1 :2015/7/25(土)
4
儒教国家だった朝鮮時代の多様な刑罰の中で特異な刑罰だった'朝鮮式釜茹で'を知っていますか?

1.古代から世界各地に文化的に存在した煮殺し、揚げて殺す刑罰が釜茹で
2.朝鮮時代に韓国では、腐敗した官僚や両班貴族を懲罰する名誉型に利用(実際には殺さないこと)
3.甲午更張以降も目撃した事例があるという。

熱湯で煮て殺すのが釜茹で?

釜茹で(烹刑)と聞いてをたまたま見た人たちよ?
四字熟語'兎食狗烹'(兎死狗烹)に出てくる漢字'パン'(烹)だ。
一言で茹でて殺すというんだね。。

11

ドラマの中の再現写真のように釜茹では言葉の通り釜に罪人を入れて熱湯を沸かして殺す残酷な刑罰だ。
この釜茹では古代には中国、韓半島、日本列島を越えて大陸全体で広範囲に実行されたと言う
死ぬまでの恐ろしい苦痛のために、いちばん残酷な刑罰の中の一つだったとして、また準備するのに人員や装備がたくさん入って
時間も長くかかるので次第に忌避された刑罰だという。
それでも必ずこの方法によって罪人を罰する場合は罪人の罪が悲惨な様子に極悪非道、憲政秩序を崩す反逆行為や
国旗を乱す。王朝の権威に挑戦する武道船に王や皇帝が完全に死ぬまで苦痛を与えようという刑罰だから
これよく行った。君主は暴君の音を聞く覚悟をしなければならなかった。

20080715000250_0
朝鮮時代の刑罰の中の一つである長尺(棍棒打ちの図)

中共では古代に釜茹でに使用した巨大な釜が発見されたりもし、日本の浮世絵や歴史書でも油で揚げて殺した事実が、考証されたものが見てとれる
人間の歴史の瞬間にはこのような無惨な刑罰が存在したことは明らかな事実である。
近代に入ってはニューヨークのギャング団間の抗争でイタリアのマフィアを中国ギャングたちが拉致して釜で煮て殺したことがある...
2002年のウズベキスタンでは'ムジャパル・アバニヤゾフ'(Muzafar Avazov)という人が、お湯で煮れる拷問の末に死んだと言われている....(グーグル、悲惨な様子写真がたくさん見つかる)

棍棒打ちの長尺は当たれば死ぬのが茶飯事だったとして、労務苦痛で非人間的だからと言って、甲午更張(1894年)以降に廃止されたため、証拠写真がほとんどない。

儒教国家、朝鮮の釜茹で......煮込むふりをして殺さない......の釜は手伝っただけ

儒教イデオロギーのために懲罰よりは教化に重点を置いた朝鮮では同じ時期、他の国々と比較したとき、比較的人道的かつ合理的な刑罰制度を運営したとして
釜茹では主に両班貴族や官吏にする刑罰だったが、主に腐敗したり、無能だったり、統治階級としての脱落者にする名誉型だという。
一応死刑に処すことがあり、厳重な罪を知人罪人に二者択一の機会を与えるんだね。。

'自決'する? しないで'釜'入りたい?

ほとんどは自決を選んで死を受け入れたとしているが、その一部は釜を選ぶこともしたと言う
息詰まるような身分制度の中で死ぬまでも両班としての規範を強いられて自らの欲求(生きたいです)よりも家門の名誉と子孫たちの将来のために仕方なく
自決を選ぶのが普遍的だったという。

images
飢えさせる写真ですが、いつ撮影されていたのかは…
膝の上に絞めて石を置いている。主に拷問して取り調べる時使った刑罰としている。


釜を利用した釜茹での進行過程
釜茹では公開型で進行したと言う
それで人々の往来が多いところに釜を設置して罪人に有罪趣旨の判決文を告知して正しく執行
一応、薪に火をつけて釜に水を少し入れて
罪人を釜の中に入れる。
そしてすぐまた取り出して体を家族に返す
(この時、釜から出てくる瞬間から罪人は死んだ人のふりの演技をしなければならない)
家族は葬式を行って館では、罪人の戸籍を削除する。
公式的に帳簿から削除されたので、死んだ人なわけだ
実際に死ぬまで一生、存在しない人のように生きて人生終了することになる(家の外の外出もならない、外部人物に会うのもならない)

8833147515592626
旧韓末鞭打ちを撮影した写真は比較的多い。一番軽い体罰型なので1920年代まで存続したと言う

大韓帝国時代の20世紀初めに併合後、京城刑務所長を務めた中橋政吉は、彼の著書で釜茹でを目撃した話を述べている。

"臨時に鐘路の人の多い橋の上に大きなかまどを大きく構築して、その場所に大きな釜をかける。 そして焚き口に火をくべるように、木をつけておく。このかまどの前に屏風を広げ、軍用バラックを巻いて裁判の席を作る。 この裁判席には裁判長の座席が設けられるこのように準備が整えば裁判長が厳粛に座り、罪人が明らかになる。罪人は釜の上に縛られたまま乗せられる。この罪人に裁判長は厳粛に罪名を宣告して処刑を命令する。大概この刑の執行は裁判長の判決が終わったら、それで刑が終わったものとみなされたのか 時にはその釜にぬるま湯を漬けてその中に罪人を押し込めたりもする。またはその空いた釜に罪人を閉じ込めて、釜のふたを閉めた後、焚き口に火をくべる真似ばかりして止める場合もある。

c0006629_16361996
処刑は一般的に10~50代まで殴ったが、普通はお尻をむいて迎えた

この刑罰は罰の執行するというより、公衆が広く見る中で施されている非難の一形式のような印象だ。"
しかし、この釜茹でを受けた人はたとえ生命は維持されたけれども、まるで死刑にされた人のように余生を過ごしていなければならなかったのである。
一応、この釜茹での執行が終わったら水に濡れた罪人は釜で引き出して罪人の家族に引き渡される。
引き渡される時この罪人はいろいろのことのように行動してはいけないまるで熱いお湯で煮つめた死体のように振る舞いをしなければならない。
家族たちは号泣をし、まるで死んだ父親を対しように悲しまなければならないし、また常に準じて引き渡されなければならない。
この生きている遺体を家に運搬する際、家族は号泣しながらついて行かなければならない。
一旦家に移してくれば、その生きている遺体の身分や遅滞に適した応分の常をまるで死んだ人と同じ手続きに則って行わなければならない。
この常と終了後、この汚職、罪人は公民権を剥奪され、公式的には彼の知人や親戚とも会ってはならないようになっている。
ひたすら家の中に閉じ込められて家族とだけ生きなければならなかったのだ。"
-中橋政吉、1937年治刑協會に寄稿した文'朝鮮舊時の刑政'から抜粋-

hyeonbeol3
鞭打ちを迎える罪人が女性の場合には服を着て迎えたが、例外に姦淫した場合はお尻を出していた

とにかく、この釜茹でを受けた罪人は、歩き回る遺体と見なければならないのに
外出不可
外部接触不可
社会的地位、能力を有しない、飾り物の死人を作ってしまうのだ
釜茹で受けた罪人が否認して餅を打って子供ができたらその子は本妻の子でも'非嫡出子'になってしまって
さらに、後に無罪が立証されても身元が回復するライオン達とは違って、釜茹で罪人は身元の回復が不可能だったという。
伝統的な儒教社会だった朝鮮では本当に両班たちに悲惨な様子的に残虐な刑罰だったと言える

電子足輪と類似した点が少しいないのか。

1913-10-03_Chosen_whipping_PC_1_eb
罪人が高齢または妊婦の場合には、鞭打ちをしなかったという(法に明示されているよ...)

朝鮮が儒教国家だったため、過度な刑罰を禁じて教化を通じた統治を根本的な理念の背景をしていたため、釜茹でのようなケースも生まれたという
多くの学者たちが見るのにもう一度言うが、同時期の周辺諸国(明、清、倭)と比較してみても残忍で恐ろしい刑罰があまりなかったと言って良いね
人の話では、同じ時期西洋の刑罰の労務は悲惨な様子だったのが多かったとしているのに、韓国の人道主義的な刑罰制度は幸いなようだ

1339082615_1107409218_02
ムチを耐えられる健康な人たちが主に受けたというのに。朝鮮には代わりに殴られるバイトもあった

朝鮮時代にも墨刑、刺字刑、鞭打ち、棍棒打ち、島流し、死刑などの刑罰が存在し、墨刑や刺字刑ような刑罰は今日の観点から見れば
極めて残忍な刑罰だが、重犯罪者たちにとっても使った方法の一つであり、窃盗や詐欺のような雑犯たちはたいてい鞭打ちで監房に数ヶ月暮らし、そのような線で
刑罰が行われたと考えていいと言っていた
罪人を吟味して取り調べる時も一日に一度以上してはならず、命を失う危険に処するようにしてもいけない、1日審問すると、3日の休息を与えるなど
かなり厳しいに手続きが維持されていたことを知ることができる。


翻訳元: http://www.ilbe.com/6258291135

2 :
こんなスソ文をどうして書くのか。朝鮮時代はそのまま全部忘れてしまおう。

3 :
全羅道。。。

4 :
これも殺人者が刑罰中に死亡者と殺人自慢のような刑罰だったのに

5 :
最初から入れたのか?それとも水が沸いてから入れたのか?

6 :
>> 5
最初から

7 :
無罪が立証されても復権できないことは、他の国の目で見ると、ナパーム弾に放逐されるような地獄

8 :
同じ時代の中国人たちの刑罰とくらべると、大韓民国がどれほど善良な民族なのか分かる。

9 :
朝鮮時代の王がどんなに暴君。西洋に比べて

10 :
>> 9
その西洋もたいしてかわらない

11 :
それとなく..素敵な。。刑罰。

12 :
失われた500年

13 :
ヨーロッパではぐつぐつ沸いている牛乳に入れて殺す刑罰あった

14 :
熱湯も苦しいだろう。ラーメン煮込み、手が鍋に誤って触れてもとても驚くのに

15 :
釜茹を調べようと思ったら鞭打ちが多くて

16 :
釜茹で熱い?

17 :
中国では生きたまま皮むく刑罰がある。もっと恐ろしい。

18 :
朝鮮はその時代、日本や中国よりは刑罰がすごく弱い方だった

19 :
>> 18
日本はどうだったの?

20 :
>> 19
斬首

21 :
墨刑とは何だ

22 :
>> 21
肌に罪名を文身のように刻む刑罰。墨を染み込ませて墨刑として、文字を刻むそうだけど、よく烙印を押そうというのと似ていると思えばよい。

23 :
男全部のヒップアップがうまくできているね

24 :
殴られるバイト。朝鮮時代にも融資をチャラにすることがあったの

25 :
それで今も処罰が甘いの?

26 :
ああ、尻セクシー

27 :
中国は本当に煮て殺した.......

28 :
>> 27
罰を与えるのが目的ではなく.... ....

29 :
釜茹で話しながら写真は皆鞭打ちの刑

30 :
鞭打ちが1920年代まで存在したのは、日帝強占期'鞭打ち'で朝鮮人にだけ憲兵警察が行ったからだ

31 :
朝鮮時代が到来して釜茹ではその意味が色あせしているふりをして侮辱を与えるだけで、鞭打ちも、残忍に見えるが、むち刑を執行する管理者に金を摑ませて回数は減らして行えた強さも弱めた

32 :
憲政秩序意味わからないか

33 :
ヘブン朝鮮


スポンサーリンク