脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

2016年11月

【グルメ】韓国料理の真髄 ミシュランガイド掲載の韓定食の魅力!

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/28(月) 20:47:57.50 ID:CAP_USER
韓国料理の真髄とも言える、宮廷韓定食。家庭式韓定食と異なり高価ですが、上品な宮廷料理を一度は味わってみたいもの。「ミシュランガイドソウル2017」にもいくつか掲載されています。

http://japanese.joins.com/article/997/222997.html

no title

続きを読む

韓国歴代大統領の末路

1: おちんちん ◆d9eTMNEKrI (空)@無断転載は禁止 [US] 2016/11/28(月) 12:29:01.80 ID:qLB8PePF0
ぼくの人生より酷い

続きを読む

【韓国】辞任しない朴大統領、父譲りの本領発揮―韓国紙

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/11/29(火) 11:06:46.60 ID:CAP_USER
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20161129/Recordchina_20161129015.html

2016年11月28日、環球網によると、韓国時報は親友の国政介入事件で退陣要求が高まっている韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領が辞任しない理由について、「政局の困難をいくども乗り越えた父親の故・朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領譲りの本領を発揮している」と伝えた。

支持率は就任以来最低の3%台に下落し、5周連続で大規模の抗議集会が開かれ、200万人以上の市民が街頭に出て退陣を求めたにもかかわらず、朴大統領は辞任する意向を表明しない。その理由は大統領が成長した背景にある。

大規模な抗議行動にも朴大統領が動じないのは、父親譲りといえる。朴正煕氏は在職期間中、常に全国的な抗議行動と血なまぐさい鎮圧のさなかにいた。幼い時から街頭デモ、衝突を見てきたうえ、自分の両親とも殺害された朴大統領はいわば「百戦錬磨」。国会による弾劾訴追の手続きが非常に複雑なことも熟知している。今回の事態は本領を発揮できる機会とすらいえるのだ。

続きを読む

【大阪】「私はあなたを信じます」反韓デモの中で韓国人女性がフリーハグ=韓国ネット「今まで見たフリーハグの映像の中で一番感動した」

1: ねこ名無し ★@無断転載は禁止 2016/11/28(月) 18:36:52.59 ID:CAP_USER
no title


2016年11月24日、韓国人観光客に対し大量のわさびを入れたすしを提供していたいわゆる「わさびテロ騒動」が問題となった大阪で、韓国人女性が韓国の伝統衣装を着て「フリーハグ」を行う動画が話題になっている。

「韓国人が反韓デモでフリーハグをしてみた」と題する動画には、韓国の伝統衣装を着た1人の韓国人女性が登場する。

女性は「私は韓国人です。今、隣の通りではヘイトデモが行われています。でも、私はあなたを信じます。一緒にハグしませんか?」と書かれた札の横で目隠しをした状態で立っている。近くでは日の丸と旭日旗を掲げたデモ隊が行進している。

日本の市民たちは初めは女性を遠巻きに見ていた。しかし、1人の日本人女性が両手を横に広げて近づきハグをすると、他の市民たちも次々にハグをし始めた。中年男性や幼い子供、若い女性、学生など多種多様な人たちがフリーハグに参加した。

動画は最後、「憎しみから平和は生まれません。共に歩み寄り、お互いに笑顔でいられる、そんな未来を一緒に作りませんか?」という文で締めくくられている。

動画を見た韓国のネットユーザーは

「今まで見たフリーハグの映像の中で一番感動した」

「かっこいい。ハグをしてくれた日本人もとても素敵な表情をしている」

「温かい気持ちになれた。ありがとう」

「こういう小さな歩みが大きな和合につながりますように」

などのコメントを寄せている。(翻訳・編集/堂本)

http://www.recordchina.co.jp/a155975.html
http://videoclip.club/post-16079/

(出典:https://www.youtube.com/watch?v=Ob6QediH92w


続きを読む

【中国】日本は軽自動車大国だった!その利便性や融通性の高さに驚き=中国

1: たんぽぽ ★@無断転載は禁止 2016/11/28(月) 12:25:30.56 ID:CAP_USER
http://news.searchina.net/id/1623928?page=1

 世界の国々には、その国ならではの独特の景観が存在するものだが、中国メディアの今日頭条は24日付で、日本の街の独特の景観として「非常に多くの軽自動車が存在すること」を挙げ、軽自動車が日本人の生活に溶け込んでいる様子について説明している。

 最初に記事は、日本で見かける自動車の大多数が日本車であると指摘、「日本の自動車工業が非常に発達しているということに感慨を覚えずにはいられない」と称賛する一方、日本の街中で最も良く見かけるのは軽自動車だと説明した。

 続けて、日本の軽自動車の起源は終戦当時の経済低迷の時期にあると指摘、当時の日本政府が普通の自動車を買うことができない貧しい国民や自動車産業の発展のために、自動車メーカーに排気量の小さな軽自動車の生産を奨励したと説明した。

 さらに、軽自動車には税金や保険料が安いといった利点に加えて、軽自動車は道路の狭い日本において非常に「融通が利く」乗り物でもあると指摘、そのため日本国民にとって第一の選択肢になる自動車だと説明した。

 軽自動車の融通性について、記事はさらに「日本には片側1車線道路が数多くあるが、軽自動車ならば通行に少しも苦労しない」と指摘したほか、駐車場所にも全く困らないのが軽自動車の利点だと絶賛した。これは軽自動車のサイズの小ささが強みとなっている事例の1つだが、その一方で記事は「軽自動車の車内空間はびっくりするほど広い」と称賛した。

 他人があるモノをうまく活用しているのを見ると、自分もそれを使ってみたいと感じることがあるが、記事は日本人が生活の様々な点において、軽自動車を非常にうまく活用している点に感動を覚えたようだ。そのため記事は結論の部分で、軽自動車は物流や主婦の足、通勤など様々な用途に使えると指摘、その実際性の高さを絶賛しており、中国国内でも軽自動車市場は発展の余地があるという見方を示している。

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト