脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

2020年08月

【日韓併合110周年】ソ・ギョンドク教授が『安倍の嘘』日本語映像をYouTubeに公開

1: Ttongsulian ★ 2020/08/28(金) 15:48:45.17 ID:CAP_USER
2020-08-28 08:01
https://www.yna.co.kr/view/AKR20200828024200371
no title


ソ・ギョンドク誠信女子大学教授は28日、韓日併合条約の締結で国権を喪失した庚戌国恥(1910年8月29日)110周年を翌日に控えて、『安倍の嘘』を主題にした日本語映像をYouTube(https://youtu.be/pYWJYRKRBTU)

に公開した。

3分の映像は安倍晋三日本総理の日帝強占期関連の虚偽発言を中心に、日本の強制動員や侵略の歴史、日本軍慰安婦の内容を集中的に取り扱っている。

『日本政府は徴用工という表現の代わりに旧朝鮮半島出身労働者問題と申し上げる』(強制動員)、『国家次元で性奴隷にしたという根拠の無い中傷が世界で進行されている』(日本軍慰安婦)、『侵略の定義は学界でも、国際的でも定まっていない』(侵略の歴史)などだ。

ソ教授はこの発言を紹介して、それぞれ歴史的な証拠を列挙して偽りであることを指摘した。

映像は日本が過去を真心より謝罪して、その土台の上に新しい未来を一緒に作っていくように願う世界人の希望を紹介した。北東アジアの安定だけでなく世界平和のために安倍総理がもう偽りの歴史発言をしてはいけないと強調した。

ソ教授は「日帝強占期に行われた強制動員や日本軍慰安婦などに関する正しい歴史を日本のネチズンたちに知らせるために安倍総理の実際の発言の声を映像に込めて指摘した」と明らかにした。

続きを読む

【朝鮮日報】 「K-防疫」の善戦が一転…感染者急増で冷淡になった世界

1: 荒波φ ★ 2020/08/28(金) 09:08:56.15 ID:CAP_USER
■台湾やシンガポールなど韓国からの入国者への検疫強化
■「K-防疫」を自画自賛していた政府には屈辱的
■「浮かれるのが早すぎた」自省も


新型コロナウイルスの感染再拡大により、韓国発の旅行者に対する検疫と隔離を強化する国が増えている。わが政府が自慢してきた「K-防疫」に対して門を閉ざし始めたのだ。

外交部(省に相当)などが27日に明らかにしたところによると、かなりの数の国・地域が韓国発の入国者に対する検疫を強化している。26日現在で韓国国内の1日当たりの新型コロナ新規感染者が400人を超えたことに伴う措置とみられる。

台湾の保健当局は27日、ビジネス目的の短期入国者に限って自己隔離期間を短縮できる「新型コロナウイルス中低リスク国」リストから韓国を除外したと発表した。

これに伴い、韓国からの入国者の隔離期間は従来の7日から14日へと長くなった。

台湾中央伝染病管理センター(CECC)は「韓国は新規感染者が急速に増加しており、韓国政府も感染拡大の勢いがピークに達したとは考えていないため、再拡大のリスクがあると判断した」と説明した。

シンガポールも同日、韓国からの入国者に対し、自己隔離の場所をこれまでの自宅・居住地ではなく政府の指定する隔離施設とするよう措置を強化すると発表した。この措置は29日から始まる。

中国政府は前日、仁川-重慶間のチャーター便運航を2日前になって急きょ保留した。中国国内の韓人会では「チャーター便の運航は当分困難だろう」という話が出ているという。

このほか、デルタなど米国の航空会社では帰国する韓国人に新型コロナウイルスの陰性確認書の提出を求めたり、搭乗を拒否したりするケースが続出している。

外交部は同日、公式の立場を表明し「航空会社の職員が規定をきちんと理解していないために発生したものと把握している」として「政策説明などを通じて再発防止を要請し、領事が力添えできるようにする」と説明した。

わが政府はこれまで、新型コロナウイルスに対する迅速な対応をベースに、いわゆる「K-防疫」の優秀性を強調してきた。他国に先駆けて「企業人ファストトラック制度」を導入するなど、経済への打撃を最小化するための取り組みを強化した。

しかし、今回の事態をきっかけにK-防疫が水泡に帰すのではないかとの危機感が高まっている。外交関係者の間では「シャンパンを開けるのが早すぎたのではないか」との声も聞こえている。


2020/08/27 21:41/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/08/27/2020082780278.html

続きを読む

【悲報】 アメリカ人さん、日本人・中国人・韓国人は別の人種と宣言する

1: ユレモ(静岡県) [KR] 2020/08/28(金) 00:44:52.73 ID:hd8vCRln0● BE:789862737-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
ソース日テレ
2020/8/28放送
no title

続きを読む

【北朝鮮】 ユーチューブで怪しい乱数放送・・・工作員への指令か

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/08/30(日) 13:30:44.19 ID:CAP_USER
北朝鮮がユーチューブを通じ、韓国へ送り込んだ南派工作員への指令用と推定される乱数放送を送出した。
乱数放送は数字、文字、単語を組み合わせた暗号を特定の相手に送信する放送だ。主に5桁の数字が使われる。

29日に対外用ラジオメディアである平壌(ピョンヤン)放送のユーチューブアカウントに
「0100011001-001」と題する動画が上げられた。

映像の中でアナウンサーは「友人たち、719探査隊員たちに向けた遠隔教育大学情報技術基礎復習課題をお知らせします」とし、
「564ページ23番、479ページ19番、694ページ20番…」など数字の組み合わせを朗読した。

続けて「これまで710号探査隊員に向けた基礎復習課題をお知らせしました。こちらは平壌です」として1分5秒の放送を終えた。

この動画はユーチューブの平壌放送のアカウントに掲示され、同日午後2時現在で再生回数5700回を超えた。
北朝鮮がユーチューブを通じて乱数放送を送出したのは初めてとみられる。
https://japanese.joins.com/JArticle/269675?servcode=500&sectcode=500

続きを読む

英BBC「日本人はBLMに無関心。このこと自体が差別意識の現れ。あと中国人韓国人の差別も酷い」

1: クテドノバクター(長野県) [DK] 2020/08/30(日) 18:10:39.63 ID:hmk+CV070● BE:323057825-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif
公共放送のNHKは6月、ジョージ・フロイドさんの死を受けてアメリカで何が起きているのかを、日本の視聴者に説明するアニメを作成した。
若者向けの番組で放映されたそのアニメでは、抗議に参加する黒人を醜悪な固定観念の下、非常に人種差別的に表現していた。
誇張された筋肉と怒りに満ちた表情、後方には強盗を働く人の姿も描かれていた。
このアニメに対する評価は、おおよそネガティブなものだった。駐日アメリカ大使館は、このアニメは「侮辱的で配慮に欠けるもの」だと批判した。
アフリカ系アメリカ人のバイエ・マクニールさんは、日本に16年住み、教師や作家、コラムニストとして活躍している。
マクニールさんはNHKのアニメについてツイッターに「これ以上(NHKの)怠惰な言い訳は受け入れられない。
黒人にまつわる問題について無知だったと言っておきながら、その問題やBlack Lives Matterについて、
誰の助言も受けずに、侮辱的な人種差別発言を行う権利があると思っている。
助言が必要なら、私たちがここにいる。でもこのひどいアニメは受け入れられない」と投稿。
黒人の問題に対する無関心さを批判した。

別役さんは、自分の周りにいる人たちは似たような意識を持っている一方、「(人種差別について)考えたこともない人、
まったく意識していない人、自分とは関係ないと思っている人もいる」と話した。
別役さん自身は、ジョージ・フロイドさんの事件の前から黒人に対する差別を認識していたと言う。
しかし、日本で人種差別の議論があると、それは大抵の場合、中国人や韓国人に対する外国人嫌悪との関連だと話す。
同じ講義を受けている秀島日登美さんもこれに賛同した。
「日本では長い間、中国人と韓国人に対する差別がある」
一般的な日本人がメディアから受け取る人種差別の話題は、とても表面的で、内容も浅く、背景や歴史認識の欠けたものだという。
「日本のメディアはBlack Lives Matterをアメリカの問題としてしか扱っていない」と秀島さんは言う。
アメリカで起きている一連の抗議活動によって、日本でも人種差別に対する認識が変わり始めるかもしれないが、そういった楽観的な考えはあまり聞かれない。
「認識は少し変わるかもしれないけれど、その変化が目に見えるようになるにはまだまだかかると思う」

日本の人種差別問題、「Black Lives Matter」で浮き彫りに
https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-53942352

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト