脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

2014年04月

【レコチャ】 2000年代生まれは反日親韓世代?=「そんなことない」「私は親日反韓」と反論殺到―中国ネット

1:2014/04/28(月)18:23:12 ID:
2014年4月24日、中国最大のポータルサイト・百度の掲示板に「『00後(2000年代生まれ)』は反日親韓世代だろ」と題したスレッドが立ち、
10代のユーザーから反論が殺到している。

スレッド主は「『00後』は日本のアニメではなく国産アニメを見て育った。彼らが生まれた時代は、小泉元首相の靖国参拝で日中関係が
悪化した頃だ」と、その理由を説明している。このスレッドに寄せられた10代の若者たちの反論コメントを紹介する。

「私は日本のアニメが大好き。国産アニメなんか絶対に見ない」
「オレのクラス全員『進撃の巨人』見てますが」
「私のクラスの女子は韓国のアイドル・EXOに夢中だけど、私は違う」

「オレも仲間もみんな日本が大好き。でも女子はみんな韓流アイドルのファン」
「男で韓流ファンっていないだろ」
「私は女だけど、日本ファン。妹は絶対に韓流ファンになんかさせない!」

「私も『00後』だけど、日本のアニメを愛してる。毎日親に隠れて夜遅くまで日本のアニメ見てるし、将来日本に行きたい。『00後』がみんな
反日だなんて思わないで!」

「私は日本が大好き。中国は嫌い」
「私は親日反韓です!」
「韓国嫌いなんですけど」(翻訳・編集/本郷)
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=87241&type=
続きを読む

【レコチャイ】オバマ米大統領の訪日、「手ぶらで離日」「失敗」「尻すぼみ」―海外メディア

1:2014/04/29(火)07:15:56 ID:
2014年4月26日、環球時報(電子版)によると、オバマ米大統領の日本訪問について、海外メディアは「手ぶらで離日」「失敗」「尻すぼみ」など厳しい見方を示した。


米誌タイムは「大統領は手ぶらで日本を離れた。今回のアジア歴訪の鍵となる目標だった日本との貿易交渉は、合意に達しなかった」と評した。


米紙ニューヨーク・タイムズは、「大統領が最も重視する二つの外交政策が失敗した」と指摘。中東和平は挽回の兆しが見えず、東京ではアジア戦略の後ろ盾となる環太平洋経済連携協定(TPP)交渉を前進させられなかったと厳しい見方を示した。
(以下略。続きはソースで。)

ソース:http://topics.jp.msn.com/wadai/recordchina/article.aspx?articleid=4222629
続きを読む

【AFP】 北朝鮮 「朴大統領はオバマ大統領という『ぽん引き』に隷属させられた『売春婦』だ」

1:2014/04/28(月)23:08:07 ID:
朴大統領は米国に仕える「売春婦」、北朝鮮が中傷

【4月28日 AFP】北朝鮮は27日、韓国の朴槿恵(パク・クネ、Park Geun-Hye)大統領を、バラク・オバマ(Barack Obama)米大統領という
「ぽん引き」に隷属させられた「売春婦」と呼び、朴氏に対する容赦ない個人攻撃を行った。

国平和統一委員会(Committee for the Peaceful Reunification of Korea)が発表した今回の声明には、挑発的な文言を常套句とする北朝鮮
の基準に照らし合わせてもかなり辛辣な表現が用いられている。

同委員会は、米韓関係を「主人とその操り人形」と呼び、「朴槿恵大統領は、北朝鮮が差し出した統一と平和への機会を放棄したことで大きな
代償を払うことになるだろう」と警告した。

また、「オバマ大統領に対する朴大統領の最近の態度は、気に入らない人間をたたきのめしてくれとチンピラに懇願する、意地が悪くて未熟な
小娘のようだ」「あるいは、力を持つぽん引きに体を差し出すことで他人を陥れようとする狡猾な売春婦だ」と批判。この声明を伝えた国営朝鮮
中央通信(Korean Central News Agency、KCNA)の公式英語版では、朴大統領は「capricious whore(気まぐれな売春婦)」と呼ばれている。

朴大統領に対する北朝鮮の辛辣なコメントは、オバマ大統領が2日間の訪韓を終えた翌日に発表された。オバマ大統領は韓国滞在中、北朝鮮
を「つまはじき国家」と呼び、懸念されている4度目の核実験を実行すれば、さらなる孤立を招くと警告していた。

国平和統一委員会の声明の英語訳ではさらに、朴大統領について「卑しい、おべっか使いの裏切り者という卑劣な本性を露わにした。
米国の汚い慰安婦であり、自国を売るあくどい売春婦だ」と非難した。

朴大統領を「慰安婦」と呼んだことは、旧日本軍の慰安婦問題が日韓関係を悪化させる大きな要因となっていることを鑑みると、韓国内から
激しい反発が起きることは必至とみられる。

オバマ大統領の訪韓に関しても、「古くからの敵である米国と対峙する唯一の手段は言葉ではなく力だという、われわれの信念を再確認したに
すぎない」と述べ、「全面核戦争を戦う政策を貫く信念と決意を強固にした」と語っている。(c)AFP/Huw GRIFFITH
http://www.afpbb.com/articles/-/3013736
続きを読む

【共同通信】 韓国国防省 「軍事情報共有は歴史めぐる日韓対立解消が条件」

1:2014/04/28(月)22:29:37 ID:
【ソウル共同】韓国国防省の報道官は28日の記者会見で、日米韓3カ国による軍事情報共有のための覚書について、日本が歴史問題で
韓国国民が納得できるような前向きな対応を取ることが、締結の条件になるとの考えを明らかにした。

同省は25日、米韓首脳会談で情報共有の重要性を確認したことを受け、覚書締結を「実務レベルで検討する」と表明したが、歴史問題を
めぐる日韓の対立が一定程度解消されることが前提との立場を再確認したものだ。

報道官は、米韓首脳会談を受け、韓国政府が覚書締結を「より積極的に推進しようとしている」としつつ、「国民感情が非常に重要だ」と指摘。
http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014042801001465.html
続きを読む

【朝鮮日報】 中国を悔しがらせる韓ドラブーム

1:2014/04/27(日)12:35:43 ID:
「今や中国は韓流ブームの第3期に入ったようだ」

≪中略≫

(1)華やかさ:魅惑の映像と音楽の調和

『星から来たあなた』の中国版権輸出担当者(44)は「ドラマを見た中国人たちはまるで夢を見ているようだった。華やかで幻想的な映像が中国
にはない色づかいだからだ」と語った。歌手Lynが歌う主題歌「My Destiny」も大きな役割を果たした。この担当者は「中国ドラマは音楽にあまり
力を入れない。音楽監督がいないことも多い。今回の『星から来たあなた』現象で中国人制作者たちも良い映像と音楽が合わさった時の相乗
効果を実感しただろう」と指摘した。

(2)登場人物のキャラ:「猟奇的」チョン・ジヒョンと「完璧男」キム・スヒョン

北京市内で暮らす女性(42)は「登場人物のキャラクター」を人気の理由に挙げた。この女性は「チョン・ジヒョン演じるヒロインはトップ女優であり
ながら飾り気がなく、恋愛に対しては猪突猛進タイプ。これは中国人が一番好きなキャラクターで、ファン・ビンビンやチャン・ツィイーもそうだ。
男性主人公を演じたキム・スヒョンは中国ではほとんど知名度がなかったが、今回のドラマでイケメンなのに奥ゆかしくて完璧な能力を持つ宇宙人
を演じ、中国人女性のハートをさらった」と語った。

だが、もう一人「隠れた功労者」がいる。俳優パク・ヘジンだ。パク・ヘジンは2011年から『銭多多の結婚物語』などの中国ドラマに出演して人気者
になり、18日には外国人として初めて中国の「俳優公民公益大賞」を受賞する。ドラマ評論家のコン・ヒジョン氏は「パク・ヘジンの出演で、ややも
すれば中国人が感じがちな韓国ドラマに対する違和感がぐっと和らいだ」と評した。

(3)ジャンル:時代劇×ロマンチックコメディーの相性

ジャンルを掛け合わせた試みが成功したという声もある。ドラマ評論家のユン・ソクチン氏は「歴史物とロマンチックコメディーを結び付けたのが
成功の要因だ」と分析した。400年前の朝鮮にたどり着いた宇宙人が現在まで姿を変えて生き続け、初恋の人に巡り会って恋に落ちるという
ストーリーが中国人をとりこにしたというのだ。「時代劇になじみのある中国人は歴史物に対する関心が高い一方で、ロマンチックコメディーの
作品レベルが低い。今回のドラマはその両方を満たしているのだろう」と語った。

今回の『星から来たあなた』の大ヒットで、中国資本による韓国ドラマ進出の可能性も開いたという見方が相次いでいる。ソウル大学アジア研究所
のシン・ヘソン専任研究員は「最近では韓国ドラマに自国企業や製品間接広告(PPL)が出せるかどうか、問い合わせてくる中国の広告代理店が
増えている。韓国ドラマのパワーを知った中国の巨大資本は韓国ドラマ制作の大手スポンサーになるかもしれない」と語った。

チョン・サンヒョク記者
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/04/27/2014042700049.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/04/27/2014042700049_2.html
続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト