脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

韓国

【佐賀】「キンパプ」作り、韓国・金浦(キンポ)大の学生と交流

1: HONEY MILKφ ★@無断転載は禁止 2017/07/23(日) 19:01:47.73 ID:CAP_USER
(写真)
no title

▲ 作り方のこつを教えてもらいながら、キンパプを作る参加者=佐賀市の県国際交流プラザ
_ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

佐賀女子短期大学に韓国から約1カ月留学に来ている金浦(キンポ)大の学生と県民との
交流会が20日、佐賀市の国際交流プラザであった。20人が参加し韓国式のり巻き「キンパプ」
や焼きそばを作り、互いに異文化への関心や理解を深めた。

キンパプ作りでは、ゴマ油やゴマ、塩などで味付けしたご飯に、キュウリや卵、ソーセージなどを
乗せノリで巻き、表面にはゴマ油を塗って仕上げた。学生に韓国語で質問したり、学生からは
日本語でどう表現するかなどを尋ねたり会話しながら楽しく調理した。

1度キンパプを作ったことがあるという片渕浩敏さん(53)は「学生たちは手際が良く驚いた。
以前作ったものと味付けや具の詰め方が違っていて家庭の味があることを知った」と話した。
初めて焼きそばを作って食べたキム・ジスさん(19)は「日本の人たちと互いの国の料理を
作って面白かった。焼きそばはおいしい」と笑顔を見せた。

県と同短大、同短大と協定を結ぶ韓国の格安航空会社(LCC)ティーウェイ航空福岡支店が
主催した。

ソース:佐賀新聞
http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10105/448690

続きを読む

【韓国】「われわれ(韓国)には力がない」と文在寅大統領 初外遊で知った内弁慶 「国らしい国」豪語も頼みは甘えられる日本

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/25(火) 01:18:35.18 ID:CAP_USER
 5月の就任後、初めて海外を公式訪問した韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領から、彼らしくない弱気ともとれる言葉が飛び出した。「われわれ(韓国)には力がないことを認めねばならない」。北朝鮮の問題について述べたもので、文氏は「痛切に感じなければならない」と前置きまでした。

 大統領就任までは、北朝鮮とのバラ色の対話構想を掲げる一方、日本や米国への強硬発言を連発していた文氏。世界の現実を肌で感じ、ようやく目覚めた。(ソウル 名村隆寛)

威勢のよさはどこに

 「韓国の非力さ」を認めた文氏の発言は、ワシントンでの米韓首脳会談と、ドイツでの20カ国・地域(G20)首脳会議を終えてから初めて開かれた11日の閣議でのものだ。

 象徴的な発言を列挙する。

 「北朝鮮の核問題解決への道が開かれておらず、弾道ミサイルでの挑発に対する制裁方法への国際社会の協議が簡単ではないという“事実”を重く受け止めねばならない」

 「痛切に感じなければならないのは、われわれに最も切迫している朝鮮半島問題にもかかわらず、われわれには解決する力も合意を導く力もないことだ」

 「各国が国益を前面に外交をしている。われわれも“国益を最優先”に考え、貫徹できるよう外交を多角化し、外交力を高めねばならないと切実に感じた」

 「米国の要求(米韓自由貿易協定=FTA=の再交渉)に対応する通産交渉本部の早急な構築に向け政府組織の改編が急がれる」

 対話による朝鮮半島平和構想を掲げ、威勢よく外交デビューしたはずの文氏だが、いざ朝鮮半島を離れて、外で目の当たりにした国際社会という“世間”の現実は、本人が思っていたほど甘くはなかった。事前に分かっていたのか、いなかったのか。

 文氏は帰国した後、その感想と心情を、閣僚と国民に対し素直に吐露した。現実を直視した説得力のある発言だった。

外の世界は甘くない

 「ようやく分かったのか」との思いで文氏の発言に聞き入ったが、韓国社会の反応は、「やはりそうだったか」とか「今ごろ気付いたのか」といった韓国が置かれている現実を悲観視するものが目立った。

 特に保守世論では韓国紙、朝鮮日報が翌12日付の社説で文氏の発言に対し、「普通の国民だったら皆、以前から持っていた認識だ。大統領が今さらのように語るとは」と冷ややかに評した。同時に、文氏の認識変化を「幸いなことだ」とも皮肉った。

 今回だけではない。韓国では、外交であれ経済であれ国がまずい状況に陥った際、現実に気付いてから文氏のような発言や指摘がくりかえされてきている。

 それまで、韓国国内で威勢のいい言葉を連発していたのが、一歩外に出て国際社会の中で韓国が置かれた現実を認識したとたんにシュンとし、バツが悪かろうが反省する。まさに、内弁慶のようだ。

 1990年代末の通貨危機(IMF危機)の際などに見られた韓国ならではの現象で、そんな時、文化人などは韓国自らを「井の中の蛙」などと自虐的に形容したりする。文氏は今回、そこまでは言わなかったが、韓国が置かれた状況を謙虚に見つめ直し、「このままではいけない」と痛感したようだ。

 この8カ月余り、韓国が朴槿恵(パク・クネ)前大統領の罷免や大統領選挙の繰り上げで混乱し、国政が停滞していた間、そんなこととは関係なく、世界は動いていた。次のステージに進んでいたわけだ。韓国の政権が変わろうが、国際社会は韓国の国内事情にいちいちかまってくれない。

 文氏が大統領に当選、就任する前に自信たっぷりに主張していたような対北対話政策や、米中の間に立つような外交政策などは通用しない現実を、自ら言及したように文氏は痛感したわけだ。

かつての敵にも懇願

 韓国という井戸から外に出てみた世界、現実は甘くないということを、韓国の大統領は今回も認識した。初の欧米外遊で世界の現実に直面し帰国した文氏を待っていたのは、今度は国内の現実だ。

 文氏は韓国の力のなさを認めた閣議で、内政問題にも触れ、こう語った。「いざ帰国してみれば、国会は一歩も前に進んでいない」。

http://www.sankei.com/premium/news/170725/prm1707250005-n1.html

>>2以降に続く)

続きを読む

【映画】『軍艦島』真実と虚構の「二兎」を追った結果…歴史物というジャンルを超えてロマンチック・ファンタジーの方向へ

1: 荒波φ ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/23(日) 09:06:19.37 ID:CAP_USER
朝鮮日報日本語版 2017/07/23 06:09
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/21/2017072101692.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/21/2017072101692_2.html

※前半は作品内容のため割愛(ソース元に全文記載)


登場人物たちは誰も親日・反日というカテゴリーにはっきりとは分けられない。リュ・スンワン監督は19日の試写会後に行われた記者懇談会で、「当時の証言や資料を見ると、『悪い日本人』と『いい朝鮮人』だけが存在したわけではなかった。簡単に2つの陣営に分けて観客を刺激したり、事実を歪曲(わいきょく)したりするのは良くないと思った」と語った。

しかし、この映画の美徳は上映時間132分間の折り返しを過ぎたころから急速に色あせていく。軍艦島で地獄のような強制徴用に苦しめられていた朝鮮人たちが脱出を試みる中盤から、映画は歴史物というジャンルを超えてロマンチック・ファンタジーの方向へと急速に傾き、バランスを失っていく。

朝鮮人労働者たちが「火炎瓶」を作って日本軍に投げ付けるシーンや、チェ・チルソンに追従する朝鮮人たちがライフルを持って日本軍を狙い撃ちするシーンは、むしろ西部劇を連想させる。

軍艦島に潜入した後、朝鮮人の脱出を陣頭指揮する光復軍所属OSS(米戦略情報局)要員パク・ムヨン(ソン・ジュンギ)の活躍を見ていると「スーパーヒーローがアウシュビッツ収容所に潜入してナチスの兵士たちと戦う活劇」を見ているような錯覚に陥る。

2015年の『ベテラン』(1341万人動員)や13年の『ベルリンファイル』(716万人動員)を手がけたヒット・メーカー、リュ・スンワン監督に派手な見どころやアクション・シーンをあきらめろと注文することはできない。

ただし、問題なのは、監督自らが作品性と大衆性・歴史性・想像力の分かれ道でどれもあきらめずに追い続けた結果、その場で足踏みしているような状態になっていることだ。

『軍艦島』は、ナチスの官僚たちを映画館に追い込んで爆破させる米国映画『イングロリアス・バスターズ』(2009年)のような痛快な復讐(ふくしゅう)劇に近いのだろうか。

それともアウシュビッツでナチスの兵士たちに協力するしかないユダヤ人収容者の悲劇的な運命を描いたハンガリー映画『サウルの息子』(2015年)のようなヒューマン・ドラマに近いのだろうか。

この映画は最後まですっきりとした判断が付かない。リュ・スンワン監督は記者懇談会で、「『軍艦島』からの脱出は、今も整理が付いていない過去の歴史からの脱出と同じだ。現代史において清算されるべき問題が幽霊のように漂い、現在と未来を侵食している」と言った。

だが、映画の完成度まで侵食しているのは、もしかしたら監督自身かもしれないという物足りなさもある。

続きを読む

【韓国】平昌五輪:文大統領「後援金足りない…さらなる支援を」

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/07/25(火) 01:33:51.74 ID:CAP_USER
 平昌冬季五輪まであと200日と迫った24日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が江原道平昌のアルペンシアリゾートで開かれた記念イベントに出席し、後援金がやや不足していることを明かすとともに、公共企業に対して五輪へのさらなる支援を呼び掛けた。

 平昌五輪組織委員会は、朴槿恵(パク・クンヘ)前大統領の親友・崔順実(チェ・スンシル)被告による国政介入事件の影響で、民間企業からの後援金確保が困難になっているという。

 後援金の目標額は9400億ウォン(約940億円)だが、先月末時点で8884億ウォン(約880億円)にとどまっており、あと500億ウォンほど後援金が必要な状況だ。

 一方、文大統領はこの日「平昌五輪は環境五輪、IT五輪、文化五輪、平和五輪などたくさんの意味を持つが、私は『癒やしの五輪』としたい」と述べた。

 文大統領は「国政介入事件をはじめ、国内の政治状況のせいで国民は長い間つらい思いをし、江原道民は国政介入事件が平昌五輪の準備過程にも影響してプライドも傷つけられただろう」として「冬季五輪を成功させ、傷ついた国民が韓国に再び誇りを持ち、癒やされて希望も持てるきっかけとなることを願う」と述べた。

カン・ヨンス記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/24/2017072402855.html

続きを読む

【韓国】<韓国人が日本の放射能問題に過剰な“アレルギー反応”を示す理由>放射線量は東京よりもソウルが高い

1: Egg ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/07/23(日) 10:29:45.28 ID:CAP_USER
韓国に来て多くの知人や友人たちと会って雑談をしていると、唐突に聞かれることがある。

「ところで最近は放射能問題などは大丈夫なのか」

10人に会って1~2人からそんな疑問を投げかけられるのだ。今回も50代半ばになる旧知のカメラマンから唐突に尋ねられた。

「原発の処理水を海に流すというのが、本当に大丈夫なのか」と。

先日、東電・川村隆会長が東京電力福島第1原発の“処理水”を海に放出するという主旨の発言をしたとはいえ、東電が「最終的な方針を述べたものではないと否定した」と言い返しても、なかなか納得してくれない。日本の問題であるはずなのに、まるで自国も関わっているといわんばかりの表情だった。

ただ、そうなるにもワケがあるのだろう。今回の件は韓国メディアでも詳しく報じられている。

「東京電力“福島原発の汚染水を海に放出”…現地漁民たちは反対」(『朝鮮日報』)、「東京電力“福島原発の汚染水を海に流す”」(『中央日報』)などといった具合なのだ。

■韓国の“放射能アレルギー”

この報道に触れた韓国ネット民たちの反応はセンシティブで、ある記事には2000件近くコメントが書き込まれていた。

「異常がないのなら自分たちの飲み水にしろ」「日本の水産物は輸入すべきではない」とかなり荒々しい語気のコメントが書き込まれている状態なのだが、韓国は日本以上に「日本の放射能事情」に敏感な印象がある。

例えば、昨年『毎日新聞』や『朝日新聞』が変な色のカエルがいると報じたときは、「日本で相次ぐ奇形生物発見…福島原発事故の影響?」(『東亜日報』)などと報じていたほどだ

■韓国人が敏感になるワケ

韓国人が日本の放射能事情に対して敏感になるのは、いくつかの理由が考えられる。

ひとつは、韓国が日本の水産物を大量に輸入しているからだろう。韓国では2013年9月から、福島をはじめとする8県の水産物の輸入を禁止している。しかし、2011年以降の6年間で福島産の食品は407トンも輸入されていたという。

また、韓国の水産物品質管理院が2015年に水産物販売・加工会社や飲食店を取り締まった結果、原産地を偽ったホタテ104kgを摘発したのだが、すべて日本産だったことも。2016年に市民放射能監視センターが販売されている水産物を検査すると、日本産の鰹節からセシウムが検出されたという報道もあった。

そういった食材がいつの間にか自分の食卓に並んでいるかもしれない。そんな意識があるため、韓国人は日本の放射能事情に対して敏感に反応しているわけだ。

韓国の食品医薬品安全処が消費者連盟と2014年、2015年に実施した国民意識調査によると、放射能が検出されていなくても「日本の水産物を買いたくない」と答えた韓国人は、68.8%(2014年)と67.6%(2015年)にも上ったと言われているほどなのだ。

つづく

慎武宏  | ライター/S-KOREA編集長7/23(日) 7:30
https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20170723-00073466/

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト