脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

2018年12月

【TPP発効】 不参加・韓国勢との競争有利に

1: 荒波φ ★ 2018/12/29(土) 18:34:42.26 ID:CAP_USER
日本企業は、TPPの発効をおおむね歓迎している。関税が段階的に引き下げられるため輸出に追い風となるほか、投資などに関するルールが明確になって海外での事業展開がしやすくなるからだ。

TPP参加11カ国で、ほぼ全ての工業製品の関税が撤廃され、輸出の増加が期待されている。特に乗用車はカナダ向けの6.1%の関税が5年目にゼロとなり、オーストラリア向けの新車の関税は即時撤廃される。ベトナムも、大型車への関税を徐々に引き下げて最終的にゼロにする。

自動車は複数の国で製造した部品を集めて、組み立てるのが一般的だ。TPPの関税優遇を受けるには「原産地規則」と呼ばれるルールに従い、加盟国で製造された部品を一定程度使う必要がある。このため、TPPに不参加の韓国勢と競合する場面が多い日本メーカーにとって有利に働きそうだ。

だが、米国はTPPを離脱。多くの自動車メーカーにとって“主戦場”である米国市場での恩恵はないため、「インパクトはそれほど大きくない」(大手自動車メーカー関係者)という冷めた見方もある。

一方、食品ではカナダ向けの日本酒の関税が即時撤廃になり、日本食ブームを背景に輸出がさらに伸びると期待されている。

輸入品の関税引き下げも、企業は前向きに受け止めている。流通各社はワインや乳製品、牛肉などの関税が下がることで値下げできれば、「消費の喚起につながる」(大手スーパー関係者)とみる。

関税以外のルール分野では、投資規制の緩和や知的財産権の保護が進む。

知財では「夕張メロン」など地域ブランドの表示を保護するルールが強化される。


2018.12.29 17:34
https://www.sankei.com/economy/news/181229/ecn1812290013-n1.html

続きを読む

関西空港で出国ラッシュがピーク 行き先は韓国が最多

1: 名無しさん@涙目です。(四国地方) [US] 2018/12/29(土) 15:55:12.81 ID:p8zDETQP0● BE:201615239-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_jien03.gif
 年末年始を海外で過ごす人たちの出国ラッシュが29日、関西空港でピークを迎え、関空を運営する関西エアポートの予測によると、この日海外に出発するのは約4万人。日本を訪れる外国人観光客らの到着ラッシュとも重なり、国際線のフロアはスーツケースを持った家族連れなどで混雑した。

 関西エアは21日~来年1月3日の年末年始に関空を利用する国際線旅客数を97万9300人と予測。1日の平均では過去最高の7万人を見込む。行き先は韓国が最も多く、次いで中国、東南アジアの順。特に中国への渡航が前年に比べ2割以上伸びている。年明けの帰国のピークは3日の見通し。

 家族ら6人でハワイへ向かう大阪府富田林市の大学4年、阪井美咲さん(22)は「来年から社会人なので家族でゆっくり過ごせるのは今年が最後。思い切り楽しんで来ます」。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASLDY3HNYLDYPTIL001.html

続きを読む

韓国「火器管制レーダーでロックされたら大騒ぎし叫ぶはずだ 自衛隊員は落ちついており、嘘だとわかる

1: 名無しさん@涙目です。(アンゴラ) [KR] 2018/12/29(土) 12:10:51.42 ID:bk8n0CxD0● BE:565421181-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/monakai.gif
韓国の国防部と合同参謀本部は日本の一方的な主張に一つ一つ反論した。

映像に出ている声は緊急状況ではない語調であり、レーダーの周波数の属性に関する情報もないという分析だ。

日本哨戒機が「広開土大王」に英語で交信を図った内容も「(韓国の)火器管制レーダーアンテナが我々に向いている」
となっている。
もし照準状況であれば「照準を中止しなさい」と抗議すべきというのが、合同参謀本部の説明だ。

合同参謀本部はむしろ日本哨戒機が低空飛行して「広開土大王」を威嚇したと反論した。
キム・ジンヒョン予備役海軍少将は「日本哨戒機の速力が速いため、下手をすると『広開土大王』と衝突しかねない
高度と距離」とし「非常に危険な行動」と指摘した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181229-00000001-cnippou-kr

続きを読む

防衛省は日韓関係を懸念し映像公開を渋っていた。安倍ちゃんへタレ共のケツを蹴り飛ばし映像公開

1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [CA] 2018/12/29(土) 18:18:22.00 ID:YPr8/l0K0 BE:784885787-PLT(15000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
渋る防衛省、安倍首相が押し切る=日韓対立泥沼化も-映像公開

韓国駆逐艦による海上自衛隊哨戒機への火器管制レーダー照射問題をめぐり
日韓の主張がぶつかる中、防衛省が「証拠」として当時の映像の公開に踏み切った。
同省は防衛当局間の関係を一層冷え込ませると慎重だったが、
韓国にいら立ちを募らせる安倍晋三首相がトップダウンで押し切った。
日本の正当性を世論に訴える狙いだが、泥沼化する恐れもある。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122800890&g=pol
 防衛省は当初、映像公開について「韓国がさらに反発するだけだ」(幹部)との見方が強く、
岩屋毅防衛相も否定的だった。複数の政府関係者によると、方針転換は27日、
首相の「鶴の一声」で急きょ決まった。
 韓国政府は11月、日韓合意に基づく元慰安婦支援財団の解散を決定。
元徴用工訴訟をめぐり日本企業への賠償判決も相次ぎ、首相は「韓国に対し相当頭にきていた」
(自民党関係者)という。
 そこに加わったのが危険な火器管制レーダーの照射。海自機への照射を否定する韓国の姿勢に、
首相の不満が爆発したもようだ。
 首相の強硬姿勢は、2010年9月に沖縄県・尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件で
対応のまずさを露呈した旧民主党政権の教訓も背景にある。
 当時、海上保安庁が撮影した映像を菅内閣は公開せず、海上保安官が
インターネット動画サイトに投稿して騒ぎが拡大。首相は13年12月の党首討論で
「出すべきビデオを出さなかった」と批判した。政府関係者は今回の首相の胸の内を
「後で映像が流出するのも嫌だから『出せ』と言っているのだろう」と解説した。(2018/12/28-18:38)

続きを読む

レーダー照射問題にアメリカ政府が韓国に激怒。日米両国で経済制裁の可能性が浮上

1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2018/12/29(土) 15:34:29.94 ID:5yg6v7YD0 BE:323057825-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
韓国海軍の駆逐艦が、海上自衛隊のP1哨戒機に、攻撃寸前の火器管制用レーダーを照射した問題は、米トランプ政権が水面下で進める「米韓同盟消滅」の決定打となるのか。
北朝鮮への制裁緩和を訴える文在寅(ムン・ジェイン)政権に対し、日米共同の金融制裁という報復措置がありうると専門家は指摘。
米政府関係者は「われわれが離れるとき、韓国は焦土化する」と不気味な予告をしている。

 レーダー照射について「韓国では、日本とのもめ事を起こす文政権に対する批判がある一方、『日本の哨戒機を撃墜すべきだった』と、日本との対決を求める声もある」。
長年の韓国ウォッチャーとして知られ、『米韓同盟消滅』(新潮新書)などの著書がある元日本経済新聞編集委員の鈴置高史(すずおき・たかぶみ)氏はこう解説する。

 「もともと韓国軍が『親日』だったことはない。『日本撃滅』のスローガンがかかっている海軍基地もあると聞く。
北朝鮮との緊張が緩和する中、韓国海軍が日本海に目を向けるのは当然だろう」というのだ。

 ハリス駐韓米大使は11月、韓国誌『月刊朝鮮』で「米韓同盟は確固として維持されているが、当然視してはいけない」と異例の警告を発した。
レーダー照射問題は、米政権側に募った韓国に対する不信感を一段と際立たせることになる。

 文大統領は、9月に米国、10月中旬に欧州を歴訪し、一貫して対北制裁の緩和を呼びかけるなど、「親北」姿勢を強めてきた。
これを受けて米政府関係者のヒアリングを受けた鈴置氏は「米政府関係者は『なぜ韓国はわれわれをいらつかせるのか』と聞いてきた」と振り返る。

 「特に米国を怒らせたのは、欧州に制裁緩和を持ちかけ、米国を孤立させようとしたことだ。
当然、欧州各国も応じるわけはなく、『韓国は何を考えているのか』と驚いた。
世界中の専門家が韓国をけげんな目で見るようになっている」

レーダー映像公開…日米、韓国に金融制裁の可能性も? 米政府関係者「われわれが離れるとき韓国は焦土化する」
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181229/soc1812290002-n1.html

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト