脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

2015年03月

【韓国】京畿道教育庁、「歴史を正しく知る教育の実施」

1: なまはげ87度 ★@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 10:16:49.38 ID:???.net
京畿道教育庁(教育長イ・ジェジョン)は「歴史を正しく知る「教育の一環として、26日きっかけ教材を各学校に普及する。
「光復70周年、歴史を知っている」展覧会と体験ブースを議政府芸術の殿堂で開催すると明らかにした。
「歴史きっかけ教育資料」チョドゥンヨン「人物に見て私たちの歴史」には、ソヒ、チョン・ヤギョン、崔益鉉など京畿道の人物20人を地域別に紹介しており、
中等用「みんなで見る今月の歴史」は、2月14日、安重根医師死刑をはじめ3・1運動、4・19革命、5・18民主化運動など、毎月の歴史的な出来事と人物を中心に説明しました。
また、公開のための材料、基本的な行為か、深化行為か、写真や記事を読むなどで構成して、歴史教育が一回で終わらずに、年間計画に基づいて、教師が再構成して活用できるようにした。

「光復70周年、歴史を知っている」展覧会と体験ブースは3月26日から4月1日までに「歴史を忘れた民族に未来はありません」
「平和プロジェクト」、「木材を利用して太極旗する作成」
「自然に表現する光復70周年」、「愛国、応答せよ! 1945」などのテーマで
▲教育、文化、社会など各分野で独立運動をした先烈たちの肖像画の展示
▲安重根、柳寛順烈士、李会榮先生を追悼する歌や演劇
▲独立運動の歴史と民族的自尊心と誇りを体験することができるブースなど多彩な歴史教育の場を広げる。

京畿道教育庁民主市民教育と関係者は
「今回のきっかけ教育、展示会、体験活動など「歴史を正しく知る「教育は、学生に正しい歴史観を育ててくれる一方、誇らしい大韓民国の礎石になるための自己の責任と役割は何かを悟らせるきっかけとなり、
今後も思考力と洞察力を身につけることができる多様な歴史教育を展開する」と述べた。


章流暢記者good-daily@hanmail.net

続きを読む

【東亞日報/社説】米国とアジア太平洋を分かち合うという中国の覇権戦略、韓国の外交戦略が問われている

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 11:16:12.79 ID:???.net
中国の習近平国家主席が昨日閉会したボアオ・アジアフォーラムで、「アジアが運命共同体に向かって、
新しい未来を開拓して行こう」と呼びかけた。中国が推進している一帯一路(陸海上のシルクロード)と
アジアインフラ投資銀行(AIIB)はアジア運命共同体作りの重要な手段として提示された。AIIBの立ち
上げを巡って米国と繰り広げた力比べが、中国の完勝で終わったところでの宣言で、まるで「ユーラシア
覇権の宗主国」宣言とも受け取れる威勢が感じられる。

習主席は、中国だけのための構想ではないとして周辺国との共存を強調したものの、「運命共同体」
という表現が含む意味は軽くない。「共同安保」と「価値観」にまで触れたところを見ると、昨年に表明
したアジア新安保構想の中で「第三国を対象にした軍事同盟は地域共同の安全保障維持にマイナス」
と指摘したことを思い起こさせる。中国が主導する世界戦略が持つ吸引力と世界経済や外交環境に
与える波及効果は、AIIBへの参加を表明している国が急増していることからも証明されている。
もはや中国は、韜光養晦(姿勢を低く保ち、力を蓄えながら強くなるまで待つ)戦略から抜け出し、
米国の「アジア回帰」政策をけん制し、アジア太平洋を米国と分かち合うという「21世紀版の大国関係」
の覇権戦略を堂々とさらけ出している姿だ。

韓国はビジョンと実行プランを備えた中国の世界戦略をまともに読んでいるのか問いたい。朴槿恵
(パク・クンヘ)政権の東北アジア平和協力構想や韓半島信頼プロセス、ユーラシア・イニシアティブは、
まだ具体的な成果を出せずにいる。朴大統領は昨年、習主席の来韓の際、「韓国のユーラシア・
イニシアティブと中国の新シルクロード構想(一帯一路)間の連携を模索する必要がある」と強調したが、
どんな進展があるのか分からない。

韓国の立場からすれば、中国の膨張はチャンスであると同時に国際秩序を揺さぶる脅威でもある。
中国が経済だけでなく外交、安全保障分野でも秩序とルールの制定者として台頭したのは、
韓国にとっては大きな挑戦だ。経済は中国に依存し、安全保障は米国に頼るダブルスタンスでは、
国益を守ることが難しくなってきた。日本の安倍晋三首相が韓中にけん制されながらも、オバマ政権
との新蜜月時代を強化するために全力を尽くしている理由がどこにあるのか、徹底的に咀嚼する
必要がある。

韓中関係と韓米関係は良好だと口先だけで終わってはならない。強大国の変化に能動的に対応
できる外交能力を示す責任は、朴大統領にある。中国が立てている巨大な荒波をかきわけていく
ためには、目先の懸案問題だけに汲々としていないで、包括的な外交戦略を盛り込んだドクトリンを
打ち出す必要がある。

ソース:東亞日報 MARCH 30, 2015 07:14
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2015033004838

続きを読む

【韓国】サムスンの系列会社が「日本海」表記の地図掲載…「東海」表記の地図に差し替えるも「謝罪しろ」と批判収まらず

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/03/28(土) 19:55:50.99 ID:???.net
3月25日、サムスングループの主要系列会社、サムスンエンジニアリングのホームページに、「日本海」と表記
された地図が掲載されていることが分かり、韓国で非難を浴びている。

複数の韓国メディアによると、会社の位置を紹介するページに韓国が主張する「東海」ではなく「日本海」と表記した
地図が掲載されていた。また、同地図には、竹島(韓国名・独島)が「リアンクール岩礁」と表記していた。

同社は指摘を受けて、ウェブ上のサービスを一時中断。「東海」、「独島」と表記された地図に差し替えた。

同社は「Google地図を使用していたため、『日本海』や『リアンクール岩礁』という表記になってしまった」と説明した。

しかし、韓国メディアは、地図の差し替えと共に、正式な謝罪があるべきだと指摘。同社への批判は収まっていない。

韓国では2014年末、スウェーデンの大手家具イケアが「SEA OF JAPAN(日本海)」との表記がある装飾品を
販売したとして批判が殺到。これを受けて、IKEAは、同地図を全世界で販売中止にすると発表し、ホームページで
「おわび」を表明している。

そのため、韓国メディアは「外国企業であるIKEAは韓国の国民感情を考慮して公式謝罪をしたのに、国内企業の
サムスンエンジニアリングは何の謝罪もない」と指摘。「国民に対する態度は外国企業にも劣るとの非難を浴びている」
と伝えた。(編集担当:新川悠)

ソース:サーチナ 2015-03-27 16:43
http://news.searchina.net/id/1567420?page=1

続きを読む

【韓国】戦争起こした裕仁天皇の誕生日…安倍首相、米議会演説の日程が論議

1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2015/03/30(月) 15:11:24.92 ID:???.net
日本の安倍晋三首相が4月29日に米議会で上下院合同演説を行う。ジョン・ベイナー米下院議長が招いて
行われる行事だ。偶然にも4月29日は太平洋戦争を起こした裕仁天皇(1901~89年)の誕生日を記念した
「昭和の日」であり、すでに論議が起こっている。安倍第1次内閣時だった2007年4月から日本政府はこの日
を祝日に指定している。

4月29日はまた、米国など第2次世界大戦連合軍が日本の韓半島(朝鮮半島)植民地支配に対して戦後賠償
責任を事実上免除したサンフランシスコ講和条約(51年9月8日締結)が公式発効された日本の「主権回復の日」
(28日)の翌日という意味もある。

実際に安倍首相は2013年、裕仁天皇の息子にあたる明仁現天皇が参加した中で東京都内の憲政記念館で
開かれた「主権回復・国際社会復帰を記念する式典」で万歳を叫び論議を起こしたことがある。日本は65年、
韓日国交正常化の談判をはじめこれまで機会があるたびにサンフランシスコ条約を前面に出して植民地支配
の違法性を否定し、このため韓国・中国など周辺国らと摩擦を生じさせてきた。このように安倍首相の米議会
合同演説の日程選択には、日本側の複合的な計算が含まれていると確認されて政府・学界で議論になっている。

ある外交消息筋は「安倍首相の上下院合同演説を防げないのは、韓国政府がワシントンで行った対米外交
第1次阻止ラインが崩れたもの」としながら「今でも安倍首相の演説文に明らかな謝罪と反省のメッセージが
盛り込まれるように韓米が日本を相手に水面下の外交共助を展開しなければならない」と指摘した。

東西(トンソ)大学のチョ・セヨン特任教授(元外交部北東アジア局長)は「日本はサンフランシスコ条約を
締結して東京裁判(第2次大戦のA級戦犯5人を絞首刑に処した裁判)を受け入れると明らかにした」として
「A級戦犯が合祀された靖国神社を日本の首相が参拝すれば、米国が日本に提示した最低ラインを越える
ものだという意味を今回の機会に米国に認識させなければならない」と話した。

ソース:中央日報 2015年03月30日09時10分
http://japanese.joins.com/article/249/198249.html?servcode=A00&sectcode=A10

続きを読む

【韓国】米国に「韓国疲労症」など存在しない―駐米韓国大使

1: ひろし ★@\(^o^)/ 2015/03/28(土) 21:37:42.62 ID:???.net
2015年3月26日、韓国・ニューシスによると、韓国の安豪栄(アン・ホヨン)駐米大使は「日本の歴史問題に関する認識については、
米韓両国で一致しており、韓国が過敏になる必要はない」と語り、米国政府関係者の間で広がっていると言われている「韓国疲労症」についてもその存在を否定した。
27日付けで環球網が伝えた。

韓国では、米国政府関係者の間で「韓国過労症」がまん延しているというニュースが話題になっている。
「韓国疲労症」とは、韓国が歴史問題に関して謝罪を受け入れず、日本に謝罪を要求し続けるため、両国の間を取り持つ米国政府関係者が疲労や嫌気を感じることを指す。

このうわさに関し、安大使は「確かに、カート・キャンベル前米国務次官補(アジア・太平洋担当)が、先日のシンポジウムで疲労感と表現した。
ただし、これは『歴史問題に対する日本の疲労感』であって、米国政府に疲労感があるとは語っていない」とし、「取り越し苦労がありもしない疲労感をもたらす可能性もある」と指摘した。

さらに、「米国では日韓の歴史問題に関して、政府から議会、学界からメディアに至るまで、韓国と共通の認識を持っている。
日韓の歴史問題に関する立場上で、韓国はもっと自信を持つべきだ」と述べ、「韓国が過敏になる必要はない」と主張した。

また、安倍首相の米議会での演説に関して、安大使は「歴史はありのまま受け入れるべきで、美化しても問題は解決できない。
貴重な時期に貴重なチャンスを得た指導者が役割を果たし、世界の人々の期待を裏切らないことを願っている」と語った。(翻訳・編集/秋田)

http://www.recordchina.co.jp/a105117.html

続きを読む
スポンサーリンク


おすすめ記事
ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト