脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

反応

【韓国】 真の脱日本を決断する時~原爆ドームを訪れる西洋人は問題の本質を分かっているのか

1: 蚯蚓φ ★ 2019/08/23(金) 16:04:26.26 ID:CAP_USER
no title


偶然の機会に二編の映画を見た。
(中略:映画"Hidden Figures"と"Green Book"の紹介)

先月、夏の雨が強く降った日、世界遺産の「原爆ドーム」の保存管理実態を調査するため研究室の学生たちと広島を訪れた。そこで会った原爆ドーム周辺にあふれる金髪の西洋人らの存在は私達を当惑させた。彼らは何を考えて広島を訪れたのだろうか?1泊2日の間、私たちが歩いた動線は彼らの動線とほぼ一致し、疑問を感じ始めた。彼らは何のためにここまできたのだろうか?誰を追悼しているのだろうか?問題の本質を正しく知っているのだろうか?

広島平和公園と原爆死亡者追悼平和記念館のあちこちで見た深刻な彼らの表情の中に世界征服という妄想で起こした侵略戦争の加害者が被害者に逆転し、また、もしかして蛮行の主体が消えるかもしれないと心配だった。公園の片方すみに位置する韓国人原爆犠牲者慰霊碑の前でわずかな権利も持てないまま被害者としてだけ生きて死んだ3万以上の先祖の恨を抱いた叫びに胸が痛んだ。

アベが主導する歴史修正主義の証拠は様々な局面に現れる。最も明確な証拠は強制動員と日本軍慰安婦問題にあらわれる。2015年世界遺産登録された「明治産業革命遺産」の1カ所である軍艦島。強制動員で私たちには恨が極に達した廃虚の海底炭鉱であるものを、アベ政府は4年で特別な国際観光地に加工してしまった。さらに産業施設ではなかったのに明治産業革命遺産に含まれた不思議な遺産の「松下村塾」を活用したもう一つの陰謀を進めている。
(中略:松下村塾の説明など)

昨今の状況に追いこんできたアベ政府の判断の根底には、死や障害または各種後遺症で生き残った犠牲者たちの人権は無視したまま密室で合意した対日請求権がある。また、過去70年余りの間、明治と昭和天皇時代に帝国主義侵略野心で犯したあらゆる蛮行の歴史を美化・わい曲して自国民に教えてきた偽りの歴史をさらに強く不正で隠そうとする傲慢がかくれている。

だから今が重要なのだ。政治力に押されて再び適当にごまかして終わらせれば、自国の先祖の悪辣な蛮行を記憶さえできない日本人の前で私たちは何も主張できないだろう。彼らの加害が植民という名前で正当化され、それを越えて彼らが被害者と認識される可能性があることを私たちは徹底的に警戒すべきだ。

強力な決断が必要な時だ。日本NO国民運動でさらに数歩進まなければならない。正義と公議の時代精神で徹底的に武装し、日本に勝てる義に徹して充実した能力を育て、全国民と国際社会の共感と支援を引き出せる信頼探しに超集中しなければならない。

今この時間は真の脱日本の名分を確立し、実践する明白なゴールデンタイムだ。

カン・ドンジン慶星(キョンソン)大都市工学科教授
no title


ソース:国際新聞(韓国語)<[江東(カンドン)陣コラム]真の脱日本を決断する時>
http://www.kookje.co.kr/news2011/asp/newsbody.asp?code=1700&key=20190823.22026009363

続きを読む

【中央日報】 1905年の東京、2019年の東京 (過去、現在の韓国の孤立を言いたい内容です)

1: 荒波φ ★ 2019/06/07(金) 09:20:30.59 ID:CAP_USER
「令和」で新時代を開いた日本列島は活力にあふれている。息を吹き返したのは経済だけではない。世界の耳目を集める安倍首相の華やかな外交術は萎縮していた国民の気持ちを鼓舞している。トランプ大統領の3泊4日の国賓訪問に続き、今月末に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)、そして2020東京オリンピック(五輪)…。

東京で三晩を過ごしたトランプ大統領の異例のスケジュールは「失われた20年」で崩れたこの国の国民の自負心を再び奮い立たせている。安倍首相とゴルフ→相撲の競技観覧→徳仁天皇夫婦と皇宮晩さん→首脳会談→海上自衛隊基地訪問は質的に変わった日米関係を含蓄している。ある知韓派は「時代が変わり、同時に国際社会で日本の地位が変わっているという自負心が日本国民の間に広がっている」と伝えた。

日本経済新聞はトランプ大統領当選者時期を含めて安倍首相と合計11回、25時間45分間会談したとし、両首脳の密着ぶりを報じた。

韓国が排除された日米の癒着は危険の兆候だ。過去の歴史がそれを見せている。日帝に国を奪われた100余年前、韓国は「国際孤児」だった。日本は高度な外交術で中国・米国・英国・ロシアをうまく料理して、韓半島から一つずつ手を引かせた。韓国を国際社会から孤立させて強大国の外交的介入を封じ込めたのだ。桂・タフト密約がその決定版だ。

1905年7月、ルーズベルト大統領の特使としてフィリピンに向かったタフト(陸軍長官)は東京に立ち寄って桂太郎(内閣総理大臣)と密談する。公式外交文書も、協定もない秘密対話にすぎないが、韓半島(朝鮮半島)植民統治の端緒になった歴史的事件だった。「日本が米国のフィリピン支配を認める代わりに、米国も日本の韓半島支配を承認する」。

後日、米国歴史学者タイラーが発見して世の中に知らせていなかったら、永遠に歴史の中の謎として残ることになったかもしれない秘密対話録、その内容があきれる。日本のロシア侵略に懸念を表したタフトに、桂はこのように言う。「東アジアの平和を守るには大韓帝国がロシアのような外勢を引き込まないようにしなければならない。日本がロシアと戦争を行ったことは平和を守るためのものであって(米国支配下にあった)フィリピンを叩こうとしたわけではない」。

米国を安心させた桂は英国(8月、第二次日英同盟)、ロシア(9月、ポーツマス条約)と相次いで条約を結び、日本の韓半島支配権を確保する。同年11月17日、大韓帝国の外交権を剥奪する乙巳勒約(第二次日韓協約)を強制締結して、5年後の1910年8月29日には主権を完全に剥奪する。銃一つ撃たないで、韓半島を飲み込んでしまったのだ。「外交は銃声のない戦争」という比喩がぴったりのケースだ。

東京から見た韓国外交にはがっかりせざるをえない。懸念を越えて危険水位に向かっているようで、ヒヤヒヤする。55年間の伝統友好国である韓国は、東京に4日も滞在したトランプ大統領の訪韓をついに成功させることができなかった。むしろトランプは「条件つけずに金正恩(キム・ジョンウン)と会いたい」という安倍を支援し、日本をアジア政策の核心軸とするという意志を明確にした。

米国大統領としては初めて、航空母艦に改造可能な「いずも」級護衛艦「かが」に乗艦し、強固な日米同盟を誇示した。中国の「一帯一路」に対応するために出した「インド太平洋戦略」強化次元で、日米印間の3カ国首脳会談を開催するといったが、韓日首脳会談に対しては確答をしていない。

強制徴用被害者の賠償問題も出口が見えない。東京で会った人々は、一様に韓国を法と約束を守らない国だとこきおろす。「できることなら韓国と最初から取り引きしないでいられないか、というのが最近の日本の人々の率直な心情」という日本記者の話が肺腑を衝く。

韓国政府は黙殺無返答だ。国際社会の不信が深まっているにもかかわらずお気楽そのものだ。政府が消極的なら執権与党でも先頭に立とうとするはずだが、一肌脱ごうという勇気のある政治家も見られない。政界は外交機密漏洩をめぐって与野党間相互告訴・告発戦だけに気を取られている。与野を離れて国益のために知恵を絞り出そうという提案も、論争も蒸発してしまった。知日派を自任した政治家たちでさえ、どうしたことか口を閉ざしている。

110年前、国際情勢に暗かった大韓帝国は「強要された孤立」で国を失った。なのに、先進国への仲間入りを目前にしている中堅国家の大韓民国が、孤立無援の境遇を自ら招いているのはどうしてなのか。異国の地で感じる外交の不在がこれ以上なく物悲しい。


2019年06月07日07時32分 [中央日報/中央日報日本語版]
https://japanese.joins.com/article/189/254189.html?servcode=100&sectcode=140

続きを読む

【阿比留瑠比の極言御免】 韓国を冷静に突き放す10億円~「お人よしの善意」ではなく、道徳的優位に立った外交できる

1: 蚯蚓φ ★@無断転載は禁止 2016/08/01(月) 01:25:15.02 ID:CAP_USER
 昨年12月の日韓合意に基づき、韓国政府が28日に設立する元慰安婦の支援財団に対し、日本政府が近く10億円を拠出する運びとなっていることに、主に保守派から異論や批判が噴出している。いわく「お人よしすぎる」「また韓国にただ取りされる」「善意は通用しない」…などの意見である。そうした懸念が表明されるのも当然だろう。

 自民党側からも、6月1日の外交・経済連携本部などの会合では、ソウルの日本大使館前に不法に建てられた慰安婦像の撤去前に、10億円を出すことへの疑問や不満の声が相次いだ。

 日韓合意履行に向けて、韓国側にさしたる動きが見えないのに、日本側ばかりがことを進めることに不安を覚えるのも、これまたごく自然なことである。

 ただ、その気持ちはよく分かるものの、筆者の見解は異なる。安倍晋三内閣はお人よしの善意に基づいて10億円を拠出しようとしているのではなく、むしろ、冷静に韓国を突き放そうという狙いがあるからこそ、さっさと10億円を韓国側に渡してしまおうとしているのではないか。

 筆者は月刊「正論」3月号での現代史家の秦郁彦氏との対談で、日韓合意の意義について「日韓間の政治問題だった慰安婦問題が、日韓合意によって韓国の国内問題になったことだ」と述べ、こう続けた。

 「合意によってこれで例えば韓国が国内の(韓国挺身隊問題対策協議会などの)反対勢力の説得に失敗しようが、新しく立ち上がるはずの基金(財団)が頓挫しようが、もうそれは全て韓国の問題なのです」

 この見方は現在も変わらない。一方、インターネット上などでは韓国政府が設立する財団がかつてのアジア女性基金の二の舞になり、カネを食うだけで問題解決にはつながらず、失敗に終わるのではないかという危惧も示されている。

 だが、今回の財団は以前の基金とはまるで性質が違う。アジア女性基金は日本側が日本国内でつくったものだが、今度は韓国側が韓国内に設置するのであり、その成否や運営に責任を持たざるを得ないのは、あくまで韓国政府なのである。

 それでは、日本大使館前の目障りな慰安婦像はどうなのか。確かに日韓合意ではこの点に関して、「関係団体(挺対協など)との協議を行う等を通じ、適切に解決されるよう努力する」と明示されている。

 とはいえ、政権基盤が弱体化している朴(パク)槿恵(クネ)政権が韓国政府の政策に「拒否権を持つ」(元韓国外務省幹部)とまでいわれた圧力団体、挺対協をそう簡単に説得できるとは、日本側もはなから思ってはいまい。

 本当に慰安婦像の撤去・移転が実現すれば歓迎するが、現状の韓国政府の不作為にしても、日本側にとっては当初から半ば織り込み済みのことだろう。それならばこっちは素早く10億円を拠出してしまい、あとは韓国側の合意不履行を責めて、道徳的優位に立った外交を行えばよかろう。

 日韓合意があるにもかかわらず、公館の威厳の侵害を禁止した国際法(ウィーン条約)に抵触する慰安婦像を放置し続ける韓国のありようを、国際会議などの場で取り上げるのもいい。

 特定非営利活動法人「言論NPO」などの発表によると、日韓合意を「評価する」人は日本では47.9%なのに対し、韓国では28.1%にとどまっている。韓国側がより多く不満に感じてることが、この合意の持つ意味を表していよう。

(論説委員兼政治部編集委員)

ソース:産経ビズ<韓国を冷静に突き放す10億円 「お人よしの善意」ではなく、むしろ…>
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/160731/mca1607311702002-n1.htm

関連スレ:【慰安婦合意】 10億円払って「道徳的優位」を云々する日本~その浅はかな表現に日本外交の退行が見える[07/29]
http://mint.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1469801793/

続きを読む

【韓国の反応】博物館天国日本に行く

1 :2016/1/10(日)
1
<アンカーコメント>

寄生虫、食肉、塩、宝くじ....共通点は全くなさそうですか。ところがあります。

すべて博物館テーマです。この異色博物館は、実際に東京にあるります。日本全体で見れば、博物館が4千4百余ヶ所にもなります。

日本の人口を博物館数で割ると、2万7千人余りに1ヵ所の割合だが、韓国で考えれば、同毎博物館が一つずつあるわけです。

日本にはなぜこんなに博物館が多いのでしょうか。イ・ジェホ特派員が背景を調べました。

続きを読む

【韓国の反応】ミャンマー人「韓国のような自由な国家がロールモデル」

1 :2016/1/6(水)
日本の芸能番組「世界の秘密を一目で!財布調査」

001
002
3
4
5
6
7
8
9


翻訳元: http://www.ilbe.com/7256460840
続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト