脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

中国

【中国/IT】中国企業“独自開発“の閲覧ソフト 実は米の技術使用で謝罪

1: しじみ ★ 2018/08/18(土) 17:25:39.09 ID:CAP_USER
インターネットの閲覧ソフトと言えばアメリカ製が圧倒的なシェアを握っていますが、中国のIT企業が独自技術で初めて開発したと宣伝してソフトを公開しました。ところがアメリカ企業の技術が使われていたことがわかり、謝罪に追い込まれる事態が起きています。

中国メディアによりますと、問題となったインターネットの閲覧ソフトは中国のIT企業「紅芯」が最近、公開しました。
会社は「アメリカの独占を打破し、中国が初めて独自にインターネット閲覧ソフトを開発した」と宣伝していました。

しかし公開直後から、閲覧ソフトにはアメリカの大手IT企業グーグルが公開しているソフトの技術が使われ「見た目を変えただけだ」などという指摘がネット上で広がっていました。

会社側も事実を認めて17日、「宣伝が大げさで誤解を招き、おわびする。今後はグーグルの技術を使っていると明記し、国産で独自のものだと強調しない」という謝罪文を発表しました。

中国は知的財産権の侵害でアメリカから批判を受け、激しい貿易摩擦に発展しています。

そうした中で明らかになった今回の問題について、中国のネット上では「米中の貿易戦の中、恥の上塗りだ」とか「国家を乱しアメリカを利するものだ」といった批判が出ています。

no title


NHKニュース
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180817/k10011580651000.html

続きを読む

【中韓】 “消えた”安重根記念館 = ハンギョレ新聞

1: 荒波φ ★ 2018/08/17(金) 09:26:49.12 ID:CAP_USER
中国ハルビン駅に設置されていた「安重根義士記念館」。入り口の外壁に安重根義士が伊藤博文を狙撃した時間の「午前9時30分」を知らせる固定大型時計がかかっていた同記念館は、現在ハルビン駅の増改築の過程で撤去された状態だ//ハンギョレ新聞社
no title


中国のハルビン駅に安重根記念館ができたのは2014年1月だった。1909年、伊藤博文を射殺した現場の直ぐ前の貴賓用待合室を改造して作ったものだった。ハルビン駅舎は、20世紀に何回もの増改築をたどりながら、当初ロシアの東清鉄道時期の姿はほとんど失った状態だった。1988年に現代的建物に変貌した新しい駅舎も、2014年に安重根記念館を迎える頃にはすでにかなり古くなっていた。

そのためか記念館は相当に引き立って見えた。古いロシア式建築をそっくり模した黄色い壁の入口を新たに作った。草緑色の文字で「安重根義士記念館」と書かれた黒い看板が訪問客を迎え、記念館入口の低い垣根も高級感を添えた。

記念館の内部には、安重根の生涯とハルビン駅の挙事、彼の思想などに対する説明が写真と共に韓国語と中国語で展示されていた。安重根が遺した筆文字も懸かっていた。何よりも圧巻は、展示館の奥の全面ガラス窓から見える外の光景だった。安重根が伊藤を射殺した1番ホームだった。床には安重根と伊藤が立っていた場所が表示され、上には現場を知らせる表示板が「1909年10月26日」という日付とともに懸かっていた。

わずか4年余り前に作られたハルビン駅の安重根記念館の話を持ち出して、すべての文章を「過去型」で書いたのは、この施設が今はなくなっているためだ。ハルビン駅舎がまた大々的な増改築をすることになり、記念館は昨年3月に休館され、後に撤去された。1番ホームも撤去された。

今月5日に訪ねたハルビン駅で職員に尋ねたところ、目隠し幕が張られた工事現場を指さして「記念館と義挙の現場はそこだと言った。今はすべて撤去され見ることはできない」とのことだった。

ハルビン駅の駅舎は、100年余り前のロシア時期の姿に変身中だ。外観は伝統的だが、屋内は現代的に整え、中国が誇る高速鉄道に相応しい東北地方の中心駅を目標にしている。

今年末には工事が終わると言っていた新駅に、安重根記念館も帰って来るだろうか?当初ハルビン駅に安重根記念館ができたのは、2013年6月に中国を訪問した朴槿恵(パク・クネ)大統領の要請に習近平主席が快く同意して実現した。

黒龍江省党史研究所のキム・ウジョン元所長は「習主席が自ら指示したことなのでうまくいくだろう。韓国と中国の約束であり、習近平と朴槿恵のひそかな約束ではなかった」と話した。中国当局がハルビン駅の改築後に記念館を2倍に拡張することにしたという報道もあった。

だが「行って見なければ分からない」という反応もある。韓中日の力学関係が変わったためだ。韓中はTHAAD軋轢以後に関係が微妙になった反面、中日は慎重ではあるが接近する局面だ。朴槿恵政府の時のような「韓中反日歴史共助」を期待することは難しい状況だ。

その上、ハルビンに安重根記念施設を作ろうとの試みは、日本の反対ですでに数回失敗した。中国が日本からの外資誘致を推進していた時期だった。

ハルビン駅記念館にあった胸像、彫刻品、説明資料などは、現在ハルビン市内の「朝鮮民族芸術館」に別に空間を用意して展示中だ。当初2006年からハルビン駅施設ができるまで、記念館の役割をした所だ。

芸術館関係者は「駅にあった時は行き来する中国人も多数参観したが、ここに再び来てからは以前のように韓国人ときわめて一部の北朝鮮の人だけが訪れる」と話した。

韓中関係の風景かと思い苦い味がした。ハルビン駅記念館を再び見られない可能性もあるという不安を抱くのは私一人だけであろうか。是が非でも今度は新装なった記念館再開の便りを伝えたい。


2018-08-17 08:57
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/31375.html

続きを読む

【中国】台湾までの“世界最長”海底トンネルを計画中…台湾の合意なしに一方的に建設を強行する可能性も

1: ニライカナイφ ★ 2018/08/08(水) 22:43:08.69 ID:CAP_USER
◆中国が世界最長の海底トンネルを計画 中国~台湾間の135キロ 指摘の声も挙がる

中国政府は中国本土と台湾を結ぶ世界最長の海底トンネルを建設する計画を進めていることがわかった。
中国福建省から台湾海峡を渡って、台湾新竹市を結ぶ長さ135kmの海底トンネル設計案が国務院傘下の中国工程院の資金支援を受け、昨年完成した。

トンネルは2030年までに完成させ、もし完成することが出来れば世界最長の海底トンネルとなる。
現在の世界最長の海底トンネルはフランスとイギリスを結ぶ37.9キロの海峡トンネル。
その海峡トンネルの3.5倍にもなる。

世界の土木学で20世紀の七不思議に選ばれた英仏海峡トンネルは1.6兆円の資金が使われ6年の歳月を経て1994年に完成した。
中国政府の設計案によると、このトンネルは列車が走るメインのトンネルのほかに電力線、通信ケーブル、非常口などを備えたサポートトンネルなど計3つのトンネルで構成される。

メイントンネルの直径は10メートルで英仏海峡トンネルよりもやや広い。
トンネルを広くしたのは列車が250キロの速度で走ることを想定しており、より多くの貨物輸送を可能にするためだという。
一方、英仏海峡トンネルは最大速度が160キロに制限されている。

しかし、この海底トンネルの発表に対して指摘の声も挙がって居る。
台湾の海底には2つの地震断層があり、技術的に建設だけで30年かかると見られている。

また政治的な問題もあり、中国が一方的に建設を行うという可能性があるのだ。
台湾と合意なしに建設を強行した場合は台湾の反中感情は高まると見られている。

ゴゴ通信 2018/08/06 18:54:33
http://gogotsu.com/archives/41998

続きを読む

【話題】中国人と韓国人、一目で見分けることができますか?

1: ザ・ワールド ★ 2018/08/08(水) 19:07:50.08 ID:CAP_USER
韓国・亜洲経済の中国版ツイッター・微博(ウェイボー)アカウントは6日、
「中国人と韓国人のスタイルにはどんな違いがあるのか」と題する動画を投稿した。

投稿は、「もし韓国人と中国人が並んで歩いていたら、一目で見分けることができますか?」とし、
韓国の大学で両国の学生たちにインタビューした様子を動画で紹介している。

初めに登場する韓国人女性は、「中国人のファッションは独特で個性があるけど、
韓国人の場合はスタイルが比較的同じで、
白や黒を基調としています。中国人は黒でも大きな柄が入ったものを選びますね。
それと、帽子に目立つアクセサリーが付いていると中国人だとわかります」とのこと。

また、別の韓国人女性たちは「中国人のアクセサリーは豪華」
「中国人は明るい色の服を好んで着ていますね。蛍光色の服が多いです(笑)」と回答した。

一方で、中国人女性からは「韓国に来たばかりの子は見分けがつきますね。
でも、時間がたつと、髪型とか服装とかが韓国人と似てきて、ほとんど変わらなくなると思います」
「韓国の男性は、上はシャツやポロシャツ、下はクロップドパンツが好きみたいです。
靴は革靴かスニーカーですね。カジュアルな感じがします」「男性は分かりやすいですね。
中国の男性は特別なファッションに髪型なので(笑)」といった意見が聞かれた。

また、ある韓国人女性は「雰囲気や表情にも違いがあります。韓国人は割と無表情ですが、
中国人は表情が豊かですね」とした他、ある中国人女性は「全然見分けつきません。頭を洗わないのが中国人…はははは(笑)」と答えている。

欧米人にとって日中韓3カ国の人の見分けがつかないとはよく言われるが、
多くの場合ファッションや雰囲気は見分けるための一つのポイントになっている。
しかし、現地での生活が長く、その国の文化やファッションに溶け込んでいる場合は本人たちでも見分けることが難しいのかもしれない。

https://www.recordchina.co.jp/b631729-s0-c60-d0052.html

続きを読む

【中国共産党】〈動画あり〉中国のばらまき外交批判した元教授、米メディアの電話取材中に連行

1: しじみ ★ 2018/08/05(日) 15:23:31.20 ID:CAP_USER
■動画
Chinese Police Remove Professor During Broadcast of VOA Program https://youtu.be/6GkjYmBgdOU



【8月3日 AFP】中国政府を批判する公開書簡を先月発表した山東大学(Shandong University)の元教授、孫文広(Sun Wenguang)氏が、米国営ラジオ放送局ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の番組に電話取材で出演中、自宅に押し入ってきた治安当局者に連行された。

 80代の孫氏は1日、中国東部・山東(Shandong)省の済南(Jinan)にある自宅でVOAの中国語番組に電話出演していたところ、治安当局が突然押し入ってきた。

「また警察が邪魔しにきた」と孫氏は言い、侵入者は8人だとVOAに告げた。「私の家に入ってくるのは違法だ。私には言論の自由がある!」というのが、孫氏の最後の言葉だった。

 中国では、習近平(Xi Jinping)国家主席の個人崇拝を積極的に推進する共産党が批判的な人々の弾圧を強めており、それが生放送で浮き彫りになったかたちだ。

 VOAによると孫氏は先月、習主席のアフリカ訪問に合わせ、アフリカでの中国のばらまき外交を批判する公開書簡を発表していた。この公開書簡はインターネット上でも確認できるが、AFP独自の事実確認はできていない。

 孫氏は番組の中で、治安当局者に向かって「私の言っていることを聞け。間違っているか?」と問いかけた。さらに「国民は貧しい。アフリカに金をばらまくのはやめよう」「こんなふうに金を浪費するのは、わが国や社会にとって無益だ」と侵入者たちに呼び掛けたところで、通信は途絶えた。(c)AFP/Becky Davis

http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/7/a/810x540/img_7a12106479153ea9b365d1faab0b384a183777.jpg

http://www.afpbb.com/articles/-/3184861

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト