脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

ヨーロッパ

ドイツが戦略転換を示唆「我々は韓国を手本してきたが、これからは日本を手本にするべき」

1: ジャストフェイスロック(長野県) [DK] 2020/05/30(土) 06:46:24.01 ID:pn7O6JcS0● BE:323057825-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif
ドイツの著名なウイルス学者であるシャリテ大学病院のクリスティアン・ドロステン氏が28日、
日本の新型コロナウイルス対策を「近い将来の手本にしなければならない」と語った。
一部の感染者から多くの感染が広がっている現象に注目し、日本のクラスター(感染者集団)対策が感染の第2波を防ぐ決め手になりうるとの考えを示した。

ドロステン氏は新型コロナの検査の「最初の開発者」(メルケル首相)とされ、
ドイツ政府のコロナ対策にも大きな影響力がある。2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の共同発見者としても知られるウイルス学の第一人者だ。

ドイツではドロステン氏が連日配信するポッドキャストの人気が高い。
同氏は28日の放送で「スーパースプレッディング」と呼ばれる一部の感染者から爆発的に感染が広がる現象を取り上げ、
これを防ぐためには対策の修正が必要で、日本の対応に学ぶ必要があるとの考えを示した。

ドロステン氏は、日本はほかのアジア諸国と比べれば厳格な「ロックダウン」なしに感染を押さえ込んでいると指摘。
ひとたびクラスターが見つかれば、検査よりも先に関係者全員を隔離することが戦略の「核心」になっていると説明した。

もともとドイツは、多くの検査で新型コロナを封じ込めた韓国を対策の参考にしてきた。
日本の対策は分かりにくいとの声が強かったが、英語での情報発信が最近増え始めたこともあり、注目が高まりつつある。

いかそ
コロナ対策、日本が「手本」 ドイツ第一人者が指摘、戦略転換も
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59793200Q0A530C2EAF000/

続きを読む

【聯合ニュース】 欧州の対韓認識  新型コロナ感染拡大後おおむね肯定的

1: 荒波φ ★ 2020/05/14(木) 10:01:42.33 ID:CAP_USER
【ベルリン聯合ニュース】

新型コロナウイルスの感染拡大後、欧州各国は韓国をおおむね肯定的にとらえていることが分かった。ドイツのベルリン自由大韓国学研究所と韓国政府系シンクタンク、韓国開発研究院(KDI)の国際政策大学院大による研究チームが14日までに、欧州16カ国の23人の韓国専門家を対象に実施したアンケートの結果を公表した。

欧州各国の韓国専門家は自国メディアの報道内容などを基に設問に答えた。

ドイツや英国、イタリア、スウェーデン、チェコ、ポーランドなど12カ国の専門家は、韓国の防疫モデルに対し自国が「肯定的な認識」を持っているとした。デンマークとオーストリアの専門家は、韓国の防疫に関するニュースがほとんど報じられなかったと回答。

フランスの専門家は、韓国の診断・検査を信頼しない医療専門家の意見が主に報じられるなどマイナスイメージが伝わってきたと答えた。

大規模に検査を実施した韓国の戦略を学ぶべきかとの問いには、ドイツや英国、フランス、スペイン、チェコなど10カ国の専門家が、「学ばなければならない」という反応が多かったと回答した。

韓国での感染者行動歴の確認と接触者追跡の方法については、チェコなどを除いた多くの国で中立的、または否定的な反応だったことが分かった。オランダのメディアの場合、韓国の防疫が成功した背景に集団主義があるという分析を頻繁に行ったという。

ただ、韓国が防疫政策にデジタル技術を活用したこと自体は、オーストリア、デンマーク、フィンランド以外のすべての国が革新的との見方を示した。英国メディアは韓国の防疫の成功事例を繰り返し報じたが、具体的な防疫内容に関してはドイツの事例を取り上げることが多かった。

一方、自国政府の対応に関しては、チェコとフィンランド、ポルトガル以外の国では適切でなかったという批判的な世論が強かったと、各国の専門家は伝えた。

研究を主導したベルリン自由大のイ・ウンジョン教授(韓国学)は、「新型コロナウイルスの感染拡大を機に韓国は危機克服の模範的な事例とされたが、欧州各国で韓国に対するイメージが多様であることが分かる」と述べた。前向きな評価の一方で、韓国文化に対する誤った認識が浮き彫りになったケースもあったという。


2020.05.14 09:40
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200514000200882?section=news

続きを読む

【韓国紙】BBCも産経も韓国を見直した…「K防疫」好評記事5000件余り 「ノウハウ伝授して」と先進各国からラヴコールも殺到

1: 鴉 ★ 2020/05/04(月) 18:34:59.62 ID:CAP_USER
韓経:BBCも産経も「韓国見直した」…「K防疫」好評記事5000件余り


先月29日、仁川(インチョン)空港公社のある会議室で韓国とコロンビア政府間のテレビ会議が開かれた。仁川国際空港の入国および検疫システムをコロンビア側に説明する席だった。韓国からは金健(キム・ゴン)次官補外交部次官補を代表とした実務陣20人余りが出席した。スクリーンに連結されたコロンビア首都ボゴタの会議場には大統領室国家安保補佐官、交通部長官、情報通信技術部長官、保健部長官、外交部次官など高官要人が大勢登場した。58の関係機関から出席者だけで70人余りに達した。国力と関係なく、出席者の「級」を合わせる世界外交舞台では異例の風景だった。駐韓コロンビア大使館は別途撮影チームを動員して会議の場面から仁川空港検疫現場まで映像に入れたりもした。外交部関係者は「コロンビア側からの要請で会議を準備する時でさえ高官が総出動することを知らなかった」と伝えた。

◆「ノウハウ伝授してほしい」殺到

新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)事態を契機に韓国に対する各国の「ラブコール」が殺到している。

先月30日と今月2日、国内地域社会の新規感染者数「0」を記録した韓国とは違い、世界は依然として新型コロナで苦しんでいる。2日基準で世界の感染者数は329万2000人、死亡者は23万7000人を超えた。拡大傾向はなかなか収まっていない。

特に米国、欧州、日本など先進国が感染病の猛威にもろくも崩れた。

韓国・コロンビアのテレビ会議は「コリアプレミアム」の可能性を見せた象徴的な事件だった。イバン・ドゥケ大統領は、韓国政府が診断キットを支援して防疫ノウハウを伝授することにしたという国民向け談話まで出した。外交部関係者は「ペルー、コスタリカ、グアテマラ、メキシコなど、われわれが外交的に注目できなかった国家で防疫協力はもちろん、ポストコロナ時代を準備するノウハウを共有してほしいという要請が断続的に続いている」とした。

企業にも援助の要請が相次いで入っている。韓国航空宇宙産業(KAI)と大宇造船海洋は先月29日、インドネシア国防部に韓国製の新型コロナ診断キット1万セットを届けた。新韓(シンハン)金融グループもミャンマー政府に診断キット1万人分と保護服300着を寄付した。ミャンマーは新韓金融グループの新南方戦略的要衝地の中の一つだ。

中央日報
https://s.japanese.joins.com/JArticle/265554?sectcode=A00&servcode=A00

続きを読む

【独韓】 韓国人留学生夫婦、独ベルリンでの人種差別暴行

1: 荒波φ ★ 2020/04/27(月) 16:06:29.69 ID:CAP_USER
韓国人留学生夫婦がドイツの首都ベルリンの地下鉄で「コロナ」と言われ、人種差別やセクハラなどをはじめとし、暴行を受ける事件が発生した。

留学生夫婦はドイツ警察が「人種差別主義者と呼んではいけない」として加害者の味方をしたと主張しており、論争が予想される。

27日、聯合ニュースによると事件は26日(現地時間)午前0時20分頃、ドイツ・ベルリンの地下鉄で発生した。

地下鉄7号線(U7)に乗って帰宅中の韓国人留学生夫婦にドイツ人と推定される男性3人と女性2人が近づいてきて数回にわたり「コロナ」と言った。

この男性らは「コロナ、ハッピーコロナデー、コロナパーティー」と言いながら妻のキムさんに向かって手にキスをするような行動も取った。

これらの行為を証拠として残すために、夫婦は携帯電話で動画撮影を始めた。夫の李さんは警察に電話をかけて通報し、その間にこのグループが逃げた。

金さんは彼らを追いかけ、その過程で暴行が発生した。グループの1人の男性が金さんの携帯電話を奪おうとして腕を強くつかみ、他の男性は李さんを押しのけて唾を吐いた。

このような状況を目撃した地下鉄の機関士が警察に通報し、乗り換えフロアにいた女性2人が捕まった。

この女性は「人種差別主義者」と言われたとし、居直ったように警察に問題提起した。これを聞いた警察は夫婦に「そう呼んではならない」と忠告したという。

夫婦は聯合ニュースの電話取材に「警察に『物理的な暴力ではなくコロナと嘲笑することは人種差別ではない』と言われて絶句した」とし「警察官に『ドイツ警察の公式の立場と見てもいいのか』と問うと、その時になって違うと言われた」と説明した。

続けて「当時、警察が事件の受付もしようとしなかった」と述べた。

夫婦は駐独韓国大使館の緊急領事電話を介して大使館に被害に遭った事実を知らせた。大使館側が警察に電話した後にようやくドイツ警察は事件を受理したと伝えられた。


中央日報/中央日報日本語版 2020.04.27 14:49
https://japanese.joins.com/JArticle/265328?servcode=400&sectcode=430

続きを読む

【英BBC】「日本のコロナ対応、先進的」と絶賛…韓国は?

1: 蚯蚓φ ★ 2020/04/22(水) 21:55:14.11 ID:CAP_USER
no title

▲10大健康国家(写真=BBCホームページ キャプチャー)

英国放送会社BBCが昨年、10大健康国家に選ばれた国家のコロナ19ウイルス感染症(以下コロナ19)対処を電撃比較した。

英国シンクタンク「レガタム研究所」が発表した2019「世界繁栄指数」によれば日本と韓国は「10大健康国家」の順位でそれぞれ2位と4位に上がり、保健・医療システムが高く評価された。

BBCは20日(現地時間)、これをベースに隣国である韓国と日本のコロナ19防疫体系に光を当てた。これと共に健康国家10位圏に入れなかったイスラエル、ドイツ、オーストラリアなどのコロナ19防疫体系も分析した。

日本に対しては内部批判や各国外信の視線とは多少交錯した見解を出した。現在、緊急事態が発動された日本は感染者1万1千人を突破し、依然として一日、300人以上の感染者が家発生している。
日本内部ではマスク不足、検査システムなどコロナ19発生初期からずっと安易に対応した政府に対する批判が激しい。
(中略:BBCの日本に関する報道。関連スレ参照)

それでは韓国に対する評価はどうだろうか。

BBCはすべての韓国国民が加入の恩恵を受ける国民健康保険制度がコロナ19防疫に決定的影響を及ぼしたと診断した。
BBCは「国民健康保険制度は全国民がコロナ19早期診断および治療を受けることに寄与した。普遍的な公共保険適用と相対的に低い医療費用により検査が広く施行されている」と言う。

韓国政府と企業に対しては安定したマスク供給、体系的な防疫システムなどを例にあげながら「効果的な保健対策のためにす早く動いた」と拍手を送った。

しかし一方では韓国国民の77%が国民健康保険で保障されない費用のために民間保険に加入した現象に憂慮を表わした。
BBCは「より一層価値基盤的な保健・医療モデルに切り替えなければならない」というある医療関係者の言葉を借りて「民間保険はより良い治療と最先端技術利用を可能にするが、
臨床的な証拠が不足した場合にも収益性がある外科的方式を奨励する可能性がある」と過剰診療の危険を指摘した。

ユ・ウォンジョン記者

ソース:ノーカットニュース(韓国語)BBC "日コロナ対応先進的"絶賛…韓国は?
https://www.nocutnews.co.kr/news/5331717

関連スレ:【英BBC】日本を「最も健康的な国家」に選出…“マスク文化”を評価「コロナ危機、最小限に」[4/21]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1587544850/

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト