脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

技術

【北朝鮮】金正恩氏の専用機「チャムメ1号」 平壌からシンガポールに向け出発

1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/10(日) 13:29:11.17 ID:CAP_USER
金正恩氏の専用機 平壌からシンガポールに向け出発
2018/06/10 12:37 聯合ニュース
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2018/06/10/0200000000AJP20180610000700882.HTML
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180610-00000017-yonh-kr

チャムメ1号(左)とエアチャイナの航空機
no title


【北京聯合ニュース】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の専用機「チャムメ1号」が10日、午前9時半(日本時間)、シンガポールに向け平壌を出発した。

飛行中の航空機の位置をリアルタイムで表示するウェブサイト「フライトレーダー24」によると、「チャムメ1号」は北京の上空を通過した後、西南方向に向かって飛んでいる。

これに先立ち、習近平国家主席など中国要人が専用機として利用する中国国際航空(エアチャイナ)の旅客機が同日午前8時半(同)に平壌を出発している。

金委員長は同日に朝米(米朝)首脳会談のため、シンガポールに入るとされており、金委員長一行がいずれかの航空機に搭乗している可能性がある。

平壌からシンガポール行きの2便が出たことについては、金委員長の所在を特定できないようにするためとの見方が出ている。

続きを読む

【北朝鮮】「エアフォースウン」に不安? =シンガポールまでの飛行―専門家は太鼓判

1: たんぽぽ ★ 2018/06/05(火) 07:18:01.38 ID:CAP_USER
 北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の専用機は、米大統領専用機「エアフォースワン」になぞらえて通称「エアフォースウン」(ワシントン・ポスト紙)と呼ばれる。

 平壌から12日の米朝首脳会談の開催場所シンガポールまで直線距離で約4800キロ。1960年代に開発された老朽化著しい「正恩機」が安全にたどり着けるか、不安視する声もある。

 正恩機の正式な名称は「チャンメ(オオタカ)1号」。旧ソ連時代に開発された長距離用のジェット機「イリューシン62型」の改良型で、北朝鮮が同機を購入して、少なくとも30年以上は経過しているとみられている。ワシントン・ポスト紙は、専門家の分析に基づいて「老朽化が著しく、定期点検も十分に行われていないのではないか」との懸念を伝えた。

 一方、元日本航空機長で航空評論家の小林宏之氏は、正恩機は中国本土を経由してシンガポールへ向かうと予測し、その場合の飛行距離は長くて5500キロ強で「性能的には十分に届く距離。たとえ古くても、きちんと整備していれば40~50年使用でき、十分に安全を担保できる」と太鼓判を押した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00000019-jij-kr
時事通信

続きを読む

【韓国】現代ロテム、日本企業など抑えて台湾の歴代最大鉄道車両事業を受注

1: ガラケー記者 ★ 2018/06/04(月) 21:57:30.52 ID:CAP_USER
現代ロテムは台湾鉄路管理局(TRA)が発注した9098億ウォン規模の郊外線鉄道520両納品事業を受注したと4日、明らかにした。現代ロテムは520両すべてを昌原(チャンウォン)工場で生産し、2024年までに納品を終える予定だ。現代ロテムが台湾で鉄道車両事業を受注したのは1999年のTRAの56両受注以来。

これまで台湾市場はフランスやイタリアなど欧州と日本の企業に対する信頼度が高く、現代ロテムの受注が非常に難しかったところだ。現代ロテムは車両内の座席の背もたれが低くて不便だという乗客の意見を反映して座席の上部にヘッドレスト設置を提案し、ブレーキ装置など主な核心部品に対する品質保証期間も従来の3年から5年に延長するなど、乗客と担当省庁の要求事項にすべて応じたという評価を受けた。

現代ロテムの関係者は「今回の事業は台湾市場で発注された鉄道車両事業のうち過去最大の規模」とし「高品質の車両を納品して追加の事業も受注できるよう最善の努力をする」と述べた。
中央日報日本語版
2018年06月04日 11時02分
http://s.japanese.joins.com/article/968/241968.html

続きを読む

【韓国】4階建ての建物が突然揺れだして崩壊

1: 動物園φ ★ 2018/06/03(日) 15:54:10.91 ID:CAP_USER
中央日報 2018-06-03 13:56

龍山駅前4階建ての建物の崩壊現場[YTNニュースキャプチャ]
no title


3日午後12時35分ごろ、ソウル龍山区漢江路2の龍山駅前の4階建ての商店街の建物が崩壊した。 建物は全壊したことが分かった。

この事故で4階に住んでいた60代の女性1人が怪我をし、病院に運ばれた。 この女性は、生命には支障がないものと伝えられた。

建物の隣にあった車の1台も崩壊の余波で破損された。

崩壊当時、1~2階の飲食店は休日で営業していない状態であり、3階の居住者は外出していたことが確認されたと消防当局は伝えた。

救助された女性は、「建物には私一人だった。他の人はいなかった」とし、「4階建ての建物が突然揺れて崩れた」と話したと伝えられた。

消防当局は、建物の崩壊当時、女性1人だけが建物にいたものと把握しながらも、救助隊員120人を送って追加埋没者などの被害状況と事故原因を調査している。

また、事故現場周辺の他の古い3つの建物も追加崩壊の危険があると判断して避難命令を下した。

一方、この建物は1966年に建てられたものと把握された。

警察と消防当局は、近くで進行中のアパート新築工事が建物の崩壊に影響を及ぼしたのかどうかや、建物の老朽化によりガス爆発などの事故が起きた可能性など、正確な事故原因を調査する予定である。

http://news.nate.com/view/20180603n09095

続きを読む

【快資訊】日本と韓国の技術水準は同程度なのに「韓国企業の方がビジネスは上手」

1: ガラケー記者 ★ 2018/06/03(日) 15:43:15.15 ID:CAP_USER
 日中韓はアジアの経済をリードしている国として、お互いに比較されることが多いものだが、中国メディアの快資訊はこのほど、日本と韓国は同程度の科学技術力を持つ国同士だと主張する一方、韓国のほうが日本より「技術をお金に変えることができる」のはなぜなのかと問いかける記事を掲載した。

 記事は、日本と韓国の持つ技術力は世界有数であり、両国間でさほど大きな差はないと指摘する一方、市場で勢いを持っているのは韓国だと指摘。たとえば半導体の分野では、日本はかつて世界一と呼べるほどの存在になったこともあったが、近年は韓国に押されていると伝え、韓国は半導体の分野で頂点を狙い続けたサムスンがついに2017年に世界トップシェアを獲得したことを強調した。

 また、造船業の分野でも日韓両国を比較し、かつて造船大国だった日本は近年、中国と韓国によって市場シェアを奪われていると指摘したほか、スマートフォンの分野でも韓国は日本より圧倒的に強いと指摘。サムスンは殆どの部品を自国で生産する能力を持ち、世界規模で市場を獲得していると主張し、こうした韓国にと比べると、日本はスマホ分野では関連部品を各メーカーに提供するに留まっていると指摘した。

 こうした比較から記事は、「日本企業は技術力があるのに、それを生かし、シェアを獲得するのが下手」であると主張。日本は企業内の融通が利かず、活力や想像力に欠けるが、「韓国企業は絶えず戦略を調整し、損失が生じるとしても改革を厭わない姿勢を持っている」と指摘した。

 日本と韓国それぞれの経済動向は中国に多大な啓発を与えるものであるとし、将来の方向性や内部改革、また、継続した努力が必要なことを教えるものだとまとめている。
searchina
2018-06-03 15:12
http://news.searchina.net/id/1660542?page=1

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト