脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

2022年06月

【国内】 “リターンカラス” 新大久保に大群…「韓国料理」が好物? “凶暴で襲撃”も

1: 荒波φ ★ 2022/06/29(水) 15:30:01.71 ID:CAP_USER
※ソース元にニュース動画

繁華街に戻ってきたのは、人だけではありませんでした。コロナ禍前のように、都内にカラスの大群が姿を見せ始めています。

■“東京のコリアンタウン”カラスの餌場に…

18日午前4時の東京・新大久保。朝焼けの空を一羽、また一羽と集まってくるカラスたち。電線にカラスが止まっています。

狙っていたのは、ごみ袋です。ごみ箱のふたが半開きになっているので、くちばしでつついて、ごみ袋の中からごみを出してしまっています。

ものの数分で、先ほどカラスが集まっていた場所は、ごみが散らかってしまっています。

日中は多くの人でにぎわう、新大久保。“東京のコリアンタウン”とも言われ、本場の韓国料理などを楽しめる場所として、若い世代に人気の街です。

そこが今、カラスに餌(えさ)場として狙われているのです。

■子連れで狂暴化…“通行人襲撃”も「不安」

午前5時を過ぎるころ、その数はピークに達します。大久保通りの一角に、50羽近くが集まっていました。カラスが止まっていた場所のすぐ下には、フンの跡がたくさんあります。

近隣住民:「急いでる時に肩にフンが落ちてきた。ウェットティッシュを持ち歩いているので、それで(拭いた)」

近隣住民:「やばいよ、カラスの鳴き声で起きるもんね。怖いですよね、いつ襲われるか分からないから」

近隣住民も恐れる、このカラス。主に都内に生息する「ハシブトガラス」という種類で、埼玉県などの郊外にいる「ハシボソガラス」よりも大柄で、くちばしが太いのが特徴です。

通行人にも、お構いなしで飛んでいきます。人に慣れたカラスは、時に襲ってくることもあります。

気性が荒くなる繁殖期(4月から5月)は過ぎていますが、子どもと行動を共にする親ガラスは、時に凶暴になります。近くを歩く時には、注意が必要だといいます。

東京大学名誉教授・樋口広芳氏:「帽子をかぶったり、日傘を差したり、両手を上にして歩くと襲われないです。翼が何かに当たることを非常に嫌がるので、腕の間を抜けられないので、カラスは避けていく」

■廃棄された「食材」…カラス「好物」と一致

それにしても一体なぜ、新大久保にカラスが大量に集まっているのでしょうか?

その理由は、この街ならではの“ごみの特徴”にありました。

東京大学名誉教授・樋口広芳氏:「韓国料理だと、焼肉屋の関係で肉片が多い。肉に付いている脂肪分とかが大好き。(カラスの)好みのものがたくさんある」

「サムギョプサル」や「チーズタッカルビ」など、肉がメインになることが多い韓国料理。廃棄された食材などが、カラスの好物と一致するというのです。

確かに、取材を進めると、肉の塊をカラスが取り合っています。鶏肉の皮のようなものを食べています。ごみ袋から引っ張り出した肉に群がっていました。

散らかったごみの清掃にあたる業者は、次のように話します。

清掃業者:「(カラスが)ここ最近、異様に増えていますよ。鳥たちも生きるのに必死だから、食べ物があるところに寄ってくる」

■大量の生ごみ…カラスに「絶好のチャンス」

新大久保のカラスは、最近になって増えてきたというのです。一体なぜなのでしょうか?

東京大学名誉教授・樋口広芳氏:「コロナが収まってきて飲食店が再開し、たくさんの生ごみが出されるのは、カラスとしては、絶好のチャンス。カラスが集まって袋を食い破って中のおいしいものを食べる。それを離れた所で見ているカラスも皆、集まってくる」

大量のカラスは、新大久保が活気を取り戻した証しでもある一方で、新宿区はごみにネットを掛けるなど、対策を呼び掛けています。

(「グッド!モーニング」2022年6月29日放送分より) [2022/06/29 12:21]
https://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000259555.html

続きを読む

【韓国】「壬辰倭乱当時、日本は朝鮮人の奴隷化に血眼になっていた」=本日放送

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2022/06/29(水) 10:45:04.34 ID:CAP_USER
壬辰倭乱(文禄・慶長の役)当時の日本の略奪行為について、今日の『裸の韓国史』で教科書の内容以上に集中的に取り上げられる。

29日、tvN Story『裸の韓国史(演出=キム・ヒョンオ、チョン・ミンホ、キム・ギジヂュン)』の製作スタッフは、今夜8時20分から放送される第10回のプレビューを公開した。

『壬辰倭乱、日本はなぜ陶磁器を狙ったのか?』がテーマの『裸の韓国史』第10回は、韓日両国の交流史を研究する湖西(ポソ)大学校のノ・ヘギョン教授とヒストリテラーのチェ・テソン、固定パネラーである格闘技選手のキム・ドンヒョン、タレントのチョナダン(Jonathan)、チャン・エウォンなどが出演する。

この日の放送では、教科書では流れを中心に概略的な叙述だけだが、壬辰倭乱の隠れた物語が取り上げられる。

(キャプチャー)
no title

▲ 『裸の韓国史』

特に、「捕らえた朝鮮人を牛や馬のように扱いながら荷物を運ばせた。そのレベルが過激すぎて目を覆うほどだ」という表現とともに、丁酉再乱の当時、朝鮮人を奴隷にするための日本の蛮行『陶磁器戦争』という別名とも呼ばれる背景を詳細に取り上げると予告され、関心を集めている。

また、陶磁器で有名な日本の有田地域で『陶磁器の神』と呼ばれる『イ・サムピョン(李参平)』を紹介し、「丁酉再乱(慶長の役)の際、奴隷として連行された朝鮮人と推定されている」と明らかにし、関連したエピソードを話す様子も注目される。

一方、tvN STORYオリジナルの歴史芸能『裸の韓国史』は、韓国史の巨星であるチェ・テソン先生が送る簡単で面白い韓国史ストーリーテリングショーで、毎週水曜日の夜8時20分からtvN STORYで放送されている。

ソース:電子新聞(韓国語)
https://www.etnews.com/20220629000026

続きを読む

【日韓】 「参議院選挙で良い結果が出ることを願う」 韓国の尹錫悦大統領と岸田総理が“立ち話”

1: 荒波φ ★ 2022/06/29(水) 10:10:54.64 ID:CAP_USER
NATO首脳会議出席のためスペイン・マドリードを訪問中の岸田総理と韓国の尹錫悦大統領が28日、国王主催の晩餐会で「立ち話」を行ったと韓国政府が発表した。

この中で岸田総理が大統領就任と地方選挙での勝利を祝ったのに対し、尹大統領は「参議院選挙で良い結果が出ることを願う」とした上で、「私と政権幹部は選挙後、両国間の懸案を早急に解決し、未来志向的に進む考えだ」と述べたという。

これに対し岸田総理も「大統領が日韓関係のため努力している事を知っている。より健全な関係に発展できるよう努力しよう」と応じたとしている。対話は3~4分ほどで、今後の対話継続でも一致したという。


2022/06/29 10:01
https://times.abema.tv/articles/-/10029461

続きを読む

【Netflix】 「嘲弄されても韓国ドラマ以外見るものない」日本は苛立ち?『ペーパー・ハウス』に、悪い事をする名前“東京”

1: LingLing ★ 2022/06/29(水) 00:02:17.31 ID:CAP_USER
「嘲弄されても韓国のもの見れない苛立ち?」日本どうしてこんな感じ?

[ヘラルド経済=パク・ヘリム記者] 「韓国に嘲弄されても韓国ドラマ以外には見るものがない」

日本Netflixで、韓国オリジナルコンテンツ「紙の家(ペーパー・ハウス):共同経済区域」が公開と同時に1位に上がった。「悪いことをしないといけないので、芸名をトーキョーと付ける」という内容の台詞が登場するにも関わらず、爆発的な人気を得て、一気に1位の座を占めた。

27日、グローバルオンライン動画ストリーミング(OTT)順位集計サイト・フリックスパトロール(Flix patrol)によると、前日の26日、日本NetflixTVショー部門の「人気トップ10」1位に、「紙の家:共同経済区域」の名前が上がった。

「紙の家:共同経済区域」は2026年、統一を控えた韓半島の統一造幣局を背景で、そこに潜入した人質強盗団が4兆ウォンという巨額の資金を盗む内容を描いている。スペインで製作された同名の原作をリメイクして、公開前から大きな注目を集めた。これのお蔭で、前日基準にして全世界NetflixTVショー部門3位に安着した。

しかし、一部からは日本での興行が意外だという評価が出ている。『紙の家』リメイク過程で、原作になかった日本を否定的に描く台詞が含まれたためだ。

『紙の家』の中の強盗団は、全世界の都市の名前を取った芸名で活動する。この中で、日本「トーキョー」を芸名に選んだ女優チョン・ジョンソは、「よりによって、何で名前がトーキョーなの?」と尋ねる相手俳優の質問に、「そりゃ、悪いことをするでしょ」と答える。悪いこと(窃盗)をするため、かつて朝鮮を強制的占領した日本の首都を付けたということだ。

これまで、日本は韓国コンテンツに対する評価が消極的なのはもちろん、自国に否定的なコンテンツは排斥してきた。端的な例として、日帝植民支配と在日同胞に対する差別など、日帝強占期時代の状況を描いた韓国系米国人作家イ・ミンジンの小説『パチンコ』の場合、2017年11月に米国で初めて出版された後、3年が経ってやっと日本で出版されることになった。韓国では2018年に出版されたものだ。AppleTVがオリジナルコンテンツで製作した『パチンコ』ドラマが全世界に公開された後も、日本では現地世論を意識して、これといった広報すら行われなかった。

実際、日本コミュニティなどでは『紙の家』公開以後、当惑しているという反応が相次いだ。「東京をディスる」、「韓国が米国の黙認の下、日本に憎悪を表わすようだ。日本の孤立感を表してるようで気にかかる」という書き込みが相次いだ。

ただし、日本国内の否定的な世論とは違い、『紙の家』は興行を継続する展望だ。全世界で大きな人気を得た『イカゲーム』を筆頭に、日本Netflix内で韓国コンテンツの強勢が続いているためだ。今年、日本Netflix上半期の人気順位トップ10で、9つの韓国コンテンツがその座を取ったことが、これを傍証する。これは、昨年(トップ10のうち韓国コンテンツ6)と比べて大幅に伸びた数字だ。

実際、日本のコミュニティでは劇中でトーキョーが北朝鮮出身であることを取り上げ、「日本と北朝鮮は明確な敵対国であり、北朝鮮人が東京を好意的に描くことが逆に不思議だ」との擁護のコメントも少なくなかった。

パク・ヘリム

ソース ヘラルド経済(韓国語)
https://n.news.naver.com/mnews/article/016/0002008158
42

続きを読む

【韓国農村振興庁】 「コシヒカリ」などの日本の稲の品種、国産に完全代替

1: 荒波φ ★ 2022/06/27(月) 15:25:08.80 ID:CAP_USER
韓国農村振興庁は京畿道利川(キョンギド・イチョン)産の「王様印の利川米」の原料穀として使われていた外来稲品種を国産品種に完全に代替したと27日、明らかにした。

王様印利川米の原料穀には日本の品種である「コシヒカリ」と「アキバレ」が使われていた。これらの品種は病害虫に弱くて倒れやすく、品質は落ちるものの、消費者に人気で首都圏と中部地域で栽培されてきた。

農村振興庁は2016年から利川市と協力して「需要者参加型品種開発研究」(SPP)を推進した結果、今年これらの品種を「ヘドゥル」「アルチャンミ」など国産品種で完全に代替することに成功した。

農業振興庁が利川市とともに開発したヘドゥルとアルチャンミは栽培がしやすく、ご飯の味と品質が優れた品種で、今後忠清北道鎮川郡(チュンチョンブクド・ジンチョングン)や清州市(チョンジュシ)などにも普及させる予定だ。今年約1万ヘクタール規模で栽培されるものとみられる。

農村振興庁中部作物課のコ・ジョンチョル課長は「最高品質の国産稲栽培を拡大するために、生産者・農協・米穀総合処理場と引き続き協力していく」と話した。


中央日報日本語版 2022.06.27 13:38
https://japanese.joins.com/JArticle/292574

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト