分野への支援などに取り組んでいます。

続きを読む

【盗】狙われた人気つけ麺店 パクリ疑惑 また韓国で 店に取材を申し込んだところ「責任者は日本にいて店にはいない」と拒否

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/02/11(火) 17:36:41.09 ID:CAP_USER
・日本の人気つけ麺店の“パクリ店舗”が韓国ソウルで発見
・看板や器までそっくり インスタグラムには「韓国進出」匂わせる投稿も
・“本家”は「韓国側から無関係とアナウンスしてほしい」

看板までそっくり、「韓国1号店」の投稿も

日本で18年間味を守り続けている、人気つけ麺店「つけ麺屋やすべえ」。
この店に突如降りかかったのが、韓国による“パクリ疑惑”だ。

つけ麺屋やすべえ広報・広根大資さん:
怒りというより驚きの方が強かったかなと思います。同じような問い合わせが非常に多かったので調べてみたところ、(韓国に)同じ店名の店があった。

魚、肉、それぞれの味が融合した絶品のたれが自慢で、店の名前が大きく書かれた看板が目印の「つけ麺屋やすべえ」。

東京都内の8店舗のみの展開のはずが、韓国・ソウルで見つかったのが、そっくりな看板を掲げる店舗だ。

そのロゴを見てみると、日本のものとほとんど同じに見える。

さらに、この店舗のインスタグラムを見てみると、ハッシュタグに「韓国」「本店」「1号店」の文字が確認できるなど、日本の「やすべえ」が韓国に進出したと匂わせるような内容となっている。

肝心のつけ麺も、日本のものと器の形や色までそっくりなものが出されていた。

本家側「無関係とアナウンスしてほしい」

J-POPが流れる店に取材を申し込んだところ「現在、責任者は日本にいて店にはいない」と拒否されてしまったものの、この“パクリ疑惑”については、現在韓国国内でもネットメディアを中心に報じられ、関心を集めているという。

実際に疑惑の店を訪れた客は…

“パクリ疑惑”のつけ麺を食べた女性客:
(疑惑のある店だとは)知らなかった。良くないと思う。

“パクリ疑惑”のつけ麺を食べた男性客:
名前が全く同じなの?守るべきところは守らないとダメ。

「つけ麺屋やすべえ」は「韓国の店は日本の店とは関係のない模倣店」と断言した上で、「お客様に誤解されないようにしたいというのが一番。混同しないように、韓国の模倣店の方から『やすべえとは違います』というようなアナウンスなどをしていただけると良いかと思っている」と話している。

(「Live News it!」2月10日放送分より)

https://sp.fnn.jp/posts/00050210HDK/202002101833_livenewsit_HDK
FNN PRIME 2020年2月10日 月曜 午後6:33

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title


関連
【よくある】 ソウルのつけ麺店が日本のブランドを“無断使用”? 韓国ネットで批判相次ぐ [02/10]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1581317414/

続きを読む

【中国人“排斥”集会】韓国に蔓延る“新型肺炎”中国人排斥のリアル「コンビニ立入禁止」「BTSコンサートに来ないで」中国人は反発

1: 新種のホケモン ★ 2020/02/06(木) 12:19:47.96 ID:CAP_USER
「昨日、中国人の家族4人が車に乗ってきたときには、頭に肺炎がチラついて『勘弁してくれ』と思いましたよ」(ソウル市内のタクシー運転手)

 韓国でも中国発の新型コロナウイルスが猛威を振るっている。韓国を訪問した中国人は2019年には500万人にも及ぶ。国別の観光客ではトップだ。人の行き来の盛んな両国だけに、旧正月が迫った1月下旬、新型コロナウイルスの問題がニュースを賑わすと、ソウル中心部の観光地である明洞や光化門、江南に異変が起きた。

「繁華街の人通りがめっきりと減り、通行人のほとんどがマスク姿となりました。さらに、明洞などの繁華街のレストランやコンビニなどに、『中国人立入禁止』の張り紙が貼られはじめたのです」(現地記者)

 飲食店の従業員らは「中国人の団体観光客がたくさん来れば、他の利用者が新型コロナウイルスに感染する可能性が高い」「食事に来た中国人一人一人に武漢から来たかどうか確認する方法はない」などと主張したが、当然ながら韓国に住む中国人たちからは反発が相次いだ。

 さらに新型コロナウイルスをめぐって、中国人と韓国人の暴行事件まで発生している。

 ソウル麻浦警察署によると、1月29日午前1時30分ごろ、ソウルの弘大入口駅の近くの路上で、中国人4人と韓国人3人の小競り合いが起き、双方が暴行容疑で取り調べを受けたという。

 きっかけは、韓国人たちが「中国人ならマスクをつけて歩け」「肺炎をうつさずに中国へ帰れ」などと中国人に言い掛かりを付けたこと。言い争いになり、中国人の1人が韓国人に暴力を振るい、韓国人グループも中国人を取り押さえる騒ぎに発展した。

 同日には、ソウル市内で「中国人の入国禁止」を要求する集会も開かれた。大統領府近くの道路で保守派団体会員らが集結し、団体の代表が次のように中国を批判した。

「SARS(重症急性呼吸器症候群)、PM2.5に続き、今やウイルスまで吹き飛ばす中国のせいで、生きていけなくなってしまう。中国は有史以来、韓国の友人だったことが一度もない国だ」

 このような考えは、決して一部の特殊な人々の思いではない。

 大統領府が開設するオンラインの国民請願掲示板には1月下旬から「中国人の入国禁止」を要請する書き込みが相次ぎ、2週間ほどで68万人を超える賛同が集まっている。この掲示板は、20万人以上の署名が集まると政府は何らかの回答を示す必要がある。

 新型コロナウイルスの混乱は、韓流アイドルにも波及している。

 4月にソウル蚕室総合運動場で行われる防弾少年団(BTS)のコンサートに「中国人が大量に押し寄せてくる」という危惧から、「中国人の入場禁止」を求める書き込みがネット上に拡散しているのだ。フェイスブックには「中国人は来ないで」「会場の入場は許すな」といった、激しい投稿が相次いだ。入場禁止を求める書き込みは、ツイッターで数千回リツイートされた。

 過熱する中国人排除の動きに、さすがにメディアにも批判的な報道が増え、明洞の商店では「中国人立入禁止」の張り紙を「武漢加油!(武漢頑張れ)」「韓中友好!」などと書いた紙に貼り替え始めた。だが依然として、ネット上では中国人排除の動きが燻り続けている状況だ。

文春オンライン
https://news.livedoor.com/article/detail/17775937/

2020年2月6日 11時0分
no title

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト