脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

2020年04月

【韓経】「韓国輸出企業に5月は悪夢の月」輸出見通し景況調査指数が65.0で調査を始めた1980年以降の最低値に急落

1: 新種のホケモン ★ 2020/04/28(火) 11:24:21.88 ID:CAP_USER
新型コロナウイルスが輸出衝撃につながるだろうという懸念が大きくなっている。5月の輸出見通し景況調査指数が65.0で調査を始めた1980年以降の最低値に急落した。輸出見通しを暗く見る企業がそれだけ多いという話だ。

韓国経済研究院は27日、こうした内容を盛り込んだ企業景況調査指数(BSI)を発表した。総合BSI見通しは61.8で、金融危機以降で最低だった先月の59.3よりは小幅に上がった。代わりに輸出BSIが過去最低値まで落ち込んだ。韓国の主要輸出国である米国、日本、欧州連合(EU)などは状況が依然として厳しいという意味だ。

輸出以外の指標もすべて基準値に満たなかった。内需(65.5)、投資(70.6)、資金(77.6)、雇用(73.9)、採算性(72.5)などが80を下回った。BSI指数が100より高ければ肯定的な回答が、低ければ否定的な回答が多いという意味だ。業種別では自動車分野が30.8と困難が大きいことがわかった。輸出急減により自動車メーカーだけでなく協力企業まで厳しくなったというのが韓国経済研究院の説明だ。

4月の実績値も58.8で先月の65.5より低くなった。金融危機の真っ最中だった2009年1月の58.1以降で最も低い。内需(68.1)、輸出(67.8)、投資(71.1)、資金(75.9)、雇用(73.1)、採算性(69.5)なども振るわなかった。

韓国経済研究院のチュ・グァンホ経済政策室長は「韓国経済の柱の役割を担ってきた輸出製造業が4月を基点に困難が加重されている。流動性支援など積極的な対策が早く行われなければならない」と話した。
The Korea Economic Daily

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
https://s.japanese.joins.com/JArticle/265367?servcode=300&sectcode=300

2020.04.28 10:54

続きを読む

【朝鮮日報】文大統領「これからが本格的危機」 補正予算早期成立で内需回復を われわれにとってチャンスになるかもしれない

1: 新種のホケモン ★ 2020/04/28(火) 12:22:25.89 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は28日、青瓦台(大統領府)で閣議を開き、第3次補正予算案には内需回復のための総合的な対策が盛り込まれるとした上で「これからが本格的な経済危機だ。第3次補正予算案も機を逸してはならない」と述べた。
 
 文大統領は「対策に時間がかかるほど被害が拡大し、国民と企業の困難が増す」としながら「前例のない危機に対し果敢に決定し、迅速で正確に(政策を)執り行わなければならない」と述べた。

 内需活性化を通じて新型コロナウイルスによる経済ショックを克服するには、補正予算案の編成と国会審議、執行などを含む政策全般について迅速に進めなければならないと強調したものと受け止められる。
 
 文大統領は現在の経済状況について「4~6月期の経済成長率がマイナスを記録した1~3月期よりもさらに良くない流れが予想される。世界経済が低迷する中でも他の先進国に比べて相対的に善戦しているのは事実だが、早期の回復を期待するのは難しい」と指摘した。

 また「まさに経済は戦時状況だ」とし、政府は危機克服に集中する危機国家システムを備えなければならないとして、洪楠基(ホン・ナムギ)経済副首相兼企画財政部長官を司令塔とする経済中央対策本部を中心に全官庁が役割を明確にし、危機克服に乗り出さなければならないと呼び掛けた。

 一部で洪氏の去就を巡って論争が起こっていることに対し、文大統領は「経済中央対策本部」として洪氏が政策のコントロールタワーの役割を担う点を明言したものとみられる。

 文大統領は、内需活性化政策についても「世界経済が低迷から脱却するまでに時間がかかるだけに、まず内需活力を景気回復の出発点としなければならない」とし、「補正予算案の通過前にでも今すぐ施行するものは施行し、準備するものは準備しなければならない」と強調。新型コロナウイルスの防疫と日常生活が共存しなければならない時間が近づき、内需活力対策も準備、推進する時になったとして、国民は防疫指針と規則を守って日常的な社会経済活動を始めることになると説明した。

 文大統領はまた、「世界が自国に企業を誘致するための果てしない競争に突入した。わが国は防疫に成功し、休業した企業はないため最も安全な生産基地だ」とし、「われわれにとってチャンスになるかもしれない。海外に進出した韓国企業のUターンを含め、わが国がグローバル先端企業の生産基地になるように積極的な投資支援策を講じてほしい」と指示した。

聯合ニュース
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020042880138

2020/04/28 12:06

続きを読む

【独韓】 韓国人留学生夫婦、独ベルリンでの人種差別暴行

1: 荒波φ ★ 2020/04/27(月) 16:06:29.69 ID:CAP_USER
韓国人留学生夫婦がドイツの首都ベルリンの地下鉄で「コロナ」と言われ、人種差別やセクハラなどをはじめとし、暴行を受ける事件が発生した。

留学生夫婦はドイツ警察が「人種差別主義者と呼んではいけない」として加害者の味方をしたと主張しており、論争が予想される。

27日、聯合ニュースによると事件は26日(現地時間)午前0時20分頃、ドイツ・ベルリンの地下鉄で発生した。

地下鉄7号線(U7)に乗って帰宅中の韓国人留学生夫婦にドイツ人と推定される男性3人と女性2人が近づいてきて数回にわたり「コロナ」と言った。

この男性らは「コロナ、ハッピーコロナデー、コロナパーティー」と言いながら妻のキムさんに向かって手にキスをするような行動も取った。

これらの行為を証拠として残すために、夫婦は携帯電話で動画撮影を始めた。夫の李さんは警察に電話をかけて通報し、その間にこのグループが逃げた。

金さんは彼らを追いかけ、その過程で暴行が発生した。グループの1人の男性が金さんの携帯電話を奪おうとして腕を強くつかみ、他の男性は李さんを押しのけて唾を吐いた。

このような状況を目撃した地下鉄の機関士が警察に通報し、乗り換えフロアにいた女性2人が捕まった。

この女性は「人種差別主義者」と言われたとし、居直ったように警察に問題提起した。これを聞いた警察は夫婦に「そう呼んではならない」と忠告したという。

夫婦は聯合ニュースの電話取材に「警察に『物理的な暴力ではなくコロナと嘲笑することは人種差別ではない』と言われて絶句した」とし「警察官に『ドイツ警察の公式の立場と見てもいいのか』と問うと、その時になって違うと言われた」と説明した。

続けて「当時、警察が事件の受付もしようとしなかった」と述べた。

夫婦は駐独韓国大使館の緊急領事電話を介して大使館に被害に遭った事実を知らせた。大使館側が警察に電話した後にようやくドイツ警察は事件を受理したと伝えられた。


中央日報/中央日報日本語版 2020.04.27 14:49
https://japanese.joins.com/JArticle/265328?servcode=400&sectcode=430

続きを読む

【中央日報】 コロナ危機に対応するため韓日が手を握るべき  信頼回復には情報共有や防疫協力、通貨スワップ締結など

1: 荒波φ ★ 2020/04/27(月) 13:15:03.55 ID:CAP_USER
新型コロナウイルス感染症の世界的な拡大で地球村が深刻な危機を迎えている。米国・欧州を含む世界各国がコロナとの戦争を宣言する超国家非常事態が続き、世界経済の沈滞という巨大な津波が迫っている。これからが問題という見方が多い。今どう対処するかによって韓国の将来が変わる。

コロナとの戦争は11月の米国大統領選挙の版図を揺るがしている。最近、米空母での相次ぐコロナ感染拡大は力の空白を招き、東アジア域内の均衡の変化をもたらすという懸念が出ている。中国空母「遼寧」の台湾海峡での武力示威と米中の南シナ海での軍事的葛藤もこれと無関係とは考えにくい。

北朝鮮の動向も尋常でない。北朝鮮が3月以降5回も軍事的挑発をした底意が疑われる中、金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長の健康不安説が連日、国内外のメディアで報道されている。

こうした渦中に韓日関係は深刻な危機状態だ。1965年の韓日国交正常化以降最悪という評価もある。2018年の韓国大法院の強制徴用賠償判決をめぐる葛藤が日本の韓国向け輸出規制や韓日軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄問題など安全保障・経済分野に広がっている。

専門家は両国関係をこれ以上放置すべきではないと懸念している。にもかかわらず韓日政府はコロナ対処をめぐり消耗的な感情対立を続けている。

危機の中に機会があるというのは歴史の教訓だ。先月末マダガスカルから韓国政府が飛ばしたチャーター機に日本人7人が搭乗し、4月初めにはフィリピン・インドなどで韓日が共同チャーター機を運用して自国国民を輸送する協力が見られた。危機の中で韓日協力の可能性を見せている。

最近、韓国は総選挙で与党が圧勝した。韓国政府のコロナ対応は国際社会の模範に挙げられる。一方、日本は2020年東京オリンピック(五輪)が延期され、戦後初めて緊急事態宣言をするなどコロナ非常時局が続いている。困難な時に助け合うのが真の友人であり隣国だ。誰が先に手を差し伸べるかは重要でない。

現時点で重要なのはお互いの信頼回復だ。信頼が回復されなければ善意が善意として受け入れられないからだ。2013年に南スーダン内戦で韓国の国連平和維持軍(PKO)ハンビッ部隊が危機に直面した当時、自衛隊が小銃弾薬を支援したが、相互不信のため韓日葛藤がむしろ深まったことがあった。

信頼回復には韓日首脳の決断が重要となる。両首脳は葛藤と対立をここでやめなければいけない。コロナとの戦争を終結できるよう情報共有やワクチン開発など防疫協力はもちろん、通貨スワップ締結と企業関係者の迅速な入国の保証など経済的な共生協力を始めるのがよい。

北朝鮮への対応と韓日米の安保協力とホルムズ海峡派兵部隊の連携、さらには米国の同盟政策の変化などに対する戦略的な協調も必要だ。コロナ以降への対応も求められる。

今年は韓国戦争(朝鮮戦争)70周年を迎える年だ。1953年の停戦後に守ってきた韓半島(朝鮮半島)の平和のために、韓米同盟と共に韓日米安保協力の役割を再認識する契機にしなければいけない。今後の韓半島平和体制定着のためにも日本の役割は重要だ。戦時作戦権転換以降、韓日間の安保協力はさらに緊密になるしかない。

自由民主主義と市場経済という価値と戦略的利益を共有する隣国として、同盟国の米国はもちろん中国を含む域内の協力で韓日が共に新たな道を模索する必要がある。今はもう韓日が共に危機を機会にする真のパートナーにならなければいけない。コロナ危機の克服とコロナ以降の北東アジアの安定のために現在、韓日協力がいつよりも重要だ。

権泰煥(クォン・テファン)/韓国国防外交協会会長


中央日報/中央日報日本語版 2020.04.27 08:35
https://japanese.joins.com/JArticle/265301?servcode=100&sectcode=140

★1の立った時間 2020/04/27(月) 09:02:44.59

★1
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1587945764/
★2
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1587954173/

続きを読む

【韓国】文大統領「コロナ治療薬とワクチン開発やりとげよう」→ 防衛当局「そんな簡単じゃない」

1: 動物園φ ★ 2020/04/27(月) 18:14:20.28 ID:CAP_USER
文大統領「新型コロナ治療薬とワクチンの開発やり遂げよう」
登録:2020-04-10 01:36
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/36285.html


韓経:韓国防疫当局「コロナ治療剤開発、容易ではない…効果立証された薬はまだない」
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版2020.04.27 09:53
韓国防疫当局が新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)の治療剤とワクチン開発は容易ではないという見解を出した。米国では新型コロナの有力な治療剤候補に挙げられているレムデシビル、ヒドロキシクロロキンなどの効能をめぐり論争が絶えない。

中央防疫対策本部の権ジュン郁(クォン・ジュンウク)副本部長は25日の定例記者会見で、「現在まで治療の効果が立証された新型コロナ治療剤はない」とし「新型コロナの治療剤とワクチン開発は容易ではない」とした。現在、国内で開発中の新型コロナのワクチン、治療剤の候補物質は40個余りだ。権氏は「治療剤とワクチンを早期に確保することができない状況なので、ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離の確保)に積極的に協力してほしい」と要請した。

今月初め、セブランス病院で新型コロナ重症患者2人を完治させた血しょう治療効果に対しても、まだ確信できないと明らかにした。権氏は「中和抗体が防御力を備えた可能性が高いといっても確実な状況ではない」とし「この抗体がどれくらい持続するのか、感染した後どれくらい生成されるのか、まだ正確に分からない」とした。

血しょう治療は感染病が完治した患者の血液でウイルスを攻撃する中和抗体が入った血しょうを分離して他の患者に注入するものだ。防疫当局が回復期にある患者25人を調査した結果、すべての患者から中和抗体が生成されていたが、新型コロナを治療する効能があるかどうかは立証されなかった。医療界の一部からは、この治療法が科学的根拠がないため大きな効果を期待するのは難しいという指摘も出ている。

米食品医薬品局(FDA)はマラリア治療剤であるクロロキンとヒドロキシクロロキンの深刻な副作用について警鐘を鳴らしている。クロロキンとヒドロキシクロロキンはドナルド・トランプ米大統領が新型コロナ事態の流れを変える「ゲームチェンジャー」と好評した薬物だ。FDAは24日(現地時間)、新型コロナ患者にこの薬物を投与する場合、心室の洞性頻脈や心室細動など、心臓拍動に異常をきたす可能性があると警告した。

アンドリュー・クオモ・ニューヨーク州知事は市にある22カ所の病院に入院中の患者約600人にヒドロキシクロロキンを投与したが回復に大きな影響を与えることができなかったと明らかにした。23日には、ギリアド・サイエンシズがエボラ治療剤として開発したレムデシビルが途中で打ち切られた中国の臨床で治療効果を立証できなかったということが伝えられて論争を生んだ。

トランプ大統領が殺菌剤の人体注入を検討してみようとする発言も俎上に乗せられた。ウイルスが高温多湿な環境に弱く、殺菌剤に露出すればはやく死ぬという研究結果にともなう言及だった。しかし多くの人を危険に陥れかねないという批判を受けた。

https://japanese.joins.com/JArticle/265308

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト