脱亜論

東アジアの政治、社会、経済、文化、防衛等についてのまとめサイト

2014年02月

【日中】「中日共同声明を遵守せよ、強制連行被害者の日本企業への請求権は今なお存在」 中国外務省、菅官房長官に反論

1:2014/02/28(金) 00:19:51.30 ID:
中国外務省の華春瑩報道官は27日、北京での記者会見で、
「『中日共同声明』のあらゆる原則と精神を順守しなければならない。
日本側の一方的で歪曲した、いかなる解釈にも反対する」と述べました。

 日本の菅義偉内閣官房長官は26日、中国との戦争時に強制連行された
中国人被害者が損害賠償を求めて日本企業を提訴したことについて、
「『日中共同声明』の調印後、日中間の請求権の問題は、個人の請求権も含め、存在していない」と述べました。

 これに対して、華報道官は「『中日共同声明』で、日本は過去の戦争で
中国国民に多大な損害を与えたことについて、責任を痛感し、深く反省するとしている。
この声明のあらゆる原則と精神を遵守しなければならない」と強調しました。

そのうえで「労働者を強制連行し奴隷化したことは、
日本の軍国主義が対外侵略と植民地支配の時代に犯した重大な罪であり、
現在も被害者の心身に対して多大な苦痛を与えている。日本が歴史に責任を持ち、
この重大な歴史に残した問題を真面目に、適正に処理するよう、中国は求めている。
関連の訴訟に関しては、中国の法院(裁判所)は法令に従って対処する」と述べました。(鵬、山下)

http://japanese.cri.cn/881/2014/02/27/142s218012.htm

【日中】第2次世界大戦中の強制連行めぐり、被害者らが中国国内で三菱・三井らの日本企業を提訴へ-人民日報[02/25]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393334552/
【日中】菅長官「請求権は存在せず」 中国の「強制連行」日本企業提訴[02/27]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393430478/
続きを読む

【中国】自覚ない中国の虚言、各国失笑も・・・韓国は例外

1:2014/02/26(水) 21:37:01.17 ID:
中国が「自滅」を避けられぬワケ 自らの虚言を自覚できない厚顔無恥に失笑も


http://sankei.jp.msn.com/world/photos/140226/chn14022611320004-p1.htm
写真: ダボス会議で「中国は平和を愛する国」などと発言する中国工商銀行の姜建清会長。その厚顔無恥な
   虚言は会場の失笑を買った=1月24日(ロイター)

 欧州一のクリ生産国だったイタリア。1911年に83万トン近い生産量が2012年には1万8000トンにまで
激減した。10年ほど前に中国より輸入した苗木に付着していた害虫が、瞬く間に全土に広がったせいだ。もちろん、
イタリアの植物検疫の甘さが問題。もっとも、厳しくしたところで、中国国内の大気や沿岸の超弩級汚染同様、
中国発の「害」は増殖し続ける。

 中国も締結したはずだが、国際条約で開発・生産などを禁じた生物・化学兵器をおおっぴらに製造・拡散している
ようなものだ。ただ、中国の食材・農林水産品が国際的信用を墜とせば、自身の国力を落とす。同じ様に、中国の
軍事膨張や居丈高な恐喝まがいの暴言は、反中同盟を自然に結成させる反作用となって現出する可能性を秘める。
《中国の自滅》である。

■ダボス会議での厚顔無恥

 絶えず中国の脅威にさらされるわが国には僥倖だが、笑っていられる立場にはない。憲法改正による自衛隊の
国軍化や集団的自衛権の解釈見直しなど、安全保障上の欠陥を埋めぬ限り《日本の自滅》も有り得ない歴史
ではない。傲岸無礼な中国と、憲法前文で《平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を
保持しようと決意した》と謳い、国家防衛のエネルギーに欠ける日本。「国家の自殺」はどちらが先か…。

 1月にスイスで開かれたダボス会議で、中国工商銀行の姜建清会長(61)が、会場を笑わせてくれた。洒落たジョークを
発したからではない。自らの虚言を自覚できない厚顔無恥に、会場の政治家や国際機関・大企業・NPO法人幹部、
学者らが失笑をこらえられなかったのだった。曰く-

 「中国は平和を愛する国。他国を侵略したことはない。どの国も脅したことはない」

 13年6月のシンガポールにおけるアジア安保会議でも中国人民解放軍副総参謀長の戚建国中将(61)が嘘をついた。

 「中国は平和を愛する国家。海軍は周辺国に挑発的行為を採ったことはない」

 さすがに、フィリピンのヴォルテル・カズミン国防相(69)が反論した。

 「南シナ海で実際に起きている現実と全く違う」

 以下、賢者を自任しても、どこか間が抜けている中華帝国について、米政府・軍に影響力を持つ現代を代表する戦略家
にして戦略国際問題研究所(CSIS)上級顧問、エドワード・ルトワック(71)の近著《自滅する中国/なぜ世界帝国に
なれないのか=芙蓉書房》の助けを借りて、論じてみる。

(
>>2
以降につづく)


msn産経ニュース: 2014.2.26 17:12
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140226/chn14022617180006-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140226/chn14022617180006-n2.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140226/chn14022617180006-n3.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140226/chn14022617180006-n4.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140226/chn14022617180006-n5.htm
続きを読む

【中国】習近平総書記「北京を世界一流の住みやすい都市に。大気汚染・環境汚染・人口などは徹底管理で抑制する」

1:2014/02/27(木) 23:54:25.04 ID:
習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)はこのほど北京を視察し
「首都をしっかりと建設、管理することは国家ガバナンスのシステムと能力の近代化において重要なことだ」
と強調した。習総書記は北京の発展を大変重視しており、25日に郭金竜党委員会書記、
王安順市長を伴って北京市の改革の全面的深化、首都のより良い発展の推進、
特に大都市の発展における難題の解決について視察を行った。

26日には座談会を招集し、活動報告を受け、重要談話を発表した。
習総書記は北京市の発展・管理の推進について5点を指示した。

(1)都市の戦略的位置づけを明確にし、全国の政治、文化、国際交流、
科学技術革新の中心としての首都の中核機能を堅持、強化し、人・文化北京、科学技術北京、
エコ北京戦略を踏み込んで実施し、北京を世界一流の調和ある住みやすい都市にすべく努力する。

(2)非首都中核機能を調整し、産業三類型構成を最適化し、
工業を始めとする産業の事業選択を最適化し、ハイレベル化、サービス化、集合化、融合化、
低炭素化を際立たせ、人口規模を効果的に抑制し、
区域人口の均衡的分布を強化し、区域の均衡的発展を促す。

(3)都市建設、特にインフラ整備の質を高め、適度に先行し、互いにつながり、
将来のニーズを満たす機能システムを形成し、都市の膨張式発展を抑止し、歴史を創造し、
芸術を追求する高度に責任ある姿勢で、首都建設の逸品、力作をつくり上げる。

(4)都市管理体制を整備し、都市管理水準を高める。
特に都市行政施設の運営管理、交通管理、環境管理、緊急管理を強化し、
都市管理の目標、方法、モデルの近代化を推進する。

(5)大気汚染対策を強化する。煙霧対策、大気の質の改善の主要課題はPM2.5の抑制だ。
石炭使用規制、車両抑制の厳格化、産業調整、管理強化、合同対策、
法に基づく対策などの面で重大な措置を講じ、重点分野に焦点を合わせ、基準や審査を厳格化し、
環境面の取締り・規制・監督を強化し、責任を真剣に追及する。(編集NA)

http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-02/27/content_31618561.htm
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-02/27/content_31618561_2.htm


【中国】北京市内を視察、笑顔で交流=大気汚染の中-中国習近平主席[02/25]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393324279/
続きを読む

【日韓】 「民営化粉砕!」日本の動労千葉、JR本社前で韓国国民ゼネストと連帯デモ行進

1:2014/02/26(水) 21:02:02.42 ID:


▲東京JR貨物本社前の抗議行動

▲広島で進められた民主労組ゼネスト連帯の行進

動労千葉(国鉄千葉動力車労働組合)と同労総連合は2月25日‘JR貨物賃金削減粉砕’と‘韓国
民主労組ゼネスト連帯’を掲げて東京新宿に位置するJR貨物本社に抗議行動を行った。

この闘争は民営化反対の具体的な行動として韓国の国民ゼネストに呼応する闘争の一環で行わ
れた。JR貨物は昨年初め、労働者の基本給10%削減計画を出した。このような試みは昨年5月
1日メーデーに動労千葉がJR貨物に抗議行動して、ひとまず阻止できた。しかしJR貨物は昨年、
基本給を凍結する代わりに賞与金を大幅削減した。

JR貨物はJR北海道に並ぶ民営化で破綻した代表的な会社だ。日本政府は国鉄を7つの会社に
分割民営化し、赤字を出した貨物部門を旅客部門と分離して一つの会社を作った。JR東日本や
JR東海が巨額の利益を上げ株主らのポケットを満たす一方、貨物会社の赤字は毎年累積して
JR貨物労働者らは人材縮小と14年間連続する賃金凍結で極端な低賃金と高強度労働を強要さ
れている。

これはつまるところ国鉄分割と民営化の矛盾だ。それでもJR資本は民営化の破綻を認めず、労
働者の賃金を削減することで矛盾の一切の責任を労働者に転嫁している。動労千葉と同労総連
合はこの日午後1時半、JR貨物本社前に結集し「JR貨物は賃金削減を中断せよ!」等のスロー
ガンを叫んだ。

この席で‘韓国民主労組ゼネスト連帯’と書かれた垂れ幕が掲げられた。動労千葉の田中委員長
は「労働組合が恐れず、ずっと闘争すれば民営化粉砕の展望は開かれる。韓国鉄動労組の闘争
はこれを証明してくれた」として韓国労働者闘争についてJR体制粉砕および安倍政権打倒に総
決起しようと訴えた。

2月25日には動労千葉の呼び掛けの下、東京の他に札幌、福岡、広島、新潟など日本各地で民
主労組に対する連帯行動が行われた。札幌、福岡、新潟では韓国領事館に対するゼネスト弾圧
抗議行動が展開された。広島では広島連帯ユニオンが「非正規職撤廃!職場で過労死を許す
な!民主労組と団結して闘争しよう」と訴えて広島市内でデモ行進した。

寄稿:漆崎(動労千葉国際連帯委員会)

ソース:民衆言論チャムセサン(韓国語) 日本動労千葉、韓国国民ゼネストに連帯デモ行って
http://www.newscham.net/news/view.php?board=news&category1=38&nid=73178

関連サイト:レイバーネット<韓国:世界の労働者が「韓国鉄道労働者支持」を表明>140114
http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/strike/2013winter/1389698541289Staff
続きを読む

【日韓】 安倍の道、日本の道~米国人も無差別に暴行・殺害する日本人将校、在米韓国人作家描く日本の蛮行

1:2014/02/26(水) 21:48:15.37 ID:

▲イ・ミスク/国際部長

米国プリンストン大教授として活動する在米同胞イ・チャンレ氏の近作「生存者(原題The
Surrendered)」には1934年、満州関東軍所属の日本人将校らが中国吉林省長春近隣で教育事
業をしていた米国人宣教師夫婦と英国系中国人を拷問する場面が出てくる。

日本人将校らは中国軍関連情報を要求して宣教師の前で彼の夫人を輪姦し、英国のパスポート
を所持していた中国人青年の両側のまぶたを刃物でえぐり取る蛮行を犯す。彼らは引き続き宣教
師夫婦を銃殺し、彼らの13才の娘まで性暴行する。中・日戦争の時、日本軍は中国人だけでなく
米国人まで無差別に殺害したことを浮上させた点で衝撃的だ。

英米圏ではイ・チャンレ氏が‘韓国人作家の中でノーベル文学賞に最も近い作家’という評価が出
ており、彼がノーベル文学賞を受けることになれば忘却地帯に埋まっていた日本軍の過去の蛮行
を今日のように生き生きと蘇らせた‘生存者’のおかげであろう。

日本の安倍晋三総理の靖国神社参拝後、東北アジア歴史戦争が本格化している。経済規模拡
大を最優先の価値を置いた前世紀と異なり「中国の夢」を執権キャッチフレーズとして前面に出し
た中国の習近平国家主席は20世紀中国人民を泣かせた日本に責任を問い断罪する態勢だ。

中国政府は1月、北京外信記者団を遼寧省瀋陽近隣の満州事変記念9・18歴史博物館に招いた
のに続き、最近では南京大虐殺記念館招請行事もした。安倍側近らが「南京大虐殺はねつ造」と
主張するとすぐに南京大虐殺に対する大々的な国際広報戦に突入したのだ。黒竜江省は一歩進
んで日本の細菌戦部隊731部隊の展示施設を追加建設する計画だと22日明らかにした。

哈爾濱市はすでに去る1982年、731部隊が生体実験をした場所に展示館を作って歴史教育現場
として活用してきたが最近収集した文物1740点をさらに展示するために新館を拡張するという構
想だ。去る2009年8月、クァンフンクラブ踏査班と共にハルビンの731部隊展示館を訪問したこと
がある。現場には石井四郎731部隊長が使った机や各種拷問道具などが展示されている。

多様な生体実験場面も再現され真夏なのに陰鬱な気がただようすさまじいところだった。この施設
が拡張されるとは、もはや中・日間歴史戦争は全面化するほかない。13億の人口が暮らす中国
は巨大艦隊とおなじで一度方向を定めれば変えるのは容易ではない。日本の歴史的誤りを全世
界に暴露し責任を問うという習近平政府の動きはより一層強まるだろう。

中国の過度な歴史・領土の動きは東アジア地域の国家に威圧的だ。東シナ海、南中国海を内海
としようとする習近平の大国主義的発想は批判を受けて当然だ。ところがそういう中国の動きに原
因を提供する勢力がまさに極右・安倍陣営だ。

もはや日本は安倍勢力が追求するところが21世紀日本が国際的に尊敬されるリーダー国家に出
て行くところと符合するのか自問しなければならない。さもなければ、東アジアの平和と繁栄のた
めにさらに遅くなる前に安倍政権の暴走にブレーキをかけなければならない。

ソース:文化日報(韓国語) 安倍の道、日本の道
http://www.munhwa.com/news/view.html?no=2014022601033832111002
続きを読む
スポンサーリンク


ブログランキング
スポンサーサイト










記事検索
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

アクセスランキング
メッセージ

名前
メール
本文
スポンサーサイト