脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

韓国

【韓国】 マケドニアの選択~韓日国交正常化という「汚い選択」で経済発展した大韓民国と重なる

1: 蚯蚓φ ★ 2018/07/18(水) 12:51:38.39 ID:CAP_USER
国際部記者として、これまでバルカン半島の小国マケドニアに関心を向けたことは一度もなかった。それでもこの国の名前を記憶しているのは日本の「旭日昇天旗」と似た国旗のせいだった。何年か前、太陽の光が八方向に伸びていく姿を形象化したこの国の国旗を確認して、首をかしげた後、その存在を記憶から消した。

マケドニアとまた遭遇することになったのは11~12日に開かれた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議の時だった。世界メディアがトランプ米国大統領が首脳会議で放った「放言」に集中する間、私の目を引いた短信があった。NATOがマケドニアを会員国に受け入れるための30回目の交渉を始めるというニュースだった。

しかしマケドニアがNATOに加入するためには重要な「ハードル」を一つ越えなければならない。マケドニアは1991年、過去のユーゴ連邦から独立後、ギリシャと27年にわたった外交紛争を体験している。理由は意外にも(!)「マケドニア」という国名のためだ。

ギリシャ人にとってマケドニアは古代ギリシャの英雄アレクサンダー大王を輩出した栄光の歴史の象徴だ。彼らはマケドニアが建国するとすぐに「古代ギリシャと何の関係もないスラブ民族の国が私たちの歴史を脅かそうとしている」として激しく反発した。マケドニアもやはり外国の圧迫に屈服して国名を変えることはできないと激しく対立した。

英国<BBC>はマケドニアについて「歴史的激動地域(バルカン半島)に位置した狭くて、陸地に囲まれた国」と描写する。2015年、現在の人口は207万人に過ぎず、1人当りの国内総生産(GDP)もヨーロッパ聨合の「遅滞児」と呼ばれるギリシャの3分の1(5500ドル)にすぎない。失業率は2016年世界銀行資料基準で26.2%まで沸き上がっている。

そのため、マケドニアは経済成長の活路を見出して安保問題を解決するためにヨーロッパ聨合とNATO加入を熱望してきた。これに対抗してギリシャはマケドニアが国名を変えない限り、二つの機構に加入できないと反対している。先月17日、長い間の対立に終止符を打つことができる「偉大な」進展がなされた。

マケドニアのゾラン・ザエフ総理とギリシャのアレクシス・ツィプラス総理がマケドニアが国名を「北マケドニア」に変える代わりにギリシャはマケドニアのヨーロッパ聨合とNATO加入に反対しないという合意をしたのだ。ただし、マケドニアは国名改正を「不可逆的」とするために国民投票を通した改憲をしなければならない。

韓国が憲法を改正して独島(ドクト、日本名:竹島)をあきらめたり「東海」の代わりに「日本海」という名称を受け入れることができるだろうか。

イェンス・ストルテンベルグNATO事務総長は「彼らが合意を支持すればNATOに加入できて、そうではないならば加入できない。二つともを得ることはできない」と釘をさした。マケドニア野党はギリシャと屈辱的な合意を結んだザエフ総理を容認できないとし、今秋に予定された国民投票手続きを邪魔する予定だ。

国家はなぜ存在するのだろうか。その国国民が自由意志により選択した憲法の大切な価値を実現し、国民の生命・財産を守って幸せな人生を保障するためだ。改憲までしながら経済と安保問題を解決しようとするマケドニアのすさまじい苦闘は、民族的自尊心を踏みにじった韓-日国交正常化という「汚い選択」を通じて経済発展の契機にした1960年代の大韓民国の姿と多く重なるとみられる。

キル・ユンヒョン/国際ニュースチーム長
no title


ソース:ハンギョレ新聞(韓国語) [ハンギョレプリズム]マケドニアの選択/キル・ユンヒョン
http://www.hani.co.kr/arti/opinion/column/853681.html

続きを読む

【大本営】投資・消費・雇用が減るが…韓国政府は8カ月連続「回復傾向」

1: 動物園φ ★ 2018/07/18(水) 09:34:28.91 ID:CAP_USER
7/14(土) 10:11配信

投資と消費が減少し、就業者数の増加幅は10万人台にとどまっている。こうした状況でも韓国政府は「経済は回復傾向」という立場を維持している。

企画財政部は13日に発表した「最近の経済動向」7月号で「最近の韓国経済は全産業生産が2カ月連続で増加するなど回復の流れが続いている」と発表した。景気回復に言及したのは昨年12月から8カ月連続だ。

しかし回復傾向と話すには各種指標が良くない。就業者数の増加幅は先月10万6000人と、5カ月連続で10万人台にとどまった。特に良質の雇用と評価される製造業の就業者数が12万6000人減り、前月(7万9000人)より減少幅が拡大した。5月の設備投資は運送装備投資が減少し、前月比3.2%減、前年同月比4.1%減となった。小売販売も前年同月比1%減と、2カ月連続で減少した。乗用車のような耐久財(-3.3%)の減少幅が大きかった。

専門家は景気沈滞に対応すべきだと指摘した。梨花女子大国際大学院のチェ・ビョンイル教授は「現在の韓国経済は赤信号とまでは言えないが、大きな警報が鳴っている状況」と指摘した。チェ教授は「最低賃金引き上げや週52時間勤労制などで閉鎖する自営業者が増えれば、雇用状況はさらに悪化するしかない」と話した。

信栄証券のキム・ハクギュン研究委員は「景気先行指数のKOSPI(韓国総合株価指数)が最近、年内最高値に比べて10%ほど落ち、経済協力開発機構(OECD)が発表した韓国の景気先行指数も2月から3カ月連続で悪化したのをみると、景気回復の流れが持続するのは難しいだろう」と分析した。

現代経済研究院のハン・サンワン総括本部長は「経済がさらに悪化する前に補正予算を通じて財政政策を展開する必要がある」と述べた。延世大経済学部のソン・テユン教授は「補正予算で成長率3%達成は可能だと見込んでいたが、指標を見ると容易ではなさそうだ」と懸念を表した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00000003-cnippou-kr

続きを読む

【ムンジェノミクス】お先真っ暗…韓国「雇用政策」大失態 貿易戦争も直撃、対中輸出3兆円減の試算も

1: 動物園φ ★ 2018/07/18(水) 06:54:58.66 ID:CAP_USER
2018.7.17

経済政策で窮地に立つ文政権。そこに米中貿易戦争が直撃した(ロイター) 経済政策で窮地に立つ文政権。そこに米中貿易戦争が直撃した(ロイター)

 「雇用拡大」を掲げる韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、大ピンチに陥っている。雇用状況を示す数値が5カ月連続で低迷し、メディアでは「雇用大惨事」との指摘も上がる。雇用不振の背景には、最低賃金(時給)の大幅アップがあるが、労働界はさらなる引き上げを要求。人件費高騰に苦しむ小規模事業者からは悲鳴が上がり、コンビニ店主でつくる団体は「全国同時休業」も辞さない構えだ。米中の「貿易戦争」の余波も直撃し、韓国経済はお先真っ暗の状態だ。

文在寅

 《「雇用大統領」文在寅政権下の「雇用大惨事」》(12日、朝鮮日報日本語版)

 《雇用不振に陥った韓国経済、成長最優先への方向転換を》(12日、中央日報日本語版社説)

 韓国の保守系メディアは最近、雇用の低迷ぶりを相次いで報じている。

 韓国統計庁が毎月発表している雇用動向を見ると、今年に入って雇用状況を示す数値は急激に下がっている。文氏が大統領に就任した昨年5月から今年1月までは、就業者数が前年同月比で20~30万人多かった。だが、それ以降は10万4000人増(2月)、11万2000人増(3月)、12万3000人増(4月)、7万2000人増(5月)、10万6000人増(6月)と5カ月連続で20万人台を割り、政権が目標としている32万人増を大きく下回った。

 急激な雇用不振の理由は、1月からの最低賃金大幅アップにあるとの見方がもっぱらだ。その賃上げ率はなんと16・4%に上る。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/180717/soc1807170004-n1.html

続きを読む

【国際】海兵隊ヘリ墜落、5人死亡=韓国

1: 動物園φ ★ 2018/07/17(火) 20:13:43.95 ID:CAP_USER
7/17(火) 18:18配信
時事通信

 【ソウル時事】韓国南東部の慶尚北道浦項で17日午後(日本時間同)、韓国海兵隊のヘリコプター1機が試験飛行中に墜落し、乗っていた6人のうち5人が死亡した。

 1人は負傷し、病院に運ばれた。韓国軍が発表した。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000095-jij-kr

続きを読む

【韓国企業】「シニルグループ」が韓国領沖の海底で、日露戦争で沈没したロシア海軍の巡洋艦「ドミトリー・ドンスコイ」発見

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/07/18(水) 01:24:18.58 ID:CAP_USER
日露戦争で沈没したロ巡洋艦発見
韓国領沖の海底で
2018/7/18 00:39
©一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/391961246100046945

韓国領・鬱陵島沖の海底で発見したと発表されたロシア海軍の巡洋艦「ドミトリー・ドンスコイ」(聯合=共同)
no title


【モスクワ、ソウル共同】日露戦争中の1905年の日本海海戦で沈没したロシア海軍の巡洋艦「ドミトリー・ドンスコイ」が
日本海の韓国領・鬱陵島沖の海底で見つかったと韓国企業「シニルグループ」が17日発表した。ロシア新聞(電子版)などが報じた。

発表によると、見つかったのは同島から1.3キロ沖の深さ434メートルの海底で、船尾にある艦名を確認したという。
船体は砲弾により激しく損傷しているが、甲板の状態は良く、船体の引き揚げも計画している。

シニルグループのホームページによると、同社は財宝を積んだ船の引き揚げ事業や建設業、バイオ産業などを手掛けている。

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト