脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

分析

【ソウル新聞】日本、輸出規制の『最後通牒』も無視・・・韓国、WTOに提訴の手続きをする見通し

1: 【ぴょん吉】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2020/06/01(月) 06:59:00.74 ID:CAP_USER
┃日本、5月31日も公式回答なし
┃韓国、WTOに1審裁判を要請する見通し
┃産業部、「状況を合わせて対応」と少なめに回答

(安倍晋三首相)
no title

_______________________________________________________

日本が我が(韓国)政府の輸出規制関連の最後通牒に対し、最後まで沈黙で一貫した。産業通商資源部は日本側に対し、輸出問題の解決策と立場を5月末まで明らかにするよう要求したが、31日まで公式の回答は得られなかった。このため我が政府は世界貿易機関(WTO)に提訴手続きを取り、日本に圧力をかける見通しである。

これに先立ち我が政府は5月12日、日本側に半導体やディスプレイの核心素材である極端紫外線(EUV)用のフォトレジスト、フッ素化ポリイミド、高純度フッ化水素などの3品目に対する問題の解決策を5月末までに示すように求めた。日本が提示した輸出規制の理由である韓日政策対話の中断、通常兵器キャッチオール(全ての品目)の規制不備、輸出管理体制・人員の脆弱など、3種を全て解消したため原状回復が必要であるという理由からだ。

しかし、日本の反応は芳しくなかった。日本政府は定例記者会見を通じ、「輸出管理は、(日本)当局が国内企業や輸出相手国の輸出管理などを総合的に評価して運用して行くという方針だと聞いている」と述べるにとどめた。韓国の要求とは関係なく、自国の政策基調に歩調を合わせて輸出規制問題を解決するという意味に解釈され、実際に日本は最後まで公式返答を出さなかった。

専門家は、『予想されたシナリオ』という分析を出した。日本政府が回答しても、我が政府が期待する水準には及ばなかったということである。仁荷(インハ)大学校・国際通商学科のチョン・インギョ教授は、「名分として3つの理由を掲げたが、今回の輸出規制が始まった本当の原因は我が国の大法院(最高裁)の日帝強制徴用賠償判決だ」と言いながら、「根本的な問題が解消されない限り、日本の立場としては回答する理由がない」と話した。

日本が沈黙を選択したことで、今後の我が政府の対応戦略にも関心が集まっている。ひとまずWTOへの提訴の手続きを再開する可能性が高い。先立って我が政府は昨年11月22日に韓日軍事情報保護協定(GSOMIA)の終了を先延ばしにし、WTOへの提訴の手続きも停止した。我が政府が1審裁判に相当するパネル設置要請書をWTOに提出すれば、本格的な手続きに入る。GSOMIA中断カードを再び取り出すこともできるのだが、今すぐ実現する可能性は低いという分析が出ている。チョン教授は、「GSOMIAは米アメリカの要求で作られた体制であるため、中断を選択するのは容易ではない」と話した。

産業部の関係者は、「様々な状況を総合して対応して行く」と少なめに答えた。 産業部は対話チャンネルを開いておくなど、最後まで慎重な立場を見せた。

ソース:ソウル新聞(韓国語)
https://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20200601008005&

続きを読む

【聯合ニュース】 韓国のG7参加は「両刃の剣」 日本難色で実現困難?

1: 荒波φ ★ 2020/05/31(日) 16:11:39.18 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】

トランプ米大統領が主要7カ国(G7)首脳会議(サミット)に韓国とオーストラリア、インド、ロシアを加える意向を示したことは、韓国にとって歓迎すべきことだ。

ただ、サミットの新たな枠組みが「反中国戦線」として使われれば、経済面や北朝鮮問題で中国の影響を大きく受ける韓国が難しい立場に陥りかねない。

G7は毎年、各国の持ち回りで開かれている。今年の議長国は米国で、トランプ氏は来月下旬に対面式での開催を目指していたが、新型コロナウイルスが収束していないほかメルケル独首相が招待に応じない意向を示したことで困難になった。

そこで、トランプ氏は9月に延期する意向を明らかにするとともに、韓国を含む4カ国を招きたいと述べた。

トランプ氏の意向が報じられた31日、韓国の外交当局者は「議長国の米国は韓国を招くことができるが、まだ招待や説明を受けていない」と伝えた。韓国青瓦台(大統領府)高官も「今後、米国側と協議する必要がある」と述べるにとどめた。

韓国は2008年に日本で開催されたG8サミット(当時はロシア含む)にオーストラリアとともに招かれ出席したことがある。

今年出席することになれば、新型コロナウイルスへの対応で世界から高い評価を受ける韓国の地位が向上したことが改めて示される舞台になり、国際的な影響力にもプラスとなる。

韓国政府はサミット参加が一過性のものでなく、トランプ氏が新たに「G11」を創設する意思があるかどうかに注目している。

主要20カ国・地域(G20)に入っている韓国が正式にG11の一員になれば、国際的な懸案でこれまでよりも主導的な役割を果たすことができるためだ。

一方で、トランプ氏がG11を対中けん制の手段として使おうとするなら、韓国にとっては大きな負担となる。

中国は2016年の在韓米軍へのTHAAD配備決定に反発して中国国内で韓流コンテンツ禁止や韓国へのツアー販売中止などの措置を取った。韓国はその時の甚大な経済被害を忘れていない。

そもそも韓国がG7に加入するハードルは低くない。拡大には全加盟国の同意が必要で、徴用訴訟問題などで韓国との間が冷え込んでいる日本の同意を期待することは難しいとみられる。


2020.05.31 14:50
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200531000600882?section=news

続きを読む

【朝鮮日報/コラム】「寄生族」たち

1: 新種のホケモン ★ 2020/05/31(日) 13:11:54.05 ID:CAP_USER
正義・公正を叫びながら他人の分け前を横取りし、より大きな権力を握ろうと国民の税金にまでストローを差す「左派パラサイト」があまりにも多い

▲朴正薫・論説室長

 現在、裁判を通して「再放送」されているチョ・グク元法相夫妻の行脚を見ていて、映画『パラサイト 半地下の家族』を思い出した。映画でソン・ガンホが演じた「ギテク」の息子・娘は、家庭教師の仕事を手に入れようとして在学証明書を偽造する。チョ・グク夫妻は、計18件の文書を偽造した罪で起訴された。各種のインターン確認書や表彰状、ボランティア証明書などを偽造したという証拠や証言が、裁判で続々と公開されている。チョ・グク元法相の妻のチョン・ギョンシム教授が総長の職印の印影を切り抜いてニセの表彰状を作ったのは、ギテクの娘がフォトショップで職印をくっつけたのとそっくりだ。ギテクの子どもたちは、偽造証明書で丘の上の「パク社長」宅に入り込み、チョ・グク夫妻の子どもたちは、偽造文書で大学・大学院に入った疑いが持たれている。

 それでもギテクの息子は、「お父さん、僕はこれが犯罪だとは思ってないよ」と、堂々としていた。「来年には必ずこの学校に入るんだから」という理由で。チョ・グク夫妻も、一切の嫌疑を否認している。全ては「検察改革妨害勢力の陰謀」だから。自己合理化の催眠が「パラサイト」たちの罪の意識をなくしている。



善悪の構図と背景は異なるが、劇中のギテク家と現実のチョ・グク一家は並行世界のように見える。ポン・ジュノ監督はまるでチョ・グク問題を予見していたかのようだ、という声まで上がった。
 『パラサイト 半地下の家族』は、韓国社会の構造的不平等を描いた陰鬱(いんうつ)なブラックパロディーだ。到底越えられない階級の障壁の前で、ギテクの家族は金持ちに寄生する暮らしを選ぶ。現実世界には、また別の形の「イデオロギー型パラサイト」たちが存在する。口では正義や公正を独占しながら、他人の分け前にたかって利益を横取りする左派偽善者があふれかえっている。ギテク家は食べていくのがつらくてパラサイトになったが、左派寄生族は他人に勝ってもっと大きな権力を握るためパラサイトとして行動する。

 先の総選挙で韓国人は、国民の税金にストローを差して吸い上げる政治権力の実像を生々しく目撃した。ありとあらゆる名目を付けて現金をばらまき、妥当性の調査すら免除して数十兆ウォン(10兆ウォン=現在のレートで約8683億円。以下同じ)規模の地域陳情を解決してやった。



選挙の2日前に「児童手当」という名目で1兆ウォン(約868億円)分の商品券をまき散らし、「選挙に勝ったら全国民に災害支援金を支給したい」と、露骨な買票に出た。国民のためであるかのように振る舞っていたが、そのカネは全て国民が払った税金から出る。国民のカネで選挙運動を行い、有権者の税金で党派的利益を得たのだ。
 学生運動出身のある人物は、4年前の総選挙で落選した後、自分の選挙区にある公共機関の理事長に「落下傘任命」された。この人物は、任期中ずっと「機関のカネで選挙運動をしている」と物議を醸していた。選挙区の住民を招いて行事を開き、自分の名前入りの垂れ幕を掲げたかと思えば、高齢者が集まる施設に理事長名義の商品券をばらまいた。ありとあらゆる方法で自己PRしておいて、総選挙直前に任期半ばで理事長を辞任し、選挙に出て当選した。このように、法人カードで接待し、慶弔費を使う「落下傘パラサイト」があちこちの公企業で陣を敷いている。「脱原発寄生族」もいる。政権の保護を受けている586世代(60年代生まれで80年代に大学へ通った50代)の学生運動出身者らが、脱原発政策に寄生して太陽光の利権を独り占めしている。



朝鮮日報日本語版 2020/05/31 10:24

続きを読む

【話題】 日本の韓国への輸出管理強化は、日本に対する「ブーメラン」になったのか=中国報道

1: 荒波φ ★ 2020/05/30(土) 11:16:32.23 ID:CAP_USER
日本が2019年7月、韓国に対して半導体材料の輸出管理を強化したことで、韓国は「脱日本」を目指して国産化に取り組んできた。

では、日本の輸出管理強化は「ブーメラン」となって日本にかえってきているのだろうか。中国メディアの快科技は25日、日本は韓国の反撃に直面しているのか分析する記事を掲載した。

記事はまず、19年の輸出制限で韓国の日本依存が明らかになったと紹介。やむを得ず国産化を急いだ形になったにしても、韓国では日本依存を脱する絶好の機会になったとの見方があると伝えている。

事実、LGディスプレイは、これまで日本から高純度フッ化水素(エッチングガス)を輸入してきたが、19年10月にはフッ化水素の国産化を完了したと報じられた。

一方の韓国に輸出していた日本企業はこの1年間の利益が18%減となったという。

とはいえ、現時点では韓国製が日本製の代わりになるかというとそうもいかないようだ。

記事は、「100%韓国製かと言えば、それは誇大表現になる」と指摘。韓国で加工しているものの「肝心の材料は日本製」だからだという。

では、なぜ韓国では高い技術の求められる材料や部品の国内生産がなかなかできないのだろうか。

記事は日本製が「品質、価格、納期」の3つで優位に立っているのに対し、韓国企業にはいまだに乗り越えられない技術的な壁があるためだと指摘している。

そのため、脱日本の方向性は決まっているものの、現時点では満足のいく国産品ができるまではリスクを抱えつつも日本製品を使わざるを得ないと伝えた。

一見すると、日本は韓国の脱日本に苦しめられているよう見えるが、それはディスプレイ生産に使用する純度の低いフッ化水素の国産化に韓国企業が成功しただけであって、半導体に使用するフッ化水素は高い純度が必要であり、極めて高い技術が求められるため、韓国での国産化は容易なことではないだろう。

やはり半導体分野では韓国の日本依存がまだまだ続くのかもしれない。


2020-05-29 15:12
http://news.searchina.net/id/1689830?page=1

関連スレ
【日韓】 日本の “対韓輸出規制” の返答期限迫る…沈黙の日本に韓国政府 「状況見守る」★2 [05/30]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1590802477/

続きを読む

【中央日報】 日本の 「外国人の旅費半額補助」 報道、誤報と判明…日本居住者支援

1: 荒波φ ★ 2020/05/28(木) 13:34:06.20 ID:CAP_USER
日本の観光庁が、外国人観光客に旅費の半額を支援するキャンペーンを検討中とする報道について「誤認」と説明した。

日本政府は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により打撃を受けた日本国内の観光産業と飲食産業のために「Go Toトラベル事業(仮称)」を検討中だ。

日本国内居住者に日本国内旅行時の宿泊費を支援するキャンペーンだ。同事業には総1兆7000億円規模の予算が投入される見通しだ。

ところが、一部の海外メディアで外国人観光客も同キャンペーンで旅費の支援を受けることができると報じた。

これに対し観光庁は「一部報道関係機関において発信されている、『日本政府は、外国人旅行者に日本を訪れて頂くため、旅行費の半額を支援するキャンペーンを検討している」旨の報道について、事実誤認に基づく内容が含まれている」と発表した。

続けて「正確には、日本政府として検討しているGo Toトラベル事業(仮称)は、日本国内での旅行需要喚起のため、日本国内居住者を想定し、『日本国内における宿泊旅行の費用等を支援するキャンペーン』を実施しようとするもの」と説明した。


中央日報日本語版 2020.05.28 13:25
https://japanese.joins.com/JArticle/266440?servcode=A00&sectcode=A00

関連スレ
【中央日報】 「海外旅行が可能になれば行きたい」  韓国人が行きたがる国ランキング4位に日本 [05/26]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1590459519/

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト