脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

分析

【中央日報】 「韓国人はお金を一番使わない」…「脱韓国」に勝負かける日本観光業界

1: 荒波φ ★ 2019/10/18(金) 10:42:57.43 ID:CAP_USER
9月一カ月間に日本を訪問した韓国人観光客が前年同月と比較して58.1%減少するなど暴落傾向が続くと、日本観光界が「脱韓国」などの自己救済策を探り始めたと日本メディアが報じた。

韓国人観光客の減少が長期化することが予想され、韓国以外の国から観光客を呼び込もうとするなど活路づくりに力を注ぎ始めたということだ。

読売新聞によると、北海道の場合、地方政府と金融機関が地域観光業界に対する支援に出た。道内最大手の北洋銀行は観光業界の資金融通を支援している。道内の全店舗に関連する相談窓口を設け、宿泊や飲食・土産物販売などで打撃を受けた事業者への対応を始めている。自治体は3000万円の緊急対策予算を組んだ。中国の旅行サイトに北海道旅行専用ページを新設し、新規航空路線誘致などのための活動も始めた。韓国人観光客の減少が著しい西日本地域も同様の動きを見せる。

読売新聞は「韓国便の運航中止が7月から続く鳥取県も、中国の航空会社にアプローチし、来年1月からの上海定期便の就航にこぎつけた」と伝えた。

朝日新聞は「鹿児島県はSNSなどの発信力がある台湾人を旅行に招待するなど、9月の補正予算で300万円を計上した」とした。大分県は中国上海で開催する現地旅行相談会を当初の日程を前倒しして10月に開催することにした。11月には英国、12月にはオーストラリアでも相談会を開く。中国のオンライン旅行会社と協定を結んで新たな客層の取り込みにも力を入れる。

日本は1人あたりの消費額が大きい外国の富裕層観光客にも大きな期待をかけている。読売は「元々、韓国からの訪日客は、ウォン安や経済低迷を背景に、昨年後半以降、前年割れが続いていた」とし「韓国は地理的に近く滞在日数が少ないこともあり、旅行中の1人あたり消費額が少ないのが特徴」と伝えた。報道によると、2018年日本を訪れた外国人観光客の1人あたりの消費額は韓国人が約7万8000円水準で主要20カ国のうち最も少なかった。読売は「富裕層による長期滞在が多いとされるラグビー・ワールドカップ(W杯)観戦客の消費額は1057億円に上ると予測し、『年間では韓国からの訪日客減少が相殺される』と試算する」という日本総合研究所の分析も紹介した。

韓国観光客も富裕層が新たなターゲットだ。九州地域業界関係者は「1泊1万円以下が中心だった団体客が減った」とする一方、「2~3万円を使ってくれる韓国人の個人客が徐々に増えている」と話す。

韓国人観光客減少の活路を日本の国内旅行客誘致から見出そうとする地方自治体もある。朝日新聞によると、長崎県対馬の場合、9月の韓国人観光客は昨年9月に比べて9割減となった。これを受けて長崎県と対馬市は11月から日本国内旅行客を対象に宿泊料を3000円割り引くクーポンを発行している。業界関係者は同紙の取材に対し、「韓国以外の外国人客を新たに誘致するのは難しい。まずは日本のお客様に来てもらいたい」と話した。


中央日報/中央日報日本語版 2019.10.18 08:33
https://japanese.joins.com/JArticle/258676?servcode=A00&sectcode=A10

続きを読む

【今の日韓関係は戦後最悪】韓国メディアが福岡県を取材、「ボイコットの影響はっきり感じられた」

1: ガラケー記者 ★ 2019/10/18(金) 12:32:31.81 ID:CAP_USER
2019年10月17日、央視網は、韓国市民による日本製品ボイコットの動きにより、日本の観光業が大きな打撃を受けているとする、韓国メディアの報道を伝えた。

記事によると、韓国・SBSの記者がこのほど、韓国人観光客に人気のあった福岡の現在の様子を報じた。「日本による韓国への経済報復により韓国で日本旅行のボイコットが始まって以降、福岡の著名な観光エリアは閑散とした状態に変わった」などと伝えている。

そして、クルーズ旅行の目的地として知られる福岡では昨年10万人の韓国人観光客を受け入れたが、今年は「クルーズ船が水面をむなしく漂っている」状況で、あるクルーズ船会社が「先月の韓国人観光客はわずか100人だった」と明かしたことを紹介した。

SBSの記者はさらに「最もにぎやかな通りをひとしきり歩いても、韓国人観光客に出会わなかった。かつて韓国人に大人気で長蛇の列ができていた飲食店も、今は当時のにぎやかさが見られない」「数日間日本に滞在したが、この3カ月で韓国によるボイコットが日本の観光業に巨大な影響をもたらしたことがはっきりと感じられた」と伝えている。

また、「観光業が大打撃を受けたのは福岡だけではなく、韓国に近く韓国人に人気のあった長崎県の対馬も同じだ」と紹介。「島から韓国人観光客の姿がほとんど消え去ったことで地元の商店などからは悲鳴が上がり、市が国に対して緊急財政支援を求めるほどの事態になっている」と伝えた。

記事は、8月に始まった韓国国内の日本製品ボイコット運動は今もなお続いており、日本メディアからは「今の日韓関係は戦後最悪」との見方も出ていると伝えた。
Record china
2019年10月18日(金) 12時0分
https://www.recordchina.co.jp/b753067-s0-c30-d0135.html

続きを読む

【朝日新聞】知的な父が晩年ネトウヨに・・・喪失感・孤独が嫌韓へ

1: 鴉 ★ 2019/10/20(日) 15:18:38.26 ID:CAP_USER
● 知的な父が晩年ネトウヨに 喪失感・孤独が「嫌韓」に?

父のPCはネトウヨサイトだらけ 鈴木大介さん

 今春、がんのため77歳で亡くなった父は晩年、ネット右翼的な言動が著しく増えました。韓国や中国への批判や女性を軽視した発言が多く、韓流ドラマは「くだらない」。僕の取材テーマだった若者の貧困については、「自己責任だ」と眉を寄せました。

 末期には、ベッド脇のパソコンから流れるユーチューブのテキスト動画の音声を延々と聞いていました。デスクトップには「嫌韓嫌中」というフォルダーがあり、ブックマークは右寄りニュースのまとめサイトで埋まっていました。
https://www.asahi.com/articles/ASMBJ5QBHMBJUPQJ018.html


すずき・だいすけ 1973年生まれ。著書に「最貧困女子」、脳梗塞(こうそく)の体験を書いた「脳が壊れた」「脳は回復する」。

続きを読む

【朝日新聞】韓国の日本離れが加速している

1: 鴉 ★ 2019/10/18(金) 17:59:17.26 ID:CAP_USER
訪日ツアー客の落ち込みが進む韓国で、「和」を活用する国内観光施設が悲鳴を上げている。若者に人気だった日本式の古民家街は閑古鳥が鳴き、和食店を並べる予定にしていたビルは開業を延期した。先の見えない政府間の不和に、日本離れが加速している。(ソウル=武田肇、鈴木拓也)

https://www.asahi.com/articles/DA3S14223197.html
収束見えぬ日本離れ

続きを読む

【朝日新聞】ネットやテレビや雑誌などで嫌韓が広がっている。事実に基づかず韓国を面白おかしく叩く現象が何故生まれているのだろうか

1: 鴉 ★ 2019/10/20(日) 15:07:09.80 ID:CAP_USER
日韓関係が泥沼化するなか、ネットやテレビ、雑誌などでは嫌韓論が広がっている。

事実に基づかず、隣国を面白おかしく叩(たた)くような現象は、なぜ生まれているのだろうか。

朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/DA3S14223405.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト