脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

ヨーロッパ

【ほのぼのニュース】韓国人、黒人に続き、今度はオランダ人にぶん殴られる!

1: プロキオン(宮崎県) [ニダ] 2020/06/23(火) 17:24:30.12 ID:hXrAj2A/0● BE:512899213-PLT(27000)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_karake.gif
オランダで発生した韓国人暴行事件がネチズンの公憤を買っている。 被害者は10代の韓国系少年で、加害者は人種差別的な発言を
して暴行を加えたという。
人種差別の告発などの情報提供を受けるニュースサイト「jackfroot」は23日、「オランダ在住の16歳の韓国人少年が、何の理由
もなく顔を殴られた」と明らかにした。

事件は22日にオランダ・プレヴォラント州で発生した。当時、被害者は友達と芝生に座って時間を過ごしていた。
そこに突然5人のオランダ人の集団が近づき「何見てんだ? この癌のコロナ中国人XX!」と喧嘩を売った。
侮辱的な発言の後、移動した5人の集団は、しばらくして他の友達と一緒に戻ってきた。 計20人ほどだった。
no title

彼らのうち1人が被害者の携帯電話を奪い「返してほしいなら謝れ」と被害者を脅した。
被害者は謝罪し、どう対処していいか分からず、ぎこちない笑みを浮かべた。すると加害者が憤り、被害者の顔を足で蹴った。
映像では加害者たちは暴行後も被害者を嘲弄した。周辺にいた被害者の友人らは微動だにせず座っていた。

「jackfroot」側は「コロナ事態と関連して起こった明白なアジア人嫌悪犯罪だ」と述べた。
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=005&aid=0001334512

続きを読む

【コロナ19】 新型コロナ対応、日本は韓国やスウェーデンなどとともにギリギリ及第点―英エコノミスト誌調査

1: 蚯蚓φ ★ 2020/06/18(木) 15:33:30.83 ID:CAP_USER
no title

▲緊急事態宣言の対象を全国に拡大した際の記者会見で、マスクを外す安倍晋三首相=4月17日、首相官邸

 【ロンドン時事】英誌エコノミストの調査部門は17日、先進各国の新型コロナウイルスへの政策対応を指数化し、「優」「良」「可」「不可」の4段階に分類して評価した分析結果を発表した。日本政府の対応は下から2番目の「可」にとどまり、高評価を得られなかった。

 新型コロナの第2波に備え、世界的に政策を点検する動きが活発化している。日本は特に人口規模に対する検査数で最低の評価となり、総合評価の足を引っ張った。

 調査対象は、経済協力開発機構(OECD)加盟の21カ国。日本は4点満点で2.89点で、順位は13位タイだった。医療体制の確保や死者の少なさに関しては高評価を得た。最高点は3.67点のニュージーランド(NZ)、最低点は2.11点のベルギーだった。

 4分類では、NZに加え、オーストラリア、デンマーク、ドイツなどが「優」となった。「良」は感染者・死者ともに世界最多の米国、フランスなど。「可」には、日本のほか、韓国やスウェーデンなどが入った。ベルギーと英国、スペイン、イタリアは「不可」に分類された。

 調査は、人口規模に対する検査数、過去の統計などから予想される死者数と実際の死者数を比較した「超過死亡」、新型コロナ以外の病気に対する医療提供体制の3項目で「対応の質」を分析。さらに高齢者の割合などの要素も勘案し、4点満点で指数化した。

ソース:時事ドットコム<日本はギリギリ及第点 新型コロナ対応、検査で最低評価―英誌調査>
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020061800229&g=int

続きを読む

【旭日旗問題】 サッカー、マンU公式雑誌に「戦犯旗」、韓国版では別の写真使用

1: 蚯蚓φ ★ 2020/06/02(火) 19:54:44.78 ID:CAP_USER
no title

▲韓国国内コミュニティを燃やしている「マンU戦犯旗論議」、国内版雑誌では他の写真使用

今日午前、サッカーコミュニティ「ラクサ」を通じて触発されたマンU公式雑誌「インサイド ユナイテッド(INSIDE UNITED)」の「戦犯旗」使用論議が続いている。

国内版雑誌には戦犯旗が使われておらず、合成ではないかと反論が提起されたが、あるユーザーがイーベイ(eBay)販売者に問い合わせた結果、現地雑誌には戦犯旗が使われた写真が使われていることが確認された。

また「ラクサ」のユーザーは写真をデザインしたデザイナーにメッセージを送ってデザイナーが謝罪をフィードバックしたことが分かった。

ソース:スポルタルコリア(韓国語)国内コミュニティを燃やしている'マンユー戦犯旗論議',国内版捉えるが他の写真使用
https://www.sportalkorea.com/news/view.php?gisa_uniq=2020060120014227

続きを読む

ドイツが戦略転換を示唆「我々は韓国を手本してきたが、これからは日本を手本にするべき」

1: ジャストフェイスロック(長野県) [DK] 2020/05/30(土) 06:46:24.01 ID:pn7O6JcS0● BE:323057825-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif
ドイツの著名なウイルス学者であるシャリテ大学病院のクリスティアン・ドロステン氏が28日、
日本の新型コロナウイルス対策を「近い将来の手本にしなければならない」と語った。
一部の感染者から多くの感染が広がっている現象に注目し、日本のクラスター(感染者集団)対策が感染の第2波を防ぐ決め手になりうるとの考えを示した。

ドロステン氏は新型コロナの検査の「最初の開発者」(メルケル首相)とされ、
ドイツ政府のコロナ対策にも大きな影響力がある。2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の共同発見者としても知られるウイルス学の第一人者だ。

ドイツではドロステン氏が連日配信するポッドキャストの人気が高い。
同氏は28日の放送で「スーパースプレッディング」と呼ばれる一部の感染者から爆発的に感染が広がる現象を取り上げ、
これを防ぐためには対策の修正が必要で、日本の対応に学ぶ必要があるとの考えを示した。

ドロステン氏は、日本はほかのアジア諸国と比べれば厳格な「ロックダウン」なしに感染を押さえ込んでいると指摘。
ひとたびクラスターが見つかれば、検査よりも先に関係者全員を隔離することが戦略の「核心」になっていると説明した。

もともとドイツは、多くの検査で新型コロナを封じ込めた韓国を対策の参考にしてきた。
日本の対策は分かりにくいとの声が強かったが、英語での情報発信が最近増え始めたこともあり、注目が高まりつつある。

いかそ
コロナ対策、日本が「手本」 ドイツ第一人者が指摘、戦略転換も
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59793200Q0A530C2EAF000/

続きを読む

【聯合ニュース】 欧州の対韓認識  新型コロナ感染拡大後おおむね肯定的

1: 荒波φ ★ 2020/05/14(木) 10:01:42.33 ID:CAP_USER
【ベルリン聯合ニュース】

新型コロナウイルスの感染拡大後、欧州各国は韓国をおおむね肯定的にとらえていることが分かった。ドイツのベルリン自由大韓国学研究所と韓国政府系シンクタンク、韓国開発研究院(KDI)の国際政策大学院大による研究チームが14日までに、欧州16カ国の23人の韓国専門家を対象に実施したアンケートの結果を公表した。

欧州各国の韓国専門家は自国メディアの報道内容などを基に設問に答えた。

ドイツや英国、イタリア、スウェーデン、チェコ、ポーランドなど12カ国の専門家は、韓国の防疫モデルに対し自国が「肯定的な認識」を持っているとした。デンマークとオーストリアの専門家は、韓国の防疫に関するニュースがほとんど報じられなかったと回答。

フランスの専門家は、韓国の診断・検査を信頼しない医療専門家の意見が主に報じられるなどマイナスイメージが伝わってきたと答えた。

大規模に検査を実施した韓国の戦略を学ぶべきかとの問いには、ドイツや英国、フランス、スペイン、チェコなど10カ国の専門家が、「学ばなければならない」という反応が多かったと回答した。

韓国での感染者行動歴の確認と接触者追跡の方法については、チェコなどを除いた多くの国で中立的、または否定的な反応だったことが分かった。オランダのメディアの場合、韓国の防疫が成功した背景に集団主義があるという分析を頻繁に行ったという。

ただ、韓国が防疫政策にデジタル技術を活用したこと自体は、オーストリア、デンマーク、フィンランド以外のすべての国が革新的との見方を示した。英国メディアは韓国の防疫の成功事例を繰り返し報じたが、具体的な防疫内容に関してはドイツの事例を取り上げることが多かった。

一方、自国政府の対応に関しては、チェコとフィンランド、ポルトガル以外の国では適切でなかったという批判的な世論が強かったと、各国の専門家は伝えた。

研究を主導したベルリン自由大のイ・ウンジョン教授(韓国学)は、「新型コロナウイルスの感染拡大を機に韓国は危機克服の模範的な事例とされたが、欧州各国で韓国に対するイメージが多様であることが分かる」と述べた。前向きな評価の一方で、韓国文化に対する誤った認識が浮き彫りになったケースもあったという。


2020.05.14 09:40
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200514000200882?section=news

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト