脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

中国

中国メディア「日本は実は領土大国の部類に入る国だった」

1: 名無しさん@涙目です。(アラビア) [ヌコ] 2018/06/14(木) 22:37:10.51 ID:/UH82zyH0● BE:324064431-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
中国人の多くが、日本に対して大いに誤解していること それは・・・=中国メディア

 中国のネット上で常々「小日本」とやゆされている日本。確かにあまりに広大な国土面積を誇る中国から見れば、日本は「非常に狭い国」かもしれない。
しかし、世界的に見るとそこまで小さな国ではないのだ。中国メディア・東方網は13日、「日本は実は領土大国の部類に入る国だった」とする記事を掲載した。

 記事は、「日本はわが中国に比べると、まるで小さな芋虫のようなサイズだ。しかも、中国に加えてロシアという広大な国があることで、
日本がますます小さく見えてしまう。しかし、実際のところ日本を『小さな国』と呼べる国はそう多くないのである」とした。

 そして、「日本の国土面積は約37万8000平方キロだが、これはヨーロッパで考えるとフランスよりもやや小さい一方で、ドイツや英国よりも広い。
欧州の中では上位の広さになるのだ。国土面積の世界ランキングでは、上位3分の1には入る」と説明している。

 また、「領海と排他的経済水域を合わせると約450万平方キロと、中国の陸地面積の半分にも及ぶ。そして、中国の海域面積は日本の半分程度だ」と指摘。
海洋部分を含めて考えると、日本はますます「小さな国」ではないとの見方を示した。

 さらに、「日本にとって不足しているのは資源だ。しかし、鉄鋼の生産量は欧州全体の生産量の65%を占め、米国よりも20%も多い。もし、
日本がロシアや中国の隣というポジションでなく、欧州にあったとすれば間違いなく『大きな国』だったのだ」としている。

 記事は最後に、「厳しい生存環境や不足する資源も日本という国を作ってきた要素になっている。生きていくために必死に工夫したり改善したりして
きたのだ。歴史問題など感情的には複雑ではあるが、日本は間違いなく強力で、かつ、リスペクトに値するライバルなのである」と締めくくった。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)
http://news.searchina.net/id/1661313?page=1

続きを読む

【相撲】日本の国技・相撲は中国発祥かもしれない―米華字メディア

1: たんぽぽ ★ 2018/06/14(木) 07:19:17.49 ID:CAP_USER
https://www.recordchina.co.jp/b613019-s0-c30-d0063.html

2018年6月11日、米華字メディア・多維新聞は、「日本の相撲は中国発祥かもしれない」と指摘する記事を掲載した。

記事は「相撲は日本の国技と称されている」と紹介し、「ただ、このスポーツの発祥地は恐らく日本ではない」と説明。起源に関する言われ方には「いくつかの可能性がある」と続け、「ルールや形式から、ある人はモンゴルのブフ(モンゴル相撲)から来たと考えているが、『蚩尤戯』という古代中国の競技が日本に伝わった後、形を変えたのかもしれないという考え方もある」と伝えた。

残る「可能性」に関しては「『相撲』という漢字2文字から見ると、インド発祥という説もある。隋(581~618年)、唐(618~907年)の時代にインドから大量の経典が中国に持ち込まれ、うち『仏本行集経』にはインドの素手で戦うスポーツに関する記載があるのだが、中国の『角力』とは異なるため翻訳者が『相撲』と名付けた。古代中国には力や格闘技術を素手で競うスポーツがあり、人々はそれを『角力』『角抵』と呼んだのだ」などと紹介。ただ、最後は「起源はどうであれ、現在の相撲は正真正銘、日本の特色を色濃く持つスポーツとなっている」とまとめている。(翻訳・編集/野谷)

続きを読む

【一股清流】米朝首脳が歴史的握手、ブレないテレ東は「カツオのたたき」=中国ネット「www」

1: ガラケー記者 ★ 2018/06/13(水) 14:13:07.76 ID:CAP_USER
2018年6月13日、中国メディア、新浪新聞の微博(ウェイボー)アカウントの微天下は、シンガポールで12日に開かれた歴史的な米朝首脳会談に関連し、「テレビ東京の『ブレない』伝説は今回も続いた」と報じた。

微天下は「米朝首脳会談に世界中のメディアの注目が集まり、日本の各テレビ局も関連ニュースを報道した」とした上で、「テレ東はその原則を堅持し、他局がトランプ氏と金正恩氏の握手を伝える中、通常の番組でカツオのたたきのレシピを紹介していた」などと伝えた。

他局が一斉に番組を緊急報道に切り替える中、テレ東だけは意に介さず通常番組を放送するいう「安定ぶり」は、中国でもたびたび取り上げられている。

今回も微天下の記事のコメント欄には「テレ東はやはりテレ東だった」「最強伝説はまだまだ続く」「一股清流www(他とは異なる魅力を持つ人などへの賛美を表す中国のネット流行語)」などの反応が寄せられていた。
Record china
2018年6月13日(水) 13時50分
https://www.recordchina.co.jp/b613101-s0-c30-d0054.html

続きを読む

【今日頭条】日本人は昔も今も、中国人に嫉妬し続けてきた!?

1: ガラケー記者 ★ 2018/06/11(月) 18:33:46.94 ID:CAP_USER
 中国メディア・今日頭条は10日、「古代から今に至るまで、どうして日本人は中国人を嫉妬し続けてきたのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「日本に住むある中国人が『日本人は中国人に対して普遍的かつ根拠のない優越感を抱いていることに気づいたのだが、どうしてそうなるのか本当に分からない』と質問してきた。そこで私は『それは、日本人が中国人に嫉妬していることの表れだ』と答えた」とした。

 そのうえで、「日本人が中国人に嫉妬を抱かないはずがない。彼らは、われわれが広い土地や豊かな資源、そして、優れた血統と複雑な文化を持っていることを妬んでいるのだ。歴史上、中国は日本よりも進んだ文明があり、強い巨人であり続けた。それゆえ日本人は、嫉妬をすれども謙虚で、大量の人員を中国に派遣して学ばせてきたのである」と説明している。

 一方で、近代に入ると「日本は極東で実力のある帝国と見なされ、中国の全てを手に入れようとした。そこで19世紀後半には琉球、20世紀初めには韓国といういずれも中国の属国だった地域を併合した。さらには、日清戦争や日中戦争を引き起こしたが、最終的にその野望の実現は失敗に終わった。そこで日本人は中国の広大なバックアップやメンタルの強さに嫉妬を抱いたのである」と論じた。

 さらに、「日本人は中国に嫉妬し続けると同時に、中国の弱点やおくれている点を蔑視しており、このような複雑な心理が長きにわたり日本人を縛り続けてきたのだ。2010年に日本を抜いて世界第2の経済大国になった中国に対し、日本人は心から憂慮を抱き、嫉妬している。しかし、日本人は中国の台頭をとめることはできず、ただただ憂慮を募らせることしかできないのだ」としている。
searchina
2018-06-11 15:12
http://news.searchina.net/id/1661067?page=1

続きを読む

【コラム】世界に広がりつつあるシノフォビア(中国嫌悪)

1: ニライカナイφ ★ 2018/06/10(日) 10:42:11.40 ID:CAP_USER
◆【コラム】世界に広がりつつあるシノフォビア(中国嫌悪)

■シノフォビアとは?

最近アフリカを中心にあちこちで「シノフォビア(Sinophobia)」という英語の言葉が目に付くようになっている。
シノフォビアとは「Sino=中国」「Phobia=嫌悪」で「中国嫌悪」という意味で使われているようだ。
そもそもは世界に進出する中国人や中国文化に対する嫌悪感を表現する言葉である。

■アフリカで中国人に対する反発がどんどん広がっている

最近シノフォビアが急激に広がっているのがアフリカである。
アフリカは中国による進出が顕著で、中国はすざましい勢いでアフリカに入り込んでおり欧米ではこうした動きを「新植民地主義」と非難する向きも多いが、貧しいアフリカ諸国はカネを落としてくれる中国を歓迎してきたが、結局は中国人に対する反発がどんどん高まっているのが現状である。

■アフリカ各地で起こっている中国人に対する不満

2012年8月には、アフリカ中部のザンビアで、中国人が経営する炭鉱で、労働環境や賃金の改善を求めた労働者による抗議が暴動に発展して、50歳の中国人監督者がトラックでひき殺されている。
2011年11月には南アフリカの北西州で中国人の経営するスーパーが何者かに放火され中国人4人が死亡する事件が発生している。

アフリカ南西部アンゴラでは、最近中国人ギャング37人が誘拐、殺人、売春などを行っていたとして逮捕され、中国に強制送還された。西アフリカのガーナでは中国人がガーナ人を奴隷のように扱ったとして中国人に対する抗議デモを敢行し。
これに対して、中国人はガーナ人に向けて30分にわたり威嚇発砲を行い、ガーナ人が応戦する事態も発生している。
こうした状況がアフリカ各地で起こっており、中国に対する不満が各地で噴出し始めているようである。

■世界に広がるシノフォビア

こうしたアフリカでの反中意識の背景にあるのは、中国からの輸出である。
例えばアフリカ諸国では中国に天然資源などを輸出しているが、逆に衣料品や電化製品など安価な商品を中国から輸入している。
そのため、国内の産業が成長しない状況が生まれているのである。

例えば南アフリカでは、ここ10年で8万人ほどの製造業の雇用が、安価な中国製品によって奪われた。
こうした輸入は年々増加しており、近い将来には、アフリカ人と中国人の大規模な衝突が起こる可能性が予想されている。
こうした強気に出る中国の対外政策に、恐怖心や不快感を示す形で、日本、アメリカ、欧州、東南アジア、アフリカでシノフォビアが広がっているのである。

■習近平は「建国の父」毛沢東と並びたいという野心を抱いているようである

習近平は「建国の父」と位置づけられている毛沢東と並びたいという野心を抱いているようである。
習近平は毛沢東思想を巧みによみがえらせており、それが人権・民主・平等を求める国民を容赦なく弾圧し、他国との領土問題では砲艦外交で臨む、という「治国思想」が確立されれば世界への悪影響は計り知れないものとなるであろう。

■中国の歴史から見ればいずれ、独裁体制は終焉するであろう

中国の長い歴史を振り返ってみると「皇帝が繰り返し登場して、潰れていく」という流れを辿っている。
一見盤石にみえる習近平独裁体制も中国の歴史が証明しているようにいずれは潰れる時期が訪れることは間違いないであろう。
中国人は、いずれその時が来るのを待つ資質を備えているようだ。

サーチナ 2018-06-06 10:32
http://news.searchina.net/id/1660743?page=1

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト