脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

2018年03月

【韓国・ハンギョレ新聞】“ろうそくデモ” の前に立たされた安倍首相 結局、政治を変えることができるのは市民の力だけ

1: ろこもこ ★ 2018/03/30(金) 18:12:56.64 ID:CAP_USER
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00030167-hankyoreh-kr

 日本の公文書改ざんスキャンダルに対する国会集中審議が開かれた19日。午後7時になると衆議院議員会館周辺の歩道を市民が埋め尽くした。人数は正確に分からないが、少なくとも1000人以上と見える人波が安倍晋三政権の公文書改ざんスキャンダルに抗議するために集まった。

 森友学園が小学校を設立するとし、国有地を政府鑑定価格(9億5600万円)の14%に過ぎない1億3400万円で買い入れた場所である大阪府豊中市の木村真市会議員が「安倍首相は直ちに退陣せよ」と声を高めると、市民は「そうだ」、「そのとおり」と呼応した。

 木村市会議員は、2015年に安倍政権が集団的自衛権行使のために強行処理した安保法制の制定・改定の話から切り出し「安保法制通過の時も、憲法学者が(安保法制は)全部違憲と言ったが、安倍首相は『私が大丈夫だと言えば大丈夫だ』という論理だった」と声を高めた。

 木村市会議員の発言から、一時は“安倍一強”と言われる程に堅固に見えた安倍政権が危機を迎えた理由は、公文書改ざんスキャンダルのためだけではないということがうかがい知れる。朝日新聞が2日、財務省が森友学園に国有地を安値売却したという疑惑と関連した内部公文書14件について300カ所以上を改ざんしたと報道し、安倍政権の危機が表面化したが、以前から積もり積もっていた安倍政権に対する不満が公文書改ざんを契機に噴出したという事実を知ることができる。

 最近相次いでいる公文書改ざん抗議デモでは、朴槿恵(パク・クネ)政府を押し倒した韓国のろうそくデモに言及する発言もしばしば聞かれる。19日のデモでも「韓国ではろうそくデモで不正腐敗にまみれた政権が崩れた」、「隣国韓国では前大統領が腐敗疑惑で監獄に行った。安倍首相も監獄に送らなければ」という発言を聞くことができた。日本の市民団体関係者たちは、以前から韓国のろうそくデモに大きな関心を寄せていた。シンポジウムなどで市民団体関係者たちに会い、韓国の新聞社所属だと紹介すれば、ろうそくデモの話がしばしば出てきた。日本で1960年代に安倍首相の母方の祖父である岸信介が推進した日米安保条約改定に反対するデモ隊30万人が殺到したことがあるが、80年代以後の日本では大規模デモはまれであることに加え、ろうそくデモが政権退陣まで引き出したためだ。だが、日本の政府を批判するデモでも韓国のろうそくデモの話が出てくるようになったのは最近のことだ。

 安倍首相は、公文書改ざんスキャンダルで退陣するつもりはないように見える。野党である自由党の山本太郎議員が28日、参議院予算委員会で「首相はいつ辞めるのですか?」と尋ねると、安倍首相は「(昨年10月の衆議院)選挙で信任を得た。約束したことを推進するのが私の責任だ」として、辞任する意思はないと明らかにした。自民党の派閥である「額賀派」の次期会長に内定した竹下亘議員は「率直に言って(安倍首相の夫人である)昭恵夫人の存在が政権に迷惑をかけたことは事実だ。だが(森友学園スキャンダル)疑惑に関与していたことと迷惑をかけたことは全く違う」と話した。安倍首相の夫人である昭恵夫人を批判しているように見えるが、安倍首相本人と政権次元の問題とに一線を画そうとする発言だ。

 安倍首相が公文書改ざんスキャンダルから抜け出せず失脚するのか、あるいは突破口を見つけて長期政権を継続するのか、予断は難しい。しかし、少なくとも安倍政権が国会前と新宿駅に集まって政権の傲慢さを鋭く批判する市民を意識しないわけにはいかないだろう。結局、政治を変えることができるのは市民の力だけではないか。

続きを読む

北朝鮮、「安倍は森友問題を誤魔化すために拉致だ圧力だと言ってる!」と何故かパヨクと同じ論調を展開

1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [KR] 2018/03/30(金) 13:19:39.17 ID:OPfCkGyF0 BE:478973293-2BP(1501)
北朝鮮、このタイミングで「森友」あげつらう 安倍政権は「退陣直前」と論評
 北朝鮮・朝鮮労働党の金正恩委員長が電撃訪中で南北・米朝首脳会談の地ならしを進める中、党機関紙の労働新聞は日本に批判的な論調を展開している。
 北朝鮮が日本について「ありもしない脅威を煽っている」などと非難するのはこれまでどおりだが、今回は森友学園をめぐる「超大型不正スキャンダル事件」で、
安倍政権が「退陣直前の状況」だと指摘。森友問題から国民の目をそらして政権の危機を脱するために拉致問題を持ち出していると、新たな主張を展開している。
対決姿勢を続ければ「永遠に平壌の敷居をまたげなくなる」と、思わせぶりだ。

労働新聞に署名論評記事
 安倍首相を非難する論評記事は、2018年3月29日付の労働新聞に、「ラ・ソルハ」なる人物の署名入りで掲載された。記事では、日本政府が米国や韓国に対して、
北朝鮮との首脳会談で拉致問題を取り上げるように求めていることを

 "「他人に食い下がって自分の利をむさぼるのに長けている日本の反動層ならではの意地悪な妄動」"

などと非難。その上で、

 "「日本の反動層はありもしない私たちの『脅威』を粘り強く世論化し、それをあからさまに彼らの侵略の野望を実現しようと狂ったように暴れている」"

などと恒例とも言える主張を展開。

 "「安倍一味が反共和国(編注:北朝鮮)対決にしがみついているのには別の理由がある」"

として、森友学園の問題を持ち出した。

 "「最近安倍は森友学園の問題をはじめとする超大型不正スキャンダル事件で再び行き詰まり、文字通り退陣直前の状況に置かれている」"

として、「日本各階層の人民」が各地で

 "「嘘つき内閣は政治をする資格がない」「アベ政治を許さない」「退陣せよ」"

といったスローガンを掲げながら「反政府闘争をくり広げている」と、安倍政権に批判が集まっていることを紹介。こういった状況を受け、

 "「安倍一味は、彼らに集まる怒りのまなざしをそらして政権の危機を免れるために」 「拉致問題」や「最大の圧力」"

を持ち出していると主張した。
(以下略)
https://www.j-cast.com/2018/03/29324908.html?p=all

続きを読む

【韓国】日本高校学習指導要領の是正求める「相互尊重の姿勢教えるべき」=韓国教育当局

1: たんぽぽ ★ 2018/03/30(金) 19:35:40.11 ID:CAP_USER
http://japanese.yonhapnews.co.kr/relation/2018/03/30/0400000000AJP20180330001000882.HTML

【世宗聯合ニュース】韓国教育部は30日に報道官声明を発表し、独島を「歴史的、地理的、国際法的に明白なわが領土」と強調した上で、「竹島は日本領土」と明記した高校の次期学習指導要領を告示した日本に対し「われわれの領土の主権を深刻に損なう行為を強く糾弾し、直ちに是正を求める」とした。

 教育部は日本のこうした行為が歴史をゆがめるほか、韓国の領土の主権を侵害し、北東アジアの平和・共生の努力にも逆行すると指摘。日本が小中学校に続き高校の教育現場でも歴史歪曲(わいきょく)を加速し、日本の帝国主義による朝鮮半島侵略と植民地支配を否定して侵略の歴史を正当化しようとする強引な主張を展開していると非難した。

 また、慰安婦の強制性を認めた河野談話(1993年)や植民地支配と侵略を反省する戦後50年の村山談話(1995年)を挙げ、「日本政府の公式の歴史認識に基づき、帝国主義侵略史の暗い過去を反省、謝罪せよ」と述べた。

 教育部は「日本が国際社会の責任ある先進国として未来を志向する『パートナーの韓日関係』へ進むには、直ちに歴史歪曲を中断し、正しい歴史観に立脚して育ちゆく世代に平和の大切さと相互尊重の姿勢を教えなければならない」と促した。日本の歴史歪曲と領土主権侵害の試みには厳重、かつ積極的に対処すると強調した。

続きを読む

【北朝鮮問題】「本当に非核化なら、金正恩氏の顔立つように」

1: たんぽぽ ★ 2018/03/30(金) 21:36:22.67 ID:CAP_USER
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180330-00000073-asahi-pol
朝日新聞デジタル

■河野太郎外相(発言録)

 米国のティラーソン国務長官と「北朝鮮が本当に『非核化』を言うなら、国内で金正恩委員長の顔が立つようにする必要がある。(金委員長が)『国際社会が(北朝鮮に)屈服したから核をやめる』と言っても、(日米は)怒る必要はない」という話をしたことはある。

 (北朝鮮は)国内的に(非核化を)言及していないし、現実に核関連施設での活動もあるから、(非核化の)意思はまだ明確になっていないのではないか。

 最終的に金委員長の意図をどう測るのか。「国内的にも(非核化を)宣言しろ」とせまるのが良いか、あるいは何らかの形で(非核化の)意思があるよということが分かれば良いのか。あるいは分かる方法があるのか。じっくり国際社会で意見交換する必要がある(衆院外務委員会で)

続きを読む

【調査】韓国と「歴史」「竹島」問題の解決求める声強く 外交に関する世論調査

1: たんぽぽ ★ 2018/03/30(金) 20:20:54.21 ID:CAP_USER
http://www.sankei.com/smp/politics/news/180330/plt1803300024-s1.html

 外務省は30日、今月上旬に実施した外交に関する世論調査の結果を発表した。安倍晋三首相や河野太郎外相が地球儀を俯瞰(ふかん)する外交を掲げ、積極的に外国を訪問していることについて、「評価できる」あるいは「どちらかといえば評価できる」と回答した人は79.1%で、評価しない人(16.6%)を大きく上回った。

 「韓国との協力をいかなる分野で推進すべきか」との質問(複数回答)に対しては「歴史問題の解決」(45.5%)と「竹島問題の解決」(45.1%)が「安全保障」(36.9%)を上回った。一方、日露関係に関しては「北方領土問題の解決」を重視する人が最多の64%で、「エネルギー資源の確保」(38.7%)が続いた。

 調査は全国の18歳以上の男女計1000人に電話で実施。今回調査から携帯電話も対象とした。

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト