脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

2023年06月

【尹大統領】「韓国は先端技術の“超格差”を維持できなければ、追いつかれる」

1: ばーど ★ 2023/06/28(水) 08:15:20.79 ID:4OInNjm/
韓国のユン・ソギョル(尹錫悦)大統領は27日「わが技術は現時点では優勢だが、ここで超格差を広げたり維持できなければ、競争国たちに追いつかれる恐れがある」と語った。

尹大統領はこの日の午前、ソウルの大統領室で国務会議を主宰し、締めくくりの発言で先のように語ったと、韓国大統領室の報道官が会見を通じて伝えた。

尹大統領は「海外を歴訪しながら各国の首脳やグローバル企業家たちと対話してみると、『わが大韓民国はとてつもない国だ』という思いを自然と持つようになる」とし「全世界で半導体や自動車・造船・石油化学など、核心的な製造業を全て備えている国はほとんどない」と語った。

つづけて「わが国はそれに加え、二次電池・デジタル・バイオのような先端産業だけでなく、ソフトウェア分野においても産業基盤を持っているではないか」と語った。

尹大統領は「もちろん、半導体でも設計や素材・部品・装備などわが国をリードしている国々も多いが、製造業やソフトウェアを網羅して強固な産業基盤を持っている国はわが国以外にほとんどいないだろう」と強調した。

また「世界各国を回ってみると、わが国の国民のように優秀な国民も多いにもかかわらず、1人あたりのGDPの差がかなりあるのは、わが国の先輩たちが他国に比べ国家政策の方向性をしっかり定めたからだ」とし「国が豊かになるのは難しいことではない。常識的に判断し正しい方向へと政策を推進すればよい」と力説した。

尹大統領は国務委員たちに「わが国民はいかなる国の国民に劣らず優秀で賢明であるため、国民だけを見つめ国民の望む政治をしていこう」と求めた。

2023/06/28 07:54 wowkorea
https://www.wowkorea.jp/news/korea/2023/0628/10400982.html
no title

続きを読む

【日経新聞】日韓通貨スワップ協定、再開合意に向けて調整に入る

1: ばーど ★ 2023/06/28(水) 08:42:26.15 ID:4OInNjm/
日韓両政府は金融危機の際に通貨を融通する通貨交換(スワップ)協定の再開合意に向けて調整に入った。29日に経済・金融問題を協議する閣僚級の「財務対話」で確認する方向だ。元徴用工問題などで悪化していた両国関係の改善を契機に、経済・金融分野の協力体制を再構築する。

日韓財務対話は日本からは鈴木俊一財務相、韓国からは秋慶鎬(チュ・ギョンホ)経済副首相兼企画財政相が出席する。予算や税制など内政を担当する幹... 残り1128文字

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

日経新聞 2023年6月27日 22:52
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA253C50V20C23A6000000/

※関連スレ
6月29日に韓日財務相会談 金融協力や通貨スワップなど焦点 [6/27] [ばーど★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1687857550/

続きを読む

【朝鮮日報】汚染水放流は日本政府がやることなのに…なぜ韓国国会前で断食座り込みしているのか

1: ばーど ★ 2023/06/27(火) 18:33:43.99 ID:b+9ET8j3
韓国野党・共に民主党の複数の議員や関係者らが福島汚染水放流を巡り次々と断食座り込みを始めている。今月20日には同党所属当選1回の尹才甲(ユン・ジェガプ)議員が国会本庁前で断食座り込みを開始し、26日には当選4回の禹元植(ウ・ウォンシク)議員もこれに加わった。さらに革新系野党・正義党の李貞味(イ・ジョンミ)代表も駐韓日本大使館前で断食座り込みを開始した。

【写真】共に民主議員の座り込現場を訪問した李在明代表
no title


 断食は韓国の政界で非常に象徴的な意味合いを持つ。かつての権威主義政権に対抗する断食は政府に行動を見直させ、民主化へと向かう道を切り開いた。故・金泳三(キム・ヨンサム)元大統領は1983年5月に当時の全斗煥(チョン・ドゥファン)政権に抗議し、民主化を要求する23日間断食で勢力を結集したが、これは断食闘争の代表的な事例とされている。

 しかし野党議員らによる今回の断食はさまざまな面で尋常ではない。まず断食で得られるものが何もない。断食中の彼らは「日本政府による放流の撤回」「韓国政府による反対の立場表明」などを要求している。まず前者が実現する可能性はない。韓国の野党議員が韓国の国会で断食したことを理由に、日本政府が数年前から準備してきた汚染水放流をやめる可能性などない。どうしても断食をするのであれば、日本に行って日本の首相官邸前で断食する方が効果的だろう。

 後者については韓国政府が「汚染水は科学的かつ客観的な観点から安全性が検証され、国際法と国際的な基準に合わせて処理すべきだ」との立場を堅持している。現政権の立場はかつての文在寅(ムン・ジェイン)前政権と同じ考え方に基づいており、また福島産農水産物を輸入しない方針も何度も表明してきた。

 そう考えると今回の野党議員らによる断食は「来年の国会議員選挙で公認を得る目的の目立つための競争」と言わざるを得ない。断食を通じて何らかの現実的な結果を得ることよりも、党執行部に見せることで支持層を結集し、自分たちも政治的な利益を手にすることが狙いということだ。

 汚染水放流に国民が不安を感じるのは理由があり、これを代弁することは国会議員として当然やるべき責務だ。問題があるなら政府を批判し、対策を求めることも当然だ。しかし今野党がやっている断食は問題解決を目指すものではなく、刺激的な言葉と行動で世論に訴えることしか考えていない。今野党に必要なことは断食ではなく扇動との決別だ。

キム・サンユン記者

朝鮮日報 2023/06/27 16:35
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2023/06/27/2023062780084.html

※関連ソース
韓国野党、汚染水に反対…連鎖断食座り込みへ ※抜粋
https://japanese.joins.com/JArticle/305893

ユン議員は20日から7日間断食中だ。民主党の李在明(イ・ジェミョン)代表はこの日午後、テントを訪れ「断食しても水でもたくさんお飲みになるように」とし、「すごい意志を見せるのは良いが、体を傷つけないようにしてほしい」と話した。

続きを読む

韓国政府「日本の放射能処理水の海洋放流、最も現実的な代案として判断・確定された」

1: 昆虫図鑑 ★ 2023/06/27(火) 08:21:32.67 ID:gKEZ33kL
韓国政府は26日、福島第1原子力発電所“放射能処理水”の海洋放流問題について「放流の決定自体を引き戻し、IAEA(国際原子力機関)などに異なる方式を提案するのは、信義誠実の原則に反する態度だ」と明らかにした。

パク・クヨン(朴購然)国務調整室第1次長はこの日、政府ソウル庁舎で行なわれた福島原発放射能処理水の海洋放流に関する会見で、“汚染水(放射能処理水)の放流ではなく、固体化などの代案はないのか”というメディアからの質問に対し「そのことについては、すでに2010年代後半に4年間以上論議された事案だ」と答えた。

パク次長は「当時日本国内でも非常に複雑な議論があり、IAEAなどが最終選択過程まで関与した」とし「『現在の放流方式が、科学的先例・安全性などを総合的に踏まえ最も現実的な代案だ』と判断され確定した」と説明した。

つづけて「そのような基調により、(韓国の)前政府から『それならこの放流自体が、どのようにすれば安全になされるのか』ということに全ての力が注がれている段階だ」とし「(それを)再び7~8年前に戻って、その論議を持ち出し始めればきりがないだろう」と語った。

2023/06/27 07:24配信 Copyright(C) herald wowkorea.jp 96

https://www.wowkorea.jp/news/korea/2023/0627/10400853.html

続きを読む

【渡韓ごっこ】東京で「ソウル体感」イベント開催、日本のMZ世代が大集合

1: ばーど ★ 2023/06/26(月) 19:00:10.68 ID:oE53l5E/
ソウル市長が観光客誘致に総力

呉世勲ソウル市長「観光客誘致に総力」

 東京都内にソウル観光PRイベント会場がオープンした。

 ソウル市とソウル観光財団では24日から25日まで、東京・竹芝でソウル観光プロモーション・イベント「2023 SEOUL EDITION in TOKYO」を開催した。

 今年は2003年にドラマ『冬のソナタ』が巻き起こした韓流ブームから20周年に当たる。ソウル観光財団は2023年から24年までを「韓国訪問の年」に指定し、「SEOUL EDITION」をソウル観光のグローバル・マーケティング・テーマとして掲げている。今、この時でなければ出会えない「限定版」のようなソウルの姿を披露するということだ。

 会場は「渡韓ごっこ」をコンセプトに飾られている。「渡韓ごっこ」は新型コロナウイルス感染症の流行真っただ中だった時期、日本のMZ世代(1980年-2010年代に生まれた世代)の間で流行した遊びで、部屋の中を韓国旅行中のように飾り、韓国料理を食べ、韓国のコンテンツを楽しむものだ。イベント会場にソウルを代表する人気スポット「聖水(ソンス)」「弘大(ホンデ)」「乙支路(ウルチロ)」「江南(カンナム)」を再現した各コンセプトのブースを設け、入場者たちが「4コマ写真」などソウルのMZ世代のカルチャーを体験できるようにした。

 このイベントでは「Kアイドル・ファッションショー」も開催された。BoA(ボア)やSHINHWA(シンファ)など第1世代K-POPアーティストを皮切りに、第2世代の東方神起、第3世代のBTS(防弾少年団)、BLACKPINK(ブラックピンク)、第4世代のNewJeans(ニュージーンズ)、Stray Kids(ストレイキッズ)など人気K-POPアイドルグループの衣装を着た日本人たちがファッションショーを行った後、カバーダンスを披露した。続いて6人組男性アイドルグループBTOB(ビートゥービー)が会場を訪れ、ステージに登場した。

 会場であいさつをした呉世勲(オ・セフン)ソウル市長は「ソウルは国際的にとても『ヒップ』な都市ですが、(訪韓する日本人観光客の数は)残念ながら韓国人が日本に観光で来るのと比べると4倍ほどの差があります」「円安なのにもかかわらず、我々の努力が足りなかったことを反省し、日本人観光客が韓国にもっと大勢いらっしゃれるよう努力します」と強調した。

キム・フィウォン記者

朝鮮日報 2023/06/26 16:08
https://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2023/06/26/2023062680053.html
no title

続きを読む
スポンサーリンク


アーカイブ
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト