脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

2017年08月

【サッカー】韓国はイランに敵意むき出し 韓国紙「大袈裟に倒れて非紳士的。フェアプレイから最も離れたチーム」

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/30(水) 20:22:27.25 ID:CAP_USER
対戦前に早くもヒートアップ

31日、2018ロシアワールドカップ・アジア最終予選で韓国代表とイラン代表が対戦するが、両者の因縁は凄まじい。

両国は過去3大会とも予選で同じグループに入っているが、韓国側はイランでのアウェイ戦で悪質な環境の練習場を用意されたり、そのグラウンドの照明が暗いなど、不十分な対応に以前から不満を漏らしていた。今回はイランが韓国にやってきているが、そのイランも芝の状態が悪いと不満を口にしている。

今回も穏やかなムードで90分を終えるのは難しそうな気配だが、韓国『東亜日報』もイランを厳しく批判している。

同紙はイランが劣悪な環境の練習場を用意したり、宿舎が練習場から遠いなどピッチ外でのマナーが悪いだけでなく、ピッチの中でもイランの選手たちのプレイは悪質と主張。

「自分たちがリードしている展開では大袈裟に倒れて時間を稼いだり、非紳士的なプレイを常に行う。国際サッカー連盟の提唱するフェアプレイとは最も離れているチーム」と伝えている。

今回はイラン側が練習場の芝の状態が悪いと不満を訴えているが、これも同紙は「自ら招いたこと」と厳しい。すでに戦いは始まっているといったイメージもあり、アウェイの地での扱いに両チームが不満を抱いている。ピッチ内で穏やかに試合が進むとは想像しにくいだろう。

前回対戦ではアウェイで韓国がイランに0-1で敗れており、イランはすでにワールドカップ出場を確定させている。それでもイランはアジア最終予選を無敗で終えようとしており、今回も韓国撃破に全力を挙げるだろう。白熱した試合が予想されるが、果たしてどのような展開になるのか。

https://www.theworldmagazine.jp/20170830/02national_team/177460


韓国代表、運命のイラン戦に向け初めて“ソックス”の色を変更 その理由とは

青のソックスを着用

韓国代表はロシアワールドカップ・アジア最終予選の残り2戦で、黒星が1つでも付けば、プレイオフにまわる可能性がある。そのため決して負けは許されない。31日には同組首位のイラン代表との決戦が待っており、正念場となっている。そこで、韓国はこの一戦に向け初の試みを行うという。

韓国サッカー協会は、イラン戦に向けて、赤のシャツ、赤のパンツに通常の赤ではなく青のソックスで戦うことを発表した。

韓国代表のメディア担当は、ソックスに青を着用する理由として「後へは引けないこのゲームを前に、改めて覚悟を固め太極旗(韓国の国旗)を掲げた戦士としての誇りを更に鼓舞するという意味で、ソックスの色を変更した」と説明している。韓国紙『スポーツソウル』が伝えた。

韓国のユニフォームといえば、自国を象徴する“赤”を全身に纏うイメージだが、国旗を連想させる青の配色を取り入れて戦うようだ。新たな気持ちで、さらに士気を高めて戦う韓国代表。見事イランを破り、W杯本戦出場に王手をかけることができるだろうか。

https://www.theworldmagazine.jp/20170830/02national_team/177464

続きを読む

【中央日報】日本国内における韓国ボーイズグループSEVENTEENの人気が尋常ではない

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/30(水) 14:16:39.00 ID:CAP_USER
日本国内における韓国ボーイズグループSEVENTEENの人気が尋常ではない。9月4日付オリコン週間ランキング2部門で首位に立った。

SEVENTEENは30日、日本最大の音盤集計サイト「オリコン」が公開したランキングで、週間DVDランキングで総合1位を獲得したほか、ミュージックDVDとBDの売上枚数を合算した総合ミュージック映像ランキングでも1位を記録した。

このDVDはSEVENTEENのライブDVD『’17 JAPAN CONCERT Say the name #SEVENTEEN』で、今月23日リリース後、一日だけを除く計6日間にわたってデイリーDVD音楽ランキングで首位を独走して爆発的人気を呼んだ。

所属事務所は「日本で正式デビューする前に週間DVDランキングで1位を獲得したSEVENTEENのDVDは、2月に開催された横浜アリーナ公演のライブ映像が収録されている。

2回目の日本単独コンサートで、神戸と横浜で計6公演、約5万席を全席完売させ、日本でもホットな人気を立証していた」と説明した。

SEVENTEENは7月に初のワールドツアー日本公演をさいまたスーパーアリーナで開催し、計6万人を動員するなど高い人気ぶりを誇っている。

http://japanese.joins.com/article/856/232856.html

no title

SEVENTEEN

続きを読む

【東亞日報】サッカーW杯最終予選:韓国にとって最高のシナリオは中国と韓国が勝利すること

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/31(木) 10:53:57.26 ID:CAP_USER
韓国対イランの試合が行われる31日午後9時(韓国時間)、中国武漢では中国対ウズベキスタンの試合が同時にキックオフする。韓国にとって最高のシナリオは、中国と韓国が勝利することだ。

この日、韓国がイランに勝ち、中国がウズベキスタンを破れば、韓国は敵地で行われるウズベキスタンとのW杯最終予選第10戦の結果に関係なくA組2位で9大会連続のW杯本大会出場が決まる。

30日現在、A組2位の韓国は勝ち点13。3位のウズベキスタンの勝ち点は12だ。最上の結果が実現すれば、韓国はウズベキスタンとの勝ち点差を4点まで開き、第10戦での直接対決で順位が変わることは起きない。

中国は勝ち点6でA組最下位だ。中国は昨年10月にあったウズベキスタンとのアウェー戦で0-2で負けている。ウズベキスタンとの歴代の対戦成績も4勝6敗1分けと負け越している。

国際サッカー連盟(FIFA)ランキングも中後K儒(77位)はウズベキスタン(64位)より低い。中国は昨年10月、イタリア人の名将マルチェロ・リッピ監督が就任した後におこなわれた今年3月の最終予選で韓国を相手に7年ぶりに勝利した。最終予選初勝利だった。

これに対してウズベキスタンは最終予選第5~8戦の4試合で1勝3敗と振るわなかった。ウズベキスタンは第1~4戦で3勝1敗をマークした。

こうした雰囲気のためか、30日現在、「ベット365」をなど大半のベッティングサイトは中国の配当率をウズベキスタンより低く設定している。配当率が低いことは勝てる可能性がより高いことを意味する。

中国は組最下位だが、かすかな希望が残っているため、ウズベキスタン戦に総力戦で臨むとみられる。中国が最終予選第9、10戦で全勝すれば他チームの試合結果によっては3位まで順位を上げることができる。

A組3位とプレーオフを行い、そこで勝てば北中米予選4位と大陸間プレーオフを行う。リッピ監督は、ウズベキスタン戦を控えて「不可能なことが起きるかもしれない」と話した。

李宗錫

http://japanese.donga.com/List/3/all/27/1044471/1

続きを読む

【経済】現代自動車の中国工場が稼動を中断 THAADめぐる軋轢で販売が半減、代金滞納で部品調達できず

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/30(水) 03:21:16.38 ID:CAP_USER
THAADめぐる軋轢で販売が半減
代金滞納で部品調達できず

現代自動車の中国工場が稼動を中断した。高高度防衛ミサイル(THAAD)配備をめぐる韓中間の軋轢により、販売が急減し、地元部品メーカーに代金の支給が遅れて、部品会社が納入を中断したからだ。

現代自動車は29日、中国合弁法人である北京現代の北京1、2、3工場と滄州の4工場の稼動を先週から中断したと発表した。最近完工された重慶5工場がまだ本格的に稼動していないことを考慮すると、現代自動車の中国内工場が全て止まったことになる。

工場の稼動中断は、プラスチック燃料タンクなどを供給する地元部品メーカーの北京英瑞傑が、北京現代からもらう予定の代金の支払いが遅れたことを理由に、納入を拒否したことから始まった。約2万個の部品に組み込まれる自動車は部品一つが欠けるだけでも、車両の製作に支障を来たす。

北京英瑞傑が北京現代から受け取っていない代金は今月25日基準で1億1100万人民元(約189億ウォン)と、地元メディアは伝えた。現代自動車の関係者は「THAAD事態以降、中国内の販売が激減し、合弁会社である北京現代の資金状況が難しくなって、代金の支払いが遅れたと聞いている」と話した。

北京現代は年間130万台の生産能力を備えている。現代・起亜自動車今年3月から本格化されたTHAAD報復の影響で昨年の上半期の中国販売量が昨年同期間に比べて半減した。最近の調査によると、現代・起亜自動車の苦戦で現地に進出した韓国部品メーカーも限界状況を迎えたという。最近、これら工場の稼働率は50%以下に低下し、売上げと収益性が大幅に悪化している。

ホン・デソン記者

http://japan.hani.co.kr/arti/economy/28324.html

no title

現代自動車の中国工場が中国のTHAAD報復の影響で部品会社の納品に支障が生じ、先週から稼動を中断した。写真は2013年11月現代自動車中国北京3工場の生産ラインに中国労働者が並んで作業している姿=北京/聯合ニュース

続きを読む

【中国メディア】偽札が存在しないという事実だけでも「日本人の民度がわかる」

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2017/08/30(水) 20:31:17.03 ID:CAP_USER
日本で暮らしていて偽札をつかまされた経験のある人はまずいないだろう。中国のようにおつりが偽札でないか確認する必要性はなく、偽札判別機を常備する必要もない。ましてや銀行のATMから偽札が出るのではないかと心配する必要も皆無だ。

これは日本銀行券の高い偽造防止技術だけでなく、「民度」の高さの表れでもあるという。中国メディアの今日頭条は24日、偽札が非常に少ない日本を「世界で最も民度の高い、信用できる国」と称賛し、偽札が多く流通する中国は見習うべきだとする記事を掲載した。

通常、偽造の標的になるのは高額紙幣だ。記事は、日本の1万円札の偽造防止技術について写真で紹介した。

角度を変えると画像の色や模様が変化して見える「ホログラム」や、コピー機では再現しにくい「すき入れバーパターン」、札を傾けると模様が浮かび上がってくる「潜像模様」、また目の不自由な利用な人が指で触って識別するための「識別マーク」など、多くの技術が1枚の紙幣に見られると紹介した。

記事は日本で偽造が非常に少ない理由について、日本人が「日本の紙幣は精密だ」と主張するだけのことはあり、使用している材質が優れているだけでなく、技術も非常に高いため、日本紙幣の偽札は割に合わないのだろうと推測した。これはまた、日本人の製造に対する意識の高さを示しているという。

日本では偽札に限らず、製造された商品はすべて厳しいチェックを経て市場に出回っているため、「小さなミスも許されず、すべてが完ぺき」だと論じた。

最後に記事は、日本人は「民度が高い」と称賛。信用度の高さで日本人は本当に中国人が学ぶに値すると締めくくった。中国の偽札の多さは日本では考えられないほどであり、ゆえにモバイル決済などのキャッシュレス化が日本より進んでいると言われる。

しかし、やはり偽札の心配がない日本の方が安心だと思えるのは気のせいだろうか。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1642995?page=1

no title

(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト