脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

2019年08月

【政治】 「韓国大統領は疑惑かわすため反日世論あおり」見方強まる

1: 朝一から閉店までφ ★ 2019/08/30(金) 06:20:30.61 ID:CAP_USER
2019年8月30日 4時49分

日韓関係が悪化する中、両国の局長協議が行われましたが、「徴用」をめぐる問題は事実上の平行線に終わりました。外務省は協議を継続する方針ですが、「ムン大統領は、側近をめぐる疑惑への韓国国内の批判をかわすため『反日世論』をあおっているのではないか」などとして、当面、韓国側からの歩み寄りは期待できないという見方が強まっています。

日韓関係が悪化する中、外務省の金杉アジア大洋州局長は29日、韓国を訪問し、韓国外務省のキム・ジョンハン(金丁漢)アジア太平洋局長と会談しましたが、太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題は事実上の平行線に終わり、金杉局長は会談後、「ボールは韓国側にある」と述べました。

外務省は「徴用」をめぐる問題について、あくまで韓国側の責任で国際法違反の状態を是正するよう求める、これまでの立場は変わらないとしています。

一方、これ以上の関係悪化を避けるためにも外交当局間の意思疎通は重要だとして、今後も局長や閣僚レベルの協議を重ねる方針です。

ただ、ムン大統領の側近をめぐる疑惑が浮上していることから、日本政府内では「ムン大統領は、韓国国内の批判をかわすため『反日世論』をあおっているのではないか」などとして、当面、韓国側からの歩み寄りは期待できないという見方が強まっています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190830/amp/k10012056221000.html

続きを読む

【日本企業の懸念反映?】日本がフッ化水素の韓国輸出を規制後初めて許可=韓国ネット「結局困るのは日本」

1: ガラケー記者 ★ 2019/08/30(金) 13:06:16.31 ID:CAP_USER
2019年8月30日、韓国・KBSは、日本政府が高純度フッ化水素の韓国輸出を許可したと報じた。

日本政府は7月から韓国に対する半導体材料3品(高純度フッ化水素、フォトレジスト、フッ化ポリイミド)の輸出規制を強化している。記事によると、高純度フッ化水素に対する輸出許可が出されたのは規制強化後初めて。輸出対象の企業はサムスン電子だという。日本政府は今月7日と19日にもサムスン電子にフォトレジストの輸出を許可していた。

高純度フッ化水素は半導体の洗浄などに使われ、生産に必須となる材料。日本政府はこれまで「フッ化水素は毒ガスの生産にも使えるため厳正に検討する」として輸出許可を出していなかった。そのため韓国の業界は代わりの輸入先探しや国産化テストを行ってきた。一部製品は来年に実際に工場へ投入できると予想されている。

記事は「日本政府の今回の電撃的な許可は、日本のフッ化水素生産業界の懸念が反映されたもの」と分析している。先月、半導体の洗浄に使用する日本産フッ化水素の韓国輸出量は84%も急減した。また「韓国政府によるWTO(世界貿易機関)提訴の可能性を念頭に置いた措置との見方もある」という。ある専門家は「日本は自分たちの措置がGATT(関税・貿易一般協定)第11条の事実上の数量制限措置とみられないよう意識しているのではないか」と指摘している。

韓国大統領府は業界から今回の日本の輸出許可について確認し、背景や意図について調査を進めているという。

これに韓国のネットユーザーからは「基準を設けず、韓国を思いのままに翻弄するということか」「強気の措置を取っておきながら結局利益は諦められないなんて」など日本への不信の声が上がっている。

また「日本企業は在庫の山に悩んでいたのだろう」「輸出規制で困るのは結局は日本」との声や、「これを機に脱日本だ」「こうした屈辱を受けないためにも技術の獲得が必須」「開発が済んだら輸入せず国産を使おう」「あと数回輸入してその後は国産を使えるように!」など素材の早期国産化を訴える声も多く見られた。
Record china
2019年8月30日(金) 12時50分
https://www.recordchina.co.jp/b740967-s0-c10-d0058.html

続きを読む

日本政府がフッ化水素を韓国に輸出承認 使用先はサムスンと判明

1: ダイモス(ジパング) [US] 2019/08/30(金) 00:54:08.75 ID:vQakewWx0● BE:887141976-PLT(16001)
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
日本政府が半導体素材であるフッ化水素をホワイトリストから除外すると発表後に初めて輸出を許可した。
過去にサムスン電子に対するフォトレジストの輸出承認は行われてきたが、フッ化水素で輸出承認は初である。

29日、日本の経済産業省はこの日、韓国へのフッ化水素ガスの輸出1件を承認。輸出量などは確認されておらず
今回の輸出許可された高純度フッ化水素は、サムスン電子が要求していたことが。

つい先日、サムスンは中国産フッ化水素で試験を行っていたが、日本の高純度フッ化水素を輸入に成功したことになる。

https://gogotsu.com/archives/53583
no title


関連
サムスン 中国産フッ化水素で試験開始 中国産は不純物もあり高価
https://gogotsu.com/archives/53555

続きを読む

【韓国】『ボイコットJAPAN』2か月・・・「もう日本のない生活が日常」

1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/08/30(金) 11:29:06.34 ID:CAP_USER
● 市民、「家でよく使用していた日本製品を国産品で代替」
● 専門家、「日本不買運動は韓国人の高い市民意識の結晶体」

(写真)
no title

__________________________________

去る7月1日、日本の経済報復措置によって市民の間で日本製品不買運動が展開されてから2か月経った現在、市民の間で『NO日本』は日常となった。

特に市民は、日本が経済報復措置を緩和しても不買運動を継続するだろうと口を揃えていて、今後も日本製品不買は長期化するものと見られる。

主婦のチャン・ミスンさん(58歳・女)は最近、日本不買『ノノゼペン(No No JAPAN)』のサイトを通じて、家で使用する日本製品を減らしている。

チャンさんは、「日本の経済報復措置以降、私ができることが何なのか非常に悩んだ」とし、「小市民としてできることは、私の子どもたち恥ずかしくないように歴史的事実を教え、家から日本産の衣類や食品、家電などを駆逐することだと思って参加している」と話した。

大学生キム・ミンジさん(20歳・女)も、「以前はオリブヨン(Olive Young)のような場所でカソンビ(価格性能対比の略=コスパ)の良い日本の化粧品を多く使い、ユニクロやABCマートのような所をたくさん愛用していた」とし、「しかし日本不買運動に参加して、最初は少し不便だったが今は慣れた。特に不便は感じない」と話した。

大学生のチョ・ジェゴンさん(24歳・男)は、「初めて日本不買運動に参加した時、不便な部分はないかと考えたが十分に代替商品があり、そのような考えは杞憂だった」とし、「今後も続けて日本不買運動に参加すると思う」と誓った。

このような市民の様子は、全国的な現象として現れている。

去る28日、韓国放送広告振興公社(KOBACO)が全国の成人男女500人を対象に調査した結果、回答者の80.4%が日本不買運動に賛成していることが分かった。

特に、調査対象者の71.8%は、日本の輸出規制が緩和時しても日本製品の購入を控える意向があると回答して、日本不買運動が長期化する可能性があると分析されている。

また、今回の事態は日本の特定政党(自民党)の政治家(安倍首相)から始まったもので、一般の日本人とは無関係であるという回答が52.6%に達し、今回の不買運動が単なる反日感情を越えて日本の政治家に対する拒否感であると分析されている。

専門家は、今回の日本不買運動で韓国人の高い市民意識を確認することができて、長期化できる原動力は容易な参加方法などを挙げている。

全北大学校社会学科のソル・ドンフン教授は、「今回の日本不買運動(ポイコッ・チェペン=ボイコット・ジャパン)は、既存の日本極右勢力が見せた “嫌韓デモ” とは質的に異なり、特に韓国人のレベルの高い市民意識の結晶体であると理解できる」と分析した。

ソル教授は、「このような国民参加運動の原動力は、今回の事態が十分に国民的共感が形成されたという点、そして日本不買運動参加方法が難しいものではなく容易に近付くことができて、日本の代替商品が多いという点などがある」とし、「特に政府主導運動ではなく国民自らの、下からの消費者運動という点で肯定的な評価ができる」と話した。

ソース:全北日報(韓国語)
http://www.jjan.kr/news/articleView.html?idxno=2058888

続きを読む

【世論調査】 韓国人の日本に対する好感度が急降下 48.5→22.2

1: 影のたけし軍団ρ ★ 2019/08/29(木) 11:26:45.98 ID:CAP_USER
世論調査会社MacroMill Embrainが8月8、9日に韓国全土の20~49歳の男女500人を対象に行った調査で、
80.4%が日本製品不買(ボイコット)に賛成の意思を示した。

また、71.8%が「日本が韓国への輸出規制を緩和してもボイコットを続ける」と回答したという。

被調査者のうち48%は日本を旅行したことがある人だったが、「また日本旅行に行きたい」と答えたのは12.4%にとどまった。
このほか、韓国政府の日本への対応を肯定的に評価したのは47%だったのに対し、否定的な評価は22.6%。
肯定的にも否定的にも評価しない人は30.4%だったという。

同調査によると、日本の輸出規制前は48.5ポイントだった対日好感度が、22.2ポイントまで下がった。
https://www.recordchina.co.jp/b729310-s0-c30-d0035.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト