脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

外交

【朝鮮日報】韓国、核問題関連の最高権威であるIAEA理事会の議長国に選出 1957年の加入以来初めて

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/09/28(火) 08:03:47.06 ID:CAP_USER
 韓国が27日、オーストリアのウィーンで開催された国際原子力機関(IAEA)の理事会で議長国に選出されたと外交部が明らかにした。韓国が核問題関連の最高権威であるIAEA理事会の議長国になったのは、1957年に創設加盟国としてIAEAに加入してから初めてのことだ。

 会員国173カ国のうち35カ国からなるIAEA理事会は、北朝鮮・イランの核問題など核拡散防止条約(NPT)の義務に伴う核検証・査察が主な任務だ。原子力安全基準の樹立・履行、核・放射性物質を利用したテロ防止問題も扱う。IAEA理事会は合計35カ国からなり、「核兵器拡散防止」と「原子力の平和利用促進」というIAEAの二大任務に関する実質事案を協議・決定し、総会に必要な勧告をする重要な機構だ。

 外交部当局者は同日、議長国に選出について、「我が国が不拡散模範国として原子力の平和利用のためIAEAの活動に積極的に貢献してきた点を評価されたものだ」と述べた。韓国のIAEA分担金貢献度は世界11位だ。

 1年任期のIAEA議長国は8地域のグループから持ち回りで出してきた。IAEA創設以来、韓国が属する極東グループに与えられた議長国の受任機会は7回だったが、このうち日本が6回務めていた。外交部当局者は「日本が独占する慣行は望ましくないということを(複数の加盟国が)考慮した」と語った。

 議長はシン・ジェヒョン駐オーストリア大使兼駐ウィーン国際機関代表部大使が務める。外交官試験21期生で、外交部の北朝鮮の核外交企画団長や北米局長を務め、文在寅(ムン・ジェイン)政権発足直後の青瓦台(大統領府)外交政策秘書官に抜てきされた。2018-19年の3回の南北首脳会談、2回の米朝首脳会談の過程で、当時の鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台国家安全保障室長(現外交部長官)と共に携わり、2019年5月にウィーンに赴任した。

 外交関係者らの関心事の1つは、ラファエル・グロッシIAEA事務局長とシン・ジェヒョン大使の相性だ。グロッシ事務局長はこのほど、「核に全力疾走」という表現で北朝鮮の核活動に強い懸念を示した。外交関係者の一部では、韓国のIAEA議長国受任により、IAEAが日本の福島原発汚染水放水問題でより積極的に対処する可能性に注目している。

李竜洙(イ・ヨンス)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/09/28 07:41
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/09/28/2021092880006.html

続きを読む

【韓国】「CPTPPの公式加盟宣言」迫る…韓国経済副首相「加盟に備え、4大分野の制度整備案立てる」

1: 昆虫図鑑 ★ 2021/09/27(月) 18:21:20.97 ID:CAP_USER
韓国は、環太平洋パートナーシップに関する包括的および先進的な協定(CPTPP・TPP11)への加盟のための手続きを準備する中、近いうちに公式に加盟宣言の発表をするものとみられる。CPTPPへの加入に備えて、衛生検疫・水産補助金・デジタル通商・国営企業など4大分野における国内の制度整備案を立てた。

また国家間における経済・技術競争の深化に対応するため、別途に経済・安保における大臣級の協議体を新設することにした。

韓国政府はきょう(27日)、ホン・ナムギ(洪楠基)経済副首相兼企画財政相の主宰により開かれた対外経済相会議において、先のような内容が盛り込まれた主要国とのFTA(自由貿易協定)推進の現況点検および対応方向、対外経済安保戦略会議の運営案などを話し合ったことを明らかにした。

韓国政府は、CPTPPの主要加盟国および友好国との協力体制を強化し、主要国の立場の分析などを基に推進日程・アクションプランなどを点検する計画である。ホン副首相は「CPTPPへの加盟に備えて、衛生検疫・水産補助金・デジタル通商・国営企業など4大分野における国内制度の整備案を立てた」とし「整備案を基に、友好的な対外条件作りの努力をより強化していく計画だ」と語った。

このようなことから「韓国の公式的なCPTPPへの加入宣言が迫っている」という見方が優勢である。すでに中国と英国・タイはCPTPPへの参加を推進中である。現在CPTPP参加国の総経済規模は、全世界の国内総生産(GDP)の13%を占めている。ここに米国・英国・中国・韓国が加われば、世界のGDPの半分を超えることになる。


2021/09/27 17:07配信 Copyright(C) herald wowkorea.jp 96
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2021/0927/10316575.html

続きを読む

【日韓】外相、歴史問題を協議 韓国側、輸出規制の撤回要求

1: 昆虫図鑑 ★ 2021/09/24(金) 07:48:30.80 ID:CAP_USER
茂木敏充外相と韓国の鄭義溶外相は訪問先の米ニューヨークで23日に会談した。韓国外務省によると、元徴用工や元慰安婦などの歴史問題が議題となり、鄭氏は韓国側の立場を説明。外交当局間の協議を加速させるべきだと強調した。日本の韓国に対する輸出規制強化措置も早期に撤回すべきだと改めて求めた。

茂木氏は日本政府の立場を伝えるにとどめ、会談は平行線に終わったもようだ。

両氏の会談は、5月に英ロンドンで先進7カ国(G7)外相会合の際に開催して以来。(共同)


https://www.sankei.com/article/20210924-MQJGEGO3PVM2HEJM7TJ7DJ3WJI/

続きを読む

【中央日報】 また「K-防疫」を強調した文大統領 「韓国はワクチンハブの軸、開発途上国を支援」

1: 荒波φ ★ 2021/09/23(木) 09:00:22.54 ID:CAP_USER
文在寅(ムン・ジェイン)大統領が22日(現地時間)、バイデン米大統領が主催した「グローバル新型コロナ首脳会議」で「K(韓国)-防疫」の成果を強調し、「韓国はグローバルワクチンハブの一つの軸を担っている」とし「より多くのワクチン普及と支援でコロナ克服に寄与する」と明らかにした。

文大統領はこの日の首脳会議に録画映像形式で参加し、「バイデン大統領、各国首脳の『グローバル新型コロナ首脳会議』開催を歓迎する。コロナ克服のために国際社会の連帯と協力を率いるバイデン大統領のリーダーシップに敬意を表する」とし「コロナは人類を危機に追い込んだが、人類はいつよりもお互いの安全を心配して連帯し、より良い回復と再建のために温かくて創意的な案を模索している」と述べた。

続いて「韓国はいつでも国際社会と協力する。人類の安全な生活のために韓国国民も積極的に参加する」とし「COVAXに2億ドル(約220億円)を供与することを約束し、韓米ワクチンパートナーシップで4種類のワクチンを委託生産している」と話した。

文大統領は「韓国は包容的な保健協力に率先し、国際保健安保体系を改善するための国連と世界保健機関(WHO)の議論にも活発に参加する」とし「これまで125カ国と防疫物品を分け合い、コロナ対応経験を共有している。教育・雇用などさまざまな経済・社会分野で開発途上国を支援している」と強調した。

また「ODA(政府開発援助)拡大で包容的な回復を共にし、開発途上国が保健力量を総体的に高めることができるよう最善を尽くして支援する」とし「コロナを越えてより良い世界に向けた人類共同の努力を常に共にする」と述べた。


中央日報日本語版 2021.09.23 08:49
https://japanese.joins.com/JArticle/283194

続きを読む

【中央日報】韓国政府、英国からはワクチン100万回分提供受けベトナムには100万回分無償支援

1: 昆虫図鑑 ★ 2021/09/23(木) 08:13:51.83 ID:CAP_USER
韓国政府が英国とワクチン交換(スワップ)を通じてファイザーのmRNA(メッセンジャーリボ核酸)新型コロナワクチン100万回分の提供を受ける。続いて来月にはほぼ同じ量のワクチンをベトナムに無償支援する計画だ。韓国が外国にワクチンを直接支援するのはこれが初めてだが、当局は「国内接種に支障のないラインで行う」と明らかにした。

汎政府ワクチン導入タスクフォース(TF、作業部会)は22日、英国政府とワクチン相互供与協定を締結したと発表した。TFは「英国からファイザーワクチン100万回分の供給を受けて、12月中に分割して返還する」と説明した。国連総会参加のために米国ニューヨークを訪問中の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は英国のボリス・ジョンソン首相との会談で「ワクチン交換を契機に韓英関係がより一層強固なものになることを願う」と述べた。これに先立って韓国政府はイスラエルやルーマニアとワクチン交換を行い、米国からは寄付を受けた。

韓国政府はワクチンの供与を受けて未接種者や50代、18~49歳の2次接種などに使用する予定だ。現在、韓国では1次接種率は70%を超えたが2次接種率は40%台にとどまっている。最近18~49歳の接種が行われているところだが、ワクチン物量が不安定でファイザー・モデルナのワクチンの接種間隔を6週間に広げた状態だ。

一方、政府がベトナムに支援するワクチンは少なくとも100万回分程度になる。英国から供与を受けた分をベトナムに支援するといえる。このような事実は21日(現地時刻)、文大統領とベトナムのグエン・スアン・フック国家主席の首脳会談を通じて知らされた。韓国政府が直接外国にワクチンを無償支援するのは今回が初めてだ。来月になれば韓国国民の70%が接種を終えてワクチン需給に余裕ができると予想したことに伴う決定とみられる。

外交・経済的要因を考慮したという分析もある。保健福祉部の姜都泰(カン・ドテ)第2次官はこの日の会見で「ベトナムには15万6000人の在外国民が居住していて、韓国企業9000社余りが進出している。新南方政策の核心協力国家」とし「ベトナム側から繰り返しワクチン支援の要請を受けた状況などを考慮した」と説明した。今月初め、ファム・ミン・チン首相はサムスン電子の現地工場を訪問した際にワクチン支援を要請した。6月にはベトナム政府のワクチン購入費用の支援要請を受けて韓国企業が寄付方式で巨額の出資を行った。

姜次官は「わが国のワクチン接種計画に支障がないように最大限活用した後に供与する」と強調した。韓国に先立ち、米国や中国、ドイツ、日本など15カ国がベトナムにワクチンを支援している。


https://japanese.joins.com/JArticle/283186

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト