脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

分析

【韓国】「日本は二度と大きな野望を抱けない」…消えたアジア先導国家の夢

1: Ikh ★ 2020/07/12(日) 08:54:08.44 ID:CAP_USER
【新刊】ブラッド・グロッサーマン著、キム・ソンフン訳『ピーク・ジャパン』(キムヨン社刊)

 1980年代末にバブルがはじけたことで始まった日本の長期不況は、21世紀に入って回復の兆しを見せた。しかし「失われた10年」では終わらず、現在まで続いている。米国の東アジア国際戦略アナリストの著者は、その理由として米国発金融危機、民主党政権、中国との領土対立、東日本巨大地震の「4大ショック」を挙げている。

 世界の富の16%を占めていた巨大な経済、組織化された既得権、日本特有の政治リーダーシップと資本主義メカニズムは、一時は日本の発展の原動力だったが、金融危機へ対応する際には足を引っ張った。折しも発足した民主党政権は経験不足をあらわにし、わずか3年で退陣した。中国との間で起こった領土対立に敗北したことで、もはやアジアの先導国家ではないという事実が明白になり、東日本巨大地震の後、日本国民は政府を信頼しなくなった。著者は、日本の全盛期は過ぎ去り、二度と大きな野望を抱くことはできないという見解を示す。韓国も「失われた30年」の入り口に立ったという警告を耳にする。失敗の轍(てつ)を踏まないため目を通すべき一冊。428ページ、1万9800ウォン(約1760円)。

ソース
朝鮮日報 7/12(日) 5:37配信
https://news.yahoo.co.jp/articles/70e1ce7ee01c023547e2c06060487c18cc527018

続きを読む

【韓国の左傾化】日本の学生運動世代からなぜマルクス主義者が消えたのか

1: Ikh ★ 2020/07/12(日) 08:48:52.72 ID:CAP_USER
 1963年9月、数人の日本の政治家が韓国へやって来た。その中にいた自民党幹部で、閣僚も務めた松浦という人の話だ。

 ソ連のフルシチョフ書記長から日本の池田首相に問い合わせがあった。シベリア地域の木材と日本が作るトラクターを交換しようという提案だった。松浦大臣が池田首相の指示を受け、実現できるようにするためフルシチョフ書記長を訪ねた。フルシチョフ書記長が「シベリアに行ってみるつもりか」と尋ねた。松浦大臣は「行く必要はない。可能な地域の山林サンプルの写真があればいい」と、数日待った。

 写真を見ると、自然の状態そのままに育った雑木だったので「こんな木は木材にならない。植林して育てた木でなければ」と拒否した。フルシチョフ書記長は「代わりにたくさん提供したらどうだ?」と尋ねた。「製材費用がかかるからもっと駄目だろう」と返事をした。そうして今度は松浦大臣が「全世界が国際航空路線の拡張のため競争している。ソ連とインドネシアを行き来する飛行機が東京に止まれるようにして、日本航空がモスクワを経て西ヨーロッパに行けるように、航空協定を結ぼう」と提案した。するとフルシチョフ書記長は、壁に掛かったロシアの地図を示しつつ「狭い日本の国土とこの広い大陸を同等に見ることはできない」と拒絶した。

 ソ連が日本よりどれほど遅れていて、国際情勢を理解していなかったかを教えてくれる一例だ。当時、一緒にやって来た自民党の政策室長に私は尋ねた。「日本の大学生や若い世代は、かつて世界で最も熱烈なマルクス主義の支持者だった。米国のアイゼンハワー大統領がその勢力のせいで、予定されていた訪日を取り消したほどだ。なのに今は左派や共産主義の支持者は見当たらないというくらいに変わった。そういう変化の原因は何だと思うか」

 彼の答えは、やや意外なものだった。その問題は政府の政策では解決できないので、数年間、夏休みに海外旅行をするよう30万人程度の大学生に対し後押ししてやったという。当時、日本は中立国で、ソ連や共産国への旅行が自由だった(原文ママ)。幾つもの国を見て回った若い世代は、世界のどこへ行っても、日本より自由で豊かな国は米国とつながりのある民主国家であることを発見した。ソ連や共産主義国が日本より遅れているのを実際に見て体験したから、自然と解決した-という説明だった。旅をしてみた人は誰でも皆認めている事実だ。

 1980年代、西江大学のK名誉教授が国際会議で共産国家のユーゴに出掛けた。会議場の国営特級ホテルの施設は韓国の大学寮にも劣るものだった、という話をしていた。

 コロナ問題さえなければ、韓国の若者も大いに旅行をする。どの国が幸せで、未来を引っ張っていけるか見てきたらいいと思う。進歩を自認する社会主義指導者らの子どもたちがどの国への留学を好んでいるかも、見れば分かる。これからも、自由民主主義の国々が世界を導いていくだろう。自由と人間愛が後押しするからだ。

?亨錫(キム・ヒョンソク)延世大学名誉教授

ソース
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 記事入力 : 2020/07/12 07:00
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/07/10/2020071080143_2.html

続きを読む

有田芳生「韓流ドラマは文化創造のための厚さがすごい。ヤラセの日本バラエティが恥ずかしい」

1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [ニダ] 2020/07/11(土) 08:01:00.95 ID:UNKQbJOm0● BE:844481327-PLT(13345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
有田芳生@aritayoshifu

コロナ禍の自粛生活で加わったのは質の高い韓流ドラマを見ることです。「愛の不時着」はもちろん「サバイバー」「K2」「シグナル」、そして「ミスター・サンシャイン」。ようやく12話を終えました。
制作費が約43億円。文化創造のための厚さがすごい。「ヤラセ」の日本バラエティが恥ずかしい。

https://twitter.com/aritayoshifu/status/1281593547842453514
no title

https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)

続きを読む

【朝日新聞】 韓国のBTSはなぜアメリカを熱狂させるのか 日本でも共感…外見や礼儀正しさなどに親近感を感じる人も多い

1: 鴉 ★ 2020/07/12(日) 12:18:58.07 ID:CAP_USER
「BTSを読む」インタビュー 新しいのに懐かしい?次世代K-POPに全米が熱狂する理由


韓国出身の7人組ヒップホップグループ、BTS(防弾少年団)が世界的な人気を呼んでいる。2018年以降、アルバムは4枚連続で全米1位(ビルボード誌)。2018~19年のワールドツアーでは日韓だけでなく、欧米の巨大スタジアムをファンが埋め尽くした。主に韓国語で歌うアイドルグループが、なぜ全米を熱狂させるのか。日本からは見えにくい「BTS現象」について『BTSを読む』(柏書房)著者のキム・ヨンデさんと翻訳者の桑畑優香さんに、背景も含めて聞いた。

●BTSはなぜアメリカを熱狂させるのか

――BTSを知り「これは大変な現象だ」と感じたのはいつごろですか?

キム 2013年のデビュー前から噂は聞いていました。韓国3大芸能事務所の一つ、JYPエンターテインメント出身のパン・シヒョクという作曲家は業界で有名でしたから、そのパンがデビューさせる新たなグループだという程度の認識でした。
 翌年、たまたまネットで見たKCON(アメリカで開かれる、K-POPアーティストや韓流文化の紹介イベント)の出演者リストに、BTSの名前を見つけました。行ってみると、ショーケースも記者会見も、無名の新人BTSにものすごい多くの人が集まっていました。人数もそうですが、表情や熱狂的な反応から「何か新しいことが始まっている」と直感したんです。その後、BTSはアメリカで着実にファンを増やし、2018年のブレークの下地を作りました。


桑畑 私もデビュー当時から見ていましたけど、Block Bなど、当時デビューしたヒップホップ系アーティストの一つという感覚でした。2016年の来日時にインタビューしたときも、まだファンミーティングの会場の席には余裕がありました。やはり火がついたのは2018年、アメリカで評価され、いろんなメディアから「どんなグループなの」という問い合わせや執筆依頼が相次いだのを覚えています。


キム 当時、私はK-POPの方向性が変化しているのを実感していました。BIGBANGやBlock Bがアメリカで人気を得て、K-POP自体もEDMやダンスミュージックから、R&Bやヒップホップが主流になっていきました。それがアメリカ市場の趣向と合ったことが、BTS成功の背景ではないかと思います。
 BTSはK-POPが持つ、すべての遺産を相続しましたが、それに新たなものを加えた最先端の進化モデルです。ストーリー性が音楽同様に重視される、真摯な音楽という新たなモデルを実現したのだと思います。


――6月7日、オバマ前米大統領やノーベル平和賞受賞者のマララ・ユスフザイさん、歌手レディー・ガガといった人々が集まるオンライン仮想卒業式に、BTSが登壇し「僕たちは一人だけど、いつもともにある」といったスピーチをしました。ユニセフのLOVE MYSELFキャンペーンで暴力反対を訴え、2018年には国連総会でも演説しています。BTSのメッセージを、国際社会が高く評価する理由は何でしょうか?


キム BTSは誰もが認めるスーパースターですが、一方で一人の若者として分かち合えるストーリーがあります。挫折、寂しさ、不安、不確実さ…。この日のBTSメンバーの演説も、自分たちの抱える不安を率直に打ち明けていましたが、それは卒業を控えた学生の心境でもあります。世界を舞台に活躍するBTSが、素直で日常的で、ある意味平凡なメッセージを投げかけることで、「悩んでいるのは自分一人じゃない」とわかり、力強い感動を呼ぶのです。BTSのメッセージは、国家や民族、宗教といった壁を完全に超え、アメリカでは他のどんな外国出身アーティストよりも大きな影響力を見せています。


桑畑 日本でもBTSはとても人気ですが、不思議なくらい、メッセージを受け止めて共感する人が多いですね。K-POPグループは、曲とダンスに加え、外見や礼儀正しさなどに親近感を感じる人も多いのですが、BTSのファンに聞くと、ほぼ全員が「彼らのメッセージがまさに今、私が悩んでいることだ」と答えます。彼らが発する言葉が、日本でも共感を呼んでいるんだと思います。
 さらに、スロベニアやハンガリーなど東欧や中東のファンにも話をきいたことがありますが、「つらいときにBTSの曲、歌詞が自分を救ってくれた」と語っていました。キムさんがおっしゃる通り、同時代の世界の若者が同じ悩みを抱え、メッセージに共感し、拡散する。それはSNSにも通じる特徴かもしれません。


朝日新聞:好書好日
https://book.asahi.com/article/13501940

続きを読む

【AERA】 韓国の対日政策は「場当たり的」 WTO提訴より「協議継続」が得策だった可能性

1: 荒波φ ★ 2020/07/10(金) 09:33:17.58 ID:CAP_USER
韓国の対日政策は、WTO提訴再開、ユネスコに書簡送付と強硬姿勢が続いている。AERA 2020年7月13日号では、場当たり的ともとれるその背景に迫る。

*  *  *
 
3週間前に行われた日韓外相電話協議から何の進展もなく、懸案だけがまた一つ積み上がった。6月24日にテレビ会議方式で行われた滝崎成樹外務省アジア大洋州局長と、金丁漢(キムジョンハン)韓国外交省アジア太平洋局長によるやり取りのことだ。

増えた懸案とは、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の世界文化遺産に登録された「明治日本の産業革命遺産」を説明する日本の施設のことだ。日本は登録の際、「意思に反して連れて来られ、厳しい環境の下で働かされた多くの朝鮮半島出身者らがいた」ことに理解を深める措置を取ると表明していた。

金氏は、同月15日から一般公開が始まった産業革命遺産を紹介する産業遺産情報センター(東京都新宿区)の展示内容に、朝鮮半島出身者への差別を否定する証言などが含まれているとして、是正を要求。韓国は世界遺産登録取り消しの可能性を含め、日本に是正を促すよう、協力と支持を求める書簡をユネスコに送付している。

他方、滝崎氏は日本側の措置に問題はないと、韓国側の要求を突っぱねた。日本政府関係者は「炭鉱の仕事は過酷だったが、朝鮮半島出身者の証言や給与体系などをみると、差別があったとは言い切れない」と語る。その他は同月3日の茂木敏充外相と康京和(カンギョンファ)韓国外相との電話協議の焼き直しに終わった。

滝崎氏は、日本による半導体などの素材3品目の韓国への輸出管理強化をめぐり、韓国が世界貿易機関(WTO)への提訴手続きの再開に踏み切ったことに抗議。金氏は、日本が輸出管理措置を巡る日韓協議に前向きでないとして、提訴再開はやむを得ない措置だと反論した。

滝崎氏は、徴用工判決で、日本企業の韓国資産が現金化されれば、日韓関係は深刻な事態を招くと警告。金氏は深刻な事態に陥る認識はあるものの、司法に介入できないとの立場を伝えた。


※AERA 2020年7月13日号より抜粋 2020.7.10 09:00
https://dot.asahi.com/aera/2020070800025.html?page=1
https://dot.asahi.com/aera/2020070800025.html?page=2

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト