脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

中国

日本人が語る中国の感想「三国志や孫悟空」 悲しくなった 中国メディア

1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2017/12/11(月) 15:08:21.19 ID:p1FphHrw0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
sssp://img.5ch.net/ico/u_giko_ebi.gif
中国メディア・今日頭条は9日、「日本人が中国についてどう考えているかを見て、ちょっと悲しくなった」とする記事を掲載した。
記事は、米国のインターネット掲示板で行われた「日本人は中国についてどう考えているか」という議論の内容を紹介。
議論の参加者は在米日本人もしくは、この掲示板常連の日本人ネットユーザーだという。

議論は、中国に好感を抱くという人と、ネガティブに捉える人とに分かれている。ポジティブな印象を持つユーザーからは
「中国語を勉強している。歴史にとても興味があるし、中国の書道も好きだ。できれば中国に留学して、中国人の友だちを作りたい」、
「日本文化の多くは中国からやってきたので、日本人は中国の歴史や文化に興味を持っている。代表的なのは三国志や孫悟空だ」
「中国人は日本のメディアが宣伝しているような反日ではなく、とても付き合いやすい。そしてとても友好的で勤勉だ」、
「中国には活力と変化に満ちている」といった意見が寄せられたと紹介した。

「悲しくなった」というのは、「昔の中国は好きだけど、今は嫌い」など、現代の中国に対する好感度が思った以上に低いこと、
多くの日本人の中国に対するイメージがいまだに「貧しくて汚い」という段階に留まっていることによるものだろう。
不安や偏見を煽り立てるような情報に注目が集まるなか、さらにリアルな相互理解を続けていく努力が必要だ。

https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171211/Searchina_20171211037.html

続きを読む

【中央日報】「中国、北朝鮮国境地域に難民村建設」文書流出

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2017/12/09(土) 11:15:11.40 ID:CAP_USER
  北朝鮮と中国の国境地域に韓半島(朝鮮半島)戦争勃発に備えて難民収容所を建設するという内容が入った中国側の文書が流出したと、米国の自由アジア放送(RFA)が8日報じた。 

  文書によると、北朝鮮との国境付近にある中国吉林省白山市長白県政府が韓半島戦争勃発に備えて5カ所の北朝鮮難民収容所を建設する計画を立てたことが明らかになった。中国国営通信社チャイナモバイル(中国通信)長白支社の内部文書は6日に中国インターネット上に流出したが、現在、中国内ではすべて削除された状態だ。 

  文書には「北朝鮮国境情勢の緊張で長白県党委員会と現政権が長白県の5カ所に難民収容所を設置することを立案した」「長白支社は収容所通信保障作業の責任を負った」「円滑な通信を保障するため、今月2日に長白支社代表がチームを率いて収容所の場所に対する通信測量作業を行った」などの内容があった。 

  文書は具体的な北朝鮮難民収容所の位置も明らかにした。文書は「信号測定の結果、長白沿江収容所、長白十八道溝収容所は信号が届かず正常な通信保障方法がない。長白鶏冠リツ子収容所は信号が比較的弱かった」とし、該当地域の中継所設置を建議する内容を含めた。長白県は北朝鮮との国境線が約260キロにわたり、難民収容所の最適地と見なされている地域。 

  RFAは「長白県は難民村建設計画を否認していて、現在、文書流出の経緯を追跡している」と伝えた。


[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2017年12月09日 09時12分
http://japanese.joins.com/article/338/236338.html?servcode=500&sectcode=500

続きを読む

【写真】中国の動物園「ワニ、ダチョウ、ペンギン大集合!」と金を取る→ワニ、ダチョウはおらずペンギンは人形を展示

1: 荒波φ ★ 2017/12/09(土) 18:02:04.15 ID:CAP_USER
no title

no title

no title

no title


中国の広西省にある動物園がとんでもないイベントを行い客からの不満が続出している。

この動物園はダチョウ、ワニ、クジャク、猿はもちろんペンギンまで見ることができる。全ての動物園を15元(約260円)で見ることができる。

入場券には複数の動物の写真が一緒に映っているが、何故かペンギンだけはアニメになっている。これに疑問に思った人もいたようだ。しかし実際にアニメのペンギンが登場するとは思っては居なかっただろう。

珍しい数々の動物を見れると思い動物園を訪れた客が入園すると、ダチョウやワニ、猿の姿は一切無く、代わりに鶏とアヒルが居たという。ワニの代わりには亀が見られ、しかも水槽の中に入った状態だった。

客が一番楽しみにしていたペンギンに至ってはビニールで作られた人形だった。しかもその内1個は穴が空きボロボロの状態。この虚偽広告で多くの客が集まるも不満が続出したという。


2017/12/09 17:22:59
http://gogotsu.com/archives/35247

続きを読む

【国際】中国紙社説「北の核、標的は最初は韓国、次に日本だから心配するな」

1: 動物園φ ★ 2017/12/07(木) 09:12:52.03 ID:CAP_USER
中国紙社説「北の核、標的は韓国だから心配するな」

 中朝国境地帯にある中国・吉林省政府の機関紙である吉林日報が6日、核攻撃時の対処要領を大々的に報じ、中国のネットユーザーが「戦争不安」に震えた。

 世論が動揺すると、環球時報は「戦争が起きれば、北朝鮮の最初の攻撃対象は韓国なので、心配しないように」という趣旨の社説を掲載し、論議を呼んでいる。同紙は「(放射能汚染が起きても)現在は冬であり、韓半島(朝鮮半島)に北西の風が吹いているため、中国には有利だ」とも書いた。

 発端となったのは、吉林日報の特集記事だ。同紙は1ページを割き、核兵器に関する常識、防御、被爆時の対処要領などを挿し絵入りで詳細に説明した。吉林省の国境地帯は北朝鮮の核実験場である豊渓里から100キロメートルほどしか離れていない。

 北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)による挑発と韓米空軍の過去最大規模の合同演習などが重なった局面で前例のない記事が掲載されたことから、ネットユーザーは中国版ツイッターの微博(ウェイボー)などに記事を転載し、「省クラスの機関紙がこんな記事を掲載した理由は何か」「韓半島で戦争が起きるのではないか」といった懸念を表明した。

 市民に不安が広がると、吉林省宣伝部の幹部は「特別な意図はない大衆啓蒙用の科学記事だ」と説明した。環球時報も同日午後、「吉林日報の核兵器常識紹介はどうしたことか」とする緊急の社説を掲げ、「今回の記事は省の人民防空弁公室が提供した常識的な国防教育の内容にすぎない。韓国や日本もこうしたことを学校で習い、普段から訓練も行っている」と書いた。

 問題はその次だ。環球時報は「万一韓半島で戦争が起きれば、最初に攻撃を受けるのは韓国であり、その次が日本やアジア太平洋地域の米軍基地だろう」とし、「中国が直接戦禍に巻き込まれる可能性はそれよりも低い」と指摘した。また、「韓半島で戦争が起きれば、放射能汚染の可能性を否定できないが、現在は北西の季節風が吹く冬なので、中国東北部には有利だ」とも書いた。たとえ北朝鮮が核攻撃を行ったとしても、汚染物質が中国の方面に飛んでくる可能性は低いとの意味だ。

 北朝鮮の相次ぐ核実験に不安を感じる国境地帯の住民を安心させるためだとしても、中国の官営メディアが韓半島での戦争で核攻撃による被害が韓日に集中すると報じたことは不適切だとの指摘が聞かれる。

北京=李吉星(イ・ギルソン)特派員
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/12/07/2017120700750.html

続きを読む

【中国】1年半後に日本の天皇が代わる・・・きっとまた、中国に助けを求めるはず=中国メディア

1: らむちゃん ★ 2017/12/04(月) 19:52:05.03 ID:CAP_USER
サーチナ2017-12-04 12:12
http://news.searchina.net/id/1649102?page=1

 1日に開かれた皇室会議で、天皇陛下が2019年4月30日に退位され、皇太子さまが翌5月1日に即位することが固まった。中国メディア・今日頭条は1日、「天皇交代に際し、日本はまた中国の助けを借りることになる」とする記事を掲載した。

 記事は、日本では新たな天皇は新たな時代を象徴するため、新しい元号が定められることになっていると説明。「直近の5代の天皇が即位した際に定められた年号を分析した結果、新年号を決定する際には中国の助けを求めて来たことが分かった。もちろん、中国政府に申請をするなどということではなく、中国の古典から新たな年号を探すということである」とした。

 そのうえで、直近の5つの元号とその由来について紹介。孝明天皇時代の「慶応」は中国南北朝時代の古典「文選」内の「慶雲応輝」から取られ、続いての「明治」は「易経」の「聖人南面而聴天下、嚮明而治」から、「大正」も「易経」の「大享以正天之道也」からそれぞれ引用したものとしている。

 さらに、「昭和」は「書経」の「百姓昭明、協和万邦」、「平成」は「書経」の「地平天成」あるいは「史記」の「内平外成」を拝借して元号としてものだと解説。「徹底的に調べたわけではないが、これまでに用いられてきた100以上の元号のほとんどは中国の古典にちなんでいる。もともと元号は中国の習慣を日本や朝鮮、ベトナムなどの小国が模倣したもの。今では日本だけにその習慣が残っているのだ」と伝えた。

 また、日本には「元号法」という法律があるほか、元号の選定に当たっては「国民の理想に合う」、「漢字2文字で読み書きが容易である」、「かつての元号と重複しない」、「慣用的な熟語は用いない」という条件に基づき、大学教授や皇族からなる有識者会議で案が出され、最終的に内閣が決定し、新天皇の即位後に発表されると説明した。

 記事は「日本では既に一部の好事家が新しい元号の予測を始めている。さまざまな案が飛び出しているようだが、これだけは予言できるのは、新しい年号も必ずや中国の奥深い古典の世界に助けを求めるということだ」としている

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト