脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

2017年04月

【日韓】「過剰対応」「戦争の恐怖を醸成」北ミサイル、東京メトロ運転見合わせ 韓国メディア批判

1: ひろし ★@無断転載は禁止 ©2ch.net 2017/04/29(土) 23:35:55.45 ID:CAP_USER
 【ソウル支局】北朝鮮の弾道ミサイル発射を受け、東京メトロが一時全路線で運転を見合わせたことに対し、韓国の聯合ニュースは29日、「過剰対応との批判が高まっている」と報じた。

 聯合ニュースは「初めての挑発でもなく、北朝鮮国内に落ちただけ」とした上で、「利用客の不便も顧みず運行を中止したことに(日本国内で)不満があふれている」と報道。日本政府が「戦争の恐怖を醸成することに熱を上げている」と表現した上で、運転見合わせについて「東京メトロは民間の会社だが、決定の背後には政府の存在があるといえる」とした。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-00000564-san-kr

続きを読む

【韓国】「韓国に何が起こったのか」 弱小・韓国のアイスホッケー、北米出身帰化選手の活躍で世界選手権1部入り目前

1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/27(木) 13:26:44.26 ID:CAP_USER
男子アイスホッケーの韓国代表は、以前なら考えることすらできなかった夢に近づこうとしている。20年前の韓国は世界選手権で世界3部リーグと4部リーグの間を行き来する弱小チームだったし、この10年間は2部リーグと3部リーグの間で昇格と降格を繰り返し、挫折していた。

世界最高の16チームが競い合う1部リーグ(トップディビジョン)など遠い国の話でしかなかった。だが今、その夢が現実になろうとしている。

韓国は、ウクライナのキエフで行われた世界選手権ディビジョン1グループA(世界2部リーグクラス)で1部リーグ昇格まであと勝ち点2を残すばかりとなった。

韓国は26日、ハンガリーとの第3戦に3-1で勝って大会3連勝を記録、勝ち点を9として現在首位に立っている。上位1・2位チームは来年の世界選手権から1部リーグに上がることになる。

韓国は2位のオーストリア(勝ち点6)、3位のカザフスタン(勝ち点5)との差を広げ、有利になった。

世界のアイスホッケー界は「韓国に何が起こったのか」と驚いている。韓国は今大会に参加した6チームの中で世界ランキングが23位と最も低いチームだ。

韓国がこのところ見せている驚異の成長についてはさまざまな見方がある。一部には「帰化選手7人のおかげではないか」と自虐気味に話すファンもいる。

韓国が平昌冬季五輪に備えて韓国国籍を取得させた北米出身選手たちが戦力の大部分を占めており、国内組は付き添い程度ではないのかという意見もある。

イム・ギョンオプ記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
no title

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/27/2017042700609.html

参考(2016年の画像 記事とは直接の関係はありません)
no title

no title

no title

続きを読む

【ビジネス】朝鮮半島有事に翻弄される「三流通貨」ウォン…

1: ガラケー記者 ★@無断転載は禁止 2017/04/28(金) 13:48:39.21 ID:CAP_USER
 米原子力空母カール・ビンソンの朝鮮半島周辺への派遣を受け、ソウル外国為替市場では、ドルに対して韓国ウォンが売られている。
外国人投資家らが朝鮮半島有事を懸念し、リスク回避でウォンを売る動きを強めたためだ。ただ、昨年11月の米大統領選以降、ウォンはトランプ氏の言動に振り回されて乱高下を繰り返してきた。一部の韓国マスコミは「三流通貨」と自虐的に報じるほどだが、政局混乱や反日などで自ら通貨不安を招いた側面もある。
 ウォン相場は4月上中旬に1ドル=1140ウォン台に下落し、約1カ月ぶりの安値をつけた。
 トランプ米政権の強硬姿勢が、ミサイル発射など挑発行為を繰り返す北朝鮮に波及するとの見方から、投資マネーが安全資産とされる円などの先進国通貨に流れ、ウォンが売られたのだ。
 米政権はシリア政策を転換し、一気にミサイル攻撃に出た。米3大ネットワークの一つ、NBCテレビは7日、国家安全保障会議(NSC)が、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の殺害を選択肢として北朝鮮政策の見直しを検討していると報じた。
その上で「トランプ政権は対北先制攻撃を排除しないとしている」と伝えた。米軍が北朝鮮に武力行使すれば、北朝鮮による韓国への報復攻撃も懸念される。
 外為専門家は「中東の次は北朝鮮リスクがはじけるのではないかという不安心理が広がっている」と解説する。
※続きはソースをご覧ください。
産経ニュース
2017.4.28 08:00
http://www.sankei.com/premium/news/170428/prm1704280007-n1.html

続きを読む

【北朝鮮情勢】米国と中国の合意に韓国がない

1: ザ・ワールド ★@無断転載は禁止 2017/04/28(金) 18:57:16.44 ID:CAP_USER
「TX(トランプ氏と習近平氏)のビッグディール」

4月6~7日、TXのフロリダ首脳会談と24日の通話会談で合意したのは次の3つと見られる。

(1)米国は全面戦争につながる先制攻撃をしない、
(2)中国は石油供給停止を含め、対北朝鮮圧力で北朝鮮による6回目の核実験と大陸間弾道弾(ICBM)につながるミサイル発射試験を阻止する、
(3)中国が協力しなければ米国は北朝鮮と取り引きする中国企業にセカンダリー・ボイコットを強行する。

TX合意がここで終わったはずがない。2人は取りあえず、北朝鮮の6回目の核実験と弾道ミサイル発射試験という差し迫った問題にけりをつけて核問題そのものを解決する方策を見出したのだろう。
彼らの前には2つの選択肢が置かれている。2017年現在、推定される北朝鮮核弾頭20個程度を凍結して外交的解決を模索するか、
それともトランプ氏の任期中である2020年までに北朝鮮が100~200個の核弾頭を保有することを放置するかの選択だ。

乱暴で予測不可能なトランプ氏だとしても、先制攻撃の選択肢はテーブルから除いたようだ。TXは、米国は中国の経済を深刻に脅かす為替操作国の指定をせず、
中国はその代わり金正恩委員長の牽制にできる限りのすべての手段を動員するというビッグディールをしたわけだ。Xは中国が望まない韓半島戦争を防止する重要な成果を上げた。

トランプ政府のこの政策に韓国はない。「コリアパッシング」という深刻な事態だ。
問題は、往年のネオコン保守・強硬論者を除いた多くの専門家も戦争をしない限り、これが唯一の現実的解決策ということに同意しているという点だ。

TXが北核問題の解決を懸念してくれるのは有難いが、韓国排除は断じて許してはならない。大統領選候補はこのような事情には目を閉じたまま、
掛け声水準の幼稚な安保構想だけを乱発しているとは実に懸念される。次期大統領は是非、TX方式に反映させる韓国の戦略を徹底して準備することを国民の名の下で求めたい。

http://japanese.joins.com/article/582/228582.html?servcode=100&sectcode=120&cloc=jp|main|top_news

続きを読む

【経済】中国と英国を結ぶ初の貨物列車(コンテナ88個)、復路便が浙江省に到着 貨物船はコンテナを1万~2万個

1: ダース・シコリアン卿 ★@無断転載は禁止 2017/04/29(土) 21:09:07.96 ID:CAP_USER
英ロンドンから各種商品が入ったコンテナを積んで中国東部沿岸の浙江省義烏に到着した貨物列車
no title


中国と英国を直接結ぶ初の貨物列車が29日、中国東部沿岸の浙江(Zhejiang)省義烏(Yiwu)に到着した。英ロンドン(London)からの距離は1万2000キロで、世界で2番目に長い路線だ。

この路線は、西欧との貿易強化に努める中国の現代版シルクロード構想「一帯一路」の最新例。世界最大の貿易国である中国は同構想を2013年に打ち出して以来、広大なインフラ整備に巨額を投じている。

ウイスキーや赤ちゃん用ミルク、医薬品、機械類が積まれた列車はロンドンを今月10日に出発し、フランス、ベルギー、ドイツ、ポーランド、ベラルーシ、ロシア、カザフスタンを経て、20日間かけて義烏に到着した。義烏は消費財の卸売りの中心地だ。

この新ルートはロシアの有名なシベリア鉄道(Trans-Siberian Railway)より長いが、2014年に開通した中国とスペイン・マドリード(Madrid)を結ぶ世界最長路線よりは約1000キロ短い。

ロンドンは中国の国有鉄道会社、中国鉄路総公司(China Railway)の新貨物網で結ばれた15番目の都市。同社によれば、空輸より安く、海運より速いという。

浙江省政府によれば、船で輸送するより30日短縮できるはずだが、今回の試験運行では予定していた18日間より2日多くかかった。

義烏当局によると、「東風号」と名付けられたこの列車が一度に運べるコンテナは88個。コンテナを1万~2万個積載できる貨物船に比べてはるかに少ない。

この野心的なプロジェクトのコストは明らかにされておらず、経済的に意味があるのか疑問を呈する専門家たちもいる。

(c)AFP
http://www.afpbb.com/articles/-/3126823

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト