脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

韓国

【KBS】ソマリア海上で韓国漁船が拉致か 海軍、緊急出動

1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/05/27(土) 17:00:36.30 ID:CAP_USER
no title


ソマリア海上で韓国の遠洋漁船が拉致され、近くにいた韓国海軍が緊急出動しました。

軍の関係者によりますと、ソマリア海上で27日、韓国国籍の遠洋漁船1隻から連絡が途切れ、近くの海域で他の任務にあたっていた韓国海軍「青海(チョンへ)部隊」が緊急出動したということです。

この漁船には韓国人3人とインドネシア人10人あまりが乗っているとみられていて、外交部が正確な情報を確認しています。

文在寅大統領は報告を受け、「乗組員全員の救助に万全を期してほしい」と指示しています。


2017-05-27 16:45:45
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Po_detail.htm?No=63753&id=Po

続きを読む

消防車を「追い越す」韓国の運転マナー、道譲る意識なし

1: 名無しさん@涙目です。(catv?)@無断転載は禁止 [US] 2017/05/26(金) 10:36:23.76 ID:xcC5FUzX0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
「うわ、また入ってきた」。25日午後2時20分、ソウル市陽川区の木洞交差点付近を走行中だった消防車の車内で、陽川消防署のチョン・ジング消防長は何度もため息をついた。
この日は韓国全土の混雑道路283路線で、消防車に道を譲る訓練が行われていた。チョン消防長らを乗せて陽川消防署を出発した消防車7台は、出発直後から3-4分間隔で一般車両に追い抜かれた。
7台のうち先頭を走っていた消防車のスピーカーからは「消防車に道を譲るのは、あなたの家族と隣人の命を助ける道です」との放送が流れ続けていたが、気にも留めない車が何十台もあった。

消防車を「追い越す」韓国の運転マナー、道譲る意識なし
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/25/2017052503658.html

続きを読む

【日韓】日韓関係はなぜコロコロ変わるのか

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2017/05/27(土) 07:35:18.80 ID:CAP_USER
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=179405&ph=0

2017年5月25日、韓国でこのほど文在寅(ムン・ジェイン)政権が誕生したが、華字メディア・日本新華僑報は、日韓関係はなぜ韓国の政権交代のたびにコロコロと状況が一変するのか分析する記事を掲載した。

新たに政権を率いることになった文在寅大統領は左派色が鮮明。就任間もなく日本へ派遣した特使団は「来者善からず」で、朴槿恵(パク・クネ)前政権とは打って変わって、友好的な話し合いは望めない可能性が高い。

日本はかねて日米韓3カ国の戦略的トライアングルに期待を寄せていたが、新政権の発足で構想はついえ、韓国は日本のパートナーから外交上の大きな不安要素に変貌してしまった。

懸念される事項は次のとおり。

(1)従軍慰安婦問題は日韓関係を不安定にさせる最大要因のひとつ。慰安婦像などもたびたび問題になっている。日本は慰安婦問題に関する日韓合意の早期履行を求めているが、文政権の特使は「国民の大多数が受け入れない」と国内情勢を伝え、記者会見では「河野談話」や「村山談話」などを持ち出し、日本に再考を求めている。

(2)韓国の高高度防衛ミサイル(THAAD)は日本の思い描くモデルケースにはならない可能性が高い。安倍政権は軍事力の大幅な増強を図っており、THAAD導入にも意欲を示しているが、文大統領はTHAAD配備に否定的な立場で大統領に当選しており、日本の配備にはプラスに働かない可能性が高まった。

(3)朝鮮半島の南北融和。北朝鮮問題があってこそ日本と韓国は足並みをそろえられるが、文政権は北との関係修復を図る姿勢をとっており、日本にマイナスに働く可能性が生じている。中国の「一帯一路」サミットでは米国と韓国、北朝鮮の代表団が一堂に会しており、日本は同盟国から孤立する危険性も出ている。

文政権の高い支持率は国民の求める新たな変化や期待感を示しており、外交上もそうした機運によって常に変動している。日本はこれまでと同様の外交姿勢のままでは、不安を抱え続けることになるかもしれない。

続きを読む

今頃になって仏像返すって思い始めた韓国

1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県)@無断転載は禁止 [ニダ] 2017/05/26(金) 12:08:24.80 ID:8qlB2F370 BE:468394346-PLT(15000) ポイント特典
 2012年10月に韓国の窃盗団に盗まれた対馬・観音寺の「観世音菩薩坐像」は
いまだ幽閉の身を解かれていない。
「この事件の仏像は原告(浮石寺)に奉安されるために制作されたことにより原告の所有である」
今年1月26日。韓国の大田地方裁判所(大田地裁)は窃盗により韓国に持ち込まれた
「観世音菩薩坐像」(仏像)の所有権が韓国の浮石寺に認められるとする
判決を出し、すわ浮石寺に奉安されるのではないかと日韓は騒然となった。
懲役4年の実刑を受けた窃盗犯らはすでに出所したが、仏像はいまだに
韓国に留め置かれたまま。しかも、現在は、所有を主張する浮石寺が自国の
「韓国」を相手に保管中の仏像の引き渡しを求めて係争中、というなんとも奇妙な状況になっている。
冒頭の判決はこの裁判の第一審判決で、韓国政府は即日控訴。
仏像は引き続き、韓国の国立文化財研究所で保管されることとなり、裁判は第二審が進行中だ。
韓国国内でも「日本に返すのが筋」の声
事件をよく知る韓国全国紙の記者が苦笑する。
「韓国政府にとってもこの事件は刺さった棘で、早く手放したがっていて、
タイミングを見て仏像を日本に返す方向で動いていました。そこへまさかの
裁判が起こされた。それでも大田地裁があんな判決を出すとは夢にも思わず、
かなり慌てたようです。メディア関係者の間でも、保守・進歩問わず、あの
判決には異議を唱えていて、日本に返すのが筋という声が大勢です」 そうなのだ。この事件はそもそもが窃盗という刑事事件。本来ならば犯人の
刑罰が確定すれば盗まれた物品は元の所有者へ戻されることが原則のはず、である。
大田地裁の判決については、「政府の顔色を読み間違えた」や
「個人的な誤った愛国心」などさまざまに解釈されたが、真の理由は分からない。
事態がこじれにこじれる中、「この問題は早く解決すべき」としてこれまでも
働きかけをしてきた、文化財の返還運動をしている韓国の慧門元僧侶が動き出した。
日本は2011年、宮内庁にあった「朝鮮王室儀軌」(朝鮮時代の王室の
主要行事について絵図を含め詳細に記した記録物)を韓国に引き渡したが、
韓国で、これを返還させた立役者として知られるのが慧門元僧侶だ。


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170526-00002656-bunshun-int

続きを読む

【韓国】ドキュメンタリー映画「盧武鉉です」が異例の大ヒット 初日動員7万8千人を記録

1: 名無しさん@涙目です。(大阪府)@無断転載は禁止 ©2ch.net [US] 2017/05/26(金) 15:41:16.95 ID:BCOsBHzy0 BE:697145802-PLT(15610) ポイント特典
映画「盧武鉉です」が大反響 公開初日に7万8千人動員

 故盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領を主人公とした
ドキュメンタリー映画「盧武鉉です」(原題)が、
韓国で大きな反響を呼んでいる。

 映画振興委員会の統計によると、同作は公開初日の25日に
579スクリーンで計7万8737人の観客を集め、
ハリウッド映画「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」に
次いで興行成績2位を記録した。韓国ドキュメンタリー映画の
公開初日の動員数としては過去最高となる。

 「盧武鉉です」は、盧氏が2002年の大統領選を前に行われた
新千年民主党の国民参加型予備選挙に出馬し、支持率2%から
党の候補の座を射止めるまでのドラマを描いたドキュメンタリー。
当時の予備選の映像・資料や文在寅(ムン・ジェイン)大統領をはじめとする
盧氏の周辺人物39人のインタビューを交え「人間・盧武鉉」について語っている。

 公開にこぎつけるまでには困難が伴った。イ・チャンジェ監督らは
保守系の朴槿恵(パク・クネ)政権下の昨年4月に行われた
国会議員総選挙以降に製作を開始したが、外部から圧力を受けることを恐れ
製作していることを隠していた。劇場公開は無理だと予想していたという。

 だが、同作は全州国際映画祭の製作費支援対象に選ばれ、
今月初めに同映画祭で初公開された。今月10日に進歩(革新)系の
文在寅政権が発足したことで雰囲気が一変し、
安定した配給網を確保することができた。
また、クラウドファンディング業者が上映のための資金を募ったところ、
23~24日の2日間で目標額の245%に当たる
4億8900万ウォン(約4900万円)が集まった。

 配給会社の関係者は作品の人気ぶりについて「(朴前大統領の)弾劾や
 大統領選などを経て、盧武鉉元大統領を懐かしく思う気持ちが高まったようだ。
 『盧武鉉』というコンテンツのパワーだろう」と話している。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/26/2017052601314.html

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト