脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

2015年12月

【韓国】大学生30人が日本大使館に侵入し奇襲デモ 警察に連行

1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 16:46:09.20 ID:CAP_USER.net
大学生30人、日大使館建物で奇襲デモ…警察連行(詳報)

2015-12-31 13:35

"慰安婦交渉は全く名分ない談合"…日本軍慰安婦問題最終合意案廃止要求

no title


(ソウル=ニュース1)チェ・ヒョンギュ記者=韓日外交長官会談開催を通じて導き出された日本軍慰安婦問題最終合意に反発する大学生が奇襲デモを行って警察に連行された。

ソウル、鍾路(チョンノ)警察署は31日ソウル、鍾路区(チョンノグ)日本大使館建物で奇襲デモをした疑惑(集会およびデモに関する法律違反・建造物侵入)で大学生30人を連行したと明らかにした。

警察によればこれらはこの日午前11時50分ほど‘大韓民国国民は韓日交渉拒否する',‘記憶することが責任だ。 慰安婦問題歴史に記録しなさい'等の文面が書かれた垂れ幕を持って建物内で奇襲デモを進めた疑惑を受けている。

男子学生11人、女子学生19人で構成されたこれらはこの日日本大使館建物で"慰安婦交渉は人権的、法的、道義的観点で見ても全く名分ない談合"と"韓日協定を廃止しなさい"と要求した。

先立って学生たちは8階領事部出入口に韓日協定廃止を促す内容のピケと大学生宣言文などを付けた。

これらは地下駐車場を通じて建物内部に入ってきたし、これに対し警察は警官50人余りを投じてこれらを連行した。

これらの中には前日第1211次日本軍慰安婦問題解決のための定期水曜デモとロウソクのあかり文化祭以後から平和の少女上の前で座り込みを継続している慰安婦問題解決のための大学生集い‘平和蝶々ネットワーク'気が抜ける代表もあると分かった。

http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=421&aid=0001814603&date=20151231&type=1&rankingSeq=4&rankingSectionId=102

続きを読む

【慰安婦問題】 「日本のせい」ではなく、日本を畏怖させる外交を~思い切った転換実施で日本の方が窮地に/朝鮮日報コラム

1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2015/12/30(水) 17:09:45.37 ID:CAP_USER.net
 今年87歳の李容洙(イ・ヨンス)さんはとうとう涙をこぼした。李容洙さんはおととい、
ソウル市麻浦区にある韓国挺身隊対策協議会(挺対協)の事務所を訪れた。朝早くに大邱
を出発してソウルに来たという。韓日外相会談の結果を見守るためだ。李容洙さんは両国
外相の発表を聞き、「日本は口ではそう言うが、実際に謝罪したわけではない」と声を荒ら
げた。そして「お前ら(元慰安婦たち)がカネを稼ぎに行ったから、苦労したからカネを
やる(ということだ)…」と言いかけて、声を詰まらせた。

 大邱は李容洙さんの生まれ故郷だ。15歳だった1943年10月、「隣人に呼ばれて外出した
ところ、ほかの女性4人と一緒に日本軍に連れて行かれた」という。汽車・トラック・船
などに乗り換えた末に行き着いたのが台湾だった。そして10代半ばにして日本軍の性の慰
みものになった。第二次世界大戦が終わった後、故郷に戻ったが、半世紀近くにわたり自
身がさいなまれたおぞましい過去について、誰にも訴えることができず、ずっと一人暮ら
しをしてきた。今は保証金180万ウォン(約18万円)の永久賃貸アパートで一人暮らしを
しているという。

 筆者が慰安婦問題に初めてかかわったのは1991年夏、外交部(省に相当)に出入りして
いた時のことだった。「従軍慰安婦」だったという事実を隠して生きてきた数人の元慰安婦
女性が初めて口を開いた。同年8月、当時67歳だった金学順(キム・ハクスン)さんが記
者会見を開き、17歳の時に3カ月間従軍慰安婦として暮らし、脱出したことを公表した。
この時から宮澤喜一首相=当時=が訪韓した92年初めまで、韓国は「慰安婦問題の大きな
炎」に包まれた。激しいデモが相次ぎ、日の丸や日本人政治家の人形に火がつけられた。
きょう1211回目を迎えるソウルの日本大使館前で水曜集会が始まったのもこのころだ。

 慰安婦問題が明らかになると、韓国政府は日本に対し超強硬姿勢を取った。盧泰愚(ノ・
テウ)大統領=当時=は日本の首相を前にして「歴史と国民の前でうそをついている」と
責め立てた。だが、韓国政府の焦点は慰安婦問題ではなく、韓国の貿易赤字の大半を占め
る対日貿易不均衡の改善案を日本側から引き出すことだった。当時水面下で行われた韓日
実務交渉の場で会った韓国の外交官は「慰安婦問題を対日貿易不均衡と結び付ける交渉は、
外交官の良心上、到底できない」とまで言った。こうした紆余(うよ)曲折の末、韓日経
済協力案が整備されたが、実質的な貿易不均衡改善効果はほとんどなかった。
(中略:>>2-5あたりに続く)

 筆者はしばしば、日本の首相が予定外で来韓し、元慰安婦の女性たちが暮らしている京
畿道の「ナヌムの家」を訪れ、頭を下げて謝罪する姿を想像していた。日本と同じく第二
次世界大戦の戦犯国であるドイツは、折に触れてナチスの被害者のもとを訪れ、許しを請
うた。もし、日本もそれができたなら、日本を見直していただろうし、日本を恐れる気持
ちも膨らんでいただろう。だが、日本はそうはできない国だということが今回の交渉であ
らためて明らかになった。ドイツがヨーロッパだけでなく世界のリーダー国となった一方
で、日本が近隣諸国との旧怨(古くからの恨み)に足を引っ張られ、さらに前に進めない
のも、こうした理由があるからだろう。

 日本を相手に激しい言葉で感情的に対応すれば、国際社会の中で韓国人自らが「韓国の
立場」を狭めるばかりだ。この3年間、現政権がやってきた対日外交の失敗がその証拠だ。
韓日関係は慰安婦交渉合意で再び出発点に立った。今こそ日本に韓国を畏怖させる発想の
転換と外交戦略を考えなければならない。慰安婦問題を初めて提起した金学順さんは1997
年にこの世を去った。金学順さんをはじめ、元慰安婦として登録された約200人のうち、
現在生存しているのは46人だけだ。日本のせいにばかりにするのではなく、私たち韓国人
が真心をもって元慰安婦の女性たちに寄り添って行ければと思う。

朴斗植(パク・ドゥシク)副局長兼社会部長

ソース:朝鮮日報日本語版【コラム】「日本のせい」ではなく、日本を畏怖させる外交を
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2015/12/30/2015123001044.html

続きを読む

【慰安婦】]「慰安婦像」を「少女像」と呼び始めた朝日新聞とNHK・・・問題の本質を薄めようという作為

1: HONEY MILKφ ★@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 11:32:38.24 ID:CAP_USER.net
慰安婦問題に関する日韓両国政府の合意をめぐっては日本側のメディアの報道になんとも
奇妙な現象がある。

ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦像をNHK、朝日新聞から読売新聞までが唐突に
「少女像」と呼び始めたことである。この慰安婦像の扱いは今後、今回の合意の韓国側の順守を
判定するカギとなるから、この呼称のあり方は重要である。

日本のメディアはNHKも朝日新聞も長年、このソウルの日本大使館前の像は「慰安婦像」と
呼んできた。事実としてもそのとおりなのだろう。日本を糾弾する側では「慰安婦は14歳から
20歳までの女性」と断じているから、この像もいかにも若く幼い少女にみえても、その描くところ
は慰安婦そのものだろう。

だがNHKも朝日新聞もいまではこの像を「慰安婦を象徴する少女像」と表現する。慰安婦を
象徴するというならば、その産物は慰安婦そのものだという意味だろう。だがあえて「慰安婦」
とは呼ばず、「少女」と表記するというのだ、一体なぜなのだろう。

この新しい呼称はアメリカ国内の各地に建てられた慰安婦像にも適用されそうな気配がある。
アメリカでの慰安婦像問題は私も当初から注意を向け、その動きを取材し、報道してきたが、
その像は最初から最後まで「慰安婦像」である。建てる側も、建てられて、不快感や侮辱感を
味あわされる側も、一様にその像を「慰安婦像」と呼んできたのだ。

慰安婦像を少女像という表記に変えることは、慰安婦問題の本質を薄めようという作為を感じ
させる。少女像ならそれ自体はなんの問題もないだろうというニュアンスが広がる。韓国側の
言動を有利にする意味あいがこもる。単に少女の像を建てることは、ギラギラとした政治意図を
感じさせないからだ。

ところがいかにも若く幼くみえる少女のイメージを利用して慰安婦像を建てることは、まさにこの
問題の中心の虚構や誇大をアピールするプロパガンダ性をずばり実感させる。まさにギラギラ
した政治意図そのものなのである。

なぜ「慰安婦像」ではなく「少女像」なのか。「慰安婦を象徴する少女像」とは正確にはなにを
意味するのか。この点をNHKも朝日新聞も明確に説明してほしい。
.
古森義久(ジャーナリスト・国際教養大学 客員教授)

ソース:Yahoo!/Japan In-depth
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151231-00010001-jindepth-int

続きを読む

【慰安婦合意】韓国最大野党「政権執ったら『なかったこと』にする」

1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 11:54:50.40 ID:CAP_USER.net
朝鮮日報日本語版 12月31日(木)8時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151231-00000717-chosun-kr
 野党が韓日両国の慰安婦合意に対し、本格的に反対する動きを見せ始めていることから、新たな政治争点になりそうだ。
しかも、韓国最大野党の「共に民主党」(旧名称:新政治民主連合)は30日、慰安婦合意の無効を宣言し、政府に再交渉を要求した。

 同党の文在寅(ムン・ジェイン)代表はこの日の党最高委員会議で、「今回の合意は、国民の権利を放棄する条約や協定に該当するため、
国会の同意を得なければならない」「我々はこの合意に反対する。国会の同意がなかったため、無効であることを宣言する」と述べた。
同代表はまた、「日本は(拠出するとした)10億円は賠償でないとクギを刺した。政府はそのカネを受け取ってはならない」
「元慰安婦の女性たちのための財団を設立するなら、全額韓国の資金で設立せよ」とも言った。さらに、少女像問題については、
「日本が撤去を要求したのは厚かましい行為だ。そのような不当な要求に引っ張り回される政府も恥ずかしいのは同じだ」と語った。
田炳憲(チョン・ビョンホン)最高委員も「10億円を手にしたが、これは我々にとって侮辱的で恥ずべきカネだ」と言った。

 同党の李鐘杰(イ・ジョンゴル)院内代表はこの日、韓国プレスセンターで国内外メディアの記者と会見し、
「合意を受け入れることはできない。原点から再交渉しなければならない」「わが党は今回の交渉について、
現在はもちろん、今後、政権を執ることになったら、なかったことにする」と言った。同党は合意に対する
糾弾決議案と尹炳世(ユン・ビョンセ)外交部(省に相当)長官の解任建議を提出することにした。

続きを読む

【中共】中国共産党 政治的利用を警戒し『進撃の巨人』を規制対象に

1: きゅう ★@\(^o^)/ 2015/12/30(水) 16:52:30.30 ID:CAP_USER.net
 習近平政権は、中国でも大人気の「ジャパニメーション」の規制強化に乗り出した。
中国出身の漫画家・孫向文氏は、
「多くの日本アニメが“有害指定”され視聴が禁じられた背景には中国共産党の焦りがある」
と分析する。

 * * *
 さる6月7日、中国政府は「有害な日本アニメをネット配信した」との理由で、
中国国内の大手動画配信会社29社に罰金・警告などの行政処分を科したことを発表した。
当局に「有害指定」されたのは、日本でも人気の高い『進撃の巨人』や『デスノート』などの
アニメ38作品。当該作品は即日、配信停止となった。

 中国では1980年代以降、日本からさまざまなアニメ番組が輸入され、多くの子供たちに
親しまれてきた。
筆者も中国で『一休さん』や『ドラゴンボール』、『聖闘士聖矢』などを観て育ち、
アニメや漫画を通じて日本に親しみを持つようになった世代である。

 胡錦濤政権時代の2005年以降は「中国製アニメの振興」を理由に海外作品のテレビ放映が
一部規制されたものの、近年はネットでの視聴が主流となり、日本の最新アニメが公式配信
されるようになった。
しかし、ここにきて習近平政権は、日本のアニメを狙い撃ちするかのごとく規制強化に乗り出したのだ。

 これを主導しているのが中国文化部と、中国共産党中央宣伝部傘下の「広電総局」である。
広電総局は、新聞や出版物、テレビ、映画、ラジオ、インターネットコンテンツなどの管理、
検閲を一手に担う“メディアコントロール”機関だ。
中国当局は日本アニメの規制について
「残虐な暴力シーンや過激な性描写など、未成年者の犯罪を煽る内容が含まれる」
としているが、理由はそれだけではない。

 規制対象となった『進撃の巨人』は若き主人公が残虐非道な巨人と対決し、人類の自由を
手に入れるために奮闘するストーリー。
実は中国共産党指導部はこの作品が政治的に利用されることを最も警戒しているのだ。

http://www.news-postseven.com/archives/20151230_369136.html
http://www.news-postseven.com/archives/20151230_369136.html?PAGE=2


 例えば、香港の政治家や活動家は、『進撃の巨人』の巨人を巨悪=中国共産党に見立てた
パロディ動画を作成し党指導部を猛批判。
その動画を見た香港の人々は同作品に自身の置かれた状況を重ね合わせはじめている。

 また、同じく規制対象となった『残響のテロル』のストーリーの中核は、若者による
国家へのテロだ。
同作品のキャッチコピーは「この世界に、引き金をひけ。」。
少数民族問題を抱え暴動が頻発する中国で、作品に感化された若者が共産党にテロを起こすことを
党指導部は懸念している。

 さらに、徹底した監視社会を描く『PHYCHO-PASS サイコパス』を規制した背景には、
中国の人民が監視社会に対する疑問を抱かないようにする狙いがある。
体制批判や政情不安に繋がりかねない材料は、たとえアニメでも「徹底的に排除する」のが
中国政府の方針なのだ。

【プロフィール】孫向文(そんこうぶん):中華人民共和国浙江省杭州市出身の31歳。
漢族。20代半ばで中国の漫画賞を受賞し、プロ漫画家に。現在「デイリーニュースオンライン」と
「日刊サイゾー」でコラムを連載中。
著書に『中国のヤバい正体』、『中国のもっとヤバい正体』(いずれも大洋図書刊)がある。

続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト