脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

2022年04月

【韓国】『現代自動車』日本進出に失敗したのは「軽・小型車がなかった」からだ

1: 昆虫図鑑 ★ 2022/04/30(土) 09:10:55.77 ID:CAP_USER
読者の皆さまもご存じのどおり、韓国の『現代自動車』が日本に再進出しています。

『現代自動車』は2001年に日本の乗用車市場に進出して2009年に撤退。2022年、13年ぶりに日本に再上陸しました。

以下のように原宿にはショールームができています。

no title



↑日本に進出した『現代自動車』が渋谷区に設置した「Hyundai House Harajuku」/PHOTO(C)『現代自動車』。

今回の再進出では電気自動車「IONIQ5」、水素自動車「NEXO」をメインに販売しています(基本的にオンライン販売だけ)。

電気自動車と水素自動車、つまりエコカーで日本市場を攻略できると考えているのですが、裏を返せばそれ以外に日本市場を攻略する切り口が見つからなかったともいえます。

『現代自動車』としては、世界第3位の自動車市場である日本において、シェアゼロというのは看過できなくなったという事情があります。

なにせ世界最大の中国市場でシェアが0%に近付いていますので、どこかで取り返さないといけないのです。

問題は、今回の日本再上陸に勝機があるのか?という点です。

前回なぜ失敗したのかについて『ChosunBiz』が興味深い分析を披露していますので、以下に記事の一部を引用してみます。

(前略)
日本は軽・小型車を好むという販売傾向がはっきりした地域だ。

過去の『現代自動車』の日本進出敗因もここにあるという分析が多い。

中型車級以上のソナタ、グランジャーなどを中心に事業を展開して失敗を味わったからだ。
(後略)
⇒参照・引用元:『ChosunBiz』「日서 ‘테슬라 전략’ 쓰려는 현대차, 부족한 AS가 숙제」

日本は軽自動車・小型自動車を好むのに、中型車以上の車種を中心に販売したために失敗した――と書いています。

果たしてそうでしょうか?

他に思い当たる失敗の原因はないのでしょうか。

(吉田ハンチング@dcp)

https://money1.jp/archives/79392

続きを読む

【聯合ニュース】強制徴用・慰安婦問題「速やかに日本と協議開始」 韓国外相候補

1: 昆虫図鑑 ★ 2022/04/29(金) 18:28:55.22 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国の尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期政権の外交部長官候補、朴振(パク・ジン)氏は29日、金弘傑(キム・ホンゴル)国会議員(無所属)に提出した書面答弁で、韓日間の懸案となっている歴史問題について「強制徴用、旧日本軍の慰安婦などに関する対日協議を速やかに開始し、両国の共同利益に合致する方向で合理的な解決策を模索する」との考えを示した。

 朴氏は与党「共に民主党」の尹建永(ユン・ゴニョン)議員に提出した答弁でも「新政権発足による関係改善のモメンタム(勢い)を生かし、硬直した局面を打開して共同の利益と価値に合致する未来の韓日協力関係を構築する」としながら、「首脳間のシャトル外交の復活など高官級の交流を活性化させて両国間の信頼を回復し、共同利益に合致する方向で諸懸案の包括的解決を模索する予定だ」と説明した。

 朴氏はこのほか、韓中関係では今後首脳間の相互訪問を実現するとともに、高官級の戦略的意思疎通を活性化させることで韓中間の懸案に対処していくと述べた。

中国が激しく反発する米最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の追加配備を巡っては「北の高度化した核・ミサイルの脅威に対する対応能力を強化するため、どのような方策が最も適しているか慎重に検討する計画だ」と明らかにした。

聯合ニュース

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2022/04/29/2022042980186.html

続きを読む

【文大統領】「K-防疫は我々の自負心だ。 世界が認める成功モデルだ。 韓国は防疫模範国になった」

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2022/04/29(金) 09:47:12.02 ID:CAP_USER
文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、「K-防疫は我々の自負心だ。世界が認める成功モデルで大韓民国の国際的地位を高めるのに大きく寄与した」とし
「決して非を打てない誇らしい成果」と述べた。

文大統領はこの日、青瓦台迎賓館で新型コロナ防疫現場で働く医療スタッフと公務員を招待して懇談会を開いた。

文大統領は「皆さんのおかげで未曾有の感染病危機にうまく対応し、国民生命と安全を守って日常に戻ることになった」とし「本当に苦労が多かった」と述べた。


文大統領は最後の発言で「コロナ初期には2、3カ月間ほどと考えていたが、もう少しもう少しと思いながら2年以上続いた」とし
「皆さんの苦労のおかげで韓国は防疫模範国になった」と述べた。

文大統領は「首脳外交で最も大きな賛辞を受けたのは防疫だった」とし「わが国は封鎖もなかったし、
総選挙もうまく実施し、外国の首脳は『韓国があたかも(コロナ対応を)準備していたかのように対応した』と羨んでいた」と伝えた。
https://japanese.joins.com/JArticle/290507?servcode=200§code=200#:~:text=%E3%83%AF%E3%82%AF%E3%83%81%E3%83%B3

続きを読む

顔を変え名前も変え「別人」に〝人間ロンダリング〟の国 韓国 日本の「対韓入国管理」は大丈夫か

1: 昆虫図鑑 ★ 2022/04/28(木) 08:34:28.99 ID:CAP_USER
パスポートや運転免許証に記載される「法律上の正式な名前」を変え、顔も変えられたら…。悪事を重ねたり、過去から決別したい人間からすれば、夢のような話だ。

しかし、韓国では、個人名の法律上の改名が簡単にできる。そして、世界に冠たる「美容整形大国」だ。あっという間に別人に生まれ変われる。日本の「対韓入国管理」は大丈夫だろうか。

このところ、韓国メディアの報道から「美容整形」に関する記事がほとんど消えた。美容整形が減ったからではない。女性ばかりか男性も、だれでもする「当たり前」になりすぎて、報道価値がなくなったのだ。

韓国人女性の合計特殊出生率(=1人の女性が生涯に産む子供の数)は、世界史上に類例がないほどの激減を続けている。2021年は0・81。22年は0・7台への下落が必至だ。

若者の就職難など「経済的理由」があるとされている。だが、「本当の理由は、整形した自分の顔とは、まったく違う顔の子供が生まれてくるのが恐ろしいからだ」という説もある。

韓国でいう美容整形とは、瞼(まぶた)を二重にする程度ではない。鼻の高さや形を変えて、エラ骨を削り…。何回か手術を受ければ、卒業アルバムに載った顔とはまったく別の顔になる。

そして、芸名や自称の名前ではなく、法律上の名前を変えれば、〝人間ロンダリング〟だ。

韓国での改名は以前、家庭裁判所が「よほどの事情がある」と認めない限り、許可されなかった。だから申請者そのものが少なかった。

ところが、05年、最高裁判所が〝真逆の指針〟を示した。「名前を付けられたときの赤ん坊には抵抗権がない」、従って「特別な理由がない限り、個人の権利保障の次元で改名を許可しなければならない」と。

つまり、「原則不許可」から「原則許可」に大転換したのだ。

左派の盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権下の最高裁判所…。もしや、スパイ摘発を担当する情報機関や、警察による容疑者の人定作業を妨害する目的もあったのではないかと私は疑っている。

家裁に出向かなければならず、裁判費用もかかるが、19年には14万余が改名を申請し、94・3%が許可された。10年から19年までの改名者は146万人(朝鮮日報21年9月26日)。すでに国民の3%が改名したということだ。

一連の朴槿恵(パク・クネ)疑惑事件の事実上の主犯である崔順実(チェ・スンシル)氏は2回も改名している。

尹錫悦(ユン・ソンニョル)次期大統領の夫人である金建希(キム・ゴンヒ)氏も実は改名後の名前とされる。彼女の「易占好き」はかねて噂になっている。

問題は、そうした有名人のことではない。犯罪者が顔と名前を変えてしまうことだ。改名申請に当たって「犯罪経歴証明書」(=犯罪に関与したことがないとの証明書)の提出が必要ないというから驚きだ。

実際、容疑者が〝人間ロンダリング〟したことで逮捕が遅れたり、大地主と同姓同名になり土地を詐取したり…といった事例が報じられている。

例えば、日本で借金を踏み倒した人間が母国で〝人間ロンダリング〟して再入国することは十分にあり得る。韓国は政権が変わるたびに〝国ごとロンダリング〟してしまう国でもあるが…。

(室谷克実)
https://www.zakzak.co.jp/article/20220428-QNUR3CXAK5IVLHFGV6GISIRRJM/

続きを読む

【ハンギョレ】韓日政策協議団長「歴史問題、片方だけでは解決できないことを日本側に伝えた」

1: 昆虫図鑑 ★ 2022/04/29(金) 10:43:36.19 ID:CAP_USER
尹錫悦(ユン・ソクヨル)次期大統領が日本に派遣した「韓日政策協議代表団」の団長を務めたチョン・ジンソク国会副議長は、強制動員被害者に対する賠償判決などの懸案について、「『孤掌鳴らし難し』(片手で音は鳴らせない)ということわざがあるように、一人では事を成し遂げられないということを日本側に明確に伝えた」と述べた。

 チョン副議長は28日、東京都内のホテルで韓国の特派員たちに対し、「歴史問題において日本は、具体的な解決策を提示するよう韓国側に対して言っているが、それではいけない」とし、「孤掌鳴らし難しという表現を用いて、韓日が勇気、知恵、忍耐を結集してこそ解決しうるということを日本側に重ねて強調した」と述べた。

 同氏は、日本軍「慰安婦」問題については、「(2015年韓日慰安婦合意が)両国の公式な合意であることを認める。同時に被害者の名誉を回復し、心の傷を癒すという基本精神を見過ごしてはならないということを日本側に話した」と強調した。強制動員被害者に対する賠償を命じた判決に沿った「現金化」の手続きが進められていることについては、「日本の問題提起があった」とし、「これに対して、今の韓日関係がこれ以上悪化することを放置しはしないと答えた」と述べた。チョン副議長は、韓国代表団が自民党議員との面談の過程で、「日本の資産の現金化はさせない」との強い意向を伝えたという日本メディアの報道については、「そのような表現は使ったことがない」と述べた。

 チョン副議長は、韓国は6月1日の地方選挙以降、日本は7月10日の参議院選挙以降は大きな選挙日程がないということにも言及した。同氏は「韓日が対話する時間は十分にある。この問題は焦って解決できる事案ではない」とし、「今回、尹次期大統領の韓日関係改善の意志を十分に伝え、日本が共感したと感じた」と話した。

 今月24日に日本を訪問した韓国代表団は、日本の政、官、財界などの関係者に会い、26日の岸田文雄首相との面談では韓日関係改善を望む尹次期大統領の親書を手渡した。代表団は28日午後に韓国に帰国する。

東京/キム・ソヨン特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )


http://japan.hani.co.kr/arti/international/43309.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト