1:2014/05/08(木)20:49:00 ID:
「反省とおわび」の日韓共同声明、「韓国は二度と問題にしないと何度も言った」


(前略)

 小渕はまず、10年10月の日韓共同宣言で過去の歴史について「痛切な反省と心からのおわび」を明記し、両国間の交流を
深化させることで合意した。韓国への戦後賠償は昭和40年の日韓請求権協定で解決済みだったが、両国間の条約や関連
文書に謝罪の文言はなかったのだ。

 「とにかく文書で1度、謝ったら二度と過去を問題にしないというメッセージが韓国政府から何度もきた。それで政治的な決断を
した」と小渕政権の外相、高村正彦は証言する。

 小渕の次女、元少子化担当相の小渕優子も父が「20世紀に起こったことは20世紀のうちに解決したい」と語ったのを記憶
している。

 韓国側の対応は「河野洋平官房長官談話」の策定過程で示した要求の蒸し返しとも思えたが、小渕は単なる譲歩ではなく
「旧世紀の負の歴史の清算と、未来志向の関係構築を目指していた」(外務省OB)という。

× × ×

 その姿勢を示すことになったのが、翌11月に来日した江との首脳会談だった。中国側もまた、事前協議で共同宣言に謝罪の
明記を要求してきたのだ。日本は、昭和47年の日中国交正常化の際の「共同声明」で「責任を痛感し、深く反省する」とおわびを
明記している。中国が日韓の宣言に刺激され、明記を求めてきたのは明らかだった。江の到着を翌日に控え、小渕は高村を首相
官邸の執務室に呼んだ。

 「日本国民の多くは謝ってからでないと話が始まらないようではイヤだという気持ちを持っている」。2人の現状認識は一致しており、
文書に明記しない方針はすぐに確認された。

(後略・全文はソースで)


msn産経ニュース: 2014.5.8 16:09
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140508/plc14050816090012-n1.htm

2:2014/05/08(木)20:51:47 ID:
あ~~~遂に本当のことを…
4:2014/05/08(木)20:53:34 ID:
最終的かつ完全に解決済みです
5:2014/05/08(木)20:54:33 ID:
韓国は真の敵だ
それがはっきりしたってことだろ
6:2014/05/08(木)20:57:52 ID:
朝鮮人に騙されたってだけの話だろ
同じ過ちはするな
8:2014/05/08(木)21:00:03 ID:
条約は破棄された
9:2014/05/08(木)21:03:38 ID:
朝鮮人って平気で嘘をつくから嫌い
10:2014/05/08(木)21:04:27 ID:
韓国の外交は変わらんなー
もう相手にするなよ
14:2014/05/08(木)21:31:24 ID:
日本の特亜の観察期間は、終わりました♪
敵と認識されたので只今から駆逐に入ります♪
15:2014/05/08(木)21:34:43 ID:
だから、詐欺国家とまともに外交出来ると思っちゃいけない
16:2014/05/08(木)21:37:20 ID:
約束事を守れない相手と信頼を築くことは不可能ということだよね
18:2014/05/08(木)21:41:07 ID:
自分勝手に千年恨み、都合が悪いと無かったことに。

そんな連中に、合わせたり配慮するのは無理と無駄の極地。
19:2014/05/08(木)21:41:21 ID:
やだなあ。
対話の扉は、いつでもオープンですよ(棒
20:2014/05/08(木)21:41:48 ID:
約束を破ったものは信用されない。
これは当然ですよw
23:2014/05/08(木)21:47:44 ID:
 
 
条約で解決したらそれが全て、謝罪とかしてはいけない。
 
 
24:2014/05/08(木)21:48:17 ID:
もういい2度と信用しない

スポンサーリンク