1:2014/05/20(火)19:14:47 ID:

【コラム】朴大統領の談話から抜け落ちた「民族改造」

新たな組織を率いる人事問題と国民が自発的かつ事前に持つべき安全への意識は未完成
現政権は人間を大切にする時代の雰囲気に合わせ、国民の改造を国家の課題とすべき
「開発独裁の報い」という厳粛な思いを持ち説得・和合・公平・コミュニケーションの深化を目指


 旅客船「セウォル号」沈没事故が発生してから30日余り、これまで韓国社会では事故と関連し
てありとあらゆる無数の見解や対策が語られ続けた。無能で無気力な政府に対する非難や恨み、犠
牲者に対する哀悼や責任者の処罰に劣らず、われわれが今後何をどのようになすべきかについての
意見もちまたにあふれかえっている。 中略

 わが国はこれまで60年以上にわたり前だけを見て走ってきた。先進各国が100年から200
年かけ、それも試行錯誤を繰り返しながら成し遂げてきたことを、われわれは短期間で実現してき
た。そして、時にはその強行軍の代償を支払うこともあった。それでもわれわれは多くのことを省
略してスピードを重視し、またそれが何か美徳でもあるかのように称賛する雰囲気に慣れてしまっ
ていた。その省略してきた多くのことが、今になって副作用を起こし、時にはわれわれに致命的な
代償を要求している。セウォル号沈没事故をはじめとする数々の事故は、そのような意味で開発独
裁時代の報いともいえるのかも知れない。開発時代の「有効期間」が終わろうとしている今、何よ
りも恐ろしいことはその報いが建物、道路、橋、空港、港、鉄道、軍事施設などで同時に発生しか
ねないということだ。中でも特に深刻な問題は原子力発電施設だろう。老朽化した原発で事故が発
生した場合、その被害が及ぶのは数十人や数百人単位では済まない。考えただけでもぞっとする。

 われわれは今から1世紀前、島山・安昌浩(アン・チャンホ)先生と春園・李光洙(イ・グァン
ス)先生が発表した『民族改造論』を思い起こすべきだろう。同じ民族改造でもその方法や前提は
異なるが(そのため批判と擁護の双方の見解があるが)、二人の先人が訴えたかったことは「この
民族はこのままでは駄目だ」「民族の精神と意識に一大改革が必要だ」ということだ。民族改造論
は今読んでも、あたかもセウォル号沈没事故直後に書かれたような現実感を持ってわれわれに迫っ
てくる。

 われわれにとって「改造」は今や避けることのできない国家的な課題だ。朴槿恵大統領の父であ
る故・朴正煕(パク・チョンヒ)大統領が直面した、国民に食べさせるという課題はセマウル運動
によってある程度解決できた。一方で娘の朴槿恵大統領が直面している「人間らしい時代」に見合
った国の発展は、国家改造運動によって成就できるはずであり、それは同時に父の政治を何段階も
発展させる課題でもある。ただしそれを実現させるプロセスには過去と大きく異なる点がある。朴
正煕大統領は国土の開発と経済発展を推進する動力として物理的・独裁的な力を用いたが、今の朴
大統領にはそのような力はそぐわず、説得、和合、公平、コミュニケーション、そして感動を力と
しなければならない。もし朴大統領がこれらのソフトパワーを持ち合わせていなければ、おそらく
彼女の未来は今後一層険しくなることだろう。

金大中(キム・デジュン)顧問
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/20/2014052001451_2.html

2:2014/05/20(火)19:18:18 ID:
朝鮮民族に意識改革は無理
3:2014/05/20(火)19:18:25 ID:
神龍『それは叶わぬ願いだ』
5:2014/05/20(火)19:24:15 ID:
それ、十年前も、その十年前も、さらにその十年前も、言ってなかったか?w
永遠の十年とはよく言ったものだ…
7:2014/05/20(火)19:33:56 ID:
日本が 統治しても だめだったものが どうにかなるとでも?
8:2014/05/20(火)19:39:22 ID:
李光洙先生って・・・親日派として批判されてる人物の、それも『民族改造論』って、糾弾対象の文書だろうに。
9:2014/05/20(火)19:40:27 ID:
朝鮮半島を完全閉鎖して、民族改革が成されるまで世界に出るのを厳重に禁止したら、上手くいくんじゃないか。
もちろん世界中に散らばってる在外朝鮮人も帰国でw
10:2014/05/20(火)19:40:34 ID:
>説得、和合、公平、コミュニケーション、そして感動を力としなければならない

既に間違ってる…
駄目だこの民族
11:2014/05/20(火)19:42:31 ID:
顔面改造は出来ても脳の改造は出来ないだろ…
鎖国まじお勧め、もう悩まないで済むよ?
13:2014/05/20(火)19:47:49 ID:
関連記事:日本人が見た朝鮮人… 不快だがたまには不便な私たちの肖像(朝鮮日報)
http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2010/08/27/2010082701694.html
「朝鮮の役人たちは官職にありながら功績の心がけなく、ひたすら機会を伺って自分と自分の家
の私的な利益を得ようと考える。それで国家はいくら国庫の収入を増やしても大部分は中間管理
の腹を満たし、民を絞り取る新しい項目だけがさらに増すだけだった。」

根拠のないとんでもない主張ではないものの、それが朝鮮総督府が刊行した書籍に載っているな
ら、なぜか不快になる。日本人学者、高橋亨が書いて1921年朝鮮総督府が出した「朝鮮人」と関
連した彼の論文2編から構成された「植民地朝鮮人を論じる」を読むと民族的優越感に捕われた
日本知識人の視線に憤慨することになるが、一方で隠したい秘密を見せつけられたようにドキッと
するのも事実だ。
(後略)

今の日本政府もこれだね。
14:2014/05/20(火)19:51:22 ID:
あいつら放射線を異常な程怖がるよな
ソウルの線量が既に福島より高いのに暢気なのは「自分だけは大丈夫」の民族性として、
放射線恐怖症なのはなんでさ?
15:2014/05/20(火)19:51:52 ID:
ダメなことには気づいたんだw
16:2014/05/20(火)20:00:08 ID:
>>15
明日にはすっかり忘れて、ウリナラマンセー言ってます。
19:2014/05/20(火)20:05:00 ID:
>>16

そういや なつかしの名曲“ウリナラマンセー”が、
カイカイで発掘されて、好評博してたぞ。
17:2014/05/20(火)20:00:17 ID:
知る限り300年以上変わっていない民族が、何かの切っ掛けで変わると思う方がおかしい。
変わらないものとして対処する方が自然な反応だ。

スポンサーリンク