脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

2020年10月

「世界の法と秩序」ランキングで中国3位、日韓は…米調査会社

1: 首都圏の虎 ★ 2020/10/29(木) 13:20:32.95 ID:CAP_USER
米調査会社ギャラップが27日に発表した「世界の法と秩序(Global Law and Order)」報告書のランキングで、中国が3位になった。環球網など複数の中国メディアがこれを取り上げ、「“夜道が怖くないランキング”で中国は5位だった」と伝えている。

ギャラップによると、ランキングは当該地域の市民の地元警察に対する信用、夜間に一人で出歩くことへの安心感、過去1年間の窃盗や傷害などの事件の発生状況などを総合的に評価したもので、得点が高いほどその地域で生活する人の安心感が高いことを示している。調査は2019年に144の国と地域のおよそ17万5000人を対象に行われた。

ランキングのトップ10は、シンガポール(97点)、トルクメニスタン(97点)、中国(94点)、アイスランド(93点)、クウェート(93点)、ノルウェー(92点)、オーストリア(92点)、スイス(92点)、ウズベキスタン(92点)、UAE(92点)だった。

一方、ワースト10は、メキシコ(61点)、ボツワナ(61点)、シエラレオネ(60点)、ウガンダ(59点)、ガンビア(58点)、南アフリカ(57点)、リベリア(54点)、ベネズエラ(54点)、ガボン(52点)、アフガニスタン(43点)だった。

その他の主要な国と地域では、台湾(90点)、インドネシア(89点)、サウジアラビア(89点)、ドイツ(86点)、カナダ(86点)、ベトナム(86点)、日本(85点)、米国(85点)、フランス(85点)、豪州(84点)フィリピン(84点)、英国(83点)、マレーシア(83点)、韓国(83点)、イラン(81点)、タイ(80点)、インド(79点)、香港(76点)、ロシア(74点)、ブラジル(67点)などとなった。

報告書にはこのほか、「夜間に一人で出歩くことへの安心感」のトップ10とワースト10も掲載されており(※調査対象となったすべての国・地域のランキングは未掲載)、中国(90点)はシンガポール(97点)、トルクメニスタン(93点)ノルウェー(92点)、UAE(92点)に続いて5番目だった。なお、下位はベネズエラ(29点)、ガボン(28点)、アフガニスタン(12点)だった。(翻訳・編集/北田)

https://www.recordchina.co.jp/b848462-s0-c30-d0052.html
no title

続きを読む

【韓国】日本のマスコミが騒ぐ「韓国軍のクーデター」は本当に可能なのか?未熟な国家・国民だと見下す、日本の対韓観の反映

1: 新種のホケモン ★ 2020/10/29(木) 20:12:39.97 ID:CAP_USER
韓国軍はクーデターを起こせるのか?

 韓国のムン・ジェイン(文在寅)政権を巡り、しばしば日本のスポーツ紙を始めとした韓国について非専門的な日本のマスコミが騒ぐことがある。韓国軍が米国の支持・黙認の下、「反共(反北・反中)」の国体を守るとの名目・大義名分を掲げてクーデターを起こす可能性のことだ。

 かつて”反米の民族主義”を推進していて、今の文在寅大統領が大統領秘書室長を務めていたノ・ムヒョン(蘆武鉉)政権時(2003年~2008年)にも同様だったと記憶する。”親米”政権、つまり迂回して”親日的”な政権を打ち立てるだろうとの記事を目にすると、果たしてその可能性はあるのだろうか、と確かめたくなる。

 しかし、朝鮮半島(韓半島)の研究をすればするほど、関連の専門家であるほど、もしくは場合によっては素人の日本人や韓国人が韓国社会に詳しく理解するほど、その可能性については否定的なのだ。

 かつて「朝日新聞」記者として韓国に関わり、”コリア関係”の著作もある田中明氏は、パク・ジョンヒ(朴正熙)政権以来の約30年間の軍事政権は、儒教的な「尚文(尚武の対義語)」文化が根強い半島史においては、軍人が政権・実権を掌握する「例外」の時代と説明する。また日本統治下の約35年間も、その例外的な「尚武」文化の時代と解釈される。

 むしろチョン・ドゥファン(全斗煥)11代・12代大統領、故ノ・テウ(盧泰愚)13代大統領などの軍事政権の末期以降の民主化は、「尚文」文化への揺り戻しだと解釈されている。つまり文化的に、韓国人・韓国国民の感情・感覚において、軍事政権は勿論、クーデターは受容し得るものではないと言うのだ。

 更にその後、アジア通貨危機に端を発したIMF事態で、韓国を経済危機に陥れた”戦犯”として評価のイマイチな故キム・ヨンサム(金泳三)14代大統領だが、彼の政権下における軍隊に関する諸改革が、実際的な面においてクーデターを不可能なものにした。

 具体的には

1、政軍関係における法的な「政治」の優位確立、

2、文民統制や軍人の言動への監視の徹底に関する法制度化、

3、ハナ会(朴、全、盧らと同郷出身者の地縁を基に結成された軍隊内の結社・派閥)の解散と構成員への追放・退役処分などの措置、

4、人事・任期を厳格に運用する事で属人的な軍隊内のコネクションや関係発生の根絶、

5、人事考課上の軍人の高学歴化推奨や「公務員化」や「軍事官僚化」推進、

6、「野戦軍人」「戦闘指揮官」への低評価、

等だである。

 数人の韓国軍将校らの知己にこの問題に関して聞くと、特に日本のスポーツ紙を始めとした媒体においてクーデター説が堂々と紙面を飾っていると指摘すると、「話にならない」「論外だ」と言う反応だった。

 また、「個人の将来設計・人生設計において割に合わない」「頑張ってもクーデターを起こし得るような資源・リソースの確保は1980年代以前と違って今は不可能だ」と言う現実的な回答を得ている。正直「国家や国民」の為にならないと言う回答が皆無だったのは残念だが、全員が冗談以外の何物でもないとの反応だった。

 しばしば日本のメディアで目にする「韓国軍クーデター」言説だが、韓国国民の文化や情緒に合わず、軍人がクーデターを起こし得るような環境に無いのだ。そもそも韓国の軍人に与えられている資源・リソースの確保が今は難しく、不可能と言っても過言ではない。

 従ってこのような「韓国軍クーデター」言説は単なる冗談、もしくはクーデターが頻発する未熟な国家・国民だと見下す、そんな日本の対韓観の意識的・無意識的な反映ではないかと危惧してやまない。

WoW!Korea 10/29(木) 19:48
Copyrights(C)wowkorea.jp
https://news.yahoo.co.jp/articles/ed8d9d594cf11ddf54440a733dcaa37d18773eff

続きを読む

【韓国GM協力企業】「どうか助けて」…労組の残業拒否撤回を要求 倒産に直面する最悪の事態を迎えかねない

1: 新種のホケモン ★ 2020/10/28(水) 17:30:00.50 ID:CAP_USER
韓国GM労働組合が23日に残業と特別勤務拒否に突入した中で、協力企業が「生産中断が続く場合倒産しかねない」として賃金・団体交渉の早期終了を要求した。

韓国GM協力企業の団体である韓国GM協信会は28日に立場文を出し、「韓国GMの賃金・団体協約交渉問題が早期に終了しなければ流動性が弱い協力企業は倒産に直面する最悪の事態を迎えかねない」と明らかにした。

◇「政府支援金もまともに執行されず」

協信会は「政府が数回にわたり自動車協力企業金融支援案を発表したが、資金は必要な企業には支援されなかった。多くの企業が支援をあきらめ自主的に資金を調達して耐えている非常に不安な状態」と主張した。

続けて「いまの協力企業の状況を見れば1日2日の生産中断も発生してはならない」と強調した。協力企業も韓国GMの下半期生産計画に合わせて投資と人員を投じたが、生産が中断されればそうでなくても上半期に新型コロナウイルスで大きな損失を出しているのに会社運営が不可能な企業が続出するという話だ。

◇「1日2日だけ生産中断しても致命的」

新型コロナウイルスの影響で韓国GMは上半期の生産計画を30%減らした。すでに流動性危機に陥っている協力企業も多い。韓国GMの協力企業は2976社、従業員は13万人に達する。

協信会は「今年の残り期間に生産を最大化しこれまでの損失を一部回復することが絶対的に重要だ。韓国GM労使は早期に交渉が妥結できるよう最善を尽くしてほしい」と訴えた。

韓国GM労組は上級団体である民主労総金属労組の指針に従い月基本給12万304ウォン引き上げと通常賃金400%に600万ウォンを加えた成果給支給を要求している。だが会社側は経営難に新型コロナ流行まで重なり難色を示している。韓国GMの6年間の累積赤字は3兆ウォンに達する。また、新型コロナで9月までの販売台数は前年同期より12.9%減った。

韓国GM労組は22日に19回目の交渉が決裂した後、平日の1時間追加残業と週末の特別勤務8時間などを拒否することに決めた。また、23日の賃金団体交渉報告大会に組合員を4時間ずつ参加させて操業時間を減らした。勤務時間短縮という部分スト形式で会社を圧迫したものだ。

会社側は労組のこうした争議行為により1700台以上の追加生産支障が発生すると懸念している。会社側は21日の18回目の交渉でコロナ危機克服激励金50万ウォン、年末に業績が損益分岐点を超えれば来年の成果給30万ウォン追加支給とともに富平(プピョン)第1工場の設備に約2150億ウォンを投資すると労組に提案した。賃金交渉周期を2年にするよう求め、従来提示していた成果給470万ウォンと合わせ550万ウォンを払うと提案した。

労使は27日午後に20回目の交渉を実施したが膠着状態に陥った。

中央日報日本語版 10/28(水) 17:11
https://news.yahoo.co.jp/articles/72bd559349c8acffc434269d9bd40364708e96e4

韓国GM協信会のムン・スン会長(中央)と協力企業代表が立場文を手にしている。[写真 韓国GM協信会]
no title

続きを読む

【文大統領】「EV・FCVに1.8兆円以上投資」 25年までに また自動運転車で27年に世界初となるレベル4の商用化を目指す

1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/10/30(金) 15:40:20.77 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は30日、現代自動車蔚山工場を訪れ、2022年を未来の自動車の大衆化元年として普及を急ぐとし、25年までに電気自動車(EV)や燃料電池車(FCV)など環境にやさしいグリーンモビリティーに20兆ウォン(約1兆8500億円)以上を投資する計画を明らかにした。

 文大統領はEVメーカーの米テスラが世界の自動車メーカーを抜いて企業価値1位になったとしながら、未来の自動車は自動車産業の勢力図を完全に塗り替えていると説明した。

 政府が発表した韓国版ニューディール事業に関連し、文大統領が現場を訪れたのは今回で7回目。同事業のグリーンニューディールにはグリーンモビリティーが含まれる。

 文大統領は、韓国は30年に未来の自動車で競争力1位となる目標に向けて着実に歩んでいるとして、今後5年が未来の自動車の市場をリードするために最も重要な時期になるとの考えを示した。

 また、▼未来の自動車の普及拡大▼輸出主力産業の育成と雇用拡大▼未来の自動車を中心とした産業生態系(エコシステム)への転換――を3大育成戦略として打ち出した。

 文大統領は25年までにEV113万台、FCV20万台を普及させ、北米、欧州、中国市場への進出を促進するとした上で、2次電池の素材・部品・装備(装置や設備)を年間売上高13兆ウォンの新産業として育てると表明した。 

 また自動運転車で27年に世界初となるレベル4(高速道路など一定の条件下での完全自動運転)の商用化を目指すほか、事業支援団を作って30年までに自動車部品メーカー1000社が未来の自動車事業に転換できるよう支援すると明らかにした。

聯合ニュース 2020.10.30 15:10
https://m-jp.yna.co.kr/view/AJP20201030002100882?section=economy/index

no title

現代自動車蔚山工場で、鄭義宣(チョン・ウィソン)現代自動車グループ会長の説明を聞きながら視察する文大統領=30日、蔚山(聯合ニュース)

続きを読む

【話題】 「鬼滅の刃」の韓国公開発表 「文在寅」の「反日不買」運動を一瞬で破壊した底力

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/10/30(金) 12:53:40.34 ID:CAP_USER
文在寅政府主導の反日運動が続く韓国社会で、日本のアニメとゲームは相変わらず怒涛の人気を博している。

最近公開された劇場版「鬼滅の刃 無限列車編」(以下「無限列車」)。日本国内で300万人以上の観客を動員して歴代興行記録を塗り替えるなど
爆発的な人気を集めていることが韓国で報じられ、映画に対するファンの関心を集めている。

ユニクロを買わず、寿司を食べないなど、日常生活で反日不買運動を主張するが、
一方でゲーム機(プレイステーション)や自動車、カメラなど、先端技術の分野を中心に、
日本の先進性を消費する両面性を見せる「選択的不買」、「選択的反日」は、「無限列車」にはまった韓国人にもそのまま反映されている。

韓国の「無限列車」輸入会社SMGホールディングスは27日、韓国で「無限列車」が12月に封切られると発表した。

日本で16日に封切られた「無限列車」は公開初日から3日間で興行収入が過去最高の45億円を記録し、
公開10日目の25日には累積観客数798万人、過去最短で約100億円を突破。

2016年に興行収入250億3000万円を記録し、日本アニメーション歴代2位となった「君の名は」以来4年ぶりの快挙に。

この状況が続けば、興行収入308億円をあげて歴代1位となった宮崎駿監督のアニメーション映画作品
「千と千尋の神隠し」(2001年)の記録を塗り替えるかもしれない。

2016年の初連載時から韓国でも人気だった「鬼滅の刃」。

日本の大正時代を背景にしており、日本の歴史と文化に対する韓国人の深い関心と愛情を見て取ることができる。
鬼に家族を殺された主人公が力をつけ、鬼を退治する成長物語は、競争だらけの社会を生きる韓国人の共感を引き出している。

日本在住の韓国人は公開当日から「無限列車」を観た感想をブログに書き出し、「流れる涙をとめることができなかった。
本当におもしろい。鬼滅の刃のファンなら必ず観るべき映画だ」など賛辞を送った。

この感想を見た韓国人は「日本の漫画産業は永遠だろう。韓国でいつ公開されるか分からず、日本に行って映画を観たい」
「日本に居住して幸運だ。観るたびにとても幸せだ」「感動の連続だった。韓国でも早く観たい」などのコメントを残し、「無限列車」への愛情を表現。

これら“無限列車愛”に文在寅政府の“反日不買”の影はなく、“日本賛美”一色に染まっている。

他方、韓国の「鬼滅の刃」人気を推し量ることができる事件のひとつに「ゲーム盗作論争」がある。
「鬼滅の刃」は今年10月、単行本として初めて累積発行部数1億冊を突破したが、その人気に便乗する韓国人の銭ゲバは凄まじい。

4月に発売されたモバイルゲーム「鬼殺の剣」は、「鬼滅の刃」の場面、設定、ストーリー、キャラクターをそっくり模写したものだった。

主人公が幼い頃家族を失ったという設定にはじまり、「鬼殺の剣」のカスミは「鬼滅の刃」の竈門禰豆子、
「鬼殺の剣」のオオカミは「鬼滅の刃」の嘴平伊之助など、外観も似ているキャラクターがあちらこちらに登場する。

盗作だという議論が噴出し、「鬼殺の剣」側は直ちにゲームの販売を中止して、購入者に払い戻す事態に追い込まれたのだった。
さらに関連グッズの売れ行きも絶好調で、韓国最大のオンラインショッピングサイトで「鬼滅の刃」を検索してみたところ、約6万件のアイテムが販売されていた。

1万ウォンから数百万ウォンの炭治郎や禰豆子、我妻善逸などのフィギュアや腕時計、日輪刀、キーリングなど各種キャラクター玩具製品が目につく。

購入者は「娘にプレゼントしようと買った」、「とてもきれいで気に入った」。「すべてのキャラクターを所有したい」、
「誕生日プレゼントで買ったが、友達が心から気に入っている」などの感想を書き込んでいる。

各商品には100余りのレビューがつき、ほとんどが4・5/5・0の評価を得るなど、「鬼滅の刃」関連商品を購入した満足感でいっぱいだ。

「鬼滅の刃」は、慰安婦問題や文在寅政府の反日不買運動を凌駕して、韓国のマニアに慰安と喜びを与えているのだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/5a3d4c4175a6c2c940899b158ade911c2f8e41ff

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト