脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

アメリカ

【在韓米軍】「防衛費が妥結しなければ韓国人職員9000人を無給休暇に」

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/10/03(木) 13:50:41.72 ID:CAP_USER
在韓米軍司令官が労働組合に文書で通知

韓国政府に対し「年内の引き上げ」に応じるよう圧力

 先月から始まった第11次韓米防衛費分担金協定(SMA)交渉を巡り、もし年内に妥結しない場合、来年4月から韓国人職員を強制的に無給休暇させる方針を在韓米軍司令部が定めたことが2日に分かった。在韓米軍には韓国人職員がおよそ9000人働いている。在韓米軍労働組合のチェ・ウンシク委員長はこの日、国会外交統一委員会の国政監査に出席し、前日にこのような内容の司令官名義の文書を受け取ったことを明らかにした。

 韓国は在韓米軍防衛費分担金として現在9億9000万ドル(約1060億円)を負担しているが、米国のトランプ政権はこれを5倍近く引き上げるよう要求している。このような中で在韓米軍に雇用されている韓国人の強制無給休暇に言及したわけだが、これは「韓国に対する強い圧力」という意味合いに解釈できそうだ。韓国政府は米国からの強い増額要求に対し、先月ソウル市内で行われた1回目の交渉当日まで新しい首席代表を任命せず「遅延戦略」で対抗すると考えられていた。すると米国は「韓国人職員の強制無給休暇」をちらつかせることで、「年内の妥結」を強く求めたのだ。先月ニューヨークで開催された韓米首脳会談直後もホワイトハウスは「今年の末までに交渉は終わらせるべきだ」との考えを明確にしていた。

 在韓米軍司令部は昨年の第10次防衛費交渉でも今回と同じく在韓米軍労働組合に同様の文書を送付していたが、今年は「体感が違う」といわれている。峨山政策研究院安保統一センターのシン・ボムチョル所長は「防衛費分担金交渉に先立ち、米国は常に同じような行動を繰り返してきた。しかし米国が要求している50億ドル(約5400億円)は非常に過度な金額のため、その圧力が違う」と指摘する。韓国政府内では「米国は最終的に2兆ウォン(約1800億円)前後の分担金を手にするため、さまざまな方面から圧力をかけているのでは」などの見方が相次いでいる。

金真明(キム・ジンミョン)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/10/03/2019100380019.html
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版 2019/10/03 10:20

続きを読む

【米国がまた】竹島問題めぐり韓国を批判「生産的でない」=韓国ネット猛反発「米国はいつも日本の味方。独立しなければ」

1: ガラケー記者 ★ 2019/10/02(水) 17:19:10.87 ID:CAP_USER
2019年10月2日、韓国・中央日報は、米国務省が韓国軍戦闘機による竹島上空の飛行を非難したと報じた。米国は韓国軍が8月25日から26日に竹島で実施した軍事訓練についても「非生産的」だと批判していた。

記事によると、米国務省の関係者は1日(現地時間)、米政府系放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)に送ったメールを通して、韓国軍の戦闘機が竹島上空を哨戒飛行したことに対して「最近の日韓関係を考慮すると、リアンクール岩礁(竹島の中立的名称)での軍事訓練は日韓問題の解決において生産的でない」と批判した。また、「米国はリアンクール岩礁の領有権に対し中立的な立場から日韓の紛争を解決するために日韓の真摯(しんし)な対話を求める」との考えを述べた。

また同日、米国防総省でアジア太平洋地域安全保障政策を統括するランドール・シュライバー国防次官補は、米ワシントンのブルッキングス研究所で開催された討論会で「日米韓3カ国の防衛・国防相が11月にタイで開催されるASEAN国防相会議で会談する」と発表した。その上で、韓国の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄決定以降に深まる日韓の対立により「益を得るのは中国、ロシア、北朝鮮だ」として、日韓関係の改善が不可欠であるという認識を示した。

さらに同日には、米軍制服組トップのマーク・ミリー統合参謀本部議長、防衛省制服組トップの山崎幸二統合幕僚長、韓国軍制服組トップの朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀本部議長がワシントン郊外の国防総省で会談し、日米韓3カ国間の安保連携と軍事協力について議論した。この会談は、前日に行われたミリー統合参謀本部議長の就任式に日韓の制服組トップが出席したことをきっかけに、米国が主導して開かれたという。

これに韓国のネットユーザーからは「独島(日本名:竹島)に対する米国の発言は明らかな内政干渉だ」「米国が独島に関してあれこれ言う資格はない!日本の味方をするのはやめて」「日本の味方をしながら、中立的な立場だと言うなんて腹が立つ。米国の様子を見ながら米国から独立する準備をするべきだ」「脱日本に続いて脱米国も急がなければならない」「米国はいつも日本の味方。自主防衛、独立しなければならない」など、反発する声が殺到している。
Record china
2019年10月2日(水) 17時10分
https://www.recordchina.co.jp/b749181-s0-c10-d0058.html

続きを読む

【米国務省】F-15K戦闘機の独島飛行に「韓日の問題解決に非生産的」

1: Ttongsulian ★ 2019/10/02(水) 08:26:37.70 ID:CAP_USER
アメリカ国務省が韓国戦闘機の独島上空飛行が韓日問題解決の助けにならないと否定的な立場を明らかにしたと米国の声(VOA)放送が2日報道した。

国務省報道官室関係者は去る1日、VOAに送ったEメールで「韓国と日本の間の最近の意見衝突を考慮した時、リアンクール岩(Liancourt Rocks)での軍事訓練の時期とメッセージ、訓練規模の増強は懸案を解決するのに生産的でない」と明らかにした。

先立って韓国空軍のF-15K戦闘機2機は国軍の日71周年である去る1日、独島近くの上空を飛行した。

これに日本は外交経路を通じて韓国に抗議して、韓国国防部は「独島の領有権を毀損しようとするどのような試みに対しても断固として対応するだろう」という立場を明らかにした。

国務省関係者は「アメリカはリアンクール岩の領有権に対してどのような立場も取らない」として「リアンクール岩の領有権は韓国と日本が平和的に解決しなければならない問題」と話した。

続いて「我々は韓国と日本がこのような紛争解決のために熱誠的で真摯な対話をすることを奨励する」と付け加えた。

国務省は去る8月25~26日に進行された韓国政府の定例独島防御訓練に対しても「生産的でない」と否定的な立場を明らかにした。

美国務部,韓戦闘機独島飛行に"韓日問題解決に非生産的"
2019-10-02 07:31
https://www.yna.co.kr/view/AKR20191002015700504

続きを読む

【米国防次官】 韓国にGSOMIA終了の見直し要請=「韓日は意味ある対話を」

1: 荒波φ ★ 2019/10/01(火) 13:18:47.42 ID:CAP_USER
【ワシントン聯合ニュース】

米国防総省のルード次官は30日(米東部時間)、ワシントンで行われたフォーラムで基調演説し、「われわれは韓国に対し、(日本との)軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の更新を勧める」として、「両国に立場の違いを取り扱うための意味のある対話に参加することを要請する」と述べ、日本とのGSOMIAの終了決定を見直すよう促した。

また、「韓国と日本は域内の安定や安保にとってわれわれのリンチピン(核心軸)」とした上で、「米国は韓日に摩擦があっても、相互防衛や安保関係が継続されなければならないと信じている」との認識を示した。

韓国政府は8月22日、日本とのGSOMIAの終了を発表。米国は強い懸念や遺憾の意を表明し、失効期限(11月22日)までに決定を見直すよう要請してきた。

ルード氏は在韓米軍の駐留経費負担交渉については、「われわれは単に公正かつ公平な分担を追求する」として、年内の妥結について「難しさはあると思うが、われわれは常に期限内に(交渉を)終える方法を見つけてきた」と強調した。

韓国に核兵器を再配備する可能性に関しては、「いかなる計画もない。議論していない」と明らかにした。


2019.10.01 08:53
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191001000400882?section=news

続きを読む

【韓米国防対話】 米国がGSOMIA終了に改めて懸念表明

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/09/27(金) 23:46:05.11 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国と米国が安全保障上の主要懸案を調整する高官級協議体、統合国防対話(KIDD)の第16回会合が26、27両日にソウルで開催された。米国側は韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了を決めたことについて、改めて懸念を表明した。

韓国国防部によると、米国側はGSOMIAの終了が韓米日の安保協力に影響を及ぼす可能性について懸念を示し、これに対し韓国側はこれまでの立場を再度伝達したという。

 韓国政府は先ごろ、日本政府が対韓輸出規制の強化を撤回すればGSOMIAの終了決定を再検討するとの立場を明らかにした。

 国防部関係者は「米側の懸念は(GSOMIA終了により)、韓米日の安保協力が弛緩するのではないかというところにある」とし、「今回の会議の焦点は韓米日安保協力を持続して推進していくという韓米の立場は強固だというところにあった」と伝えた。

 今回の会議では非核化や、米軍主導の韓米連合軍が持つ有事作戦統制権の韓国軍への移管など韓米同盟の懸案についても全般的に意見交換が行われた。

 国防部によると、両国は北朝鮮の非核化問題と関連し、外交的な努力を促進して国連安全保障理事会の対北朝鮮制裁決議を履行することが重要との認識を再確認した。

https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20190927004400882?section=society-culture/index
聯合ニュース 2019.09.27 20:27

no title

統合国防対話の米国側出席者=26日、ソウル(聯合ニュース)

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト