脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

技術

【韓国】文大統領、英首相に「軽空母」言及…「技術協力拡大に希望」

1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/09/21(火) 22:51:16.43 ID:CAP_USER
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2021.09.21 11:12

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が20日(現地時間)、軽空母建造に関心を表した。

国連総会出席のため米ニューヨークを訪問中の文大統領はこの日、ジョンソン英首相との首脳会談で、軽空母事業に関連し「『クイーン・エリザベス』空母打撃群の訪韓が両国間の国防交流・協力強化に寄与した点を評価する。コロナ状況のため制限的に進行されたが、有益だったと考える」と述べた。

これは、ジョンソン首相の軽空母事業関連の発言に対する答弁で出てきた。文大統領は先月訪韓した英空母打撃群に言及した後、「現在進行中の両国海軍間の技術協力がさらに拡大する環境が形成されることを希望する」と話した。

軽空母の導入は文大統領の公約だ。政府は昨年、今年の予算に101億ウォン(約9億3400万円)の研究・開発費用を要請したが、野党の反対などで1億ウォンを除いた100億ウォンが削減された。軍当局は来年度予算案にまた軽空母関連費用72億ウォンを要請した。

軍当局は垂直離着陸戦闘機を運用する軽空母を2030年代初期までに実戦配備することを検討している。こうした状況で英国政府が先月31日に訪韓した空母「クイーン・エリザベス」(6万5000トン級)でF-35Bの垂直離着陸など試験飛行状況を韓国メディアに公開し、英国が韓国政府と構想している軽空母導入計画に積極的な意思を見せているという分析も出てきた。

大型原子力空母を主に運用する米国とは違い、英国は中型級(4万~7万トン級)以下のディーゼル基盤の空母を運用している。韓国は現在のところ原子力基盤の艦艇の製作が不可能であり、英国の空母はベンチマーキングの対象に挙がってきた。

またジョンソン首相は、米国・英国・オーストラリアが参加して中国を封鎖する概念の外交安保3カ国協議体「AUKUS(オーカス)」の創設に関連し、「AUKUSは域内でいかなる問題も起こさない」と強調した。これに対し文大統領は「(米英豪)3カ国パートナーシップのAUKUSが域内の平和と繁栄に寄与することを望む」と答えた。

しかし米国は最近、AUKUSの創設と共にオーストラリアに原子力潜水艦の開発と保有を支援することにした。米国が原子力潜水艦技術の移転を決めたのは1958年(英国)以来63年ぶり。このために外交関係者らは、原子力潜水艦を保有する中国を牽制するためのもう一つの同盟体という分析を出している。

     ===== 後略 =====
全文は下記URLで

https://japanese.joins.com/JArticle/283150

続きを読む

【経済】 「ついに日本企業がサムスンのまねをし始めた」と韓国メディアが指摘=韓国ネット「日本も落ちぶれたね」

1: 朝一から閉店までφ ★ 2021/09/20(月) 18:28:38.40 ID:CAP_USER
Record China 2021年9月17日(金) 13時20分

2021年9月17日、韓国・ヘラルド経済は「日本市場はサムスンのスマートフォンにひときわ冷ややかな反応を見せてきたが、フォルダブルフォン(折り畳みスマホ)に関してはサムスンのまねをせざるを得ない状況だ」と伝えた。

記事によると、富士フイルムが米国特許商標庁(USPTO)に特許を出願したフォルダブルフォン関連技術が最近、公開された。

これに関して記事は「グラフィックデザイナーが特許を基に制作したレンダリング画像を見ると、サムスンのフォルダブルフォン『Galaxy Fold』シリーズとそっくりだ」「海外メディアも『折り畳む角度によってインターフェースが変更される機能がサムスンのフレックス(Flex)モードと似ている』と評価している」
「大画面でアプリケーションを起動した後にスマホを折り畳むと前面画面にアプリが表示される機能もサムスンと同じ」などと指摘している。その上で「サムスンがフォルダブルフォン市場の主導権を握っているため、中国企業に続いて日本企業もサムスンのまねをし始めたようだ」と分析している。

また、「日本のスマホ市場はサムスンが唯一苦戦する市場で、韓国製品の認知度が非常に低いためにスマホ本体からサムスンのロゴが消されるほど」と説明し、「ただしフォルダブルフォンに関しては、サムスンを代替する製品がまだ登場していないため雰囲気が異なる。サムスンが10月に発売するフォルダブルフォンでプライドを取り戻せるか注目される」とも伝えている。

これを見た韓国のネットユーザーからは「サムスンが誇らしい」「独自の技術を作り上げたサムスンの開発者たちに感謝」「これからも研究開発を続け、世界市場をリードしていってほしい」などサムスンへの称賛の声が続出している。

日本に対しては「日本人がサムスン製品を使わないのはプライドのため」「日本人も心のなかではサムスン製品の良さを認めているはず」「表では批判し、裏でこっそりまねするというのは日本人に限ったことではなく、人間の特性。うまくいっているものに対する嫉妬」と指摘する声や、「日本も落ちぶれたもんだね」「日本製品のデザインや機能は90年代のまま」と厳しい声が上がっている。(翻訳・編集/堂本)

https://www.recordchina.co.jp/b882516-s25-c20-d0191.html

続きを読む

【開けれるニダ】現代自動車「ジェネシスGV60」、顔でドアを開けて指紋でエンジン始動 顔認識機能を搭載

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/09/17(金) 19:28:34.16 ID:CAP_USER
 現代自動車のプレミアムブランド「ジェネシス」は16日、電気自動車GV60に顔認識車両制御機能「フェイス・コネクト」技術を初めて適用すると発表した。車に顔を向ければドアが開き、車内で指紋によってエンジンをかけられる。車のキーがなかったりデジタルキーを内蔵したスマートフォンが使えなかったりするときも、生体情報だけで車を運転できる時代の幕開けだ。

 ジェネシスがGV60に適用する「フェイス・コネクト」は、ドライバーの顔を認識して自動車のドアをロックもしくはアンロックしてくれる。同時に、ユーザーが誰なのかを判断して▲運転席および運転台の位置▲ヘッドアップディスプレイ(HUD)▲サイドミラー▲インフォテイメント設定-などをドライバーに合わせて調整してくれる。

 近赤外線(NIR)カメラを搭載し、悪天候や夜間といった暗い状況でも昼間と同等の認識性能を確保した。ディープ・ラーニングに基づいた映像認識技術を活用し、事前登録された顔なのかどうかを明確に判断する。スマートキーを車内に置いたままドアをロックすることも可能だ。車から降りた後、キーを持ち歩かなくてもいいということだ。

 フェイス・コネクトには最大2人の顔登録が可能。登録された顔の情報は車内で暗号化して安全に保存され、流出の危険はなく、いつでも削除できる。

 またGV60には、既に開発済みでGV70から適用していた「指紋認証システム」も搭載されており、指紋認識によってエンジン始動と走行が可能になる。

柳井(リュ・ジョン)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2021/09/17 18:59
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/09/17/2021091780092.html

http://www.chosunonline.com/svc/zoomin.html?contid=2021091780092&no=0

続きを読む

【世界7大宇宙強国】小型衛星搭載の固体燃料ロケット 24年に打ち上げへ=韓国政府

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/09/16(木) 14:21:31.23 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国国防部と科学技術情報通信部は16日、共同報道資料を出し、韓国の独自技術で開発した固体燃料エンジンを搭載したロケットを2024年ごろに打ち上げる計画を発表した。

 このロケットは朝鮮半島地域を偵察する小型偵察衛星を搭載する予定で、政府はこれで独自の宇宙技術を有する「世界7大宇宙強国」へ飛躍するとの目標を掲げている。

 国防科学研究所(ADD)は7月29日、小型・超小型衛星打ち上げロケット用の固体燃料エンジンの燃焼実験に成功した。

 この固体燃料エンジンの性能は、来月に初の打ち上げを予定する韓国型ロケット「ヌリ」の液体燃料エンジン1基と推進力が同級(75トン級)とされる。この固体燃料エンジンを用いた2段式ロケットが2024年ごろ完成する予定だ。

 これは5月の韓米首脳会談を機に韓米ミサイル指針が撤廃され、ロケットの射程や重量を大幅に増やせる固体ロケットエンジン開発が可能になった結果だ。

 韓国政府は「液体燃料ロケット『ヌリ』の開発で確保した技術とあわせ、固体燃料ロケット技術を短期間に確保することで7大宇宙強国に一歩近付けるだろう」と説明した。現在は米国、中国、ロシア、欧州、日本、インドの6カ国・地域が宇宙強国に挙げられるという。

 国防部は、小型ロケットの開発技術を民間にも移転する計画だ。

 民間企業主導で固体エンジンロケットの製作と衛星打ち上げが実現するよう、技術支援も進めることを決めた。

 科学技術情報通信部は、民間企業が開発中の小型ロケット打ち上げを支援するため、南部の全羅南道・高興の羅老宇宙センター内に新規発射場や発射台、追跡システムなどを構築する計画だ。

 また、来月のヌリの打ち上げと固体燃料エンジンの燃焼実験成功を機に宇宙産業育成のための宇宙開発振興法を改正し、宇宙産業関連で産学研が相互連携・発展できるよう、宇宙産業クラスター指定なども推進する。

聯合ニュース 2021.09.16 11:57
https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20210916001500882?section=politics/index

【蔡英文総統】 北部・新竹市の国家宇宙センターを視察 台湾宇宙産業の世界市場進出に意欲 自主開発できる台湾の実力を示す [9/14] [右大臣・大ちゃん之弼★]
http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1631624704/

続きを読む

【韓国紙】EVの技術、日本が世界一で中韓を圧倒 特許競争力上位50社 日本21社、韓国5社、中国2社 ネチズン激怒

1: 動物園φ ★ 2021/09/02(木) 14:22:18.68 ID:CAP_USER
9月2日 聯合ニュース

日本企業が電気自動車(EV)の販売では遅れているが、技術ではトップの座に上がっているという分析が出た。

日本経済新聞(日経)が特許調査会社「パテントリザルト」と今年7月現在、米国で出願されたEV関連の特許を分析して2日に報道した内容によると、競合他社が同様の特許に引用された回数と審判が提起された回数などを点数化した技術の重要度の評価で上位50社のうち42%(21ヶ所)を日本の自動車メーカーと部品大手が占めた。

EV関連特許には、モーターとバッテリーなど自動車部品はもちろん、充電設備などのインフラ技術も含まれる。

この評価で首位は8363点を得たトヨタが占め、ホンダが3849点で3位にランクされた。

米国企業では、2位のフォードなど13社が50位以内に入り、国別の競争で米国が日本に大きく遅れをとった。

韓国とドイツの企業はそれぞれ5社ずつが50位以内に入り、中国企業で50位以内に含まれているのは、32位の比亜迪(BYD)など2社だけだった。

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト