脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

ヨーロッパ

【国際】欧米人による日本人と中国人と韓国人の見分け方

1: 動物園φ ★ 2018/07/17(火) 20:25:43.69 ID:CAP_USER
2018年7月17日 11時12分
サーチナ

 日本人と中国人、韓国人の外見的な相違は小さく、見かけだけで国籍を見分けるのは非常に難しいことだ。特に西洋人にとって外見だけで日中韓の国籍を見分けるのは至難の技と言えるだろう。

 だが、外見では見分けられなくても、「行動」を見ればだいたい日中韓のうち、どの国の人なのかが分かるという場合もあるようだ。中国メディアの快資訊は、「欧米人から見ると、日本人と中国人と韓国人を外見だけで見分けるのはほぼ不可能」だと伝える一方で、「集団行動」での立ち振る舞いを見れば容易に見分けることができると伝えている。

 記事は、欧米を「ツアー旅行」で訪れる日本人や中国人、韓国人であれば、欧米人でも簡単に見分けられると伝え、それは「行動」から分かるものだと主張。たとえば、ツアーのガイドが何かを話したり、指示を出しているとき、「黙って静かに聞いている集団があれば、それは日本人だ」と伝えた。

 さらに、ガイドが話をしているにもかかわらず、ツアー参加者同士で話に夢中になっている集団があれば、それはきっと韓国人だと伝え、「韓国人は個人主義」だと主張。また、声が大きく、ガイドの話を聞いている人がいたり、キョロキョロと周りを見渡していたりと、統率が取れておらず、ばらばらの行動をしている集団があれば、それは中国人の集団だと主張し、「欧米人から見ると、日中韓の違いは集団行動に現れているようだ」と伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

http://news.livedoor.com/article/detail/15022373/

続きを読む

【朝鮮】NATO、朝鮮半島の完全非核化全面支援で一致

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/07/12(木) 00:53:21.12 ID:CAP_USER
朝鮮半島の完全非核化全面支援で一致
2018/7/12 00:48
©一般社団法人共同通信社
https://this.kiji.is/389805915958559841

【ブリュッセル共同】北大西洋条約機構(NATO)首脳会議は11日、朝鮮半島の完全かつ検証可能で不可逆的な非核化を「全面的に支援」することで一致した。

続きを読む

【海外メディアが選ぶ】「W杯史上最低の5チーム」に、中国と北朝鮮が選ばれると中国メディアが伝えた

1: ガラケー記者 ★ 2018/07/01(日) 01:59:39.43 ID:CAP_USER
 サッカー・ワールドカップロシア大会はグループリーグの全試合が終了し、ベスト16が出揃った。今大会は僅差の試合が多く、各国の得失点差も小さい印象だ。そんな中でワーストの結果に終わったのは、ベルギー・イングランドと同組で3連敗、得失点差-9となったパナマだった。

 中国メディア・今日頭条は28日、英紙ガーディアンが選んだ「W杯史上最低の5チーム」の1つに中国が選ばれたことを伝えた。

 記事は、時代の古い順に「W杯史上最低の結果しか残せなかった5チーム」を紹介。まずは、1974年のザイール(現在のコンゴ民主共和国)だ。サハラ砂漠以南のアフリカ諸国で初めてW杯に出場したものの、ユーゴスラビアに0-9で惨敗するなど3連敗、得失点差-14で大会を終えた。続いては、82年のエルサルバドル。やはり、ハンガリーに1-10の大敗を喫し、3連敗、得失点差-12という成績だった。

 そして時代は下り、2002年の日韓大会からは2チームが選ばれた。サウジアラビアはドイツに0-8とメッタ打ちにされて3連敗、得失点差-12だった。そして、もう1カ国が中国だ。初戦のコスタリカに0-2、次戦のブラジルに0-4、最終戦のトルコに0-3で敗れ、1点も取れないまま3失点、得失点差-9で、現状最初で最後のW杯を終えた。

 最後は、10年の北朝鮮だ。初戦はブラジルを苦しめて1-2での敗戦だったが、2戦目ではポルトガル相手に0-7で惨敗。3戦目もコートジボワールに0-3で敗れ、3連敗の得失点差-11だった。
searchina
2018-06-30 22:12
http://news.searchina.net/id/1662357?page=1

続きを読む

【W杯】本田圭佑、BBCの視聴者採点によるGLベスト11に選出…採点上位は韓国選手が占める

1: シャチ ★ 2018/07/01(日) 03:07:02.38 ID:CAP_USER
7/1(日) 0:03配信 GOAL
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00000040-goal-socc
『BBC』が視聴者採点によるロシア・ワールドカップのグループステージにおけるベスト11を発表。日本代表からは本田圭佑が選出された。

『BBC』は視聴者が自身で選手の採点を行うシステムを提供しており、今回はその平均採点を基にグループステージで2試合以上に出場した
選手のベスト11を選出。セネガル戦で同点ゴールを決めた本田はクロアチア代表MFルカ・モドリッチと共にセントラルMFとして選ばれた。
記事の中では本田の選出をペルー代表FWアンドレ・カリージョとともに「驚き」と評している。

またグループステージを通しての採点上位5名も発表。しかし、こちらは出場時間の制限がないため、
グループステージでわずか1勝の韓国代表FWコ・ヨハンとDFユン・ヨンソンが全体の1,2位を占めるなど「想定外の結果」だったと報じている。

今回グループステージのベスト11に選出されたのは以下のメンバーとなっている。

GK
チョ・ヒョヌ(韓国)
DF
アンドレアス・グランクヴィスト(スウェーデン)
ディエゴ・ゴディン(ウルグアイ)
ヴィクトル・リンデロフ(スウェーデン)
MF
キーラン・トリッピアー(イングランド)
ルカ・モドリッチ(クロアチア)
本田圭佑(日本)
アンドレ・カリージョ(ペルー)
FW
ロメル・ルカク(ベルギー)
ハリー・ケイン(イングランド)
ソン・フンミン(韓国)

続きを読む

【国際】英団体、等身大「ライダイハン母子像」製作へ 韓国兵の性暴行、責任糾明訴え

1: ろこもこ ★ 2018/06/14(木) 21:48:32.91 ID:CAP_USER
https://www.sankei.com/smp/world/news/180614/wor1806140044-s1.html

 ベトナム戦争時の韓国軍兵士による性的暴行問題を追及する英民間団体「ライダイハンのための正義」(ピーター・キャロル会長)は14日、同問題を象徴する等身大の母子像を製作し、今秋にも米ワシントンの連邦議会議事堂の展示会場に持ち込み、韓国の責任糾明を訴えたいとの考えを明らかにした。

 同団体は、7日に韓国系米国人団体が同議事堂で慰安婦像を展示する動きに合わせ、同じ会場で、韓国兵による現地女性への性的暴行で生まれた混血児(ライダイハン)の存在をアピールする計画を進めていたが、最終的に参加を取りやめていた。

 ただ、今後もこの問題の責任を追及するため、英国内で等身大の母子像製作を始めるという。

 「ライダイハンのための正義」は「慰安婦問題に比べて、韓国軍兵士がベトナム人女性に性的暴行などして生まれた子供のライダイハン問題は国際的にあまり認識されていない。第二次世界大戦とベトナム戦争の区別なく、女性への性暴力を犯した者は行動に責任を取らねばならない」としている。(ロンドン 岡部伸)

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト