脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

外交

韓国統一相「全世界のどの国・どの民族も成しえなかった偉大な歴史だ」…「統一に進めば“最も素晴らしい民族”になる」

1: 首都圏の虎 ★ 2021/03/03(水) 10:32:39.32 ID:CAP_USER
韓国のイ・イニョン(李仁栄)統一相は、3・1節(1919年3月1日の三・一独立運動を記念する日)102周年を迎え「民主主義と共に、大きく咲き誇った平和の新たな歴史を想像する」とし「いまや統一へと進んでいけば、我々は世界で最も短い期間に 最も成熟した市民革命と民族革命を同時に完成させた、素晴らしい民族となるだろう」と伝えた。

イ統一相はきのう(1日)自身のフェイスブックを通じて「今日、ムン・ジェイン(文在寅)大統領を中心に3・1節の記念式に参席した」として、先のような内容を伝えた。これは 3・1独立運動精神を引き継ぎ、朝鮮半島の平和・統一へと進もうという意志を発信したものとみられる。

イ統一相は「102年前の3・1運動により火が付いた独立運動の炎が、独立と民主が一つであった臨時政府へと進み、わが国の民主憲政史の根源となった」と伝えた。

つづけて「その後においても我々は4月革命(1960年のデモによる大統領下野)、6月民主抗争(1987年のデモによる民主化措置の約束)そしてロウソク革命へと、3度の市民革命を経験した」とし「全世界のどの国・どの民族も成しえなかった偉大な歴史だ」と評価した。

また「王の国ではない民の国へと、独裁者ではない国民の国へと進んでいけるなら、平和へと進んでいくなら、そして統一へと進んでいくなら、我々は世界で最も短い期間に 最も成熟した市民革命と民族革命を同時に完成させた、最も素晴らしい民族になるだろう」と力説した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/ec54f4d816172abb4bc9c40eb785fbda6d376f1e

続きを読む

【韓国与党議員】 「米国務省の隅にあった“朝鮮半島課”にショック」…「議員外交の視野、拡げていく」

1: 荒波φ ★ 2021/03/03(水) 09:52:24.63 ID:CAP_USER
「米国務省で朝鮮半島課を訪ねた時、『あちらの隅にある事務室に行くように』と言われた」

韓国与党“共に民主党”のイ・グァンジェ議員はきのう(2日)、記者たちに「議員外交の視野を拡げなければ」と決心したきっかけについて、先のように語った。

コリン・パウエル米国務省長官当時(ジョージW・ブッシュ政権時)、米国務省を訪れたイ議員の目に入ったのは、みすぼらしい朝鮮半島課の事務室とは対照的に 国務省の所々に置かれていた「歌舞伎人形」であった。

歌舞伎は日本の伝統芸能であるが、米国務省を訪れた日本政府の関係者が お土産として渡したものと予想できた。

イ議員は「米国で、朝鮮半島問題を考えるチームの地位が低いということを実感した光景だった」とし「米国の人々、米国の与野党の政治家にとって、朝鮮半島の存在価値が高まるようにしなければならないと考えた」と語った。

この日 イ議員が所属する与党のシンクタンク“民主主義4.0”は、ジョー・バイデン米政権発足後 初めて「米韓議員との対話」を開催した。この企画者はイ議員である。韓国側からは 与党議員30人あまりが参加し、米国側からは 朝鮮半島と米国の対北政策に精通した人物たちが参加した。

イ議員は「米国は議会の強い国だ」とし「6月の米外交安保チームが完全に構成される前に討論会を開催し、互いへの理解を高めることができればと思った」として、今回の討論会開催の主旨を説明した。

イ議員は今後も、日本・中国・ロシアなどの4強国家たちとの議員討論会を企画する予定である。朝鮮半島の平和のためには、米国だけでなく周辺国たちの協力と理解が重要だと考えているためである。イ議員は「日中ロの拍手の中で、朝鮮半島の平和・繁栄の道を築いていく」と強調した。


2021/03/03 09:05配信 Copyrights(C) Edaily wowkorea.jp
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0303/10290096.html

続きを読む

【李容洙】 「日本の“強制連行”の証拠はとても多い」

1: 荒波φ ★ 2021/03/01(月) 17:44:32.14 ID:CAP_USER
韓国女性家族部のチョン・ヨンエ長官は1日昼12時、光化門近くの食堂で元従軍慰安婦のイ・ヨンス(李容洙)さんと会って、2時間ほど被害者支援や関連記念事業推進方向などに対する意見を交わした。

李容洙さんは同日、「慰安婦問題について、日本政府の責任を明確にするためには国際司法裁判所に提訴して、判決を受ける必要がある」と改めて強調した。

最近論議になったラムザイヤー教授の論文に対しては「日本が強制的に連れて行き、人権を侵害したという証拠はとても多い」とし「政府が直接対応すべき問題ではないかと思う」と言及した。

続けて「被害者が一人でも生きている時、日本は当然謝罪すべきだ」と強調した。

チョン長官は「慰安婦問題を知らせて、解決するために努めていらっしゃった李容洙さんが推進しようとすることに、政府が支援できる部分を前向きに検討する」と答えた。

特に「おばあさんたちの意志がきちんと伝わるよう、積極的な役割を果たすのが私たちの役目」とし、「被害事実の歴史的な記録を体系的に収集・拡散するために、もっと努力する」と強調した。


2021/03/01 17:29配信 Copyrights(C) News1 wowkorea.jp
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0301/10289912.html

続きを読む

【韓国文大統領】「日本といつでも対話する準備」「われわれは歴史を忘れられない」 独立運動記念日に演説

1: 首都圏の虎 ★ 2021/03/01(月) 11:14:03.49 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】日本による植民地支配に抵抗して1919年に起きた独立運動「三・一運動」から102年を迎えた1日、韓国政府主催の記念式典がソウル市内のタプコル公園で開催された。文在寅(ムン・ジェイン)大統領は演説で、「政府はいつでも日本政府と向き合い、対話する準備ができている」とし、「易地思之(相手の立場に立って考える)の姿勢で向き合えば、過去の問題も賢明に解決できると確信している」と述べた。

 韓国の裁判所が旧日本軍の慰安婦被害者と日本による植民地時代の強制徴用被害者への賠償をそれぞれ日本側に命じた判決などで韓日関係が行き詰まるなか、日本に融和のメッセージを発した。

 文大統領は「日本とわれわれの間には不幸だった歴史があり、われわれは歴史を忘れられない。加害者は忘れることができても、被害者は忘れられないものだ」としながらも、「100年がたった今、両国は互いにとって非常に重要な隣国になった」と評価した。

 特に、「われわれは歴史を直視し、教訓を得ねばならない」とする一方、「過去に足を取られてはいられない。過去の問題の解決を図りながらも、未来志向の発展に一層力を注ぐべきだ」と強調した。「両国の協力は北東アジアの安定と韓米日の3カ国協力にも役立つ」とも語った。

https://news.yahoo.co.jp/articles/dfbe6db2695f9fcff48a1f4c25c01428fd0dc5e6

続きを読む

【韓国・中央日報】文大統領、徐々に軟化する対日メッセージ、強硬→衝突→宥和→混沌…注目集まる三一節の演説

1: 昆虫図鑑 ★ 2021/03/01(月) 08:18:31.58 ID:CAP_USER
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政府の過去4年の対日関係の流れだ。文大統領はきょう、任期中4回目の三一節(独立運動記念日)の記念演説を行う。政府が自ら釘をさした司法府判決尊重と被害者中心主義原則の中で、「結者解之」(自分の過ちは自分で解決する)次元の任期内韓日関係回復は可能だろうか。専門家は最近、青瓦台(チョンワデ、大統領府)がさまざまな解決方法を日本に提示したが、結局日本政府および企業の資産現金化をしないという政治的決断がないなら、韓日関係の改善は次の政府の仕事になる可能性が高いと展望している。

◆「起」--「加害者が『終わった』と言うべきではない」

2017年7月に発足した韓日慰安婦合意検討TF(タスクフォース、作業部会)は同年12月、「合意は被害者中心主義に外れる」と発表した。文大統領はコメントを通じて「内容と手続きにはどれも重大な欠陥がある」とし「該当の合意によって慰安婦問題が解決されることはできない」と宣言した。
そして2018年、任期最初の三一節記念演説で、文大統領は慰安婦問題を「反倫理的人権犯罪行為」と規定して「加害者である日本政府が『終わった』と言うべきではない」と話した。
日本は直ちに反発した。菅義偉当時官房長官は「(2015年の)日韓合意に反するものだ。全く受け入れられず極めて遺憾だ」と明らかにしたが、韓国政府の「強硬ドライブ」は続いた。文大統領は慰安婦をたたえる日には「(慰安婦被害は)両国間の外交的解法で解決される問題ではない。日本が深く反省して初めて解決できる問題」と断言した。
2018年の「仕上げ」は10月の大法院(最高裁)強制徴用関連判決だった。日本戦犯企業が徴用被害者に賠償しなければならないという判決に、日本は韓日協定を否定するものだと反発し、韓日葛藤は固定化局面に入り込んだ。

◆「承」--「二度と日本に負けない」

日本は輸出規制措置で報復した。2019年7月、半導体部品素材などの韓国輸出を禁止し、8月には輸出管理優待対象である「ホワイトリスト」から韓国を排除した。これに対して文大統領は緊急国務会議(8月2日)を招集して「二度と日本に負けない」としながら「今後起きる事態の責任も全面的に日本政府にある」とし、「強対強」の対峙を予告した。
ただ、直後の光復節(解放記念日)の祝辞で文大統領は「過去の省察は過去を踏んで未来に進む」としながら、やや穏健な立場を示した。韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)終了決定日(8月22日)を1週間後に控え、日本の態度変化を期待してメッセージを管理したのだ。だが日本は冷淡で、韓国政府はGSOMIA終了を宣言した。青瓦台の核心関係者は「日本の無反応などは満杯になったガラスのコップに最後の一滴を落とした」と説明した。
2020年に入ってからも反転はなかった。文大統領は慰安婦をたたえる日のメッセージで「政府はおばあさん方が『もういい』と言うまで解決方法を探す」としながら、被害者中心主義が最も重要な原則であることを再確認した。光復節の祝辞では「(徴用関連の)大法院判決は大韓民国領土内で最高の法的権威と執行力を持つ」と明らかにした。最高裁判決の「執行力」を強調したのは、日本企業の国内資産を現金化することも可能だという意味だと日本が受け入れるには充分だった。

◆「転」--「外交的解法を探すことがさらに優先」

こうした流れに変化が見え始めたのは昨年末。11月に朴智元(パク・ジウォン)国家情報院長と金振杓(キム・ジンピョ)韓日議員連盟会長がわずか3日間隔で相次いで菅義偉首相に会って協力メッセージを伝えた。東京オリンピック(五輪)を、膠着状態に陥った北朝鮮問題進展の契機にしようとする文大統領の意中を反映した宥和の歩みだった。
だが今年1月、ソウル中央地方法院(地裁)が、日本政府が慰安婦被害者に賠償するよう命じる判決を下して再び分岐点を迎えた。文大統領は1月の新年記者会見で宥和的メッセージを述べて状況管理に努めた。
判決に対して「困惑している」と述べ、一貫して内容・手続き上の欠陥を指摘してきた慰安婦合意に対して「政府の公式的合意だったことを認める」と話した。また「現金化などは望ましくなく、外交的な解決方法を探すことがさらに優先」としながら180度変化した立場を出した。

◆「結」--今回の三一節メッセージは?

ソウル大学国際大学院の朴チョル熙(パク・チョルヒ)教授は「慰安婦合意に対する文在寅政府の立場は破棄と尊重を行き来して、事実上、自己否定に近い姿を見せた」とし「関係改善のためには韓国が韓日関係の復元を望むという真意が入ったメッセージを正確に伝えなければならない」と話した。

全文はソースで
https://japanese.joins.com/JArticle/276035?servcode=A00&sectcode=A10

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト