脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

アメリカ

【竹島問題】 米国製の朝鮮半島航空図も竹島をJAPAN~米政府航空図で日本領を初めて確認

1: 蚯蚓φ ★ 2021/01/26(火) 23:27:19.78 ID:CAP_USER
no title

▲1972年の航空図の拡大。竹島と鬱陵島の間に線を引き、竹島側に「JAPAN」と記載している(日本国際問題研究所提供、米国国立公文書館所蔵)

 竹島(島根県隠岐の島町)を日本領と明記した1972年、82年の米国政府作製の朝鮮半島の航空図計4点が、領土問題を調査研究する公益財団法人「日本国際問題研究所」の調査で見つかった。分析した島根大の舩杉力修(ふなすぎ・りきのぶ)准教授(歴史地理学)によると、竹島を日本領と記した米政府の朝鮮半島航空図が確認されたのは初めてという。舩杉准教授は「(52年発効の)サンフランシスコ講和条約起草国の米国が韓国のエリアを示す地図にあえて竹島を日本領と記した意味は大きい」と指摘する。

国境線を明示

 同研究所の委託を受けた民間調査会社が米国国立公文書館で大戦後の航空図など約100点を調査。舩杉准教授が分析を進めてきた。

 日本領と明記された4点は米空軍や米国防総省が作製した朝鮮半島の航空図。72年製、82年製とも縮尺約128万分の1と同約256万分の1の2種類ある。インドネシア~フィリピン、キューバなど地域別に作られたシリーズという。
(以下有料記事)

ソース:産経ニュース<米国製の朝鮮半島航空図も竹島をJAPAN 4点確認>
https://special.sankei.com/f/society/article/20210126/0001.html

関連スレ:【日韓】日本外相「竹島は日本固有領土」妄言…8年連続独島挑発[01/19] [Ikh★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1611010959/

続きを読む

【訃報】 「日本の慰安婦歴史歪曲と急激な右傾化」叱った大学者エズラ・ボーゲル死去

1: 蚯蚓φ ★ 2020/12/22(火) 23:56:20.89 ID:CAP_USER
no title


日本軍隊慰安婦歴史歪曲と急激な右傾化を批判した世界的な東アジア専門家エズラ・ボーゲル米国ハーバード大名誉教授(写真)が20日(現地時間)死亡した。享年90才。故人は韓国を数回訪問し、中国と日本も常に訪れて関連著書を出すほど韓中日3国に等しく精通した大学者だった。

1950年、オハイオ・ウェスリアン大学を卒業した故人はハーバード大で社会学・社会関係学を学んだ。エール大に在職し、1967年ハーバード大教授になった後、2000年に退職するまで日本、中国、韓国など東アジアと米国の関係を研究した。教授在任時、フェアバンクセンター所長(1977~1980年)、アジアセンター所長(1995~1999年)を歴任した。

日本の高度成長期である1979年、日本に習わなければならないという趣旨で「世界一の日本(Japan as Number One)」を書いた。故人は2015年、日本の安倍晋三総理に軍隊慰安婦歴史を歪曲するなと促す世界歴史学者の声明に参加し、日本政府の急激な右傾化を批判した。

「アジアの四小龍」という表現も故人が初めて使った。日本と中国に対する関心は韓国にも続いて「四匹の小さい龍(The Four Little Dragons):東アジアでの産業化の拡散」を著述した。彼は儒教倫理が結ばれた東洋式資本主義がアジア経済発展の原動力になったという理論を主に主張した。

故人は米中関係でも重要な役割を果たした人物と評価される。1993年から1995年までビル・クリントン政府で米国中央情報局(CIA)東アジア問題分析官として活動した。1997年、江沢民中国国家主席の米国訪問時、江主席のハーバード大訪問を主催し「鄧小平評伝」を執筆した。

彼が身を置いたハーバード大フェアバンク中国研究センターは20日、フェイスブックに「彼は博識な学者であり立派な友人であった」と哀悼した。香港サウスチャイナモーニングポストは「ボーゲルは過去4年間、ドナルド・トランプ米国大統領の中国圧迫に反対した人物の一人であった」と報道した。

キム・キユン記者

ソース:東亜日報(韓国語)‘日慰安婦歴史わい曲’叱った大学者ボーゲル死亡
https://www.donga.com/news/People/article/all/20201222/104580498/1

続きを読む

【人間の自由度指数】香港3位、日本11位、台湾19位、韓国26位、中国129位―米国・カナダ研究所

1: 昆虫図鑑 ★ 2020/12/20(日) 08:04:55.87 ID:CAP_USER
米国のケイトー研究所とカナダのフレーザー研究所は17日、2020年版の「人間の自由度指数」を発表した。対象としたのは世界の162の国と地域で、中国(大陸部)は第129位とした。

両研究所は「個人の自由」、「経済の自由」を紹介した上で、「人間の自由度指数」やそのランキングなどを紹介した。世界で最も高いとしたのはニュージーランドで「個人の自由」は9.21、「経済の自由」は8.53とした上で、「人間の自由度指数」は8.87とした。第2位から第5位まではスイス、中国香港、デンマーク、オーストラリアで、オーストラリアの「人間の自由度指数」は8.64とした。

アジア地域で香港に次いで「人間の自由度指数」を高く評価したのは日本で、第11位とした。「個人の自由」は9.10、「経済の自由」は7.88で、「人間の自由度指数」を8.49とした。

台湾は第19位で、「個人の自由」は8.90、「経済の自由」は7.94、「人間の自由度指数」は8.42だった。韓国は第26位で、「個人の自由」は8.85、「経済の自由」は7.69、「人間の自由度指数」は8.27だった。

中国は第129位で、「個人の自由」は5.92、「経済の自由」は6.21、「人間の自由度指数」は6.07とした。(翻訳・編集/如月隼人)



https://www.recordchina.co.jp/b855250-s0-c10-d0142.html

続きを読む

【ワウコリ】NYT「米、韓国のように“診断検査の拡大”・“接触者追跡”が必要」と主張

1: 新種のホケモン ★ 2020/11/19(木) 09:07:28.19 ID:CAP_USER
ここ14日間連続で一日10万人以上の新型コロナウイルスによる感染者が発生している米国では、韓国のように診断検査を拡大させ、積極的に接触者を追跡すべきだという主張が出ている。

米アイビーリーグの名門であるブラウン大学のエミリー・オスター経済学教授は17日(現地時間)ニューヨークタイムズ(NYT)に「新型コロナからの安全を無視する人々に対処する方法」というタイトルのコラムを掲載した。

オスター教授は「新型コロナ事態が長期化する中、多くの人々は疲れきり、警戒心を失っている」と指摘した。

また「新型コロナの感染者数が全国的に増加する中、多くの州で規制を強化しているが、人々はそれに従わない」とし「警告があっても米国の多くの家族は、感謝祭の計画を立て、大規模な集まりを続けている」と語った。

オスター教授は、このことが驚くべきことではないとして、新型コロナ事態のような公衆保健の場合、個人の意志にだけ依存すれば 大きな変化を起こすのは容易ではないとみている。

つづけて「個人の行動の変化のための妙案があればよいが、それはない」とし「現在の接近法としては、新型コロナの拡散を防げないということを認め、新たな方法を見つけなければならない」として、韓国の事例をあげた。

オスター教授は「韓国は、米国よりマスク着用とソーシャル・ディスタンスなどをかなり順守している」とし「韓国の事例を通して、新型コロナ診断検査と接触者追跡、その他の公衆保健インフラが重要だということが立証された」と主張した。

WoW!Korea 11/19(木) 9:03
Copyrights(C) News1 wowkorea.jp
https://news.yahoo.co.jp/articles/90b55afcea5df09eaa89164f27b0f38f095bc4b6

米国では、韓国のように診断検査を拡大させ、積極的に接触者を追跡すべきだという主張が出ている(画像提供:wowkorea)
no title

続きを読む

【ジム・ロジャーズ】「世界3大投資家」ジム・ロジャーズ 「韓国はいつも新しい技術革新が出てくる国だ」

1: 新種のホケモン ★ 2020/11/11(水) 17:23:38.87 ID:CAP_USER
no title

ジム・ロジャーズインタビュー/写真=キム・チャンヒョン記者chmt @

「韓国はいつも新しい技術革新が出てくる国だ。韓国の将来のために、より開放的である必要があります。 」

ウォーレンバフェット、ジョージ・ソロスと「世界3大投資家」に選ばれるジム・ロジャーズ、ロジャーズ・ホールディングス会長は11日、産業通商資源部が主催した「2020外国人投資週間の地域重点産業フォーラム」に画像で参加し「投資(適格)地として韓国:なぜ韓国べきであるか」というテーマで対談を行った。

大胆に、ロジャース会長は「現在の関心を持っている韓国の投資先には旅行や観光の分野の企業と新たなテクノロジーにグラフェン(Graphene)分野」とし「韓国は(グラフェン分野の)技術と人的資源があり、適正な能力を持っている」と述べた。

ロジャーズ会長が注目したグラフェンは、蜂の巣状の平面構造で結合した炭素(C)で構成されたナノ物質である。鋼より200倍強く、熱伝導性は、ダイヤモンドの2倍以上、電気伝導度は、銅よりも約100倍以上高い。サッカー場全体を覆いには、3.2gのグラフェンで十分である。そのため、産業界では「夢の素材」「奇跡の物質」と呼ばれる。

ロジャーズ会長は「グラフェンは、科学者によると、21世紀最高の技術革新の一つになると見られる分野」と「特に現在、北朝鮮は、グラフェンの素材である黒鉛埋蔵量が多く、今後の統一になれば、韓国は明らかにグラフェンという新しい産業のリーダーになるだろう」と展望した。

韓国の経済自由区域造成も深い関心を示した。彼は「韓国の未来のために、より開放的である必要があるので、韓国の経済自由区域の指定について関心がある」とし「多くの経済自由区域を造成するほど役立つと思う」と語った。

この日のフォーラムは、今年16回目を迎える外国人投資週間を迎え開かれた。韓国の投資魅力と機会を紹介する代表的な国IR行事で、今年はコロナ19拡散に基づいて非対面の形でアリランTV放送、YouTubeなどを通じて全世界の101カ国、1億3000万世帯に中継された。

外国人投資週間の行事は、革新成長フォーラム、地域重点産業フォーラム、投資誘致商談会、有望産業説明会、海外メディアと外信懇談会などのプログラムで構成した。

革新成長フォーラムはジェームズ杯(James Zhan)UNCTAD投資企業局長、自コーポにトニー(Jacopo Dettoni)fDiマガジン編集長、ジャンサンヒョンインベストコリア代表、ユンソンに4次産業革命委員長などが講演者として参加した。

地域重点産業フォーラムでは、ロジャーズ会長の対談をはじめ、アンソンイル経済自由区域企画団長などが仁川、釜山、天安など韓国の主要地域拠点別重点産業投資環境の紹介が続いた。

ソンユンモ産業部長官は、この日の行事歓迎の辞を通じて「企業の円滑な事業活動を支援して先端産業の誘致活動を強化する」とし「韓国型ニューディール政策により、経済危機の克服とデジタル、環境にやさしい革新の基盤を構築する計画だ」と語った。

マネートゥディ 2020.11.11 17:00
https://n.news.naver.com/mnews/article/008/0004498287?sid=101

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト