脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

技術

【露韓】 ロシアから衛星を打ち上げる韓国の計画が頓挫、多額の契約金がパーに?=韓国ネット 「外交力ゼロ」

1: 荒波φ ★ 2022/09/30(金) 11:01:45.84 ID:CAP_USER
※KBSの元記事(韓国語)
[単独] ‘ロシアで衛星発射'霧散…契約金数百億ウォン飛ばす危機?
https://news.kbs.co.kr/news/view.do?ncd=5566561

2022年9月28日、韓国・KBSによると、今年中に多目的実用衛星アリラン6号と次世代衛星2号を打ち上げるという韓国政府の計画が事実上中止となった。

韓国政府は昨年、地球観測用の次世代中型衛星1号をロシアのロケットで打ち上げた。今年後半には、性能を向上させた次世代中型衛星2号と多目的実用衛星アリラン6号をロシアのロケットを使って打ち上げる予定で、すでに性能検査を終えた状態だった。

ところが、ウクライナ戦争により戦略物資の輸出を遮断する対ロシア制裁に韓国も参加することとなり、ロシアのロケットを利用することができなくなったという。

韓国政府は昨年まで、当初の計画通りロシアのロケットを利用する方法に加えて代案も模索中だとの立場を示していたが、最近「ロシアから打ち上げることは不可能だ」との結論を出した。

代わりに米国や欧州などから衛星を打ち上げる案を推進することとし、来年度の予算案に代替打ち上げ費用473億ウォン(約43億9453万円)を反映させるよう国会に要請したという。

韓国政府関係者は「衛星は完成しているため、韓国の衛星が早く役割を果たせるようにすることが必要だ」と話している。

ただ、問題はロシアにすでに支払った契約金の返金が受けられない状況になっていることだと記事は指摘している。両国間の契約書には「戦争などの不可抗力的事由があれば契約を解除できる」との条項が含まれているという。

2つの衛星の打ち上げに支出した金額は約460億ウォンで、現地のテスト費用などを除くと契約金は数百億ウォンに上るとみられている。

韓国国会のイ・イニョン科学技術情報放送通信委員は「契約の際に、こうした予期せぬ出来事が発生した場合に備えて契約内容を調整し、未然に防止できる対策を立てる必要がある」と話したという。

韓国政府は契約金返還交渉を行う予定で、円滑に行われなかった場合は大韓商事仲裁院に仲裁審判を要請する考えを示したという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは

「外交力ゼロ」
「一体どんな契約を結んだのか。帰責事由のある方が費用を支払うべきなのに」
「尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権が実利外交を捨て、何も考えず米国に屈従しているからこんな惨事が起きるんだ」
「契約したのは文在寅(ムン・ジェイン)前政権だよね?」
「文前大統領がロシアの戦争資金まで支援してあげたということか」
「ロシアと契約したこと自体が間違い。ロシアや中国、イラン、北朝鮮とは取引しない方がいい」
「韓国の領土内で衛星を自主的に打ち上げられる技術が確保できたらな」

などの声が寄せられている。


2022年9月30日(金) 7時0分
https://www.recordchina.co.jp/b902031-s39-c100-d0191.html

続きを読む

【韓国調査】14の根幹技術で最高水準を持つ国 日本9 米国5 韓国0

1: 昆虫図鑑 ★ 2022/09/29(木) 11:14:13.36 ID:CAP_USER
(略)

この場合の「根幹技術」というのは、韓国の産業通商資源部が2021年に定義したもので、以下の14種を指しています。

<<6大産業根幹技術>>
鋳造
金型
焼成加工
溶接・接合
表面処理
熱処理
<<2021年に追加された根幹技術>>
射出・プレス
3Dプリント
精密加工
エンジニアリング設計
産業用インテリジェントソフトウェア
ロボット
センサー
産業用フィルム

計14産業根幹技術

アメリカ合衆国は、産業用インテリジェントソフトウェア、ロボット、センサーなど5つで世界最高水準、残りの9つは日本が最高であるとしています。

定義と調査結果にどこまで妥当性があるのかは不明ですが、調査結果は一応こうなっています。

根源技術の格差が開いている!という嘆き

ここからが興味深いのですが、日本から各国が何年遅れているのかを算定しており、

アメリカ合衆国:0.1年
欧州:0.2年
韓国:1.3年
中国:1.9年
となっています。日韓の根幹技術のレベル差が「1.3年」で済むであろうか――と思わされますが、こちらも一応そうなっています(そもそもどういう計算でこうなるのかが不明です)。

自虐的な調査結果ではありますが、「韓国の根幹技術はそこまで遅れているわけではない」と主張しているようにも見えます。

面白いのは、2021年の調査結果では「日韓の差:0.7年」であったのに、今回の2022年の結果では「1.3年」と差が拡大した――と嘆いていることです。

全文はソース
https://money1.jp/archives/90239

続きを読む

「国産化する」の“大嘘”…! 反日不買“大合唱”のウラで、韓国経済の「日本製品依存ぶり」が“ヤバいこと”になっていた…!

1: 昆虫図鑑 ★ 2022/09/15(木) 14:34:11.06 ID:CAP_USER
「日本に二度と負けない」と豪語していたが…

 コロナ禍の雰囲気も緩み、日韓を行き来できることを喜ぶ報道が多く出ている。

 そんな中、韓国政府は10月末までのノービザでの入国許可を発表、周りの日本人からも「やっと気軽に韓国へ行ける」との声が多いが、今後の日本人はしっかり意識しないと行けない。

 韓国は政治によって豹変する国だ、と。

 2019年8月、文在寅元大統領の「日本に2度と負けない」をスローガンに、韓国は反日、不買運動へと大きく移行した。

 スローガンを打ち出した数日後に地下鉄には「NO NO JAPAN」のステッカーが、地下鉄公社(国営)の少なくとも筆者が目撃した地下鉄2号線(ソウルの環状線)には貼られていた。あまりの酷さに日本大使館に連絡したことを覚えている。

 ソウル漢江を境にカンナムのほうはそれほどでも無かったが、漢江より北の中区から光化門までは反日、不買の垂れ幕が至る所で掲げられていた。

 また2015年の「慰安婦合意」に関しても文在寅は反日を扇動し「慰安婦合意破棄が民意」としながら破棄への動きが見られた。

 また第20代大統領候補だった李在明(イ・ジェミョン)氏は京畿道知事時代に戦犯企業ステッカーを制作、役所、学校と公共機関で日本ブランドのすべての事務機器にステッカーを貼る義務を押し付けた。

 セクハラ疑惑で自殺した元ソウル市長朴元淳(パク・ウォンスン)氏は、不買のためソウルに入る日本輸入食品に対し過剰な放射能検査をした。結果何も出てこなかったのは言うまでも無いが、声高々と検査を行い思った結果が出なかったことに関しては蚊の鳴くような声で報告した。

 その後はご存知の通り国一色が反日、不買という不毛な運動をした結果、現在の日韓関係にある。

「日本頼み」の現実

 そうした中で、日本が韓国をホワイト国から外し、輸入が難しくなったフッ化ポリイミド、レジスト、フッ化水をめぐっては、文在寅元大統領は「国産化する」と言い放っていた。

 が、現実には何もできていないということをご存じだろうか。

 フッ化水素の場合、日本からの輸入額は2019年7月に急減し2020年の輸入額は18年と比べて86%縮小した。ところが、2021年には前年比34%の増加に転じた。今年1~4月も前年同期比30%増加し、輸入額増加の傾向が続いている。

 フォトレジストは前年比2桁の伸びが続き、フッ化ポリイミドは輸入額がわずかに減少するにとどまった。

 ホワイト国から外されても、韓国メーカーは以前より時間はかかっても通常通り日本から輸入していることを知る韓国人は少ない。文在寅元大統領の「言った者勝ち」なスローガンに扇動され韓国民が騒いだウラで何が起きていたか。

 しっかりと現実を見なければ、その“反省”はいかされない。

https://news.yahoo.co.jp/articles/68cf4d76aaabbd676c7502aa4ec03b499e7acaeb

続きを読む

【韓国メディア】 素材・部品・装備の”脱日本”はあきらめた? 韓国政府が予算を大幅削、ネットには不満の声減

1: 荒波φ ★ 2022/09/10(土) 13:43:45.38 ID:CAP_USER
※ノーカットニュースの元記事(韓国語)
日輸出規制'後頭部'忘れたか…尹政府、「総長」予算を削減
https://www.nocutnews.co.kr/news/5815024
no title


2022年9月9日、韓国・ノーカットニュースは、尹錫悦(ユン・ソンニョル)政権が素材・部品・装備の予算を削減する考えを示したことについて「日本に輸出規制で不意打ちを食らった過去を忘れたのか」と批判した。

記事はまず「19年7月、日本が半導体素材3品目の対韓輸出規制を強化したことを受け、韓国では大々的な日本製品不買運動が行われた。当時韓国の素材・部品・装備産業は品質の面で日本にかなり後れを取っており、日本から韓国に輸出される物品のうち68%は素材・部品・装備品目で、この数字は中国の53%、米国や欧州の40%よりはるかに高かった」と説明している。

そこで韓国政府は20年、日本産の素材・部品・装備品目を韓国産に代替する内容の「素材・部品・装備特別法」を制定。これに基づき「素材・部品・装備特別会計」と「素材・部品・装備競争力強化委員会」が設置された。

素材・部品・装備特別会計は、素材・部品・装備の育成という特別な用途に指定された予算で、予算当局の予備妥当性調査も免除される予算。

当時の文在寅(ムン・ジェイン)政権は「素材・部品・装備の技術を向上させ、日本から独立する」と宣言し、24年までに10兆ウォン(約1兆円)を投入するなど強い意思を示していたという。

ところが、尹政権に入って「その意思が薄れている」と記事は指摘している。最近国会に提出した2023年度予算案で素材・部品・装備特別会計の予算は2兆3425億ウォンとなっており、前年より5.7%減少した。

特に中小ベンチャー企業部所管の素材・部品・装備予算は今年の3538億ウォンから来年は2183億ウォンに38%も削減されたという。

中小ベンチャー企業部は、日本の輸出規制後、素材・部品・装備企業の多くが中小企業であることから「素材・部品・装備の強小企業」100社を選抜して支援するなど素材・部品・装備産業の育成に力を注いできたという。

この記事を見た韓国のネットユーザーからは

「親日政権になってどんどん国が後退していく」
「尹政権は韓国より日本のことを考えている」
「絶対に日本を失望させない政権」
「国の競争力を落とそうとする大統領は初めてだ」
「世界が自国保護貿易に向かう中、ただでさえ資源の少ない韓国が素材・部品・装備で独立できなければ大変なことになる」
「無能は許せるが売国は許せない」

など、現政権への不満の声が続出している。


2022年9月10日(土) 8時0分
https://www.recordchina.co.jp/b900972-s39-c100-d0191.html

続きを読む

【石川】「韓国のルビーロマン」県産と同じDNA 国鑑定、苗木流出か 県、第三国の商標登録進める

1: 朝一から閉店までφ ★ 2022/09/07(水) 12:24:09.04 ID:CAP_USER
2022/9/3 05:00

石川県が開発した高級ブドウ「ルビーロマン」と称するブドウが韓国で流通している問題で、国のDNA鑑定の結果、県産と同じ遺伝…

https://www.hokkoku.co.jp/articles/-/842430

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト