脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

韓国

【絵画】 イタリアの紙類復元機関、ダ・ヴィンチ作品の修復に韓紙を使用~欧州が韓紙の優秀性に注目

1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/13(木) 20:42:50.21 ID:CAP_USER
no title


イタリアの天才芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452~1519・写真)の作品復元に韓国の伝統紙である韓紙が使われる。

イタリアの紙類復元専門機関である国立記録遺産保存復元中央研究所(ICPAL)は11日(現地時間)、ダ・ヴィンチが1505年に制作したものと推定される「鳥の飛行に関する手稿(Codex on the Flight of Birds)」の復元に韓紙を使うことにしたと発表した。

手稿はダヴィンチの科学と技術に関する研究のうち、ノートとドローイングの形で残っている6000ページ分量の原稿を一つにまとめたものだ。イタリア・トリノ王立図書館に保管されている「鳥の飛行に関する手稿」は、ダ・ヴィンチが鳥とコウモリの飛ぶ姿を通じて発見した航空工学法則などを、スケッチと一緒に記述した手書きノートだ。ここに示されたダ・ヴィンチのアイデアは、今日のグライダーや飛行機、ヘリコプター、パラシュートの起源になった

ICPALは、「作品が制作されてから500年余りが経つにつれ、ところどころにカビが生えるなどひどく汚染されており、保存作業が必要だ」と明らかにした。さらに、「作品を保護するカバーを作るために韓紙を使って、損傷を最小限に抑える計画だ」とし、「一般紙よりはるかに丈夫で、頑丈な韓紙の特性を考慮した」と説明した。復元作業に使われる韓紙は、慶尚南道宜寧郡(キョンサンナムド・ウィリョングン)のシンヒョンセ韓紙工房で作った韓紙が使われる。トリノ王立図書館は、ダ・ヴィンチ死去500周年を迎える来年に、韓紙で復元された「鳥の飛行に関する手稿」を一般公開する方針だ。

これまで欧州文化財復元事業は、日本の伝統的紙である和紙が掌握してきた。しかし、昨年、イタリアの「法王ヨハネ23世の地球儀」とフランス・ルーヴル美術館の「マクシミリアン2世の机のハンドル」の復元に韓紙を使用するなど、欧州の文化財界でも韓紙の優秀性が注目されている。韓国固有の伝統抄紙技法で制作される韓紙は、繊維が長い一方、強度が強くて平面と立体物などさまざまな作業が可能で、染色や着色が容易だ。

一方、国立文化財研究所と国会文化観光産業研究フォーラムは、韓紙のユネスコ人類無形文化遺産の登録価値と海外進出対策などを模索する学術シンポジウム「伝統韓紙の優秀性と機能性」を13日、ソウル鍾路区(チョンノグ)にある国立故宮博物館で行う。

柳原模

ソース:東亜日報日本語版<500年を超えたダ・ヴィンチ作品の修復に韓紙を使う>
http://japanese.donga.com/List/3/all/27/1575526/1

関連スレ:【韓国】 「ルーヴル美術館は韓紙に夢中」「世界の博物館の復元に使われる和紙をすべて韓紙に変えたい」 キム文化財復元士[11/25]
https://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1511603460/
【韓国】 イタリアを魅了する韓紙、復元材料で脚光~日本の「和紙」より文化財復元に適していると評価[04/02] [無断転載禁止]©2ch.net
https://yomogi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1459612068/

続きを読む

【Record China】韓国政界からも「朴前大統領の釈放」求める声相次ぐ、その理由は?

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2018/12/13(木) 21:46:37.02 ID:CAP_USER
2018年12月11日、韓国・SBSは「『朴槿恵(パク・クネ)を拘束しなきゃ駄目?』…釈放の話を切り出す政治家たち、なぜ?」との見出しで、韓国の政界からも朴前大統領の釈放を求める声が上がっていることを伝えた。

記事によると、朴前大統領はソウル拘置所に収監されてから621日(11日時点)の間、1度も外部との接見を行っていない。側近のユ・ヨンハ弁護士が差し入れる本と支持者からの手紙が世の中との唯一のつながりで、政界ともつながりを断ち切った状況だという。

そうした中、韓国の政治家たちの間では最近、朴前大統領の釈放に関する話が出ているというのだ。自由韓国党の金武星(キム・ムソン)議員ら「非朴系」議員からもそうした言葉が出ており、同党では朴前大統領の拘束の満期が近づくにつれて、釈放や刑の確定後に赦免するよう促す討論会も相次いで行われているという。

この理由について記事は「自由韓国党院内代表選出を皮切りに来年初めの党大会以降、総選挙まで朴前大統領を媒介に勢力を育てようとする親朴系と、朴前大統領の固定支持層を手に入れようとする非朴系の利害が合致したためとみられる」と伝えている。なお朴前大統領釈放についての最近の世論調査では、反対が61.5%、賛成は33.2%だった。

これを受け、韓国のネットユーザーからは「だからって釈放は違うんじゃない?」「彼女のせいで韓国がこんなふうになってしまった。もっと厳しくすべき」との声がある一方、「朴槿恵の支持者じゃないけど、もうそのくらいにしたら?ここ数年で元大統領が2人も刑務所行きになって、国際社会が韓国のことをどう見てると思う?それに現政府の方が問題が多い。政治に経済に安保に司法にどれ1つとしてしっかりしたものがない」「文在寅(ムン・ジェイン)大統領を見てると、朴前大統領がましだったと思う」といった声も。

さらには、「朴前大統領の代わりに文大統領を(刑務所に)入れる?」「盧武鉉元大統領のように自殺に追いやろうって?刑務所の方が絶対に安全!」「また韓国式の歪曲(わいきょく)世論調査?この前は文大統領の支持率が49%で金正恩(キム・ジョンウン)委員長の訪韓歓迎が61%だった。どんだけ思い通りに操作してるの?」といったコメントも寄せられている。(翻訳・編集/松村)

https://www.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=670387&ph=0&d=d0127
Record China 2018年12月13日 14時35分

続きを読む

【韓国】 「歴史の正義を否定する日本、被爆民族主義を強調して慰安婦問題に対抗」~金富子(キム・プジャ)東京外国語大教授

1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/13(木) 23:45:45.90 ID:CAP_USER
no title

▲日本右翼勢力、東京都心で嫌韓デモ2018.12.9

(ソウル=聯合ニュース)日本で日本軍慰安婦問題と強制動員賠償判決に対し否定的気流が流れる背景には被爆民族主義(ナショナリズム)が存在するという主張が出てきた。

金富子(キム・プジャ)東京外国語大教授は東北アジア歴史財団が14日ソウル西大門区(ソデムング)財団大会議室で開く「日本軍慰安婦問題と歴史の正義の課題」国際シンポジウムを通じて慰安婦問題と安倍政権の歴史の正義不在を発表する。

11日、配布された提案発表文によればキム教授は「日本社会の歴史認識では相変らず植民地主義を内包した民族主義が清算されていない」として「加害責任に対する自覚も薄れ、慰安婦という話しを始めると反日といって反発する状況」と指摘した。

彼女は日本では男性優位の見解と告発に抑圧的な社会的雰囲気があるので、日本の歴史修正主義者などがジェンダー認識と関連した慰安婦問題に攻撃的だと分析した。

キム教授はグループ防弾少年団メンバー、ジミンが原爆キノコ雲写真が入ったいわゆる「光復」Tシャツを着用した事実が一歩遅れて日本に知らされ、番組出演が取り消されたことについて「被爆民族主義を刺激して起きた騒動」と説明した。

彼女は日本では8月になれば新聞が原爆投下地域の広島と長崎の報道で染まる、と言い「日本人だけが原爆被害者という認識が拡散して日本人以外の被爆者や戦争被害者が存在した事実が日本人の認識から脱落するに至った」と主張した。

さらに「光復Tシャツは日本人にいつも加害を追及する韓国人が日本人の戦争被害の砦であり、国民的アイデンティティである「唯一の被害国」の象徴を冒とくしたものと映った」として唯一の被爆国というイメージは日本が慰安婦問題に対応する道具と強調した。

シンポジウムではその他にも東南アジア、中国、上海と南京、沖縄の慰安婦実態と慰安婦問題争点の「本人の意思に反した被害」の意味の分析、国際人権法的視点から見た慰安婦問題など多様な主題発表が行なわれる。

キム・ドヒョン財団理事長は「日本軍慰安婦問題は反人道的戦争犯罪で東北アジアの歴史葛藤の最大懸案」とし、「被害者中心主義に基づいて被害実態を糾明し歴史の正義を成し遂げるために努力する」と話した。

パク・サンヒョン記者

ソース:聯合ニュース(韓国語) 「歴史の正義否定する日本、被爆民族主義強調」
https://www.yna.co.kr/view/AKR20181211158700005

続きを読む

【韓国】 農心、日本企業じゃないの?「お金が最高」...日本戦犯企業と分かっても共同ビジネス推進

1: 蚯蚓φ ★ 2018/12/13(木) 12:51:08.32 ID:CAP_USER
no title

▲シン・チュンホ農心グループ会長(c)農心提供

農心が日本戦犯企業と共同事業を推進する事実が知らされるとすぐに国民の間では「農心も結局ロッテのようにだまされた日本企業だ」という話が出ている。

農心と共同事業を推進する日本戦犯企業、味の素は2012年2月29日、自由韓国党のイ・ミョンス議員が発表した戦犯企業名簿に含まれている。

農心は最近、日本戦犯企業、味の素と協力して京畿道(キョンギド)平沢市(ピョンテクシ)農心捕縄工場敷地に即席粉末スープ生産工場を設立し来年から製品を生産する予定だ。キム・ジンフン京畿道行政2副知事と本橋弘治、味の素副事業本部長は去る16日、東京味の素本社でこのような内容を入れた投資業務協約を締結した。

食品企業、味の素は1909年、東京で設立された。設立当時「鈴木製薬所」という名前で調味料事業をした。第二次世界大戦終戦直後の1946年、社名を味の素に変更した。味の素は「ポノスープ」、「ほんだし」等の製品を作っている。

農心側は最近、日本戦犯企業との共同事業推進論議と関連して「ビジネス関係だからこれからどうするかについては別に申し上げる言葉がない」と明らかにした。

農心が会社の営業利益の前では日本戦犯企業も意に介さない姿を見て国民は「農心も結局、ロッテのように表面は韓国企業だが中は「日本企業」だ」という評価を下している。

チョ・チャンヨン記者(ベータニュース)

ソース:中央日報(韓国語) 農心、日本企業じゃないの?「お金が最高」...日本戦犯企業分かっても共同ビジネス
https://news.joins.com/article/23204812

関連スレ:【韓国】 韓日の誤った歴史を正しているムン・ジェイン政府に正面から挑戦か?~農心、戦犯企業「味の素」と合弁会社設立[11/20]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1542722738/

続きを読む

【新・悪韓論】「正恩氏乗せるはず」のKTX脱線で文氏大慌て! 危険不感症国家・韓国の恐ろしさ

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2018/12/13(木) 12:50:41.60 ID:CAP_USER
北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の韓国訪問が年内にあるのか、どうか-。何しろ、「電撃通知」「電撃妥結」「電撃合意」が大好きな民族内部のことだから、現時点では判断しかねる。

ただ、実現したら、韓国型高速鉄道(KTX)に、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が、正恩氏とともに乗り込むパフォーマンスを企画していたことは容易に想像できる。

 同国北東部、江陵(カンヌン)市で8日に発生したKTXの脱線事故は、そうした企画があったからこそ、文政権にとって「大ショック」になったのではないか。

 負傷16人-。「危険不感症国家・韓国」では、何ということもない鉄道事故だ。それなのに、大統領まで乗り出してきて「原因究明、対策遂行」を指示したことは異様でもある。

 正恩氏の妹である金与正(キム・ヨジョン)労働党第1副部長は、平昌(ピョンチャン)冬季五輪で訪韓した際、KTX江陵線に乗った。4月に電撃的に行われた板門店(パンムンジョム)での南北首脳会談では、正恩氏が「平昌五輪に行った人たちは『KTXがいい』と言っていた」「文大統領が(北朝鮮に)来られたら、北側の交通が不備で不便を感じさせそうだ」などと述べた。

 文氏は「北側と鉄道が連結されれば、南北がともに高速鉄道を利用できる」と応じた。

 この流れが、「正恩氏が韓国に来たら、大統領とともにKTXに乗り込む」との観測に結びついた。KTXの輸出に腐心する韓国としては、絶好のPRになる。

 そこに脱線事故だ。KTXの脱線は3回起きているが、「危険不感症国家」では徹底した原因究明すらなかった。

 今回はなぜ大統領まで乗り出してきたのか。江陵線は開通1年とたっていない新線だからか。いや、「北朝鮮の最高尊厳」(=正恩氏のこと)をお乗せするつもりでいたからだろう。

ところで、脱線原因は何なのか。目下のところ「線路を切り替えるための信号装置の接続が間違っていたため」とされる。それなら同種の事故が多発していたはずだと問い詰められると、「誰かが接続部分をいじったのだろう」となった。

 そんな大切なシステムを「誰か」が簡単にいじれるのかとなると、事故調査委員会の関係者から出た発言は「設計からして間違っていた」。

 国会議員の一括補選と統一地方選の大惨敗で、仮死状態だった保守勢力は「鉄道公社への天下り人事、天下りした社長による過激派組合員の復職措置などが背景にある」と始めた。

 鉄道公社社長は元国会議員で、文氏の“お友達人事”で社長に就いた。今回の事故では現場に到着するや、「寒さでレールが異常をきたしたためだろう」との珍説を打ち上げて恥をかき、11日には辞任を表明した。

 KTXはエンジンから出火したこともある。鉄道公社は消火が終わると、原因究明もないまま列車の運行を続けた。

 年末年始に韓国旅行に行く日本人もいるだろう。「危険不感症国家」では、乗り物にも、建物にも、ボッタクリにも、よほどの注意が必要だ。

 ■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。著書・共著に『悪韓論』(新潮新書)、『崩韓論』(飛鳥新社)、『韓国リスク』(産経新聞出版)など多数。

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181213/soc1812130005-n1.html
夕方フジ 2018.12.13

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト